3 月 2 日 - 中津川センターロータリークラブ

サブテーマ:子供たちにひかりを
3月識字率向上月間
会 長 の 時 間
今日は中津川センターロータリークラブ創立記念例会で
す。吉川さんの創立からの様々なお話しが有りますので大
変楽しみにしています。
さて、この週末から台湾新荘ロータリークラブを訪問して
きます。ご婦人を含めて総勢9名で行ってきます。最近の台湾の政治事情は大変不安
2008-2009 年度 国際ロータリーのテーマ
本日のプログラム
1 開会点鐘
2 国歌、Rソング斉唱
「君が代」 「奉仕の理想」
3 会長の時間
4 食事と交歓
5 出席、スマイルボックス発表
6 委員会報告
7 幹事報告
8 訪台報告
9 閉会点鐘
3 月のプログラム
3月
9日合同例会
定と言われています。今の与党の国民党はがたがたの内紛を抱え、これからの対北京
中国政府との関わり合いがどうなっていくのか注目されるところです。
今年1月11日から台湾全土で、レストラン、百貨店、喫茶店など人が集まるところ
での喫煙を一斉に禁じる法律が施行されました。勿論ホテル、カラオケの個室も禁煙
で違反者には最高1万台湾ドル(役2万7千円)の罰金、違反者の通報制度も設置さ
れたそうです。1月11日以前は「分煙措置」とられていましたが、3人以上集まる
場所での禁煙として今回の「史上もっとも厳しい禁煙法」が施行された。
会社の事務所で喫煙した場合は事務所の責任者も罰金の対象になる為、オフィスビル
では灰皿が撤去された。台湾の市民の反応はおおむね良いようですが、問題は日本人
の観光客の足に影響が出るのではと危惧されています。ただクラブ、スナックは「午
後9時以降に開店する店は禁煙場所の指定対象から除外する」との条項に目を付け、
開店時間を変更する自衛策に出ています。今回の訪問でここらあたりもしっかりと見
てこようと思います。
(ガバナー補佐公式訪問)
3 月13 日公開移動例会(講演会)
3 月23日卓話(中津商業駅伝部監督)
3 月 30 日特別休会
中津川センターロータリークラブ卓話
平 成 21年 2月 23日 記 念 例 会
前回の出席率
2月23日出席率 82.98%(39/47)
(会員総数50名 出席免除者3名)
2月16日補正出席 89.36%(42/47)
<メーキャップ>
可児豊司君、郷原基幸君、堀正勝君
勝野正彦君、伊藤博行君(中津川)
2009
3月2日
吉川
光彦
本日の記念例会に卓話を申しつけ られました吉 川
であります。
本 ク ラ ブ は 昭 和 50年 1975年 2月 23日 に
創 立 さ れ ま し て 、 3月 18日 に RIで承認
さ れ 、 翌 昭 和 51年 4月 18日 に 認 証 状 伝 達 式 が
行 わ れ ま し た 。 そ れ で 2月 23日 は 記 念 例 会 と 決 ま っ て お り ま す 。
ま た 何 故 2 月 2 3 日 に 創 立 し た か と 言 う 疑 問 が あ り ま す 。1 9 0 5 年 ボ
ー ル ハ リ ス( 弁 護 士 )、 シ ル ベス タ ー シ ー ル(石 炭 商 )、ガ ス タ ー バ ス
ロ ー ア ( 鉱 山 技 師 ) 、 ハ イ ラ ム シ ョ ー レ ( 洋 服 屋 ) の 4人 が シ カ ゴ で ロ
ー タ リ ー ク ラ ブ を た ち あ げ た の が 2月 23日 で あ り ま し た 。 創 立 翌 年 1
月 に 2条 か ら な る ロ ー タ リ ー 綱 街 を 定 め ま し た 。
3 月会場設営
会長 丸山充信
社会奉仕委員会
幹事 吉村浩平
職業奉仕委員会
会報 南 裕之
No.1565 35−27
例会場:中津川商工会議所3階
例会日:月曜日 12:30∼13:30
事務局:中津川商工会議所3階
