平成 21 年度築理会総会・懇親会のご案内 築理会をきっかけに仲間の輪

築 理 会 報 2009 春 号 2009 年 04 月 発 行 Vol.43
東京理科大学工学部Ⅰ・Ⅱ部建築学科築理会事務局
築理会をきっかけに仲間の輪を広げる
5 月 23 日(土)に平成 21 年度の築理会総会・懇親会
が開催される。今年度のテーマは「築理会をきっかけに、
仲間の輪を広げ母校の発展に寄与しよう」となった。なぜ、
このテーマになったのか? 最近の築理会の動きと合わ
せて簡単に紹介しよう。
会報の 7 ページで紹介するように、今年は 1 月 20 日
に神楽坂の理窓会館で第一回の築理会新年会が開催され
た。慌しい案内だったにもかかわらず、Ⅰ部、Ⅱ部を合
わせて 70 人を超える同窓が参加する大盛況だった。また、
2 月 27 日には、築理会が毎年、卒業設計の優秀者に贈る
「築理会賞」が新たな一歩を踏み出した。2 ページから 4 ペー
ジの特集で詳細にルポしているが、学生たちを前にした
公開審査で、理科大建築学科 OB の審査員が議論を交わ
し、「築理会賞」を選び上げた。築理会賞が決定するまで
の臨場感を特集記事で味わっていただきたい。
これを補足する学内の動きとして、建築学科助教の栢
木まどかさんに「最近の設計製図科目の新しい試み」と
して、学内の様子を報告してもらった(4 ページからの
記事参照)。社会構造の変化や建築士法の改正に対応して、
母校が大きく変わろうとしているリアルな空気が伝わる
のではないか。
これら数々の築理会の活動を支える「運営安定化委員
会」の活動についての報告も掲載した。同委員会の委員
長である乙丸勝範さんは「ズバリ資金集めの算段をする
委員会なのです」と一言。目前に迫った総会・懇親会のテー
マは、こういった流れと歩調を合わせ、さらに盛り上げ
ようという決意表明と位置付けられるだろう。
(築理会報編集委員会)
左から大盛況だった 1 月 20 日の新年会の様子、学生たちが見守るなかで行われた築理会賞決定の瞬間、2 年生から 4 年生までが参加した合同講評会の模様
平成 21 年度築理会総会・懇親会のご案内
工学部建築学科卒 OB の皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 さて今年は風薫る 5 月に平成21 年度の築理会総会・懇親会を開催することとなりました。
本年度は「築理会をきっかけに、仲間の輪を広げ母校の発展に寄与しよう」をテーマに下記要領にて開催
いたします。
昨年同様是非多数の皆様にご参加いただき、旧交を温めていただきたくご案内申し上げます。
記
1.日時 平成 21 年 5 月 23 日(土)
総 会 ; 午後 3:00 ∼午後 3:15
講演会 ; 午後 3:20 ∼午後 4:00
懇親会 ; 午後 4:00 ∼午後 6:30
築理会会費納入の有無にかかわらず
どなたでも参加できます。
2.会場 神楽坂校舎 1 号館 17F 会議室、講堂
3.会費 一人¥6,000(当日)
但し前納される方は割引料金¥5,000 といたします。
(前納期間は 5 月 10 日まで)
(振込み先: 郵便振込「築理会」宛
口座番号 00110-5-171952)
4.催物概要 ・講演会「国際社会に於ける文化遺産の保存」
∼世界遺産条約の仕事を中心に∼
筑波大学大学院総合科学科研究科 教授 稲葉信子先生(Ⅰ部 53 年卒)
・東京理科大卒バンドのフォークソングライブ MASH☆LIQUOR
・築理会員の活動展示ブース
「木」によるもの造りとふれあいをテーマとした活動 稲垣雅子さん
築理会員著作による本の紹介と販売 (展示ご希望の方は御連絡下さい)
5.参加申込
