平成26年度倉敷市水質検査計画

高梁川
倉敷市水道局
JWWA-GLP057
水道GLP認定
目
次
1 基本方針 ................................................................................................ 1
2 水道事業の概要 ...................................................................................... 1
3 水道の原水及び水道水の状況 ................................................................... 2
4 定期的な水質検査の項目、地点及び頻度 .................................................... 3
5 臨時の水質検査 ...................................................................................... 6
6 水質検査方法 ......................................................................................... 6
7 水質検査の精度と信頼性保証 .................................................................... 6
8 関係機関との連携 .................................................................................... 6
9 水質検査計画及び水質検査結果の公表 ...................................................... 7
(別表 1~5) ............................................................................................ 8
水質検査計画とは
水質検査は、水道水の安全を確保するために不可欠なものであり水質管理
を行う上で重要なものです。
水質検査計画は、安全かつ清浄な水道水の供給を実施していくため、水質
検査をどの地点で、どのような検査項目を、どのような回数実施するのかにつ
いて定めたもので、年度の始まる前に策定することが法令(水道法施行規則)
により定められています。
1 基本方針
(1) 検査地点
水道法で検査が義務づけられている市内の蛇口(給水栓)に加え、浄水場の入口・出口及び水源とします。
(2) 検査項目
水道法で検査が義務づけられている水質基準項目及び水質管理上必要と判断した項目について行います。
(3) 検査頻度
水源の種類及び各検査項目のこれまでの検査結果などを考慮して定めます。
(4) 検査実施機関
倉敷市水道局水質試験センター(片島浄水場内)で水質検査を行います。
2 水道事業の概要
(1) 給水状況
倉敷市水道局は、市内全域の市民の方に水道水を給水しています。給水状況は表1のとおりです。
表1 倉敷市水道局の給水状況 (平成24年度)
給水区域
倉敷市内全域 (総面積 354.72 km2)
給水人口
481,942 人
年間給水量
63,043,838 m3
普及率
99.9%
1日最大給水量
194,695 m3/日
給水戸数
198,698 戸
1日平均給水量
172,723 m3/日
給水量
(2) 浄水場の概要・受水状況
倉敷市水道局では、倉敷市が運営管理を行う片島浄水場、上成浄水場、福井浄水場、真備浄水場で水道水を
つくり、備南水道企業団、岡山県南部水道企業団、岡山県広域水道企業団から受水(水道水の購入)を受けて倉
敷市全域に送水しています。各浄水場の概要は表2のとおりです。
表2 倉敷市水道局及び企業団の浄水場 (平成24年度)
施設能力
(m3/日)
受水量
(万 m3)
主な給水地域
36,000
694
水島地区
42,000
992
玉島・船穂地区
26,000
