芦原義信の宿題「隠れた秩序」への一つの回答 ー日本人の空間秩序

景観・デザイン研究講演集 No.8 December 2012
芦原義信の宿題「隠れた秩序」への一つの回答
ー日本人の空間秩序感覚に関する考察ー
篠原
フェロー会員
工博
修
特定非営利活動法人 GS デザイン会議(〒113-0033 文京区本郷 6-16-3,
E-mail:[email protected])
[email protected]た芦原義信は,日本の都市に顕在的な秩序を見い出す
事が出来なかった.しかしそこには都市を支える何らかの秩序が存在する筈だと考え,それを「隠れた秩
序」と命名して模索を続けた.本論は芦原が宿題として残した「隠れた秩序」に対する筆者の一つの回答
である.
キーワード;芦原義信,隠れた秩序,景観把握モデル,秩序感覚,美意識
1.
外部空間と街並みにこだわり続けた,稀有な建
ブライトの奨学金でハーバードに留学する.設計活動
築家・芦原義信
に従事する傍ら,1962(昭和 37)年に「外部空間の構
成」を出版する.建築が作り出す外部空間を論じた著
芦原義信と言っても今の若者には馴染みはないだ
作であった.外部空間の質をその充実度によって,P ス
ろうが,土木の景観にとっては恩人の一人と言うべ
ペース,N スペース,P-N スペースに分類し,外部空間構
き人物である.芦原は,1969(昭和 44)年に母校の東
成に果たす建築の役割を論じた.本人の弁によればイ
大建築学科に設計担当の教授として戻った.現在で
タリアの広場に触発されたのだと言う.この P,N スペ
は当たり前のようになっている,第一線で活躍して
ース論は,ゲシュタルト心理学の言う「図」と「地」
いる建築家を大学に招聘して学生の設計指導に当た
で説明することもできる.景観をやっていればゲシュ
らせるという人事の第一号であった(芦原の後は槇
タルト心理学は必須の教養だったから,芦原の論は何
文彦,香山壽夫,安藤忠雄,隈研吾などと続く).東大
の抵抗もなく頭にスッと入った.驚いたのは,建築の
退官は 1979 年.退官の最終講義の当日に合わせて,当
外観や内部空間を論じはするが,建築が作り出す外部
時話題になった「街並みの美学」を岩波から出版す
空間には一向関心がないようにみえる建築界にあっ
るという格好良さだった.筆者は当時農学部の助手
て,芦原のような建築家が存在していたことであっ
で,この最終講義を聴講することができた.工学部 11
た.一般の建築家は建築周りの空間を芦原の言う「残
号館の講堂は超満員だった.何故芦原が土木の景観
部空間」として,顧みないのが通例であったのだか
にとって恩人の一人であるかというと,土木の景観
ら.勿論,外部空間を意識した建築家がいなかったわ
工学が学問的に一応の自立を果たした樋口忠彦のド
けではない.日本のモダニズム建築を切り拓いた前川
クター論文の審査に建築学科から加わり,その価値
國男は世田谷区役所や京都会館で広場を作り出して
高く評価して土木の教授陣を説得したからである.
いたし,丹下健三も自身の建築が引き立つようにとい
芦原の存在がなければ樋口のドクターは危うく,今
う限定付きではあったが,群衆が集まることの出来る
に続く景観研究グループはなかったかも知れぬので
マス・ヒューマンスケールの広場を広島の平和記念公
ある(樋口のドクター論文は,後に「景観の構造」と
園,代々木の国立屋内競技場で実現させていた.しか
して技報堂から出版される).
し,時代が戦後から高度成長に移るにつれ,民主主義
芦原は 1942(昭和 17)年 9 月の繰り上げ卒業後,海 の,市民の為の広場論は背景に退いていき,超高層ビ
軍に招集され,南方で敗戦を迎えて帰国,その後フル
ルや再開発が建築の前面に出て,外部空間への関心は
253
薄れてしまう.この様な状況にあっても,芦原の外部
も高さもバラバラに建てられるビルはその結果だ
空間への関心は途切れる事なく,1979(昭和 54)年に
とする.確かに機能システムや社会システムは目に
先述の「街並みの美学」を世に問うたのであった.
