取扱説明書 - シムコジャパン

文 書 № 取 説 -10110516
ご使用の前に
禁止
本製品は、防爆構造ではありません。溶剤・可燃性ガス等が存在する
「危険場所」ではご使用になれません。
シムコ表面抵抗計
Worksurface Tester
Model ST-4
取扱説明書
ご注意
ご使用前に、この取扱説明書をよくお読みいただき、正し
ご注意
・本製品を正しくお使い頂くために、必ずこの「取扱説明書」をよくお読み
下さい。
・本製品は、電気製品です。水・油・溶剤・微粉末等がかかりますと、本製
品を著しく損傷させます。また、検知部(電極部)に「結露」がないよう
にご注意下さい。
・本製品を酸・アルカリ・塩素ガス等の腐食性ガスのある場所に持ち込まな
いで下さい。また、そのような場所では使用しないで下さい。
・本製品は、この「取扱説明書」に記載された方法でご使用下さい。また、
本製品を使用しないときには、必ず電源スイッチを「OFF」にして下さ
い。
・本製品は電子精密計測器です。落下等で振動、衝撃等を与えないように、
できるだけ丁寧にお取り扱い下さい。また、ワンチップマイコンが搭載さ
れ て い ま す の で 、で き る だ け 電 磁 波 ノ イ ズ 等 が な い 環 境 で 使 用 し て 下 さ い 。
・本製品の検知部(電極部)には、絶対に触れたり、異物で傷つけたりしな
いで下さい。
・本製品のLCDディスプレイ部に荷重をかけたり、押したりしないで下さ
い。
・本製品は、シムコジャパン株式会社において的確に組み立て及び出荷検査
されております。また、本製品は、ケーシング等の位置関係で感度、精度
の調整を行っています。ケースを開けたり、改造・加工および不当な分解
を絶対に行わないで下さい。
・本製品は、内蔵バッテリーはニッケル水素電池を使用しています。このた
め、電源スイッチをONのまま放置または電源スイッチがOFFの状態で
1年以上放置等がある場合には、バッテリーを過放電してしまい充電でき
なくなることがあります。そのため、こまめに電源スイッチをOFFにす
るまたはこまめに充電する等を行って下さい。
・本製品について、ご不明な点やご質問がございましたら、お買い上げいた
だ い た 販 売 店 も し く は 、 弊 社 ・「 シ ム コ ジ ャ パ ン 株 式 会 社 」 ま で ご 連 絡 下 さ
い。
くお使い下さい。
この取扱説明書の巻末が保証書になっております。内容を
よくご確認の上、大切に保存して下さい。
− 1−
はじめに
目
次
ご使用の前に
こ の た び は 、 シ ム コ 表 面 抵 抗 測 定 器 Worksurface Tester
きまして、まことにありがとうございました。
Model ST-4 を お 買 い 求 め 頂
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1頁
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2頁
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3頁
はじめに
目次
第1章
概要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4頁
第2章
主な仕様
第3章
セットアップ
第4章
操作方法
第5章
小数点以下の指数について
第6章
測定電極のクリーニング
オプション
第7章
外観寸法図
(1)キャリングケース・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
保証書
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・巻末
本 測 定 器 を お 受 け 取 り に な ら れ ま し た ら 、ま ず 初 め に 製 品 お よ び 付 属 品 を 確 認 し て 下 さ い 。
( 1 ) ST − 4 本 体
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1台
(2)付属コード ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本
ケ ー ブ ル 長 さ 850 ㎜ , バ ナ ナ プ ラ グ 、 ワ ニ 口 ク リ ッ プ 付 き
(3)取扱説明書/保証書(本書)
(2)充電用USBケーブル
・・・・・・・・・・・・・・・・1冊
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5頁
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6頁
