エコセメント事業 - 東京たま広域資源循環組合

Vol.25
【
【M
Ma
a rr .. 2
20
00
03
3】
】
処分組合は組織団体からの
負担金で運営されています
処分組合
組織団体
発行:東京都三多摩地域廃棄物広域処分組合
八王子市
立川市
武蔵野市
三鷹市
青梅市
府中市
昭島市
調布市
町田市
小金井市
小平市
日野市
東村山市
国分寺市
国立市
福生市
狛江市
東大和市
清瀬市
東久留米市
武蔵村山市
多摩市
稲城市
羽村市
西東京市
瑞穂町
【事務局】〒183-0052 東京都府中市新町2-77-1 東京自治会館内 TEL:042-385-5947 FAX:042-384-8449
ホームページ http:[email protected]okyo-shobunkumiai.com 処分組合は、多摩地域25市1町380万人の可燃ごみ焼却灰や不燃物を埋め立てている二ツ塚処分場を管理・運営している特別地方公共団体です。
主な記事
●物質循環の新しい一歩
エコセメント事業
●特集・二ツ塚処分場の「いま」/総予定量の約3割のごみがすでに埋め立てられました/第Ⅱ期建設工事が間もなく終わります
●エコセメント化施設の用地造成工事が始まりました ●裁判レポート/「持分権確認等請求訴訟」は処分組合の"全件勝訴"で終結しました
●組合議会だより/平成15年第1回定例会が開かれました/平成15年度 処分組合の予算が決まりました ●21世紀の環境創造 エコセメント事業 ●日の出だより ●処分組合の動き
焼却灰を
エコセメントに
リサイクル!
物質循環の新しい一歩
エコセメント事業
処分組合では、二ツ塚処分場内にエコセメント化施設をつくります。
エコセメントは、清掃工場から出る焼却灰を主な原
料とする新しいセメントです。焼却灰を埋め立てず、
エコセメントとしてリサイクルすることによって、
このま
まではあと12年で満杯になる二ツ塚処分場の使用
期間を、
30年間以上に延ばすことが可能になります。
エコセメント事業のシンボルマークが誕生しました
最後のページに「シンボルマークの愛称募集」のお知らせがあります
特 集
い
二ツ塚処分場の
ま
エコセメント化施設の
用地造成工事が始まりました
平成18年4月の稼働に向けて、
エコセメント事業は
いよいよ計画段階から具体化の段階へと進んでいきます。
造成工事を
行う区域
総予定量の約3割のごみが
すでに埋め立てられました
二ツ塚処分場が開場してから5年が経過しました。
この間に埋め立てたごみの量は、二ツ塚処分場への埋立を
予定しているごみの総容量(250万立方メートル)の
ほぼ3割に達し、第Ⅰ期工事で造成した区域は満杯に近づいています。
この工事は、エコセメント化施設を建設する用地、約3.5ヘクタール(うち平地部
約2.8ヘクタール)を二ツ塚処分場内に造成するもので、総工費約13億円、工事期
間は平成15年12月までを予定しています。
着工に先立って2月17日には、地元・日の出町より町長をはじめ町議会のみなさま、
自治会のみなさまをお招きして、
「エコセメント造成工事記念式典」を開催しました。
●可燃ごみ焼却灰の埋立
専門家の評価も高い環境対策
この5年間、延べ約9万7000台のトラックによって二ツ塚処分
一方、処分組合では、埋立作業と並行して大気・水質・土壌
場。処分組合では、ここに平成10年1月からごみの搬入を開始し、 場に搬入されたごみ焼却灰は約51万トン、不燃ごみは約18万トン
などの綿密な環境調査も実施してきました。調査の結果は良
それ以来5年間、多摩地域25市1町のごみ焼却灰と細かく砕かれた になります。そして、これらの容積は約72万立方メートルにも及び、
好なもので、専門家の方からも「二ツ塚処分場は周辺環境に
不燃ごみの埋立を続けてきました。
影響を及ぼしていない」と、高く評価されています。
予定しているごみ埋立容量250万立方メートルの約29パーセン
「 持分権確認等請求訴訟 」は
処 分 組 合 の " 全 件 勝 訴 "で 終 結しました
裁判
レポート
二ツ塚処分場建設の際の土地収用手続をめぐって争われてきた「持分権確認等請求訴訟」
(20件の提訴、
うち1件取り下げ)が、去る2月27日、
すべて終結しました。
ト(平成15年1月末現在)に達しました。覆土(ごみの上に被せる土)