見えない隠れた秩序ではある.だが,それは芦原が
1962 年出版の「外部空間の構成」以来の芦原の 20
求めた隠れた秩序ではなかった筈である.隠れた秩
年来の外部空間や街並みへのこだわりは,1986(昭和
序とは言いながら,形に結びつくものを求めていた
61)年の「隠れた秩序-二十一世紀の都市に向って」
筈なのだ.
で転機を迎える.どう考えてみても,芦原には,混沌
とした日本の街並みには西欧諸国の街並みに見られ
(2)日本の都市の部分には亜全体(ホロン)が存在し
るような「秩序」が見出せなかったのである.しか
ていて,それが全体に通じる共通因子(DNA)を持
し,混沌と見える日本の街並みにも何らかの秩序は
ち,亜全体が組み合わせられて秩序を形成している
あるはずである,そうでなければ,日本の街並みには
のだとする.
救いがない.こんなに活発で生き生きとした日本の
ただし,その共通因子は与えられたパラメータによ
都市に秩序がない訳はない.国際人,芦原はそう考え
り様々な形で出現するので,西欧のような整った形
て,日本の都市の秩序は西欧のように顕在化はして
とはならないのだ,とする.ここで芦原はフラクタル
はいないが,厳然と存在するとして,それを「隠れた
理論を援用し,部分部分での適応の結果が全体とし
秩序」と命名したのである.以来,その隠れた秩序を
ては秩序がないように見えてしまうのだ,とする.日
模索して 20 年以上,芦原の苦闘は続くのであった. 本人は「部分発想」が根本にあって,その増殖が全体
1962 年の「外部空間の構成」から数えると,ほぼ 40
を形作るのだと言う.つまり,混沌のように見える日
年に渡って芦原の外部空間,街並みへの意志は持続
本の都市も仔細に見ればその部分には秩序があり,
したのであった.流行を追い,モデルチェンジを繰り
その部分の秩序はある時点でのパラメータにより自
返す戦後の建築界にあって芦原の持続力は驚嘆に値
在に変わるので,A の部分の秩序と B の部分の秩序は
する事柄である.そして芦原の外部空間や街並みに
同じではないから,部分の集合としての全体には秩
対する思いが如何に切実なものであったのかも痛感
序が見出せないのだ,とする.日本の都市を読み解く
するのである.
論理としては説得力がある.ただやはり,この結論で
は「全体に通じる共通因子(DNA)」が何であるのか
の説明はない.部分にはそれぞれに秩序があり,しか
2.
芦原の言う「隠れた秩序」の要約
しそれらは同質の秩序ではないので,全体はやはり
無秩序である,という結論になってしまう.
芦原は日本の都市や街並みを何とか混沌から救い
出そうと考えて,「隠れた秩序」論に行き着いた.た
(3)西欧の秩序は,左右対称性,正面性,直線性(幾何
だ,その隠れた秩序が何であるのかを示す事は出来
学性)に基づいている.日本にはこの秩序感覚はな
なかった.筆者は「風景の意味論」を構築しようとす
い.従って日本の都市には西欧諸国のような秩序は
る勉強の過程で,後に詳しく述べる熊谷高幸と北山
ない,とする.
修の日本語論に出会い,長年の間心に引っかかって
移り変わるのが日本の美学であり,それは「新陳代
いた芦原の残した宿題,つまり隠れた秩序とは何
謝の美学」である,とする.この秩序感覚の相違の指
か,を解くヒントを得た.それをこの論説で展開しよ
摘はもっともであるが,ではその「新陳代謝の美学」
うとする.隠れた秩序とは何か,芦原の苦闘の結果は
が律する秩序とは何かに,芦原が答える記述はな
以下のように要約する事が出来る.
い.
[芦原の隠れた秩序の結論]
(4)「どうにもならない」.これが隠れた秩序に対す
(1)それは日本の都市を支える機能システム,社会シ
る芦原の説明の一つであった.「東京の美学」や「秩
ステムである.
序への模索」などの後期の著作のそこここに吐露さ
郵便,電話,衛生,治安などの全てに渡って,日本
れる.説明の放棄であった.芦原も疲れたのだろう.