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7頁
・・・・・・・・・・・・・・
8頁
・・・・・・・・・・・・・・・
8頁
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9頁
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本
( 3 ) 充 電 用 AC/DC ア ダ プ タ ー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・1台
<本書の記号のご説明>
各記号は主として下記のような意味を表しています。
ご注意をお守りいただかないと重大な事故(死亡事故を含む)を引き起こす恐れ
があります。
ご注意をお守りいただかないと装置の故障を生じる恐れがあります。また、周辺
の機械・設備等に悪影響を与えることがあります。
梱包品に不足品がないことおよび製品に外観異常(変形、破損等)がないことを確
認して下さい。もし、不足品、外観不良品がございましたら、ただちに弊社もしく
は弊社代理店までご連絡下さい。
ご注意をお守りいただかないと感電の恐れがあります。
尚、
または
に記載した事項でも、状況によっては重大な事故に結び
つく可能性があります。いずれも重要な内容を記載していますので、必ずご注意事項を
お守り下さい。
− 2−
− 3−
第1章
概
要
第2章
シムコワークサーフェイステスター ST−4 は、ポータブルタイプで簡単操作の表面抵抗
測定器です。 被測定物の上に置くだけで、表面抵抗の測定を行います。タイマーを内蔵してい
ますので、電源の切り忘れによるバッテリー容量の低下がありません。
また、付属コードを本体右横のジャックに差し込み、接地体に付属コードの端末を接続し、本
体を置いた導電性マット等の表面とその接地端子間の総電気抵抗(接地漏洩抵抗)が測定でき
ます。
測 定 範 囲 が 1 0 3 ∼ 1 0 13 Ω / □ ( ま た は Ω ) の ワ イ ド な レ ン ジ の た め に 、 様 々 な 素 材 ・ 製
品の抵抗を測定できます。
特に、導電性マット・導電床・導電性袋・帯電防止製品等の検査・保守・管理に最適です。
ワークサーフェイステスター ST−4 は、RoHS対応品です。
測定原理
測定範囲
測 定 モード
1 0 3∼ 1 0 13( Ω / □ ま た は Ω )
① 標 準 測 定 モード( Ohm per square, Surface Resistivity )
② マ ッ ト 表 面 - マ ッ ト の 接 地 端 子 間 抵 抗 測 定 モード
( Ohms, Resistivity to Ground )
付属コードを使用
③ I E C 規 格 の 抵 抗 測 定 モード
IEC 規 格 の 電 極 (接 触 面 積 ・重 量 )の 方 式 で 測 定 す る 方 式
LCD 表 示
指 数 表 示 (小 数 点 以 下 1 桁 ま で 表 示 )
バーグラフに よ る カウントダウンの 測 定 時 間 の 表 示
バッテリ残 量 表 示
① TEST
緑 色 LED 点 灯 : 標 準 測 定 モード表 示 ( Ohm per square, Surface Resistivity )
赤 色 LED 点 灯 : マ ッ ト - 接 地 端 子 間 抵 抗 測 定 モード( Ohms, Resistivity to Ground )
及 び I E C 規 格 の 抵 抗 測 定 モードの 表 示
② 測 定 電 圧 表 示 ( 10V,100V )
緑 色 LED 点 灯 : 10V 出 力
赤 色 LED 点 灯 : 100V 出 力
黄 色 LED 点 灯 : 測 定 終 了
③ CHARGE
赤 色 LED 点 灯 : バッテリー充 電 中 表 示
15s,30s,60s
測定値に対して上下限の範囲設定が可能
(0 . 5 乗 お き に 設 定 可 能 )
指 数 表 示 値 ± 0 . 5 ( 指 数 )( 例 ; 1 0 8 . 5 0 . 5 )
自動的に電圧を切替
① 3 乗 か ら 6 乗 : 1 0 V , 1 0 m A max
② 6 乗 か ら 1 3 乗 : 1 0 0 V , 1 m A max
内 蔵 バッテリーに よ る 方 式
① 外 部 電 極 接 続 用 コネクタ
② AC アダプター接 続 用 コネクタ(バッテリー充 電 ){ USB ミニタイプ}
50mm(電極長)×50mm(電極間隔) (表面抵抗測定時)
特 殊 導 電 性 ゴ ム ( 体 積 抵 抗 0 . 0 2 Ω ・ ㎝ MAX. )
1 5 ℃ ∼ 2 5 ℃ , 6 0 % R.H. 以 下
1 1 4 ( W )× 7 8 ( D )× 6 9 ( H ) MAX. ( m m )
