PowerPoint プレゼンテーション - 東京大学

情報記号論の諸問題
東京大学大学院情報学環・学際情報学府
石田英敬
研究室:駒場キャンパス9号館323
MAIL : [email protected]
URL : http://gamp.c.u-tokyo.ac.jp/~nulptyx
http://www.nulptyx.com/
03.6.26
0
レポート課題
テーマ:「情報記号論」の問題設定をふまえたうえで、情報
社会・情報文化・情報技術の諸領域における任意
の現象をとりあげ論ぜよ。
体 裁:分量3000字程度をtext, pdf, microsoft wordのいず
れかのファイル形式でワープロ化したもの(具体的
な事象を研究した論考は資料を添付すること)
提出方法:電子メール添付で石田英敬研究室アドレス:
[email protected](50MBを超える
ものは郵送等別の手段で)
提出期日:本年8月31日
注 意:提出者にはかならず受領確認メールを教官から
replyするので、受領確認メールの受信をもって提出
が完了すると見なされる。
03.6.26
1
総括セッション
9月18日(木)3限に総括セッションを行いま
す。このセッションでは提出されたレポート
の合評を行いますから受講者はできるか
ぎり「リアル」に出席してください。
また提出されたレポートはこのセッションま
でに登録受講者に対しては相互に閲覧可
能な状態で発表しますから了解してくださ
い。
03.6.26
2
来週は休講です
次回は7月10日で、夏休み前の最終セッ
ションとなります。
03.6.26
3
第10回講義
記号合成とVR
(続)
ー 電子メディア時代の記号の条件 ー
03.6.26
4
Chapter「記号合成とVR 」章立て
I. 「アナログ/ディジタル問題」再考
I-0. 記号原理の二態
I-1. 符号のディジタル化
I-2. 記号のディジタル化
II. 記号とヴァーチャリティ
03.6.26
5
章立て(続)
II. 記号とヴァーチャリティ
•
ヴァーチャルとは何か?
•
ヴァーチャルの計算論化
•
記号のヴァーチャル化とシミュレーション
•
VRの記号原理
03.6.26
6
論点の1
記号のヴァーチャル化をめぐって
<ヴァーチャル>とは何か?
03.6.26
7
「ヴァーチャル」という用語について
Virtual Reality は、日本語では「仮想現実」などと
訳されるが、Virtualという語は、ほんらいどのよう
な意味を持っている言葉なのか? Virtual の語
源はラテン語のVirtusで、潜められている力や勢
いを指す言葉。Virtualであるとは、潜勢的である
ことだといってよい。
03.6.26
8
Virtual(潜勢態)vs. Real(現実態)?
通常、事態のあり方としてVirtual(潜勢態)
は、Real(現実態)の反対概念であるかの
ように考えられがちだが、Virtual(潜勢態)
の対概念はActual(現勢態)である。それ
に対してRealの対概念はPossible(可能
態)である。
03.6.26
9
ジル・ドゥルーズ
(Gilles Deleuze 1925-1994)
著作権処理の都合で、
この場所に挿入されいた
『ジル・ドゥルーズ』 の写真
を省略させて頂きます。
03.6.26
「ヴァーチャル(潜勢態)が対立す
るのはリアル(現実態)に対して
なのではなく、アクチャル(現勢
態)に対してのみである。
(ヴァーチャル)潜勢態は、
(ヴァーチャル)潜勢態として満
たされた(リアリティ)現実性を
持っているのだ。」
( Différence et Répétition, PUF,
1969)
10
Virtualなもの
Ex.
1)
2)
3)
4)
生命
貨幣
法(コード)
言語・記号
参考文献:Pierre LEVY Qu’est-ce que le virtuel?