の都市ほど安全,便利で効率的な都市はない.つま
芦原の隠れた秩序に対する模索は,日本人の部分発
り日本の都市の秩序は外に現れる「形式」にあるの
想や左右対称性・正面性・直線性を嫌う秩序(美学
ではなく,「内容」にあるのだ.と芦原は結論づけ
)などについてのキーワードを提供し,更には芦原
る.この秩序ある内容がどうして形式に反映しない
の持論である「床の文化」こそが日本人の秩序感覚
のか.芦原は日本の土地所有を原因にあげる.方向
を律する根本であるという言説など示唆に富むも
254
のであった.しかし,芦原は隠れた秩序を発見する
来ない.熊谷のいう言語の基本は,景観工学の用語
事は出来なかったのである.
で言うと二人で共視する「シーン景観」であるとい
う事になる(図-2).
3.
日本語という言語からみた空間,もの,人(以下
空間と記する)の認識-熊谷の日本語論を手が
かりに
熊谷高幸の「日本語は映像的である-心理学から
見えてくる日本語のしくみ」は,小冊子ながら景観
や空間を研究する者にとって極めて示唆に富む著
作である.秩序に関係すると考える熊谷の言説を紹
介しつつ,我々日本人の空間に対する認識の特徴を
整理してみよう.最初に確認しておくが,言語と
は,会話においても文章においても同種の言語を使
用する人間には通じる,一定の秩序(論理)を有し
ているという点である.従って,その秩序体系はそ
の言語を使う人々の秩序感覚を典型的に表してい
ると考える事が出来る.
(1)コミュニケーションの基本,3 項関係
熊谷の専門は自閉症のコミュニケーションであ
り,その学問の拠り所は発達心理学である.従って,
子供がどのようにして言語を獲得していくのかを
図-2 景観把握モデル(シーン景観の把握,改良型)
14)
課題とする.熊谷は幼児が言語を獲得していく際の
基本は,親,幼児とその二人が共に見るもの,の 3 項
(2)3 項関係の内部視点と外部視点
関係であるとする.親と幼児がある物を共同注視(
共視)して,あれは何,これは何というコミュニケー
ションを通じて言語を習得していく.このコミュニ
3 項関係が言語習得の出発点である事は,どの言
語でも共通であるが,それを言語化する時点で言語
により違いが生じてくると言う.熊谷は日本語と英
ケーションがやがて文章にも定着して言語体系と
語の違いを,図-3 のように表現する.
なる.これはどの言語にも共通する事柄である(図
-1).
図-1 話し手・聞き手・共有映像の関係図
12)
図-3-b 三項関係の外部
12)
視点(英語)
図-3-a 三項関係の内部
12)
視点(日本語)
この関係が成立する為には,見ている映像を共有し
日本語では話し手は聞き手と共に 3 項関係の中に
ている必要があり,また同一の視点から物を見てい
るという意識がなければならない.日本の自閉症で
いて,共視しているものを表現するので,いちいち
はこの関係が上手く成立せず,指示詞の「こ,そ,あ,ど」
私とか僕などと言わない.主語は省略されるのが普
が一致しないのだと言う.つまり,会話が上手く出
通である.また共視が前提になっているので,つま
255
り同一の物を見ているので,見ている対象について
も省略が可能であるとする .熊谷が例に引く文章.
日本語では「りんごが欲しい」で通じるが,英語で
は"I want an apple"となる.誰かを待っている場面
では,待っている人が共有されていれば,日本語で
は「あ,来た」で通じ,英語では"Mr.yamada comming"
と言わねばならない.
つまり,英語では話し手は 3 項関係の外に出て,表
現する構造になっているのである.もう一例,熊谷
が 引 く 文 章 表 現 の 典 型 .川 端 康 成 の 「 雪 国 」
の冒頭の文章.「国境の長いトンネルを抜けると雪
国であった」はサイエンステッカーの英訳では
"The train came out of the long tunnel into the
snow country" .筆者が考えるに,別の英訳も可能
だと思うが,サイエンステッカーの表現が英語表現
の王道なのであろう.