ステンレス
本
体
約700g
付属コード
約25g
LED 表 示
ワークサーフェイステスター ST−4 は、電圧を被測定物に印加し、流れる電流値を電圧
変換して、LCDメーターによる指数表示で直読する、電圧電流計法を用いた方式で測定して
います。
オペアンプを含むワンチップマイコンを使用した精度が高く、広範囲の抵抗測定を可能にしま
した。下図にその等価回路の概略を示します。
低 抵 抗 の ゴ ム 電 極 ( 1 0 − 2 Ω ・ ㎝ 以 下 ) が 被 測 定 物 に 密 着 し 、 基 準 電 源 ( 10Vor100V )の 安 定 し た
電圧が保護抵抗を介して、被測定物に印加されます。対極のゴム電極に流れた電流が、広範囲
の抵抗値をリニヤに測定表示させるためにワンチップマイコンでの演算(対数変換)して、測
定値を10の指数にします。そして、この指数をLCDメーターで表示させています。
(図1参照)
測定時間
範囲設定
測定精度
測定電圧
電
源
外部接続端子
測定面積
電極材質
測定環境
本体寸法
ケース材質
重
量
図1
主な仕様
等価回路の概略
− 4−
−5−
第3章
セットアップ
第4章
3.1 バ ッ テ リ ー の 充 電
S T − 4 は 側 面 の USB 端 子 か ら 内 部 の バ ッ テ リ ー に 充 電 が 行 え ま す 。 側 面 の POWER ス イ ッ
チ を O N (I )に し ま す と 、 下 図 に 示 し ま す よ う に 、 LCD 画 面 左 下 に 4 段 階 で バ ッ テ リ ー 残 量
が 表 示 さ れ ま す 。 バ ッ テ リ ー 残 量 が 少 な い 場 合 に は USB ケ ー ブ ル ( mini-B - USB ( A )オス)を 使 用
し て 、 USB 端 子 付 AC/DC ア ダ プ タ ー ま た は パ ソ コ ン の USB 端 子 に 接 続 し て 充 電 し て 下 さ い 。
充 電 が 開 始 さ れ る と 、[ CHARGE ]の LED ラ ン プ が 点 灯 し ま す 。こ の LED ラ ン プ は 充 電 中 は (赤 )
に点灯します。
4.1
表面抵抗の測定
1 ) 本 体 側 面 の 電 源 ス イ ッ チ を O N (I )に し て 下 さ い 。
2) 本 体 を 被 測 定 物 の 上 に 静 か に 置 い て 手 を 離 し て 下 さ い 。
3 ) 前 面 パ ネ ル の [ START } ボ タ ン を 押 し て 下 さ い 。 測 定 を 開 始 し ま す 。 表 面 抵 抗 は 通 常 状 態
で は 、TEST の LED が 緑 に 点 灯 ( Ohms per square ,Surface Resistivity )し ま す 。ま た 、OUT の LED
が最初は緑が点灯し、測定値が 6 乗以上になると赤色になります。
4) 測 定 時 間 内 で は 、 L C D 表 示 値 は 表 示 さ れ ず に 「 − − − 」 が 表 示 さ れ 、 右 上 の バ ー グ ラ
フで測定時間を表示しています。
5 ) 測 定 時 間 が き ま す と OUT の LED が 黄 色 に な り 、 測 定 値 が 表 示 さ れ ま す 。 指 数 に 変 換 さ れ
た 測 定 値 を 、 L C D メ ー タ ー が 小 数 点 以 下 1 桁 ま で 、 表 示 し ま す 。( 例 ; 1 0 8 . 4 、 変 数
部 は 8 .4 )
6) こ の 時 に 測 定 値 が 1 0 3 Ω / □ 以 下 ま た は 、 1 0 1 3 Ω / □ 以 上 の 場 合 は 、 表 示 値 が 点 滅
し て 数 値 の 左 端 に 「 − 」 (下 限 の 範 囲 外 )・「 + 」 (上 限 の 範 囲 外 )が 表 示 さ れ ま す 。 ま た 、
セットアップで設定した上下限値の範囲外も同様の表示になります。
7 ) 続 け て 測 定 を 行 う 場 合 は 、 再 度 前 面 パ ネ ル の [ START }ボ タ ン を 押 し て 下 さ い 。
8 ) 測 定 が 終 わ り ま し た ら 、 本 体 側 面 の 電 源 ス イ ッ チ を O F F (O )に し て く だ さ い 。
4.2
外部端子(接地端子等)と測定電極間の抵抗測定(接地漏洩抵抗測定)
1 ) 本 体 横 の RESISTANCE TO GROUND の ジ ャ ッ ク に 付 属 コ ー ド を 差 し 込 み ま す と 、 自 動 的
に付属コードの端末とST−4の電極間の電気抵抗測定に切り替わります。
