三好市「旧東祖谷山村」の神社祭礼

/【K:】Server/阿波学会紀要/第53号/15−3 民俗班・高橋
2007.07.12 10.50.39
Page 173
阿波学会紀要 第5
3号(pp.1
7
3―1
7
8)2
0
0
7.7
三好市「旧東祖谷山村」の神社祭礼
民俗班(徳島民俗学会)
高橋 晋一*
要旨: 旧東祖谷山村の神社祭礼の特色は,以下の6点に集約される。1)原則として旧暦で行われる,2)多
ほうさい
とう や
くの地域で春・夏・秋の年三回祭りが行われる,3)祭りに先立ち神霊を当家の家に迎え奉齋し,翌日当家宅
から神社に「お渡り」をする習俗が見られる,4)当家の家に「オハケ」を立てる習俗が見られる,5)祭り
もも て
の「祝祭」部分は簡素で,神輿やだんじりが出る祭りはごく少数である,6)春祭りを中心として「百手」の行
事が見られる。県内他地域の祭りに比べると,旧東祖谷山村の祭りの姿は総じて簡素ではあるが,その分,当家
祭祀を核とする氏神祭祀の古い形(神祭りの本質につながる部分)をよく残していると言うことができる。
キーワード: 祭礼,氏神,当家,オハケ,百手
"!(%)&
$!-*'/7
本稿の目的は,三好市旧東祖谷山村の神社祭礼の
ここでは旧東祖谷山村の祭礼の代表例として,伝
概要を報告するとともに,同地域の祭礼の特色を指
統的な当家祭祀に加え,現在も神輿・だんじり・お
摘することにある。本稿では,まず旧東祖谷山村の
練りなどが出てにぎわう落合三処神社の秋祭り1)の
神社祭礼の概略を示した上で,当地の代表的な祭礼
概要を報告する。
の事例(落合の三処神社祭礼)を紹介,最後に各地
落合の戸数は,2
0
0
6年現在7
0戸。旧東祖谷山村の
区の祭礼の事例をふまえつつ,旧東祖谷山村の祭礼
他地区と同様,過疎・高齢化・少子化の傾向が著し
の特色を整理・検討したい。
い。落合の氏神・三処神社は,集落中ほどの高台
(落
あめの こ
や
ね
合1
7
5番地)にある。旧村社。祭神は天児屋根命・
#!,524.3'10-8'+6
あめのふとたま
天太玉命・龍王大明神。文化1
2年(1
8
1
5)の『阿波
表1に,旧東祖谷山村の神社祭礼の概要を示した。
志』に「三所祠,祖山落合名にあり延宝5年(1
6
7
7)
ひじり
村内各地の神社祭礼の形態はほぼ共通している。そ
置く」とある。境内社に聖神社がある2)。
れは,宵宮の日に神社から当家(祭りの当番)の家
三処神社の祭りは,旧暦3月5日(春祭り)
,旧
に神霊を移し,当家宅の祭壇で神霊を奉齋,翌日
(本
暦6月8日(夏祭り)
,旧 暦8月5日(秋 祭 り=例
祭)当家の家から行列を組んで神社まで「お渡り」
祭)の年3回(2
0
0
6年の調査時は,それぞれ新暦4
をし,神霊を本殿に還し,神事を行うというもので
月2日,7月3日,9月2
6日)
。春祭りは三処神社
ね
ある。この基本形の上に神輿・だんじり・お練り・
の神輿とだんじり,夏祭りは百手,秋祭りは聖神社
もも て
百手などの付帯要素が加わり,地区ごとの祭りの多
の神輿とだんじりが出る。だんじりは三処神社・聖
様性が生み出されている。
神社共用である。百手は本来春祭りに行うものであ
*
徳島大学総合科学部
!
#
"
!
