PCR キット

1-100-003
Feel so Bio 19キットシリーズ
#003
PCR キット
取扱説明書
ver.1.2
目次
本キットの特徴
キット使用時に必要な試薬・機材等の一覧
内容物について
分注について
PCR法の原理
電気泳動の原理
電気泳動の準備と手順
実験手順
DNA染色の推奨方法
付録1 DNAポリメラーゼにとは
付録2 電気泳動法
-1-
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
2
3
4
5
6-8
8-10
11
12-14
15
16
17
本キットの特徴
本キットは、polymerase chain reaction(PCR)法に
よってラムダファージのDNA配列を増幅する実験を行う
キットです。
本キットを通して実際にPCR法を体験することで、現在
のバイオテクノロジーの根幹技術であるPCR法の原理と応
用を理解することができます。
PCR法は、1980年代に開発された技術であり、既にバイ
オテクノロジーの根幹を成す技術に発展しています。また、
その開発者にはノーベル賞が授与されました。PCR法は、
現在のバイオテクノロジーを理解する上では欠かせない
キーワードです。
-2-
キット使用時に必要な試薬・機材等の一覧
キット内容(生徒20名分)
テンプレートDNA
PCRプライマーF
PCRプライマーR
マスターミックス
精製水
ローディングバッファー
DNAマーカー
40倍濃縮電気泳動バッファー
アガロース
PCRチューブ
マイクロチューブ
取扱説明書 (本書)
(70μL)
(70μL)
(70μL)
(200μL)
(200μL)
(100μL)
(60μL)
(25mL)
( 2g)
(20本)
(50本)
1本
1本
1本
1本
1本
1本
1本
1本
1袋
1袋
1袋
1冊
本キット以外に必要な試薬・機材一覧
マイクロピペット(20μL用、200μL用)
マイクロピペット用チップ
電気泳動槽
DNA染色液(株式会社アドバンス社のMupid Blueを推奨しています。)
染色用タッパー
脱色用タッパー
精製水
※キットに含まれる電気泳動関係の試薬の量は、株式会社アドバンス社の 電気泳動槽、
Mupid Sの使用を想定しております。
-3-
内容物について
テンプレートDNA
ラムダファージから精製したゲノムDNAです。DNA分解酵素が働かないようにTEバッ
ファーに溶かしてあります。
-20℃にて保存し、使用前に氷上で融解させてください。
PCRプライマー
ラムダファージのDNA配列に特異的なプライマーで、約500bpの領域を増幅すること
ができます。DNA分解酵素が働かないようにTEバッファーに溶かしてあります。
-20℃にて保存し、使用前に氷上で融解させてください。
マスターミックス
タックDNAポリメラーゼ,dNTPs(単体のヌクレオチド),MgCl2,PCRバッファーの混合
溶液です。2000塩基以下のPCRに最適化されています。
凍結融解を繰り返しますと著しく酵素活性が低下します。一旦融解したマスター
ミックスは、冷蔵で保存し1週間以内にお使いください。
精製水
DNA分解酵素およびRNA分解酵素が含まれていない精製水です。
−20℃にて保存してください。
PCRチューブ
200ul用のPCRチューブです。お客様のご使用になられるサーマルサイクラーの推奨
するPCRチューブをご確認の上、ご使用ください。
アガロース
核酸、タンパク質などの生体高分子を完全に除去した精製アガロースです。高温多
湿をさけ、常温にて保存してください。
ローディングバッファー
DNAサンプルを電気泳動する際に使用します。常温にて保存してください。色素を含
み、手や衣服につくと落ちにくいので、取り扱いには十分にご注意ください。
40倍濃縮電気泳動バッファー
40倍の濃度に濃縮したTAE(トリス-酢酸-EDTA)バッファーです。アガロースゲルの
作成および、DNAサンプルをアガロースゲル電気泳動法により分離する際の泳動
バッファーとして使用します。4℃にて保管してください。ゲル作製および電気泳
動用バッファーとして使用の際は、精製水にて40倍に希釈してご使用ください。
-4-
分注について
