フィグ・ヤーパン通信 第33号(2008年1月)(753KB)

フィグ・ヤーパン通信
第 33 号
FIGU-JAPAN BERICHT, Nr.33
発行日 2008 年 1 月 1 日
発 行 フィグ・ヤーパン http://jp.figu.org/
新年のご挨拶 コンタクトシリーズ最新刊発売中です
謹んで新春のご挨拶を申し上げます。本年も読者
コンタクト記録シリーズの4作目となる、『プレ
の皆様にとりまして、実りある一年となることをフ
アデス/プレヤール人とのコンタクト記録(4)』が、
ィグ・ヤーパン一同祈念いたします。
水瓶座時代出版より昨年 12 月1日に翻訳出版され
昨年は『生命の哲学』、人間の内面について詳し
ました。本書には、1953 年から 1964 年にかけて実
く記した『心』
、コンタクト記録シリーズ『プレア
施されたアスケットとの会見記録をはじめ、ビリー
デス/プレヤール人とのコンタクト記録(4)』の
が巨大宇宙船に乗船して旅行した 31 回会見の続き、
3冊の書籍を出版することができました。また、新
32 回から 34 回会見が収録されています。なお、ア
しい試みとして、UFO写真展を開催した他、日本
スケットは、ビリーにミッションの初歩を手解きし
最大の本の祭典である、神田のブックフェスティバ
た地球外知的生命です。若き日のビリーが、アスケ
ルに水瓶座時代出版として出店しました。一方で、
ットから既に数多くの重要なメッセージを受けてい
9回目となった恒例の全国読者集会を開催し、さら
たことがわかります。
に読者の皆様とフィグ・ヤーパンのスタッフが対話
フィグ・ヤーパン通信前号では購入の申し込みを
する機会をつくるために「読者訪問日」を開設しま
受け付けていませんでしたが、ただ今本書は発売中
した(奇数月の第3日曜日)。以上に加えて、FIG
です。なお、次ページに紹介する新刊『心』と一緒
Uスイスに2名のスタッフを派遣し、瞑想の取材を
にお求めいただくと、総額が 4,000 円以上で送料が
行いました。FIGUスイスの会員によるインタビュ
無料となりお得です。この機会に是非お求め下さい
ーや、瞑想の実施に関する貴重な映像はDVDに収
ますようお願いいたします。
録され、今号より販売を開始しています。
そして今年も、活動の柱である翻訳出版をはじめ
とする様々な活動を、フィグ・ヤーパンは全力で行
う所存です。また、本を通じての読者の皆様との出
プレアデス/プレヤール人との
コンタクト記録(4)
(水瓶座時代出版刊)
会いの機会の創出も大切にしたいと考えています。
本年も引き続き、フィグ・ヤーパンの活動にご理解、
装丁:A5判 ソフトカバー
ご協力下さいますよう、どうぞよろしくお願い申し
頁数:308 ページ
上げます。
定価:2000 円 ( 税込み )
平成 20 年 元旦
フィグ・ヤーパン一同
フィグ・ヤーパン通信 第 33 号
重量:430g
ただ今発売中です
新刊書『 心 』は ただ今発売中です
霊(Geist)と物質意識
地球の人間は、自分が理解していないか、生半可
にしか理解していない事物や事柄に間違った概念を
心
(水瓶座時代出版刊)
用いるという好ましくない習慣を身に付けている。
これは霊や物質的意識についても当てはまるが、こ
装丁:A5判 ハードカバー
こで言う物質的意識は、実際は人間の人格も表して
頁数:228 ページ
いる。間違った概念の誤用は、たとえば「精神的栄
定価:2000 円 ( 税込み )
養」や「精神的財産」、さらにまた「精神病」、「精
重量:440g
ただ今発売中です
神的混乱」、
「精神錯乱」、
「精神障害」、
「精神的未熟」、
「精神的劣等」などと言った形で現れる。しかし本
当はこれらの概念はいずれも霊に当てはまらない。
本書には、心(Psyche)、霊、思考、感覚、記憶、
なぜなら霊は病気になることも、混乱することも、
想念など、人間内面の多様な要素とその働きに関す
障害を来たすこともなければ、錯乱したり、その他
る、ビリーによる解説が収められています。
何らかの形で損傷を被ったりすることもないからで
ある。霊はけっして不十分であることもなければ、
目次の概要
人間が思考したり、哲学をしたり、学んだりするこ
霊と物質意識