#
"
4
3
4
4
4
5
4
6
4
7
4
2
三好市東祖谷西山4
0
1
三体神社
八坂神社
三処神社(聖神社)
大神社
住吉神社
八幡神社
黒岡神社
三宝神社
武八幡神社(七人塚)
若宮神社
大原神社
戌之宮神社
鉾神社
御崎神社
天満神社
石鎚尺毛神社
三社神社(天満神宮)
蟻宮神社
馬岡五社神社
八坂神社
三宝神社
白髪神社
白山神社
新田神社
十二所神社
牛頭神社
新田神社
神明神社
笠松神社
若宮八幡神社
五社神社(初志神社)
1
1
1
2
1
3
1
4
1
5
1
6
1
7
1
8
1
9
2
0
2
1
2
2
2
3
2
4
2
5
2
6
2
7
2
8
2
9
3
0
3
1
3
2
3
3
3
4
3
5
3
6
3
7
3
8
3
9
4
0
4
1
表1
旧3月5日
旧3月3日
旧3月2日
旧4月3日[現在新5月3日]
旧3月4日
旧3月4日
旧3月4日
旧3月3日
旧3月3日
旧3月2日(神 輿,だ ん じ り−現 在
三所神社
三好市東祖谷釣井2
5
3
休止)
[現在新5月連休中]
新田神社(金刀比羅神社)三好市東祖谷小島5
4
旧3月3日
新田神社(若宮神社)
三好市東祖谷小島2
0
8-5(里ノ江) 旧3月3日
新田神社(金刀比羅神社)三好市東祖谷高野6
1
旧3月2
7日
三宝神社
三好市東祖谷今井8
旧3月9日[現在休止]
新田神社
三好市東祖谷小島2
6
0-3(佐野) 旧3月2
7日[現在休止]
旧3月1
5日(神 輿,だ ん じ り−現 在
休止,百手)
旧2月7日(百手)
旧3月5日
(神輿,だんじり,お練り)
旧3月1
1日
旧6月1
6日
旧2月1
5日
旧2月1
6日
旧3月4日
旧2月1
7日
旧2月1
7日
旧3月1
8日
旧3月1
7日
旧3月1
8日[現在休止]
旧3月1
8日[現在休止]
旧3月2
5日
7日(百手)
旧2月1
旧3月4日(百手)
旧3月6日
旧8月8日
旧6月7日
旧3月4日
旧3月1
3日(百手)
旧2月9日[現在新3月第2日曜]
旧3月1
4日(百手)
新4月1
5日
新5月1日お山開き祭(神輿)
神社祭礼一覧
備
平成1
8年度より祭日変更
旧郷社
考
旧8月1
7日
旧8月1
8日
旧8月1
8日
旧9月1
7日
旧8月4日
旧8月6日
旧6月1
7日
旧6月1
8日[現在休止]
旧6月1
7日
旧9月2日
旧6月4日[現在休止]
旧6月4日[現在休止]
旧6月4日[現在休止]
旧6月3日
旧6月3日
旧6月2日
旧1
0月1
0日[現在新1
0月1
0日]
旧9月1
9日[現在休止]
旧9月4日
旧9月4日
旧9月4日
旧9月3日
旧9月3日
旧6月1
5日
旧6月1
9日[現在休止]
旧1
0月1
0日[現在新1
0月1
8日]
旧8月5日
旧9月1
5日
旧6月6日
旧8月1
7日
旧6月1
7日
春祭の百手休止,オハケ約2
0年前に休止
秋祭の百手休止
平成1
4年頃より祭礼休止
百手昭和2
0年頃休止,オハケ昭和5
0年頃休止
百手なし,オハケ(御幣5本)
百手なし,オハケ(御幣5本)
百手なし,オハケ休止
百手なし,オハケ約1
0年前に休止
オハケ
オハケ(御幣5本)
百手なし,オハケ休止
百手休止,オハケ(御幣5本)
5日
(神輿,だんじり,お練り) 旧村社,オハケ休止(御幣6本)
旧8月1
旧8月1
6日
旧村社,オハケ休止(御幣6本)
旧8月4日
旧6月1
6日
旧6月4日
オハケ(御幣1
5本)
旧8月7日
旧8月5日
(神輿,だんじり,お練り) 旧村社,オハケ(御幣1
2本,閏年1
3本)
旧9月1
1日
旧8月5日
旧8月15日(百手)
[現在新9月第3日曜] 平成1
7年度より祭日変更
平成1
9年度より祭日変更予定
旧村社
祭礼3(秋祭)
旧6月7日(百手)
旧6月8日(百手)
旧6月1
1日
旧6月1
5日[現在休止]
旧6月6日
旧6月5日(百手)
祭礼2(夏祭)
旧6月12日(百手)
[現在新7月第2日曜]
旧8月1
7日[現在新7月1
7日]
(神輿)
旧8月1
