一貫構造計算プログラム入力データ

Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
建築物の構造設計概要
建築場所: 東京都某所
主要用途: 共同住宅
階数: 地下 0階 地上 4階 塔屋 0階
構造種別: 鉄筋コンクリート造
建築面積:
軒の高さ:
工事種別: 新築
延べ面積:
建物高さ:
増築予定: 無
GLから1階床まで:0 mm , パラペットの高さ:0 mm
構造 主要スパン数: X方向 4 , Y方向 1
骨組形式: X方向 ラーメン形式 , Y方向 ラーメン+耐震壁
基礎形式: 杭基礎
基礎底の深さ:
仕上げ等:
屋上付属物等:
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 1 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
床伏図
スラブの荷重伝達が一方向の場合は符号末尾に以下の記号で伝達方向をあらわす.
(X): X方向に伝達, (Y): Y方向に伝達, (短): 短辺方向に伝達.
1F階
S2
FG1
1C2
S2
S2
B1
S1
S1
A
B1
CS2
S1
S2
B3
S1
S1
FG1
1C1
S2
FG1
1C1
CS2
B2
S2
FG2
B1
B2
B1
FG2
B1
S2
1C2
1C1
S1
B1
FG1 CS1
1C1
S1
FG2
S2
1C1
FG1
S1
B2
FG2
9750
1C2
CS1
⑤
7300
B1
CS1
FG1
④
6400
B1
CS1
FG1
B
③
6400
FG2
②
6400
B2
①
S1
FG1
1C1
CS2
1C2
CS2
2F階
A
2C2
2C1
B1
S2
B1
S2
S2
B2
B1
2G2
B1
2G2
S1
S2
B1
S1
S1
S1
2G1
2G1
2G1
CS2
計算開始 2010/09/21 17:25:51
2C1
CS2
2C1
2C2
2C1
S1
B1
2G1 CS1
CS2
- 2 -
S2
S1
S2
B3
S1
B2
S2
2G3
2C1
2G1
S1
B2
2G2
9750
S2
CS1
⑤
7300
B1
CS1
2G1
2C2
④
6400
B1
CS1
2G1
B
③
6400
2G3
②
6400
B2
①
S1
2G1
2C1
CS2
2C2
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
3F階
S2
S2
S2
B1
S1
3G1
3C2
B1
B2
B1
3G2
S1
B1
3G2
S1
S2
3C2
S2
S1
S2
B3
S1
S1
3G1
3C1
CS2
3G1
3C1
CS2
CS1
3C1
B1
B1
3G1
3C1
S1
S1
A
3G1
B2
S2
3G3
3C1
B2
3G2
9750
S2
CS1
⑤
7300
B1
CS1
3G1
3C2
④
6400
B1
CS1
3G1
B
③
6400
3G3
②
6400
B2
①
S1
3G1
3C1
CS2
3C2
CS2
4F階
S2
CS2
計算開始 2010/09/21 17:25:51
S2
S2
S1
4G1
3C2
B1
CS2
B1
S1
S2
B3
S1
4G1
3C1
CS2
- 3 -
3C2
S2
S1
4G1
3C1
B2
B1
4G2
B1
4G2
B1
S2
CS1
3C1
S1
S1
A
3C1
S1
B1
4G1
B2
S2
4G3
3C1
4G1
S1
B2
4G2
9750
S2
CS1
⑤
7300
B1
CS1
4G1
3C2
④
6400
B1
CS1
4G1
B
③
6400
4G3
②
6400
B2
①
S1
4G1
3C1
CS2
3C2
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
RF階
A
S12
S12
S12
B1
B1
B1
S12
B1
S12
B1
S12
S12
S12
RG1
RG1
RG1
CS12
計算開始 2010/09/21 17:25:51
CS12
CS12
- 4 -
RG1
S12
CS11
S12
RG3
CS11
RG1
B1
CS11
RG1
⑤
7300
B3
S12
B1
CS11
RG1
S12
B1
④
6400
RG3
③
6400
RG2
RG2
9750
B
②
6400
RG2
①
RG1
CS12
S12
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
略軸組図
壁内の破線はスリットあらわす.
A通り
①
6400
②
RG1
RF
2800
3C2
4F
2850
3C2
3F
2850
2C2
2F
2900
1C2
GL.
1F
W150
4G1
W150
3G1
W150
2G1
W150
FG1
6400
③
RG1
3C1
3C1
2C1
1C1
W150
4G1
W150
3G1
W150
2G1
W150
FG1
6400
④
RG1
3C1
3C1
2C1
1C1
W150
4G1
W150
3G1
W150
2G1
W150
FG1
7300
⑤
RG1
3C1
3C1
2C1
1C1
W150
4G1
W150
3G1
W150
2G1
W150
FG1
3C2
3C2
2C2
1C2
B通り
①
②
RG1
RF
2800
3C2
4F
2850
3C2
3F
2850
2C2
2F
2900
1C2
GL.
