グリッドパターンを用いたワンショットスキャンによる リアルタイムな人体

社団法人 電子情報通信学会
THE INSTITUTE OF ELECTRONICS,
INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS
信学技報
TECHNICAL REPORT OF IEICE.
グリッドパターンを用いたワンショットスキャンによる
リアルタイムな人体計測システム
川崎 俊央†
洋†
川崎
古川
亮††
大田 雄也†††
佐川
立昌†††
八木 康史†††
† 埼玉大学工学部 〒 338–8570 埼玉県さいたま市桜区下大久保 255
†† 広島市立大学情報科学部 〒 731–3194 広島市安佐南区大塚東 3–4–1
††† 大阪大学 産業科学研究所 〒 567–0047 大阪府茨木市美穂ヶ丘 8–1
E-mail: †{ishikawa,[email protected], [email protected],
†††{ohta,sagawa,[email protected]
あらまし
3次元物体の形状を高密度で取得できれば多くの物体解析に大きく貢献できる.これを実現するため,こ
れまで多くの手法が提案されてきたが,特にパターンコード化法による手法が実用の面などから近年盛んに研究され
ている.特に、単一の投影パターンを用いて復元する手法は動物体にも対応でき,応用範囲が広い.この手法はワン
ショットスキャンと呼ばれる.本論文では,赤外線を用いた3次元形状復元を提案する.特定の波長の赤外線を用い
ることで,環境光の影響を受けにくくなり,顔をスキャンする時の計測中の眩しさが無くなるといった利点がある.
また,対象物体のテクスチャを同時に獲得できる.本論文では,この赤外線によるワンショットスキャンを用いた人
体計測システムを構築し,評価する.
キーワード
アクティブ 3 次元復元,ワンショットスキャン,共面性からの形状復元,人体計測,赤外線
Realtime Human body scanning system using grid pattern based
One-shot scanner
Toshihiro KAWASAKI† , Hiroshi KAWASAKI† , Ryo FURUKAWA†† , Yuya OHTA††† , Ryusuke
SAGAWA††† , and Yasushi YAGI†††
† Faculty of Engineering, Saitama University SimoOkubo 255, Sakura district, Saitama City, 338–8570
Japan
†† Faculty of Information Sciences, Hiroshima City University Ootuka Higashi 3–4–1, AsaMinami district ,
Hiroshima-shi, 731–3194 Japan
††† The Institute of Scientific and Industrial Research, Osaka University Osaka, Japan,
Mihogaoka 8–1, Ibaraki-shi, 567–0047 Osaka, Japan
E-mail: †{ishikawa,[email protected], [email protected],
†††{ohta,sagawa,[email protected]
Abstract Dense 3D reconstruction of objects could contribute to various applications such as body structure
alalysis. To achieve this, many method have proposed and especially techniques using structured light have been
proposed. In addition, the techniques using a single pattern can capture dynamic scene and it has a wide range
for applications. The method called oneshot-scanning.In this papers, we propose 3D reconstruction based infrared
ray. Its technique using infrared rays with a particular wavelength has advantages such as be lightly affected by
environment light and brightness during face measurement, and can obtain texture coincidentally. In this paper,we
construct a human body scanning system using infrared oneshot scanner and evaluate this.
Key words active 3D scanning, oneshot scan, shape from caplanarity, human body scanning, infrared rays
—1—
1. は じ め に
三次元形状の計測において,動きのあるシーンや物体,例え
ば顔や人体を計測するためには,計測の高速性,密度の点の獲
得,正確性などが重要である.パッシブステレオにおいては,
ド化する.画像の時間的変化のみを利用する方法は,画素ごと
に実装が容易なため,古くから利用されている.しかし,この
方法では,位置情報のコード化に必要なパターンの枚数が多く,
高速なキャプチャに不向きである.
一方で,パターンの空間的コードのみを利用する方法である
テクスチャの無い形状表面を, 密かつ正確に再構成することは
ワンショットスキャンは,各画素の位置情報を空間的な広がり
難しい.このため,アクティブ 3 次元計測手法,特にパターン
のあるパターンにコード化するため,解像度が落ちてしまう問
コード化法を高速化することで動きのあるシーンの形状取得を
題がある.また,パターンが各画素の周囲で局所的かつ一意的
行いというアプローチが近年盛んに研究されている.
