2004-2 - nifty

GENERAL SECRETARY'S LETTER OF NIHON-UNIMA
日本ウニマ事務局だより
〒151-0053 東 京 都 渋 谷 区 代 々 木 2 - 1 2 - 3 - 2 F
Tel & Fax (03)3379-3370 IP電話050-3418-5805 <郵便振替>00130-9-40670
http://homepage2.nifty.com/unima/ [email protected]
[2004-2】 February 15, 2005
事務局だより、2004年度第二号をお届けします。
昨年夏以来の発行となってしまいました。情報が行
き届かなく、ご迷惑をおかけした会員の皆様にお詫び
いたします。
今年度は事務所の移転があり、思いの外事務局の
作業に影響がありました。ようやく落ち着いてきました。
これからは従前通りの発行を目指して参ります。又新
事務所は会員やメイト、人形劇関係の皆さんに活用し
ていただきたいと思っています。既に、以前にまして色
々なお客様がお訪ね下さいました。「たんぽぽサロン」
も定例で開催されています。原則として月∼金曜日の1
0:00∼16:00 は事務所は開いています(祭日、昼食時
は除く)。どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。事前に連
絡をいただけると助かります。
この間に、会員の方から日本ウニマを応援して下さ
るお申し出がありました。
納富俊郎[人形劇団ののはな]さんから、ウニマ財政
支援の一環として人形劇セット(舞台・人形・脚本・指
導)のご提供をいただきました。「いいだ人形劇フェス
タ」で展示すると共に、インターネットで購入を呼びかけ
ました。千葉・船橋の人形劇団にご購入いただき、売り
上げがウニマに寄付されました。納富さんは一昨年に
もウニマ支援のためのカンパ公演をしていただきまし
た。有り難うございました。
又、丹下進[人形劇団ちんどん]さんからは、ウニマ
執行委員・評議員の会議出席費用支援のための公演
とパーティー開催のお申し出をいただきました。2月5日
「丹下シェフの料理と人形劇を楽しむ会」として24名の
参加を得て、楽しく有意義な時を過ごしました。会費は
全額ウニマに寄付していただきました。この会にはプー
ク人形劇場のご協力がありました。有り難うございまし
た。
ウニマは多くの皆様のご支援をいただき、健全な財
政運営を実現しつつあります。会員・メイトはじめ、人形
劇を愛する皆様のご支援に感謝いたします。今後とも
よろしくお願いいたします。
事務局長;杉田信博
★日本ウニマのホームページのアドレスが変わりまし
た。
http://homepage2.nifty.com/unima/
★ADSL開通に伴い、IP電話が使えるようになりまし
た。
IP電話050-3418-5805
ウ ニ マ の 行 事
会場記載のない会議は東京新宿日本ウニマ事務所
<2005 年>
◇2005年新年会 今年も下記のような日程で、3地域
で行いました。各地でお料理や会場の準備を担当して
下さった皆様にお礼申し上げます。ありがとうございまし
た。各地域で、会場も形式も様々です。詳細は次号『人
形劇のひろば』をご覧下さい。来年度は皆様の地域で
の開催も是非ご検討ください。たんぽぽ委員会から補
助金5000円がでます。詳細は事務局まで。
▽1月15日(土) 関東地区合同新年会(日本人形劇人
協会と合同開催) 19:00∼21:00 東京・新宿:プーク
人形劇場5F 会費:3000円(35歳未満の会員と04年度
新入会員は1000円)
参加者:26名 《会員》石川君
子、伊東史朗、井村淳、海老澤高美、大沢直、大畑益
彦、小梛田美子、小松澄、坂間雅子、佐藤澄子、須田
輪太郎、佐藤達雄、杉田信博、竹内とよ子、永野むつ
み、星野毅、三上つとむ、森元勝人、山村エナミ、和気
瑞江、渡辺真知子《メイト》尾崎富美子、《一般》石井マリ
子、大江健司、杉本理、山根起己
▽1月22日(土) 中部地区ウニマ新年会 12:00∼14
:00 岐阜市:日本料理北山(メルサ館5F) 会費:350