出席希望の方は下記事務局宛に「氏名・卒年・連絡先」
をメールまたは FAX にてご連絡ください。
築理会事務局(( 株 ) 三誠内 三輪富成)
e-mail:[email protected]:03-5641-7616
http://www.chikurikai.org
1
Special Report
卒業制作合評会ライブルポ
築理会賞決定の瞬間
築理会が毎年、卒業設計の優秀者に贈る「築理
條美枝氏(RING ARCHITECTS)、そして石橋氏
会賞」が新たな一歩を踏み出した。
の順番に 3 票ずつ投じていった。12 作品のうち、
今年 2 月 27 日に行われた「平成 20 年度(2008
票が入ったのは計 6 作品。なかでも城市滋君の「邂
年度)卒業制作合評会」。卒業制作・全 41 作品か
逅」(めぐりあいという意)と米倉夏さんの「少
ら専任教員の採点によって選ばれた優秀作 12 点
女たちの丘」がそれぞれ 4 票を獲得し、頭一つぬ
の提出者が、自らの作品を発表する場だ。持ち時
きんでた。
間は 5 分。発表終了後、ゲストとして招かれた本
前者は正方形のプランをスーパーストラク
学科 OB のクリティークが代わる代わる講評を述
チャーで構成。内部の大きな空間を、幅が不規則
べる。全学生の発表終了後、日本建築学会や東京
に変化する幾筋もの壁で仕切って、銀座の裏通り
都などが主催する卒業制作展への出品作を担当教
のような状況をつくりだした。「スーパーストラ
員が選ぶ段取りだ。
クチャーを取り入れる必要はないが、可能性を感
このプロセスに加わったのが、OB ゲストクリ
じさせる作品」といった見方で推薦者の評価が一
ティークによる築理会賞の選定。設計製図の非常
致した。「伊東豊雄
勤講師 4 人と、昨年まで同講師だった 1 人の計 5
氏によるせんだい
人がクリティークとして
メディアテークの
参加。多くの学生が見守
考えを奥行き方向
るなか、築理会賞の選定
に展開したプラン」
に向けて激論を交わした。 (松川氏)との声も
前半の合評会には、石神
聞かれた。
一 郎・ 築 理 会 長 の ほ か、
一 方、 米 倉 さ ん
マスコミの立場として日経ホームビルダーの安達
の「少女たちの丘」は、女子学生寮についての案
功編集長(築理会報編集長)と筆者である日経アー
だ。規則的に個室を配したグリッド状の RC 造の
キテクチュアの森清(同会報編集委員)も参加。 構造体がベースとなっている。特徴はそれぞれの
後半の築理会賞選定を見守った。
個室の上部を波打つスラブで覆ったことだ。個室
選定に当たっては、最もベテランの石橋利彦氏
の高さが部屋ごとに変化し、上部に丘のようなス
(石橋徳川建築設計所)が委員長として進行役を
ペースが生まれる。この空間を共通の場とし、気
務めた。まずは 5 人のクリティークが、自分が推
分に応じて個室と上部空間を使い分けることがで
す作品を 3 作ずつ挙げることから始めた。松川昌
きる。プランに添えたパースがそのコンセプトを
平氏(000 studio)、菊地宏氏(菊地宏建築設計
見事に言いえた。
事務所)、佐藤勉氏(佐藤勉建築設計事務所)、上
米倉さんの作品に対しては、「部分の足し算にと
2
どまらない案。恐ろしい可能性を秘めている」
(松
川氏)、「学生でなければ考えつかないものを提案
しえている」(上條氏)と、その可能性を評価す
るコメントが相次いだ。菊地氏からは「外部への
出品作として考えた場合、 特攻隊 のように一
か八かの可能性を持っている」という意見も出た。
そのほか、大畑典子さんの「街の中のこども
ミュージアム」、「空中楼閣」と呼ぶ金尚婕さんの
作品、小林啓明君の「名前のない場所へ続く道」
がそれぞれ 2 票で続いた。中国から日本に来た金