・班構成
本実験キットでは4人1班(実験は2人一組)を推奨しています。
・機材一班分
テンプレートDNA
PCRプライマーF
PCRプライマーR
マスターミックス
精製水
ローディングバッファー
DNAマーカー
40倍濃縮電気泳動バッファー
アガロース
PCRチューブ
マイクロチューブ
…12μL
…12μL
…12μL
…35μL
…35μL
…18μL
…10μL
…100mL※(40倍希釈後)
…1個
…2本
…7本(試薬分注用)
※使用する電気泳動層により必要量が変わります。本実験では、株式会社ア
ドバンスの電気泳動層、Mupid Sの使用を想定しております。
※内容物についての項、及び実験手順の項に従って試薬を溶解してください。
-5-
PCR法の原理
1.PCR法とは
Polymerase Chain Reaction法(PCR法)は、短時間かつ簡便に目的と
するDNA断片を大量に増幅する技術です。この技術は特定の遺伝子配列を
人工的に増幅できるため、バイオサイエンスの研究において不可欠な技術
となっています。さらにPCR法は、病原菌感染の検査や遺伝子組換え作物
混入の検査といった医療や食品の安全管理の分野にも応用されており、そ
の用途は多岐に渡っています。
2.PCR法の原理
PCR法では、増幅したい塩基配列の両端に相補的な、20塩基前後のオリ
ゴヌクレオチド鎖からなるプライマーを足がかりとし、耐熱性のDNAポリ
メラーゼを用いてDNA塩基配列を増幅していきます。この操作は、3段階
の温度変化を経て行われます。それを繰り返し行なうことで、大量のDNA
塩基配列を得ることができるのです。下図は、1サイクル目の反応を表し
たものです。
94℃
STEP1
DNA二本鎖の熱変性
①
55℃
STEP2
プライマーとDNA鎖が2本鎖を
形成
②
72℃
③
STEP3
耐熱性ポリメラーゼによる伸
張反応
-6-
①
テンプレートDNA(増幅したい配列の鋳型となるDNA鎖)・耐熱性ポリ
メラーゼ・プライマーなどを加えた反応溶液を94℃まで加熱することで、2
本鎖であったテンプレートDNAの水素結合を切断し、1本鎖に解離させます。
②
次に、反応溶液の温度を55℃∼60℃程度まで下げることによりプライ
マー配列をテンプレートDNAの相補的な塩基配列に結合させます。プライ
マーは20塩基程度の1本鎖DNAであり、テンプレートDNAの特定の配列に特異
的に結合するよう設計してあります。1本鎖に解離したテンプレートDNAと
プライマーDNAが2本鎖を形成し、耐熱性ポリメラーゼがDNA鎖を合成するた
めの「足場」となります。
(※この段階の温度はプライマーの長さやプライマー配列中のGC含有率に
依存します。本キットをご使用になる際は取扱説明書記載の温度に従って
ご使用ください)
③
さらに、反応液を耐熱性ポリメラーゼが働くための至適温度である
72℃まで上昇させることで、DNA鎖が合成されます。
この作業を連続して行うことで、下図のように増幅したいDNA断片が大量
に増幅されます。
テンプレート
DNA
1回目
2回目
3回目
4回目
-7-
10回
30回
3サイクル目以降の反応では、設定したプライマーの間にあるDNA断片が
急速に増幅されます。PCR反応では、理論的には無限大にDNAを増幅できま
すが、実際には耐熱性ポリメラーゼの失活・プライマーやdNTPの枯渇など
によって増幅率は低下し、得られるDNA断片はほぼ一定量となります。
アガロースゲル電気泳動の原理
アガロース電気泳動法とは
アガロース電気泳動法は、DNAやRNAなどの核酸をそれらの電気的な性質
を利用して分離する方法です。核酸は「−」の電荷を帯びているため、電
場に置かれると、アガロース(※)のゲルの網目構造内を+極側に移動し
ます。長いDNA断片は網目構造内をゆっくりと(引っかかりながら)動く
のに対して、短いDNA断片はより速く(あまり引っかからずに)動くこと
から、アガロースゲル電気泳動法では、DNA断片を長さによって分離する
ことが可能です。この方法はバイオテクノロジーの研究においてDNA断片
の際に用いられる最もポピュラーな方法であり、現在のバイオテクノロ
ジーを支える最も基本的な技術です。
※アガロースとは?
