2005 年JMRC中国 西中国ジムカーナシリーズ JMRCオールスター選抜

・ヨコハマ:021,032,038,039,048
・トーヨー:FM9R,08R,881,888
「ラリータイヤ」,「エイボン他の海外メーカー製のSタイプタ
イヤ」,その他上記に類似するタイヤも「Sタイヤ」とする.
③ オープンボディの車両(オープンカー,T バールーフ,キャン
<公示>
バストップ)にはすべてのクラスにおいて3点式以上のロー
本シリーズの競技会は,社団法人日本自動車連盟(JAF)の公
ルバーの装着を義務づける.
認のもとに,国際自動車連盟(FIA)の国際モータースポーツ
競技規則およびその付則,それに準拠した日本自動車連盟の国内 第11条 競技区分
① 公認クラス
競技規則およびその付則に従い,かつ本統一規則および各競技会
・AN-1 気筒容積 1150cc 以下のN,SA車両
特別規則に従って開催する.
・AN-2 気筒容積 1150cc を超え 1600cc 以下の2輪駆動の
第1条 シリーズの名称
N,SA車両
2005 年JMRC中国 西中国ジムカーナシリーズ
・AN-3 気筒容積 1600cc を超える2輪駆動のN,SA車両
JMRCオールスター選抜
・AN-4 気筒容積 1150cc を超える4輪駆動のN,SA車両
第2条 競技会の格式
・CD
気筒容積による区分なしのSC,D車両
特別規則にて明記する.
② シードクラス(賞典外)
第3条 競技会の種目
気筒容積による区分なしのN,SA,SC,D車両
ジムカーナ
③ フレッシュマンクラス(クローズドクラス)
第4条 開催日およびオーガナイザー
・F-1
後輪駆動の車両(Sタイヤは禁止)
開催日
会場
オーガナイザー
・F-2
前・4輪駆動の車両(Sタイヤは禁止)
第1戦
3月20日
MINE
MCCS
④ 賞典外クラス
第2戦
4月10日 TAMADA
SPIRIT
・オーガナイザー設定クラス
第3戦
5月22日
MINE
MRSC
(チャレンジクラス・S タイヤクラスなど)
第4戦
6月26日 TAMADA HINODE.C
なお,オーガナイザー設定クラスは,各オーガナイザーごとに設
第5戦
7月17日
MINE
MS下関
定される.
第6戦
8月28日 TAMADA
INDY
※すべてのクラスにおいて過給器付車両は,もとの気筒容積の
第7戦 10月 9日
MINE
SCCY+BDC
1.7倍とする.
第8戦 10月30日 TAMADA FULLHOUSE
第12条 参加料
第5条 開催場所
参加料は各会場ごとに次の通りとする.
スポーツランドTAMADA
スポーツランドTAMADA
広島県広島市安佐北区大林 082(818)7198
・公認クラス
1名 9000円
チョロQモーターズ㈱MINEサーキット・ジムカーナ場
・シードクラス
1名 5000円
山口県美祢市西厚保町
0837(58)0321
・フレッシュマン 1名 8000円
上記2会場にて行う.
・賞典外
1名 5000円
第6条 大会役員および競技会役員
MINEサーキット・ジムカーナ場
別途各競技会ごとに公示する.
・公認クラス
1名 8000円
第7条 競技タイムスケジュール
・シードクラス
1名 5000円
タイムスケジュールは,各競技会ごとに特別規則または公式通
・フレッシュマン 1名 6000円
知にて公示する.
・賞典外
1名 5000円
第8条 参加資格
※競技会場の入場料(スポーツランドTAMADA500円,MI
① 公認クラス,シードクラス(賞典外)
NEサーキット500円)は別途個人負担とする.
・参加者は,当該年有効なJAF発給の国内競技参加者許可証 第13条 参加申込
所持者でなければならない.但し,国内競技運転者許可証所
① 参加申込書に参加料を添えて,各競技会開催日4日前までに
持者は国内競技参加者をかねることができる.
必着で持参又は郵送のこと.
・各地域JMRC共済加入者であること(当日加入者も含む).
