もりまち議会だより第59号.pdf(2MB) - 森町

平成 26年( 2014年 )5月
第 59号
写真/「ウキウキ 幼稚園デビュー!」 ∼天方幼稚園 入園式∼
《主な内容》
平成27年3月 天浜線新駅開業に向けて
2P
一般質問
老朽化した歩道の対策 他
8P∼10P
編集 議会だより編集委員会/発行 静岡県森町議会
税 24億8,109万円 24億4,157万円
1
67
0
3
年度当初予算
億2134万
25年度
31
歳 出 で は、 総 務 費︵ 天 浜 線 新 駅 設 置
工事負担金など︶が
千円︵ ・2%︶
、民生費︵児童手当、
・8%︶の増
町
26年度
24
平成
保育園委託費、臨時給付金など︶が
千円︵
千円
1
1
森町議会は、 月定例会を 日から
日までの会期 日間で開催しました。
化の取組、新行財政改革の進捗状況、
億2247万
6
26
9
〈 当 初 予 算 における主な歳入・歳出項目の推移〉
歳入項目
議しました。
森町袋井インター通り線の整備促進、
業
・6%︶の増となります。
事
固定資産税など︶が3951万
な
9
4
15
26
22 3
6
となります。歳入では、
町税︵町民税、
Pに掲載︶ ︵
1
浜岡原発再稼働問題などについて、
︵8 ∼
人が一般質問をしました。
主
1
10
天竜浜名湖鉄道新駅設置事業
森町病院前への新駅設置事業
億2917万円︶
︵
拠点防災倉庫整備事業
千円︶
6
拠 点 防 災 倉 庫 整 備 に 係 る 実 施 設 計・
用地取得︵旧森警察署跡地︶
︵4877万
内陸フロンティア推進事業
︵1727万円︶
工業用地開発可能性調査、上水道会
計操出金、外
に向けて
P
年度予算をはじめ、条例や補正予
一般会計は、昨年から ・7%増加
算など、提案された 議案 陳情を審
し、 億3200万円となりました。
平成26年(2014年)5月15日
また、老朽化した歩道の対策、自転
車交通安全対策、森町中心市街地活性
もりまち議会だより 第59号
(万円未満四捨五入)
24年度
23年度
22年度
24億 756万円 23億6,378万円 23億 270万円
地
方
交
付
税 13億3,000万円 13億2,000万円 13億5,000万円 13億4,000万円 12億8,000万円
国
庫
支
出
金
5億2,700万円
5億6,886万円
5億5,652万円
5億4,297万円
4億5,191万円
金
3億8,884万円
4億5,903万円
4億5,449万円
5億5,172万円
4億1,220万円
金
3億8,834万円
2億1,187万円
9,787万円
1億4,436万円
8,287万円
7億1,110万円
7億8,350万円
6億9,730万円
6億1,420万円
5億9,890万円
県
繰
支
出
入
町 債( 借 入 金 )
歳出項目
26年度
25年度
24年度
23年度
22年度
民
生
費 19億2,749万円 18億 502万円 17億3,646万円 19億1,136万円 16億8,991万円
衛
生
費 10億1,717万円 10億2,847万円 10億3,061万円 10億9,104万円 10億1,967万円
総
務
費
9億1,780万円
7億9,645万円
7億2,473万円
6億9,388万円
7億3,689万円
教
育
費
7億2,569万円
7億4,394万円
7億6,023万円
7億4,502万円
7億5,459万円
土
木
費
6億4,454万円
8億3,561万円
7億1,335万円
5億2,515万円
3億6,468万円
農 林 水 産 業 費
2億4,024万円
2億5,021万円
2億 690万円
1億5,305万円
1億6,330万円
公債費(借入返済金)
6億2,278万円
6億2,889万円
6億3,505万円
6億4,271万円
6億3,559万円
ー2ー
一般会計予算
︻反対討論︼
消 費 税 増 税 後 の 経 済 や 町 民 の 所 得、
消費動向が来年度の行政運営にも影響
天浜線新駅開業
︵鈴木議員︶
算となっており、期待できる。
森町の将来に向けて調和のとれた各
種施策の推進と合わせて計画策定の予
︻賛成討論︼
天浜線の新駅設置事業について、費
用対効果の面から賛成できない。
を与えかねない。
︵西田議員︶
天浜線 新駅設置予定地(森町病院前)
︵中根議員︶
限られた財政の中での効率的な予算
編成は、森町の財政の健全・安定的な
病院事業会計
行財政運営の現れである。︵伊藤議員︶
水道事業会計予算
︻反対討論︼
最低限の命を担保する水道水に消費
税はかけるべきではない。自己水源の維
持管理を強化し、災害に対応できる設備
(億円)
150
水道事業会計
154億7,913万円
26年度
体制を図らねばならない。 ︵西田議員︶
145億6,992万円
公共下水道事業特別会計
152億3,284万円
25年度
︻賛成討論︼
例
ー3ー
今後心配される災害に強い水道事業
に期待する。また、県企業局との交渉
万円に引き
24年度
後期高齢者医療特別会計
146億6,801万円
老人保健特別会計
23年度
一般会計
136億9,232万円
22年度
により、水の使用料金の引き下げをし
たことを評価する。
︵ 山 本 議 員 ︶
条 森町非常勤消防団員に係る退職報奨金
︻一部改正︼
の支給に関する条例
万円、最低支給額
非常勤消防団員の処遇改善のため、