7日[現在新7月1
7日]
三好市旧東祖谷山村
祭礼1(春祭)
2007.07.12 10.50.39
三好市東祖谷中上4
6
三好市東祖谷落合1
7
5
三好市東祖谷落合4
6
9
三好市東祖谷奥ノ井7
2
三好市東祖谷栗枝渡1
4
4
三好市東祖谷下瀬7
7
三好市東祖谷釜ヶ谷7
三好市東祖谷京上
三好市東祖谷京上1
0
7
三好市東祖谷京上1
2
7
三好市東祖谷京上1
1
3
三好市東祖谷大枝4
5
三好市東祖谷大枝3
5
9
三好市東祖谷大枝3
8
6-3
三好市東祖谷若林1
2
5
三好市東祖谷麦生土3
3-2
三好市東祖谷阿佐2
0
6
三好市東祖谷古味5
三好市東祖谷古味
三好市東祖谷樫尾3
5
7
三好市東祖谷樫尾3
5
7
三好市東祖谷小川1
6
0
三好市東祖谷新居屋3
5
三好市東祖谷元井9
6
三好市東祖谷元井1
2
三好市東祖谷大西1
4
三好市東祖谷大西1
4
三好市東祖谷大西1
4
三好市東祖谷和田3
1
三好市東祖谷釣井1
7
0
所 在 地
三好市東祖谷菅生1
5
2
三好市東祖谷菅生2
0
1
三好市東祖谷菅生2
0
2
三好市東祖谷菅生1
9
0(名頃)
三好市東祖谷菅生4
8
三好市東祖谷菅生2
6
9
三好市東祖谷久保5
2
7
三好市東祖谷久保8
3
0-2
三好市東祖谷久保7
2
4-2
三好市東祖谷久保6
神 社 名
十二社神社(三宝神社)
劔神社
西島神社
美豆山神社
八幡神社
五社神社
十二所神社
三上神社
五社神社
鳥越神社
No.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
1
0
/【K:】Server/阿波学会紀要/第53号/15−3 民俗班・高橋
Page 174
三好市「旧東祖谷山村」の神社祭礼/民俗班
/【K:】Server/阿波学会紀要/第53号/15−3 民俗班・高橋
2007.07.12 10.50.39
Page 175
阿波学会紀要 第5
3号(pp.1
7
3―1
7
8)2
0
0
7.7
るが,落合では春祭りに神輿・だんじりが出るので,
いうが,これは,それだけ当家宅での神霊祭祀が重
百手は時期をずらして夏祭りに行っている。
視されていたことの証左である。かつては米こうじ
神社総代は1
2名。祭りの運営に当たる「当家組」
に小麦を入れて白酒(一夜づくりの甘酒)を造り,
は奥,下村上組,下村下組,中村,上村,西中の6
祭りの際に供えて飲んだ。現在は市販の甘酒を買っ
つからなり,順番に回ってくる。当家組の中の1軒
てきて,当家の家で振る舞ったり,神社にお参りに
が当家(祭りの総責任者)を務める。
来た人に振る舞ったりする。
宵宮の日の朝,当家の家の軒先に「オハケ」1本
翌日は本祭。昼前から当家の家に当家組の人々が
を立てる(写真1)
。オハケは長さ5∼6m の竹竿
集まり,酒食をとる。1
4時頃より御幣(神霊)
を祀っ
ご へい
の先にワラボテをくくりつけ,御幣を1
2本挿したも
た祭壇の前で神事を行い(写真2)
,その後,前日
よりしろ
ので3),
神霊の依代
(神が依り付く象徴)
とされる4)。
と同様に行列を組んで神社に向かう(写真3)
。神
オハケは,当家宅に神を迎えることを意味している。
霊が当家宅から神社に移動するわけで,これを「お
宵宮の日の夕方,三処神社から当家の家に神霊を
渡り」と呼ぶ。
遷す。神職が本殿から神霊を御幣に遷し,その後,
きんぺい
露払い,御幣(当家が捧持する)
,金幣,太鼓たた
き,幟持ち(5本)
,神職,その他の氏子の順に行
列を作って当家の家まで進む。現在は,神社から距
離がある場合は車で移動している。
写真2
写真1
当家宅での神事
当家宅のオハケ
当家宅の床の間の祭壇に御幣・金幣を奉齋して神
事を行った後,当家組の人々で酒食(煮染め,寿司,
そばなど)をとる5)。これは神人共食を意味するも
のと考えられる。戦前まで,宵宮の晩は「当家籠も
り」と称して氏子が当家宅にお籠もりをしていたと
写真3
当家宅から神社へのお渡り
!
