ToxiRAE II - RAE Systems Europe

ToxiRAE II
PGM-1100 シリーズ
個人用有毒ガスモニター
取扱説明書
045-4003-000, Rev B 2005 年3月
- ご使用になる前に 本製品を使用、保守、サービスする方や、その予定があるすべての方は、
このマニュアルをよくお読みください。本製品は、製造メーカーの指
示に従って使用、保守、サービスした場合にのみ、意図したとおりに
動作します。
注意!
! 感電を防ぐため、モニターのカバーを開ける前には電源を切断してく
ださい。サービスのためにセンサーモジュールを取り外すときは、そ
の前にバッテリーを外してください。カバーを外した状態でモニター
を動作させないでください。モニターのカバーとセンサーモジュール
は、危険がないことがわかっているエリアでのみ外してください。
! センサーは、他のセンサーと交換することはできません。RAE Systemsの
センサーをお使いください。ToxiRAE IIモニター指定の種類のセンサーの
みお使いください。RAE Systemsバッテリーのみお使いください。
RAE Systems以外の構成部品を使用すると保証の対象外となり、本製
品の安全性が得られなくなる場合があります。
! ご使用前に校正を行ってください。
! ガス吸入口にごみや異物がないことを確認してください。
! リチウム電池は廃棄時に正しくリサイクルしてください。
米国およびカナダ本質安全規格適合
UL/cUL Class I, Groups A, B, C, D, T6
欧州本質安全規格適合
0575
DEMKO 02
II 1G EEx ia IIB T6 / 2G EEx ia IIC T6
ATEX 0233306X
-40°C ≤ Tamb ≤ 50°C
目次
標準装備 • 1
校正キット • 1
全般的な情報 • 2
物理的特徴 • 3
ディスプレイの特長 • 4
ToxiRAE IIの操作 • 5
モニターの起動 • 5
ToxiRAE IIの使用 • 5
STEL (短時間暴露限界) • 6
TWA (時間加重平均) • 6
モニターの停止 • 6
PEAK (ピーク測定値) • 6
プログラムモード • 7
モニターを校正する • 7
プリセット限界値または範囲ガス値の変更 • 10
メンテナンス • 11
リチウム電池の交換 • 11
センサーの交換 • 12
仕様 • 15
表A: センサー構成 • 16
表B: アラーム信号(H2S) • 17
標準装備
指定センサー搭載ToxiRAE II検知器
大容量リチウム電池搭載
ガスアダプター
ワニ口クリップ
ステンレス製ベルトクリップ/ヘルメットアダプター
オペレーションマニュアル
校正キット
テストガス(指定センサー用)
流量調整器搭載ガスレギュレータ
運搬用ハードケース
全般的な情報
ToxiRAE IIシングルガスモニターは、使い捨て検知器をわ
ずかに上回る価格で、有毒ガス濃度を連続表示します。
ToxiRAE IIはバッテリーの寿命のみ表示する一般的な使い捨
てタイプとは異なり、上限、下限、TWA、STELの各アラー
ムだけでなく、指定の有毒ガス濃度、STEL値、TWA値、ピ
ーク値を連続でデジタル表示するフル装備のガスモニター
です。
ワンボタンで使いやすいToxiRAE IIは校正も簡単です。プリ
セットアラームを使用するか、アラームを特定の要件を満
たすよう変更してください。いったん起動したら、バッテ
リーの寿命が尽きるまで使用する使い捨てモニターとは異
なり、ToxiRAE IIを使用するタイミングや場所を決め、それ
にしたがって起動します。
ToxiRAE IIは、事前にプログラミングされた期限はありま
せんので、バッテリーとセンサーの寿命をフルに活用する
ことができます。センサーとバッテリーは、現場で簡単に
交換することもできます。ToxiRAE IIは多くの機能が少な
い使い捨てモニターとほぼ同じ価格なので、新品同様にす
る、廃棄する、または全く新しいモニターを使用するなど
選択肢が広がります。
物理的特徴
1 高輝度赤色LEDアラーム
2 ディスプレイ
3 音声アラーム
4 ガス吸入口
5 ボタン
6 ワニ口クリップ
6
1
2
5
4
3
ディスプレイの特長
1 ゼロ点校正
2 バッテリー低下インジケータ
3 STEL (短時間暴露限界)
4 TWA (時間加重平均)
5 下限アラーム
6,7 上限アラーム
8 百万分の一(ppm)
9,10 範囲校正
11 ガス濃度
2
1
11
10
9
3
4
8
6
5
7
ToxiRAE IIの操作
モニターの起動
注記: センサーは起動時にゼロ化されるた
め、外気がクリーンな場所でモニターを起
動してください。
リチウム電池が取り付けられていることを確
認します。
