TOKYO IDWR - 東京都感染症情報センター

Infectious Diseases Weekly Report
TOKYO
IDWR
2001年第1週(1月1日~1月7日)
東京都感染症週報
東京都立衛生研究所 2001年第1週報告分
•発 生 動 向 総 覧 / 調 査 票 通 信
•全 数 届 出 患 者 数 一 覧 表
•定 点 報 告 疾 患 集 計 表
•年
•保
•疾
齢
健
階
級
所
病
別
累
別
別
累
グ
計
計
表
表
ラ
フ
総
覧
2000年12月報告分
•発
•保
•年
•医
•疾
生
健
齢
療
病
動
所
階
向
別
級
圏
別
別
別
累
累
累
グ
計
計
計
ラ
表
表
表
フ
感染症豆知識《多剤耐性結核》
東京都結核・感染症発生動向調査企画委員会
事務局:東京都立衛生研究所疫学情報室
電 話:03-3363-3213(直通)
FAX:03-5332-7365
E-mail : idsc@tokyo-eiken.go.jp
ホームページ:www.tokyo-eiken.go.jp/IDSC/
古紙配合率70%再生紙を使用しています
発生動向総覧(東京都)
1週分
(全 数 情 報 )
コレラ1件は疑似症患者である。マレーシア・シンガポールでの感染が推定されているが、検便ではコレラ
菌は検出されなかった。
レジオネラ症1件は65歳女性で、温泉での経気道感染が推定されている。
(推定される感染地域は、医師の届出によるものです。)
(定 点 情 報 )
報告日数の少ない割に咽頭結膜熱、水痘、麻疹、流行性耳下腺炎の報告は多い。感染性胃腸炎、A群溶
血性レンサ球菌咽頭炎、伝染性紅斑についても今後の推移に注意する必要がある。
(病 原 体 情 報 )
・咽頭炎患者から検出された溶血性レンサ球菌はT−12型であった。
・バリ島から帰国後発病したデング熱疑い患者からデングウイルス特異IgM/IgG 抗体が検出され
た。
・伝染性紅斑患者は家族内発生の30代女性でパルボウイルスB19特異IgM/IgG 抗体が検出さ
れた。
・11月22日から28日までに搬入された 咽頭結膜熱、上気道炎、不明熱と12月5日の気管支炎
あわせて4件の患者検体から、アデノウイルス3型が分離された。
・12月28日から1月11日までに上・下気道炎の患者検体24件が搬入され、そのうち検査の終了
した10件中3件からRSウイルスが検出され、インフルエンザウイルスは全て陰性であった。
・先週報告した 気管支炎および、リンパ節腫脹の患者2名の咽頭拭い液からアデノウイルスの他に
EBウイルスも検出された。
・12月28日から1月6日までに感染性胃腸炎集団事例が12事例発生し、11事例の患者24検体
からSRSVが17件検出されている。
(そ の 他 の 情 報 )
・上・下気道炎、感染性胃腸炎、脳炎・髄膜炎の検体搬入が多い。
・血管性紫斑病が院内で同時期に3例発生したためEBウイルス感染症を疑って検査中。
・都内ではインフルエンザウイルスは検出されていない。
調査票通信
定点医療機関からのコメントを掲載
品川区
水痘の患者は生後22日。兄が10日ほど前に水痘に罹患し、治ゆしたばかりである。母親は子供の頃に
水痘の既往がある。
多摩市
水痘が昨年末から流行中。
1
全数届出患者数一覧表 2001年1週
分類
疾病名
2
3
1
2
6
4
4
6
1
2
1
1
2
2
1
1
6
7
1
1
1
1
2
1
全国分(診断週)
1週
1
5
9
5
2
︵
エボラ出血熱
一 クリミア・コンゴ出血熱
ペスト
類 マ−ルブルグ病
ラッサ熱
コレラ
細菌性赤痢
二
腸チフス
類 パラチフス
急性灰白髄炎
ジフテリア
三類 腸管出血性大腸菌感染症
アメ−バ赤痢
エキノコックス症
黄熱
オウム病
回帰熱
ウイルス性肝炎(急性肝炎)
Q熱
狂犬病
クリプトスポリジウム症
クロイツフェルト・ヤコブ病
劇症型溶血性レンサ球菌感染症
後天性免疫不全症候群
四 コクシジオイデス症
ジアルジア症
類 腎症候性出血熱
髄膜炎菌性髄膜炎
全 先天性風疹症候群
数 炭疽
届 ツツガムシ病
出 デング熱
日本紅斑熱
日本脳炎
乳児ボツリヌス症
梅毒
破傷風
バンコマイシン耐性腸球菌感染症
ハンタウイルス肺症候群
Bウイルス病
ブルセラ症
発疹チフス
マラリア
ライム病
レジオネラ症