熊谷によれば,日本語においては私とあなたは特
別の関係にあり,英語においてはいくつかの関係の
一つにしか過ぎない.これを景観工学の用語で表現
すれば,以下のようになる.日本語は現象の視点を
基本に,共に見る「シーン景観」を「視点場」を共
有しつつ表現する.これに対して英語の表現では視
点が固定されていない「観念の視点」を基本に,表
図-4 『桃太郎』映像文脈
現している景観は「場の景観」であるという事にな
12)
第一文では,「昔々,あるところに」で話題にする
る.「観念の視点」は「俯瞰の視点」と言ってもよ
い.見られている景観が「場の景観」なのであるか
場面が提示され,その映像の中でおじいさんとおば
ら,視点は特定されなくて当然である.
あさんが,対象として選択される.第二文では,おじ
いさんとおばあさんの活動が話しの主題となるの
(3)対象との関係付けと認知の順序
「は」と「が」の使い分けは日本語論でよく話題
になる問題である.熊谷はこの使い分けを,話し手
と対象との関係付けで次のように明快に論ずる.
「は」は話題に関する主題の提示であり,見ている映
像の枠組みの明示であるとする.一方の「が」は枠
組みの中の対象の選択に使うのだと言う.熊谷は
「桃太郎」の話を例に次のように解説する(図-4).
1.昔々,あるところに,おじいさんとおばあさん
「が」住んでいました.
2.毎日,おじいさん「は」,山に柴狩に,
おばあさん「は」,川へ洗濯に行きました.
3.ある日,おばあさん「が」,川で洗濯をしている
と,向こうから大きな桃「が」流れてきました.
4.桃「は」どんどん,おばあさんの方に近づいて
きます.
5.おばあさん「は」,桃を取り上げ,家に持って帰
りました.
6.夕方,おばあさん「が」待っていると,おじいさ
ん「が」帰ってきました.
256
で,「は」が用いられる.第三文ではおじいさんとお
ばあさんのうちの,おばあさんが選択されるので,
「が」が使われ,主題となる桃が「が」で選択され
る.
以上の熊谷の論を景観工学の用語で表現すると,
「は」は「シーン景観」の提示であり,「が」は「シ
ーン景観」の中の「主対象」の選択となる.
次に,認知の順序の解説に移る(図-5).熊谷は日
図-5 日本語と英語の順序の違い
12)
本語と英語の語順の違いを解説する.日本語では先
c.認識のプロセスは,まず視点との関係で「対象場」
づ,時や所を表す言葉で映像の枠組みを提示し,続
が設定され,次に「対象場」の中から「主対象」が
いて映像の中の出来事や人に進むとする.熊谷の例
選択される.
では,「今朝,駅で,山田さんを見かけたよ」.これが
つまり,a,b,c は現象を重視した「景観的」なもの
英語では次のようになる."I saw Mr.Yamada at the
の見方である事を意味する.
station this morning.".英語では先づ,人や出来事
d.「視点場」の共有が重視される.この「視点場」の
がきて最後に場面が提示されるのである,とする.
重視は仲間文化を生み出す.
つまり,日本語では周辺から中心へ,英語ではそ
の逆に中心から周辺へ,叙述が進むのだ.この叙述
(2)英語に表れた認識の特徴
の順序は認知のプロセスとパラレルと考えてよい
a.「場の景観」が言語表現の基本である.
から,景観工学の用語で表現すると次のようにな
b.視点の特定は重視されず,臨場感よりも客観性が
る.日本語では先づ,視点との関係で「対象場」を提
重視される.これは「場の景観」が基本となって
示し,次に「対象場」の中から「主対象」を選択す
いる事の反映である.
る.英語では先づ,視点との関係で「主対象」を選択
c.認識のプロセスは,まず視点(主体)と「主対象」
し,次にその「主対象」がある「対象場」を示すと
の関係付けが重視され,その次に「主対象」が存
いう事になる.この順序を関心の程度で解釈する
在する「対象場」が意識に上る.
と,日本語では自分と(そして共に見ている人物も)
つまり,a,b,c は現象ではなく,何と言ったらいいか
見ている「シーン景観」の関係が第一に重要で,そ
難しいのだが,現象の背後にある,見る視点によら
の中の対象との関係は二次的なものだと考える事
ない存在を重視した「空間的」なものの見方である
ができる.英語では自分と強く関係する人や出来事
事を意味する.