とによって霊に栄養が補給されるなどと言うことも
心的傾向
できない。また人間が文章や楽譜を書き、絵を描き、
あるいは発明をしたからといって霊的財産と言うこ
心、心情、感情、感受性、感覚
記 憶
とはけっしてできない。なぜなら霊自体はそのよう
霊治療
な形で霊的財産を生み出すこともなければ、物質的
霊治療師とヒーラー
意識自体で思考したり、哲学をしたり、学んだりす
祈り治療
ることによって霊が養われることもあり得ないから
手ほどき
である。これらすべてはもっぱら物質的意識、つま
教材の区分
り物質意識についてのみ言えることである。また、
集中力
物質意識は他の何らかの事情や出来事によって病気
1.蝋燭
になったり、愚かになったりすることが可能であり、
2.ガラス玉
また錯乱したり、混乱したり、損傷したり、あるい
3.水晶
は不十分になったりすることもあり得る。
4.線
霊それ自体は創造の微小な一部分であり、これは
足裏マッサージ - 肉体の快感
物質的な領域から損傷を被ったり、否定的な形で巻
想念の力
き込まれたりすることはあり得ない。霊もまた物質
的な領域から養われることはなく、また物質的領域
人間は自分が考える者になる
三つの黄金律
内に「霊的財産」を供給する働きをすることもあり
得ない。
肯定的思考
十の掟
物質的な意識領域すなわち物質意識は、その形態
三つの黄金律に関連した行動形態への付記
と力と振動において、純粋に創造の所産である不死
創 造
身で不可触の霊とは対照的に、非常に損傷を受けや
心の憔悴/病気
すい。また物質的な意識領域の方から当該する人間
人間の意識の大きさ
に帰属する財産、たとえば絵、楽譜、著作物、発明
フィグ・ヤーパン通信 第 33 号
などを生み出すことも可能である。したがってまた、
かを作り出すことができ、かつ病気やその他の健康
すでに述べたように、物質意識は障害や病気、それ
障害になりやすいということは明らかであろう。誇
どころか混乱や白痴化に襲われることがある。なぜ
大妄想や高慢、その他すべての否定的および肯定的
ならこの物質的意識は、実際に純然と物質的な性格
な事柄もそれに基づいている。なぜならば、当該生
にほかならないからである。
命体を特徴づけ操作する、すべての想念と感情、す
物質意識は単なる一つの意識形態そのものではな
べての情動およびすべての電磁的な力と振動など
い。なぜならばそれは実際に人格も具現しているか
が、人格もしくは物質意識によって生み出されるか
らである。すべての事物、たとえば絵や発明、楽譜
らである。この場合、生命体とは人間である。とい
や書物などを作り出すことができるのもまた、この
うのもここでは特に人間を問題にしているからであ
人格である。つまり人格もしくは物質意識だけが何
る。
Q&A
際に人間の脳もしくはその想念とそこから生じる感
☐読者の質問
してない、まったく正常なエネルギーと力であり、
「超感覚的」という概念は本来何を意味している
全体として不気味でもなければ非現実的なものでも
のですか。それは正確にどのようなものであり、ど
なく、ごくなじみのあるものである。そして想念と
んな働きをするのですか。( 前号からの続き)
そこから生じる感情が微細物質エネルギーとして
質問と回答
情の産物である。それは「超自然的」などではけっ
R.シュトレースラー(スイス)
「旅行」に出て、他の人間によって何らかの形で感
受されて知覚される場合、これをテレパシーという。
☐ビリーの回答
しかしここで明らかにしておかなければならないの
この質問に対する回答はかなり広範なものにな
は、「旅行している」のはいつも想念世界および感
る。というのも全体を簡単に数語で片付けることは
情界の微細物質エネルギーであり、意識ではないと
できないからだ。あなたの関心を満たすために霊の
いうことである。しかもこの「旅行」は肉体の外で、
教えから教材の一部を引用しよう。そこでは次のよ
うに説明されている。( 前号からの続き )
「意識の触手」もしくは「意識センサー」の形でお
こなわれる。その理由は、想念および感情が相応の
生気振動を形成して送り出し、意識がそのためのエ
超感覚的なもの、微細物質感覚、生気力
ネルギーを提供するが、意識自身は肉体を離れるこ