TEST の LED が 赤 に 点 灯 ( Ohms , Resistance to Ground )し ま す 。 こ の 方 法 は 、 2 点 間 の 抵 抗
測定や、接地漏洩抵抗の測定を行う方法です。
2) 付 属 コ ー ド の 反 対 側 の バ ナ ナ プ ラ グ ( ま た は 付 属 の ア リ ゲ ー タ ー ク リ ッ プ を 使 用 ) を 外
部端子(接地端子等)に接続して下さい。
3) 本 体 を 被 測 定 物 の 上 に 静 か に 置 い て 手 を 離 し て 下 さ い 。
4 ) 前 面 パ ネ ル の [ START }ボ タ ン を 押 し て 下 さ い 。 測 定 を 開 始 し ま す 。 OUT の LED が 最 初 は
緑が点灯し、測定値が 6 乗以上になると赤色になります。
5) 測 定 時 間 内 で は 、 L C D 表 示 値 は 表 示 さ れ ず に 「 − − − 」 が 表 示 さ れ 、 右 上 の バ ー グ ラ
フで測定時間を表示しています。
6 ) 測 定 時 間 が き ま す と OUT の LED が 黄 色 に な り 、 測 定 値 が 表 示 さ れ ま す 。 指 数 に 変 換 さ
れ た 測 定 値 を 、 L C D メ ー タ ー が 小 数 点 以 下 1 桁 ま で 、 表 示 し ま す 。( 例 ; 1 0 8 . 4 、 変
数 部 は 8 .4 )
7) こ の 時 に 測 定 値 が 1 0 3 Ω 以 下 ま た は 、 1 0 1 3 Ω 以 上 の 場 合 は 、 表 示 値 が 点 滅 し て 数 値
の 左 端 に 「 − 」 (下 限 の 範 囲 外 )・「 + 」 (上 限 の 範 囲 外 )が 表 示 さ れ ま す 。 ま た 、 セ ッ ト
アップで設定した上下限値の範囲外も同様の表示になります。
8 ) 続 け て 測 定 を 行 う 場 合 は 、 再 度 前 面 パ ネ ル の [ START }ボ タ ン を 押 し て 下 さ い 。
9 ) 測 定 が 終 わ り ま し た ら 、 本 体 側 面 の 電 源 ス イ ッ チ を O F F (O )に し て 外 部 端 子 ( 接 地 端
子 等 ) に 接 続 し た バ ナ ナ プ ラ グ( ま た は ア リ ゲ ー タ ー ク リ ッ プ ) を 外 し て 下 さ い 。 次 に 、
本体から付属コードをゆっくりと引き抜いて下さい。
バッテリー残量表示
ご注意
ST−4のバッテリー残量表示は、等量に表示されていません。バッテリー
の状態や使用状況によって急激に残量が減る場合があります。
3.2 測 定 条 件 の 設 定
ST−4は、測定時間・上下限の設定をすることができます。
細 い 棒 (直 径 1 ㎜ 程 )を 使 用 し て 、 L C D の 下 に あ る フ ァ ン ク シ ョ ン ボ タ ン [ SET ]を 押 し ま す 。
最 初 に [ SE01 ]が 表 示 さ れ て 直 ぐ に 記 憶 さ れ て い る 測 定 時 間 が 表 示 さ れ ま す 。 測 定 条 件 を U P /
D O W N ボ タ ン を 使 用 し て 設 定 し ま す 。 設 定 終 了 後 に [ SET ] ボ タ ン を 押 す と 次 に [ SE02 ]が 表
示 さ れ 、 記 憶 さ れ て い る 上 限 値 が 表 示 さ れ ま す 。 設 定 を U P /D O W N ボ タ ン を 使 用 し て 0 .
5 乗 刻 み で 設 定 し ま す 。 設 定 終 了 後 に [ SET ] ボ タ ン を 押 す と 次 に [ SE03 ] が 表 示 さ れ 、 記 憶 さ
れ て い る 下 限 値 が 表 示 さ れ ま す 。 設 定 を U P /D O W N ボ タ ン を 使 用 し て 0 .5 乗 刻 み で 設 定
し ま す 。 設 定 終 了 後 に [ SET ]ボ タ ン を 押 す と 通 常 の 測 定 モ ー ド に な り ま す 。
3.2.1
測定時間の設定
測定時間を以下の3種類から選択して設定できます。
LCD表示: 測定時間
: バーグラフ
15 : 15秒
: 1 秒 /1 本
30 : 30秒
: 2 秒 /1 本
60 : 60秒
: 4 秒 /1 本
(工 場 出 荷 時 の 設 定 は [1 5 ]で す )
操作方法
3.2.2 上 限 の 設 定
上限設定では、測定値が上限設定した値より大きい場合には、設定した値で点滅します。
ま た 、 数 値 の 左 側 に [+ ]が 表 示 さ れ ま す 。 (工 場 出 荷 時 の 設 定 は [1 3 . 5 ]で す )
3.2.3 下 限 の 設 定
下限設定では、測定値が下限設定した値より小さい場合には、設定した値で点滅します。