(主対象)が第一に重要で,それがはっきりして始
d.視点場は重要な要素ではない.視点場の共有によ
めて,人や出来事が存在する場面が「対象場」とし
る仲間文化よりも,視点を自由にとる,より汎用
て意識されるのだと言えよう.つまり,日本語は「視
性のある表現をとる.
点・シーン景観の関係」重視,英語では「主体・対
以上の相違は彼我の秩序感覚にも当てはまる,と考
象の関係」の重視である.
える.
このような叙述の違いを,熊谷は日本語は映像文
法と同じく,映像共有型であり,英語は対象関係型
であるとする.この映像共有型の認知パターンが日
5.
日本人の秩序感覚
本人の写真好きを生み,和歌や俳句を生み出したと
言うのが熊谷の説なのだが,それは今勉強中の風景
空間の認識は言語に反映し,一定の秩序となって
の意味論で別に論ずる事としよう.
表れる.言語が秩序を有している以上,その元にな
っていた認識の仕方にも言語とパラレルな秩序感
4.
日本語風景論―景観把握モデルによる熊谷の日
覚が存在していると考えるのは自然であろう.従っ
本語論のまとめ
て,日本人の空間や人,ものに対する秩序感覚は前
項のまとめに従って以下のように記述する事がで
熊谷はその著書の最後で,各国の言語を取り上げ
きる.
て比較を行っているのだが,そこ迄手を広げると話
日本語の基本が「シーン景観」である以上,日本
がゴタゴタするので,ここでは英語を西欧諸国の代
人の秩序感覚の基本も「シーン景観」にあるに違い
表言語として日本語との相違をまとめておこう.勿
ない.その秩序感覚は「視点依存の現象」に現れて
論,その比較は空間認知の問題である.そして先に
いる筈である.これに対して,英語の基本は「場の景
も述べたように言語が秩序(論理)そのものである
観」であり,それは視点に依存しないから,秩序感覚
以上,それは環境や空間認識の秩序感覚を反映して
は現象には現れず,「現象の背後にある存在」に現
いる筈である.
れているはずである.「現象の背後にある存在」と
は「空間」である.「空間」は視点とは切れた存在
(1)日本語に表れた認識の特徴
に他ならない.従って,日本人の秩序感覚は以下の
a.「シーン景観」が言語表現の基本である.
ように記述できる.
b.視点が特定され,臨場感が重視される.これは「シ
ーン景観」が基本となっている事の反映である.
257
(1)日本人の秩序感覚は「シーン景観」に現れてい
とした世界である.これに対して,生物貧様性の景
るはずである.つまり,芦原が言うように日本人の
観は草や灌木のないスッキリとした世界である.我
秩序感覚は「隠れて」はいない.現前する現象とし
々日本人は旺盛な繁茂が元来の秩序だと考えてい
ての景観そのものに日本人の秩序感覚が現れてい
るのである.従って,ビルが如何に乱雑に建とう
るのだとみなければならない.これが結論の第一で
が,広告看板や電柱が乱立しようが,それは人間の
ある.
多種多様な活動が生み出した結果であり,活気のあ
る秩序として受け止めて平気なのである.この雑然
(2)繰り返しになるが,もう一歩踏み込んで書く.日
には西欧人は秩序を感じる事は出来ない.この違い
本人は「シーン景観」に秩序を求め,「シーン景観」
は,かつて中村良夫がポツンと筆者に漏らした言葉
が頭の中で統合された「場の景観」には秩序を求め
でもある.
てはいない.つまり,現象としての「部分」に秩序を
求め,統合としての「全体」には秩序を求めない.そ
の結果,日本の全体(都市)には秩序が存在しなく
(2)日本人の視点場文化
日本人は「視点場」を共有し「シーン景観」を共
とも平気なのである.一方,西欧人は頭の中で統合
視する事を重視する.「視点場」共有が一つの文化
された「場の景観」に秩序を求め,「シーン景観」
共有にまで至ると,熊谷の言う「省略の文化」が生
には秩序を求めない.つまり,「全体」に秩序を求
まれる.「言わずもがな」の言語活動である.価値観
め,「部分」には重きを置かない.ただし,「全体」
が共有されれば,暗黙の了解が生じて約束事の世界
に幾何学的な秩序(近代西欧都市)が存在するの
となる.文楽人形では,勿論,人が人形を操るのであ
で,それが現象として現れる「シーン景観」にも秩
るが,黒子の人間は存在しない事になっている.こ
序が認められるのである.これが第二の結論であ
の「省略の文化」の伝統故か,日本人の目には電柱
る.