1F
6400
W150
4G1
W150
3G1
W150
2G1
W150
FG1
計算開始 2010/09/21 17:25:51
6400
③
RG1
3C1
3C1
2C1
1C1
W150
4G1
W150
3G1
W150
2G1
W150
FG1
6400
④
RG1
3C1
3C1
2C1
1C1
W150
4G1
W150
3G1
W150
2G1
W150
FG1
- 5 -
7300
⑤
RG1
3C1
3C1
2C1
1C1
W150
4G1
W150
3G1
W150
2G1
W150
FG1
3C2
3C2
2C2
1C2
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
①通り
A
9750
B
RG2
RF
2800
3C2
EW150
4G2
3C2
3C2
EW150
3G2
3C2
2C2
EW150
2G2
2C2
1C2
EW150
FG2
1C2
4F
2850
3F
2850
2F
2900
GL.
1F
②通り
A
9750
B
RG2
RF
2800
3C1
EW150
4G2
3C1
3C1
EW150
3G2
3C1
2C1
EW150
2G2
2C1
1C1
EW150
FG2
1C1
4F
2850
3F
2850
2F
2900
GL.
1F
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 6 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
③通り
A
9750
B
RG2
RF
2800
3C1
EW150
4G2
3C1
3C1
EW150
3G2
3C1
2C1
EW150
2G2
2C1
1C1
EW150
FG2
1C1
4F
2850
3F
2850
2F
2900
GL.
1F
④通り
A
9750
B
RG3
RF
2800
3C1
4F
2850
3C1
3F
2850
2C1
2F
2900
1C1
GL.
1F
計算開始 2010/09/21 17:25:51
EW150
4G3
EW150
3G3
EW150
2G3
EW150
FG2
3C1
3C1
2C1
1C1
- 7 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
⑤通り
A
9750
B
RG3
RF
2800
3C2
4F
2850
3C2
3F
2850
2C2
2F
2900
1C2
GL.
1F
計算開始 2010/09/21 17:25:51
EW150
4G3
EW150
3G3
EW150
2G3
EW150
FG2
3C2
3C2
2C2
1C2
- 8 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
柱リスト
1F 1C1
柱頭
柱脚
1F 1C2
柱頭
柱脚
Dx:700, Dy:700
主筋:D22
HOOP:[email protected]
Dx:650, Dy:650
主筋:D22
HOOP:[email protected]
2F 1C1
柱頭
2F 1C2
柱頭
柱脚
柱脚
2F 2C1
柱頭
柱脚
2F 2C2
柱頭
柱脚
Dx:700, Dy:700
主筋:D22
HOOP:[email protected]
Dx:650, Dy:650
主筋:D22
HOOP:[email protected]
Dx:650, Dy:650
主筋:D22
HOOP:[email protected]
Dx:600, Dy:600
主筋:D22
HOOP:[email protected]
3F 1C1
柱頭
3F 1C2
柱頭
3F 2C1
柱頭
3F 2C2
柱頭
柱脚
柱脚
Dx:700, Dy:700
主筋:D22
HOOP:[email protected]
Dx:650, Dy:650
主筋:D22
HOOP:[email protected]
3F 3C1
柱頭
3F 3C2
柱頭
柱脚
Dx:600, Dy:600
主筋:D22
HOOP:[email protected]
4F 1C1
柱頭
4F 1C2
柱頭
Dx:700, Dy:700
主筋:D22
HOOP:[email protected]
計算開始 2010/09/21 17:25:51
柱脚
Dx:650, Dy:650
主筋:D22
HOOP:[email protected]
Dx:600, Dy:600
主筋:D22
HOOP:[email protected]
4F 2C1
柱頭
4F 2C2
柱頭
柱脚
Dx:600, Dy:600
主筋:D22
HOOP:[email protected]
柱脚
柱脚
柱脚
Dx:650, Dy:650
主筋:D22
HOOP:[email protected]
柱脚
Dx:650, Dy:650
主筋:D22
HOOP:[email protected]
- 9 -
柱脚
Dx:600, Dy:600
主筋:D22
HOOP:[email protected]
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
4F 3C1
柱頭
柱脚
Dx:600, Dy:600
主筋:D22
HOOP:[email protected]
計算開始 2010/09/21 17:25:51
4F 3C2
柱頭
柱脚
Dx:600, Dy:600
主筋:D22
HOOP:[email protected]
4F 4C1
柱頭
柱脚
Dx:600, Dy:600
主筋:D22
HOOP:[email protected]
- 10 -
4F 4C2
柱頭
柱脚
Dx:550, Dy:550
主筋:D22
HOOP:[email protected]
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
大梁リスト
1F FG1
左端
右端
1F FG2
左端
B:450, D:1800
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:350, D:1800
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
2F 2G1
左端
右端
2F 2G2
左端
右端
2F 2G3
左端
B:450, D:750
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:300, D:600
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
2F FG2
左端
右端
中央
中央
中央
中央
中央
B:350, D:1800
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
3F 2G1
左端
右端
3F 2G2
左端
@200
B:300, D:600
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
右端
3F 3G3
左端
@200
B:300, D:750
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
中央
B:450, D:750
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
3F 3G2
左端
中央
B:300, D:600
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
計算開始 2010/09/21 17:25:51
中央
中央
右端
右端
2F FG1
左端
@200
B:300, D:750
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:450, D:1800