#
"
/【K:】Server/阿波学会紀要/第53号/15−3 民俗班・高橋
2007.07.12 10.50.39
Page 176
三好市「旧東祖谷山村」の神社祭礼/民俗班
神社到着後,御幣を納め(すなわち神霊を神社に
夏祭りには神輿・だんじりは出ないが,百手の行
還し)
,拝殿で神事を行う。その後,お旅(神輿の
事がある。百手の的は大中小の3種類がある。的の
お たびしょ と ぎょ
中央に「鬼」の文字を墨書し,その上を黒く丸く塗
御旅所渡御)の準備をする。
1
6時から神輿が出る。先にだんじり(写真4)を
りつぶす。昔は射手は羽織袴姿であったが,現在は
神社の西約1
0
0m のところにある御旅所まで引いて
普段着である。射手はかつて6名であったが,現在
いく。だんじりの上では打ち子5名が楽を奏し続け
は3,4名。的に命中すると太鼓をたたく。昔は矢
かね
る。鳴り物は大太鼓1,小太鼓2,鉦2。打ち子は
を拾う子供がいた。手元のすべての矢を打ち終わる
小学校1∼6年生の男子が務める。男子の数が足り
と太鼓をたたき,その間に子供が矢を拾った。矢は
ないときは村内他地区から子供を借りてくる。これ
畑に挿しておくと虫が来ないと言われ,氏子が持ち
まで女子がだんじりに乗ったことはない。打ち子は
帰る。
顔に白粉を塗り,墨でひげを描き,華やかな着物を
旧東祖谷山村内で,三処神社の秋祭りに匹敵する
くり し ど
着る。
規模の祭りが,栗枝渡の八幡神社秋祭り(旧暦8月
1
5日)である6)。祭りの形態は落合とほぼ同様。宵
宮の日の夕方,神霊(御幣)を当家宅の祭壇に奉齋。
翌日(本祭)の午後,神霊(御幣)を捧持して行列
を組んで神社に向かい,本殿に神霊を還し,神事を
行う。その後,お練り・神輿・だんじりが神社の1
0
0
m あまり東にある御旅所を往復する(写真6)
。だ
んじりの打ち子は5名
(大太鼓1,小太鼓2,
鉦2)
。
お練りの構成は天狗(猿田彦)
,棒振り2,長刀2,
毛槍1
2,神輿(4人がき)
,御幣,金幣,一般氏子
なおらい
の順。神輿がお入りした後,拝殿で直会となる。
写真4
だんじり
続いて,お練り(写真5)が天狗(猿田彦)
,箱
かたぎ2,棒振り2,長刀2,毛槍4の順に出発。
その後に子供神輿,神輿(4人がき)
,御幣を捧持
した当家,神職,一般氏子が続く。神輿を御旅所に
据え置き,神事を行う。小休止の後,一行は神社に
戻り,神輿がお入りして祭りは終了する。
写真6
栗枝渡八幡神社祭礼
"!$-*,&+#)'%/#.(
前章で紹介した落合の三処神社の祭礼にも表れて
いるが,旧東祖谷山村の神社祭礼の特色は,以下の
ような点にある。
1)原則として旧暦で行われる。
2)多くの地域で春・夏・秋の年三回祭りが行われ
写真5
!