想念世界の生気振動は感情界の生気振動と連結し
とがないからである。したがってテレパシーの形で
ており、そのような形で想念と感情は微細物質感覚
脳から放射されて「旅行」に出るのは常に想念とそ
の要素として絶えず「旅行」に出ている。第3千年
の感情である。そのためそれらが他の人間によって
紀に入ってまもない今日の地球の技術では、これら
観察されたとき、鋭敏な人間はこれを「感じ取り」
の微細物質振動もしくは生気振動を装置によって、
もしくは第7感覚によって感受できる。しかしまた
つまり粗大物質を用いて証明することはできない。
彼らはこれを知覚することもできる。ある人間が窮
しかしいつの日かこの証明に成功するであろうこと
地におちいったり、死にかけているときに、その想
は、
技術の進歩と時間の問題にすぎない。そのとき、
念と感情を鋭敏な人間に送ると、相手はこの「呼び
微細物質感覚は微細物質振動もしくは生気振動の形
かけ」を微細物質もしくは感受の働きによって知覚
態に基づいていること、またこれらの生気エネルギ
するのである。このようなことは非常に頻繁に起こ
ーとその力はテレパシーや空中浮遊、千里眼やテレ
る。ある人間が窮地におちいり、あるいは死の淵に
ポーテーションなどの基礎をなす要素であることも
立ったとき、その想念と感情が「旅行」に出て、ど
認識される。事実はこうである。人間が無知のため
こか別の場所にいる、この人間にとって非常に重要
誤って超感覚的なものと呼んでいる微細物質は、実
な意味を持った人物に到達する。想念と感情は空間
フィグ・ヤーパン通信 第 33 号
と時間のすべての境界を突き破り、「話しかけられ
たために今日では平均してわずか3ミリメートルし
た」者の脳内に進入して、そこでこの「呼びかけ」
かない。その理由は、人間がその内面世界をますま
が感受によって知覚される。この全体がテレパシー
す合理的悟性に従属させ、松果体の微細物質的な感
もしくは遠隔読心術であり、その距離は一次的な状
度をないがしろにしたことによって、全体が萎縮し
態で 900,000 キロメートルにも達する。いわゆる二
たことにある。
次テレパシーもしくは高次のテレパシー、さらには
松果体は、人間の感受の働きによる知覚の器官も
霊テレパシーになると、これよりもはるか遠くに達
しくは第7感覚であるが、これは多くの人間が利用
することができ、その距離は事実上無限である。
できなくなった。なぜならば無意識のうちにそれに
さらに微細物質感覚はテレパシーなどとは別のエ
対してバリアが築かれ、その結果、松果体の別名で
ネルギーも宿している。というのは、想念と感情に
ある第3の目の機能が抑圧されて息の根を止められ
より意識エネルギーを送り出すということも含まれ
たからである。そのためすべての人間ではなく、ご
ているからであるが、これは「意識の旅行」と呼ば
く少数の人間だけがその機能と作用を利用できるの
れる。しかしこの場合、送り出されるのは意識では
である。このようなバリアが形成された責任は人間
なく、想念および感情と関連した意識エネルギーの
自身にある。というのも、もし人間が努力したなら
千里眼の可能性である。このような千里眼の状態に
ば、たとえ松果体が退化してもこの器官をある程度
おいて人間はその意識エネルギーから生み出された
は機能させることができるだろうからである。もち
エネルギーと力により、自分の想念と感情をコント
ろんそこに至る道は長く険しい。なぜなら松果体周
ロールして未来や過去を見ることができる。あるい
辺の脳の範囲と松果体そのものに十分なエネルギー
はあたかも地上に浮かんで前進しながら、自分の下
を流すには、不断の瞑想の修練によって習得しなけ
で繰り広げられるすべての事柄を見て認識すること
ればならないからである。というのもそうすること
ができる。このようなことは、たとえば病床に横た
によってしか、人間を取り囲んでいる微細物質の電
わっていた人間が突然持ち上げられ、ベッドか手術
磁場を意識的に知覚できないからである。しかし人
台の上にいる自分自身の姿を見たという事例によっ
間はこの生気エネルギーを知覚することなく遮断し
て知られている。同様にそうした意識の浮遊状態で、
てそらしてしまうので、それに触れることすらない。