355
粒浦・藤戸地区
7,290
147
真備地区
102,250
(86,500)※2
2,480
倉敷・庄地区
緩速ろ過方式
急速ろ過方式
122,000
(74,900)※2
1,540
水島・児島地区
緩速ろ過方式
23,548
(6,600)※2
96
真備地区
浄水場名
所在地
水源
浄水処理方式
片島浄水場
片島町1000
高梁川表流水
地下水
(一部マンガン除去)
上成浄水場
玉島上成1166
高梁川伏流水
塩素消毒※1
福井浄水場
福井287
地下水
真備浄水場
総社市下原
1210-3
地下水
塩素消毒※1
酒津2237
高梁川伏流水
地下水
塩素消毒※1
西阿知町247-1
高梁川表流水
伏流水
総社市井尻野
504-1
高梁川伏流水
酒津浄水場
(備南水道企業団)
西阿知浄水場
(岡山県南部水道企業団)
総社浄水場
(岡山県広域水道企業団)
※1 消毒剤は次亜塩素酸ナトリウムを使用
急速ろ過方式
塩素消毒※1
(一部マンガン除去)
※2 ( )内の数字は倉敷市水道局の受水分の数量
-1-
3 水道の原水及び水道水の状況
(1) 原水の状況
倉敷市水道局の水道水は、高梁川表流水、伏流水及び地下水を水源としています。
企業団から受水する水道水については、備南水道企業団が高梁川伏流水及び地下水を、岡山県南部水道企
業団が高梁川表流水及び伏流水を、岡山県広域水道企業団が高梁川伏流水をそれぞれ水源としています。
各浄水場では、水源及び原水について水質管理上留意すべき項目について定期的な検査を行うとともに、水
質状況に応じた適切な浄水処理を行っており、水道水の安全性を確保しています。
近年では、冬期において高梁川表流水のカビ臭物質※3 濃度が急激に上昇する傾向が見られます。片島浄水
場では、カビ臭の発生時には監視体制を強化するとともに、粉末活性炭処理を行い臭気物質の除去対策を講じ
ることで、給水栓水への影響を未然に防いでいます。
(2) 水道水の状況
蛇口(給水栓)での水道水の水質状況については、法令に基づき市内各所で毎日検査などを行うことで、安全
性を確認しています。
各浄水場における原水の特徴及び水質管理上注意しなければならない項目は表3のとおりです。
表3 原水の状況と留意すべき水質項目
浄水場名
片島浄水場
水源
高梁川表流水
地下水
原水の特徴
原水水質の汚染要因
降雨後の濁度上昇
カビ臭物質産出生物の発生
上流の工場排水等の影響
水質の変動が大きい
水質管理上注意する項目
濁度
消毒副生成物
カビ臭
フッ素濃度が高い
フッ素
水質が安定
濁度
残留塩素
上成浄水場
高梁川伏流水
福井浄水場
地下水
水質が安定
蒸発残留物が多い
濁度
真備浄水場
地下水
水質が安定
濁度
酒津浄水場
(備南水道企業団)
高梁川伏流水
地下水
水質が安定
濁度
残留塩素
西阿知浄水場
高梁川表流水
水質の変動が大きい
降雨後の濁度上昇
カビ臭物質産出生物の発生
上流の工場排水等の影響
(岡山県南部水道企業団)
総社浄水場
(岡山県広域水道企業団)
伏流水
水質が安定
高梁川伏流水
水質が安定
ろ過障害藻類の発生
濁度
消毒副生成物
カビ臭
残留塩素
濁度
消毒副生成物
4 定期的な水質検査の項目、地点及び頻度
(1) 検査の項目
倉敷市水道局では水質検査について、法令(水道法)で検査が義務づけられている検査に加えて、水質管理
上必要と判断した検査を行います。(検査項目の詳細は、別表1~5参照)
毎日検査項目は、蛇口(給水栓)で毎日行うことが法令で義務づけられている項目です。
水質基準項目は、基準値以下で給水することが法令で義務づけられている項目です。
水質管理目標設定項目は、将来にわたり水道水の安全性を確保するため、水道水質管理上留意すべき項目
※3 ジェオスミン及び 2-メチルイソボルネオールの 2物質の総称
-2-
です。水道事業者が水質管理上必要と判断した項目について検査を行います。
クリプトスポリジウム関連項目は、「水道におけるクリプトスポリジウム等対策指針」に基づき、次亜塩素酸ナトリ
ウムによる塩素消毒に対して耐性のある病原微生物及び指標となる微生物について、水道水の安全性を確保す
るために検査を行います。
一般項目は、水源の環境を監視するための項目や浄水処理の維持管理に必要な項目について、倉敷市水道