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
右端
3F 2G3
左端
右端
3F 3G1
左端
右端
@200
B:300, D:750
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:450, D:700
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
右端
3F FG1
左端
右端
3F FG2
左端
右端
@200
B:450, D:1800
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:350, D:1800
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
- 11 -
中央
中央
中央
中央
中央
中央
右端
@200
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
4F 2G1
左端
右端
4F 2G2
左端
右端
4F 2G3
左端
右端
4F 3G1
左端
B:450, D:750
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:300, D:600
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:300, D:750
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:450, D:700
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
4F 3G2
左端
右端
4F 3G3
左端
右端
4F 4G1
左端
右端
4F 4G2
左端
右端
@200
B:300, D:750
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:450, D:650
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:300, D:600
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
右端
4F FG1
左端
右端
4F FG2
左端
右端
B:300, D:750
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:450, D:1800
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:350, D:1800
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
RF 2G1
左端
右端
RF 2G2
左端
右端
RF 2G3
左端
右端
RF 3G1
左端
右端
B:450, D:750
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:300, D:600
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:300, D:750
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:450, D:700
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
RF 3G2
左端
右端
RF 3G3
左端
右端
RF 4G1
左端
右端
RF 4G2
左端
右端
@200
B:300, D:750
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:450, D:650
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:300, D:600
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
中央
中央
B:300, D:600
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
4F 4G3
左端
中央
中央
中央
B:300, D:600
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
計算開始 2010/09/21 17:25:51
中央
中央
中央
中央
中央
- 12 -
中央
中央
中央
中央
中央
中央
中央
中央
中央
右端
@200
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
RF 4G3
左端
右端
RF FG1
左端
B:300, D:750
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
RF RG2
左端
中央
中央
B:300, D:600
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
計算開始 2010/09/21 17:25:51
右端
RF FG2
左端
@200
B:450, D:1800
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
@200
B:350, D:1800
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
右端
RF RG3
左端
右端
@200
B:300, D:750
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
中央
中央
@200
- 13 -
中央
右端
RF RG1
左端
@200
B:400, D:650
主筋:D22
ST. :D13
@200
@200
中央
右端
@200
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
小梁リスト
符号
B1
B2
B3
種別
RC
RC
RC
断面寸法
300x550
250x500
300x750
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 14 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
壁リスト
開口壁
ソデ壁
コシ・タレ壁
方立て壁
B
D
A
C
A
B
階
通り-軸
1F
A
-①
A
-②
A
-③
A
-④
B
-①
B
-②
B
-③
B
-④
①
-A
②
-A
③
-A
④
-A
⑤
-A
A
-①
A
-②
A
-③
A
-④
B
-①
B
-②
B
-③
B
-④
①
-A
2F
計算開始 2010/09/21 17:25:51
A
壁厚
(mm)
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
仕上重量
(N/m2)
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
400
: 指定なし
400
: 指定なし
400
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
400
: 指定なし
B
開口タイプ
A
B
壁スリット
二開口壁
開口パラメータ A-B-C-D
(mm)
1015-1920-0-2000 4660-1920-0-2000
二開口壁
