あなたが癌になったらどうしますか? 戦いますか?それともあきらめます

あなたが癌になったらどうしますか?
戦いますか?それともあきらめますか??
癌の治療はこんなにたくさん選べる
癌専門のドクターが答える癌治療の本音
5月31日(土)13:40~17:30
もしあなたが「がん」と診断されたらどうしますか?がんと診断されると、ほとんどの人が
死をイメージします。 日本ではそれ程重い言葉です。
A 子さんは乳がんで片方の乳房を切除したばかりでした。乳がんと言われてショックでし
た。考える余裕もなくなってしまい、主治医の先生の言う通りに片方の乳房を切除しました。
でも、手術が終わってみると、手術の傷よりも心の傷が大きいのです。私はまだ 23 歳です。
結婚もしたいし、赤ちゃんも産みたい。やっぱり乳房はとりたくなかったと思うと、夜眠れ
なくなります。あの時、手術以外の選択が出来たら?でも実際には「言う通りに治療を受け
ないのなら、来なくても良い。」とドクターに言われたらどこの病院に行けばいいのか、そ
れも心配でした。乳房の切除以外の選択をしたいと思っても、命にかかわると言われれば、
どんな方法があるのか自分では分からないし、自分では決められません。
A 子さんだけではありません。 ほとんどの方が、がんと言われたら、ショックでゆっくり
考える余裕などなくなってしまいますね。 日本では、死亡原因の第一位が相変わらずがん
です。 がんはその人の生死や生き方に関わるとても大きな問題です。
ベルトコンベアの流れ作業のように抗がん剤か、放射線か、手術を決められる現代のがん治
療から、自分自身が納得する治療への転換が必要です。欧米では、様々な分野の専門家が集
まって、その人に最適な治療法を検討するシステムが始まっています。 外科医、腫瘍内科
医、放射線科医、さらには相補、補完代替医療担当者 4 者がチームを組んで治療方法を検討
し、その人にとってもっともふさわしい治療方針が立てられます。
その上で 、いくつかの選択肢を提示して、本人が治療法を選ぶ事が出来ます。
今の日本では、そんな治療は無理だと思いますか?いいえ、違います。このセミナーに参加
すれば、あなたのがん治療に対する考え方は根底から変わるでしょう。
がん治療医、家庭医からメッセージ
現代の日本のがん治療について、二つの点から問題点をお話しましょう。
〇一つ目は、外科、産婦人科、泌尿器科など、各科が専門性に偏っている事です。
様々な分野の専門家が協力する事で、治療の選択肢が広がります。そうすれば、出来るだけ
患者さんに負担が少なく、生活の質を維持し、再発を防ぐ事が出来ると思います。
〇二つ目は、がんの予防あるいは再発の予防について、医療者から患者さんに伝える機会が
大変少ない、あるいは全く伝えていない事です。治療が終了してもがんの不安が消えるわけ
ではありません。患者さんの不安をできるだけ解消することが再発の防止につながります。
未病というのをご存じですか??いきなり病気になるわけではありません。健康と病気の
間には、未病が存在します。この時にいかに手を打つかで病気への進行を防ぐことができ
ますね。今求められているのは予防医学です。 水がなくなってから井戸を探すのでは遅い
わけです。この部分については、家庭医である細田医師が1時間かけて皆さんにお伝えし
ます。
そして、長年にわたって癌患者さんの治療に従事してきた水上治医師が患者目線に立っ
て、自分ががんになったらどんな治療を選びたいのか?徹底的に考える、寄り添う事の出
来る医療について話します。
【このセミナーに出ることでこう変わる!】
☑ がんのメカニズムがわかる
☑ がんになりやすい人となりにくい人の生活習慣の違い、考え方の違いがわかる
☑
☑
☑
☑
☑
がんの予防についての知識が得られる
ホルモンの整え方がわかる
世界で最新のがん治療を見てきたドクターから、先進医療、補完医療について学べる
がんと言われたときの心構えや、対処方法について直接聞くことができる。
がん治療に詳しいドクターとのつながりができる
興味のある方はぜひ下記からお申込みください。
あなたが癌になったらどうしますか?
戦いますか?それともあきらめますか??
癌の治療はこんなにたくさん選べる
癌専門のドクターが答える癌治療の本音
5月31日(土)13:40~17:30
参加費用:20000円(税込)
↓↓
お申し込みはこちらから! ↓↓
日時
2014年5月31日(土)13:40~17:30
場所
会 場 都内某所(定員20名)
セミナー企画運営および講師
細田俊樹
E-mail:toshikihosoda@gmail.com
お申込みはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9f926124254912
『セミナーの主な概要』
*当日内容に若干の変更が生じる場合がありますのでご了承ください。
第1部 細田俊樹 13:40~15:10
がんのメカニズムと、予防について
がんになりやすい人と、なりにくい人の違い
がんのサバイバーが語る「私はこうしてがんを克服した」
15:00~15:10
休憩
第 2 部 続木和子 15:10~16:00
ホルモンとがんの関係
ホルモンを整えて乳癌と子宮がんを予防する。
第 3 部 水上治 16:10~17:30(質問時間を含めて)
「あなたががんになったらどうしますか?」
戦いますか?諦めますか?