他の人間やその運命を見たり、地上で起こる出来事
しかしその結果、現実の知覚に関して相応の欠陥を
を観察したりでき、またそのような瞬間に体験した
きたしている。なぜなら現実には粗大物質とそのエ
出来事を、寸分たがわず再現することできるのであ
ネルギーや力や振動だけでなく、想念と感情および
る。
心の領域から生気の電磁場として生じる微細物質す
基本的に松果体は源泉的な要素であり、想念と感
なわち生気のエネルギーや力や振動も含まれている
情によって微細物質感覚の領域とその中枢を形成す
からである。これはすべての生命体で起こるもので
る。人類の初期およびそれに続く時代の先祖は、こ
あり、本能的な衝動と感情および本能心しか生み出
の領域もしくは中枢にかなり強く干渉することがで
さない生命体でさえも見られる。人間は自分を取り
きた。それどころか、微細物質感覚や想念および感
巻く微細物質もしくは生気の電磁エネルギー界を遮
情の生気振動をある程度意識的にコントロールし
断しそらすことによって、本当の現実をごく限られ
て、意識エネルギーとその力を利用することさえで
た部分しか知覚できないが、これは全人類の大部分
きた。しかし人間の肉体と組織が絶えず変化し、想
に該当する。実際にエネルギーを遮られることなく
念と感情を純然と物質的なものに適応させたことに
松果体へと流し、もっぱら微細物質の領域に属する
より、松果体とその微細物質的な能力は退化した。
事物を見たり、聞いたりできるのはごくわずかな人
その結果、今日では程度の差はあれ鋭敏に生まれつ
間だけである。そしてまたこれらの人間は、瞑想の
いた人間だけが、松果体の微細物質作用を利用でき
修練を十分に積んだならば、意識のすべてのエネル
るのである。原初にはこの器官は直径が3センチメ
ギーと力をはるかに越えて霊的なものの領域に達す
ートルをやや上回る大きさだったが、その後収縮し
る超微細物質感覚的なものも感受することが可能と
フィグ・ヤーパン通信 第 33 号
なる。しかしこれについて言っておかなければなら
波音で、粗大物質感覚の作用としては現れず、また
ないのは、意識の進化をまだ十分に遂げていないと
人間の粗大物質感覚によっても知覚されえない。こ
いう限りで地球人には超微細物質感覚は不可能であ
のような低周波音は、少なからず不可解な「妖怪現
り、これからも長い間そうだということである。そ
象」の原因でもある。これはたとえば風が穴や岩の
れにもかかわらず理性と悟性の豊かなすべての地球
亀裂、煙突や隙間などを通るときに笛のような音を
人が相応に瞑想の努力をするならば、自分のなかに
出すが、そのとき極端に低い音を発生する。それは
微細物質感覚を目覚めさせ、発達させて利用できる
人間の耳には知覚できないが、その振動は人間の体
ようになるのである。
に、そしてもちろん松果体にも作用して、ある特定
微細物質感覚に関する事実は、目の見える人間だ
の形態の微細物質感覚による作用を引き起こす。そ
けでなく、盲人も(目の見えない一切の動物同様)
れが感受によって知覚されるのである。
昼と夜のリズムに組み入れられており、肉体のすべ
人格を刻印した放散は、オーラと呼ばれる放射要
ての機能、さらには瞳孔もこれに適応している。こ
素であり、これは他の人間が十分に鋭敏であるか、
こから、盲人が-とりわけ盲人が-微細物質感覚的
松果体のエネルギーと力、したがって感受を意識的
なものを知覚し、感受の点でも特に活発であるとい
に利用できるならば、感受することができる。事実、
うことが帰結する。もちろん彼らは粗大物質感覚的
すべての人間は、人格情報を含んだ微細物質感覚も
なものも知覚するが、その感受能力は目の見える人
しくは生気の電磁場に囲まれており、そのため人格
間よりもすぐれている。それは彼らのエネルギーが
の刻印もしくは放射は情報場とも呼ばれる(ここに
「内面の目」もしくは松果体に向けられているから
述べるすべてのことは、秘教的なたわごととも、不
である。そのうえ盲人の場合は、特殊な神経細胞が
埒にも虚栄心や営利欲から霊媒を自称する詐欺行為
網膜を貫いていて、それらが松果体に信号を送り、
とも無縁である)。この生気の電磁場は同胞にも作
それによって「内部時計」を制御して肉体の生命リ