0円 参加者:11名 《会員》相川博治、熊田武司、佐
藤基子、杉原高行、千田靖子、丹下進、橋本道子、野
倉健司 《一般》後藤加代子、小原典子、中村安之
▽1月29日(土) 関西地区合同新年会(関西専門人
形劇団協議会と合同開催) 18:30∼20:30 大阪・梅
田:人形館ぽーアトリエ 参加者:15名 《会員》飯室
康一、久保田ひさ子、幸まさ江、杉田信博、田山桂子、
なかむら まさたか、西川禎一、松本則子、芳川雅勇、
《メイト》三木敏生 《一般》臼井昭伍、潟見英明、鶴巻
靖子、平尾信江、辺見雅子
◆たんぽぽサロン
たんぽぽ委員会担当で、9月から月1回事務所でサロ
ンを開いています。毎回楽しいお喋りとお料理で笑顔
溢れるひとときです。どなたでもご参加いただけます。
《開催日》2月18日(金)、3月11日(金)。時間:18:30∼
-1-
21:00。会場:日本ウニマ事務所。会費:1000円(非会員
1500円)。ご参加の場合はあらかじめ事務局までご連絡
お願い致します。℡&Fax(03)3379-3370
▽9月24日(金) 第1回 たんぽぽサロン 参加者:9名
《会員》伊東史朗、小梛田美子、小川護衛、久保田紘
子、坂本妙子、佐藤澄子、藤原玄洋、三上つとむ、渡
辺真知子
▽10月8日(金) 第2回 たんぽぽサロン 参加者:13
名 《会員》うそまこと、大沢直、小梛田美子、佐藤澄
子、清水治信、杉田信博、千田靖子、高畠ルミ、藤原玄
洋、松澤文子、和気瑞江《一般》青木永、山田はるか
▽11月12日(金) 第3回たんぽぽサロン《小梛田美子
さんウニマ副会長就任のお祝いの会 参加者:14名
《会員》石川君子、伊東史朗、海老澤高美、大沢直、小
梛田美子、佐藤澄子、清水治信、千田靖子、高畠ルミ、
藤原玄洋、松尾貴子、三上つとむ《一般》石田伸子、栗
原宏昌、、以上14名。
▽12月22日(水) 第4回たんぽぽサロン 参加者:15
名 《会員》石川君子、海老澤高美、小梛田美子、久保
田紘子、坂本妙子、佐藤澄子、清水治信、杉田信博、
竹内とよ子、藤原玄洋、松尾貴子、山村エナミ、和気瑞
江、渡辺真知子《メイト》高橋千鶴子
▼4月10日(日) 天津司舞見学会(甲府市小瀬町:天
津司神社、諏訪神社)
▼6月11日(土)∼12日(日) 2005年度第35回総会(名
古屋)*愛知人形劇センター、人形劇団むすび座、損
保ジャパン人形劇場ひまわりホール、丹下進さんのご協
力を得て、準備を進めています。詳細が決まり次第、お
知らせいたします。
---------------------------------------〈2004年〉
▽8月20日(金) 定例事務局会議
▽8月27日(金) 総会報告書他発送
▽9月2日(木) 八王子車人形西川古柳座の市川雄氏
と香港の奇想偶戯劇團の陳映靜・葉偉彬ご夫妻が事
務所来訪
▽9月8日(水) 04年鑑活動アンケートとグラフィティ依
頼状2回目の発送
▽9月16日(木) イギリスのMr.John Blundall(元執行
委員)事務所来訪。
▽9月16日(木) ADSL開通
▽9月17日(金) 第20回レクリエーションと人形劇のカ
ーニバル・第10回東アジア太平洋人形劇フェスティバ
ル記念式典に、松澤文子幹事が出席。
▽9月24日(金) 第1回 たんぽぽサロン
▽9月25日(土) 世界人形劇百科事典編集担当のMr
s.Penelope Chevillard事務所来訪。小梛副会長と日本
の記事について打ち合わせ。
▽10月5日(火) 大阪国際人形劇フェスティバル2005
ついて、大阪市と芳川雅勇会長と杉田事務局長が話し
合い(大阪)
▽10月7日(木) 定例事務局会議
▽10月8日(金) 第3回幹事会
▽10月8日(金) 『人形劇のひろば』編集会議
▽10月8日(金) 第2回たんぽぽサロン
▽10月14日(木) 年鑑バックナンバー整理作業
▽10月21日(木) 年鑑バックナンバーを各県の中央図
書館に発送
▽11月1日(月) 世界人形劇百科事典原稿を提出
▽11月5日(金) 定例事務局会議
▽11月8日(月) 04年鑑広告掲載依頼状発送
▽11月12日(金) 第3回たんぽぽサロン《小梛田美子