癌の先進医療について
あなたに伝えたいこと
こんにちは、講師の一人、細田です。おもに診療所で子供から高齢者まで様々な訴えで受診される
患者さんの診療にあたっています。その経験を活かして健康に役立つ様々なセミナーもこれまで企
画、実施してきました。私自身、昨年からブログやメルマガなどを通じて情報発信してきました。
そこで多くの方から、癌に関しての疑問を頂きました。癌患者さんを専門にみているわけではあり
ませんが、日本の医療の現状に詳しい一人です。癌と言わられたときのショックは想像を絶するも
のがあるでしょう。わたしの義理の父も 2 年前に癌と告知され、その後人が変わったように、落ち
込み、食欲がなくなり、眠れない日々を過ごしました。わが国では、まだまだ癌=死というイメー
ジが強いですから、わたしの義父と同じような気持ちになる患者さんが数えきれないくらい多いこ
とは想像できます。義父をみてきた経験、そして多くの方から癌医療に関しての疑問や不満を聞く
につれて、現在の癌医療の問題点と治療について情報発信する必要がある。それが私がセミナーを
開催しようと思った最初の理由です。当日は癌の治療に何十年も携わってきたドクターと一緒にセ
ミナーを開催します。そのドクターは、親戚中に癌の方がいて、医学生のころから癌医療に疑問を
感じてきました。もし自分が、家族が癌になったら、こんな治療を受けたい!そんな思いで医療に
かかわってきた方です。まだ若い私がいうのも変に聞こえるかもしれませんが、もし私が癌になっ
たら、一度は相談したいと思っている方の一人です。ぜひこの機会に私たちに会いに来てくださ
い。そして質問をぶつけてください。本音で語り合える、そんなセミナーにしたいと思っていま
す。
こんな疑問を感じていませんか?
Q:値段が高くないですか?
A : 皆さんのなかには、癌保険に毎月数千円から2万円近くかけている方もいるのではないでし
ょうか?今回のセミナーは2万円です。一度学べば、皆さんの知識として役立つばかりでなく、生
涯現役で、やりたいことに時間をつかえるようになるための健康な体の基礎作りができます。
Q:ほかの癌のセミナーとどう違うのですか?
A:まず、医師がこのような癌のセミナーをやること自体が珍しいのが現状です。今回講師を務め
る医師は、のべ数万人以上の患者さんを診察してきました。西洋医学、東洋医学をはじめ幅広
い、治療体系を勉強、実践したきたなかで実感していることをお伝えするセミナーはなかなかない
と感じています。
このセミナーを聞いて頂きたいのはこんな方です。
☑ 親戚、兄弟に癌の方が多く、自身も将来、癌になるのではないか?と心配な方。
☑ 現在、癌と診断されているが、どのような治療方針をとったらいいかわからない方。
☑ 現在、癌の治療をしているが、再発しないためになにができるか?知りたい方。
☑ 癌のメカニズムについて知りたい方。
☑ 癌の予防について知りたい方。
逆にこんな方には、このセミナーはお勧めできません。
☑ セミナーを受けただけで満足して学びを実践しない人
☑ ただ飲むだけですべてが解決するような「魔法の薬」が欲しい人
☑ 知ったかぶりで実践を伴わない批判が服を着て歩いているような人
そうした方々は、セミナーでの学びを活かすことできませんし、他の参加者の方のご迷惑に
なるのでご参加をご遠慮ください。
もう一度まとめましょう。
あなたが癌になったらどうしますか?
戦いますか?それともあきらめますか??