#
"
お練り
る。
/【K:】Server/阿波学会紀要/第53号/15−3 民俗班・高橋
2007.07.12 10.50.39
Page 177
阿波学会紀要 第5
3号(pp.1
7
3―1
7
8)2
0
0
7.7
3)祭りに先立ち神霊を当家の家に迎え奉齋し,翌
して,祭りに先立ち当家の軒先や神社の境内などに
日当家宅から神社に「お渡り」をする習俗が見
オハケを立てる習俗が見られるが,徳島県内で現在
られる。
オハケが見られるのは,旧東祖谷山村を除けば3ヵ
4)当家の家に「オハケ」を立てる習俗が見られる。
所しかない8)。旧東祖谷山村では現在6ヵ所,以前
5)祭りの「祝祭」部分は簡素で,神輿やだんじり
はさらに多くの地区でオハケが立てられていた。当
が出る祭りはごく少数である。
6)春祭りを中心として「百手」の行事が見られる。
以下,それぞれの特色について簡単に説明を加え
ておく。
家祭祀の残存とともに,注目すべき習俗と言える。
+$TA=%[T&op>Nc:"`r?7F5
A1\BTA>32^a:-B!
県内では集落(神社)の数だけ神輿・だんじりが
'$Rd;49Ov:SDCB!
ある感があるが,旧東祖谷山村では表1に見るよう
県内でも,とくに戦後は,ほとんどすべての地域
に,神輿やだんじりが出る祭りは少ない。これは集
で祭礼は新暦に基づいて行われるようになった。し
落の人口規模にも関係するが,多くの地域で,神輿
かし旧東祖谷山村では,現在もほとんどの地区で伝
やだんじりが登場する以前(近世以前)の古い素朴
統的な旧暦(太陰暦)に基づいて祭礼が行われてい
な神祭り ― 伝統的な当家での行事に重点を置く祭
る。しかし次第に地区の若年層人口の流出,生業の
り ― の姿が受け継がれてきたものと考えることも
多様化(サラリーマン化)が進み,人が集まりやす
できる。
いように祭礼日を新暦に変更したり,土日曜日に変
更する地域も一部に出てきている。なお,過疎にと
もない,年3回の祭りの回数を減らしたり,休止し
たりした地区もある(表1)
。
($f2=hJ:]#K#Y=mUMTA1SD
CB!
,$]TAEi_;49%nX&[email protected]
B!
現在は休止しているところも少なくないが,旧東
祖谷山村の多くの地区で,春祭りを中心として「百
手」と呼ばれる弓矢の神事が行われてきた
(写真7)
。
百手とは,年の初めに弓矢で的を射て一年の豊作・
旧東祖谷山村の祭りは,春・夏・秋の年三回行わ
平穏な生活を祈念する行事である。香川県から徳島
れるところが多い。多くの場合秋が例祭(大祭)で,
県西部にかけて分布が密であり,旧東祖谷山村も
「百
春,夏の祭り(例祭以外のコマツリ)はオモウシと
手文化圏」の一部をなす。
呼ばれる。しかし実際には,神輿・お練り・だんじ
かつて,百手は氏子の中から選出された射手が正
りが出る地区以外は,例祭もオモウシも祭りの内容
装をし,厳格な作法に基づいて行われていたが9),
はまったく同じである(先述した「基本形」
)
。
戦後簡略化が進み,とくに過疎化が進んだ現在では,
)$TA<bt8`uEkL=L<P.qw4"
slkLg0@`W<%/jA&E6BZe
祭りの場に居合わせた人が普段着で適当に矢を射る
形に変わっている地区が多い。
[email protected]!