(万トン)
二ツ塚処分場に埋め立てられたごみの量(累積)
80
…不燃ごみ
70
688,018t
…焼却灰
579,624t
60
50
などで使用した土と合わせると、すでに東京ドーム1杯分の埋立を
■事件の経緯
行ったことになり、第Ⅰ期工事によって造成した埋立区域も満杯に
処分組合が日の出町に二ツ塚処分場を建設する過程で、処分場の
これまでに、平成12年3月31日に提訴された3
近い状態です。
建設に反対する人たちは、処分場予定区域内の土地を取得・共有して
件をはじめ計20件の裁判が行われてきましたが、
第Ⅰ期
埋立区域
443,909t
40
300,601t
30
20
10
0
153,310t
3,108t
9
10
11
12
13
14
(年度)
●細かく砕かれた不燃ごみの埋立
※平成14年度のごみ量は、平成15年1月末現在までのごみ量です。
第Ⅱ期建設工事が
間もなく終わります
■裁判の状況
建設を阻止しようとしました。処分組合は法に従って土地の収用手続
そのうち1件については一審での審理中に訴訟が取
を進め、共有地の所有者に補償金の払渡を行い、平成12年3月31日
り下げられました。残りの19件については、いずれ
をもってその土地の所有権を取得しました。
も処分組合の主張が認められ、平成15年2月27日、
この訴訟は、処分組合が行った土地収用法に基づく補償金の払渡
最高裁において最後に残った1件の原告側上告が棄
に対して、原告である旧共有地の一部の元地権者が、
「払渡の事実が
却となりました。
存在しなかったこと」または「払渡の際に行われた供託手続が無効で
これによって、19件すべてにおいて処分組合勝
あること」などを主張し、土地の明渡し期限が過ぎた後も、その土地
訴の判決が確定し、処分組合が法に則り適正に土地
の持分権が存在することの確認等を求めていたものです。
収用手続を行ってきた事実が証明されたのです。
環境保全・災害対策は万全
工事は二ツ塚処分場の基本方針である「地域の自然環境と
第Ⅱ期
埋立区域
3月末に第Ⅱ期建設工事が終了し、二ツ塚処分場に149万立方メートルの
新たな埋立スペースが生まれます。
の調和を図り、環境保全、災害対策などに万全を期する」を遵
守しながら進めてきました。具体的には、①工事現場内に降っ
た雨水を貯留することなく素早く防災調整池へ流す管(転流工)
の設置、②雨天時に発生する濁水が下流河川へ直接流れ出す
ことを防ぐための「濁水処理プラント」の稼働、③防災調整池
に溜まった雨水を利用した工事用道路への散水や路面の清掃、
工事は最後の仕上げ段階
この工事は平成12年11月1日に着工以来、2年5ヵ月の歳月をかけて進めてきました。
本年2月時点では、埋立地の底となる場所に、現地発生砕石(工事現場から出た岩を破砕
して造った石)を敷きならす作業を進めており、最後の仕上げの段階です。
④低騒音型建設機械の使用、などです。
浸出水を外へ出さない3つの仕組み
組合議会だより
組合議会の議員は、25市1町の議会議員の中から選出されています。
議案と審議結果
件名
平成14年度東京都三多摩地域廃棄物広域処分組合
一般会計補正予算(第2号)について
議決結果
原案可決
東京都三多摩地域廃棄物広域処分組合職員の
給与に関する条例の一部を改正する条例について
平成15年度東京都三多摩地域廃棄物広域処分組合
一般会計予算について
平成15年度東京都三多摩地域廃棄物広域処分組合
負担金について
原案可決
原案可決
平成15年第1回定例会が
開かれました
処分組合議会の平成15年第1回定例会が2月26日に開か
れ、処分組合職員給与条例の一部を改正する条例や平成15
原案可決
年度一般会計予算など4議案を審議しました。
二ツ塚処分場は、雨水がごみに接触して出てくる汚水=「浸出水」を、周辺の環境へ出さ
ないために3つの仕組みを持っています。"貯めない"仕組み「浸出水集排水設備」、"漏ら
平成15年度 処分組合の予算が決まりました
さない"仕組み「しゃ水工」、そして"見逃さない"仕組み「モニタリングシステム」です。第Ⅱ
歳入の84.4パーセントがみなさんの住む26市町からの負担金です
期工事では、これらの仕組みのために、浸出水集排水管を1.7キロメートル、
しゃ水シート