にコード化される必要性から,これを実現するためのパターン
パターンコード化法では,プロジェクタで単一または複数の
は比較的複雑なものとなり,抽出のための画像処理も複雑とな
パターンをシーンに投影し,撮影することで 3 次元形状を復元
る.このため,物体の色や形状の影響によりコード化された情
する.このため,投影パターンの特徴点と撮影されたシーンと
報の抽出に失敗することが起こりやすく,結果不安定になりや
の対応関係が必要である.多くのパターンコード化方式ではプ
すい.
ロジェクタの画素の位置情報を複数のパターンに時間的にコー
Salvi らは,当時までに提案されていた空間コード化法にお
ド化することで対応関係を得る.この方式において,必要なパ
いて,新しい縦横のグリッドパターンを提案し,3次元形状復
ターンの数を減らし,更にパターンの速度を上げることで動き
元を行う手法を提案した [1].グリッドパターンを用いるのは本
のあるシーンの 3 次元形状を獲得出来る.しかしこの方法で
論文と同じであるが,グリッドパターンに導入する色が異なり,
は,必要なパターンを投影する間,シーンの時間的な移動量が
隣り合うラインが異なる色になるように配色する.この論文で
非常に少ないことを前提としているため,動物体には正確な形
は縦にマゼンタ,イアン,イエロー,横に RGB を用いている.
状が得られず,また高速に同期して動作する機器の構築のため
初期段階で6色を RGB 表色系から HSI 表色系へ変換に6レベ
にシステムが複雑化する問題点がある.
ルの明暗度に分け,それぞれの明暗度でグリッドパターンを区
一方で,プロジェクタから投影される画像に,各々の画素位
別している.一方で,Zhang らは,debruijn 系列を導入して,
置を同定するために情報を空間的なパターンとしてコード化
縦または横の直線状のパターンを投影し,三次元形状復元する
して埋め込み,一枚の撮影画像のみからシーンを復元手法があ
手法を提案した [2].提案されたパターンをカメラでキャプチャ
る.これはワンショットスキャン手法と呼ばれる.この方法で
し,検出されたパターンの色の程度を RGB でそれぞれ2値化
は,局所的な領域に,位置情報を一意にコード化する必要性か
しコード化することで,三次元位置を求めている.
ら,パターンが複雑になりやすく,また,複数の画像に単一の
また,Thomas らは直線状のパターンの集合という単純なパ
位置情報をコード化することから,解像度が低くなるという問
ターンを用いて,画像一枚から密な形状復元が可能な方法を提
題点がある.さらに,コードのパターンが複雑になると,対象
案した [3] .この手法は,密な直線パターンの繰り返しの抽出
物の反射率により色情報が乱されたり,対象物体の形状により
による局所的な形状復元を基本としており,ここに疎な直線状
パターンの歪みや不連続性が発生しやすく,コード化された情
パターンを組み合わせることでユークリッド形状の復元を実現
報の抽出が不安定となる問題もある.
している.このため,疎な直線状パターンの検出に失敗してし
近年,縦と横のみが識別可能な多数の直線で構成された単純
まうと,形状復元に失敗してしまうという欠点がある.
なグリッドパターンを用いて,その交点を特徴点とすることで
古川らは未公正なラインレーザーによって投射された画像を
3 次元復元を実現する手法が提案されている.これは,縦と横
複数枚利用することで,シーンの3次元復元を行った [4].こ
の接続関係という特徴点同士の情報から,共面性からの形状復
れは,ラインレーザーによって投射される点の共面性条件を解
元を応用して,縦線と横線の交点として矛盾の無い 3 次元形状
くことで実現される.さらに,プロジェクタから投射されるグ
を,1 パラメータの解集合として作成し,この 1 自由度を,既
リッドパターンの交点は,共面性条件が成立することから,ラ
知のグリッドパターンを用いて,1 次元探索により高速に決定
インベースのワンショットスキャンを提案している [5].
する手法である.
本論文は,このグリッドパターンによる復元手法を用いて赤
外線による3次元形状計測システムを提案する.赤外線を用い
ることで,計測環境の可視光の影響を受けにくくなり,また,人
3. グリッドパターンからの形状復元
3. 1 シ ス テ ム
本論文で使用する3次元計測システムは,赤外カメラ1台と
の顔を計測する場合の光の眩しさといった問題が解消される.
赤外プロジェクタ2台からなり,縦横,2種類の直線状のパ
さらに,可視光に影響を与えないため,物体のテクスチャも獲
ターンを投影し,カメラで撮影する.縦と横のパターンは赤外
得することが可能となる.