さんウニマ副会長就任のお祝いの会》
▽11月14日(日) 第15回くぐつ忌(京都:西雲院)。杉
田事務局長が、リエカ大会の報告を行う。
▽11月20日(土) 『人形劇のひろば』86号発行
▽12月2日(木) 定例事務局会議
▽12月22日(水) 第4回たんぽぽサロン
▽12月24日(金) 『2005年度役員改選 立候補届の
お願い』『2005日本ウニマ新年会のお知らせ』『会員名
簿2004』他発送
▽12月24日(金) 事務所の大掃除
▽12月28日(火) 大掃除2日目
▽12月29日(水)∼1月7日(金) 事務所冬休み
〈2005年〉
▽1月13日(木) 第4回幹事会
▽1月13日(木) 『人形劇のひろば』編集会議
▽1月13日(木)
丹下シェフの料理と人形劇を楽しむ
会 研修会/天津司舞見学会 のお知らせのハガキ発
送
▽1月15日(土) 関東地区合同新年会(日本人形劇人
協会と合同開催) 19:00∼21:00 東京・新宿:プーク
人形劇場5F
▽1月17日(月) 定例事務局会議
▽1月20日(木) 年鑑作業打ち合わせ
▽1月22日(土) 中部地区ウニマ新年会 12:00∼14
:00 岐阜市:日本料理北山(メルサ館5F)
▽1月22日(土) こどもワイワイサミット「地震・津波と
稲むらの火(神戸国際会議場) *日本ウニマは地震・
津波防災と稲むらの火神戸実行委員会に参加
▽1月29日(土) 関西地区合同新年会(関西専門人形
劇団協議会と合同開催) 18:30∼20:30 大阪・梅田
:人形館ぽーアトリエ
▽2月4日(金) 定例事務局会議
▽2月5日(土) 丹下シェフの料理と人形劇を楽しむ会
(東京・新宿:プーク人形劇場)*日本ウニマの国際活
動のためのチャリティ企画。主催:人形劇団ちんどん
参加者:24名
▼2月15日(火) 『役員選挙投票のお願い』『事務局だ
より』発送
▼2月18日(金) 第5回たんぽぽサロン
▼3月 『04日本の人形劇』発行
-2-
▼3月10日(木) 天津司舞下見
▼3月11日(金) 第6回たんぽぽサロン
▼3月15日(火) 役員選挙開票
▼3月20日(日) 『人形劇のひろば』87号発行
▼3月21日(振休) 世界人形劇の日
▼3月25日(金) 役員選考委員会
▼4月9日(土) 第5回幹事会(会場未定)
▼4月10日(日) 天津司舞見学会(甲府市小瀬町:天
津司神社、諏訪神社)
▼6月11日(土)∼12日(日) 2005年度第35回総会(名
古屋)
--------------------------------------【実行委員会参加】地震・津波防災と稲むらの火神戸
実行委員会 〈事業〉こどもワイワイサミット「地震・津波
と稲むらの火」(2005年1月22日、神戸国際会議場)他
〈事業期間〉2004年8月∼2005年3月
【後援】第16回「おはなしフェスティバル2004」 〈期日〉
2004年12月4日(土) 〈会場〉松戸市民会館 〈主催〉
財団法人松戸市おはなしキャラバン 〈料金〉無料
【後援】人形劇『稲むらの火』の公演 〈期日〉2004年4
月∼2005年3月 〈会場〉静岡県内の各地ほかの公演
〈主催〉人形劇センター静岡 〈料金〉無料
【後援】エルマーのぼうけん観劇会 〈期日〉2005年1月
7日(金) 〈会場〉東京:西新井文化ホール 〈主催〉あ
だち人形劇を観る会 〈料金〉有料
【後援】丹下シェフの料理と人形劇を楽しむ会・たんげじ
いちゃんのわんぱく劇場 〈期日〉2月5日(土)・6日
(日) 〈会場〉東京:プーク人形劇場 〈主催〉人形劇団
ちんどん 〈料金〉有料
【後援】16thひらかた人形劇フェスティバル
(期日)3
月26日(土)・27日(日) 〈会場)枚方市立牧野公民館
〈主催〉枚方人形劇連絡会・枚方市教育委員会・(財)枚
方市文化国際財団 〈料金〉有料
【後援】とらまる人形劇ミュージアム開催2周年記念
春休みとらまるパペットフェスタ・2005 〈期日〉3月26日
(土)∼4月3日(日) 〈会場〉とらまるパペットランド(東
かがわ市とらまる公園内) 〈主催〉財団法人とらまる人
形劇研究所・東かがわ市 〈料金〉有料