さんは故郷・上海に見られた住宅の形式、三合院
を現代風にアレンジ。たて方向に積み上げて新た
な集合住宅の形を提案した。他大学の土木学科か
ら編入した小林君が考えたのは川の上に設けられ
た橋のような広場。「構造体が川の上のオープン
さを妨げている」(上條
氏)という指摘もあっ
たが、本人は「土木構
造物のダイナミックさ
にこだわった」という。
票が入ったそれぞれ
右から松川、菊地、佐藤の各氏
の案について推した理
由、さらに票が多かっ
た案に対しては「なぜ
票を投じなかったか」
の説明もしてもらった
うえで、2 次投票に入っ
た。最初と同じ順番で、
1 票ずつ入れていった結果、米倉さんに 3 票、金
さんと城市君にそれぞれ 1 票が投じられた。
金さんを推した松川氏は「金さんの案の方が社
会にインパクトを与えるものになる可能性が高い
と読み取った」とコメント、城市君に投じた石橋
氏は「一部を変更すればさらに良くなる案」と話
した。米倉さんに対しては「夢を与えてくれる案
として築理会賞にふさわしい作品」(佐藤氏)と
いった決定的な声が上がった。
「やさしい文章で難しい内容を表現するのが好ま
しい。こうした視点に立てば、米倉さんの作品は
評価に値する」と石橋氏。松川氏も「米倉さんを
選ぶのに異存なし」として、全員納得のうえで、
米倉さんの作品を築理会賞とすることに決定し
上條氏
委員長を務めた石橋氏
3
た。
若手建築家として周囲も注目する松川氏と菊地氏。学生への指導経験も
豊富な佐藤氏と上條氏、石橋氏。幅広い世代による築理会賞の選定は見ご
たえ十分。これだけの OB が真剣に話し合う姿に、残念ながら涙をのんだ
学生も納得してくれているだろう。米倉さんおめでとう。
● 12 人の発表者 注)番号は発表順で、前ページの表と対応
最近の設計製図科目の新しい試み
建築学科助教 栢木まどか(Ⅰ部 1999 年卒)
第一部建築学科では一昨年度より、社会構造の変化、
また建築士法改正に対応した新しい建築教育プログラ
ムの開発を目指しています。設計製図科目では新たな
講師陣を迎え、新規の課題に取り組むとともに、合同
講評会の開催など、全体を盛り上げる試みがなされて
きました。今回、2008 年度の設計製図科目におけるそ
のような試みについて、簡単にではありますが授業を
担当してきました第一部門助教の立場から幾つかご紹
介します。
学生にとって初めての設計製図授業となる、2年生
前期「設計製図2」では、石橋利彦先生(石橋徳川建
築設計所)、上條美枝先生(RING ARCHITECTS)の
理科大建築学科の先輩を中心としたベテランの先生方
により、日本橋人形町を敷地として「居心地のよい場所」
から「暮らしをデザインする」、「日本橋人形町に住む
- 現代都市住宅 -」と段階を踏んだ三つの課題に取り
組みました。ひとつの敷地に継続して取り組み、課題
4
をレベルアップして行くことで、表面的なものに終わ
らず、しっかり課題と取り組む姿勢が培われたと思い
ます。
4年生前期の「設計製図5」は、卒業制作を見据え
た準備段階として、与えられた課題をこなすのでは
なく、自らが課題を見つけ、また設計手法の幅を広
げることを目標としています。建築学科若手 OB であ
り第一線で活躍中の菊地宏先生(菊地宏建築設計事務
所)、松川昌平先生(000studio)を講師として迎え、
菊地先生のスタジオでは、「Geography, Geology &
Geometry」というテーマで敷地を戦略的に読み取る
訓練を、松川先生のスタジオでは、プログラミングソ
フト processing を用いて、設計プロセスにコンピュー
ター・プログラミングを積極的に導入する方法論を学