La Découverte 1997
03.6.26
11
樹木と種子の関係
「種子は樹木を潜めている」、「種子のなかには樹木が
ヴァーチャルに存在している」とひとは言うことができる。D
NAコードの場合でもおなじだが、この場合、種子は樹木を
その構造のなかに折り畳んでいる、種子のなかに樹木は
<潜勢態>において存在しているということができる。この
状態は、樹木が「仮想(フィクション)」として存在していると
いうわけでもなく、樹木という現実は存在していないという
わけでもない。種子という状態においては、樹木は<プロ
グラム>として存在している、<遺伝子コード>として存在
しているということができるが、そうした存在のあり方(=<
潜勢態>)もやはり現実(リアリティー)であることに変わり
はない。
03.6.26
12
生成と出来事
「樹木に育つ」、「樹木になる」、という「樹木の生成」の出来
事を考えてみよう。光や空気や土や水などの環境の働きを
受けて、種子は発育する。樹木は種子のなかに折り畳まれ
ていた構造にしたがって生長するわけだが、自然界にはど
れひとつとしてまったく同じ樹木が存在しないという事実が
示すように、種子のプログラムとしての構造のなかにはあら
かじめ定められた樹木の<可能態>の束が用意されていて、
そのなかの一つが実現するというのとはまったく異なったプ
ロセスがそこでは働いている。潜勢態としての種子は、環境
という<問題>に対する<解決>として、じっさいの単独な
樹木として<現勢化>する。
03.6.26
13
記号による経験のヴァーチャル化
言語は、人間の<いま・ここ・わたし>の経験を、ヴァーチャル
化する。ある出来事を私が言語化して記憶するとする。<い
ま・ここ・わたし>の経験は、こうして言語記号に代えられるこ
とによって、任意のときに任意の回数だけ<現勢化>すること
ができる<意味経験>として、<潜勢態>において存在する
ことになる。ただその記憶された出来事は、言語のシステムの
法則にしたがって言語記号からそのつど作り出されて<現勢
化>するのであって、だからこそ私はその出来事をさまざまな
表現で言い換えることができる。この事情は、写真のような図
像記号や足跡などの指標記号であっても同じである。それら
の事物の痕跡は、記号となることによって任意の回数だけ反
復されうるという潜勢性を持つことになる。その記号を見るた
びに対象となった事象が現勢化し回帰することになるのであ
る。
03.6.26
14
論点の2
<ヴァーチャルなもの>の計算論化
<情報>の時代においては、ヴァーチャルなものは、
確率論化され、<潜勢態>からの現勢化の出来
事は、<演算式>によって統御される傾向にある。
03.6.26
15
<情報化>というヴァーチャル化
生命、経済、法、言語の<ヴァーチャルリ
ティ>の計算論化として<情報化>という
<ヴァーチャル化>は進行している。
(→ <情報化>とは二乗された<ヴァー
チャル化>なのか?)
03.6.26
16
<情報>という元素の時代
生命、経済、法、言語・記号の<ヴァーチャ
ル化>はいったい何をもたらすのか?
<情報>がメタ原理から元素へと位相転
換する時代
03.6.26
17
論点の3
記号のヴァーチャル化をめぐって
03.6.26
18
シミュレーションの問題系
記号の時代と「シミュレーション/シミュラークル」:
simulation / simulacre
(Cf. Klossowski, Deleuze, Baudrillard, Eco, etc.)
03.6.26
19
記号のシミュレーション
人工記号のビット数に一度ヴァーチャル化された
<情報>は、コンピュータの画面上では、音素や
文字素や画素として、声やテクストや画像を<合
成(シンセサイズ)>することになる。そのように
人工的に合成された記号は、こんどは、合成され
た「自然記号」として、指向対象や声の主や筆跡
や語りを、記号に基づいて人工的に作り出すこと
になります。この事態が、記号の人工的な合成
にもとづく記号のシミュレーションである。
03.6.26
20
出来事のシミュレーション
ヴァーチャリティの情報論化はまた、計算論
化されたヴァーチャリティをマトリクスとして、
<出来事>という<現勢化>のプロセスそ
のものを計算論化(アルゴリズム化)するこ
とをも可能にする。これが<出来事>のシ
ミュレーションである。
03.6.26
21
論点の4
VRの記号原理
03.6.26
22
SimulationとVR
1. どこにもない場所、存在しない事物、存在しない文字、誰
のものでもないテクスト、どこにもいない人物の顔、誰の
ものでもない声などを、人工的に合成された記号によっ