線の異なる波長により識別される.赤外線のため,オブジェク
2. 関 連 研 究
パターン光による形状復元では,投影されるパターンの時間
的あるいは空間的変化にプロジェクタの画素の位置情報をコー
トのテクスチャ等から影響を受けにくくなり安定した識別を実
現できる.また,テクスチャもキャプチャすることが出来る.
3. 2 問 題 設 定
プロジェクタからオブジェクトに投影された直線状パターン
—2—
は,空間上に平面を定義する.縦パターンと横パターンで定義さ
vk と hj の交点がキャプチャされ,画像上での位置が正規化
れる平面をそれぞれ vertical pattern plane(VPP),horizontal
カメラの座標表記で u( k, l) = [sk,l , tk,l ]T であるとする.vk と
pattern plane(HPP) と表記する.
hj の2個は次の式で表すことが出来る.
プロジェクタとカメラの内部パラメータは既知であり,プロ
ジェクタとカメラ間の相対位置も外部キャリブレーションな
vkT x = −1,hTl x = −1.
(1)
どの手法によって既知であると仮定する.つまり,空間中に存
ここで3次元ベクトル vk および hk は平面のパラメータを表
在する VPP,HPP は全てカメラ座標系での平面の位置とパラ
し,x は平面上の任意の点を表す.キャプチャされた交点 uk,l
メータが既知である.以下,平面,直線などのパラメータ,点
の3次元位置を xk,l とすると,xk,l は uk,l を利用して,
の3次元位置は全てカメラ座標系で表すものとする.これら,
位置パラメータが既知であるような VPP,HPP を,CVPP 及
xk,l = γ[uTk,l 1]T
(2)
び CHPP と呼ぶ.また,全ての CVPP はプロジェクタの光学
と表される.方程式 (1) に x = xk,l を代入して,式 (1) と (2)
中心を含む単一の直線を共有する.同様に,CHPP も単一の
から xk,l と γ を消去すると,
直線を共有する.これらの直線を Lv ,Lh と表記する.二つの
直線の交点はプロジェクタの光学中心 Op と一致する.Op と,
[uTk,l 1](vk − hl ) = 0
(3)
Lv ,Lh の方向ベクトルはプロジェクタとカメラ間の相対位置
が得られる.この式は vk ,hl を変数とする一次方程式であり,
が既知であれば計算により求めることが出来る.
この方程式を全てのキャプチャされた交点について並べると,
対象シーンの表面に投影された縦パターンと,横パターンの
v1 ,. . . ,vm ,h1 ,. . . ,hn を変数とする連立一次方程式となる.
交点をカメラで撮影された画像から特徴点として抽出する.こ
これを行列形式で表現したとき,Aq = 0 と表されるとする.
の特徴点を「キャプチャされた交点」と呼ぶ.画像処理によっ
てこれらの交点同士の接続関係を抽出する.本論文では交点
T
T T
ただし,q = [v1T ,. . . ,vm
,hT
1 , . . . ,hn ] である.
方程式 (3) には差 (vk − hl ) のみが現れるので,連立方程
同士の関係として,同一の縦パターンや横パターン上にある,
T
T T
式 Aq = 0 の解 q = [v1T ,. . . ,vm
,hT
につい
1 , . . . ,hn ]
という関係を利用する.同一のパターン上にある交点を「同一
T
T T
て,そのスカラー倍,sq = [sv1T ,. . . ,svm
,shT
1 , . . . ,shn ]
の VPP 上にある」と言うことが出来る.しかし最初の段階で
も ま た 解 で あ る .さ ら に ,任 意 の 3 次 元 定 数 ベ ク ト ル c
は,各々の交点が存在する VPP,HPP が具体的にどの CVPP,
を並べたベクトル加算したもの q + [cT ,cT ,. . . ,cT ]T =
CHPP に対応しているか不明である.このように,検出された
T
[v1T + cT , . . . , vm
+ cT , hT1 + cT , . . . , vnT + cT ]T もやはり解で
縦パターンが表す VPP は観測時点では CVPP に対応付けられ
ある.これより,連立方程式 Aq = 0 の一般解は,
ていないので,これを UVPP(unknown VPP) と呼ぶ.同様に
検出された横パターンが表す HPP を UHPP と呼ぶ.