TEL:66-7301
携帯 090-1478-8304
E-mail:info@2630ncrotary.org
URL-http://www.2630ncrotary.org
Nakatsugawa center Rotary Club Report
Nakatsugawa center Rotary Club Report
第 1条 . 会 員 の 業 務 上 の 利 益 を 振 興 す る 事 。
第 2 条 . 性 質 と し て 社 交 ク ラ ブ に 伴 な う 親 睦 そ の 他 、 望 ま し い 諸 点 を 振 興 す る こと。
と定 め、「会員の相互扶 助」と 「親睦」がロータリー の目的であると謳い 。ロー タ リ ー の 「 互 恵 主 義」 と 言
わ れ 、 1業 種 1 会 員 制 の 根 拠 に な っ て い る 。 そ の 後 綱 領 は 時 代 の 変 化 と と も に 変 わ っ て お り ま す 。
そ れ か ら 丁 度 7 0 年 後 の 2 月 2 3 日 に 中 津 川 中 ク ラ ブ が 創 立 さ れ ま し た 。当 ク ラ ブ の チ ャ ー タ ー メ ン バ ー は
高 齢 の た め に 亡 く な ら れ た り 、 退 会 さ れ て 今 で は 磯 村 さ ん 、 可 児 さ ん 、 小 木 曽 さ ん の 3名 と な り ま し た 。
私 は 創 立 の 翌 年 1月 に 磯 村 さ ん 、 郷 原 さ ん が 紹 介 者 に な っ て 頂 き 入 会 し ま し た 。 で す か ら 私 も ク ラ ブ で は 4
番 目 の 古 株 と な り ま し た の で 、 今 日 の 記 念 例 会 の 卓 話がまわってきたと思います。
私 は ロ ー タ リ ー に 入 れ て 頂 い て も 熱 心 な 会 員 で は あ り ま せ ん で し た 。と こ ろ が 1 9 9 4 − 9 5 年 に 会 長 と 言 う
大 役 が ま わ っ て き ま し た 。 会 長 と な れ ば 、 怠 け て は い ら れ ま せ ん が 、そ の 経 験 は 私 に と り ま し て 生 涯
忘 れ る 事 の な い も の と な り まし た。 今 日 卓 話 を 依 頼 さ れ て も 、 当 時 の 事 を お 話 で き て も 、 最 近 の ロ ー タ リ
ー の 事 は 判 り ま せ ん の で 、 所 詮 昔 話 に な っ て し ま い ま す の で 、 お 許 し い た だ き た い と 思 います。
創 立 当 時 は セ ン タ ー 早 一 夕 リ ー ク ラ ブ で は な く て 、中 津 川 中 ロ ー タ リ ー ク ラ ブ で あ り ま し た 。チ ャ ー タ ー メ
ン バ ー は 37名 で あ り ま し た 。 そ の 辺 り の 事 は 磯 村 さ ん が 卓 話 で お 話 に な り ま し た 。 新 設 さ れ た ば か り
の 中 ロ ー タ リ ー は 会 員 が 少 な い の で 、ス ポ ン サ ー ク ラ ブ で あ る 中 津 川 ロ ー タ リ ー ク ラ ブ と 会 員 数 で バ ラ ン
ス が と れ る ま で 、青 年 会 議 所 の 卒 業 生 は 全 員 、中 ロ ー タ リ ー に 入 会 す る と 言 う 不 文 律 が あ り ま し て 、私 達
は何の疑問も抱くことなく中ロータリークラブに入 れ て い た だ き ま し た 。 そ の う ち に 会 員 が 増 え て
1 9 9 4 年 に は 8 9 名 に ま で に な り 、中 津 川 ロ ー タ リ ー ク ラ ブ よ り 大 勢 に な り ま し た 。勝 宗 旅 館 の 2階 が 例 会 場