ボタンを押したままにして、ブザー音がした
らボタンを離します。モニターが起動されま
した。
モニターは起動とゼロ校正の前にセルフテス
トを行います。
ファームウェアのバージョンがわずかな時
間表示されます(“F10”が表示された場合は、
ファームウェアのバージョンは1.0を示します)。現在のガス
濃度測定値が表示されます。
ToxiRAE IIの使用
モニターが起動され、起動が完了すると、モニターモードにな
ります。指定ガスの現在の濃度がppmで表示されます。
また、モニターモードでのSTEL、TWA、PEAKなどの暴露
分析が表示されます。
現在のガス濃度から、ボタンを押して暴露分析測定値をそ
れぞれ繰り返し表示します。1分間のアイドル時間の後、
モニターは分析表示から自動的に現在のガス濃度表示に戻
ります。
STEL (短時間暴露限界)
STELは、ガス濃度の最後の15分間の平均測定
値です。
注記: STEL測定値は、15分経過するまで表示
されません。
TWA (時間加重平均)
TWAはモニター起動以降、8時間で割ったガ
ス濃度の累積測定値です。
PEAK (ピーク測定値)
ピーク測定値は、モニター起動以降最も高い測
定値です。
注記: 表示は、“P”と実際のピーク測定値の間
を行ったり来たりします。
プリセットアラーム限界を超えると、モニターは
アラームモードになり、ユーザーは即座にその汚
染地域から離れる必要があります。プリセット限
界については、表Aを参照してください。
モニターの停止
ボタンを押したままにすると、“5…4…3…2…1
OFF”の順に表示が変わります。
何も表示されなくなったら、モニターは停止します。
プログラムモード
プログラムモードを使用して以下のいずれかの動作を行って
ください(表示順に一覧されています)。
モニターを校正する
プリセット限界値または範囲ガス値の変更
プログラムモードにするには、ボタンを3秒間
押したままにします。画面で“Pro”が点滅し始
めたらボタンを離します。
この時点でプログラムモードを終了するには、
ボタンを押しません。モニターは自動的に測定
値表示画面に戻ります。
ボタンを再度押したままにします。画面で“go”が
点滅し始めたらボタンを離します。
モニターを校正する
工場出荷前にすべての機器は校正されていますが、出荷中
の極端な温度変化や衝撃でセンサードリフトが発生する可
能性があります。したがって、RAE Systemsモニターを
新たに購入した場合は、ご使用になる前に、センサーに既
知の濃度の校正ガスを当てて、モニターの精度をテストし
てください。
モニターの校正タイミング
モニターは30日未満ごと、または外気測定値や現場での校
正に合格しない場合に校正する必要があります。センサーは
外気と範囲ガスを使用して2段階で校正されます(範囲ガスに
は既知の濃度の指定ガスが含まれています)。
最大限の安全を確保するため、毎日のご使
用の前に、センサーに既知の濃度の校正ガ
スを当てて、モニターの精度をチェックし
てください。
“CAL” (校正)メッセージと“go”メッセージが交互
に画面に表示されます。
次のサブメニューに進む場合は、ボタンを1回
押します。
あるいは範囲ガス校正を行うには、ボタン
を押したままにします。点滅せずに“go”が
表示されたままになったら、ボタンを離し
ます。
“gAS”および範囲ガスプリセット値が交互に
画面に表示されます。10秒以内に範囲ガス
をモニターに接続します。(9ページの図を
参照 。)
モニターがガス濃度の変化を検知するか、ア
イドル時間が10秒経過した場合、キーを押す
と、90秒のカウントダウンタイマーが起動し
ます。
モニターがガス濃度の変化を検知しない場
合は、範囲校正は失敗します。後者の場
合、“Err” (エラー)メッセージが画面に表示
され、モニターはブザー音を発してLEDが
点灯します。いずれの場合も、再度範囲校
正を開始してください。
範囲校正が完了すると、“dn” (完了)および
リアルタイム測定値がわずかな時間画面に
表示されてから、次のサブメニューに進み
ます。
90秒のカウントダウン中に範囲校正を
中断して、終了する場合、ボタンを押す
と“no”が画面に表示されます。確認のため
再度ボタンを押し、次のサブメニューに進
みます。
範囲ガスシリンダー
校正アダプター
レギュレータ
Tygonチューブ
プリセット限界値または範囲ガス値の変更
上限アラーム
例: 上限アラーム
プリセット変更
10
下限アラーム
STEL
TWA
SPAN
それぞれボタンを1回押してサブメニューを繰
り返し表示します。該当する画面で止めます。
(範囲ガス値の後、モニターはモニターモードに
戻ります。)
“SEt”および“go”が画面に交互に表示され、プ
リセット限界値または値を変更するよう促さ
れます。
プリセット値を変更するには、ボタンを押し