を8.5ヘクタール、モニタリング専用管を28ルート、それぞれ設置しました。
新たな埋立スペースも7年で満杯に
国・都支出金(1.3%) 繰入金(4.8%) その他(2.0%)
470,000千円
195,062千円
130,650千円
その他(5.7%)
551,059千円
組合債(7.5%)
726,200千円
了に伴う減の一方、エコセメント化施
設工事本格化に伴う増がある中で、経
エコセメント
事業関係
(28.3%)
さに相当します。この結果、新たに生み出される埋立容積は149万立方メートル(ごみと
覆土を合わせた容量)で、これは東京ドーム1杯分を優に上回る大きさです。しかし、この
スペースも今までと同じように埋立を続けていくと、わずか7年で満杯になってしまいます。
地元のみなさまの理解と協力に支えられて
また、この工事の実施にあたっては、地元自治会と日の出町役場の方々に現場で立会
いをいただきながら作業を進めてきました。処分場の新たな埋立スペースは、こうした
日の出町のみなさまのご理解とご協力を得て生まれてくるのです。
14年度と比較して、およそ2億6千
万円の減。二ツ塚処分場第Ⅱ期工事終
今回工事を行った区域の面積は10.9ヘクタールで、プロ野球のグラウンドが7つ入る広
●仕上げ段階に入った第Ⅱ期工事区域(平成15年2月撮影)
●地元関係者のみなさまをお招きした記念式典
(東京都)があったことを受けて、2月17日から用地造成工事に着手しました。
5年間で埋め立てたごみは東京ドーム1杯分
処分組合が日の出町に建設した2つめの最終処分場・二ツ塚処分
処分組合では、2月10日に都市計画決定
の告示(日の出町)、環境影響評価書の公示
歳入
公債費
(32.8%)
3,194,016千円
二ツ塚
処分場関係
(27.7%)
組織団体負担金
(84.4%)
8,205,938千円
2,758,364千円
歳出
谷戸沢処分場関係
(5.5%)
533,432千円
2,690,979千円
費の節減に努めました。
平成15年度予算額
97億2,785万円
主な事業
1.
エコセメント化施設用地造成工事
2.
エコセメント化施設建設工事
3.
二ツ塚・谷戸沢処分場の適正な維持管理
(環境調査、浸出水処理施設運転管理等)
21世紀の
環境創造
エコセメント事業は、ごみ問題への新たな取り組み
多摩地域25市1町が日の出町と力を合わせて挑戦します!
エコセメント化施設は平成18年4月稼働
埋立処分する廃棄物を大幅に減らします
なぜエコセメント事業が必要なの?
エコセメント事業の3つの目的
それは、二ツ塚処分場をできるだけ長く有効に
エコセメント事業には、次の3つの目的があります。
活用するためです。
1.多摩地域のリサイクルをさらに進めます
多摩地域25市1町では、ごみ焼却灰と不燃ごみ
今まで埋め立てていた焼却灰をセメントとして再利用。
リサイクル先進地域・多摩のリサイクルをさらに進めます。
を日の出町にある二ツ塚処分場に埋め立てていま
す。しかし、二ツ塚処分場の埋立容量には限界があ
2.二ツ塚処分場を長く有効に活用します
ります。このまま埋立を続けていくとあと12年で
事業の実施によって埋立処分は不燃ごみだけとなり、
二ツ塚処分場の使用期間を当初予定の16年間から30
年間以上にまで延ばすことが可能です。
満杯となり、新たな最終処分場が必要になってしま
います。
焼却灰を埋め立てずにセメントとしてリサイクル
3.安全な埋立対策をさらに進めます
するエコセメント事業を実施すれば、埋立処分する
現在、埋め立てざるを得ない焼却灰をリサイクルするこ
とによって、より安全な埋立を進めていきます。
廃棄物は不燃ごみだけとなり、二ツ塚処分場の使
用期間を大幅に延ばすことが可能になります。
エコセメントの特徴は…
エコセメント事業
シンボルマーク愛称募集
1,350℃以上の高温から
生まれてくるので、焼却灰
に含まれるダイオキシン類
が分解されてしまいます。
生まれたばかりの「エコセメント事業シンボルマーク」にぴったりの愛称をつけてください。愛称が採用された方、優秀なア
イデアをお寄せいただいた方には、賞状・記念品などをお贈りいたします(同じ愛称に多数の応募があった場合は抽選)。
下記の募集要項をお読みのうえ、ふるってご応募ください!