1015-1920-0-2000 4660-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
1015-1920-0-2000 4660-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
1015-1920-0-2000 4660-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
800-2170-0-2000 3810-1780-800-1200
完全スリット
二開口壁
800-2170-0-2000 3810-1780-800-1200
完全スリット
二開口壁
800-2170-0-2000 3810-1780-800-1200
完全スリット
二開口壁
480-3400-0-2000 4700-1780-900-1200
完全スリット
完全スリット
無開口壁
-
無開口壁
-
無開口壁
-
無開口壁
-
無開口壁
-
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
無開口壁
-
- 15 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
階
通り-軸
2F
②
-A
③
-A
④
-A
⑤
-A
A
-①
A
-②
A
-③
A
-④
B
-①
B
-②
B
-③
B
-④
①
-A
②
-A
③
-A
④
-A
⑤
-A
A
-①
A
-②
A
-③
A
-④
B
-①
B
-②
B
-③
B
-④
①
-A
3F
4F
計算開始 2010/09/21 17:25:51
壁厚
(mm)
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
仕上重量
(N/m2)
400
: 指定なし
400
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
400
: 指定なし
400
: 指定なし
400
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
400
: 指定なし
開口タイプ
開口パラメータ A-B-C-D
(mm)
壁スリット
無開口壁
-
無開口壁
-
無開口壁
-
無開口壁
-
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
無開口壁
-
無開口壁
-
無開口壁
-
無開口壁
-
無開口壁
-
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
二開口壁
715-1920-0-2000 3760-1920-0-2000
完全スリット
無開口壁
-
- 16 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
階
通り-軸
4F
②
-A
③
-A
④
-A
⑤
-A
計算開始 2010/09/21 17:25:51
壁厚
(mm)
150
配筋
150
配筋
150
配筋
150
配筋
仕上重量
(N/m2)
400
: 指定なし
400
: 指定なし
1160
: 指定なし
1160
: 指定なし
開口タイプ
開口パラメータ A-B-C-D
(mm)
壁スリット
無開口壁
-
無開口壁
-
無開口壁
-
無開口壁
-
- 17 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
構造設計方針
設計上準拠した指針・規準等
□
□
□
□
□
□
□
□
建築基準法・同施行令・同告示
(財)日本建築センター「建築物の構造関係技術基準解説書」(2007)
(財)日本建築センター「冷間成形角形鋼管設計施工マニュアル」(2003)
(社)日本建築学会「鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説」(1999)
(社)日本建築学会「鋼構造計算規準・同解説」(2005)
(社)日本建築学会「鉄骨鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説」(2001)
(社)日本建築学会「鋼構造塑性設計指針」(1975)
(社)日本建築学会「建築耐震設計における保有耐力と変形性能」(1990)
構造計算方針
使用プログラムその他
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 18 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
計算ルート
X方向の計算ルート : ルート3
ルート1
ルート2
ルート3
開始
開始
開始
許容応力度計算(1)
壁量の確認
Σ2.5Aw+Σ0.7Ac
≧ Z・W・Ai/α
層間変形角の確認
層間変形角 ≦ 1/200(2)
層間変形角の確認
層間変形角 ≦ 1/200(2)
剛性率・偏心率の確認
剛性率 ≧ 0.6
偏心率 ≦ 0.15
保有水平耐力の確認
終了
終了
2-1
壁量の確認
Σ2.5Aw+Σ0.7Ac
≧ 0.75Z・W・Ai/α
2-2
2-3
壁量の確認
Σ1.8Aw+Σ1.8Ac
≧ W・Ai/α
部材の靭性の確認
終了
(1) 自重・地震力等により建物の各部に生じる応力度が許容応力度以内であることを確認する
(2) 設計者が別途検討することにより1/120に緩和することができる
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 19 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
Y方向の計算ルート : ルート1
ルート1
ルート2
ルート3
開始
開始
開始
許容応力度計算(1)
壁量の確認
Σ2.5Aw+Σ0.7Ac
≧ Z・W・Ai/α
層間変形角の確認
層間変形角 ≦ 1/200(2)
層間変形角の確認
層間変形角 ≦ 1/200(2)
剛性率・偏心率の確認
剛性率 ≧ 0.6
偏心率 ≦ 0.15
保有水平耐力の確認
終了
終了
2-1
壁量の確認
Σ2.5Aw+Σ0.7Ac
≧ 0.75Z・W・Ai/α
2-2
2-3
壁量の確認
Σ1.8Aw+Σ1.8Ac
≧ W・Ai/α
部材の靭性の確認
終了
(1) 自重・地震力等により建物の各部に生じる応力度が許容応力度以内であることを確認する
(2) 設計者が別途検討することにより1/120に緩和することができる
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 20 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
計算ルート判定表
○:適用可,×:適用不可
△:層間変形角の緩和規定により適用可
壁量①:2.5αAw+0.7(1.0)αAc+0.7αAw', ②:1.8(2.0)αAw+1.8(2.0)αAc
X方向
項目と制限値
建物の高さ(m)
≦
壁量①/(Z・AiΣWi)
≧
壁量①/(Z・AiΣWi)
≧
壁量②/(Z・AiΣWi)
≧
層間変形角
≦
層間変形角(緩和規定)≦
剛性率
≧
偏心率
≦
総合判定
該当値
20
1.0
0.75
1.0
1/200
1/120
0.60
0.15
11.40
0.316
0.316
0.706
1/ 647
1/ 647
0.758
0.023
1
○
×
-
-
-
-
-
-
×
計算ルート
2-1
2-2
-
-
-
-
×
-
-
×
○
○
○
○
○
○
○
○
×
×
2-3
-
-
-
-
○
○
○
○
○
1
○
○
-
-
-
-
-
-
○
計算ルート
2-1
2-2
-
-
-
-
○
-
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