で あ り ま し た が 、会 場 一 杯 の 会 員 で 会 場 が 狭 く 感 じ ま した。青 年 会 議 所 は 若 手 で 2 世 の 人 達 の あ つ ま り で あ
り ま す が 、ロ ー タ リ ー ク ラ ブ は 企 業 の オ ー ナ ー も し く は 責 任 者 の 集 ま り で あ る だ け に 、ク ラ ブ の 雰 囲 気 に
重み を感じました。又新入会員に対する面倒見がよくて、ロータリーについての教育が熱心に行われまし
た 。 い ろん な 機 会 を とら え て、あ ら ゆ る 講師 が 来 て 、奉 仕 活動の事 、毎月の フ ァイアー サイミー テングに
於 いても、先 輩会員が 必ず出席 して手続要覧をもとに教育をしてくれま した。先輩会員は 常 に手続要覧を
持 参 し て 、疑 問 な 点 が あ る と す ぐ に 、手 続 要 覧 を ひ も ど き「 手 続 要 覧 」に は こ う 書 いてあ ると説 明 して 頂い
た も の で し た 。私 が う け た 教 育 の な か で 難 し い と 思 っ た の は 社 会 奉 仕 と 職 業 奉 仕 の 違 い で あ り ました。社 会 奉
仕と 言うのは正に、日の当 たらない処 への奉仕で ある事は判 ります。そ してこれを実践しようとすれば、
自 分 一 人 の 力 で は と て も覚 束 な い の で 、 ロ ー タリー のよう な奉仕 団体に入る事が良い 位は判 ります。 と こ ろ
が 職 業 奉 仕 に つ い て は 、ロ ー タ リ ー 会 員 は 当 然 仕 事 を 通 じ て 、お 客 さ ま に 奉 仕 を し て い ま す 。そ れ は 社 会 に
奉 仕して いると同じであります。そ の 上 に 何 を 奉 仕 す る の か ? 奉 仕 奉 仕 と 言 っ て 居 れ ば 、 究 極 の と こ ろ
職 業 が 成 り 立 た な く な る 。 そ ん な 事 を 要 求 し て 居 る と も 思 え ず 良 く 理 解 が で き ま せ ん でした。
1987− 88年 吉 村 彦 雄 会 長 の 時 、 私 は 幹 事 に 任 命 さ れ て 、 地 区 大 会 な ど に 同行しました。その年は伊
勢市 で地区 大会が 開 催さ れま した 。 当 時 も 経 済 が 不 況 で ロ ー タ リ ー 活 動 が 思 う よ う に な ら な い 時 代 で あ り ま
し た 。例 会 に も 出 席 で き な く て 休 眠 状 態 の 人 も い ま し た が 、ク ラ ブ に 在 籍 だ け は し て 頂 く よ う に お 願 い し ま
した。そ ん な 中 で の 伊 勢 市 の 地 区 大 会 の 最 中 に 緊 急 質 問 が 出 さ れ ま し た 。 そ れ は こ の 不 況 の なかで、 会員
は企業 経営に苦労して いるが、その上で奉仕をするのは 、大変に 困難であ る。そこ でロー タ リーを 取る か、
仕 事 を と る べ き か を 教 え て 欲 し い と 言 う 質 問 で あ り ま し た 。地 区 の 役 員 が 苦 渋 の な か で 回 答 し ま し た が 、企
業 を 守 る べ き で あ る と 言 わ れ ま した。今 思 え ば 、判 り き っ た 事 で あ り ま す 。そ れ を 何 百 人 の 会 員 が 集 ま っ て
いる大会場で発言する事は勇気の要ることであります。そのような会場であえてそのよ うな発言をすると
は、時 代がその ような事 を言わせ るような厳しい状 況であっ たのであ ります。世 の中はロ ータリー 、奉仕