【後援】第9回なにわ人形芝居フェスティバル「逢阪・花
参り」 (期日)4月3日(日) 〈会場〉大阪市天王寺区下
寺町・逢阪 寺社、仏閣、劇場 〈主催〉なにわ人形芝
居フェスティバル運営委員会 〈料金〉有料
■日本ウニマのメーリングリスト
インターネットで情報交換・日本ウニマのメーリングリスト
電子メールアドレスをお持ちの方はどなたでも参加でき
ます。
[日本版]ピーパンチ(店長:藤原玄洋・電子情報委員
会)。メールを [email protected] に送
ると参加できます。参考ホームページは http://groups.
yahoo.co.jp/group/ppunch/
[国際版(英語)]World Puppeteers Net(店長:玉木暢
子・国際委員会)。メールを [email protected]
oups.com に送ると参加できます。参考ホームページは
http://groups.yahoo.com/group/w-p-n
参加依頼メールを出すときは、本文は不要です。参加
依頼メールを出すと、すぐに「ホントに参加するの?」と
メールが来ますので、そのアドレスにそのまま返信すれ
ば、参加登録完了です。参加は無料です。
国 内 の 人 形 劇 情 報
・情報は、ウニマのホームページ(http://homepage2.nift
y.com/unima/)に掲載されていますので、ごらんくださ
い。情報の書き込みも、自由に行える掲示板もありま
す。
情報は [email protected]
【催 事】
〈2004年〉
◇第16回「おはなしフェスティバル2004」 期日:2004
年12月4日(金) 会場:松戸市民会館 主催:財団法
人松戸市おはなしキャラバン ℡047-344-3037 Fax
047-344-3092
〈2005年〉
◆16thひらかた人形劇フェスティバル 期日:3月26日
(土)・27日(日) 会場:枚方市立牧野公民館 主催:
枚方人形劇連絡会・枚方市教育委員会・(財)枚方市文
化国際財団 問合:ひらかた人形劇フェスティバル事
務局 ℡072-851-2566 Fax072-851-2196(牧野公
民館内)
◆とらまる人形劇ミュージアム開館2周年記念 春休
みとらまるパペットフェスタ・2005 期日:3月26日(土)∼
4月3日(日) 会場:とらまるパペットランド(東かがわ市と
らまる公園内) 主催:財団法人とらまる人形劇研究所・
東かがわ市 問合:財団法人とらまる人形劇研究所
℡0879-25-0055 Fax0879-25-0065 eMail:[email protected]
maru.or.jp http://www.toramaru.or.jp
◆第9回なにわ人形芝居フェスティバル「逢阪・花参り」
期日:4月3日(日) 会場:大阪市天王寺区下寺町・逢
阪 寺社、仏閣、劇場 フリーパスバッジ500円 主催
:なにわ人形芝居フェスティバル運営委員会 ℡06-67
74-2877 Fax06-6774-4003 eMail:[email protected]
net www.officeb1.net/ningyou/top.htm
◆第18回池袋いけいけ人形劇まつり 期日:6月26日
(日)会場:東京・豊島区民センター 主催:池袋いけい
け人形劇まつり実行委員会 問合:実行委員会事務局
(藤原玄洋℡&Fax03-3953-3874、夜間のみ) eMail:
[email protected] http://homepage2.nifty.com.pupo/i
keike/
◆いいだ人形劇フェスタ2005 期日:8月4日(木)∼7
日(日) 会場:飯田市内全域 主催:いいだ人形劇フ
ェスタ実行委員会・飯田市・飯田市教育委員会 問合:
実行委員会事務局 ℡0265-23-3552 Fax0265-23-3-
3533 www.iida-puppet.com
eMail:[email protected]
t.com
◆人形のまち にしはるパペットフェスタ2005 期日:8
月20日(土)・21日(日) 会場:西春町文化勤労会館(℡
0568-25-5111 Fax0568-25-5163 [email protected]