ま た 、 数 値 の 左 側 に [− ]が 表 示 さ れ ま す 。 (工 場 出 荷 時 の 設 定 は [2 . 5 ]で す )
−6−
−7−
第5章
小数点以下の指数について
第7章
外観寸法図
ST−4
では、小数点以下1桁まで測定
値を表示しています。このため、その測定対
象の抵抗値をより正確に判定できます。
10の指数
0 .1
0 .2
0 .3
0 .4
0 .5
0 .6
0 .7
0 .8
0 .9
小数点以下の指数と実数の関係は右の
表のようになります。
例 え ば 、 表 示 が 5 .8 の 場 合 、 つ ま り 、
1 0 5.8 と そ の 測 定 結 果 が 出 た 場 合 は 、
1 0 5.8 = 1 0 5+0.8 = 1 0 0.8 × 1 0 5
≒ 6 .3 × 1 0 5= 0 .6 3 M
実
数(約)
1 .3
1 .6
2 .0
2 .5
3 .2
4 .0
5 .0
6 .3
7 .9
に な り ま す 。 表 示 が 8 .2 の 場 合 、 つ ま り 、 1 0 8.2 と そ の 測 定 結 果 が 出 た 場 合 は 、
1 0 8.2 ≒ 1 .6 × 1 0 8= 1 6 0 M
第6章
になります。
測定電極のクリーニング
測定電極の絶縁部は高抵抗で汚れにくい、フッ素樹脂を使用しています。測定電極の汚れのチェ
ッ ク は 、表 面 が き れ い な 絶 縁 板 上( 1 0 1 3 Ω / □ 以 上 )の 表 面 抵 抗 測 定 を 行 い 、上 限 の 範 囲 外 [ OUT
OF RANGE ]に な っ て い る こ と で 確 認 し て 下 さ い 。測 定 電 極 に 導 電 性 の 汚 れ が 付 着 し て い る 場 合 は 、
実 際 の 値 よ り も 低 い 値 を 表 示 す る 可 能 性 が あ り ま す の で 注 意 し て 下 さ い 。( 特 に 高 抵 抗 の 被 測 定 物
を 測 定 す る と き 。) ま た 、 同 様 に 表 面 が き れ い な 金 属 板 上 ( 1 0 3 Ω / □ 以 下 ) の 表 面 抵 抗 測 定 を
行 い 、 上 限 の 範 囲 外 [ OUT OF RANGE ] に な っ て い る こ と で 確 認 し て 下 さ い 。 測 定 用 ゴ ム 電 極 に 絶
縁性の汚れが付着している場合は、実際の値よりも高い値を表示する可能性がありますので注意
し て 下 さ い 。( 特 に 低 抵 抗 の 被 測 定 物 を 測 定 す る と き 。)
この上記の確認で範囲外にならない場合には、測定電極に汚れ等が付着している可能性がありま
す。電極の絶縁部(フッ素樹脂)およびゴム電極部をIPA等のアルコールを湿した布で拭き上
げて清掃して下さい。清掃後、充分乾燥させてから、再度上記のチェックを行って下さい。
清掃しても、範囲外の表示がされない場合には、機器の故障の可能性がありますので、弊社また
は弊社代理店までご連絡下さい。
ご注意
電源スイッチをONの状態でクリーニングを行いますと、電極部からの電圧
( 10V or 100V )が 出 力 さ れ る 可 能 性 が あ り ま す の で 、 必 ず 電 源 ス イ ッ チ を O F F
にして行って下さい。
−8−
− 9−
保
証
書
全ての弊社製品は「性能」およびその他の出荷検査をした後
出荷されておりますが、正常な使用状態において万一故障が
発生しました時には、下記の条件にて保証されております。
〔保証期間〕
弊社出荷日より1年間
〔保証内容〕
取扱説明書等の注意書に基づく正常なご使用状態のもとで、
製造上の責任による故障が、保証期間内に万一生じました場
合、無償にて修理または新品あるいは同等品と交換させてい
ただきます。
なお、修理、交換は本シムコ製品のみに限らせて頂きます。
本製品の故障、またはその使用によって生じた直接、間接の
損害については当社はその責を負わないものとします。
ご注意
1. ご使用前に必ず「取扱説明書」をお読み下さい。
2. 次のような場合は、保証期間中でも修理・調整等は、
有償になりますのでご注意下さい。
①
②
③
④
⑤
保証書のご提示がない場合。
落下その他の衝撃を加えられたり、お取り扱いが適
切でないために生じた故障、損傷の場合。
お客様による分解、不当な改造、修理による故障お
よび損傷。
火災、天災地変、あるいは異常入力電圧、水、蒸気、
油、酸等の外部要因に起因する故障、損傷の場合。
その他、その責が当社にないと判断された場合。
シ ム コ 表面抵抗計
Worksurface Tester ST-4
製 品 名
出荷年月日
弊社では製品シリアルナンバ
ーにて出荷日の管理をおこな
っております。
保証期間