の 理 想 な ん て 言 っ て る 場 合 で は な い ぞと訴 えているよ うでありまし た。 私 は そ の 時 気 が つ き ま し た 、 確 か に
世 間 の 情 勢 は 指 摘 さ れ た通 り 厳 し い 。そ の 世 間 の 厳 し さ と 、奉 仕 の 理 想 と の ジ レ ン マ で ロ ー タ リ ア ン は 悩
ん で お り ま す 職 業 奉 仕 と は 正 に 悩 み な が ら 業 務 を し 、奉 仕 も す る 、両 面 実 践 す る 事 で あ る こ と 。企業経営は厳しい
ので人手を節約しております。そんな中で脇目も振らずに職業に集中しなければならないとき、時間を割いて奉仕をすることはな
かなか出来ないことであります。
最近は企業の社会問題が報道され ます。赤福の 事、吉兆の事、肉の表示の事、鰻 の産地 の偽装 で新聞 種になっ
て い ま す 。あ の よ う な 事 件 は 、職 業 人 と し て 奉 仕 の 理 想 と 言 う 考 え が あ れ ば 、あ の よ う な 事 件 は 起 こ ら な い と 思
い ま す 。超我の奉仕(ServiceAboveSelf)と言う事も判りませんでした。ロ ー タ リ ー の 歴 史 を 調 べ る と 、 第
2代 目 会 長 ア ル ホ ワ イ ト が 友 人 ド ナ ル ド カ ー タ ー に ロ ー タ リ ー へ 入 会 を す す め た が 、 ド ナ ル ド カ ー タ ー は
断 りました。 それ はロ ータリー の「互恵 主義」は、クラブ内部の利益交換に すぎない 。対社会的 意義に欠
け て い る の で 将 来 性 が 無 い と 、 自 分 の 信 念 を 述 べ ま し た 。 そ の 話 を 聞 い た ポ ー ル ハ リ ス は 綱 街 に 第 3条 付 け
加えた。
第 3 条 . シ カ ゴ 市 の 利 益 を 推 進 し 、 そ の 市 民 の 中 に 市 に 対 す る 誇 り と 忠 誠 の 精 神を推進する事。と し ま し た 。
こ こ で ロ ー タ リ ー は 対 社 会 的 目 的 を 自 覚 す る に 至 り 、 自 分 中 心 の 枠 を 超 え る 精 神を会 得し たのでありま す。
そし て「超我の奉 仕」 の概念が生 まれた のでした 。 私 は ロ ー タ リ ー 幹 事 を 勤 め て の ち 7年 目 に 会 長 が 回 っ て
き ま し た 。 先 ほ ど お 話 し た よ う に ク ラ ブ は 1 9 7 5 年 創 立 で あ り ま す か ら 1 9 9 5 年 が 創 立 20周 年 に
な り ま す 。そ ん な 時 に 当 た っ ち ゃ っ て 大 変 な プ レ ッ シ ャ ー で あ り ました。第 一 に 記 念 事 業 を す る た め に 組
織を 作る。 記念事 業 の内 容を 企画 、 実行。 その た め に必 要な資 金を どの よ うにし て集 め るか。 記 念 事 業 は 通 常
の ク ラ ブ 奉 仕 の 組 織 と 切 り 離 し て 、 独 立 し た 組 織 、会 計 と し 、 通 常 と 混 同 し な い 事 に し ま し た 。幸 い 記 念 実 行
委員長 には可児 豊司さん に引き受 けて頂き ました。
Nakatsugawa center Rotary Club Report
Nakatsugawa center Rotary Club Report
可 児 さ ん は経 験豊富なベテランでありますので 、安心してお任せする事ができました。た だ し 一 つ ハ プ ニ
ングがありました。