消防団員に係る退職報償金について、
一律
上げを行います。
︻賛成討論︼
期待する。
︵小沢一男議員︶
消防団のあり方が見直され、防災力
の強化に向けた取り組みが進むことを
20
100
50
0
5
平成26年(2014年)5月15日
もりまち議会だより 第59号
平成27年3月
<会計別予算の推移>
国民健康保険特別会計
介護保険特別会計
第一常任委員会
第一・第二常任委員会は、 月 日、 日、 日の 日間に
わたり、本会議で付託された平成 年度予算などの議案につい
て、審査を行いました。審査の主な質疑を報告します。
近 隣 市 町 で は 磐 田 市 が 行 っ て お り、
報告会も行っている。
幼稚園での預かり保育は考えてい
るか。近隣市町はどうか。
年度以降に待機児童が出かねな
い状況にある。預かり保育に関しては
袋井市が進んでいるので、研修等をし
ながら緊張感を持って取り組みたい。
11
12
3
る。
は。
介護ボランティアポイント制度と
提に譲り受けており、秋以降に実施す
3
登録施設でのボランティアに対し
ポイントを付与し、次の年度に交付金
申請で、ポイント数に応じた年最高
人である。
千円までの交付金を支払う。現在登録
者は
億
家庭医養成プログラムの国の補助
が終わるが、今後どのような形になる
か。
県が基金を設け、 年間で
千万円の補助を受けてきた。
次年度からは県が別の補助事業を組
み、 年間の補助がくる。3600万
円と額は縮小するが、県は浜松医大に
地域家庭医療の寄付講座を設け、特任
教授による家庭医療プログラム研修医
への指導を行う。
ー4ー
26 10
Q
A
広島平和式典へ
生徒を派遣
非常勤消防団員の退職報奨金を、
団員から団長まで活動実態に対し一律
年
大上宮奥線の整備について、今後
地形的に厳しくなるが、進捗は。
辺地整備の一之瀬大久保線が
度で終われば、その後の 、
千万円が大上宮奥線に回せる計画で
ある。 年 度 以 降 も 枠 の 中 で 対 応 す る 。
旧江間邸の蔵はどのような価値が
あるか。
5
4
28
年度は 30
万円引き上げるが、他市町ではどうか。
年度は森中学校区を
4
27
蔵は歴史ある家系のものであり文
化価値がある。住居等は取り壊しを前
4
法律施行令が公布され、 月 日施
行されるため改正する。基準を満たして
いる市町については改正の必要はない。
を 派 遣 す る。
29
68
2
5
Q
A
Q
A
Q
A
1
2
31
4
広島平和記念式典への生徒の派遣
はどのような形で行うか。その意義は。
2
平 和 教 育 の 重 要 性 に 鑑 み て、 小
学 生 名、 中 学 生 名、 引 率 者 名
2
5
Q
A
Q
A
予 定 し、 生 徒 は 学 校 か ら 推 薦 す る。
26
Q
A
平成26年(2014年)5月15日
もりまち議会だより 第59号
旧江間邸の蔵(本丁)
第二常任委員会
天宮土地区画整理の状況は。
年度には
区
計画を 年延長して 年度までに
事業を完了したい。 年度で街区造成
区画が売れ、残り
は完了する。保留地は
年度には
ながら、場合によっては
年度の年度
老朽化した公共施設に係る起債制
度及び交付税措置などの制度内容を見
︵元︶清掃センター解体の計画は。
区画を販売していく。
画、
28
途中に解体工事等の補正予算をお願い
橋梁長寿命化修繕工事の内容は。
年度は三倉小前に架かる友愛
橋梁長寿命化計画に基づき、国の
防 災・ 安 全 交 付 金 を 受 け て 実 施 す る 事
業で、
橋の橋台補強を行う。
路線
一宮地区公園整備の内容は。
一宮総合センターに隣接する農地
を一時転用してゲートボール場として
いたが、一時転用を解除して、町が農
村公園を整備し、合わせてセンターの
駐車場として利用する。
アクティ森はお金をかけてリニュ
ーアルしたらどうか。
年度は和食から洋
行政がお金を掛けるのではなく、
収益を出して投資をし、内容を充実さ
せるべきである。
食への変更に必要な食器や機器、バー
年度も利益が出れば
ベキューの設備などに利益の中から投
資をしている。
設備投資をし、お客さまが満足する施
設に改善するように指示している。
遠州水道からの受水量は。
㎥当たり
円から
日量8500 ㎥が満量であり、今
後の基本水量となる。使用料金は、
年間は
・
%、5000 ㎥とみて
円に減額される。使用量は契約受水
年度から
量日量の
・
%、自
いる。年間総給水量に占める割合は、
%である。
ー5ー
26
Q
年度の数値で遠州水道
・
26
2
するかもしれない。
道路ストックの総点検の内容は。
道路ストックとは、道路の舗装、
橋梁、トンネル、法面、道路付属物と
して道路照明灯及び道路標識である。
戸以上の集落へ向かう道路、県
路線、その他
1
避難所に行く道路、天方地区以北では
概ね
級町道
道と県道を結ぶ道路を選定基準とし、
級・
12
5
年度は点検
24
25
8
25
A
Q
A
Q
己水
61
5
5
58
5
を総点検の対象とした。
て改修していく。
38
5
A
Q
を行い、必要があれば交付金を活用し
26
11
24
26
10
2
7
14
18
閉鎖した(元)森町清掃センター(向天方)
Q
A
A
Q
24
26
A
Q
A
1
平成26年(2014年)5月15日
もりまち議会だより 第59号
長寿命化計画により補強する友愛橋(三倉)
道路の
総点検 はじまる!