東京都分(報告週)
50週 51週 52週 1週
1
︶
2
4
1
1
東京都分の集計は、医師からの追加届出により増加することがあります(2001/01/12集計)
2
定点報告疾病集計表(男女別)
疾病名
インフルエンザ
咽頭結膜熱
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎
感染性胃腸炎
水痘
手足口病
伝染性紅斑
突発性発疹
百日咳
風疹
ヘルパンギーナ
麻疹(成人以外)
流行性耳下腺炎
不明発疹症
MCLS
急性出血性結膜炎
流行性角結膜炎
急性脳炎(日本脳炎を除く)
細菌性髄膜炎
無菌性髄膜炎
マイコプラズマ肺炎
クラミジア肺炎(オウム病は除く)
成人麻疹
性
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
男
女
50
21
22
5
5
32
20
778
750
92
107
30
27
19
32
38
34
1
2
5
4
3
84
91
1
3
2000年∼2001年 週
51
52
20
24
19
17
5
3
3
6
19
34
23
33
901
791
943
762
102
88
92
99
17
14
16
13
35
35
30
20
35
27
34
25
1
2
2
2
2
4
9
2
5
80
68
6
4
4
3
5
3
86
86
1
2
累計
1
14
7
11
4
12
8
215
227
72
82
1
1
10
12
11
13
1
6
1
58
35
2
2
1
14
14
2
8
21
16
1
7
5
2 1
1
1
1
1
44
43
1
1
1
1
13
13
17
12
308
280
10
11
1
1
1
1
79
65
24
18
97
84
2685
2682
354
380
62
57
99
94
111
106
2
6
4
2
1
3
1
2
2
「累計」欄は、当週を含む過去4週分の合計を示したものです。空欄は、報告がなかったことを示しています。
3
年齢階級別累計表(2001年 1週)
インフル 咽頭
A群溶血性
エンザ
レンサ球菌咽頭炎 胃腸炎
結膜熱
∼6ヶ月
感染性
1
∼1歳
伝染性
水痘
10
2
手足口病 紅斑
ヘルパン
発疹
百日咳
5
風疹
ギーナ
麻疹
流行性
急性出血 流行性
2
1
3
53
14
1
1
47
19
1
6
2
45
35
4
10
3
35
30
2
24
3
27
20
3
20
31
9
4
20
1
9歳
10∼14歳
3
3
2歳
1
2
3歳
1
3
4歳
2
5歳
6歳
1
7歳
2
8歳
2
15∼19歳
1
20∼29歳
2
30∼39歳
3
40∼49歳
2
50∼59歳
1
1
2
13
1
MCLS
1
1
9
1
4
1
1
5
1
13
10
3
1
5
12
3
1
4
1
15
1
1
2
1
1
26
3
1
3
1
18
1
不明
(成人以外) 耳下腺炎 性結膜炎 角結膜炎 発疹症
20
1歳
1
突発性
3
83
2
1
1
1
4
3
4
1
60∼69歳
1
70∼79歳
1
80歳以上
合計
21
15
20
442
154
2
22
24
0
0
1
7
93
0
12
4
0
先週比
-20
6
-47
-1111
-33
-25
-33
-28
-3
-2
-6
-1
-79
-1
-25
1
0
注:小児科定点把握対照の疾病のうち、「20∼29歳」は「20歳以上」と読み替える。
眼科疾患のうち、「70∼79歳」は「70歳以上」と読み替える。
4
保健所別累計表 (2001年 1週)
インフル 咽頭
エンザ 結膜熱
中央
日本橋
世田谷
渋谷区
池袋
長崎
荒川
足立
千住
葛飾
江戸川
小岩
台東
目黒区
大田区
杉並
北区
板橋区
みなと
中野区
新宿区
品川区
千代田
練馬区
文京
向島
江東区
A群溶血性
レンサ球菌咽頭炎
感染性
胃腸炎
伝染性 突発性
ヘルパン 麻疹
流行性 急性出血 流行性
不明
水痘 手足口病 紅斑
発疹 百日咳 風疹 ギーナ (成人以外) 耳下腺炎 性結膜炎 角結膜炎 発疹症 MCLS
1
3
1
5
3
1
1
1
1
1
1
5
1
3
1
1
5
1
46
10
2
3
1
24
10
2
17
21
5
8
4
31
5
6