19 95年 2月 26日 に 盛 大 に 式 典 を 開 催 す る よ う に 準 備 を し て 頂 ま し た が 、 1995年 1月 17日 に 阪 神
淡 路 大 震 災 が 発 生 し て、 神 戸 市 を 中 心 に 自 然 災害 と し て歴 史 上 最大 の 被 害 者 が で ま し た 。 6000名 以 上 の
死 者 が で ま し て 国 内 は 騒 然 と し 、し ば ら く 歌 舞 音 曲 の 部 は 慎 む べ き と 言 う 空 気 に 包 ま れ ま し た 。ロ ー タ
リ ー ク ラ ブ も 2 6 3 0 地 区 を 通 じ て 、 見 舞 金 を 募 金 し て 送 る よ う に 求 め られました。中 津 川 中 ク ラ ブ は 1 ケ
月 後 に 2 0 周 年 記 念 式 典 を 歌 舞 音 曲 も ふ く め て 計 画 を し て い る 最 中 で あ り ま し た 。如 何 に す べ き か 理 事 会
で 協 議 を し た 結 果 、式 典 は 中 止 し て 記 念 例 会 と す る 。歌 舞 音 曲 等 の 予 算 を 切 り 詰 め て 剰 余 金 を 捻 出 し 、被
災 地 の 神 戸 へ 寄 附 す る 事 に な り ま し た 。そ れ か ら 記 念 式 典 実 行 委 員 会 は 事 業 計 画 を 見 直 し 、予 算 を 切 り 詰 め
ま し た 。 そ の 結 果 出 て き た お 金 は 2 20 万 円 。 そ れ を そ の ま ま 神 戸 へ 贈 り ま し た 。 こ の 義 損 金 は 、 第 2 6 3 0
地区内では最高 額の義指金であり ました。記念実行委員の皆さんには、それまでご苦労をおかけして、
立 派 な 企 画 を 作 っ て い た だ き ま し た が 、 計 画 見 直 し を 余 儀 な く さ れ 、 縮 小 の 形 に な っ た の は 真 に 申し 訳 な
い と 思 い ま し た 。 式 典 は 縮 小 さ れ ま し た が 、 記 念 事 業 は ユ ニ ー ク な も の が 出 来 ま し た の で ご 紹 介 します。
1. 「 駅 前 公 衆 ト イ レ 」 新 設 協 力 金 。
昔あっ た駅前 ト イレが 、改札 口を通 ら ないと 使 え ない事 になり 、市民 が不 自由 して いる ので記 念 事 業
で 取 り 上 げ た 。 ク ラ ブ の 予 算 で は 新 築 で き な い の で、 不足 金は市 で負担 して出来た 。
現 在 の ト イ レ は 市 が 改 築 し た も の で あ る が 、 中 津 川 中 ロ ー タ リ ー ク ラ ブ が 最初に企画した事はプレ ー
ト に 記さ れて い る。 そ の 後 30周 年 記 念 事 業 と し て 中 山 道 沿 い に 、 ウ オ ー キ ン グ の 人 を 対 象 に してト
イ レが新 築さ れ市に寄附さ れまし た。シ カ ゴ ク ラ ブ が 社 会 奉 仕 の 概 念 に 目 覚 め て 実 践 し た の が 、
1 9 0 7 年 に シ カ ゴ 市 に お け る 公 衆 便 所 設 置 運 動 で あ り ま し た 。ロ ー タ リ ー 活 動 に は ト イ レ が つ き 物 の よ う で
あります。
2. 阪 神 大 震 災 義 指 金
記 念 式 典 を 例 会 に 切 り 替 え た の で お 客 様 も 少 な く な り ま し た 。2 0 週 念 記 念 事 業 を 縮 小 し て 予 算 を 浮
か せ 、 2 2 0 万 円 を 第 2 6 3 0 地 区 を 経 由して贈った。
3. 台 湾 大 学 生 に よ る 「 日 本 語 に よ る 小 論 文 大 会 」