癌の治療はこんなにたくさん選べる
癌専門のドクターが答える癌治療の本音
5月31日(土)13:40~17:30
参加費用:20000円(税込)
↓↓
お申し込みはこちらから! ↓↓
日時
2014年5月31日(土)13:40~17:30
場所
会 場
都内某所(定員20名)
セミナー企画運営および講師
細田俊樹
E-mail:toshikihosoda@gmail.com
お申込みはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9f926124254912
【このセミナーに出ることでこう変わる!】
☑
☑
☑
☑
がんのメカニズムがわかる
がんになりやすい人となりにくい人の生活習慣の違い、考え方の違いがわかる
がんの予防についての知識が得られる
ホルモンの整え方がわかる
☑ 世界で最新のがん治療を見てきたドクターから、先進医療、補完医療について学べる
☑ がんと言われたときの心構えや、対処方法について直接聞くことができる。
☑ がん治療に詳しいドクターとのつながりができる
ここまでお読みいただいただけで、あなたがどれだけ真剣に癌についての不安や疑問を解消したいとお
考えかがよくわかります。
それらを今すぐにでも手放して、晴れやかにご自身のやりたいこと、家庭生活、プライベートを楽しみた
いとお考えであれば、すぐに上記のリンクからお申し込みを済ませてください。
あなたの人生をより良いものにするお手伝いができることを楽しみにしております。
講師プロフィール
細田俊樹
東京女子医科大学
非常勤講師
オアシス愛生クリニック
亀田ファミリークリニック館山
指導医
●業務内容
ファミリードクターとして、内科、小児科、皮膚科、乳児健診、漢方、鍼灸と幅広い病気に対応でき
る家庭医として活動している。また健康に役立つ各種セミナーを企画している。
●略歴
24 歳
北里大学を卒業後、北海道にある日鋼記念病院で初期研修
26 歳
初期研修修了後、家庭医になるため、同施設で家庭医専門研修開始
沖縄、帯広、室蘭で主に診療所で赤ちゃんから高齢者まで疾患の種類を問わず幅広く対応するとレ
ーニンを受ける。家庭医療専門研修修了
28 歳
亀田総合病院
29 歳
診療所勤務
家庭医診療科のスタッフとして、教育、研究、診療に従事する。
このころから漢方医学、鍼灸医学を学び始める。
現在は、家庭医として幅広い年齢層、疾患に対応しながらカウンセリングも担当している。
●セミナー、講演実績
2012 年 11 月
名古屋で 30 名の講演会を実施
テーマは「冷え性」
2013 年 7 月 20 日、8 月 29 日
「ちょっとしたことで落ち込む性格を変える5つの習慣!」セミナー開催
2013 年 8 月 10 日
医院におけるクレーム対応、トリアージのセミナーを開催
2013 年 11 月 9 日<腰痛、肩こり、首の痛み、コリが辛い、苦しい、なんとかしたい!!>薬やマ
ッサージだけではなかなか痛みが改善しないあなたへ!
医者が教える原因不明の痛みを自分自身で軽減させる5つの方法
2013 年 11 月 24 日
2013 年年 12 月
医師向け針灸入門講座を開催
8名満席
12名満席
夢や目標をかなえるための悩み解消法
横浜市中川中学校にて
2014 年 1 月 8 日
ストレスとうつ病について
2014 年 2 月 2 日
原因不明の痛みを自分自身で軽減させる5つの方法
2014 年 2 月 27、28 日
横浜弘明寺にて
熱海にて「自己治癒力を高める」をテーマにセミナー開催
2014 年 2 月 28 日付けの週間ポストにて全身マッサージの効果について書いた記事が掲載される。
2014 年 3 月 13 日
sports&鍼
刺さない鍼を用いたセルフコンディショニングセミナー開催など
水上治(みずかみおさむ)
健康増進クリニック院長。
医学博士。
公衆衛生学博士。
1948 年生まれ。弘前大学医学部卒業。
北品川総合病院内科勤務後、東京医科歯科大学附属難
治疾患研究所で医学博士号取得
米国のロマリンダ大学大学院で公衆衛生学博士。
東京衛生病院健康増進部長を経て、健康増進クリニック院長。
医学生時代から自己治癒力が病気克服の鍵と考え、西洋医学を根本にしながら、エビデンスの高い、
体にやさしい治療法を臨床現場で実践してきた。
可能な限り患者さん中心の医療を目指している。
著書に『食をうばいかえす!』
(共著
有斐閤)
『健康をつくる』
(福音社)
『
「健康医」がすすめる!
1 週間バランス健康法』
『希望の新抗ガン剤!超高濃度ビタミン C 点滴療法』『日本一わかりやすいがんの教科書』(以上、
PHP研究所)
『600 の症例が語る
希望の抗ガン剤点滴ビタミン C』(河出書房新社)など。
続木和子 (つづきかずこ)
ホリスティック栄 養 学 者
一 般 社 団 法 人 ホルモンバランス研 究 所 所 長
26 年 間 、小 学 校 の教 諭 を務 める。
自 分 自 身 の子 宮 筋 腫 の手 術 をきっかけに、 女 性 の体 とホルモン
バランスに強 い関 心 を持 つ。
女 性 や子 どもの心 身 の健 康 増 進 を願 って、ホリスティック栄 養 学
やホルモンバランスの研 究 を 30 数 年 間 続 ける。
アメリカのガン自 然 療 法 学 会 に連 続 して参 加 。ガンの食 事 療 法 を
ゲルソン病 院 、コントレラス病 院 で学 ぶ。
ホルモンバランスインストラクター養 成 コースを開 設 し、「卵 子 の健 康 とホルモンバランスの知 識 ・
ホルモンバランスを自 分 で整 える方 法 」を広 めることに尽 力 している。
アメリカン・ホリスティックカレッジオブ・ニュートリション 修 士 号 取 得
小 ・中 ・高 校 ・大 学 、都 や県 の教 育 委 員 会 、公 共 団 体 東 京 国 際 フォーラム等 でも講 演 も多 数 。
著 書 に「食 事 で治 す前 更 年 期 症 候 群 」 星 の環 会 出 版
「頭 の良 い子 を育 てる」、「乳 ガンから身 を守 る!」中 央 アート出 版
日 経 キッド、しんびよう、女 性 セブン、その他 にホルモンバランスに関 する記 事 多 数 。