局が項目を設定して検査を行います。
毎日検査項目(3項目)
法令で検査が義務づけられている検査
水質基準項目(51項目)
定期的な水質検査
水質基準項目(51項目)
水質管理目標設定項目(24項目)
(注)
水質管理上必要と判断した検査
クリプトスポリジウム関連項目(4項目)
一般項目(21項目)
(注) 倉敷市水道局では、水質管理目標設定項目26項目のうち、
「二酸化塩素※4」及び「有機物等
(過マンガン酸カリ
※5
ウム消費量) 」を省略した24項目を検査します。
図1 倉敷市水道局が行う定期的な水質検査
-3-
(2) 検査の地点及び頻度
① 法令で義務づけられている検査
(ア)毎日検査項目
〔検査地点〕
(図3、表4参照)
市内15箇所の蛇口(給水栓)
表4 毎日検査項目の検査項目及び検査頻度
項目
法令で定める頻度
(検査回数)
評価
検査回数/年
色
異常がないこと
1回/1日
365
濁り
消毒の残留効果
(残留塩素)
異常がないこと
消毒の残留効果があること
(0.1mg/L 以上)
1回/1日
365
1回/1日
365
(イ)水質基準項目
〔検査地点〕
(図3、別表1参照)
市内15箇所の蛇口、または浄水場出口
トリハロメタンのように浄水場から蛇口までの間で濃度が変化する項目は蛇口で、蒸発残留
物のように濃度が変化しない項目は浄水場出口で検査を実施する。
〔検査頻度〕
法令で定められている検査頻度(項目ごとに原則「1回/月」または「4回/年」)
*片島浄水場出口については、法令で定める頻度以上(1回/月)
*カビ臭物質 : 片島浄水場及び西阿知浄水場系統の蛇口で 1回/月
その他の浄水場系統の蛇口で 3回/年
② 水質管理上の必要性から行う検査
(ア)水質基準項目
〔検査地点〕
(図3、別表1参照)
水質管理上必要と判断した地点(以下に示す(a)及び(b))
(a)水源、浄水場の入口(原水)、出口(浄水)
〔検査頻度〕
水源で 2回/年、浄水場入口及び出口で 4回/年(一部項目については 1回/月)
*片島浄水場については、浄水場出口で 1回/月
*カビ臭物質 : 片島浄水場で 1回/月、 その他の浄水場で 3回/年
(b)市内15箇所の蛇口(給水栓)
〔検査頻度〕
1回/年
(イ)水質管理目標設定項目
(図3、別表2参照)
〔検査地点〕
蛇口(各浄水場系統の代表1地点)、水源、浄水場入口及び出口
〔検査頻度〕
2回/年(一部項目については 1回/月)
*農薬類 : 片島浄水場入口では、11~12月を除く 10回/年
(ウ)クリプトスポリジウム関連項目
(図3、別表3参照)
〔検査地点〕
浄水場入口及び出口
〔検査頻度〕
*大腸菌、嫌気性芽胞菌 : 浄水場入口で 1回/月
*クリプトスポリジウム、ジアルジア : 片島浄水場入口及び出口で 4回/年
(エ)一般項目
(図4、別表4参照)
〔検査地点〕
水源、浄水場入口、浄水場出口及び市内15箇所の蛇口
〔検査頻度〕
原則 2回/年
*生物 : 片島浄水場で12回/年、 その他の浄水場で 6回/年
-4-
浄水場
: 4 箇所
取水場
: 4 箇所
① 水島千鳥町公園
② 鶴新田公園
③ 玉島の森
上成浄水場 ④ 船穂町スポーツ広場
⑤ 岩谷公園
福井浄水場 ⑥ 粒浦公園
⑦ 小溝公園
酒津浄水場
⑧ 矢部公園
(備南)
⑨ 早沖公園
⑩ 南畝第1公園
西阿知浄水場 ⑪ 添池公園
(県南)
⑫ 明石公園
⑬ 惣佐池公園
⑭ 真備公民館呉妹分館
真備浄水場
⑮ 真備公民館二万分館
片島浄水場
(原水水質検査地点 : 9 箇所)
蛇口(給水栓)
:15 箇所
水源(上流域)
: 2 箇所
片島系給水区
備南系給水区
上成系給水区
県南系給水区
福井系給水区
真備系給水区
図 3 浄水場系統及び検査地点
-5-
5 臨時の水質検査
次に挙げる状況が発生し、水道水が水質基準に適合しないおそれがある場合、臨時の水質検査を行います。
・ 定期検査で異常が見つかった場合
・ 油流出等の水質汚濁事故が発生した場合
・ 魚等の死骸が多数浮上した場合
・ 消化器系の感染症が取水口の上流や給水区域で流行している場合
・ 水道施設が著しく汚染されるおそれがある場合
・ その他必要があると認められる場合
6 水質検査方法