て生成することができる。
2. あらゆる記号をコンピュータ空間上に転位して合成し、そ
れらの人工記号にもとづいて<現勢化>の<出来事>
のプロセスをシミュレートすることができる。
3. <現実>をシミュレーションにもとづいて構成することが
できる。
→ <ヴァーチャル・リアリティ>の原理
03.6.26
23
「仮想現実」
あらゆる記号をコンピュータ空間上に転位して合
成し、それらの人工記号にもとづいて参照される
現実をシミュレートすることこそ、<ヴァーチャル・
リアリティ>の原理である。現実の世界において
も、<リアリティ>は、もともと記号が参照する対
象として構成される。ところが<ヴァーチャル・リ
アリティ>では、人工的に作り出された記号が参
照する「仮想の現実」として、指向対象やそれが
所属する現実、そこでの行動は構成されることに
なる。
03.6.26
24
記号による現実のシミュレーション
記号にもとづいて現実を仮構するというシミュ
レーションは、とくにヴァーチャル・リアリティとい
うやり方でなくても実現できる。ただ、あらゆる記
号を同一の情報技術によって処理することがで
きるようになり、その原理にもとづいてあらゆる記
号を合成し生成することができるという点が、他
の記号技術にもとづいたシミュレーションとは異
なる点であるといえる。
03.6.26
25
まとめ
デジタル・テクノロジーとは、二進法の人工言語シ
ステムにもとづく記号合成技術である。この技術
によって記号のdigital化処理は、記号をreferent
から分離し、あらゆる記号を変形・生成
(synthesize)することによって、referentやaction
をsimulateすることを可能にする。VRとは、アナロ
グ記号をディジタル記号技術によって生成し、指
向対象(referent)をシミュレートすることによって、
つくりだされる参照行為(Reference)が構成する
表象(representation)の時空間のことである。
03.6.26
26
情報記号論の諸問題
東京大学大学院情報学環・学際情報学府
石田英敬
研究室:駒場キャンパス9号館323
MAIL : [email protected]
URL : http://gamp.c.u-tokyo.ac.jp/~nulptyx
http://www.nulptyx.com/
03.6.26
27
情報記号論の諸問題 4.
サイバースペースにおける
コミュニケーション
Interactivity とHypertextuality
03.6.26
28
rappel
記号論の三部門
• 意味論 semantics
• 統辞論 syntactics
• 行為論 pragmatics
03.6.26
29
現在までの結果をフィードバックする
と・・・
1. 意味論的変化:
記号の成立条件の変化が<記号と現実>
との関係を変化させる
2. 統辞論的変化はどのように理解されるべき
なのか?
03.6.26
30
1. Interactivity
03.6.26
31
コンピュータのようなディジタル・
メディアは 「インタラクティヴ
interactive」なメディアであると言
われている。
03.6.26
32
メッセージと受け手との間にインターラク
ション(interaction相互行為)を可能にして
いるのは、<インタフェース・メタファー>と
いうセマンティクスであると同時に、<接続
>のシンタクティクスでもある。
03.6.26
33
転位装置(shifters)
インタラクティヴィティの成立にとって決定的に重
要なのは、ユーザの<いま・ここ・わたし>が、コ
ンピュータのメタファー空間のなかに転位される
こと。その役割を果たしているのが、カーソルや
マウス・ポインターといった装置である。ユーザの
操作に従ってコンピュータ画面上を移動するカー
ソルやポインターは、ユーザの<いま・ここ・わた
し>の接触と転位の機能を果たす。
03.6.26
34
ヤコブソン「シフター」
ポインターの矢印やカーソルの点滅印は、ヤコブソン
のいう「シフター(shifter 転換記号)」の働きをしてい
る。「シフター」とは、言語記号でいえば「わたし」、「あ
なた」、「わたしたち」、「あなたたち」のような一・二人
称代名詞、あるいは、「いま」、「ここ」、「あそこ」といっ
た指示詞のことで、言語記号のシステムのなかでそ
の意味作用を決められているという意味ではパース
のいう象徴記号であり、同時に、指示対象とは経験
的な指示関係によって結ばれているという意味では
パースのいう指標記号でもあるという、二重の性格を
持つ記号。
03.6.26
35