アガロースとは、「寒天」のことです。二種類の糖が結合しあって網目状の
構造をとることから、生体高分子、特にDNAの分子量を分析する際によく利用
されます。
-8-
DNAの電気的性質
DNAは、リン酸基・塩基・デオキシリボース(糖の一種)によってでき
る「ヌクレオチド」とよばれる分子が直鎖状につながった構造をとって
います。このうちリン酸基と塩基が荷電しています。
DNAの場合、塩基の荷電は二重鎖構造をとるために打ち消されているの
で、水溶液中ではリン酸基のみが荷電しており、したがってDNAはヌクレ
オチド数、すなわち分子量(※)に比例した電荷を持っていることにな
ります。これはDNAの電気的な性質で最も重要な点です。
※DNAはヌクレオチドが直鎖状につながった構造をとるため、分子量はそのヌ
クレオチド数に比例します(塩基の種類によって多少の誤差が生じます)。一
般的にDNAの大きさは分子量で表わさずヌクレオチドの長さ(塩基対数、base
pair:bp)で表わします。
アガロースゲル電気泳動法では、このようなDNAの電気的な性質を利用
します。アガロースによるゲルマトリックス(アガロースゲル)内に電圧
をかけることで電場を生じさせ、DNA断片を長さ(単位は塩基対を意味す
るbp:base pair)によって分離します。DNAは二重らせんとよばれる単一
な構造をとっているため、DNAは分子量による移動度の差によって分離す
ることができます。
下の図は、アガロースゲル電気泳動の模式図を示しています。アガロー
スゲル電気泳動を行う際には、サブマリン電気泳動槽とよばれる機器を使
用します。まず電気泳動槽を、導電性でかつDNAの分解が起こりにくいTAE
バッファーで満たし、TAEバッファー中にアガロースゲルを静置します。
アガロースゲルには、ウェルとよばれるサンプルを注入(アプライ)する
ための穴があり、ここにDNAサンプルをマイクロピペットを用いてアプラ
イします。DNAサンプルのアプライ後のゲルに電圧をかけ電流を流すこと
でDNA断片をサイズによって分離することができます。
-9-
ローディングバッファー(Loading buffer)
(注:電気泳動中にバンド状に観察される色素は、
染色されたDNAではありません)
DNAサンプルが
ゲル中を移動し
ます
DNAが流れる方向
−極
ウェル
(サンプルをアプライ
するための穴)
+極
電流の方向
電気泳動バッファー
(TAE buffer)
DNA断片のバンド
(注:電気泳動中や染色前のゲルでは
確認できません)
DNAサンプルを電気泳動する際には、あらかじめDNAサンプルをローディ
ングバッファーと混和します。これによりDNAサンプルは、泳動バッ
ファー中に拡散することなく、ウェル内にアプライすることが可能となり
ます。ローディングバッファーには、電気泳動中にサンプルの移動度の目
安となる色素や、ウェルにDNAサンプルを沈ませるためのグリセロールな
どが含まれています。
あらかじめDNA断片のサイズの分かっているDNAサンプルを「DNAのモノ
サシ」として隣のレーンに電気泳動することで、未知のサンプルの分子量
を検討することも可能です。
電気泳動の終了後は、DNA断片を可視化するために染色します。DNA染色
に用いられる試薬としては、エチジウムブロマイド(EtBr)、Mupid Blue
などが挙げられます。EtBrは検出感度に優れていますが、DNAの二重鎖の
間に入り込む(インターカレーションする)物質であり、発がん性が認め
られます。また、DNA断片のバンドの観察の際に紫外線ランプが必要とな
るため、ビニール手袋を必ず着用し、防護メガネを使用するなど、取扱い
には十分な注意が必要です。本キットでは、安全なMupid Blueを使用しま
す。
-10-
電気泳動の準備と手順
実験の手順(実験前に準備していただくこと)
①
電気泳動バッファーの作成
40倍濃縮泳動バッファーを975mLの精製水で40倍に希釈します。本キッ
トで使用を推奨している電気泳動層、Mupid-Sでは電気泳動バッファー
を約100mL/台使用します。
②
アガロースゲルの作成
1)300mLの三角フラスコに1.4gのアガロースを入れ ①で作成した
1xTAEバッファー200mLを加えよく混ぜます。三角フラスコの口をラッ
プで軽く閉じ電子レンジで加熱してアガロースを完全に融解させます。
この作業はアガロースの粒子が見えなくなるまで行ってください。加
熱の際は、沸騰による噴出に注意してください。なお、この作業は突
沸した水蒸気が手にかかるなどやけどの危険性がありますので、必ず
軍手の上にビニール手袋をして作業を行ってください(この作業はや
けどの危険があります。必ず指導者が行うようにしてください)。
2)溶解させたアガロースは、電気泳動槽付属のゲルメーカーを用い
て成型します。②で融解したアガロースを、ある程度(50℃程度)ま
で冷ました後、ゲルメーカーに流し込み、上からウェルを作成するた
めのコームを差し込みます。アガロースが固まるまで上からアルミホ
イルで覆い、静置してください。
※200mLのアガロース溶液で、小さいゲルが約8枚、大きなゲルでは4枚作成できま
す。ゲルメーカーが一個しかない場合で、小さいゲルを4枚以上作成したいときに
は、1)のステップで、0.7gのアガロースを100mlの泳動バッファーに溶かすなど