用し、十分鋭敏な同胞によって知覚され把握される
ズムを規定するメラトニンというホルモンの産生が
ことができる。つまりこのような人間の人格の生気
刺激される。
場が同胞に到達して、同胞を感化できるのである。
人間の脳は松果体のほかにも注目すべき重要な要
しかしまたこのような感化は、想念と感情を他の人
素を持っている。たとえば「早期警戒システム」が
間(または動物)に集中させることによっても起こ
「前帯状皮質」(anterior cingulate
前頭葉の近く、
る。なぜなら集中によって想念と感情が微細物質振
cortex)、略してACCと呼ばれる脳領域にある。こ
動を起して生気場が強化され、その結果として「標
の脳領域は、たとえば困難な決断を下すとき、特に
的にされた」同胞が「メッセージ」を受け取り、把
互いに相反する選択肢の間で決断しなければならな
握するからである。事実、人間の人格と全肉体はひ
いときに活発になる。ACCは、感受によってのみ
っきりなしに微細物質の電磁的振動もしくは信号を
知覚でき、したがって直接的な警告要素として意識
送り出している。これらは他の人間に知覚されるが、
に入ってこない危険が差し迫ったり、発生したりし
残念なことにそれは無意識のうちにおこなわれるに
たときに人間に警告を発する。もう1つの要素は、
すぎない。なぜなら人間はその内的世界を単なる合
感受の働きによる音の知覚に関するものである。こ
理的悟性に向けた結果、松果体の萎縮を招いたから
れらの音は大型動物や地震などから発する超低周
である。 (次号に続く)
ー UFO 地球外からやってきた宇宙船 ー
地球外生命体は恐れるべきか
かに平和的である。このことはあらゆる点で進化と
地球外生命体は本来恐れるべきではない。彼らは
関連している。攻撃に関して彼らは攻撃性をある程
我々地球人と同じ性質を持っているとは言え、はる
度克服して、事実上防御のみに自己制限している。
フィグ・ヤーパン通信 第 33 号
防御はたいてい生命に危険のある麻痺兵器を用いて
ースは除く。しかし実際の人類は地球の上にだけ住
行われるが、稀に意識の力を用いることもある。麻
んでいる。何らかの種類の霊的生命体も、我々の太
痺兵器を使うのは自分が脅かされていると感じる場
陽系の別の惑星に存在するということはない。
合に限られ、悪意から使うことはない。しかしその
ような事態に至るのを回避するために、ほとんどの
我々の太陽系の位置
地球外生命体は、どこかの惑星を訪れて調査する際
地球外生命体が地球に「大量」に訪れず、ごく少
には姿を見られないようにしている。それゆえ全般
数しかやってこないのは、我々の太陽系が消滅の過
的に見て、彼らを恐れる必要はまったくないのであ
程にあり、また事実上銀河系の飛び地をなしている
る。
からである。我々は銀河系の1本の渦状腕から切り
が、これについて例外は存在しないなどと主張す
離された系として、地球外生命体の通常のすべての
るつもりはない。なぜなら普通の平和的な地球外生
飛行経路の外に存在している。銀河系から見るとゾ
命体のほかに、非人間的な形態や発達の遅れた人種
ル太陽系は、いわば「一匹狼系」または「失われた
も存在するからである。彼らは宇宙を略奪して回り、
系」をなしている。
ときどき地球にも来る。彼らは人間を拉致したり、
地球の人間が最も近い恒星を訪ねようとすると、
その他いろいろ邪悪なことをしたりする。しかし彼
4.5 光年の距離を移動しなければならない。なぜな
らはそれほど大規模に地球にやって来るわけではな
ら地球に最も近い恒星であるアルファ・ケンタウリ
いので、大きな危険にはならないだろう。
系はそれだけ離れているからである。
地球に向けて絶えず否定的なエネルギーを放ってい
4.5 光年は約 42 兆 7000 億キロメートルに相当す
る者も、それほど危険な存在ではない。なぜなら彼
る。この距離を移動するのに光は秒速約 30 万キロ
らにあっては昔から肯定的なもの、そして平衡した
メートルの速度で 4.5 地球年かかる。つまり地球に
ものが優勢だからである。
最も近い恒星に到達するためには、地球から光速で
宇宙には征服や戦争に明け暮れる生命体も存在す
4.5 年必要である。
るが、さしあたり大きな危険はない。いつかは宇宙