現在,多くの神社祭礼では,もっぱら神社を中心
として行事が展開するが,当家の家に神を迎え,奉
齋し,そこから神社に「お渡り」するのが祭りの古
い形であった7)。旧東祖谷山村では,こうした当家
祭祀を中心とする伝統的な神祭りの形が現在もなお
残されている。県内では現在,祖谷地方を除きこう
した習俗は見られない。
*$kL=L<%GIH&[email protected]
B!
「オハケ」
は神霊の依代である。近畿地方を中心と
写真7
菅生八幡神社の百手(写真提供=西万太郎氏)
!
"
"
/【K:】Server/阿波学会紀要/第53号/15−3 民俗班・高橋
2007.07.12 10.50.39
Page 178
三好市「旧東祖谷山村」の神社祭礼/民俗班
"!#&%$
前章で確認したように,旧東祖谷山村の神社祭礼
には県内他地域の祭りに見られない要素が多々見ら
れる。これは,祭りの「近代化」
の中で失われていっ
た古い要素が,旧東祖谷山村では変化することなく
残存していることを意味している。とくに注目すべ
きは,当家祭祀を核とした神祭りに祭りの中心が置
意する地区が増えてきた。ただしその場合でも,神霊を当家
宅に遷し奉齋した後,神社に還すというプロセスには変わり
ない。
6)栗枝渡八幡神社祭礼については,東祖谷山村誌編集委員会
編(1
9
7
8)
:7
6
8∼7
7
0頁,ひがしいやの民俗編集委員会(1
9
9
0)
:
8
6∼8
8頁,俵(1
9
9
3)
:1
3
4∼1
3
9頁に記述がある。
3
3頁。しかし原田は,より古い時代に
7)原田(1
9
3
1)
:1
2
9∼1
は1年間にわたり当家宅で神霊の祭祀が行われていたと考え
ており,当家での神霊祭祀の短縮化という点から論を進めて
いる。
いう要素は,近世以降,当家祭祀を核とする伝統的
8)金刀比羅神社(徳島市川内町)
,八幡神社(美波町西由岐)
,
正八幡神社(阿南市吉井町)の3社。旧東祖谷山村のオハケ
については,武田(1
9
5
5)
:7
3頁に樫尾地区の事例の記述があ
る。
な神まつりの「基本形」の上に新たに付け加わった
9)ひがしいやの民俗編集委員会(1
9
9
0)
:9
1∼9
2頁。
かれていることである。神輿・だんじり・お練りと
ものと考えられる。旧東祖谷山村の祭りは表面的に
は決して華やかなものではないが,この「基本形」
文 献
の部分にこそ日本の神祭りの原型が残っているので
武田明(1
9
5
5)
:『祖谷山民俗誌』古今書院.
あり,その点で旧東祖谷山村の祭礼は,貴重な民俗
俵裕(1
9
9
3)
:『秘境と落人の里祖谷
文化協会.
と言えるのである。
注
図説民俗誌』徳島県出版
徳島県神社庁教化委員会編(1
9
8
1)
:『徳島県神社誌』徳島県神
社庁.
原田敏明(1
9
4
2)
:「当屋に於ける氏神奉齋」
『帝国学士院紀事』
1
‐
1,1
2
7∼1
4
5頁.
1)落合三処神社祭礼については,ひがしいやの民俗編集委員
会(1
9
9
0)
:9
4∼9
5頁,俵(1
9
9
3)
:1
4
9∼1
5
2頁 に 簡 単 な 記 述
と写真がある。
原田敏明(1
9
4
3)
:「
『オハケ』奉齋の形式とその変遷」
『帝国学
士院紀事』2
‐
1,9
9∼1
2
1頁.
2)徳島県神社庁教化委員会(1
9
8
1)
:3
8
6頁。
東祖谷山村誌編集委員会編(1
9
7
8)
:『東祖谷山村誌』東祖谷山
村誌編集委員会.
3)地区によって,オハケのワラボテに挿す御幣の数は異なる
(表1を参照)
。
4)原田(1
9
3
2)
:1
2
4頁。
5)最近は当家の負担,手間のことを考え,公民館で食事を用
!
"
#
ひがしいやの民俗編集委員会(1
9
9
0)
:『ひがしいやの民俗』東
祖谷山村教育委員会.