たままにします。“go”の点滅が止んだらボタ
ンを離します。
現在のプリセット値が画面に表示されます。点滅
している数字を変更します。
数字を変更する場合、ボタンを押すと1つずつ
目盛が増えていき、数字は0から9まで繰り返し
表示されます。
次の数字に移動するには、ボタンを押したま
まにし、次の数字が点滅し始めたらボタンを
離します。
新しい値を保存するには、ボタンを押したまま
にし、“dn”が画面に表示されたらボタンを離しま
す。モニターは次のサブメニューに進みます。
メンテナンス
リチウム電池の交換
ToxiRAE IIは、リチウム電池が取り付けら
れた状態で出荷されています。
バッテリー低下記号が表示されたら、バッ
テリーを交換してください。新しいバッテ
リーが取り付けられるまで1分間に1回アラ
ーム音が鳴り、点滅します。
バッテリーがなくなる直前に“oFF”が測定
値のかわりに表示されます。バッテリー
が完全になくなるまで、1分間アラーム音
が鳴り、点滅し、振動します。
バッテリーが完全になくなっていない場合は、ボタンを押して
モニターを手動で停止することができます。
バッテリーを交換するには、モニター背面のねじを4本取り外
します。背面カバーを取り外します。
リボン
バッテリー極性:
+
背面カバー
11
ゆっくりとリボンを引き、バッテリーをモニターから取り
外します。リチウム電池(電圧: 3.6V、容量: 1.65AH、サイ
ズ: 2/3AA、P/N: 500-0076-000)を取り付けます。
! RAE Systemsバッテリーのみお使いください。RAE Systems以外の
構成部品を使用すると保証の対象外となり、本製品の安全性が得られ
なくなる場合があります。
リボンがバッテリーの下に収まっていることを確認します。バッ
テリーの向きに注意してください。
背面カバーを取り付け、ねじを締めます。
センサーの交換
センサーを交換するには、モニター背面のねじを4本取り外
します。背面カバーを取り外します。
ゆ っくりとリボンを引き、バッテリーをモニターから取
り外します。(11ページの図を参照。)
PCB
モニター
バッテリー
ホルダー
12
Oリング
とフィル
ター
PCBのねじを4本取り外します。
PCBをモニターから取り外します。センサーはPCBの反対
側に取り付けられています。
センサーを注意してまっすぐ引き抜きます。センサー上部
のToxiRAE IIボディに取り付けられているOリングで固定さ
れたフィルターを取り外します。(12ページの図を参照。)
新しいセンサーとフィルターに交換します。フィルター
(P/N: 045-2045-000)は汚れが目立ったり、センサー交換
時に交換します。(センサー部品番号については、表Aを
参照してください。)
! センサーは、他のセンサーと交換することはできません。RAE Systemsの
センサーをお使いください。ToxiRAE IIモニター指定の種類のセンサ
ーのみお使いください。RAE Systems以外の構成部品を使用すると
保証の対象外となり、本製品の安全性が得られなくなる場合があ
ります。
センサー
リボン
PCB
ピン露出時
のセンサー
13
ピンがゆがんでいたり、腐食していないことを確認します。ピ
ンを該当する穴に合わせ、まっすぐ押し入れます。センサーは
PCBに対して同一平面上にはまるはずです。
バッテリーホルダーの上部スロットからリボンを通します。
ね じ4本を締めて、 PCBをモニターに取り付けます。
(注記: PCBのねじは、背面カバーのねじより短くなっ
ています。短いほうのねじは、PCBの「内側」の穴に
取り付けてください。)
バッテリーを交換します。リボンがバッテリーの下に収ま
っていることを確認します。バッテリーの向きに注意して
ください。
背面カバーを取り付け、ねじを締めます。
14
仕様
大きさ 93 mm (奥行き) x 49 mm(幅) x 22 mm (高さ)
重量 102 g (クリップ含む)
バッテリー ユーザーが交換可能な2/3 AA大容量リチウム電池
動作時間 8時間/日、1日につきアラーム時間が5分未満で使用した場合のバッテリーの寿
命は通常2年間。通常2年間
CO/H2Sセンサーの寿命は2年間、他のセンサーの寿命は通常1年間
表示 読み取りやすいLCDで濃度とテキストメッセージをppmで連続表示
操作ボタン 1ボタン操作
表示 • 有毒ガス濃度をppm (または酸素測定時は%)で瞬時表示
• STEL値およびTWA値
• ピークホールド
警報 • 音量: 10 cmの距離で90dB
• 視覚: 真上、正面、側面から識別できる高輝度赤/緑LEDバー
• 感覚: 内蔵振動アラーム
• 高: “High”表示、1秒ごとにブザー音3回とフラッシュ表示
• 低: “Low”表示、1秒ごとにブザー音2回とフラッシュ表示