2-3
-
-
-
-
○
○
○
○
○
Y方向
項目と制限値
建物の高さ(m)
≦
壁量①/(Z・AiΣWi)
≧
壁量①/(Z・AiΣWi)
≧
壁量②/(Z・AiΣWi)
≧
層間変形角
≦
層間変形角(緩和規定)≦
剛性率
≧
偏心率
≦
総合判定
計算開始 2010/09/21 17:25:51
該当値
20
1.0
0.75
1.0
1/200
1/120
0.60
0.15
11.40
1.824
1.824
1.744
1/9691
1/9691
0.852
0.088
- 21 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
使用材料と使用箇所
コンクリートの使用材料
Fc24 : 1F階の梁からRF階の梁まで
鉄筋の使用材料
SD295 : D13
SD345 : D22
高強度せん断補強筋の使用 : なし
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 22 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
許容応力度・材料強度
コンクリートの許容応力度・材料強度(N/mm2)
種別
Fc24
長期許容応力度
圧縮
せん断
8.00
0.73
短期許容応力度
圧縮
せん断
16.00
1.10
材料強度
24.00
鉄筋の許容応力度・材料強度(N/mm2). ( )内の数値はD29以上の径に適用する
種別
SD295
SD345
長期許容応力度
引張・圧縮 せん断補強用
195
195
215(195)
195
短期許容応力度
引張・圧縮 せん断補強用
295
295
345
345
大臣認定材料の認定番号
特別な調査又は研究の結果による場合
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 23 -
材料強度
295
345
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
固定荷重
床の仮定荷重
居室
仕上げ
コンクリート床
天井
間仕切り
合計
0.30
3.60
0.20
0.15
4.30 kN/m2
露出防水
コンクリート床
天井
合計
0.20
3.60
0.20
4.00 kN/m2
モルタル
コンクリート床
増打
合計
0.40
4.08
0.34
4.90 kN/m2
バルコニー
モルタル
コンクリート床
増打
合計
0.40
3.42
0.34
4.20 kN/m2
廊下屋根
露出防水
コンクリート床
増打
合計
0.20
3.96
0.34
4.50 kN/m2
バルコニー屋根
露出防水
コンクリート床
増打
合計
0.20
3.42
0.34
4.00 kN/m2
屋根
廊下
部材自重の計算のための基本データ
標準スラブ厚 : 梁自重の計算時に梁せいから控除する値
階
1F
2F
3F
4F
RF
RC・SRC部材の
単位体積重量(kN/m3)
柱
壁
大梁 小梁
24.0 24.0 24.0 24.0
24.0 24.0 24.0 24.0
24.0 24.0 24.0 24.0
24.0 24.0 24.0 24.0
24.0 24.0 24.0 24.0
計算開始 2010/09/21 17:25:51
RC・SRC部材の仕 鉄骨部材の仕
上げ重量(N/m2) 上げ重量(N/m2)
柱
梁
柱
梁
鉄骨大梁の
重量割増率 標準スラブ厚(mm)
150
150
150
150
150
- 24 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
積載荷重
床荷重表
単位:kN/m2
室名
居室
屋根
廊下
バルコニー
廊下屋根
バルコニー屋根
DL
LL
TL
DL
LL
TL
DL
LL
TL
DL
LL
TL
DL
LL
TL
DL
LL
TL
床 用
小梁用
大梁用
地震用
4.30
1.80
6.10
4.00
0.90
4.90
4.90
1.80
6.70
4.20
1.80
6.00
4.50
0.90
5.40
4.00
0.90
4.90
4.30
1.80
6.10
4.00
0.70
4.70
4.90
1.80
6.70
4.20
1.80
6.00
4.50
0.90
5.40
4.00
0.90
4.90
4.30
1.30
5.60
4.00
0.30
4.30
4.90
1.30
6.20
4.20
1.30
5.50
4.50
0.70
5.20
4.00
0.70
4.70
4.30
0.60
4.90
4.00
0.00
4.00
4.90
0.60
5.50
4.20
0.60
4.80
4.50
0.30
4.80
4.00
0.30
4.30
常時荷重時の条件
G + P を常時荷重とする ( G : 固定荷重, P : 積載荷重 )
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 25 -
伝達
スラブ符号
積雪荷重
XY
S1
S2
無
XY
S12
無
XY
CS1
無
XY
CS2
無
XY
CS11
無
XY
CS12
無
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
積雪荷重に関する係数など
積雪荷重は考慮しない
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 26 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
風荷重に関する係数など
風速V0(m/s):34, 地表面粗度区分:Ⅲ
Zb(m):5, ZG(m):450, α:0.20, H(m):11.40
Er:0.82, Gf:2.48, E:1.65
Cf = Cpe1 - Cpe2 - Cpi ( Cpe1 = 0.8kz, Cpe2 = -0.40, Cpi = 0.00 )
風荷重時受風面積
X方向
4F階柱用
3F階柱用
2F階柱用
1F階柱用
高さ 速度圧 受風面積
(m)
(N/m2)
(m2)
11.4
1143
13.6
8.6
1143
27.5
5.8
1143
27.8
2.9
1143
28.0
kz
Cf
1.00
0.89
0.76
0.72
1.20
1.11
1.01
0.98
kz
Cf
1.00
0.89
0.76
0.72
1.20
1.11
1.01
0.98
Pi
(kN)
19
35
32
31
ΣPi
(ΣPi/地震力)
19( 0.02)
54( 0.03)
86( 0.04)
117( 0.04)
Pi
(kN)
51
95
87
85
ΣPi
(ΣPi/地震力)
51( 0.06)
146( 0.09)
233( 0.11)
318( 0.12)
Y方向
4F階柱用
3F階柱用
2F階柱用
1F階柱用
高さ 速度圧 受風面積
(m)
(N/m2)
(m2)
11.4
1143
37.1
8.6
1143
74.9
5.8
1143
75.5
2.9
1143
76.2
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 27 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
地震力に関する係数など
Ai分布の計算 : 政令による
地域係数 : 1.00
地盤種別 : 2種
固有周期の計算 : 政令の略算値による
標準層せん断力係数 C0 : 0.200(X), 0.200(Y)
建築物重量と地震力
建物の高さ(m):11.40, 建物の固有周期(sec):(X)0.228, (Y)0.228
振動特性係数:(X)1.000, (Y)1.000
Wi : 建物重量(kN). Ci : 層せん断力係数. Qi : 設計地震力(kN).