haru.aichi.jp http://town.nishiharu.aichi.jp/ bunkin/
) 主催:にしはるパペットフェスタ実行委員会・西春町
教育委員会/
◆人形劇の祭典 喜之助フェスティバル瀬戸内 期日
:8月20日(土)・21日(日) 会場:瀬戸内市邑久町公民
館 主催:喜之助フェスティバル実行委員会 ℡086922-2294 Fax0869-22-3304 eMail:[email protected]
ouchi.lg.jp http://www.city.setouchi.lg.jp
◆ひまわりホール パペットフェスティバル 期日:10
月9日(日)・10日(振休)*未定 会場:名古屋・損保ジ
ャパン人形劇場ひまわりホール 主催:愛知人形劇セ
ンター ℡052-953-3717 Fax052-953-3680 http:/
/homepage3.nifty.com/apc/ [email protected]
◆第20回国民文化祭・ふくい2005 まつおか人形劇カ
ーニバル 期日:2005年10月22日(土)・23(日) 会場
:福井県松岡町 問合:第20回国民文化祭松岡町実行
委員会事務局℡(0776)61-3400
◆大阪国際人形劇フェスティバル2005 期日:11月3日
(祝)∼13日(日) 実行委員会は05年春発足の予定
◆第17回いなさ人形劇まつり 期日:11月18日(金)∼
20日(日) 問合:いなさ人形劇まつり実行委員会(引
佐町役場企画商工観光課内) ℡053-542-1113 Fa
x053-542-2226 http://www.habi.ne.jp/inasa/cho/pu
ppet/ [email protected]
◆第17回おはなしフェスティバル2005 期日:12月4日
(土) 会場:松戸市民会館 主催:財団法人松戸市お
はなしキャラバン(℡047-344-3037 Fax047-344-309
2)
〈2006年〉
◆国民文化祭 人形劇フェスティバル 山口県光市
【動 向】
▼人形劇団クラルテ ドイツ公演 松本則子・高平和
子・奥村佳子の3名が2004年9月にドイツを訪れ、ハンブ
ルグとエッピンゲンで公演。杉田事務局長も公演には
同行。詳細は『人形劇のひろば』86号をご覧下さい。
▼人形劇団プーク新代表 人形劇団プーク代表幹事・
佐藤達雄(新任) (有)劇団プーク代表取締役・栗原
弘昌(新任) (有)プーク人形劇場代表取締役・三上
力(留任) (有)スタジオ・ノーヴァ〈映像部門〉代表取
締役・佐藤東(留任)
▼芸能花伝舎オープン (社)日本芸能実演家団体協
議会(芸団協)が東京都新宿区西新宿の旧淀橋第三小
学校(閉校)を活用し、2005年4月1日から芸能文化活動
の拠点として芸能花伝舎をスタートさせます。稽古やワ
ークショップのための11の創造スペースの貸し出しあり。
問合:芸団協・芸能文化情報センター 芸能花伝舎準
備室 ℡03-5353-6606 Fax03-5353-6614 kadensh
[email protected]
[email protected]ライ
ンが届きました。問合:国際交流基金 ℡03-5662-351
1 Fax03-5662-3494 http://www.jpf.go.jp/
海 外 の 人 形 劇 情 報
☆印のついている項目は、事務局に
詳細があります。お問い合わせください。
【2008年ウニマ大会】
◆次回大会は、オーストラリア・パースで開催されます。
南半球でのはじめての大会です。時期等発表になり次
第お知らせいたします。
【世界ウニマ】
◆アジア太平洋委員会
2005年7月はじめにオーストラリアのメルボルンで
開催。併せてワークショップ・ミニフェスティバルも行
われます。日本からは、小梛副会長と杉田委員が出
席の予定です。
◆世界人形劇の日 3月21日
◆世界ウニマのホームページ:www.unima.org
◆ 世界ウニマ通信への記事提供の要請 が、出版委員
会から届きました。取捨選択は出版委員会と書記局で
行いますが、情報提供をとのことです。日本ウニマ国際