UVPP は画像面上の縦パターンであり,CVPP は既知の3次
元平面であるから.この対応から光切断法によって,縦パター
ン上の点の3次元位置を求めることが出来る.従って,この対
応関係を得ることが本手法の課題となる.
3. 3 対応問題の解決のアウトライン
まず UVPP または UHPP について成立する共面性の条件
から複数の線形方程式を導く.これらの方程式を連立方程式と
して解くと,UVPP,UHPP の集合に関して1自由度の不定
性を持った一般解が得られる.解の不定性の自由度が1である
ことから,一つのパラメータを決定することで全ての UVPP,
UHPP の位置が決定される.この1自由度の不定性を,UVPP,
UHPP の集合と CVPP,CHPP の集合とのマッチングによっ
て解消する.この処理は,平面同士のマッチング誤差を定義す
ることで,その差が最小となるパラメータを1次元探索するこ
′
′
vk = svk + c, hl = shl + c
′
(4)
′
′
′
′
と表される.ただし,q = [v1T ,. . . ,vmT ,h1T ,. . . ,hnT ] は
Aq = 0 の特殊解である.
本論文では,全ての UVPP は直線 Lv を含み,全ての UHPP
は直線 Lh を含む,という条件が存在する.さらに,Lv と LH
は点 Op で交わる.これらの条件から,式 (4) の任意変数 s と
c には拘束が生じ,解の不定性の自由度が減る.以下に,上記
の条件における一般解の求め方を述べる.
2 個 の 直 線 Lv と Lh を 含 む 平 面 を ,projector focal
plane(PFP) と呼び,その平面パラメータを p と表記する.
直線 Lv と Lh の方向ベクトルを,それぞれ lv 及び lh と表記す
る.また,プロジェクタの光学中心 Op の3次元位置を op と表
記する.全ての UVPP は直線 Lv を含み,全ての UHPP は直
線 Lh を含む.また,全ての UVPP,UHPP は点 Op を含む.
これより,
とで行われる.
3. 4 共面性条件の解
関係する平面 (CVPP,CHPP,UVPP,UHPP) を表すため
の記号を定義する.投影されるパターンから得られた CVPP
の集合を V1 ,V2 ,. . . ,VM と表し,CHPP の集合を,H1 ,H2
,. . . ,HN と表す.また,画像から得られた UVPP,UHPP の
lTv vk = 0,lTh hl = 0,oTp vk = 0,oTp hl = −1
(5)
′
が得られる.また,前述の特殊解 q も上記の条件を満たす
とする.つまり,
′
′
′
′
lTv vk = 0,lTh hl = 0,oTp vk = 0,oTp hl = −1
(6)
集合を,それぞれ v1 ,v2 ,. . . , vm ,及び,h1 ,h2 ,. . . , hm と表
記する.
である.また,PFP は,直線 Lv Lu と点 Op を含むので,
—3—
lTv p = 0,lTh p = 0,oTp p = −1,oTp p = −1
(7)
ン光線発生装置 (図 2) を用いてシステムを構築する.本論文で
用いた赤外ライン光線の波長は,850nm と 940nm である.
が成立する.
式 (5),(6),(7) より,
lTv (vk − p) = 0,lTh (hl − p) = 0,
oTp (vk − p) = 0,oTp (hl − p) = 0,
′
′
lTv (vk − p) = 0,lTh (hl − p) = 0,
′
′
oTp (vk − p) = 0,oTp (hl − p) = 0,
(8)
図1
赤外センシング装置
図2
赤外ライン光線発生装置
′
が得られる.これらの式から,vk − p と vk − p が,両方とも
lv 及び op に直行することが分かる.lv と op は一般には平行
ではないので,これらの両方に直行するベクトルは,スケーリ
ングを除いて一意に決まる.これより,
′
(vk − p) = s(vk − p)
(9)
が得られる.また,
′
(hk − p) = s(hk − p)
(10)
図 4 キャリブボックス
図3 計測風景
である.式 (9),(10) より,方程式 (3),(5) の一般解は,
′
′
vk = s(vk − p) + p,hl = s(hl − p) + p
(11)
′
′
の形で表される.既に述べたように,q = [v1T ,. . . ,vmT
′
′
,h1T , . . . ,hnT ] は特殊解の一つであり,p は平面 PFP のパラ
メータベクトルである.式 (4) の一般解の不定性が Lv 及び Lh
の条件により減少した場合,式 (11) における不定性は,スカ
ラー値 s による1自由度のみとなったことが分かる.