びました。昨年度の卒業制作では、前期に行ったこの
授業での設計から発展させた作品も多く見られ、大い
に成果が認められたと言えるでしょう。
前期の講評会は、初めて2年生から4年生までの3
学年合同で開催されましたが、大勢の学生・ゲストの
前でプレゼンテーションを行うこと、また特に上の学
年の発表を見ることは、学生たちにとって大きな刺激
となったようでした。プログラムを実際に動かしてみ
せた4年生・松川スタジオのプレゼンテーションには
2・3年生の目も釘付けとなっており、設計手法の広
がりを実感したと思います。
3年後期の選択科目である「設計製図4」では、宇
野教授、中島助教担当のもと、山代悟先生(ビルディ
ングランドスケープ)、日高仁先生(SLOWMEDIA)、
杉木利弘先生(NTT 都市開発株式会社)、菊地宏先生
を講師に迎え、「日本橋:まちの可能性をプレゼンテー
ションする」というテーマのもと、ビルディングタイ
プスタジオ(杉木+菊地)、プロトタイピングスタジオ
(山代+日高)の2班に分かれ、それぞれの方法で日本
橋という敷地に取り組みました。
ビルディングタイプスタジオでは、綿密なリサーチ
のもと、実在する建築のリノベーション設計を行いま
した。各グループでリサーチに基づいた課題を設定し、
地域に必要と思われるプログラムを実現するための計
画を立案し、図面表現としても高度な設計を完成させ
ました。
プロトタイピングスタジオでは、「建築都市の再生」
をめざした都市デザインのインスタレーションを、学
生主導で計画、実行し、大きな評価を得ました。昨
年 12 月 27 日 に 実 施 さ れ た イ ン ス タ レ ー シ ョ ン は
「CANDLE NiGHT」と題され、浅草橋駅近くの神田川
沿い、浅草橋と柳橋の間・中央区側の岸におよそ 400
本のキャンドルを灯すものでした。古くからの船宿も
多く残る伝統的な地域である柳橋周辺で、その地域の
魅力を多くの人に知ってもらいたい、というこの催し
の実施にあたり、学生達は日本橋の各町会、商店会、
神社、日本橋消防署、久松警察署、中央区土木部など
と交渉を重ね、倒れても燃え広がらないロウソクのス
タンド制作に工夫を凝らし許可を得るなど、地域や役
所と協議してプロジェクトを進めるプロセスを体験し、
空間を構想して実際に造り上げる方法を学びました。
冬の夜を暖かく照らすキャンドルが川沿いに並ぶ美
しい光景は、地元の方々にも高く評価をいただいてい
ます。また当日は、中央区長、中央区副区長、日本橋
消防署長、薬研掘不動院商店会会長、地域商業団体会長、
区議、都議ほか多くの方が、見学に訪れました。
地元の船宿のホームページなどでも、その様子が紹
介されています(船宿小松屋さんの HP)
http://www.yakatabune-konjaku.com/page/new/
学生たちによる CANDLE NiGHT プロジェクト用 blog
http://ameblo.jp/tus-andon/
カリキュラム変更に伴い今年度より「設計製図4」
は「第一部門設計及び演習」に吸収されるかたちで選
択必修科目となります。昨年度と同様の内容で進めら
れるか、未定の部分もありますが、引き続き、都市空
間の見直し、都市再生へのきっかけとなるこうしたデ
ザインワークショップを検討していきたいと考えてい
ます。
設計製図科目の流れや担当の非常勤講師の先生方は
建築学科ホームページ>カリキュラム>設計製図の
ページでご覧いただけます。
http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/kougaku1/archi/curriculum3.html
5
「運営安定化委員会」の設置!!