Wi/A : 単位床面積あたりの建物重量(kN/m2)
4F階柱用
3F階柱用
2F階柱用
1F階柱用
基礎用
Wi
2754
3491
3578
3800
4442
ΣWi
2754
6245
9823
13623
18065
αi
0.202
0.458
0.721
1.000
Ai(X)
1.548
1.276
1.124
1.000
Ai(Y) 震度 Ci(X) Ci(Y) Qi(X)
1.548
0.310 0.310
852
1.276
0.255 0.255
1593
1.124
0.225 0.225
2207
1.000
0.200 0.200
2725
Qi(Y)
852
1593
2207
2725
層せん断力の割増し・追加地震力・追加建物重量
階
RF
層せん断力の割増し率
X方向
Y方向
4F
1.00
1.00
3F
1.00
1.00
2F
1.00
1.00
1F
1.00
1.00
計算開始 2010/09/21 17:25:51
地震時の追加外力(kN) 追加建物重量(kN)と位置(m)
X方向
Y方向
重量
X座標
Y座標
206
206
68
19.20
13.18
145
21.35
12.90
177
177
62
19.20
13.18
121
21.35
12.90
228
228
115
19.20
13.18
122
21.35
12.90
381
381
116
19.20
13.18
324
21.95
13.18
- 28 -
Wi/A
10.42
13.21
13.54
14.36
16.78
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
建築物重量の内訳
* 4F階柱用
床(屋根)
床(廊下屋根)
床(バルコニー屋根)
柱(下)
大梁
小梁
壁(W15下)
追加荷重
追加建物重量
合計
1057
192
171
121
399
161
229
211
213
2754 kN
* 3F階柱用
床(居室)
床(廊下)
床(バルコニー)
柱(上)
柱(下)
大梁
小梁
壁(W15上)
壁(W15下)
追加荷重
追加建物重量
合計
1295
220
191
121
123
428
178
392
243
117
183
3491 kN
* 2F階柱用
床(居室)
床(廊下)
床(バルコニー)
柱(上)
柱(下)
大梁
小梁
壁(W15上)
壁(W15下)
追加荷重
追加建物重量
合計
1295
220
191
123
136
452
178
399
230
117
237
3578 kN
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 29 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
* 1F階柱用
床(居室)
床(廊下)
床(バルコニー)
柱(上)
柱(下)
大梁
小梁
壁(W15上)
壁(W15下)
追加荷重
追加建物重量
合計
1297
199
191
136
161
474
178
396
228
100
440
3800 kN
* 基礎用
床(居室)
床(廊下)
床(バルコニー)
柱(上)
大梁
小梁
壁(W15上)
追加荷重
合計
1297
180
191
361
1475
177
419
342
4442 kN
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 30 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
追加部材荷重リスト
* 1F階 <4>
廊下(③-④間)
D
w
C
A
B
A(m)
B(m)
C(m)
D(m)
W(kN/m2)
* 1F階 <5>
5.20
1.20
0.90
0.90
6.20
廊下(④-⑤間)
D
w
C
A
B
A(m)
B(m)
C(m)
D(m)
W(kN/m2)
* 2F階 <1>
0.00
3.10
0.90
0.90
6.20
廊下(③ー④間)
D
w
C
A
B
A(m)
B(m)
C(m)
D(m)
W(kN/m2)
* 2F階 <2>
5.20
1.20
0.90
0.90
6.20
廊下(④-⑤間)
D
w
C
A
B
A(m)
B(m)
C(m)
D(m)
W(kN/m2)
0.00
3.10
0.90
0.90
6.20
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 31 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
* 3F階 <1>
廊下(③ー④間)
D
w
C
A
B
A(m)
B(m)
C(m)
D(m)
W(kN/m2)
* 3F階 <2>
5.20
1.20
0.90
0.90
6.20
廊下(④-⑤)
D
w
C
A
B
A(m)
B(m)
C(m)
D(m)
W(kN/m2)
* 4F階 <1>
0.00
3.10
0.90
0.90
6.20
廊下(③-④間)
D
w
C
A
B
A(m)
B(m)
C(m)
D(m)
W(kN/m2)
* 4F階 <2>
5.20
1.20
0.90
0.90
6.20
廊下(④-⑤間)
D
w
C
A
B
A(m)
B(m)
C(m)
D(m)
W(kN/m2)
0.00
3.10
0.90
0.90
6.20
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 32 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