5
13
7
2
3
30
30
20
7
3
3
20
8
合計
2
2
5
2
1
2
1
3
1
5
6
1
5
2
6
15
5
3
5
2
2
7
7
3
3
1
2
1
1
1
1
1
4
3
1
2
1
3
1
1
1
1
13
1
5
2
3
10
7
5
1
1
1
1
5
3
10
70
13
8
10
1
39
38
33
9
12
4
59
9
16
12
9
64
53
35
8
10
6
23
24
保健所別累計表 (2001年 1週)
インフル 咽頭
エンザ 結膜熱
A群溶血性
レンサ球菌咽頭炎
感染性
胃腸炎
八王子
町田
2
島しょ
3
3
18
3
6
1
5
1
30
1
秋川
3
南多摩
1
多摩立川
1
村山大和
7
11
16
9
28
2
11
9
3
24
14
1
2
17
1
1
府中小金井
狛江調布
6
三鷹武蔵野
2
多摩小平
1
1
5
1
2
3
4
1
5
4
10
2
10
6
21
1
37
7
9
多摩東村山
定点当り報告数
合計
1
多摩川
東京都合計
伝染性 突発性
ヘルパン 麻疹
流行性 急性出血 流行性
不明
水痘 手足口病 紅斑
発疹 百日咳 風疹 ギーナ (成人以外) 耳下腺炎 性結膜炎 角結膜炎 発疹症 MCLS
2
1
2
1
38
3
5
1
17
2
16
1
19
1
20
21
15
20
442
154
2
22
24
-
-
1
7
93
-
12
4
-
817
0.12
0.11
0.14
3.11
1.08
0.01
0.15
0.17
-
-
0.01
0.05
0.65
-
0.86
0.03
-
5.75
6
疾病別グラフ
インフルエンザ
40.0
人/定点
咽頭結膜熱
0.30
全国
前年
当年
30.0
0.20
20.0
0.10
10.0
0.0
0.00
1
6
11 16
21 26
31 36
41 46
51
1
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎
2.00
6
11 16 21
26
31
36 41 46
51
36
51
感染性胃腸炎
15.0
1.50
10.0
1.00
5.0
0.50
0.00
0.0
1
6
11
16
21
26
31
36
41
46
51
1
水 痘
4.00
6
11
16 21
26
31
41
46
手足口病
5.00
4.00
3.00
3.00
2.00
2.00
1.00
1.00
0.00
0.00
1
6
11
16 21 26
31 36 41
46 51
1
7
6
11
16 21 26
31 36 41
46 51
伝染性紅斑
0.60
突発性発疹
1.20
1.00
0.80
0.40
0.60
0.20
0.40
0.20
0.00
0.00
1
6
11
16 21
26
31
36
41
46
51
1
百日咳
0.05
6
11
16
26
31
36
41 46
51
31
36
41
46
51
31 36
41
46
51
風 疹
0.20
0.04
21
0.15
0.03
0.10
0.02
0.05
0.01
0.00
0.00
1
6
11
16
21
26
31
36 41
46
1
51
ヘルパンギーナ
8.00
0.30
4.00
0.20
2.00
0.10
0.00
0.00
6
11 16
21
26
11 16
31
36
41
46
1
51
8
21
26
麻 疹
0.40
6.00
1
6
6
11
16
21 26
流行性耳下腺炎
1.60
1.20
0.12
0.80
0.08
0.40
0.04
0.00
0.00
1
6
11
16
21 26
31 36
41
46
51
1
流行性角結膜炎
4.00
急性出血性結膜炎
0.16
6
11
16
21
26
31
36 41
46
51
41 46
51
不明発疹症
0.25
3.50
0.20
3.00
2.50
0.15
2.00
0.10
1.50
1.00
0.05
0.50
0.00
0.00
1
6
11 16
21
26 31
36
41
46
1
51
6
11
16
21
26
31
36
MCLS
0.04
疾病別の定点医療機関数
0.03
疾 病
医療機関数
インフルエンザ
178