水質基準項目及び水質管理目標設定項目の検査は、国が定めた検査方法(「水道基準に関する省令の規定
に基づき厚生労働大臣が定める方法」等)により行います。
また、その他の項目の検査は、上水試験方法((社)日本水道協会発行)等により行います。
7 水質検査の精度と信頼性保証
(1) 水質検査の精度
原則として基準値及び目標値の1/10を定量下限値とし、定量下限値付近での測定誤差が一定範囲内※6 である
ことを確認し、検査精度を確保しています。
(2) 信頼性の保証
自主的な精度管理の実施に加え、厚生労働省による外部精度管理に参加し、信頼性の保証に努めています。
また、平成22年1月26日に水道水質検査優良試験所規範(水道GLP)※7 の認定を取得し、本水道局が行う水質
検査について信頼性が保証されました。
平成 25 年 11 月末に社団法人日本水道協会に更新審査を受け、平成 26 年 1 月 26 日に認定の更新が認めら
れました。この更新により、引き続き第三者機関によって水質検査の信頼性が保証されることになります。
水道GLP認定内容
認
定
認
機
定
関
日
適 用 基 準
水質検査機関名
認
定
範
囲
認
定
番
号
社団法人 日本水道協会(JWWA)
2014年(平成26 年)1月26日
(初回認定 2010 年 1 月)
水道水質検査優良試験所規範
倉敷市水道局浄水課
対象:水道水・浄水
項目:水道水質基準項目
JWWA-GLP057
JWWA-GLP057
8 関係機関との連携
倉敷市水道局では、岡山市水道局並びに岡山県広域水道企業団と、各事業体が所有する水質検査機器、器
具、検査試薬等を相互利用する「水質検査機器の相互利用に関する協定」を平成22年1月に締結しました。
不測の機器故障等への対応、緊急の検査等が可能となることにより、安定した検査体制を確立しています。
また、油流出等の水質事故が発生した場合、岡山三川水質汚濁防止連絡協議会、近隣水道事業体等と連携し、
迅速な対応に努めます。
※6 定量下限値における変動係数(CV値)について、無機物(金属等)で10%以内、有機化合物で20%以内
※7 (社)日本水道協会が審査・認定・登録を行う、水道事業体等の水質検査機関が測定した水質検査結果の精度や信頼性を確保するため、水質検査
機関が備えるべき組織及び設備機器、検査方法の標準作業手順書等について定めた規格
-6-
9 水質検査計画及び水質検査結果の公表
(1) 水質検査計画
水質検査計画は、毎事業年度の開始前に作成し、倉敷市水道局庁舎及び市内各支所の水道営業所で閲覧で
きるほか、水道局ホームページで公表します。
また、公表した水質検査結果及びお客様からのご意見・ご要望を参考に、次年度の検査計画の見直し・策定を
行うことで、より安心・安全な水道水を目指していきます。
(2) 水質検査結果
毎月実施分の市内15箇所の蛇口の検査結果を、倉敷市水道局ホームページで公表します。
検査結果は、検査地点ごとに検出濃度の最大値や平均値を水質基準値と比較し、翌年度の水質検査計画に
おける検査項目や検査頻度に反映していきます。
公表
ご意見・ご要望
水質検査の実施
水質検査結果の公表
お客様(市民)
・検査計画の見直し
・水質検査結果の評価
水質検査計画の策定
公表
図4 水質検査計画策定のイメージ
この水質検査計画に対するお客様のご意見をお寄せください。
お客様からのご意見は、今後の水質検査計画策定の参考とさせていただきます。
【お問い合わせ先及び宛先】
倉敷市水道局浄水課
〒710-0805 倉敷市片島町1000番地
Tel : 086-465-7314
Fax : 086-466-4841
倉敷市水道局キャラクター
「くらっぴぃ」
e-mail : wbpur@city.kurashiki.okayama.jp
ホームページ: http://www.city.kurashiki.okayama.jp/suidou/
-7-
別表 1 水質基準項目
番号
項
目
水道水質基準値
法令に
基づく
検査回数
100集落数/mL
検査計画 (回/年)
浄水場の出口
(給水栓)
表流系
伏流・地下系
浄水場の
入口
水源
12
12
12
12
2
12
12
12
12
2
蛇口
1
一般細菌
2
大腸菌
3
カドミウム及びその化合物
※2
0.003 mg/L
