マイクロ コントローラ AVR521 - AVR.jp

AVR521
AVR521 : ATmega32からATmega32Aへの移植
1. 序説
更なる消費電流削減と製造工程最適化のため、ATmega32の最適化版が導入されています。
ATmega32AはATmega32に対するちょっとした置換で機能的に同じです。全てのデバイスは同じ
品質証明工程と製造検査に従いますが、製造工程が同じではないのでいくつかの電気的特
性が異なります。
ATmega32とATmega32Aには独立したデータシートがあります。本応用記述はこの2つのデバイスと
データシート間の違いを略述するのが狙いですが、ATmega32Aデータシートの最後で使用者を援助
するための詳細な変更記録もあります。デバイスのデータシートの最終版を常に使用することを忘
れないでください。
代表特性での小さな違いは上下制限が同じに留まっている限り、本資料で検討されません。
詳細情報についてはデバイスのデータシートの「電気的特性」と「代表特性」項をご覧ください。
注: 本応用記述は簡単な移植のための指針として扱います。完全なデバイス詳細については常
にATmega32Aデータシートの最終版を参照してください。
®
8ビット
®
マイクロ コントローラ
応用記述
2. 特性での変更
本項は使用されるデバイスで影響されるかもしれない、特性での主な違いを略述します。詳細情
報についてはデバイスのデータシートの最終版を参照してください。
2.1. 消費電流
この(ATmega32A)デバイスの活動動作とアイドル動作の消費電流はかなり低められています。以
下の表は室温での消費電流代表値を表します。全ての値は別の注記がなければデバイスの
データシートからの引用です。
表2-1. 室温でのデバイス代表消費電流
動作種別
条件
VCC=3V, f=1MHz
活動
VCC=5V, f=8MHz
VCC=3V, f=1MHz
アイドル
VCC=5V, f=8MHz
VCC=3V, f=1MHz
リセット
VCC=5V, f=8MHz
ATmega32
1.1mA
12mA
350μA
5.5mA
1.2mA
10mA
ATmega32A
0.6mA
7.5mA
220μA
2.8mA
0.9mA
7.8mA
変化率
-45%
-37%
-37%
-49 %
-26%
-22%
2.2. リセット プルアップ
表2-2.はATmega32とATmega32Aのリセット プルアップ間の違いを要約します。
表2-2. リセット プルアップ
シンボル
RRST
Min
30
ATmega32
Typ
-
Max
60
Min
30
ATmega32A
Typ
60
Max
85
単位
kΩ
3. データシート変更
変更の要約についてはATmega32Aデータシートの最後での改訂履歴をご覧ください。
本書は一般の方々の便宜のた
め有志により作成されたもので、
ATMEL社とは無関係であること
を御承知ください。しおりのはじ
めにでの内容にご注意ください。
Rev. 8162A-06/08, 8162AJ1-01/14
1
®
本社
国外営業拠点
Atmel Corporation
Atmel Asia
Atmel Europe
Atmel Japan
2325 Orchard Parkway
San Jose, CA 95131
USA
TEL 1(408) 441-0311
FAX 1(408) 487-2600
Unit 1-5 & 16, 19/F
BEA Tower, Millennium City 5
418 Kwun Tong Road
Kwun Tong, Kowloon
Hong Kong
TEL (852) 2245-6100
FAX (852) 2722-1369
Le Krebs
8, Rue Jean-Pierre Timbaud
BP 309
78054 Saint-Quentin-enYvelines Cedex
France
TEL (33) 1-30-60-70-00
FAX (33) 1-30-60-71-11
104-0033 東京都中央区
新川1-24-8
東熱新川ビル 9F
アトメル ジャパン株式会社
TEL (81) 03-3523-3551
FAX (81) 03-3523-7581
製品窓口
ウェブサイト
技術支援
販売窓口
www.atmel.com
avr@atmel.com
www.atmel.com/contacts
文献請求
www.atmel.com/literature
お断り: 本資料内の情報はATMEL製品と関連して提供されています。本資料またはATMEL製品の販売と関連して承諾される何れ
の知的所有権も禁反言あるいはその逆によって明示的または暗示的に承諾されるものではありません。ATMELのウェブサイトに位置す
る販売の条件とATMELの定義での詳しい説明を除いて、商品性、特定目的に関する適合性、または適法性の暗黙保証に制限せ
ず、ATMELはそれらを含むその製品に関連する暗示的、明示的または法令による如何なる保証も否認し、何ら責任がないと認識し
ます。たとえATMELがそのような損害賠償の可能性を進言されたとしても、本資料を使用できない、または使用以外で発生する(情
報の損失、事業中断、または利益の損失に関する制限なしの損害賠償を含み)直接、間接、必然、偶然、特別、または付随して起こ
る如何なる損害賠償に対しても決してATMELに責任がないでしょう。ATMELは本資料の内容の正確さまたは完全性に関して断言ま
たは保証を行わず、予告なしでいつでも製品内容と仕様の変更を行う権利を保留します。ATMELはここに含まれた情報を更新する
ことに対してどんな公約も行いません。特に別の方法で提供されなければ、ATMEL製品は車載応用に対して適当ではなく、使用さ
れるべきではありません。ATMEL製品は延命または生命維持を意図した応用での部品としての使用に対して意図、認定、または保
証されません。
© Atmel Corporation 2008. 全権利予約済 ATMEL®、ロゴとそれらの組み合わせ、AVR®とその他はATMEL Corporationの登録商標
または商標またはその付属物です。他の用語と製品名は一般的に他の商標です。
© HERO 2014.
本応用記述はATMELのAVR521応用記述(doc8162.pdf Rev.8162A-06/08)の翻訳日本語版です。日本語では不自然となる重複す
る形容表現は省略されている場合があります。日本語では難解となる表現は大幅に意訳されている部分もあります。必要に応じて一
部加筆されています。頁割の変更により、原本より頁数が少なくなっています。
必要と思われる部分には( )内に英語表記や略称などを残す形で表記しています。
青字の部分はリンクとなっています。一般的に赤字の0,1は論理0,1を表します。その他の赤字は重要な部分を表します。