出荷日より1年間
シムコジャパン株式会社
本
社
〒 650-0046
神戸市中央区港島中町 1 丁目 2 番 4 号
TEL.078-303-4651
静電気のスペシャリスト
シムコジャパン株式会社
本
社 神戸市中央区港島中町1−2−4
〒 650-0046 TEL.078-303-4651 FAX.078-303-4655
神戸営業所 神戸市中央区港島中町1−2−4
〒 650-0046 TEL.078-303-4651 FAX.078-303-4655
東京営業所 東京都墨田区両国1−3−8西川ビル
〒 130-0026 TEL.03-3635-7261 FAX.03-3635-7189
仙 台 営 業 所 宮 城 県 仙 台 市 若 林 区 六 丁 の 目 中 町 18-15
斎喜六丁の目ビル
〒 984-0012 TEL.022-390-1722 FAX.022-390-1723
ホ ー ム ペ ー ジ : http://www.simco.co.jp/
お 問 い 合 わ せ : info@simco.co.jp
文 書 № 取 説 -10110516
文書№取説-11120210
ご使用の前に
禁止
本製品は、防爆構造ではありません。溶剤・可燃性ガス等が存在する「危険場所」
ではご使用になれません。
表面抵抗計用 IEC 測定電極キット
Worksurface Tester
ご注意
・本製品を正しくお使い頂くために、必ずこの「取扱説明書」をよくお読み下さい。
・本製品は、電気製品です。水・油・溶剤・微粉末等がかかりますと、本製品を著しく
損傷させます。また、検知部(電極部)に「結露」がないようにご注意下さい。
取扱説明書
・本製品を酸・アルカリ・塩素ガス等の腐食性ガスのある場所に持ち込まないで下さい。
また、そのような場所では使用しないで下さい。
・本製品は、この「取扱説明書」に記載された方法でご使用下さい。
・本製品は重量物です。落下等による怪我等に注意して下さい。
・本製品の測定用電極・接続用ステイーションの金属部・コード類の金属部には、測定
中は絶対に触れたり、異物で傷つけたりしないで下さい。測定値中は、この部分に 10V
または 100V の電圧が印加されています。
・本製品は、シムコジャパン株式会社において的確に組み立て及び出荷検査されており
ます。また、本製品を改造・加工および不当な分解を絶対に行わないで下さい。
・本製品について、ご不明な点やご質問がございましたら、お買い上げいただいた販売
店もしくは、弊社・「シムコジャパン株式会社」までご連絡下さい。
ご注意
ご使用前に、この取扱説明書をよくお読みいただき、正し
くお使い下さい。
この取扱説明書の巻末が保証書になっております。内容を
よくご確認の上、大切に保存して下さい。
−1−
はじめに
目 次
ご使用の前に
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1頁
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2頁
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3頁
このたびは、シムコ表面抵抗測定器 Worksurface Tester Model ST-4 用IEC測定電
極キットをお買い求め頂きまして、まことにありがとうございました。
はじめに
本製品をお受け取りになられましたら、まず初めに製品および付属品を確認して下さい。
第1章
概要
第2章
主な仕様
第3章
セットアップ
第4章
測定電極のクリーニング
第5章
外観寸法図
保証書
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・巻末
(1)IEC 測定電極・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2台
導電性ゴムマット付き
(2)付属コード
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2本
両端バナナプラグ付き、ケーブル長さは要ご指定,
(3)ST-4 接続用ステーション
・・・・・・・・・・・・・・・・・・1台
目次
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
4頁
5頁
6頁
9頁
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10頁
(4)キャリングケース・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
(5)取扱説明書/保証書(本書)
・・・・・・・・・・・・・・・・1冊
<本書の記号のご説明>