1
12
4
4
2
4
水銀及びその化合物
※2
0.0005 mg/L
1
12
4
4
2
5
セレン及びその化合物
※2
0.01 mg/L
1
12
4
4
2
6
鉛及びその化合物
4
12
4
4
2
7
ひ素及びその化合物
0.01 mg/L
1
12
4
4
2
8
六価クロム化合物
0.05 mg/L
4
12
4
4
2
9
亜硝酸態窒素
0.04 mg/L
1
12
4
4
2
10
シアン化物イオン及び塩化シアン
4
12
4
4
2
11
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素
※2
10 mg/L
1
12
4
4
2
12
フッ素及びその化合物
※2
0.8 mg/L
1
12
4
4
2
13
ホウ素及びその化合物
※2
1.0 mg/L
1
12
4
4
2
14
四塩化炭素
※2
0.002 mg/L
1
12
4
4
2
15
1,4-ジオキサン
※2
0.05 mg/L
1
12
4
4
2
※2
16
シス-1,2-ジクロロエチレン及び
トランス-1,2-ジクロロエチレン
1
12
4
4
2
17
ジクロロメタン
※2
0.02 mg/L
1
12
4
4
2
18
テトラクロロエチレン
※2
0.01 mg/L
1
12
4
4
2
19
トリクロロエチレン
※2
0.01 mg/L
1
12
4
4
2
20
ベンゼン
※2
0.01 mg/L
1
12
4
4
2
21
塩素酸
0.6 mg/L
4
12
4
-
-
22
クロロ酢酸
0.02 mg/L
4
12
4
-
-
23
クロロホルム
0.06 mg/L
4
12
4
-
-
24
ジクロロ酢酸
0.04 mg/L
4
12
4
-
-
25
ジブロモクロロメタン
0.1 mg/L
4
12
4
-
-
26
臭素酸
0.01 mg/L
4
12
4
-
-
27
総トリハロメタン
0.1 mg/L
4
12
4
-
-
28
トリクロロ酢酸
0.2 mg/L
4
12
4
-
-
29
ブロモジクロロメタン
0.03 mg/L
4
12
4
-
-
30
ブロモホルム
0.09 mg/L
4
12
4
-
-
31
ホルムアルデヒド
0.08 mg/L
4
12
4
-
-
32
亜鉛及びその化合物
1.0 mg/L
4
12
4
4
2
33
アルミニウム及びその化合物
0.2 mg/L
4
12
4
4
2
34
鉄及びその化合物
0.3 mg/L
4
12
4
4
2
35
銅及びその化合物
1.0 mg/L
4
12
4
4
2
36
ナトリウム及びその化合物
200 mg/L
1
12
4
4
2
37
マンガン及びその化合物
0.05 mg/L
4
12
4
4
2
38
塩化物イオン
200 mg/L
12
12
12
12
2
39
カルシウム、マグネシウム等(硬度)
※2
300 mg/L
1
12
4
4
2
40
蒸発残留物
※2
500 mg/L
1
12
4
4
2
41
陰イオン界面活性剤
※2
0.2 mg/L
1
12
4
4
2
42
ジェオスミン
0.00001 mg/L
12(3)※3
12
3
12(3)※3
-
43
2-メチルイソボルネオール
0.00001 mg/L
12(3)※3
12
3
12(3)※3
-
44
非イオン界面活性剤
※2
0.02 mg/L
1
12
4
4
2
45
フェノール類
※2
0.005 mg/L
1
12
4
4
2
46
有機物(全有機炭素(TOC)の量)
3 mg/L
12
12
12
12
2
47
pH 値
5.8~8.6
12
12
12
12
2
48
味
異常でないこと
12
12
12
-
-
49
臭気
異常でないこと
12
12
12
12
2
50
色度
5度
12
12
12
12
2
51
濁度
2度
12
12
12
12
2
12
検出されないこと
4※1
0.01 mg/L
※2
※2
0.01 mg/L
4
4※1
0.04 mg/L
※2
4
4※1
12
4※1
発生時期に
月1回以上
4※1
12
(注)青色部分は法令で義務付けられている検査を、黄色部分は水質管理上の必要性から行う検査を表します。