から攻撃してくることは予想されるが。
銀河系の図解。右下の円のなかに太陽系を遠く離れた
宇宙のどこかの世界に怪物のような生命体が生き
飛び地として示した。
ているか、私には正確な判断を下せない。なぜなら
私自身はそのようなものを一度も見たことがない
し、また地球外生命体は私に、そのような怪物は地
球人の純粋な空想の産物であることを保証している
からである。
この報告は信頼してもよいだろう。というのも、
まさに宇宙飛行の能力があり、宇宙やきわめてさま
ざまな世界を旅行している知的生命体よりも確かな
判断を下せる者が誰かいるだろうか。
我々の太陽系の可住性
我々の太陽系で、何らかの種類の人間的生命体を
担うことができる唯一の惑星、それは地球である。
それ以外のすべての惑星は不毛であるか、すでに荒
我々の太陽系
我々の太陽系 涼としているか、あるいは人間の生命が住むには発
達があまりに遅れている。ただし、月や金星や火星
などに特別に建設した基地で小規模に住んでいるケ
(出典:UFOs Raumschiffe von fremden Welten)
フィグ・ヤーパン通信 第 33 号
フィグ・ヤーパンからのお知らせ
☐ 全国読者集会が開催されました ☐
2007 年 11 月 23 日、第9回全国読者集会が、東
となる本書は、翻訳が完了して校正作業が進められ
ています。出版は 11 月頃を目標にしています。
京の日本青年館で開催されました。北海道から岡山
『地球外知的生命プレアデスとのコンタクト ー 宇宙
まで、52 名の読者の皆様にご参加いただきました。
の深遠より』
水瓶座時代出版からの今年度中の出
今年は、女性の方も多く参加されていました。
版に向けて、準備が進められています。
当日は新刊書『心』、『プレアデス/プレヤール人
この他、小冊子類、時事的な記事の翻訳について
とのコンタクト記録(4)』が先行発売されました。
もできるだけ進めたい所存です。今年もフィグ・ヤ
また、フィグ・ヤーパンからの活動報告、出版案内、
ーパンの活動の柱となる翻訳出版活動にどうぞご期
FIGUスイス訪問報告、時事的なトピック記事の紹
待ください。
介が行われました。読者集会終了後は、半数以上の
方が懇親会に参加され、終始和やかな雰囲気で行事
☐ FIGUスイス訪問ビデオの発売 ☐
昨年5月フィグ・ヤーパンのメンバーがFIGUス
を終えることができました。
イスを訪問し、センターや施設の案内、瞑想に関す
☐ ブックフェスティバルに出店しました ☐
るインタビューを取材したビデオを発売します。今
水瓶座時代出版/フィグ・ヤーパンは、2007 年
回の取材目的は、瞑想に関するインタビューを実施
10 月 27 日、28 日の2日間、東京の神田古本屋街
することにありました。ビデオには、平和瞑想の発
で開催されたブックフェスティバルに初出店しま
音や姿勢、ピラミッドの活用法、ペントラ、オーム
した。27 日は生憎の雨のため中止となりましたが、
瞑想などについて、スイスの会員による解説が収録
28 日は天候に恵まれ、出店することができました。
されています。また、取材時に実際に行われた平和
当日は、東京近辺の読者の方にいらしていただき、
瞑想の様子も収められています。スイスFIGUによ
暖かい励ましをいただきました。お手伝いくださっ
る許諾を得てフィグ・ヤーパンが編集し、特に瞑想
たボランティアスタッフの皆様にも、お礼申し上げ
を実践されようとしている読者の皆様を対象に販売
ます。
することになりました。
☐ 今年出る本 ☐
フィグ・ヤーパンでは、2008 年に2冊から3冊
の書籍を出版する予定です。
『アラハト・アテルザータ』
ビリーが 1975 年に
ARAHAT ATHERSATA と呼ばれる形体が無く非物質的
で純粋な高次の霊形態からのインパルスを受け取り
記された著作です。「アラハト・アテルザータ」と
はサンスクリット語で「時を観照する優れた者」と
いう意味だそうです。「時を観照する優れた者」と
して物事の起源と結末において認識した真理を、私
たち人間に理解できる言葉で開示したものが本書で
す。現在2名の翻訳者による翻訳を終了し、2回目
の内部校正を実施中です。出版は今年7月頃を予定
しています。