各記号は主として下記のような意味を表しています。
ご注意をお守りいただかないと重大な事故(死亡事故を含む)を引き起こす恐れ
があります。
ご注意をお守りいただかないと装置の故障を生じる恐れがあります。また、周辺
の機械・設備等に悪影響を与えることがあります。
ご注意をお守りいただかないと感電の恐れがあります。
尚、
または
に記載した事項でも、状況によっては重大な事故に結び
つく可能性があります。いずれも重要な内容を記載していますので、必ずご注意事項を
お守り下さい。
梱包品に不足品がないことおよび製品に外観異常(変形、破損等)がないことを確
認して下さい。もし、不足品、外観不良品がございましたら、ただちに弊社もしく
は弊社代理店までご連絡下さい。
− 2−
−3−
第1章
概
要
第2章
表面抵抗計ST−4で導電性ゴムマット・導電床等を IEC 61340 に基づく接地/接地
可能接続点間及び点間の抵抗測定のための測定電極キットです。測定用電極を被測
定物の上に置き、専用のステーションと接続することで表面抵抗計 ST-4 で簡単に
点間の表面抵抗の測定を行えます。
また、表面抵抗計 ST-4 の付属コードを本体右横のジャックに差し込み、接地体に
付属コードの端末を接続し、測定用電極を置いた導電性マット等の表面とその接地
端子間の総電気抵抗(接地漏洩抵抗)が測定できます。
表面抵抗計 ST-4 の測定範囲が 103 ∼1013 Ω/□(またはΩ)のワイドなレ
ンジのために、様々な素材・製品の抵抗を測定できます。
特に、導電性マット・導電床・導電性袋・帯電防止製品等の検査・保守・管理に最
適です。
また、表面抵抗計 ST-4 の測定原理は測定器の取扱説明書を参照して下さい。
主な仕様
2.1 IEC 測定用電極
外観寸法
φ 6.35 mm ± 0.5 mm × 112.7 mm(H) (巻末の外観寸法図を参照))
電極材質
ステンレス
電極重量
2.5 kg ± 0.25 kg
IEC 規格
IEC 61340-2-3 に準拠
2.2 接続用ステーション
外観寸法
100 mm × 70 mm × 29.2 mm (巻末の外観寸法図を参照))
材
質
電極部:ステンレス
絶縁部:テフロン・ナイロン66
外部接続端子 ① IEC 測定用電極接続用バナナジャック
②M 4 ネジ穴
2.3 付属コード
ケーブル絶縁材質
−4−
シリコン
−5−
第3章
セットアップ
3.1 点間抵抗の測定
3.1.1 図 1 に示しますように、付属の導電性ゴムシートを被測定物(導電性マット・導電性床等)に
測定距離(250mm)に置く。
3.1.3 写真2に示しますように、付属コードを測定用電極とステーション間に接続して下さい。
図1 導電性ゴムシートの置き位置
ご注意
・導電性ゴムシートの表面が汚れていますと測定値に影響が出ます。表面が汚れている
場合には、イソピルアルコール等で拭き取って下さい。
・被測定物(導電性マット・導電性床等)側表面が極端に汚れていますと測定値にかなり
影響が出ますのでご注意下さい。このときには、導電性ゴムシートを置く部分はイソ
プロピルアルコール等で拭き取って下さい。ただし、汚れた状態での測定を希望する
場合にはそのままで測定して下さい。
写真 2
付属コードの接続
3.1.4 写真3に示しますように、ステーションの電極に合わせて表面抵抗計 ST-4 を置いて下さい。
3.1.2 写真 1 に示しますように、導電性ゴムシートの上に測定用電極をずれないように置いて下さ
い。
写真 3
ST-4 の設置
ご注意
写真 1
測定用電極の設置
−6−
表面抵抗計 ST-4 の電源スイッチをONの状態で測定ボタンを押した状態(測定中)
でステーションに置きますと、測定用電極・ステーションの電極部に電圧
(10V or 100V)が出力される可能性がありますので、必ず電源スイッチをOFF
にして行って下さい。
−7−
3.1.5 写真4に示しますように、表面抵抗計と測定用電極が接続されている状態を示します。
写真 4
3.2 接地/接地可能接続点間の抵抗測定
被測定物(導電性マット、導電性床等)の任意の測定ポイントに 3.1 の設置方法を参照して導
電性ゴムシートを置いて下さい。次に、導電性ゴムシートの上に測定用電極をずれないよう
に置いて下さい。写真5を参照して測定用電極と接続用ステーション間に付属コードを接続
し、接地/接地可能接続点に ST-4 の付属コードを接続する。
計測状態
ご注意
写真 5
接地/接地可能接続点間の抵抗測定(1)
測定中は、測定用電極・ステーションの電極部・付属コードの金属部に電圧
(10V or 100V)が出力されていますので、測定しているときには感電する危険
がありますので絶対に触らないで下さい。
−8−
−9−
第4章
キットの付属コードで行う場合には、写真6を参照して測定用電極と接続用ステーション間