も広告看板も存在しない事になっているのであろ
う.普段は少しも気にならない.西欧都市に行って
(3)結論の第三は,芦原が「混沌」と見た,雑然とし
帰って来ると,日本の都市の乱雑さに,はたと気づ
た風景こそが日本人の秩序感覚なのだと認める事
くのである.
である.そこに秩序がなければ,我々の日常生活は
成り立たない筈である.我々は何の不都合も感じな
(3)日本人の秩序感覚は美意識と同一ではない.
いで,やすやすと行動しているではないか.
これが一番の大胆な仮説かもしれない.我々日本
以上の三項目は確かな結論だと考えている.
人とて,日本の都市の雑然とした景観を美しいと思
では,西欧の目から見れば,そして芦原の目から見
っているわけではない.ただしそれが秩序に外れて
ても混沌としか映らない風景を,我々日本人は一つ
いると思っているわけではない.この矛盾するよう
の,ただし西欧とは違う,秩序として承認している
な命題から導かれる答えは,秩序感覚が美意識とイ
のであろうか,という問題になる.この理由を解明
コールではない,という点に帰着する.我々は照葉
するのは容易ではない.以下は筆者の仮説である.
樹林の景観を美しいと思っているわけではない.そ
れが証拠に,理想的な景観を再現しようとしてきた
[日本人の秩序感覚について]
日本庭園には照葉樹林の景観はない.平安貴族の庭
(1)秩序感覚のベースとしての生態系
園にしろ,枯山水の庭園,大名庭園にしろ,全て石を
日本人の秩序感覚には日本の気候,風土が反映し
立て,必要な高木,灌木のみを植栽し,池を備えてス
ている.より具体的に言うと,縄文時代以来慣れ親
ッキリとした景観を作り出しているのである.照葉
しんできた照葉樹林の風景が秩序感覚のベースに
樹林の繁茂に戻ろうとする自然の動きは,絶え間な
あると考える.それでは関東以北が抜けてしまうの
い剪定によって防がれているのである.つまり,日
で,生物多様性の風景がベースになっていると考え
本においては秩序を「洗練」する事によってのみ
てもよい.北海道はこの範囲から外れるが,北海道
「美」が実現出来るのである.
は文化の点から言うと日本ではなかった.これに対
「生物貧様性」の西欧においては元来が景観を構
して,西欧は北海道と同じ亜寒帯の景観であり,か
成している要素が少ないから,秩序イコール美とい
つての氷河期の影響もあって,「生物貧様性」の景
う図式が成立するのであろう.ここで問題になるの
観である.
は,何故要素が過多であると「美」とは感じられな
生物多様性の景観は多様な動植物が活発に活動
いのかという点である.筆者の用意している答えは
し,その結果から生まれた猥雑と言ってもよい雑然
一つ,ゲシュタルト心理学の言う「プレグナンツ」
258
の法則,別名「簡潔性の法則」である.この法則が教
識に律せられたのである.近代になって西欧からも
える所によれば,「人間は対象をなるべく簡潔な形
たらされた,左右対称性,正面性,直線性の権化であ
態として理解しようとする」となっている.ここで
るヴィスタ・アイストップも,アーバン・デザイン
言う「人間」は全ての民族に共通するものであり,
に採用される事は稀で,採用された場合にも樹木な
「文化」には左右されない.つまり,人間は簡潔な形
どの「障り」によって正面性が消されるのであった.
を好み,それが美に繋がっているのであろう.
このような根強い美意識の伝統を大事にするな
ら,そして所詮それから逃れられないと観念するな
ら,日本の美意識でこれからの都市を造っていくべ
6.