急性出血性結膜炎
流行性角結膜炎
0.02
14
急性脳炎
細菌性髄膜炎
0.01
無菌性髄膜炎
マイコプラズマ肺炎
25
クラミジア肺炎
0.00
1
6
11
16
21 26
31 36
41
46
成人麻疹
51
上記を除く疾病
9
142
急性脳炎(日本脳炎を除く)
0.20
0.15
0.15
0.10
0.10
0.05
0.05
0.00
0.00
1
6
11
16
21 26
31 36
41
46
1
51
無菌性髄膜炎
0.50
0.20
0.30
0.15
0.20
0.10
0.10
0.05
0.00
0.00
6
11 16
21
26
31
36
41
46
11
16
21 26
31 36
41
46
51
36
41
46
51
36
41
46
51
マイコプラズマ肺炎
1
51
クラミジア肺炎(オウム病を除く)
0.20
6
0.25
0.40
1
細菌性髄膜炎
0.20
6
11 16
21
26 31
成人麻疹
1.00
0.80
0.15
0.60
0.10
0.40
0.05
0.20
0.00
0.00
1
6
11 16
21
26
31
36
41
46
51
1
10
6
11 16
21
26 31
発生動向総覧(月報告分)
2000年12月分
(性 感 染 症 )
性器ヘルペスと尖形コンジロームの報告が多少増えているが、他の性感染症の報告数は減少している。
(基 幹 定 点 疾 病 )
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症とペニシリン耐性肺炎球菌感染症の報告は前年同期に近づいたが
薬剤耐性緑膿菌感染症の報告は前年と比べて少ない。
11
STI保健所別累計表(12月)
男
保健所名
中央
日本橋
小石川
向島
城東
深川
渋谷区
池袋
荒川
足立
台東
大田区
北区
板橋区
みなと
中野区
新宿区
品川区
八王子
町田
多摩立川
三鷹武蔵野
総計
定点当り
定点数トリコモナス 梅毒様疾患
1
1
1
1
1
1
4
3
1
1
5
3
1
2
1
1
5
1
3
1
2
1
41
性 器
クラミジア
2
3
3
2
25
7
20
5
1
性 器
尖 圭
淋病様疾患
ヘルペス コンジローム
1
3
11
5
5
1
5
1
1
2
総 計
2
2
6
1
3
18
5
2
7
5
59
13
32
2
1
8
3
2
1
1
8
6
14
1
1
0.00
2
3
0.07
2
7
106
2.59
9
2
5
3
40
0.98
2
8
7
16
1
2
26
0.63
11
4
74
1.80
27
8
43
1
14
18
249
6.07
女
保健所名
中央
日本橋
小石川
向島
城東
深川
渋谷区
池袋
荒川
足立
台東
大田区
北区
板橋区
みなと
中野区
新宿区
品川区
八王子
町田
多摩立川
三鷹武蔵野
総計
定点当り
定点数トリコモナス 梅毒様疾患
1
1
1
1
1
1
4
3
1
1
5
3
1
2
1
1
5
1
3
1
2
1
41
性 器
クラミジア
1
性 器
尖 圭
淋病様疾患
ヘルペス コンジローム
1
1
3
1
4
1
1
2
28
2
27
1
3
2
72
3
1
1
1
3
1
24
9
12
6
54
1
1
1
4
52
1.27
1
1
1
3
0.07
9
1
6
3
96
2.34
12
2
3
20
0.49
1
3
1
2
21
4
2
13
3
1
2
総 計
12
1
2
20
0.49
1
1
13
0.32
13
3
13
10
204
4.98
STI保健所別定点当り累計表(12月)
男
保健所名 定点数 トリコモナス 梅毒様疾患
中央
日本橋
小石川
向島
城東
深川
渋谷区
池袋
荒川
足立
台東
大田区
北区
板橋区
みなと
中野区
新宿区
品川区
八王子
町田
多摩立川
三鷹武蔵野
1
1
1
1
1
1
4
3
1
1
5
3
1
2
1
1
5
1
3
1
2
1
性 器
クラミジア
2.00
3.00
3.00
2.00
25.00
1.75
6.67
5.00
0.20
性 器
ヘルペス
1.00
11.00
1.67
5.00
0.25
1.67
1.00
0.20
0.67
1.00
3.00
18.00
1.25
0.67
2.00