に付属コードを接続し、接地/接地可能接続点に付属コードを使用してワニ口クリップ等で接
続して下さい。
測定電極のクリーニング
4.1 接続用ステーション
接続用ステーションの絶縁部は高抵抗で汚れにくい、フッ素樹脂(テフロン)とナイロンを使用
しています。絶縁のチェックするときには、ステーションの付属コードを抜いて、ステーショ
ン単独で表面抵抗計
ST-4 を使用して汚れのチェックをして下さい。通常は(1013Ω/□以上)の表面抵抗にな
りますので、測定値は上限の範囲外[OUT OF RANGE]になっていることで確認できます。接
続用ステーションの絶縁部に導電性の汚れが付着している場合は、実際の値よりも低い値を表
示する可能性がありますので注意して下さい。
この上記の確認で範囲外にならない場合には、接続用ステーションの絶縁部に汚れ等が付着し
ている可能性があります。絶縁部(フッ素樹脂)をIPA等のアルコールを湿した布で拭き上
げて清掃して下さい。清掃後、充分乾燥させてから、再度上記のチェックを行って下さい。
4.2 測定用電極
測定用電極は、ステンレス製なので汚れ等が付着している場合にはIPA等のアルコールを湿
した布で拭き上げて清掃して下さい。特に、導電性ゴムシートに接触する部分(下側)には汚れ
等が付着していないことを確認して下さい。
導電性ゴムシートは、汚れが付着している場合にはIPA等のアルコールを湿した布で拭き上
げて清掃して下さい。
写真 6
接地/接地可能接続点間の抵抗測定(2)
ご注意
・接続用ステーションに表面抵抗計 ST-4 を置くときには向きに注意して下さい。
逆にしますと写真5の方法では測定値がオーバーレンジになってしまいます。また、
写真6の場合には測定値の精度が悪くなります。
・付属コードが短い場合には、別のリード線を接続して延長して下さい。
ただし、接続部分は空中に浮かせるようにして被測定物に接触しないように注意して
下さい。また、リード線の絶縁部には抵抗値の高い材質(1015Ω以上)にして下さい。
ご注意
測定中は、測定用電極・ステーションの電極部・付属コードの金属部に電圧
(10V or 100V)が出力されていますので、測定しているときには感電する危険
がありますので絶対に触らないで下さい。
−10−
−11−
第5章
外観寸法図
−12−
−13−
保
証
書
全ての弊社製品は「性能」およびその他の出荷検査をした後
出荷されておりますが、正常な使用状態において万一故障が
発生しました時には、下記の条件にて保証されております。
〔保証期間〕
弊社出荷日より1年間
〔保証内容〕
取扱説明書等の注意書に基づく正常なご使用状態のもとで、
製造上の責任による故障が、保証期間内に万一生じました場
合、無償にて修理または新品あるいは同等品と交換させてい
ただきます。
なお、修理、交換は本シムコ製品のみに限らせて頂きます。
本製品の故障、またはその使用によって生じた直接、間接の
損害については当社はその責を負わないものとします。
ご注意
1. ご使用前に必ず「取扱説明書」をお読み下さい。
2. 次のような場合は、保証期間中でも修理・調整等は、
有償になりますのでご注意下さい。
①
②
③
④
⑤
保証書のご提示がない場合。
落下その他の衝撃を加えられたり、お取り扱いが適
切でないために生じた故障、損傷の場合。
お客様による分解、不当な改造、修理による故障お
よび損傷。
火災、天災地変、あるいは異常入力電圧、水、蒸気、
油、酸等の外部要因に起因する故障、損傷の場合。
その他、その責が当社にないと判断された場合。
表面抵抗計用 IEC 測定電極キット
Worksurface Tester
製 品 名
出荷年月日
弊社では製品シリアルナンバ
ーにて出荷日の管理をおこな
っております。
保証期間
出荷日より1年間
シムコジャパン株式会社
本
社
〒 650-0046
神戸市中央区港島中町 1 丁目 2 番 4 号
TEL.078-303-4651
静電気のスペシャリスト
シムコジャパン株式会社
本
社 神戸市中央区港島中町1−2−4
〒 650-0046 TEL.078-303-4651 FAX.078-303-4655
神戸営業所 神戸市中央区港島中町1−2−4
〒 650-0046 TEL.078-303-4651 FAX.078-303-4655
東京営業所 東京都墨田区両国1−3−8西川ビル
〒 130-0026 TEL.03-3635-7261 FAX.03-3635-7189
仙台営業所 宮城県仙台市若林区六丁の目中町 18-15
斎喜六丁の目ビル
〒 984-0012 TEL.022-390-1722 FAX.022-390-1723
ホームページ: http://www.simcoion.jp/
お問い合わせ: info@simcoion.jp
文書№取説-11120210