秩序と美,洗練
きなのだろうと思う.その美は自然が与えてくれる
秩序の洗練から生まれる.
芦原義信の宿題に対する回答は,前項の記述に尽
きていると考える.以下では蛇足的に残された問題
後記.芦原先生,あなたが模索して止まなかった「隠
についての見当を散文的に述べて終わりとしよう.
れた秩序」は目の前にあったのですよ.美が感じら
芦原がいう西欧の左右対称性,正面性,直線性(幾
れない日本の都市を,美イコール秩序だと考えたの
何学性)などの秩序は,デカルト以来の近代主義が
が間違いの元だったのだと思います.久しぶりに根
生み出したもので,ある意味では時間的にも空間的
を詰めて考えたので,正直の処,些か疲れました.た
にも一つの特殊解に過ぎない.ただそこでは,秩序
だし,こういう本質的な問題を,ああでもない,こう
イコール美という観念が成立していたのであっ
でもない,と考えるのが研究の醍醐味なのだと思い
た.その呪縛を脱した今,冷静になって考えてみれ
ます.
ば,それが時代と空間を超えて通用する真理ではな
い事は容易に分かる.我々にとって身近なモダニズ
ム建築の四角い箱は,幾何学的秩序そのものである
が,少しも美しくはない.秩序が自動的に美となる
訳ではないのである.ただ,西欧の美の伝統が左右
対称性,正面性,直線性に基づき,我が国の美の伝統
が何故そうではないのかは,重い課題として残
る.西欧の美はともかくとして,我が国の美の伝統
がそうではない点について私見を述べてみよう.
我が国においては秩序が洗練された時に美が現
れるのだと,日本庭園を例にとって前項に述べ
た.何故それが左右対称性,正面性,直線性とならな
いかの説明は容易である.日本においては,自然に
よって与えられた秩序には,これらの属性がないか
らである.日本に限らず,自然にはこのような属性
が現れる事は稀である.イギリス風景式庭園の大家
であったハンフリー・レプトンもその著書の中で次
のような名言を吐いている."Nature abhors
straight line".であるから,自然が与えてくれた秩
序を洗練して生まれる日本の美には,幾何学性があ
りようはない.非対応性,奥性,曲線性が美の基調と
ならざるを得ないのである.日本庭園然り,生花然
りで自然の素材を使った芸術は須らくそうなる.
この美意識が人工物にも貫徹したのが,日本人の
美意識の特徴なのであろうと考える.律令時代に唐
から移入した幾何学の美学も,日本の美意識により
変容した.左右対称性,正面性,直線性そのものだっ
た寺院,都京(平城京,平安京)も非対称,奥性の形
となった.都市や建築などの人工物も日本人の美意
259
参考文献
A.芦原義信の著述
1) 外部空間の構成,彰国社,1962
2) 外部空間の設計,彰国社,1975
3) 街並みの美学,岩波書店,1979
4) 続・街並みの美学,岩波書店,1982
5) 隠れた秩序―二十一世紀の都市に向って,中央
公論社,1986
6) 東京の美学,岩波新書,1994
7) 秩序への模索―これからの都市・建築へ向っ
て,丸善,1995
8) 東京の美学―混沌と秩序,市ヶ谷出版,1998
B.その他都市デザイン論
9) 伊藤ていじ;日本デザイン論,SD 選書,鹿島出版
会,1966
10) 伊藤ていじ他編;日本の都市空間,彰国社,1968
11) 槇文彦他;見えがくれする都市,SD 選書,鹿島出
版会,1980
C.日本語論
12) 熊谷高幸;日本語は映像的であるー心理学から
見えてくる日本語のしくみ,信曜社,2011
13) 北山修編;共視論,講談社,2005
D.景観論
14) 篠原 修;土木景観計画,技報堂,1982
15) 篠原修;前川國男の 5 原則―モダニズム建築に
都市への貢献は不可能だったのか,景観・デザ
イン研究講演集 No.6 2010
16) 田中毅;都市空間の構造の把握に関する基礎的
考察―案内図を題材にして,東京大学工学部社
会基盤工学科卒業論文,2005
17) 平野勝也,篠原修;日本におけるヴィスタ設計
の受容と変容,土木計画学研究講演集 15,1992