② 参加申込書にはJMRC中国共通参加申込書を使用し,必要
・シード選手はシードクラスにのみ参加できる.シード選手と
事項(参加クラス等)をもれなく記入し申し込むこと.
はJMRC中国ジムカーナ部会に認定された 2005 年シード
③ FAXでの申し込みも受け付けるが,参加料は1000円U
選手および 2004 年のJAF全日本ジムカーナ選手権年間表
Pとする.この場合も,各競技会開催日4日前までの申し込み
彰者(1∼6位)である.
を厳守し,必ずオーガナイザーに電話確認を行うこと.参加
② フレッシュマンクラス(クローズドクラス)
申込書の原紙と参加料は,競技会当日の受付時に提出するこ
・有効な自動車運転免許証を所持していること.
と.
・フレッシュマンクラスへの参加は,その競技会のオーガナイ
④ 当日エントリーおよび電話での申し込みは一切受け付けない.
ザー所属員とみなされる者のみエントリーすることができ 第14条 参加受理と参加拒否
る.
① 参加受理の通知は行わない.参加申込書発送の証明は受理の
③ 賞典外クラス
証明として認めない.
・有効な自動車運転免許証を所持していること.
② 参加受理後の参加料は,本統一規則第28条により競技会が
・国際競技運転者許可証所持者は賞典外クラスのみに参加で
延期または中止の場合には返金する.但し,天災地変の場合は
きる.
この限りではない.
※満 20 歳未満のドライバーは,参加申込に際し親権者の承諾を
③ オーガナイザーは参加申込者に対して,理由を示すことなく,
得ること(参加申込書の誓約書欄に親権者の署名が必要).
参加拒否又は賞典外での出走指示を行う権限を有する.
第9条 参加制限
④ 参加拒否された申込者には事務経費1000円を差し引いた
① 1回の競技会では,同一選手は車両1台1クラスしか参加で
参加料を返金する.
きない.シリーズ途中での車両,クラスの変更は自由である.
⑤ 締め切り日以降の申込,参加申込書の記入漏れ等は参加を拒
② 重複エントリーは同一車両において4名までとする.
否する場合がある.
③ 参加台数は全クラスを通じて160台までとする.参加申し 第15条 参加者の遵守事項
込みが定員を大幅に超えた場合は,過去の成績等を参考にし
① 参加者は本人およびその関係者が当シリーズへの参加にかか
てオーガナイザーにて選考される.
わる全ての規則を遵守する責任を有する.
第10条 参加車両
② 参加者は当該競技期間中,自己の参加車両が車両規則および
本シリーズ競技会に参加を許可する車両は,2005 年JAF国内
安全規定に適合していることを立証できるようにしておくこ
競技車両規則記載の下記車両である.
と.
① 2005 年JAF国内競技車両規則第3編スピード車両規定の定
③ 参加者およびドライバー等のチーム関係者は,オーガナイザ
めるN車両,SA車両,SC車両,D車両とする(フレッシ
ーまたは競技会審査委員会によって事情聴取等を受けた場合
ュマン・賞典外クラスはこの限りではない).
は,指示があるまで会場を離れないこと.
② フレッシュマンクラス(F−1・F−2)のSタイヤ使用は禁止
④ 参加者およびその関係者は明朗かつ公正に行動し,スポーツ
する.「Sタイヤ」は以下のように定義する.
マンシップに則ったマナーを保たなければならない.
・ブリヂストン:520S,540S,55S
⑤ ドライバ−は,競技スタート8時間前より競技終了迄,神経
・ダンロップ:93J,98J,01J,02G
作用に影響を及ぼす薬物を使用したり,飲酒をしてはならな
2005 年JMRC中国 西中国ジムカーナシリーズ
JMRCオールスター選抜 統一規則
い.
参加者およびその関係者はオーガナイザーや大会後援者,競
技会役員,競技会審査委員会の名誉を傷つけるような言動を
してはならない.
⑦ ドライバーは競技中に,ヘルメット,指先まで完全に覆う手
袋,レーシングスーツを着用すること(フレッシュマンクラス
でもレーシングスーツがのぞましいが,長袖,長ズボン等全身
を覆うものを着用すること).