委員会からも随時情報を送ります。
【 国際人形劇研究所 】フランス:シャルルビル・メジェ
ール www.marionnette.com
◆☆ESNAM国立人形劇芸術高等学院 第7期生募集
(2005-2008) 入学資格:2005年6月30日時点で18才
以上26才まで 修学期間:3年 試験日:2005年4月
取得資格:人形劇、教育者としてのフランス国家資格
申込期間:2004年10月∼2005年2月28日 詳細は事務
局まで。
【手紙・電子メール】
◆スリランカに人形劇博物館が2004年9月、コロンボより
南80キロのAmbalangodaにオープン。約120体の人形を
擁し、見学者はスリランカの人形劇の歴史、人形製作の
様子にふれ、操作する機会も与えられます。2006年に
は運営のための基金を創設の予定。詳細は世界ウニマ
のHPをご覧ください。 Contact: Lal Emmanuel, Secret
ary Unima, Puppet Museum - Ambalangoda - Sri L
anka Tel: +94 77 6209625 Email: [email protected]
wisl.net
◆アメリカ 来日公演の経験もある前アメリカ・ウニマ会
長のランデル・マッギーさんが、今年の11月8日∼16日
にシンガポールで開かれるストーリーテラーの総会に参
加します。この時期にアジアで公演の機会があれば連
絡がほしいとのことです。 Mr.Randel McGee eMail:ra
[email protected] www.mcgeeproductions.
com
-4-
◆ウズベキスタン Anvar Niyazovさんが日本のフェス
ティバル参加を希望しています。 eMail:my-owntheatr
[email protected]
【フェスティバル・講座等】
◆☆ウニマUSAから巡回作品と各種サービスの目録20
04年版が届きました。
◆☆THEMAA(フランスウニマ)から、会報34号が届きま
した。www.themaa.com
◆☆フランス:シャルルビルメジェール国際人形劇研究
所の、2004-2005年上演スケジュールが届きました。
◆☆ウニマUSAから、機関紙PLAYBOARD9月10月号
が届きました。
◆☆アメリカ人形劇人協会から機関紙 Puppetry Journ
al 2004年夏号が届きました。
◆☆ドイツ:DFPから雑誌 double 02 が届きました。ど
んどろの紹介記事が載っています。
◆☆ドイツからドイツ人形劇連盟機関誌「Puppen Mens
chen & Objekte」が届きました。
◆☆オーストラリアウニマから、機関紙 Australian Pup
peteers 春号が届きました。
◆☆タイ:タイ・マリオネットSEMAから劇団紹介ファイル
が届きました。
◆☆フランス: クランドソン劇団と劇団インクリネ の共
同作品Cargo の紹介パンフレットが届きました
◆☆ドイツ:劇団クレオントール作品 Ich, Voncent の
紹介パンフレットが届きました
◆☆カナダ:キッズ・エンターテイメントから児童劇人形
劇の紹介パンフレットが届きました。
◆☆スペイン:バルセロナ Institut del Teatreより、20
04年∼2005年度に、外国人向けの講座を開講するとの
知らせがありました。詳細は事務局まで。www.diba.es/it
eatre
◆インド:マハラシュトラ 人形劇を通して社会問題の
啓発を行っている団体 THE PUPPET が、2004年-20
05年に研修ワークショップを企画。参加作品募集。
<2006年>
◆フランス:シャルルビル・メジェール
第14回シャル
ルビル・メジェール世界人形劇フェスティバル 2006年
9月15日∼24日 *2005年7月31日までに上演参加希
望の方は申し込みしてください。2006年春にプログラム
発表の予定。www.marionnette.com(フェスティバルの
ウィンドウを開いてください。)
【来日公演】
〈2004年〉
◇国際交流児童青少年演劇フェスティバル2004IN TO