* RF階 <1> パラペット
等分布荷重:2.8(kN/m)
* RF階 <2>
廊下屋根(③-④間)
D
w
C
A
B
A(m)
B(m)
C(m)
D(m)
W(kN/m2)
* RF階 <3>
5.20
1.20
0.90
0.90
5.30
廊下屋根(④-⑤間)
D
w
C
A
B
A(m)
B(m)
C(m)
D(m)
W(kN/m2)
0.00
3.10
0.90
0.90
5.30
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 33 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
追加部材荷重
梁の場合 < 追加荷重リスト番号 : 追加荷重に関するコメント >
柱の場合 < 追加荷重リスト番号・追加荷重の作用方向(→↑←↓): 追加荷重に関するコメント >
片持ち床の場合 ( 片持ち床先端の荷重 kN/m )
1F階
①
②
(4.2)
③
(4.2)
④
(4.2)
<4:廊下(③-④間)>
B
⑤
<5:廊下(④-⑤間)>
A
2F階
①
②
(4.2)
B
③
(4.2)
④
(4.2)
<1:廊下(③ー④間)>
A
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 34 -
<2:廊下(④-⑤間)>
⑤
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
3F階
①
②
(4.2)
③
(4.2)
④
(4.2)
(4.2)
<1:廊下(③ー④間)>
B
⑤
<2:廊下(④-⑤)>
A
4F階
①
②
(4.2)
B
③
(4.2)
④
(4.2)
<1:廊下(③-④間)>
A
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 35 -
⑤
(4.2)
<2:廊下(④-⑤間)>
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
RF階
①
②
(2.8)
③
(2.8)
④
⑤
(2.8)
(2.8)
<2:廊下屋根(③-④間)>
<3:廊下屋根(④-⑤間)>
<1:パラペット>
<1:パラペット>
B
A
(2.8)
計算開始 2010/09/21 17:25:51
(2.8)
(2.8)
- 36 -
(2.8)
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
追加節点荷重
直接入力された節点荷重の値 ( PX , PY , PZ , M )
1行目 : 長期, 2行目 : X方向地震時, 3行目 : Y方向地震時
PX・PY・PZ : 基準軸のX・Y・Z方向に作用する荷重(kN). Z方向については下向きを正とする.
M : X方向地震時のY軸回り, またはY方向地震時のX軸回りに作用する曲げモーメント(kN・m)
1F階
①
②
③
④
B
( 0, 0, 250, 0 )
( 0, 0, 0, 0 )
( 0, 0, 0, 0 )
A
計算開始 2010/09/21 17:25:51
⑤
- 37 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
剛性に関する計算条件
RC・SRC部材の剛域 : 考慮する
コシ・タレ・ソデ壁によるRC・SRC部材の曲げ剛性増大率 : 略算(同じせいの断面に置換)
スラブによるRC・SRC大梁の曲げ剛性増大率 : 精算
壁の剛性低下率
階
4F
3F
2F
1F
耐震壁の剛性低下率
X方向
Y方向
1.00
1.00
1.00
1.00
1.00
1.00
1.00
1.00
コシ・タレ・ソデ壁の剛性低下率
X方向
Y方向
1.00
1.00
1.00
1.00
1.00
1.00
1.00
1.00
架構外の雑壁の剛性
架構外の雑壁の剛性評価方法 : 各階の基準柱とその剛性に対する倍率を指定する
階
4F
3F
2F
1F
雑壁剛性評価の基準柱
X方向
Y方向
設定なし 設定なし
設定なし 設定なし
設定なし 設定なし
設定なし 設定なし
計算開始 2010/09/21 17:25:51
雑壁の剛性倍率
X方向
Y方向
1.00
1.00
1.00
1.00
1.00
1.00
1.00
1.00
- 38 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
建築物の規模・各階の構造種別
階数 : 4, X方向スパン数 : 4, Y方向スパン数 : 1
階名称
RF
4F
3F
2F
1F
構造種別
RC造
RC造
RC造
RC造
階の種別
一般階
一般階
一般階
一般階
構造階高算出用の標準梁せい(mm)
650
650
700
750
1800
モデル化共通条件
応力解析の方法 : 三次元モデルにもとづく変位法
柱の変形要素 : 各主軸に関する曲げ・せん断および軸変形(ただし長期荷重時の軸変形は無視する)
大梁の変形要素 : 強軸に関する曲げ・せん断変形
耐震壁の変形要素 : 面内方向に関する曲げ・せん断および軸変形
耐震壁のモデル化 : 壁エレメント置換
長期応力解析時の剛床解除 : 行わない
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 39 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