※1 : 過去3年間の検査結果がすべて基準値の1/5以下の場合には、1年に 1回まで省略することができます。(基準値の1/10以下の場合には3年に1回まで。)
※2 : 送・配水池内で濃度が上昇しないことが明らかな場合には、浄水場出口を検査の個所とすることができます。
※3 : 伏流水・地下水を使用している浄水場・蛇口(給水栓)では 3回、表流水を使用している浄水場・蛇口(給水栓)では 12回検査を実施します。
-8-
別表 2 水質管理目標設定項目
番号
項
目
目標値
1
アンチモン及びその化合物
0.015 mg/L
2
ウラン及びその化合物
0.002 mg/L(暫定)
3
ニッケル及びその化合物
0.01 mg/L(暫定)
4
削除
5
1,2-ジクロロエタン
0.004 mg/L
6
削除
7
削除
8
トルエン
0.4 mg/L
9
フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)
0.1 mg/L
10
亜塩素酸
0.6 mg/L
11
削除
12
二酸化塩素
0.6 mg/L
13
ジクロロアセトニトリル
0.01 mg/L(暫定)
14
抱水クロラール
0.02 mg/L(暫定)
15
農薬類
検出値と目標値の比の和として 1
16
残留塩素
1 mg/L
17
カルシウム、マグネシウム等(硬度)
10 mg/L~100 mg/L
18
マンガン及びその化合物
0.01 mg/L
19
遊離炭酸
20 mg/L
20
1,1,1-トリクロロエタン
0.3 mg/L
21
メチル-t-ブチルエーテル
0.02 mg/L
22
有機物等(過マンガン酸カリウム消費量)
3 mg/L
23
臭気強度(TON)
3
24
蒸発残留物
30 mg/L~200 mg/L
25
濁度
1度
26
pH 値
7.5 程度
27
腐食性(ランゲリア指数)
-1程度以上とし、極力0に近づける
28
従属栄養細菌
2,000 集落/mL(暫定)
29
1,1-ジクロロエチレン
0.1 mg/L
30
アルミニウム及びその化合物
0.1 mg/L
(注)黄色部分は、水質管理上の必要性から行う検査を表します。
※1 : 各浄水場系統の代表する 1ヶ所の蛇口を検査します。
※2 : 毎日検査項目としての 1回/1日(365回/年)の検査とは別に行います。
検査計画 (回/年)
浄水場の入口
表流水
伏流・地下水
2
2
2
2
2
2
蛇口※1
(給水栓)
2
2
2
浄水場の
出口
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
-
2
2
-
2
2
-
水源
2
2
2
二酸化塩素を使用していないため、測定しない
2
2
2
2
2
2
10
2
12※2
12
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
有機物(全有機炭素(TOC)の量)で代替評価できるため、測定しない
2
2
2
2
2
2
2
2
2
12
12
12
12
2
12
12
12
12
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
別表 3 クリプトスポリジウム関連項目
番号
項
目
検査方法
蛇口
(給水栓)
-
1
大腸菌(大腸菌数)
特定酵素基質培地法
2
嫌気性芽胞菌
標準寒天培地法
3
クリプトスポリジウム
アセトン溶解法
4
ジアルジア
アセトン溶解法
※3 : 指標菌が検出されている片島浄水場のみ行います。
浄水場の
出口
4※3
4※3
検査計画 (回/年)
浄水場の入口
表流水
伏流・地下水
12
12
12
12
4
4
-
水源
-
別表 4 一般項目
番号
項
目
検査方法
蛇口
浄水場の
(給水栓)
出口
1
大腸菌群
特定酵素基質培地法
12
12
2
大腸菌群数(MPN)
特定酵素基質培地法(最確数法)
3
電気伝導度
電極法
4
総アルカリ度
滴定法
5
総酸度
滴定法
6
浸食性遊離炭酸
計算法
7
SS
ろ過法
8
COD
滴定法
9
BOD
滴定法
10
DO
滴定法
11
臭化物イオン
イオンクロマトグラフ法
12
硝酸イオン
イオンクロマトグラフ法
13
リン酸イオン