「パースによれば、象徴記号(例えば「赤」というフランス語の単語のように)は表
意される対象と約定的な規則で結びついているのに対して、指標記号(例えば
何かを指さす行為のように)はそれが表意する対象と実経験的な結びつきに
よって結ばれている。転換記号(shifters)は、こうした二つの機能を兼ね備えて
いるので「象徴-指標記号 symbols-index」の部類に属している。そのめざましい
例が一人称代名詞である。<わたし>は<わたし>と言表する人物を指す。し
たがって、一方で、<わたし>という記号は、その対象と「約定的規則によって」
結びつくことなしに、その対象を指示することがでず、様々な相異なったコードに
おいて同じ意味は<je>, <ego>, <ich>, <I>など違ったシークエンスに付与されて
いる。したがって、<わたし>とは象徴記号 symbolである。しかし他方では、<
わたし>という記号は、指示対象と実経験的な関係にあるのでなければその対
象を指示することができない。言表者を指す<わたし>という単語は、言表行
為との実経験的な関係にあるのであって、したがって指標記号 indexとして機能
するものでもあるのである。」
ヤコブソン『シフター、動詞カテゴリ、ロシア語動詞』 (1957)
03.6.26
36
<わたし>というシフター
この<わたし>のように、シフターとは、コードに
もとづいて象徴記号として成立しているが、その
意味作用が言表行為を起点とした実地経験的な
結びつきにおいて対象を指し示す指標記号であ
る記号 -- つまり指標記号として意味する象徴
記号 -- のことである。このような記号が存在す
ることによって、言表者は、自分の経験を記号を
つかって指示することができるし、同時に、記号
を自分の実経験と接続させて使うことができる。
03.6.26
37
インタラクティヴィティの意味
新聞や現在までのテレビ のように、メッセージが固定した一
方通行のメディアとはことなって、コンピュータのインタフェー
スをとおして、ユーザは自分の<いま・ここ・わたし>をメッ
セージのなかに記入することができる。自分のメッセージを記
入して送信することもできるし、自分のメッセージ受信の文脈
を転換(シフト)することもできる。このようなインタフェースをと
おしてインターネットの世界とユーザの身体の<いま・ここ・わ
たし>は接続している。これがコンピュータに媒介されたコ
ミュニケーションにおけるインタラクティヴィティの意味である。
03.6.26
38
インタフェース・シフター
コンピュータのインタフェースにおけるポインターやカーソルは、
厳密にいえば、シフターのインタフェース・メタファーであるとい
うことができる。それらは、コンピュータ画面とユーザの<い
ま・ここ・わたし>を接続させている記号であり、そこを通して
ユーザは、自分自身の身体の経験を、コンピュータ上の記号
ネットワークと結びつけている。そして言語のシフターにおい
て、話者の<いま・ここ・わたし>が言語記号の意味世界を接
続し、話者が自分の身体の<いま・ここ・わたし>を起点にし
て言語活動の文脈をシフトすることができるように、ユーザは
ポインターやカーソルという<シフター>をとおして、コン
ピュータ上に展開する記号活動の文脈を自分自身の視点か
らシフトすることができる。
03.6.26
39
2. Hypertextuality
03.6.26
40
Hypertext
シフターを導入することによって文脈を自
分自身の視点からシフトすることができる
コミュニケーションの成立を、メッセージの
展開の側から支えているのが、<ハイ
パーテクスト>による文脈展開の原理であ
る。
03.6.26
41
ハイパーテクストの文脈展開
ハイパーテクストにおいては、それぞれの記号はひと
つのテクストの記号列にしたがって読まれるばかりで
なく、リンクを張られた記号からは別のテクストの別の
場所への通路が開かれている。ソシュールの用語を
使っていえば、テクストを構成していく記号の連辞(サ
ンタグム)関係が、幾つもの箇所で範列(パラディグ
ム)関係に横切られ、その範列関係に導かれて記号
列が分岐的な連辞関係を無数の枝葉のように作って
いくような記号実現がハイパーテクストを特徴づける
ことになる。
03.6.26
42
I. テクストの記号実現
I. ハ イ パ ー テ ク ス ト の 記 号 実 現
03.6.26
43
ハイパーテクストのセミオーシス
パースの記号論の概念によって整理をす
れば、記号を解釈する文脈としての解釈項
が固定しておらず、解釈作用の自由度が
高いセミオーシスがハイパーテクストにお
いては成立すると言うことができる。
03.6.26
44