KYO(カナダ・オーストラリア・日本) 7月17日-25日
ウィンドミル(オーストラリア)・劇団風の子共同制作『ハロ
ーまるちゃん』など
◇第20回レクリエーションと人形劇のカーニバル・第10
回東アジア太平洋人形劇フェスティバル 9月17日-20
日 東かがわ市・とらまる公園 譚志遠人形劇団(中国・
北京)、ソウル人形劇会(韓国)、深圳市銀河星影絵芝
居藝術団(中国・深圳)、ムラット劇場(フィリピン)、十指
帮人偶劇団(シンガポール)、グレゴの音楽一座(アメリ
カ)など
◇フィリップ・ジャンティ・カンパニー(フランス)『バニッ
シング・ポイント』 東京:ル テアトル銀座/200
4年11月9日∼14日、名古屋:愛知厚生年金会館/11
月18日、山口情報芸術センター/11月20日・21日、
大阪:シアター・ドラマシティ:11月23日、まつも
と市民芸術館/11月26日、新潟市民芸術文化会館/11
月28日
*日本ウニマでは、幹事の藤原玄洋さんの協力を得
て、東京公演のチケット割引サービスを行いました。
*ジャンティは2007年の来日公演が決まっています。日
本でそのためのワークショップを行います。オーディショ
ンは2006年2月予定。詳細は分かり次第お知らせいたし
ます。
◇ザルツブルク・マリオネット劇場(オーストリア)
『くるみ割り人形』11月20日 名古屋
【資 料】
◆☆フランス:マリオネットとセラピー協会から会報2004
年3号が届きました。
受
賞
◆2004年第8回なにわ人形芝居フェスティバル(2004年
4月4日、大阪市天王寺区下寺町逢阪・神社・仏閣・劇
場)《最優秀作品賞》『ゆうれいスイカ』亀谷みどり(春日
井市) 《優秀賞》『へにゃほにゃふにゃりほにょもろろ』
後藤美千子(愛知県知多郡)、『おか釣り』紫藤勇市(東
京都日野市) 《審査員特別賞》『二匹と一匹とおばあ
さん』空野木綿子(東大阪市)、『モダン缶カン』酒井政
美(群馬県群馬郡)、『食いしん坊地蔵』松崎泰司(東京
都板橋区)
◆第8回吹田人形劇コンクール(2004年8月27日∼29
日、メイシアター吹田市文化会館) 《金賞》人形劇団か
かか(山口県玖珂郡)『きゃー、ドリペンがカチンコチン』
《吹田賞(脚本)》笑たろう&恵子(奈良県生駒郡)『自
転車にのって』 《さつき賞(美術》人形劇団ぴーちく
(寝屋川市)『ねずみくん、あ、れ、れ?』 《コンクール
賞(アイディア》人形劇団「まる」(敦賀市)『はだかんぼ
バナナ』 《メイシアター賞(個人演技)》山口玲子〈いち
ゃもん&ザ・にわか座〉(高槻市)『ばけくらべ』 《敢闘
賞》ゆう(大阪市)『あな、ななな?』、パピプペパペット
(長岡京市)『お世話になります』、人形芝居ぬくぬく座
(豊中市)『ひよっとして、白雪姫』
★おめでとうございます。
-5-
訃
ー写真あり。英語版。販価2100円(送料込) シシリー
の人形劇紹介記事、世界ウニマ情報など。。
◆☆吉川潔作品集『森のなかま』 発行:ART BOX
23㎝×19㎝ 48頁。 昨年春からフリーの活動を開
始した吉川潔さんのカラー写真による人形の作品集で
す。 販価2000円(送料別)
◆☆第13回シャルルビル・メジェール世界人形劇フェス
ティバル(フランス)のパンフレット
これを見れば、最新の人形劇のトレンドがわかりま
す。パンフレット:日本語語版付きで1500円(送料込
み)。ポスター:1000円(送料込み)。
◆☆『ウニマ・マガジン』第2号 発行:世界ウニマ出版
コミュニケーション委員会 ほぼA4版、79頁。白黒・カラ
ー写真あり。本号から、仏語・英語・西語がそれぞれ別
の冊子になった。日本ウニマでは英語版のみ取扱い。
販価2100円(送料込)
フィリップ・ジャンティ、伝統人形劇関連記事、世界
ウニマ情報など、さらに充実。猿八座の情報も。
◆☆『ウニマ・マガジン』創刊号 発行:世界ウニマ出版
コミュニケーション委員会 ほぼA4版、104頁。白黒・カ
ラー写真あり。仏語・英語・西語。販価2100円(送料
込)。
内容は、評論・インタビュー記事・カラー写真による紹
介・フェス観劇記・各国の通信員の記事・世界ウニマ委