補
正
算
3
予
億433万
千円
千円
4
億5075万
1
89
追加
1
総額
案
基金に1000万円、森地区公共施設
議
整備事業基金に300万円を積み立て
般
ました。
一
財政調整基金に 億332万 千
円、減債基金に 億円、緊急地震対策
平成26年(2014年)5月15日
辺地に係る公共施設の総合整備計画
三倉地区域内町道一ノ瀬大久保線、
橘・ 薄 場 区 域 内 に お け る 町 道 大 上 宮 奥
線の整備について、継続事業分を新た
事
な整備計画として策定するものです。
人
森町教育委員
亀山鋹男氏の辞任に伴い、井口始氏
の選任に同意しました。
情
また、井上啓次郎氏の辞任に伴い、
比奈地敏彦氏の選任に同意しました。
陳
小藪川の水質浄化についての陳情が
提出され、
全 会一致で採択されました。
もりまち議会だより 第59号
3 8
3 月 定 例 会 の 審 議 結 果
備 考
森町教育委員会委員の任命
同 意
全員賛成
森町教育委員会委員の任命
同 意
全員賛成
事
結 果
一般職の職員の給与に関する条例の一部
原案可決 全員賛成
を改正する条例
森町消防団員等公務災害補償条例の一部
原案可決 全員賛成
を改正する条例
結 果
備 考
平成25年度森町介護保険特別会計補正予算
原案可決 全員賛成
(第4号)
平成25年度森町公共下水道事業特別会計
補正予算(第3号)
平成25年度森町病院事業会計補正予算
(第4号)
一般議案
森町非常勤消防団員に係る退職報償金の
原案可決 全員賛成
支給に関する条例の一部を改正する条例
議 案 名
補
正
予
算
人
議 案 名
原案可決 全員賛成
原案可決 全員賛成
辺地に係る公共的施設の総合整備計画策定 原案可決 全員賛成
条
東遠学園組合規約の変更
原案可決 全員賛成
森町緊急地震対策基金条例の一部を改正
原案可決 全員賛成
する条例
平成26年度森町一般会計予算
反対
原案可決 西田議員
鈴木議員
森町廃棄物の処理及び清掃に関する条例
原案可決 全員賛成
の一部を改正する条例
平成26年度森町国民健康保険特別会計予算 原案可決
反対
西田議員
平成26年度森町後期高齢者医療特別会計予算 原案可決
反対
西田議員
平成26年度森町介護保険特別会計予算
原案可決
反対
西田議員
平成26年度森町公共下水道事業特別会計
予算
原案可決
反対
西田議員
平成26年度森町大久保簡易水道事業特別
会計予算
原案可決
反対
西田議員
平成26年度森町三倉簡易水道事業特別会
計予算
原案可決
反対
西田議員
平成25年度森町大河内簡易水道事業特別
会計予算
原案可決
反対
西田議員
森町下水道事業受益者負担に関する条例
原案可決 全員賛成
の一部を改正する条例
平成26年度森町水道事業会計予算
原案可決
反対
西田議員
平成25年度一般会計補正予算(第6号)
平成26年度森町病院事業会計予算
原案可決 全員賛成
森町債権の管理に関する条例
原案可決 全員賛成
例
森町税外収入金の督促等に関する条例の
原案可決 全員賛成
一部を改正する条例
森町後期高齢者医療に関する条例の一部
原案可決 全員賛成
を改正する条例
森町介護保険条例の一部を改正する条例
当
初
予
算
森町社会教育委員会設置条例の一部を改
原案可決 全員賛成
正する条例
原案可決 全員賛成
森町道路占用料等徴収条例の一部を改正
原案可決 全員賛成
する条例
平成25年度森町国民健康保険特別会計補
原案可決 全員賛成
正予算(第2号)
陳情
補正予算
原案可決 全員賛成
ー6ー
小藪川の水質浄化
採 択
全員賛成
月臨時会
月臨時会を 月 日に開催し、土
地取得について審議しました。全員の
般
議
案
賛成で、原案どおり可決しました。
一
森町総合体育館建設用地の取得に関し、
静岡県と土地取得の契約を締結します。
月臨時会
月臨時会を 月 日に開催し、補
正予算や建設工事委託に関する変更契
正
予
算
案
千円。
議
会計の補正予算
月臨時会
月臨時会を 月 日に開催し、条
例の一部改正、補正予算や建設工事請
3
例
負契約の締結についてを審議しました。
条 森町立幼稚園保育料徴収条例︻一部改正︼
正
予
算
幼稚園における第 子の保育料を半
額 に 、 第 子以降を無料にします。
補
平成 年度一般会計及び平成 年度
一般会計補正予算を審議しました。
千円となり
億9500万円を
平成 年度一般会計は、総合体育館
建設のための追加建設事業費として、
億4575万
歳入歳出それぞれ
追加し、
ました。
億3240
平成 年度一般会計は、幼稚園就園
奨励補助金等として、歳入歳出それぞ
千円を追加し、
万
案
れ
議
千 円となりました。
般
万
一
建設工事請負契約の締結
備 考
条例
補
正
予
算
補正予算