委員長 乙丸 勝範(Ⅰ部 1971 年卒)
読者の皆様は、何の為の委員会かな? と思われ
るかもしれませんね。
ズバリ築理会の運営・活動を安定的にかつ継続
的に続けていくための委員会なのです。
では何をするの? と思われるでしょう。これも
ズバリ 資金集めの算段をする委員会なのです。
ご存知の通り、築理会はⅠ・Ⅱ部工学部建築学
科の卒業生をもって構成されています。
その活動経費の大部分を会費の収入で賄ってい
ます。会報の広告収入が若干ありますが・・・
ところで、会費の納入状況がどうなっているか
皆さんご存知でしょうか? 参考までに別表をご覧
ください。何と 10%にも満たない納入率なのです。
さらに終身会員(卒業後 30 年経過した卒業生の
み加入資格あり)を除けば 5%程度の納入率なの
です。
築理会は、現役学生との交流を深めるための「り
ぼん」製作の支援・築理会賞の授与、春秋の会報
発行、会員相互の親睦向上等を主な活動としてい
ます。去る平成8年 12 月の幹事会で「これらの
活動を安定的に・さらに強力に推し進めるために
も会費納入率の向上を計る必要がある。」との結
論に達し、当委員会が設立されました。
会費納入は、強制されるものではなくあくまで
もご本人の自由意志によるものですが、この状況
をご理解いただきご協力の程よろしくお願いしま
す。ちなみに年会費は、3500 円(たばこ 2 週間
分程度)となっています。
申し遅れましたが、私は、当委員会の委員長を
命じられましたⅠ部 6 期の乙丸勝範と申します。
小生にとってはかなり重たい仕事になりますが、
精一杯頑張りますのでよろしくお願いします。
6
なお、今後次のような活動を予定していますの
でご協力の程お願いします。
1. 会費納入について(お願い)・・・・・
平成 9 年春の築理会報の別刷り
2. 終身会員加入の依頼・・・・・・・・・
1 ∼ 14 期卒業生
3. 主要会社卒業生への依頼・・・・・・・
������������
������
���
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
����
��
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
���
�
�
�
�
�
�
�
�
�
�
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
��
�� �� �����
�� ��
� � ����
�� ��
� � ����
�� ��
� � ����
�� ��
� � ����
��� ��
� � ����
�� ��
� � ����
�� ��
� � ����
��
�
� � ����
��
�
� � ���
��
�
� � ����
��
�
� � ����
��
�
� � ����
��
�
� � ����
��
�� � ����
��
� � ���
��
�� � ����
���
� � ���
��
� � ���
��
� � ����
��
� � ���
��
� � ���
��
� � ����
��
� � ���
��
� � ���
��
� � ���
��
� � ���
��
� � ���
���
� � ���
���
� � ���
��
� � ���
���
� � ���
���
� � ���
��
� � ���
���
� � ���
��
� � ���
��
� � ���
��
� � ���
���
� � ���
���
� � ���
���
� � ���
���
� � ���
��
� � ���
��
� � ���
�����
� � ����
� � ����
� � ����
� � ����
� � ����
� � ����
� � ����
� � ����
� � ����
�� � ����
� � ����
� � ����
� � ����
�� � ����
� � ����
�� � ����
� � ���
� � ���
� � ����
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� ���
���� ��� ��� � ��� ��� � ���
��
� �� ����� �����
�����
��
�����
��
� ��
� ��
� ��
� ��
� ��
� ��
� ��
� ��
� ��
�� ��
�� ��
�� ��
�� ���
�� ��
�� ��
�� ��
�� ��
�� ��
�� ��
�� ��
�� ��
�� ��
�� ��
�� ��
�� ��
�� ��
�� ��
�� ��
�� ��
� � ����
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ����
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� � ���
� ���
����
�� � ���
�� � ���
はみだしチクリ 有楽町 丸三横町「さつまや」典型的なガード下の焼き鳥屋ですが、焼き鳥も芋焼酎も旨いです。ちょっとした肴も旨く、のんべにはたまらないお店です。
築理会新年会(第1回)開催される
平成21年1月
20日に、神楽坂
の理窓会館で第1
回新年会が開催さ
れ た。 Ⅰ 部、 Ⅱ 部
合わせて70名を
超える同窓が参加
されて、皆さん久
しぶりの出会いを
楽しんだ。片渕副会長の開会の辞で始まり、石神会長
のあいさつ、森本顧問(前会長)の祝辞と続いた。森
本顧問は築理会の活動の意義などを熱く語られた。築
理会が発足してから25年、これまで、様々な障害を
乗り越えて、先輩
から後輩へと築理
会活動が引き継が
れてきたのは諸先
輩の隠れた努力が
あ っ た か ら だ と、
改めて熱いものが
心をよぎった。
昭和41年に工学部建築学科から初めて卒業生が世
に出てから42年経過した。築理会会員は6100余
名に達した。今年も5月23日(土)に築理会総会・
講演会・懇親会が開催される。理事長、学長、恩師の
教授陣にもご出席いただき盛大に催される予定だ。昨
年も100名を超
える同窓が参加し
て、同窓同士の交
流と情報交換を楽
し ん だ。 し か し、
同窓全員が一堂に
会する機会は「総
会・講演会・懇親会」
の年に1回だ。もっ
と気楽に同窓の交
流が持てる機会を
持ちたいという声
がでて、第1回新
年会が開催された。
この新年会は築理
会の同窓が主役だ。
歓談タイムには会
場のいたるところ
で同窓同士の歓談する姿が見受けられた。希望する同
窓には近況、自己紹介タイムを設けた。司会はおなじ
み椿康子(5期)乙丸勝範(6期)の新コンビだ。明
るい雰囲気で会場を盛り上げる。次々に登場して近況
や自己紹介をして皆さん楽しそうだった。
新年会は初めて
で不案内なとこ
ろがあって不安も
あったが、来年も
是非新年会を開催
してほしいという
声が多く聞かれた。
1期から35期の
若い方まで多数参
加していただいた。若手の同窓、特に女性が目立って
いた。同窓とは不思議なもので初対面の間柄であって
も母校を介して百年の知己なることも珍しいことでは
ありません。来年の新年会でもまたお会いしましょう!
(Ⅰ部5期石神一郎)
はみだしチクリ 八丁堀「博多 もつ鍋 一慶」博多のもつ鍋屋の八丁堀店です。あぶりモツの鍋のしょうゆ味、えらい美味でした。あと明太子も炙ってあってウマいです!
7
2009 年の住宅業界を襲う「3 大法規」の大波
安達 功(Ⅰ部 1986 年卒)
2009 年の住宅業界は大変である。市場の冷え込みもさる
ことながら、4 月 1 日に施行された「改正省エネ法」を皮切
りに、6 月 4 日には「長期優良住宅普及促進法」が、10 月に
は「住宅瑕疵担保履行法」が施行され、これらに対応しなけ
ればならない。
筆者は普段、住宅会社の技術者や、住宅を主戦場とする設
計者を取材しているが、多くの人が矢継ぎ早に打ち出され
る制度変化を把握しきれない状況である。われわれも、まる
でモグラ叩きのようにフウフウ言いながら取材に追われてい
る。そもそも、法をつくっている国土交通省などの担当者で
さえ、自分の担当分の制度設計を進めるのに精一杯で、なか
なか俯瞰的な視点を持てないのが実情だ。
私が所属する日経ホームビルダーという雑誌で「住宅業界
3 大法規対応セミナー」というものを企画したら、瞬く間に
定員を超える申し込みがあった。皆、ワラにもすがりたい状
況なのである。