■募集期間/平成15年4月1日∼6月30日
(はがきは消印有効、メールは締切日の到着分まで)
■応募資格/多摩地域にお住まいの方、または多摩地域の会社・学
校等に通勤・通学されている方
■応募方法/はがき、またはインターネット・メール(メールアドレス:
[email protected])いずれの
場合も、①マークの愛称、②愛称についての説明(意味、
理由など)、③住所、④氏名、⑤年齢、⑥住所が多摩地
域でない方は通勤・通学先を記入のうえ応募してくだ
さい。※①③④の記入がない場合は無効とします。
雨や風に耐え、重金属
を 溶 出させ な い の で
安全です。
普通セメントと同様に、強いコ
ンクリートを造ることができ
る十分な強度を持っています。
■愛称決定/平成15年8月ごろ処分組合において
厳正な審査を行い決定
平成15年9月ごろ発表
■賞 品 等/最優秀賞 1名 賞状・記念品・商品券
優秀賞
2名 賞状・記念品・商品券
その他の賞も予定
お 知ら せ
日の出だより
東京都
多摩地域
No.17
処分組合の動き
日の出町
区部
湯と花の町・日の出町へ
出かけてみませんか?
12月27日(金) エコセメント事業「環境影響評価書案に関する審査意見書」を都から受理
1月10日(金) エコセメント事業における民間事業者の公募に関する参加表明書等の提出
1月27日(月) エコセメント事業「環境影響評価書案」を都に提出
桜まつり
1月29日(水) 日の出町都市計画審議会エコセメント化施設都市計画決定の答申
日の出町を流れる平井川(塩田耕地)の堤防沿いで、
今年も「桜まつり」が開催されます。4月5日(土)にはス
テージイベントとフリーマーケットが予定されており、期
間中は約150本のソメイヨシノに提灯が飾りつけられ、
●毎年恒例の「桜まつり」。昨年も多くの人でにぎわいました
満開の桜の花を夜10時まで楽しんでいただけます。
2月 5日(水) 平成15年第1回正・副管理者会議
(土)雨天の場合は翌日に順延
■開催期間/平成15年4月1日
(火)∼4月13日
(日) ■イベント/4月5日
フリーマーケット、
野点サービス、
■実施場所/日の出町・町民グラウンド
出店販売、
大正琴演奏ほか
(塩田耕地堤防)
つるつる温泉
たけのこ狩り
「つるつる温泉」は、山里の風情を満喫でき
4月19日(土)から5月中旬ごろまで、町内
る温泉です。あわただしい日々を過ごされて で「たけのこ狩り」が楽しめます。道具も完備
いる方のリフレッシュにいかがでしょうか。
しており、掘り方も丁寧に指導いたします。掘
ったたけのこは1kg当たり400円でお持ち帰
ご家族おそろいで、穏やかな
りいただけます。旬の味覚をお土産にどうぞ!
日の出町の春のひと時をお過ごしください。
【問い合わせ先】日の出町役場 経済課商工観光係 0042-597-0511 内線241
問い合わせ先
TEL:042‐385‐5947
FAX:042‐384‐8449
2月10日(月) エコセメント事業「環境影響評価書」に関する公示・縦覧(東京都)
エコセメント化施設都市計画決定告示・縦覧(日の出町)
2月17日(月) エコセメント造成工事記念式典
エコセメント事業シンボルマーク公表
2月18日(火) 平成15年第1回理事会
2月26日(水) 平成15年第1回処分組合議会定例会
2月28日(金) 第22自治会二ツ塚処分場対策委員会
3月 3日(月) 第3自治会谷戸沢処分場監視委員会
3月 7日(金) 谷戸沢処分場水質等調査結果公表(平成14年度第3四半期)
二ツ塚処分場水質等調査結果公表(平成14年度第3四半期)
3月17日(月) エコセメント事業における民間事業者の公募に関する入札及び提案書の提出
処分組合ニュースの内容やごみ 〒183‐0052
処理に関するお考えなど、みな 東京都府中市新町2‐77‐1 東京自治会館内
東京都三多摩地域廃棄物広域処分組合
さまのご意見を、お手紙 、FA X 、 「処分組合ニュース係」
電子メールでお聞かせください。 [メールアドレス][email protected]
ホームページをご覧ください
http://www.tokyo-shobunkumiai.com
古紙配合率100%再生紙を使用しています。