『プレアデス/プレヤール人とのコンタクト記録
収録時間 約 82 分 DVD形式
(5)
』
おなじみのコンタクト記録シリーズ第5巻
価格 3,000 円(税込 送料別 85 グラム)
フィグ・ヤーパン通信 第 33 号
※このページに掲載した以外にも多数の書籍があり
出版物のご案内
ます。ホームページ等をご覧いただくか、フィグ・
■プレアデス/プレヤール人とのコンタクト記録(1)
価格 2,000 円(税込 送料別 375 グラム)
■プレアデス/プレヤール人とのコンタクト記録(2)
ヤーパンまでお問い合わせください。
☐ 書籍のご注文について ☐
価格 2,000 円(税込 送料別 440 グラム)
すべての書籍・ビデオ類のご注文は、郵便振替に
■プレアデス/プレヤール人とのコンタクト記録(3)
て承っております。ご希望の書籍・ビデオ代金に以
下の郵便料金を加えた金額を、お近くの郵便局から
価格 2,000 円(税込 送料別 335 グラム)
■プレアデス/プレヤール人とのコンタクト記録(4)
下記フィグ・ヤーパンの口座宛にお振込みください。
新刊! 価格 2,000 円(税込 送料別 430 グラム)
■心 新刊!
なお、現金書留および切手同封による直接のお申し
込みはご遠慮ください。
価格 2,000 円(税込 送料別 440 グラム)
■瞑想入門
☐ 郵便料金表 ☐
価格 3,200 円(税込 送料別 815 グラム)
■わずかばかりの知識と知覚そして知恵
(新風舎刊)
価格 3,150 円(税込 送料別 870 グラム)
■生命の哲学
100 グラムまで 140 円 1000 グラムまで 340 円
150 グラムまで 180 円 2000 グラムまで 450 円
250 グラムまで 210 円 3000 グラムまで 590 円
価格 1,000 円(税込 送料別 150 グラム)
※ 4,000 円以上お買い上げの場合、郵送料は無
料です。
■日本語版 水瓶座時代の声
50 グラムまで 120 円 500 グラムまで 290 円
価格 各 1,000 円(税込)
(送料別 140 グラム)
83/1 号(特集)
☐ 振込用紙の記入欄 ☐
83/2 号(特集)
(送料別 105 グラム)
口座番号:00160-4-655758
(送料別 140 グラム)
87/1 号(特集)
加入者名:FIGU-JAPAN
91/1 号(特集)
(送料別 135 グラム)
(アルファベットで記入して下さい)
■第 235 回会見
金 額 :送料を含めた合計金額
払込人 :あなたの住所,氏名,電話番号
価格 500 円(税込 送料別 70 グラム)
■霊と肉体における生
通信欄 :購入する書籍名と冊数
価格 500 円(税込 送料別 70 グラム)
■ビリーの少年時代の著作
価格 500 円(税込 送料別 95 グラム)
■預言者エレミヤとエリヤの予告
価格 400 円(税込 送料別 70 グラム)
■エノクの預言
価格 300 円(税込 送料別 55 グラム)
■『瞑想入門』の手引き
価格 300 円(税込 送料別 70 グラム)
■地球に平和あれ
価格 300 円(税込 送料別 55 グラム)
■FIGUの原則あるいは人間の原則
価格 300 円(税込 送料別 40 グラム)
■パートナーシップ(男女間の協力関係)
価格 200 円(税込 送料別 40 グラム)
フィグ・ヤーパン通信 第 33 号(無料)
発 行 日 2008 年 1 月 1 日
発 行 フィグ・ヤーパン(FIGU-JAPAN)
住所 〒192-0916
東京都八王子市みなみ野 3-11-2-305
電話 042(635)3741
FAX 042(637)1524
URL http://jp.figu.org/
E-mail info@jp.figu.org
郵便振替 00160-4-655758
加入者名 FIGU-JAPAN
本書の全部または一部を無断で複写複製すること
は、著作権法上の例外を除き禁じられています。本
書からの複写を希望される場合は、フィグ・ヤーパ
ンにご連絡ください。
Copyright (c) 2008 by FIGU-JAPAN. All rights reserved.
フィグ・ヤーパン通信 第 33 号