原案可決 全員賛成
3
総合体育館建設に伴う、電気設備工
事及び機械設備工事を実施します。
平成26年度森町一般会計補正予算
(第1号)
平成25年度森町病院事業会計補正予算
原案可決 全員賛成
(第3号)
建設工事委託に関する変更契約の締結 原案可決 全員賛成
一般
建設工事委託に関する変更契約の締結 原案可決 全員賛成
議案
一般議案
ー7ー
平成25年度森町公共下水道事業特別
原案可決 全員賛成
会計補正予算(第2号)
原案可決 全員賛成
約の締結についてを審議しました。
補
一般会計ほか、計
を審議しました。
主な内容をお知らせします。
般
6968万
一
建設工事委託に関する変更契約の締結
遠州森町スマート 周辺の安全な走
行を確保するため、照明設備を増設し
ます。
原案可決 全員賛成
建設工事請負契約の締結
平成25年度森町介護保険特別会計補
原案可決 全員賛成
正予算(第3号)
平成25年度森町一般会計補正予算
(第7号)
26
原案可決 全員賛成
平成25年度森町一般会計補正予算
(第5号)
原案可決 全員賛成
森町立幼稚園保育料徴収条例の一部
を改正する条例
31
2
結 果
議 案 名
備 考
結 果
議 案 名
3
67
2月臨時会の審議結果
3月臨時会の審議結果
3
1
2
3
25
1
2
総合体育館建設のための建設工事費
及び工事監理業務委託料として、 億
13
25
91
26
3
21
21
4
IC
3 40
1
1
2
7
平成26年(2014年)5月15日
もりまち議会だより 第59号
25年度一般会計
総額 91億円 を突破!
問
遠 江 総 合 高 校 付 近 の 歩 道 は、 老
朽化による歩道路面の高低差︵でこ
事業による路面の舗装復旧が終わ
町長
金與食堂から遠江総合高校正
門 前 の 区 間 は、 今 年 中 に 公 共 下 水 道
老朽化した歩道の対策
安心・安全な歩道確保を
ぼ こ ︶ が 著 し く、 街 路 樹 の 倒 木、 空
る。
ていく。
の改善等を
月の補正予算で対応し
の ス ロ ー プ 勾 配 の 緩 和、 波 打 ち 歩 道
た 植 樹 ま す の 撤 去、 車 両 乗 り 入 れ 部
そ の 区 間 を 対 象 に、 老 朽 化 が 進 ん
で い る 歩 道 の 舗 装 の 打 ち 替 え、 空 い
い た 植 樹 ま す の 増 加 に よ り、 景 観 上
の問題と歩行者に対しての危険性が
危 惧 さ れ て お り、 早 急 な 対 応 策 が 課
題となっている。
交通弱者に配慮した、誰もが安全・
安 心・ 快 適 に 移 動 で き る﹁ ※ユ ニ バ
ーサルデザインの歩道空間﹂の構築
自転車交通安全対策の
充実・強化を願う
自転車保険への加入啓発を
問
道 路 交 通 法 が 改 正 さ れ、 路 側 帯
の 右 側 を 自 転 車 で 走 行 す る と、 懲 役
や罰金が科せられるようになった。
町長
﹁ ス ケ ア ー ド・ ス ト レ イ ト ﹂
に は 高 額 な 費 用 が か か る た め、 袋 井
車安全利用条例制定の考えについて
﹁ 自 転 車 保 険 ﹂ の 加 入 を 促 す、 自 転
にけがを負わせた際に補償される
近 年、 自 転 車 事 故 の 高 額 賠 償 判 決
が 相 次 い で い る。 自 転 車 で 歩 行 者 等
警 察 署 と 連 携 し、 交 通 安 全 教 室 の 回
伺う。
数 を 増 や し 充 実 さ せ、 交 通 ル ー ル の
について伺う。
ストレイト﹂自転車安全教室の開催
こ と を 体 感 さ せ る﹁ ※ス ケ ア ー ド・
問
恐 怖 感 を 実 感 す る こ と で、 危 険
行為を未然に防ぎ交通ルールを守る
小 沢 一 男
遵 守・ 自 転 車 交 通 マ ナ ー の 向 上 を 図
っていく。
町長 自転車事故防止の啓発は必
要。 ま ず、 今 後 全 世 帯 に 啓 発 パ ン フ
レ ッ ト を 配 布 し、 自 転 車 保 険 加 入 の
促進に努めていく。
その他の質問
・防災対策について
・不妊治療の人工授精費用補助につ
いて
※スケアード・ストレイト
スタントマンが事故現場を再現す
る こ と で、 事 故 の 危 険 さ や 交 通 ル ー
ルの大切さを学ぶ手法のこと。
ー8ー
伊 藤 和 子
を提案するが、町長の考えを伺う。
﹁ユニバーサルデザインの歩道空
間 の 構 築 ﹂ に つ い て は、 当 町 の 条 例
に基づき対応する。
線 な ど の 道 路 に つ い て は、 周 辺 の 状
況に応じて、歩行者・自転車の通行・
走行空間の確保に努めていく。
※ユニバーサルデザイン
高 齢 者・ 障 害 者 等 を 含 む す べ て の