員会関連記事など盛り沢山です。
★ウニマ・マガジン定期購読 ほぼ1年に2号の発行
予定です。定期購読をご希望の方は、事務局までお知
らせください。新しい号が発行されたら、順次お送りいた
します。代金はお手元に届いてから、お振り込みくださ
い。
◆☆『瞳 No2∼演じる群像∼』 発行:マリア書房
A4変型96頁。カラー版。
ホリ・ヒロシ、片岡昌、川本喜八郎、吉川潔、ヒダオサ
ム、山本由也らの人形美術の紹介、劇人形専門店パペ
ットハウスの紹介、加藤暁子『20世紀の演技する人形た
ち』ほか。販価:3000円(送料込)
*☆印の書籍は事務局で取り扱っていますので、購入
ご希望の方はご連絡ください。
報
▼禰宜靜麿(ねぎ・しずまろ) 人形劇団ひとみ座団
友。2004年10月24日、病気のため逝去。享年70才。
1958年4月1日、人形劇団ひとみ座入団。以後、一貫
して制作に従事する。(有)ひとみ座代表取締役、(財)
現代人形劇センター理事、(株)ひとみ座企画代表取締
役を務める。2004年4月に上記役職を退き、ひとみ座団
友となる。
▼ミロスラフ・チェサール氏Prof.PhDr. Miroslav ČESA
L チェコの人形劇評論家、作家、教育者。2004年4月1
5日逝去。享年77才。
氏は、カレル大学文学部を卒業後、プラハ出版社OR
BISに勤務。1954年から1979年まで人形劇雑誌ČESKO
SLOVENSKÝ LOUTKÁŘ(チェコスロバキアの人形劇
人)編集長を勤め、また1968年∼1988年までDAMU
(音楽アカデミー演劇部)の人形劇科で演劇論・人形劇
論・劇作法の教鞭をとるなど、戦後のチェコスロバキア
の人形劇界に大きく貢献。
▼Fritz LEESE(ドイツの人形劇人) 2004年10月19日
逝去 享年95才
▼P.K.STEINMANN(ドイツの人形劇人) 2004年10月3
1日 享年69才
書籍・グッズ
【新着案内】
◆報告書「人形劇21世紀会議2004」 A4版124頁
日本人形劇ネットワーク開催の第3回人形劇21世紀会
議の報告書が発刊されました。全体会「人形劇創造の
課題ー基調上演をもとにー」、分科会「人形劇創造の課
題」「みたい作品、みせたい作品、みてほしい作品」「絵
本のちから、人形劇のちから」の討論の様子が詳しく記
録され読み応えのある内容です。1冊1000円(消費税込
・送料別)。残部少数ですのでどうぞお早めにお申し込
み下さい。申込:日本人形劇ネットワーク 211-0035川
崎市中原区井田3-10-31財団法人現代人形劇センタ
ー内 ℡044-777-2228 Fax044-777-3570 [email protected]
ppet-net.jp
◆図録『人形座再発見1952∼1963』 編集・発行:人形
座再発見の会 B5版、56頁。昨秋前橋と銀座で開か
れた「1950年代を切り拓いた劇人形たち」展にあわせ
て、図録が発行されました。人形座の舞台写真のほか、
脚本、年表、絵日記など盛りだくさんの内容です。購入
ご希望の方は保坂純子さんまで。℡0424-21-3950
1部1000円、送料210円(1部1の場合)
【在庫案内】
◆☆『ウニマ・マガジン』第3号 発行:世界ウニマ出版
コミュニケーション委員会 ほぼA4版、79頁。白黒・カラ
【新着ニュース】
フランス:シャルルビル・メジェールの国際人形劇
研究所Institut International de la Marionnetteから
夏期ワークショプのお知らせが届きました。
★The Object, its Sounds and its Rhythms
講師:Dominique Montain & Henri Ogier (Au Cul
Du Loup company)
2005年7月4日∼22日
★The Actor and His Double
Neville Tranter (Stuffed Puppet Theatre)
2005年8月16日∼9月2日
-6-
申し込み締め切り:2005年4月15日
詳細は事務局または国際人形劇研究所のHPまで。
www.marionnette.com
-7-