NOW KOJIMA

NOW KOJIMA
ホームページ技術レポート 2007.11.15号
最新版 : http://www.kojima-core.co.jp/report.html
バックナンバー : http://www.kojima-core.co.jp/backnumber.html
e-mail : [email protected]
[email protected][email protected]立て管
を1本にまとめることにより、スペースを確保することができます。 しかし排水横主管が土中に埋設されてしまっ
ているケースでは、排水横主管の更新ができず特殊継手排水システムの大原則である、「排水横主管は排水
立て管径に対して1サイズ以上拡径する。」が守れないことになります。
排水横主管径を100Aとして排水横主管から通気を取った場合の排水性能について検証しましたのでその一
部を報告します。
●実験配管
供試継手
排水立て管径
排水横主管径
横主管形態
CP60K 100×65
100A
100A(90LL)
ストレート 5000(通気取り出し位置:3ヶ所)
排水負荷
定流量 1~3.5[L/s]
試験方法
SHASE-S 218 「集合住宅の排水立て管
システムの排水能力試験法」に準拠
●実験結果
No.
4
通気条件
配管形態
A
閉
B
閉
C
閉
閉
10 単独系統 open 閉
ストレート 閉 open 閉
16
閉
閉 open
22
負荷流量 [l / s]
HQ
CP系統
合計
9F
-
9F
2.5
8F
1.0
3.5
-
2.5
1.0
3.5
-
2.5
1.0
3.5
-
2.5
1.0
3.5
実験No.4
9F:2.5+8F:1.0=3.5[L/s]
通気状態 A:閉 B:閉 C:閉
実験No.10
9F:2.5+8F:1.0=3.5[L/s]
通気状態 A:open B:閉 C:閉
実験No.16
9F:2.5+8F:1.0=3.5[L/s]
通気状態 A:閉 B:open C:閉
実験No.22
9F:2.5+8F:1.0=3.5[L/s]
通気状態 A:閉 B:閉 C:open
NOW KOJIMA
ホームページ技術レポート 2007.11.15号
最新版 : http://www.kojima-core.co.jp/report.html
バックナンバー : http://www.kojima-core.co.jp/backnumber.html
e-mail : [email protected]
●考察
排水横主管径100A単独ストレート配管での基本性能は、図1の通り、無通気の場合は赤線3.0[L/s]、排水横
主管から通気を取った場合は破線3.5[L/s]と判定できる。なお、SHASE-S 206では伸頂通気方式の100A:こう
配1/100の許容流量は2.8[L/s]となっている。
通気ありとした場合でも、許容流量は0.5[L/s]増加するのみで、大幅な改善は見られない。通気の取り出し位
置については、図2の通り、排水横主管上であれば差はないと判定できる。