人 に 安 全 ・ 安 心 で、 車 い す 利 用 者、
ベ ビ ー カ ー、 押 し 車 等 も 安 心 し て 通
行できる歩道のこと。
スケアード・ストレイト 衝突事故再現の様子
9
今後、新設・改良を計画している、
森町袋井インター通り線や新田赤松
老朽化し、ひび割れた歩道と空いた植樹ます
平成26年(2014年)5月15日
もりまち議会だより 第59号
町 政 を 問 う ∼一般質問∼
くるものと考えている。
想 等 を 踏 ま え た 中 で、 方 向 性 が 出 て
小京都まちづくりと
森町中心街の活性化は
問
小京都まちづくりを進める上で
町 長 が 持 つ 基 本 構 想 に、﹁ 人 口 を
億・
行財政改革の
進捗状況は
ゆまない改革を進める﹂と述べてい
問
年 度 町 政 運 営 の 所 信 の 中 で、
﹁ 新 行 財 政 改 革 プ ラ ン に 基 づ き、 た
それらも含めて 年度に検討したい。
向かう行政組織も必要と思うので、
と思う。ある程度人材を揃えて立ち
というと、そろそろ限界に来ている
る。今年度の進捗状況はどうか。
町長
プ ラ ン の 項 目 中、 一 部 実 施
を含むと 項目を実施、 ・ %の
ア ル、 町 長 と 語 る 会 の 実 施、 電 気 使
用 量 の 削 減、 公 共 施 設 マ ネ ジ メ ン ト
の 必 要 性 に 対 す る 共 通 認 識、 地 域 防
災計画の見直しや防災力向上などで
ある。
問
行 財 政 改 革 の 結 果、 職 員 が 少 な
く な り、 一 人 一 人 の レ ベ ル ア ッ プ が
求 め ら れ る。 今 後 の 行 財 政 改 革 プ ラ
ンについての考えは。
% 削 減 し て き た が、 業 務
町長
人 を 育 て る、 能 力 を 発 揮 さ せ
る と い う 視 点 も 大 事 と 思 う。 今 ま で
職員を約
PR
量や新たな課題が増え、予算も増え、
が しげたか
のつながりも再確認していきたい。
先 生 に も ご 協 力 を お 願 い し、 京 都 と
町長
きに検
今 後 実 施 に 向 け、 前 向
くいせこはくじゅ
討 し た い。 ま た 京 都 在 住 の 杭 迫 柏 樹
土の継承につながるが、考えは。
書の大家を輩出した森町の文化的風
﹁森町之賦﹂への理解が深まる。また、
問
志賀重昂氏の﹁森町之賦﹂を題
材 に 書 道 コ ン ク ー ル を 実 施 す れ ば、
し
書道コンクールで小京都の推進を
26
万人に戻す﹂、﹁自主財源を
億 に す る ﹂ な ど、 具 体 的 な 数 値 目 標
町 政 を 問 う ∼一般質問∼
今 年 度 の 主 な 取 組 は、 森 町 紹 介
映像作成やホームページのリニュー
5
町長
提 案 に つ い て は、 基 本 案 が ま
とまった段階で各種団体の意見も頂
き、 最 終 的 な も の と す る プ ロ セ ス が
よいと思う。
太 田 康 雄
97
実施率となる見込みである。
41
があるか伺う。
町長
皆さんの衆知を結集するた
め、 遠 州 の 小 京 都 ま ち づ く り 推 進 会
年度には住民アン
議 及 び 作 業 部 会 も 設 立 し、 調 査 検 討
を 進 め て い る。
ケートも予定している。
数 値 に つ い て は、 人 口 ・ 自 主 財 源
そ の 他 数 値 目 標 は な い が、 自 主 財 源
億円は数年後に達成すると考えて
いる。
問
遠州の小京都まちづくり推進会
議 で は、 中 心 市 街 地 へ の 議 論 は あ る
か。 ま た、 町 並 み と 蔵 展 等 各 種 団 体
の 意 見 も 聞 く と よ い と 思 う が、 町 長
の意見を伺う。
産業課長
小京都まちづくり推進会
議 及 び 作 業 部 会 で、 計 回 会 議 を 実
26
人をさらに減らしてやっていけるか
ー9ー
40
施 し た が、 視 察 研 修 及 び 調 査 の 段 階
45 2
筋 惠 治
7
で あ り、 中 心 街 の こ と は 今 後 基 本 構
杭迫柏樹氏「森町之賦」書
40
40
25
26
平成26年(2014年)5月15日
もりまち議会だより 第59号
午後2時の森町中心街
制定以来
年が経過した。
問
高 齢 者 は り・ き ゅ う・ マ ッ サ ー
ジ 治 療 費 助 成 制 度 に つ い て は、 要 綱
森町袋井インター
通り線の整備促進
問
森町袋井インター通り線は、森
掛川 ∼袋井 等を結ぶ、大変重要
な都市計画道路で、早期整備に向け
地元地域からも要望が出されている。 制度を見直して治療院の拡大がで
きないか伺う。
都市計画変更等の手続きがどこまで
進められたか。また、地元要望度の