⑧ 競技走行中以外の競技会場内での車両の移動は最徐行とし,
ウォームアップラン,ブレーキテストなどを禁止する.
⑨ ジャッキアップ中にエンジンを始動する場合は,リジッドラ
ック(通称ウマ)を用い,ドライバーまたはメカニックがすぐ
にブレ−キが踏める状態で運転席に乗車すること.それ以外
のジャッキアップ中のエンジン始動は禁止する.
第16条 公式車両検査
① すべての参加車両は公式車両検査を受けなければならない.
公式車両検査を受けない車両又は公式車両検査に不合格の車
両は競技会審査委員会の裁定をもって競技に参加できない場
合がある.
② 技術委員長は,車両の改造や安全性等について不適当と判断
した箇所の修正を命ずることができる.修正を命じられた車
両は修正の後,再車検を受けなければならない.
③ 公式車両検査で不合格と判定され出場出来なかった車両の参
加料は返金しない.
④ ドライバーが競技中に携行もしくは着用しなければならない
ものとして,公式車両検査の際技術委員によって点検を受け
るものは次の通りである.
・JAF国内競技運転者許可証(健康管理カードを含む)
(フレッシュマンクラスおよび賞典外クラスは除く)
・自動車運転免許証
・車両検査証(ナンバーを有する車両)および改造車検を取
得した車両はその関係書類
・JAF国内競技車両規則第4編付則「スピード行事競技用
ヘルメットに関する指導要綱」に従ったヘルメット等の安
全装備
⑤ ゼッケンはオーガナイザーによって指定されたものを使用す
る.ゼッケン番号は過去の成績等を考慮し,競技会組織委員
会によって決定される.JMRC中国ジムカーナ部会よりシ
ードゼッケンを認可されている選手はそれを使用する.
⑥ 参加者は技術委員の求めがあれば自己の参加車両が車両規則
に適合している旨を証明するため,車両公認書,車両諸元表,
カタログ等を自らが提示し証明しなければならない.
⑦ 競技車両は,公式車両検査終了から正式競技結果発表までの
間は指定駐車待機場所で車両保管されているものとする(コ
ース走行中または走行のための移動を除く).
⑧ パドック待機中の競技車両はタイヤ交換,プラグ交換,Vベル
ト交換(調整)等の軽微な作業を除き調整,変更,交換作業を
行う場合は事前に技術委員長の許可を得ること.
第17条 車両変更およびドライバー変更
参加車両の変更は,公式車両検査終了時間までに車両変更申請
書等の必要書類を提出し,競技会審査委員会の承認を得ること
を条件に,同一クラス内においてのみ認める.但し,ドライバ
ーの変更は認めない.
第18条 コースの慣熟
コースの慣熟は原則として徒歩にて行う(慣熟走行を行う場合
もある).コース図は公式通知にて公示する.
第19条 開会式およびドライバーズブリーフィング
① 競技長は競技開始前に競技会審査委員会の出席を得てドライ
バーズブリーフィングを開催する.
② ドライバーは開会式およびドライバ−ズブリーフィングに開
始から終了まで出席していなければならない.
第20条 競技方法
① 出走は原則としてゼッケン順に行う.
② ドライバ−は自車スタート5分前までに出走可能な状態で待
機位置に待機すること.
③ スタートはフライングスタートとし,スタート合図によりす
みやかに発進すること.
④ スタート合図後すみやかにスタートしない場合は非発走車両
とみなし当該ヒ−トから除外する場合がある.
⑤ 反則スタートは,当該ヒートの走行タイムに5秒加算する.
⑥ コース上の指定パイロンに対し,移動又は転倒と判断した場
合,1件につき5秒を当該ヒートの走行タイムに加算する.
⑦ 脱輪は1輪につき1回5秒を当該ヒートの走行タイムに加算
する.なお,4輪が同時に脱輪した場合,当該ヒ−トを無効と
する.
⑧ ミスコース,ショートカットをコース委員が判定した場合,当
該ヒートを無効とする.
⑥
⑨
競技中は運転席側の窓ガラスおよびサンルーフ,ルーフベン
チレータ等は必ず閉めて走行しなければならない.開けたま
ま走行した場合,当該ヒートを無効とする場合がある.