• STEL: “STEL”表示、1秒ごとにブザー音1回とフラッシュ表示
• TWA: “TWA”表示、1秒ごとにブザー音1回とフラッシュ表示
校正 2点間校正、起動時自動ゼロ調整、ユーザー指定範囲/標準基準ガス
EMI/RFI 高EMI/RFI耐性。EMC指令89/336/EECに準拠
IP等級 等級: 耐ホコリ、全方向からの耐低圧水噴流
安全規格 • 本質安全規格適合UL/cUL、Class I、Division 1 Group A、B、C、D、危険地
域等級T6
• ATEX II 1G、EEx ia IIB T6、II 2G、EEx ia IIC T6
欧州適合(Conformite Europene)
動作温度 • 連続: -20~45 °C
• 断続的: - 40~50 °C
動作湿度 相対湿度95%(結露なきこと)
付属部品 手首ストラップ、ステンレス製ワニ口クリップ(取付済)、ステンレス製ベルト
クリップ/ヘルメットアダプター
保証 本体、CO/H2Sセンサーは2年保証(他のセンサーは1年保証)
* 製品は常に拡張されているため、これらの仕様は変更される可能性があります。
15
表A: センサー構成
!
センサーは、他のセンサーと交換することはできません。RAE Systemsの
センサーをお使いください。ToxiRAE IIモニター指定の種類のセンサーの
みお使いください。RAE Systemsバッテリーのみお使いください。RAE
Systems以外の構成部品を使用すると保証の対象外となり、本製品の安
全性が得られなくなる場合があります。
センサーと部
品番号
NH3
045-0518-000
CO
045-0512-000
CO*
045-0512-200
Cl2*
045-0516-000
ClO2*
045-0523-000
HCN*
045-0517-000
H 2S
045-0511-000
NO*
045-0514-000
NO2*
045-0515-000
O 2*
045-0006-000
PH3*
045-0519-000
SO2*
045-0513-000
範囲
(ppm)
分解能
(ppm)
範囲ガス
(ppm)
低
(ppm)
高
(ppm)
STEL
(ppm)
TWA
(ppm)
0-50
1
50
25
50
35
25
0-500
1
100
35
200
100
35
0-1999
10
50
35
200
100
35
0-10
0.1
10
0.5
5
1
0.5
0-1
0.01
0.5
0.2
0.5
0.3
0.1
0-100
1
10
4.7
50
4.7
4.7
0-100
1
25
10
20
15
10
0-250
1
25
25
50
25
25
0-20
0.1
5
1
10
1
1
0-30
0.1
20.9%
(外気)
19.5
23.5
-
-
0-5
0.01
5
1
2
1
0.3
0-20
0.1
5
2
10
5
2
* 入手可能かどうかについてはご連絡ください 。
16
1ブザー音/秒
1ブザー音/秒
1ブザー音/分
1ブザー音/秒
TWA測定値>
TWA限界
STEL測定値>
STEL限界
測定値< 0 ppm
バッテリー< 3.2V
バッテリー< 3.1V
TWA
STEL
マイナス
バッテリー低下
バッテリーなし
1ブザー音/秒
2ブザー音/秒
測定値>下限ア
ラーム
3ブザー音/秒
ブザー& LED
3ブザー音/秒
Low
原因
測定値>最大範囲
測定値>上限ア
ラーム
表示
High
アラームの種類
範囲外
毎秒1回
なし
毎秒1回
毎秒1回
毎秒1回
毎秒1回
毎秒1回
振動アラーム
毎秒1回
表B: アラーム信号(H2S)
17
RAE Systems, Inc. Contact Information
本社
3775 N. First St.
San Jose, CA 95134-1708 USA
電話
408.952.8200
ファックス
408.952.8480
本体販売
877.723.2878
電子メール
[email protected]
Webサイト
www.raesystems.com
技術サービス
888.723.4800
[email protected]systems.com
特記: モニターの修理が必要な場合は、
装置を購入したRAE Systems販売代理店にご連絡ください。ユーザーに代わって
モニターを返却します。
またはRAE Systems技術サービス部門にご連絡ください。修理のために装置を返
却する前に、装置の正しい記録を調べるためにRMA (商品返品確認)番号を入手し
てください。この番号はすべてのドキュメントに記載し、サービスやアップグレ
ードのため返却するモニターのパッケージの外側に貼り付ける必要があります。
RMA番号がないパッケージは工場で受け付けられません。