イオンクロマトグラフ法
14
硫酸イオン
イオンクロマトグラフ法
15
カリウムイオン
イオンクロマトグラフ法
16
カルシウムイオン
イオンクロマトグラフ法
17
マグネシウムイオン
イオンクロマトグラフ法
18
全窒素
熱分解法
19
全リン
ICP-MS 法
20
アンモニア態窒素
イオンクロマトグラフ法
21
生物
光学顕微鏡法
12(6)※4
※4 : 伏流水・地下水を使用している浄水場では 6回、表流水を使用している浄水場では12回検査を行います。
-9-
検査計画 (回/年)
浄水場の入口
表流水
伏流・地下水
12
12
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
12
6
水源
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
-
別表5 農薬類一覧
番号
項
目
目標値
番号
項
目
目標値
1
1,3-ジクロロプロペン (D-D)
0.002 mg/L
61
チアジニル
0.1 mg/L
2
2,2-DPA(ダラポン)
0.08 mg/L
62
チウラム
0.02 mg/L
3
2,4-D(2,4-PA)
0.03 mg/L
63
チオジカルブ
0.08 mg/L
4
EPN※1
0.004 mg/L
64
チオファネートメチル
0.3 mg/L
5
MCPA(MCP)
0.005 mg/L
65
チオベンカルブ
0.02 mg/L
6
アシュラム
0.2 mg/L
66
テルブカルブ(MBPMC)
0.02 mg/L
7
アセフェート
0.006 mg/L
67
トリクロピル
0.006 mg/L
8
アトラジン
0.01 mg/L
68
トリクロルホン(DEP)
0.005 mg/L
9
アニロホス
0.003 mg/L
69
トリシクラゾール
0.08 mg/L
10
アミトラズ
0.006 mg/L
70
トリフルラリン
0.06 mg/L
11
アラクロール
0.03 mg/L
71
ナプロパミド
0.03 mg/L
12
イソキサチオン※1
0.008 mg/L
72
パラコート
0.005 mg/L
13
イソフェンホス※1
0.001 mg/L
73
ピペロホス
0.0009 mg/L
14
イソプロカルブ(MIPC)
0.01 mg/L
74
ピラクロニル
0.01 mg/L
15
イソプロチオラン(IPT)
0.3 mg/L
75
ピラゾキシフェン
0.004 mg/L
16
イプロベンホス(IBP)
0.09 mg/L
76
ピラゾリネート(ピラゾレート)
0.02 mg/L
17
イミノクタジン
0.006 mg/L
77
ピリダフェンチオン
0.002 mg/L
18
インダノファン
0.009 mg/L
78
ピリブチカルブ
0.02 mg/L
19
エスプロカルブ
0.03 mg/L
79
ピロキロン
0.04 mg/L
20
エディフェンホス
0.006 mg/L
80
フィプロニル
0.0005 mg/L
21
エトフェンプロックス
0.08 mg/L
81
フェニトロチオン(MEP)※1
0.003 mg/L
22
エトリジアゾール(エクロメゾール)
0.004 mg/L
82
フェノブカルブ(BPMC)
0.03 mg/L
23
エンドスルファン(ベンゾエピン)※2
0.01 mg/L
83
フェリムゾン
0.05 mg/L
24
オキサジクロメホン
84
フェンチオン(MPP)※6
0.006 mg/L
25
オキシン銅(有機銅)
0.04 mg/L
85
フェントエート(PAP)
0.007 mg/L
26
オリサストロビン
86
フェントラザミド
0.01 mg/L
27
カズサホス
87
フサライド
0.1 mg/L
28
カフェンストロール
0.008 mg/L
88
ブタクロール
0.03 mg/L
29
カルタップ
0.3 mg/L
89
ブタミホス※1
0.02 mg/L
30
カルバリル(NAC)
0.05 mg/L
90
ブプロフェジン
0.02 mg/L
31
カルプロパミド
0.04 mg/L
91
フルアジナム
0.03 mg/L
32
カルボフラン
0.005 mg/L
92
プレチラクロール