法律の背景にはそれぞれの目的がある。住宅瑕疵担保履行
法は「姉歯事件を受けた消費者保護」、省エネ法は「京都議
定書で設定された CO2 削減目標の達成」、長期優良住宅普及
促進法は「住宅の寿命を延ばす 200 年住宅への取り組みの推
進」といった具合だ。そして、これらの制度は互いに関連し
ている部分もあるからややこしい。例えば長期優良住宅普及
促進法に基づく長期優良住宅の認定は、改正された省エネ法
の「次世代省エネ基準」をクリアすることが条件となる。以下、
三つの法律の住宅に関連する部分について概要と影響を簡単
にまとめてみた。多少なりとも参考になれば幸いである。
<改正省エネ法の概要と影響>
①エネルギー消費が伸びている住宅の省エネ対策強化を目的
に、家電製品などで導入されている「トップランナー方式」
を、150 戸以上の建売住宅を供給する住宅会社にも適用す
る。
②そのための評価手法として住宅の一次エネルギー消費量を
算定して、その建物の省エネルギー性能を評価する仕組み
を取り入れた。
③エネルギー消費量を算定する際には、建物の断熱性能と設
備を一体で評価する。
④断熱区分は細分化され、住宅性能表示の等級 4 を大幅に超
える性能や、等級 3 と 4 の中間の性能も評価できるように
なった。
⑤一方で省エネ規定を簡素化。次世代省エネ基準をクリアす
るための現場施工が容易になった。
⑥長期優良住宅の認定の際に次世代省エネ基準のクリアが条
件になった。
<長期優良住宅普及促進法の概要と影響>
①この法は長期優良住宅の基本方針を定め、認定基準に基づ
き「長期優良住宅」を認定する。
②認定は「耐久性」「耐震性」「設備の可変性」などのハード
面の条件と、「環境に配慮している」「きちんと維持管理し
8
平成 21 年会費納入のお願い
現在、平成 21 年度の会費の納入をお願いしており
ます。同封の振込用紙にて、お振り込み下さい。
今後のさらなる築理会発展のため、多くの方のご協
力をお願いします。
年会費 3,500 円
加入者名 築理会
口座番号 郵便局 00110 ー 5 ー 171952
ている」というソフト面の条件に適合した住宅に与えられ
る。
③ハードルとしては「耐震等級の等級 2」「省エネルギー対策
等級の等級 4」が難しい。
④認定住宅には住宅履歴情報の作成とすることが義務付けら
れ、工務店や住宅会社は電子化された情報を管理する必要
が生じる。
⑤認定住宅には、住宅ローン減税、投資減税、固定資産税な
どの税制優遇があるほか、認定住宅に対する補助金も検討
されている。
<住宅瑕疵担保履行法の概要と影響>
①この法律によって、2009 年 10 月 1 日以降の新築住宅の引
き渡しには、瑕疵保険への加入、または供託が義務付けら
れる。
②保険がカバーする範囲は「構造耐力上主要な部分と雨水の
浸入を防止する部分」で、原則として地盤は保険の対象外、
施工不良や不具合のすべてをカバーするわけでもない。
③瑕疵保険に入るためには建築基準法以外に、各保険法人が
定める設計施工基準を守る必要がある。
④設計施工基準を守っているかどうかを保険法人が判断する
ために、確認図書に基礎の状況がわかる資料、2 階の状況
がわかる資料、防水措置の状況がわかる資料などを書き込
まなければならない。
⑤保険証の発行を受けるためには、基礎配筋工事の完了時と
屋根工事か躯体工事の完了時の 2 回の現場検査を受ける。
「 編集後記 」
学生が固唾を呑んで見守るなかで行われた築理会賞の公開審査は、
まさに見ごたえ十分でした。築理会にとっても、大学と OB を結ぶ
大きな架け橋となる試みではないでしょうか。そこに至るまでの準
備は大変だったことと思います。新しい教育プログラムの一環とし
て、意欲的な取り組みをされている先生方に改めて感謝!です。
(安達功 [email protected])
築理会報 2009 春号
2009 年 04 月発行 Vol.43
発行所 :東京都新宿区神楽坂 1-3
東京理科大学工学部Ⅰ・Ⅱ部建築学科
築理会事務局 03-3260-4271(内 6674)
03-5213-0976(FAX)
編集長 :安達 功
編集委員:石神一郎、大岩昭之、藤森正純、広谷純弘、森清、
伊藤学、渋川克也、山名善之、平賀一浩、菊地宏、
東有紀、大槻尚美
印刷発送:グローバルシステム株式会社