(a) グリッドパターン
(b) グレーコード
(c) グレーコード
図 5 投影するパターン
3. 5 不定性の解消
前節の解は UVPP,UHPP に関してキャプチャされた交点
のみから得られ,CVPP 及び CHPP の情報は利用されていな
い.そこで,前節で求めた解と,CVPP と CHPP とのマッチ
ングを行うことで,UVPP と CVPP,そして UHPP,CHPP
との対応関係を求める.解の自由度が1であることから,マッ
チングを1次元探索によって効率的に行うことが出来る.
具体的なマッチング処理について述べる.最初に,適当な
UVPP を選ぶ.例えば v0 が選ばれたとする.次に,v0 に対し
て,CVPPV1 を対応させ,この対応から全ての UVPP,UHPP
の位置,つまり v1 ,…,vm ,h1 ,…,hn の位置を決める.この
時得られた UVPP,UHPP の位置(V1 ,…,vM ,H1 ,…,HN )
に一致しているかどうかを評価する.同様に,v0 に対応させ
る CVPP を,V2 ,V3 ,… と変化させ,各々の対応に得られた
UVPP,UHPP の位置が全体として CVPP,CHPP に一致して
いるかどうかを評価する.UVPP,UHPP の位置が全体として
最も CVPP,CHPP に一致していると判断される時の UVPP
と CVPP,UHPP と CHPP のそれぞれの対応関係を求める対
応関係として出力する.
4. 2 装置のキャリブレーション
これらの装置を用いて,ラインベースのワンショットスキャ
ンをするためには,赤外プロジェクタと赤外カメラのキャリブ
レーションが必要となる.本論文では形状復元のキャリブレー
ション用パターンの印刷された専用のボックスを用いてキャリ
ブレーションを行った (図 4).
パターンの撮影方法としては,コード化したパターンを OHP
フィルムに印刷し,赤外ライン光線発生装置の中に OHP フィ
ルムを挿入し,物体に投影した.これを既定の枚数のコード化
パターン分,赤外カメラで静止画としてキャプチャする.この
時用いたグレーコードの例を図 5(b),(c) に示す.こうして得ら
れた画像群からグレーコード画像を作成する.このグレーコー
ド画像をデコードすることでカメラとプロジェクタのピクセル
同士の対応関係が得られる.そこで,この対応関係を用いて赤
外センシング装置の内部パラメータ,赤外ライン光線発生装置
の内部パラメータ,および外部パラメータのキャリブレーショ
ンを行う.キャリブレーションにはカメラ用のアルゴリズムが
利用できる.本論文では,LM 法による手法を実装し用いた.
4. 赤外線装置を用いた 3 次元復元
4. 1 赤外線装置
図 1 のような二波長近赤外センシング装置,2台の赤外ライ
—4—
4. 3 3次元計測
ワンショットでの赤外からの形状復元は以下の手順で行わ
れる.
二つの赤外線装置から出る 850nm,940nm の光線を,それ
ぞれ縦と横のラインとして投射する.ここで,光源である赤外
ライン光線発生装置の光軸は,縦と横が同一平面となるよう設
置する.また,投射するパターンは既知とする.
縦と横のパターンが投射されている画像から縦ラインと横ラ
インをそれぞれ別々に検出しそれらの交点を求め,共面性条件
を用いて,3次元復元を行う.
5. 実
験
5. 1 リアルタイムワンショットスキャン
ワンショットスキャンの有効性を確認するために,まず可視
光を用いてマネキンの計測を行った.対象としたマネキンと
パターンを投影した状態のマネキンを図 6 に示す.実験で用
いたグリッドパターンは図 5(a) であり,RGB の3色からな
る.投影パターンの解像度は 1024x768 であり,これを解像度
1024x768 の 3CCD カメラで撮影し,3次元復元を行った.
正面,背面,両側面をそれぞれワンショットスキャンによっ
て3次元復元を行ったところ,いずれも正確な形状を復元する
ことが出来た (図 7).
また,各方向で計測し復元したものを ICP により位置合わ
せをし統合したところ,正しく全周囲を復元することが出来た
(図 8).