0.20
1.00
8.00
6.00
2.80
1.00
0.20
1.00
7.00
2.00
保健所名 定点数 トリコモナス 梅毒様疾患
1
1
1
1
1
1
4
3
1
1
5
3
1
2
1
1
5
1
3
1
2
1
2.00
3.00
9.00
2.00
1.00
3.00
女
中央
日本橋
小石川
向島
城東
深川
渋谷区
池袋
荒川
足立
台東
大田区
北区
板橋区
みなと
中野区
新宿区
品川区
八王子
町田
多摩立川
三鷹武蔵野
尖 圭
コンジロー 淋病様疾患
ム
性 器
クラミジア
1.00
性 器
ヘルペス
2.00
8.00
1.40
3.20
0.50
2.00
5.50
4.00
尖 圭
コンジロー 淋病様疾患
ム
1.00
3.00
1.00
0.50
4.33
3.00
1.33
1.00
0.33
0.67
5.60
0.67
5.40
0.33
0.60
0.40
1.00
1.00
0.20
4.80
1.80
2.40
0.33
1.00
0.50
4.00
0.33
0.50
1.00
3.00
1.00
3.00
3.00
0.33
2.40
0.40
0.67
1.50
13
1.00
0.50
2.00
1.20
1.00
0.50
STI年齢階級別累計表(12月)
男
トリコモナス 梅毒様疾患
0歳
1∼4歳
5∼9歳
10∼14歳
15∼19歳
20∼24歳
25∼29歳
30∼34歳
35∼39歳
40∼44歳
45∼49歳
50∼54歳
55∼59歳
60∼64歳
65∼69歳
70∼歳
合計
先月数
増減数
性 器
クラミジア
4
25
23
12
19
10
7
5
1
1
1
1
0
0
0
3
6
-3
106
106
0
性 器
ヘルペス
1
4
7
5
6
4
5
2
3
1
1
1
40
29
11
尖 形
コンジローム
淋病様疾患
2
10
5
2
5
1
1
2
14
25
12
7
5
5
3
1
26
28
-2
74
81
-7
女
トリコモナス 梅毒様疾患
0歳
1∼4歳
5∼9歳
10∼14歳
15∼19歳
20∼24歳
25∼29歳
30∼34歳
35∼39歳
40∼44歳
45∼49歳
50∼54歳
55∼59歳
60∼64歳
65∼69歳
70∼歳
合計
先月数
増減数
1
3
4
2
3
1
3
1
1
1
20
29
-9
性 器
クラミジア
性 器
ヘルペス
1
20
26
23
10
8
6
2
1
1
9
14
13
7
2
1
3
3
2
1
96
115
-19
2
52
54
-2
1
1
14
尖 形
コンジローム
淋病様疾患
4
6
7
1
2
1
6
4
2
20
16
4
13
24
-11
2次医療圏別累計表 (平成12年12月) 総計 患者報告数
性 器
クラミジア
44
3
9
2
44
33
8
33
トリコモナス 梅毒様疾患
区中央部
区南部
区西南部
区西部
区西北部
区東北部
区東部
西多摩
南多摩
北多摩西部
北多摩南部
北多摩北部
島しょ
計
12
2
1
2
3
20
性 器
尖 形
淋病様疾患
ヘルペス コンジローム
39
5
14
3
1
5
16
19
22
9
6
5
2
2
13
8
22
総 計
114
6
15
105
54
12
76
1
3
10
8
10
2
1
7
1
2
4
1
12
4
16
27
28
6
202
92
46
87
453
2次医療圏別累計表 (平成12年12月) 総計 定点当たり発生数
トリコモナス 梅毒様疾患
区中央部
区南部
区西南部
区西部
区西北部
区東北部
区東部
西多摩
南多摩
北多摩西部
北多摩南部
北多摩北部
島しょ
計
1.33
0.33
0.17
0.50
1.50
0.49
0.33
性 器
クラミジア
4.89
0.75
2.25
7.33
5.50
4.00
11.00
性 器
尖 形
淋病様疾患
ヘルペス コンジローム
4.33
0.56
1.56
0.75
0.25
1.25
2.67
3.17
3.67
1.50
1.00
0.83
1.00
1.00
4.33
2.67
7.33
0.50
3.00
2.50
4.00
10.00
0.50
0.50
7.00
0.25
1.00
4.00
0.25
6.00
4.00
0.15
4.93