町長
利 用 者 の 利 便 性 向 上 の た め、
平成 年度から﹁あん摩マッサージ
た治療院で利用できるようにして参
町 内 に 開 設 し、 町 へ 承 諾 書 を 提 出 し
者 で、 保 健 所 に 届 け 出 を 行 い 森 町 の
る法律﹂の規定により免許を受けた
指 圧 師、 は り 師、 き ゅ う 師 等 に 関 す
26
りたい。
市町が一致できるレベルを見
問 体験の里アクティ森は開業から
年 目 を 迎 え る。 時 代 の 流 れ の 中 で
アクティ森の抜本的改革を
と安全協定を結ぶことに意味がある。
い。 施 設 の 老 朽 化 も 進 む 中、 抜 本 的
︵UPZ︶内にある 市町が中部電力
まずは緊急時防護措置準備区域
町長
国のエネルギー政策の一環で、 国の方針も踏まえた上で検討すべき。
いだすことが重要と考える。
ら、
方に市町間で温度差があることか
長 レ ベ ル で 詰 め て い き た い。 と ら え
浜岡原発の再稼働問題に
ついての考えは
問
浜 岡 原 発 再 稼 働 問 題 は﹁ 首 長 ﹂
の意志が大きく左右する。
西 田 彰
再稼働を認めない決断を。
町 政 を 問 う ∼一般質問∼
今 後、 協 定 内 容 に つ い て 他 県 の 例
も 参 考 に し な が ら、 事 務 レ ベ ル、 首
体験施設が今後とも盛んにはならな
改革が必要では。
町長
オ ー プ ン 当 初 年 間 ほ ど は、
年間100万人が入場する賑わいを
見 せ た が、 バ ブ ル の 崩 壊 等 社 会 情 勢
も 変 化 し、 お 客 様 の 価 値 観 も 変 わ り
苦戦をしている。
指 定 管 理 制 度 で 委 託 を し て お り、
現 在、 毎 月 誘 客 に 向 け た 各 種 イ ベ ン
ト を 展 開 し て い る が、 営 業 形 態 か ら
してトップシーズンとオフシーズン
があり、トップシーズンで稼いで﹁そ
の金﹂でオフシーズンは休業しない
でやりくりをする方針が必要と考え
る。
ー10ー
高い円田から谷中駐在所に至る約
現在、 車線から 車線への
町長
変更区間の内、森地内の約4kmにつ
いては、概略設計を実行し、県や警察
など関係機関と協議を行っている。
ま た、 円 田 か ら 谷 中 駐 在 所 に 至 る
区 間 に つ い て は、 早 期 事 業 化 に 向 け
﹁ 事 業 着 手 準 備 制 度 ﹂ を 活 用 し、 県
と地域住民との合意形成がスムーズ
に 図 ら れ る よ う、 地 元 や 関 係 機 関 と
年度末ま
でに県の都市計画審議会において都
の 協 議 調 整 を 進 め、 平 成
市計画決定していただくよう進めて
参りたい。
5
㎞区間の事業着手時期について伺う。
1.2
7
中 根 幸 男
2
27
24
IC
4
7
19
IC
高齢者はり・きゅう・マッサー
ジ治療費助成制度の見直し
全国の原発の状況(環境防災Nネットホームページより)
平成26年(2014年)5月15日
もりまち議会だより 第59号
県道山梨一宮線(谷中駐在所付近)
もりまち議会だより 第59号
平成26年(2014年)5月15日
全議員による 第3回
議会報告会
を開催します
町民の皆さまに、町議会をより身近に感じていた
だけるよう、
下記のとおり議会報告会を開催します。
普段なかなか知ることのできない町の事業につい
て、議員がわかりやすく説明します。
また、皆さまからの議会に対するご意見もお伺い
したいと思います。
どなたでも参加できますので、ご都合の良い会場
までお出かけください。(申込みは必要ありません)
開催日
時 間
会 場
園
田
5月17日(土)
19:30∼
園田総合センター
三
倉
5月24日(土)
19:30∼
三倉総合センター
天
方
5月30日(金)
19:30∼
天方生活改善センター
飯
田
6月 4日(水)
19:30∼
飯田総合センター
6月 6日(金)
19:30∼
森町文化会館(小ホール)
6月 7日(土)
19:30∼
一宮総合センター
森
一
宮
∼町政を議論し考える∼
行財政問題課題研究会
研究会では、森町議会議員が町
内各地区の議会報告会で示された
問題・課題等について議論します。
議会全体としての考えをまとめ
たり、議員個々の考えを深めるた
めに、
毎月行っている研究会です。
最近の議論
・内陸フロンティアの取組
・防災対策・議会対応
・総合体育館の建設
・天浜線の新駅設置
・天方小学校の複式学級
ー11ー
原子力災害対策
問
原発から ㎞圏内の範囲︵UPZ︶
を国が定めたが、町としてどのように
三
倉
地
保安林整備事業
区
問
三倉地域は全地域が保安林となっ
ている。奥地保安林整備事業を 年ほ