⑩ 走行中に他の援助を受けた場合,当該ヒートを無効とする.
⑪ 前走車トラブル等による再出走はオフィシャルの指示に従っ
て再出走すること.
⑫ 競技車両がフィニッシュラインを通過して,競技車両に対し
てチェッカーフラッグが振られた時点で競技が終了する.
⑬ ゴ−ル後は減速レ−ン内で最徐行にて移動しなければならな
い.指定場所にて一旦停止すること.無視した場合はペナル
ティの対象となる.
⑭ スタート後3分以内にゴールしない車両は当該ヒートを無効
とする.
⑮ 競技会の途中で競技を棄権する場合,またそれ以降競技に出
場しない場合,明確に意思表示を行い,その旨を競技役員に申
し出て棄権しなければならない.
第21条 信号合図
競技中コース委員より示される信号合図は以下の通り.
スタート 旗(またはスタ-トシグナル): スタート
黄
旗 : パイロン移動・パイロン転倒・脱輪
黒
旗 : ミスコース・ショートカット・4輪脱輪
赤
旗 : 停止命令
緑
旗 : コースクリア
チェッカー 旗 : フィニッシュ
第22条 計時および順位認定
① 計時は,競技車両が最初のコントロールラインを横切った時
点から開始し,最終のコントロールラインを横切った時点で
終了する.
② 計時は自動計測装置で行い,万が一自動計測装置に計測不能
等が発生した場合に限り2個以上のストップウォッチを使用
し 1/100 秒まで計測してその平均値とする.
③ 1名につき2回の走行を行い,ベストタイムを以て成績とす
る.但し本統一規則第28条が適用された場合はこの限りで
はない.
④ ベストタイムが同じ場合の順位は,セカンドタイムの良好な
もの,次に排気量の小さい順,更に同じ場合には競技会審査
委員会の決定による.
⑤ 審判員の判定および計測装置に対する抗議は受け付けない.
第23条 競技会の成立
各クラス1台の出走をもって成立とする.
第24条 抗議権
① 参加者は自分が不当に処遇されていると判断したとき,これ
に対し抗議する権利を有する.但し,本統一規則第14条③に
規定している参加拒否に対する抗議は受け付けない.
② 抗議を行う時は,必ず文書により理由を明記して,一件につ
き抗議料 20300 円を添えて競技長を経て競技会審査委員会に
提出しなければならない.
第25条 抗議制限
① 参加車両または参加者,ドライバ−の参加資格に対する抗議
は,公式車両検査終了後15分以内に行わなければならない.
② 技術委員長の決定に対する抗議は,決定直後に行わなければ
ならない.
③ 競技中の不正行為に対する抗議は,抗議対象者クラスのトラ
イ終了後30分以内に行わなければならない.
④ 成績に対する抗議は,そのクラスの暫定結果発表後30分以
内に行わなければならない.
第26条 抗議の裁定
① 競技会審査委員会の裁定結果は関係当事者のみ口頭で通知さ
れる.
② 抗議料は抗議が成立した場合のみ抗議提出者に返金される.
③ 車両の分解検査に要した費用は,その抗議が不成立の場合は
抗議提出者,成立した場合は抗議対象者の負担とする.金額
は技術委員長によって算定される.
④ 参加者は競技会審査委員会より宣告された罰則または裁定に
不服の場合は1時間以内にJAFに控訴できる.
第27条 損害の補償
① 参加者は競技中の事故等により第三者に損害を与えた場合,
各自が自己の責任に於いて一切を解決しなければならない.
② JAF,オーガナイザー,大会役員は競技運営に全力を尽く
すことは勿論であるが,参加者自身あるいは参加者が他に及
ぼした,いかなる損害に対しても一切の補償責任は負わない.
第28条 競技会の延期,中止または短縮
保安上または不可抗力による特別の事情があるときは,競技会
審査委員会の決定において競技会の延期,中止または走行距離,
回数の短縮を行うことができる.
第29条 罰則
本統一規則に関する罰則および本統一規則に定めていない罰則
選択については,競技会審査委員会によって決定される.