0.05 mg/L
33
キノクラミン(ACN)
0.005 mg/L
93
プロシミドン
0.09 mg/L
34
キャプタン
0.3 mg/L
94
プロチオホス
0.004 mg/L
35
クミルロン
0.03 mg/L
95
プロピコナゾール
0.05 mg/L
36
グリホサート※3
2 mg/L
96
プロピザミド
0.05 mg/L
37
グルホシネート
97
プロベナゾール
0.05 mg/L
38
クロメプロップ
0.02 mg/L
98
ブロモブチド
0.1 mg/L
39
クロルニトロフェン(CNP)※4
0.0001 mg/L
99
ベノミル
0.002 mg/L
40
クロルピリホス※1
0.003 mg/L
100
ペンシクロン
0.1 mg/L
41
クロロタロニル(TPN)
0.05 mg/L
101
ベンゾビシクロン
0.09 mg/L
42
シアナジン
0.004 mg/L
102
ベンゾフェナップ
0.004 mg/L
43
シアノホス(CYAP)
0.003 mg/L
103
ベンタゾン
0.2 mg/L
44
ジウロン(DCMU)
0.02 mg/L
104
ペンディメタリン
0.3 mg/L
45
ジクロベニル(DBN)
0.01 mg/L
105
ベンフラカルブ
0.04 mg/L
46
ジクロルボス(DDVP)
0.008 mg/L
106
ベンフルラリン(ベスロジン)
0.01 mg/L
47
ジクワット
0.005 mg/L
107
ベンフレセート
0.07 mg/L
48
ジスルホトン(エチルチオメトン)
0.004 mg/L
108
ホスチアゼート
0.003 mg/L
49
ジチアノン
0.03 mg/L
109
マラチオン(マラソン)※1
0.05 mg/L
50
ジチオカルバメート系農薬※5
110
メコプロップ(MCPP)
0.05 mg/L
51
ジチオピル
0.009 mg/L
111
メソミル
0.03 mg/L
52
シハロホップブチル
0.006 mg/L
112
メタム(カーバム)
0.01 mg/L
53
シマジン(CAT)
0.003 mg/L
113
メタラキシル
0.06 mg/L
54
ジメタメトリン
0.02 mg/L
114
メチダチオン(DMTP)
0.004 mg/L
55
ジメトエート
0.05 mg/L
115
メチルダイムロン
0.03 mg/L
56
シメトリン
0.03 mg/L
116
メトミノストロビン
0.04 mg/L
57
ジメピペレート
0.003 mg/L
117
メトリブジン
0.03 mg/L
58
ダイアジノン※1
0.005 mg/L
118
メフェナセット
0.02 mg/L
59
ダイムロン
0.8 mg/L
119
メプロニル
0.1 mg/L
60
ダゾメット
0.006 mg/L
120
モリネート
0.005 mg/L
水質管理目標設定項目 15 の対象農薬リストのうち、検査が可能であることが確認できている 86 種類の検査を実施します。
分類の見直しで追加された項目については、平成 24 年 9 月 6 日付け健水発 0906 第 1~4 号の「別添 水道水質検査方法の妥当性評価ガイドライン」に基づき、当水質試
験センターにおける検査方法について検討を行います。検討の結果、検査方法の妥当性が確認できた場合、検査を実施します。
※1
※2
※3
※4
※5
※6
:
:
:
:
:
:
各原体の濃度と、オキソン体の濃度を合計して算出します。
エンドスルファン(ベンゾエピン)の濃度と、代謝物であるエンドスルフェート(ベンゾエピンスルフェート)の濃度と合計して算出します。
グリホサートの濃度と、代謝物であるアミノメチルリン酸(AMPA)の濃度と合計して算出します。
クロルニトロフェン(CNP)の濃度と、CNP-アミノ体の濃度と合計して算出します。
ジネブ、ジラム、チウラム、プロピネブ、ポリカーバメート、マンゼブ(マンコゼブ)及びマンネブの濃度を二硫化炭素に換算して合計して算出します。
フェンチオン(MPP)の濃度と、酸化物である MPP スルホキシド、MPP スルホン、MPP オキソン、MPP オキソンスルホキシド及び MPP オキソンスルホンの濃度を合計
して算出します。
- 10 -