2.24
1.12
2.12
15
定点数
9
4
4
6
6
2
3
0
4
2
1
0
0
41
疾病別グラフ
性器クラミジア
8.00
人/定点
性器ヘルペス
3.00
2.50
6.00
2.00
4.00
1.50
1.00
全国
前年
当年
2.00
0.50
0.00
0.00
1
2
3
4
5
6
7
8
1
9 10 11 12
尖形コンジローム
1.60
2
3
4
6
7
8
9 10 11 12
8
9 10 11 12
8
9 10 11 12
淋病様疾患
3.50
1.40
5
3.00
1.20
2.50
1.00
2.00
0.80
1.50
0.60
1.00
0.40
0.20
0.50
0.00
0.00
1
2
3
4
5
6
7
8
9 10 11 12
1
トリコモナス
1.00
2
3
4
5
6
7
梅毒様疾患
0.40
0.35
0.80
0.30
0.25
0.60
0.20
0.40
0.15
0.10
0.20
0.05
0.00
0.00
1
2
3
4
5
6
7
8
9 10 11 12
1
16
2
3
4
5
6
7
基幹定点報告疾患集計 平成12年1月−11月
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
メチシリン耐性
黄色ブドウ球菌感染症
131
116
119
104
92
138
133
147
118
118
112
117
ペニシリン耐性
肺炎球菌感染症
56
33
27
19
16
36
30
28
23
18
22
30
薬剤耐性緑膿菌感染症
9
6
7
4
6
14
7
5
9
9
5
4
人/定点
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症
8.0
10月 11月 12月
ペニシリン耐性肺炎球菌感染症
4.0
前年
当年
6.0
3.0
全国
4.0
2.0
2.0
1.0
0.0
0.0
1
2
3
4
5
6
7
8
1
9 10 11 12
2
3
4
5
6
7
8
9
10 11 12
薬剤耐性緑膿菌感染症
2.0
疾病別の定点医療機関数
疾 病
医療機関数
梅毒
1.5
淋菌様疾患
性器クラミジア
1.0
性器ヘルペス
41
尖圭コンジローム
0.5
トリコモナス
メチシリン耐性
黄色ブドウ球菌感染症
0.0
ペニシリン耐性
肺炎球菌感染症
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10 11 12
薬剤耐性緑膿菌感染症
17
25
≪感染症豆知識≫
多剤耐性結核
東京都医師会感染症予防検討委員会
多剤耐性結核菌(以下MDR)は、昨年7月の結核緊急事態宣言にも取り上
げられたように、世界中で大きな問題を引き起こし、注目を集めています。
1980年代後半、AIDS患者中心に起こったMDR院内集団感染事件は、
90%以上の死亡率を示し、全米をパニックに陥れました。日本でもこの菌に
よる病院職員の集団感染事件が発生し、1997年に大きく報道されたのは、
記憶に新しいでしょう。日本の患者数は、2000人程度と推定されています
が、若年者のほとんどが、結核未感染者なので、この菌による集団感染事件は
いつ発生しても不思議ではありません。
そもそも、MDRとは、抗結核薬のうち、序列№1のヒドラジッドと№2の
リファンピシンの両剤耐性菌のことを呼びます。多くの研究により、治療に反
応しない慢性持続排菌者のほとんど全てが、MDRを排菌していることがわか
っています。近年、薬剤耐性遺伝子の塩基配列の解明が急ピッチに進み、耐性
菌は塩基配列のミスコピー(=突然変異)によることが明らかとなりました。
この耐性菌の増殖を助けるのは、①医師の不適切な処方、②患者の不充分な服
薬と服薬中断です。このため、MDRは Man ‐ made disease と呼ばれてい
ます。近年、MDRの予防を目的にDOT(医療関係者の監視下の服薬)の導
入が、世界的な潮流となっています。
MDRの治療は、未使用抗結核薬を3∼4剤使用し、肺機能が許せば外科療
法を併用します。肺葉切除だけでなく、胸郭形成術や、空洞切開術といった特
殊な手技を駆使するので、治療可能な病院は日本でも限られています。
(文責:尾形英雄)
18