第30条 規則等の解釈
本統一規則および本シリーズ競技会に関する諸規則や公式通知
の解釈について疑事がある場合,参加者は文書によって質疑申
し立てができる.質疑に対する回答は競技会審査委員会の解釈
または決定を最終とし,関係当事者に口頭で通知される.
第31条 公式通知
本統一規則に記載していない競技運営に関する実施細則,およ
び参加者に対する指示事項は公式通知にて示す.
第32条 賞典
① 各競技会ごとの賞典(シードクラス・賞典外クラスは除く)
・各クラス 1位∼3位 JAFメダル(フレッシュマンクラスは除く)
トロフィーまたは賞状・副賞
・各クラス 4位∼6位 トロフィーまたは賞状・副賞
但し,参加台数により変更することがある.
② シリーズ表彰(シードクラス・賞典外クラスは除く)
各競技会ごとの上位入賞者にポイントを与え,全8戦中高ポ
イント順に6戦の合計にてシリ−ズ表彰を行う.公認クラス
においては,当該参加者およびドライバ−が各地域JMRC
加入クラブのクラブ員の場合にのみポイントを与える.
・シリーズ表彰範囲 各クラス 1∼6位
但し,各クラスの総参加台数により変更することがある.
なお,各競技会ごとで与えるポイントは以下の通りとする.
1 位 20P 2 位 15P 3 位 12P 4 位 10P 5 位 8P
6 位 6P 7 位 4P 8 位 3P 9 位 2P 10 位 1P
③ 第6戦終了時点で公認クラスの各クラスシリーズ1位に相当
する者にはJMRC全国オールスタージムカ−ナに出場する
権利が与えられる.
またシリーズ上位の者にはJMRC西日本ジムカ−ナフェス
ティバルに出場する権利が与えられる.
シリーズ事務局
・JMRC中国広島支部ジムカーナ部会
片岡 一司(SPIRIT)
TEL&FAX 082(280)2190
E-mail
kataoka@hicat.ne.jp
・JMRC中国山口支部ジムカーナ部会
吉松 敏彦(BDC)
TEL 083(987)2015 FAX 083(987)3256
スポーツランド TAMADA
http://www.sl-tamada.com/
各競技会の問い合わせ先
<第1戦>みよしカークラブof山陽 (MCCS)
〒755-0025 宇部市野中 4-5-2 オートサロンみよし内
三好 瑛二
TEL 0836(31)4741
<第2戦>スピリットオブマツダ (SPIRIT)
〒732-0021 広島市東区中山新町 3-10-35
SPIRIT 事務局 片岡一司
TEL 082(280)2190
<第3戦>ミネレーシングスポーツクラブ(MRSC)
〒759-2152 美祢市西厚保町
チョロQモーターズ㈱MINEサーキット内
TEL 0837(58)0321
<第4戦>ヒノデクラブ (HINODE.C)
〒732-0044 広島市東区矢賀新町 2-3-30
ヒノデタイヤ内 野村真嗣 TEL 082(283)8661
<第5戦>モータースポーツクラブ下関 (MS 下関)
〒751-0806 下関市一の宮町 5-14-36
村岡 孝則
TEL 0832(56)6461
<第6戦>モータースポーツクラブチームインディ (TEAMINDY)
〒731-0101 広島市安佐南区八木 8-11-17-302
インディ事務局 森沢三郎 TEL 082(873)1966
<第7戦>スポーツカークラブ山口 (SCCY)
防長ドライバーズクラブ (BDC)
〒747-0053 防府市開出本町 1-1 ㈱三崎内
SCCY 事務局 三崎 哲則
TEL 0835(22)5508
<第8戦>チームフルハウス(FULLHOUSE)
〒731-0123 広島市安佐南区古市 1-41-18 自動車トーマス内
松村 正吾
TEL 082(877)6773
※参加申込場所は各競技会ごとの特別規則による.
後援 JAF中国地域クラブ協議会
JAF中国地域クラブ協議会・広島支部
JAF中国地域クラブ協議会・山口支部
チョロQモーターズ㈱MINEサーキット
http://www.cqmotors-mine.jp/