ど実施した。
次の段階として、国の方で保安林内
の居住地域整備事業が予定されたら前
向きにお願いしたい。
答
今年度も県の奥地保安林緊急整備
事業で調査伐を実施する予定。
居住地域整備事業については、治山
事業では事業そのものがないので、今
地
区
問
年度から天方小が複式学級とな
る。子供が極端に少ない弊害が起きて
天方小学校複式学級化
議会報告会 Q&A
回
地区に
㎞ライン
た、
町内会長へ直接電話で連絡を行う。
伝達方法については、広報車及び同
報無線により住民にお知らせする。ま
答
原発から ㎞圏内の住民は、基本
的に家の中に待避する屋内待避となる。
避難させるか。伝達手段はどうするか。
30
第
月上旬にかけて、森町
区
後の国の動向を見て、関連する事業が
方
あれば検討したい。
天
工場跡地等の有効活用
問
名古屋金型等の工場跡地等の有効
利用ということで、引き合いがあるなら
是非ここへ来るようお願いしてほしい。
いる状況である。町としての対応は。
コミュニケーション、体験学習を通
じて人間の成長につながると思うが、
充実を図っていただけるか。
答
三倉小に続き、森小との交流学習
を企画する。学力の向上、また担任の
負担軽減のため学習支援員を配置す
る。
天方小学校 複式学級模擬授業見学後の勉強会
森町議会では、議会をより身近に感
じていただくため、平成 年 月中旬
から
おいて議会報告会を開催しました。
月には中間報告をいたしま
皆さまから頂いた貴重なご意見の一
部については、議会として町長に提言
し、昨年
地
5
答
工 業 立 地 用 遊 休 地 情 報 を 町・ 県 の
ホームページに掲載し、情報提供に努
めている。
ー12ー
した。
今回 年間の総括として、議会報告
会で頂いたご意見・ご質問について、
田
周辺の発展
Q&A方式で報告させていただきます。
園
新東名・スマート
問
地 震・ 津 波 の 関 係 で 内 陸 地 の 工 業
団地の価値が上がってきている。
工業団地化やスマート を利用した
将来的な発展、地元で若い人が働ける
ような工業関連の事業は。
IC
答
森掛川 ・遠州森町スマート 周
辺は、﹁内陸フロンティアを開く取組﹂
IC
26
IC
の中で特区の指定を受け、それぞれの
IC
地区で土地利用構想を検討している。
原発から30km圏内である緊急時防護措置準備区域(UPZ)
11
1
30
6 5
2
25
集
特
6
本年度は将来の企業進出を見据え、
開発にかかる費用を調査する。
30
平成26年(2014年)5月15日
もりまち議会だより 第59号
一
宮
地
区
内陸フロンティアと町の将来ビジョン
問
内陸フロンティア構想がどうなる
のか解らない。森町の将来に対するビ
ジョンを検討してもらいたい。
答
新東名インター等の供用開始を受
け、﹁内陸のフロンティアを拓く取組﹂
明神通りの渋滞対策
問
観光バス、
新東名が開通してから、
乗用車が非常に多くなり、明神通りの
渋滞が以前にも増してひどくなった。
小國神社に行く道は限られており、
道路整備が何より優先されるべきだと
思う。小國神社を参拝してよかったと
思えるような道路整備をお願いしたい。
答
明神通りは県道宮代赤根線で、県
の管理道になる。現在、歩道整備を含
区
森町の﹁城﹂の見学コースを
将来この 城を静かに見学できる歴
史的な見学コースができればと思う。
田城、天方城、眞田城、米倉城がある。
問
森町には戦国時代以前から もの
山城があり、中でも代表的なものに飯
やまうちつしまのかみどう び
答
近 年、﹁ 城 ﹂ が 脚 光 を 浴 び、 城 や
城跡を訪れる見学者が増加している。
元来、山城は防御のため険しい山に
造られており、登山道も険しくなって
いる。また、
個人の所有地が多いため、
地権者の理解が得られれば、必要に応
飯田城跡の城址碑 「山内対馬守道美公飯田城址」
森
地
区
町営バス運行状況の再検証を
問
町営バスが平成 年から運行され
るようになったが、町民の足、観光の
答
新東名やスマート の供用開始な
ど、人や物の流れを十分に検証する中
だきたい。
バスの運行状況を再検証し、町民の
足、観光に役立つよう検討をしていた
用途に全く役に立っていないと思う。
20
今後も町民の意見を伺いながら、議
会内で議論を深めていきたい。
る。
えを一般質問等で当局に提案してい
している。さらに、各議員が自らの考
答
森町が遠州の小京都をいかしたま
ちづくりを進めることには議会も一致
地元の意見を拾い上げ、一つの方向
性に持って行くことが大事だと思う。
問
﹁ 遠 州 の 小 京 都 ﹂ に つ い て、 議 会
としての見解はどのようなものか。
﹁遠州の小京都﹂の方向性は
し合っていきたい。
調査研究について、関係者を交えて話