構造モデル図
LCD
H
H
LGL
φg
LCD
φc
φg
φc
LCU
LGR
LGL
:
:
:
:
:
構造階高(mm)
梁左端の剛域長(mm). LGR : 梁右端の剛域長(mm)
梁の曲げ剛性増大率
柱下端の剛域長(mm). LCU : 柱上端の剛域長(mm)
柱の曲げ剛性増大率
A通り
1F
175
200
1.00
188
212
1.00
150
200
7251.00
1.45
162
1.44
150
162
1.27
150
1.50
150
1.49
162
1.48
138
150
162
1.27
138
138
125
162
1.27
175
175
1.00
1.44
1.46
1.55
175
200
1.00
162
138
138
138
200
225
1.00
1.45
1.50
⑤
138
212
7381.00
150
138
175
175
1.00
1.46
7300
138
175
200
1.00
138
138
④
188
212
1.00
1.44
1.50
175
175
1.00
138
138
175
200
1.00
1.45
6400
138
188
212
1.00
125
③
200
7251.00
6400
138
175
175
1.00
1.46
175
175
1.00
138
212
7381.00
2F
3425
1.50
200
225
1.00
3F
2875
138
175
200
1.00
4F
2875
②
138
RF
2800
6400
200
7251.00
①
1.30
B通り
1F
計算開始 2010/09/21 17:25:51
1.44
1.49
162
1.48
138
150
162
1.27
150
125
162
1.27
138
1.30
- 40 -
175
175
1.00
162
1.50
175
200
1.00
175
200
1.00
162
1.27
1.45
138
138
150
⑤
200
225
1.00
1.44
150
1.55
175
175
1.00
162
1.46
138
175
200
1.00
1.45
138
138
150
7300
138
188
212
1.00
150
1.50
175
175
1.00
1.46
138
138
175
200
1.00
1.44
138
175
175
1.00
138
175
175
1.00
1.45
1.50
④
138
212
7381.00
3425
125
6400
200
7251.00
2F
1.46
③
188
212
1.00
2875
138
138
188
212
1.00
3F
6400
138
200
7251.00
2875
1.50
175
200
1.00
4F
138
200
225
1.00
2800
②
138
212
7381.00
RF
6400
200
7251.00
①
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
①通り
A
RF
耐震壁
1.00
1.00
1.00
2F
1F
耐震壁
1.00
1.00
1.00
3425
1.00
1.00
3F
2875
1.00
1.00
耐震壁
4F
2875
B
1.00
耐震壁
1.00
2800
9750
1.00
②通り
A
RF
耐震壁
1.00
1.00
1.00
2F
1F
耐震壁
1.00
1.00
1.00
3425
1.00
1.00
3F
2875
1.00
1.00
耐震壁
4F
2875
B
1.00
耐震壁
1.00
2800
9750
1.00
③通り
A
RF
1F
耐震壁
1.00
1.00
1.00
2F
耐震壁
1.00
1.00
1.00
3425
1.00
1.00
3F
2875
1.00
1.00
耐震壁
4F
2875
B
1.00
耐震壁
1.00
2800
9750
1.00
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 41 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
④通り
A
RF
耐震壁
1.00
1.00
1.00
2F
1F
耐震壁
1.00
1.00
1.00
3425
1.00
1.00
3F
2875
1.00
1.00
耐震壁
4F
2875
B
1.00
耐震壁
1.00
2800
9750
1.00
⑤通り
A
RF
1F
耐震壁
1.00
1.00
1.00
2F
耐震壁
1.00
1.00
1.00
3425
1.00
1.00
3F
2875
1.00
1.00
耐震壁
4F
2875
B
1.00
耐震壁
1.00
2800
9750
1.00
計算開始 2010/09/21 17:25:51
- 42 -
Building Editor Ver.5.1.056/『建築構造設計べんりねっと』マンション
設計曲げモーメントまたは設計せん断力を, 指定された断面から得られる許容曲げモーメントまたは
許容せん断力で除し, その値(検定比)が1.0未満になることを確認する.
長期荷重時の応力の組合せ : G + P
短期荷重時の応力の組合せ : G + P + K および G + P + S
( G : 固定荷重, P : 積載荷重, K : 地震荷重, S : 積雪荷重 )
計算終了
計算開始 2010/09/21 17:25:59
17:25:51
- 43 - 【最終頁】