台 湾 新 荘 ロ ー タ リ ー ク ラ ブ と 協 賛 事 業 。 台 湾 有 名 大 学 5校 一 国 立 政 治 大 学 、 私 立 淡 江 大 学 、 私 立 輔 仁 大
学 、 私 立 中 国 文 化 大 学 、 私 立 東 呉 大 学 − か ら 1 0 0 名 を 選 び 、「 ア ジ ア の 2 1 世 紀 」 と 言 う テ ー マ で
2 時 間 、 2 0 0 0 宇 内 で論文を書 く。 日 本 で 審 査 し 優 秀 賞 3 名 、 努 力 省 3 名 佳 作 3 名 に 記 念 品 、 金 一 封 贈
る 。 優 秀 賞 の 3名 に は 日 本 旅 行 招 待 。
4. 「 善 意 の 中 古 衣 料 品 を タ イ 国 に 発 送 」
新 荘 ク ラ ブ と は 新 し い 国 際 奉 仕 の あ り か た を 模 索 し て い ま し た 。そ の 一 つ に タ イ 国 内 に あ る ク ラ ブ を
新 規 に 加 え 、 新 荘 、 中 津 川 中 と 3ク ラ ブ 姉 妹 提 携 の 可 能 性 を 打 診 し て い た 。 そ の 手 始 め と し て タ イ 国
で 洪 水 災 害 が あ っ た の で 被 災 地 へ 2ク ラ ブ か ら 「 中 古 衣 料 」 を 贈 る こ と に し た 。 タ イ 国 の パ ー ト ナ ー に
は 三 菱 電 機 に 紹 介 し て 頂 い た テ パ ラ ー ク ロ ー タ リ ー ク ラ ブ で あ っ た 。 し か し 3ク ラ ブ 新 姉 妹 提 携 に は
至 りませんでした。
5. 「 ボラ ン テ アの 集 い 」
当 ク ラ ブ の 地 域 は 旧 恵 那 郡 恵 北 5ケ 町 村 も 含 ま れ て お り ま す 。そ の 広 い 地 域 で そ の 時 活 動 し て い る ボ
ラ ン テ ア を お 招 き し て「 ボ ラ ン テ ア 大 会 」を 開 き ま し た 。そ し て「 市 民 活 動 と し て の ボ ラ ン テ ア 活 動 」
と 言 う テ ー マ で 記 念講演会。ボ ラ ン テ ア 団 体 に 助 成 を し ま し た 。 各 市 町 村 、 社 協 に 対 し て 4 5 万 円 を 送 金
6.「地域功労者表彰」
社会奉仕功労者
中 川静男
学 童 集 団 登 校 指 導 、 挨 拶 運 動 、 カ ー ブ ミ ラー清掃、交通安全教室。
葬 儀 職 業奉 仕功 労者
伊藤 隆
「 葬 儀 の お し らせ 」無 料配 布。
1982− 8 3年 河 合 信 一 先 生 が 会 長 の 時 、 私 は 社 会 奉 仕 委 員 長 を 仰 せ 付 け ら れ ま し た 。 中 津 川 中 ロ ー タ
リ ー ク ラ ブ は 2年 前 に 台 湾 新 荘 ロ ー タ リ ー ク ラ ブへ 車 椅 子 を 贈 っ て お り ま す の で 、 そ の 利 用 状 況 を 知 り た
い 。 そ し て台 湾 の福祉事業状況はどんな様子か勉強したい。その目的で台湾へ行きました。台湾 ではキリ スト
教 の 団体 が 福 祉 事 業 をや っ てい る例 を 見 せ て 貰 いま し た。 日 本 の 福 祉 事 業 は 行 政 か ら 補 助 金 を 貰 っ て 民 間 が
運 営 す る 例 が 多 い と お も い ま す が 。台 湾 で は 宗 教 団 体 が 運 営 し て お り ま す 。そ し て そ の 資 金 は ほ と ん ど 民 間
会 社 か ら に 寄 付 金に よ っ て 賄 わ れ ま す。 そ のよ う な 寄 付 金 は 税 制 で 経 費として認められるのです。 台湾と日