図 7 図 6 の復元結果
図8
マネキンの全周囲の統合結果
5. 2 赤外システムのキャリブレーション
図 3 のように各装置を配置し,実験を行った.キャリブレー
ションボックスを 4. 2 節の手法により撮影し,キャリブレー
ションを行った.OHP に印刷したグレーコードを縦横それぞ
れ 20 枚用いて,キャプチャし得られたグレーコードにより,
キャリブレーションを行った.
キャプチャした画像の例を図 9 の示す.キャプチャした静
止画から生成した2値化画像を図 10 に示す.2値化画像セッ
トより生成したグレーコード画像を図 11 に示す.このグレー
コード画像を用いてキャリブレーションを行った.
キャリブレーションによって求めたパラメータを表 1 に示す.
推定されたパラメータの精度の確認のため,キャリブレーショ
ン用のボックスを推定したパラメータを用いて復元した.復元
図 6 上からマネキンの正面, 背面, 右側面, 左側面,
右がパターン投影時
結果を図 12 に示す.ボックスの直角が再現されており,正し
くキャリブレーションされていることが分かる.
—5—
表1
赤外ライン光線発生装置
焦点
縦横比
画像中心
赤外カメラ 0.027
1.09
360 240
サイズ
赤外投影機 0.053
1.03
512 352 1024 768
720
480
(a)
(b)
(c)
図 13 (a) 発泡スチロールの頭部,(b) 復元結果:正面 (c) 復元結果:
側面
由度を残して再構成し,投影されるパターンと再構成結果の比
図 9 キャプチャした静止画
較により,最終的な形状をする手法となっている.
本論文では,このグリッドパターンを赤外線としたシステム
を提案した.赤外線を用いることで,環境光やテクスチャによ
る影響を受けにくく,人の目に眩しくないなどの人体に影響の
少ない3次元復元が可能となる.予備実験として赤外線による
パターンコード化法により実験を行ったところ正しい形状が復
元された.ただし,本来滑らかである物体の表面に波状の線が
図 10
2値化画像
生じるなど,誤差も残っており,これの解消をこれから行う予
定である.
今後の赤外線によるワンショットスキャンは,キャリブレー
ション処理の自動化などが挙げられる.
7. 謝
図 11 グレーコード
辞
本 研 究 の 一 部 は ,総 務 省 戦 略 的 情 報 通 信 研 究 開 発 制 度
(SCOPE) 若手 ICT 研究者育成型研究開発 (072103013) およ
び科研費(19700098, 19700157)の助成を受けて実施されたも
のである.ここに記して謝意を表す.
文
図 12
ボックスの復元結果
5. 3 赤外線によるワンショットスキャン
最後に市販の発泡スチロールの頭部の模型のスキャンを行っ
た.ただしワンショットスキャンでは十分なコントラストが得
られなかったため,今回はパターンコード化法により復元を
行った.カメラとプロジェクタのパラメータは 5. 2 節で求めた
献
[1] J. Salvi, J. Batlle and E. M. Mouaddib: “A robust-coded
pattern projection for dynamic 3D scene measurement”,
Pattern Recognition, 19, 11, pp. 1055–1065 (1998).
[2] S. Zhang and P. S. Huang: “High-resolution, real-time
three-dimensional shape measurement”, Optical Engineering, 45, 12, p. 123601 (2006).
[3] T. P. Koninckx and L. V. Gool: “Real-time range acquisition by adaptive structured light”, IEEE Trans. on PAMI,
28, 3, pp. 432–445 (2006).
[4] 川崎, 古川, 中村:“ラインレーザの自己校正による 3 次元復元
手法”, 画像の認識・理解シンポジウム, pp. 142–148 (2006).
[5] H. Kawasaki, R. Furukawa, , R. Sagawa and Y. Yagi: “Dynamic scene shape reconstruction using a single structured
light pattern”, CVPR, pp. 1–8 (2008).
パラメータを用いた.復元結果を図 13 に示す.ほぼ正しい形
状で復元できていることが分かる.ただし,顔の正面方向から
見ると,直線状の凹凸が観測される.これは,OHP によるパ
ターンが設置の際にずれるために生じたと考えられる.パター
ンの自動撮影等によるこの問題の解消は今後の課題である.
6. 結
論
本論文ではワンショットスキャンを用いた人体を密に3次元
計測する手法を提案した.利用したワンショットスキャンは,
これまでの 1 フレームからの形状復元において行われてきた複
数画素を用いて位置情報をコード化する方式ではなく,グリッ
ドパターンの交点の接続情報を用いて形状を 1 パラメータの自
—6—