合的に検討する中で、総合交通体系の
で、また、教育・福祉・観光などを総
IC
の中で特区の指定を受けており、町の る。町のそれぞれの区域について、土
めた道路拡幅工事が行われている。
発展につなげていきたいと考えてい
地利用構想を検討している。
小國神社では、渋滞対策の一環とし
町の将来ビジョンは、第 次総合計 て車200台分の駐車場を設置した。
画や都市計画マスタープランに基づ
地
19
じて慎重に整備を進めていきたい。
ー13ー
8
また、初詣の時期などは地元の人が
き、また、時期の総合計画策定時に検
自宅から出られない、自宅に戻れない
討していきたい。
といった状況があるため、対策として
田
迂回路を整備する。
飯
県道の整備と安全確保
問
渋滞対策や飯田小学校周辺・山名
神社周辺の歩道部分の安全確保など、
県道の整備が非常に遅れていると思う。
国・県の予算を確保して、安全な道
路にしてほしい。
小國神社周辺の渋滞
答
袋井春野線については、袋井土木
事務所に歩道の整備を含め、道路改良
の要望をしている。
4
平成26年(2014年)5月15日
もりまち議会だより 第59号
町の情報をお伝えします
なずなの会
視力に障害を持つ方
に、活字を音声化して聞
用していただく方にコピ
り、県議会だより等も利
化されて届く県民だよ
いていただく会です。
ーして発送します。
私たちが現在音声訳に
毎週金曜日に集まり、
携わっているのは、広報
班に分かれて、テープ
だより、そして会員たち
記入、返却の確認作業等
の発送や返却の帳簿への
もりまち、回覧物、議会
が任意で作成する〝なず
● ひ と こ と ●
私は、いつも人に恵ま
れて生きてきました。
私の陶芸の師・神山易
久は、月に一度弟子に作
品を作らせました。しか
し、私が何度作っても、
師は見た瞬間にそれを壊
しました。
一年ほど過ぎた頃、た
まりかねて﹁なぜ壊すの
か﹂と師に訪ねました。
すると、師は﹁これは何
か﹂と私に尋ねました。
私が花器と答えると、
﹁ こ れ は 器 で は な い。 器
とは内側だ。水も花も内
に入る。お前のものは外
側に比べ内側に気が入っ
て い な い。﹂ と 叱 ら れ ま
した。
あの時から 年が過ぎ
ましたが、今でもその言
葉は私の中に鮮明に残っ
ております。
︵K・よしすじ︶
長
榊 原 淑 友
長
片 岡 健
ー14ー
http://www.town.morimachi.shizuoka.jp/
E-mail : gikai@town.morimachi.shizuoka.jp
副委員長
中 根 幸 男
委
員
筋 惠 治
委
員
小 澤 哲 夫
委
員
伊 藤 和 子
議
委 員
議会だより編集委員会
36
利
※会議の開始時間は午前9時30分です。
※日程が変更される場合もありますのでご了承ください。
を行います。他に、
6月26日(木)本会議 最終日
用者の方へテープから
6月12日(木)常 任 委 員 会
〒437-0293 静岡県周智郡森町森2101-1
TEL 0538-85-6329 FAX 0538-85-6044
6月11日(水)本会議 2日目
へ変換する作業も行って
おります。
現中央体育館は、老朽化も進み耐震性に
問題がある。
地震対策と社会体育の振興を図るために、中
央体育館の建て替えを検討してはどうか。
発行 静 岡 県 森 町 議 会
編集 議会だより編集委員会
平成26年2月議会臨時会、及び3月議
会臨時会にて、体育館建設のための補
正予算を可決しました。
また、3月議会臨時会、及び4月議会臨
時会にて体育館建設の契約締結につい
ての議案が可決しました。
新体育館は、旧周智高校跡地に平成27
年3月の完成予定となります。
6月 5日(木)本会議 初 日
な通信〟です。
合わせ、難読文字は辞書
会員も利用してくださ
で、アクセントもアクセ
る方も減少しています。
ともに新加入をお待ちし
ント辞典で調べ、細心の
心構えでテープに録音し
ています。
名
ています。
また、すでにテープ化・
会
員
階・ボランティ
アビューロー
場
所
保健福祉センター
日
時
毎週金曜日
時半∼ 時半
15
代表
加藤
すゞ子
もりまち議会だより第59号 平成26年(2014年)5月15日発行
▼
<6月定例会の予定>
CD
CD
CD
9
【平成24年8月定例会】
町議会は町の予算や身近な問題について
話し合う大切な会議です。
あなたも議会を傍聴してみませんか?
●手続きは住所・氏名・年齢を書いていた
だくだけです。(定員数28名)
●お問い合わせ先…議会事務局
電話 0538-85-6329
録音するに当たり、誤
読がないよう人名は問い
みんなのこえ
2
13
2
平成26年(2014年)5月15日
もりまち議会だより 第59号