本では税制が違う事がわかりました。そ の 年 は 点 字 翻 訳 ボ ラ ン テ ア「 と も し び 会 」に 点 字 翻 訳 タ イ プ ラ イ タ
ー を 寄 附 し ま し た 。そ れ ま で ボ ラ ン テ ア の 人 た ち は 針 を 持 っ て 、点 字 の 型 紙 を あ て て 一 字 一 字 抑 え て 点 字 を
書 い て 、 そ の 作 業 を す る と 肩 が 凝 る よ う な 疲 れ る 仕事 でありま した。 そ れ が タ イ プ ラ イ タ ー に な っ て 便 利 に な
っ たと喜 んで頂 きま し た 。20周 年 記 念 事 業 で も 思 い ま し た が 。日 本 に は 福 祉 団 体 、 ボ ラ ン テ ア 団 体 が 数 多
く あ り ま し て 、行 政 か ら 援 助 を う け て お り ま す が 、 そ れ 必 ず し も 充 分 な もので はあり ません。そ ん な苦 労の
中でボランテア活動をしておられ ます。そ ん な と こ ろ に ロ ー タ リ ー が 関 心 を も っ て少 し で も 援 助 し て 上 げ れ
ば 、 関 係者は本当の喜び、元気 付けられます。
ロ ー タ リ ー 活 動 を 期 待 し て い る 処 は 沢 山 あ り ま す の で そ ん な 処 に 手 を 差 し 伸 べ る こ と は 、社 会 奉 仕 と し て 効
果が大きいと思います。
最 後 に 中 津 川 セ ン タ ー ロ タ リ ー ク ラ ブ の 今 後 益 々 の ご 発 展 を 祈 念 し て 卓 話 を 終 わります。
おめでとうございます
古川和博君の次女 めぐみさんが、2 月 21 日大阪迎賓館にてご結婚
Nakatsugawa center Rotary Club Report
Nakatsugawa center Rotary Club Report
H21年1・2月度 I.D.M.記録
◎本日は創立記念例会です。今年はちょうど2月23日が例会日に当たっ
ています。吉川パスト会長の卓話を楽しみにしています。
会長丸山充信
副会長立木亮治
幹事吉村浩平
◎今週、新荘ロータリークラブに行ってきます。
安藤茂
◎本日のウィークリーの一面下に写真を載せていただきました。募金箱か
らお金を抜いているように見えますが、南君からお金を借りて撮影用に
日 時 H21 年 2 月 9 日 18 時 00 分∼20 時 20 分
開 場 更科本店
責任者 石川英治
出席者 石川英治、磯村邦彦、可児豊司、幸脇利幸、高木章、
募金しました。本日自分の1,000円は、募金しましたので、募金総
額31,000円となりました。
石川英治
◎2月21日(土)娘を遠くへ嫁に出し淋しい気持ちです。今 NHK
小栗正義、丸山充信、武田満弘、立木亮治、吉村浩平
議 題 創立記念月にちなみ、創立当時の話を聞いて今後の
テレビ朝ドラのだんだんの島根県松江市へ嫁に行ってしまいます。
大阪万博の迎賓館にて結婚式を挙げてきました。これで3人の子供達
もそれぞれ所帯を持ち親の責任をはたせました。だんだん
古川和博
◎27日より新荘ロータリークラブ訪問してきます。参加者は婦人を含め
て総勢9名です。安藤国際奉仕委員会には大変ご厄介になりますが途中
でのわがままもロータリーの友情でご容赦をお願いします会長丸山充信
◎昨日22日中京学院大学
学生プロゴルファー高林由美選手の報告会
が盛大に開催されました。彼女の今後の活躍を期待します。松下先生大
変ご苦労さんでした。
会長丸山充信
◎ウィークリーに娘の写真を大きく載せて頂き有難うございました。
柘植留吉
◎先日の恵峰ホームニュースの一面に写真を載せていただきました。
3月1日歌舞伎保存会公演よろしくお願いします。
◎早退します。
伊藤隆
宮田義和
2 月合計 ¥-72,000
累計¥-566,320
3 月 9 日(月)18:00∼20:30
中津川 RC・中津川センターRC 合同例会
(ガバナー補佐訪問例会)
場所:パルティール
ホスト中津川センターRC
お知らせボックス
3 月 13 日(金)13:30∼15:30
公開移動例会 講演会「いま、私達のできること」
・・・地球温暖化を防止するために・・・
場所:パルティール
第68回中津川四クラブ親睦ゴルフコンペのご案内
日時:3月22日(日)8:45out・in 同時スタート
場所:ユーグリーン中津川ゴルフ倶楽部
中津川 RC 例会変更のご案内
★3 月 12 日(木)例会→3 月 9 日(月)18 時点鐘
中津川・中津川センターRC 合同例会の為
★4 月 16 日(木)例会→4 月 18 日(土)19 時点鐘
台湾・三重扶輪社歓迎例会の為
★4 月 30 日(木)例会→休会
中津川ロータリークラブ会則第 9 条により
❀
❀会
会員
員誕
誕生
生日
日
副責任者 小栗正義
クラブ活動の参考にする
議題及び記録
チャーターメンバーの磯村氏に当時の話を聞く。
・ ・昭和 43 年中津川 RC に入会したが、当時は一人でも反
対すれば入ることは出来なかった。また、1 業種 1 人が
原則で入れなかった人もいた。そして 100%出席が当た
り前。そういった基本ルールは非常に厳格であった。
・ 昭和 49 年新しいクラブを創る気運が高まり、当初は中津
川を境に東西でテリトリー分けをして進めるものの人が
集まらず、結果、中津川 RC からの移籍可、同じテリト
リーで2つの RC があっても良いというルールを適用した。
・ 37 人が集まり、創立総会を開いたが、チャーターナイト
をいかに開くかが課題となった。資金の問題、会場の問
題、等々。
中津川スポーツクラブを会場とするも、要手直しの部分
が多く、会場設営の吉村さんは毎日のように会場に出向
き、整えていった(その吉村氏、設営作業の途中、小指
を切断する事故にあったが、
「小指の一本ぐらい…」のひ
たむきさがあった)
。
夜明け前をイメージした会場設営、杵振り祭り、中津川
太鼓、青邨記念館より貸し出してもらった前田青邨の絵
の展示、お茶席、土産物店、等々による催事。他のクラ
ブがホテルを利用する中、中津川中 RC は全部手作りで
行ない、千人近くの人が集まった。会場の目印にと、ア
ドバルーンを上げたりもした。
・ 創立にあたり、全員の定款・細則を遵守し、違反した場
合はどんな処分も受ける旨の誓約書を作り、RI に申請し
た。
・ ファイヤーサイトミーティングを毎月行なった。
・ 中津川 RC が台湾三重 RC と提携していた関係で、台湾
新荘 RC と提携する話が持ち上がるが、様々な反対意見
があり、とりあえず 1 年やってみようという事で提携を
した。しかし、友好関係が築かれ、現在に至っているの
は承知の通り。
石川氏:話を聞き、昔の勢いを感じた。来年は 35 周年という
こともあり、これからも盛り上げていきましょう。
❀
❀夫
夫人
人誕
誕生
生日
日
❀
❀結
結婚
婚記
記念
念日
日
吉村浩平君
3月 3日
鷹見智穂子さん3月 7日
立木亮治君・秋子さんご夫婦
3月
熊崎金良君
3月 6日
高木美保さん 3月26日
柘植信成君・久子さんご夫婦
3月11日
石川英治君
3月15日
安江美和子さん 2月28日
磯村邦彦君・つや子さんご夫婦
3月14日
赤座薫君
3月25日
松下邦雄君・憲子さんご夫婦
3月17日
鷹見憲三君
3月26日
石川英治君・久美江さんご夫婦
3月18日
村上幸博君
3月29日
小栗正義君・洋子さんご夫婦
3月28日
Nakatsugawa center Rotary Club Report
3日