して、小分けにゲル作成を行なってください。また、一度固まってしまったゲルで
も、再度レンジで温めることで溶解し、ゲルを作成することが可能です。
作成したアガロースゲルは、希釈後の泳動バッファーに浸した状態で
一ヶ月程度常温保存が可能です。また、使用前にはウェルの底に穴が
開いていないことを目視で確認してください。
-11-
実験手順
<PCR実験>
1)テンプレートDNA、PCRプライマーF、PCRプライマーR、マスターミッ
クス、精製水を氷上で融解させる。
2)精製水を5μL、PCRチューブに入れる。
3)テンプレートDNA、PCRプライマーF、PCRプライマーRを5uLずつ、
2)のPCRチューブに加える。
4)3)のPCRチューブにマスターミックス15uLを加え、ピペッティング
により溶液を均一にする。
5)サーマルサイクラーに、4)のPCRチューブにセッティングする。
※サーマルサイクラーは以下のように設定する。
95℃
3分
95℃
30秒
58℃
30秒
72℃
45秒
72℃
5分
4℃
Hold
35 サイクル
※ネガティブコントロールについて
テンプレートDNA・プライマー・ポリメラーゼのいずれか、もしくはサーマルサイク
ラーでの処理を除くことで、ネガティブコントロールとして扱えます。
※注意点
いずれの操作も、チューブ中のサンプルが温まらないよう、チューブのできるだけふた
の方を持つように注意してください。
-12-
実験の手順
①
電気泳動槽の準備
電気泳動槽に電気泳動バッファーを加え、電気泳動槽内のマイナス極側に
ウェルが来るようにアガロースゲルをセットします。アガロースゲルのウェ
ルが必ず電極と平行になるようにセットしてください。使用する電気泳動
バッファーの量は、電気泳動槽によって異なりますので、電気泳動槽の取扱
説明書に従い、適切な量をご使用ください(参考:Mupid-Sでは約100mL程
度)。
②
DNAサンプルの調整
本キット添付のローディングバッ
ファーを5μLずつPCRの終了したPCR
チューブに加えよく混ぜます(合計
35μL)。DNAマーカーには2μLの
ローディングバッファーを加えてよ
く混ぜてください。
DNAサンプル
ローディングバッファー
③
DNAサンプルのアプライ
PCRサンプルを別々のウェルにアプ
ライします。
アプライは、右図のようにチップ
の先をウェル内まで入れないように
します。チップの先端でウェルを破
壊しないよう、細心の注意を払って
ください。
④
アガロース電気泳動
電気泳動槽の電源スイッチを入れ、
電気泳動を開始します。DNAはマイナ
スの荷電を持っていますので、プラ
ス極側に移動します。くれぐれも感
電にご注意ください(参考:Mupid-S
での電気泳動条件は100ボルトで20分
程度となります)
TAEバッファーの液面
アガロースゲル
アガロースゲルの染色
次ページ「DNA染色の方法」をご覧
ください。
ウェル
⑤
DNAが流れる方向
+極
−極
電流の向き
-13-
DNA染色の推奨方法
<Mupid Blueを使用したDNA染色法>
Mupid Blue
50倍に濃縮されたDNAの染色液です。電気的性質によってDNAと結合す
ることで青色を呈するため、電気泳動の結果を確認することが可能で
す。インターカレーション型と呼ばれる染色液と異なり、発がん性が
なく安全な試薬です。常温にて保存し、使用の際は精製水にて50倍に
希釈してご使用ください。
DNA染色液による染色では脱色の操作が必要となります。脱色の操作で
は精製水を用います。
※ DNA染色液は無害ですが色素を含んでおり、衣服・皮膚などに付く
と汚れますので取扱いの際にはビニール手袋・白衣等を着用すること
をお勧めします。
①
DNA染色液を精製水で50倍希釈し、タッパーに入れる。脱色用の水を
タッパーに用意しておく。
②
電気泳動の終わったアガロースゲルをDNA染色液のタッパーに入れ、2
分間ゆっくりと手で振盪する(2分以上染色を続けると脱色がきれいに
できなくなりますので、時間を厳守してください)。
⑤
精製水にアガロースゲルを移し、DNA断片のバンドが確認できるまで精
製水を交換しながらゆっくりと手で振盪する。
⑥
観察(デジタルカメラ等でアガロースゲルを撮影することが可能です。
-14-
付録1
DNAポリメラーゼとは
ポリメラーゼとはヌクレオチドの重合反応を触媒する酵素の名称です。
DNAもRNAもヌクレオチドの重合体なので、ポリメラーゼは主に核酸の合成
反応を行いたい時に使用されます。
ポリメラーゼは、鋳型鎖および合成鎖となるポリヌクレオチドに注目す
ると3種類に分類することができます。それらは、すなわちDNAポリメラー
ゼ(鋳型:2本鎖DNA、合成鎖:2本鎖DNA)、RNAポリメラーゼ(鋳型:2本
鎖DNA、合成鎖:1本鎖RNA)、逆転写酵素(鋳型:1本鎖RNA、合成鎖:1本
鎖DNA)です。
これらのポリメラーゼの中で最もポピュラーなポリメラーゼはDNAポリ
メラーゼです。その中でも耐熱性細菌から単離された高熱に強いDNAポリ
メラーゼ(Thermus aquaticus 由来のDNAポリメラーゼを改変したTaq が
広く用いられています。本キットでもTaq DNAポリメラーゼを用いており
ます)を用いたPCR法は、現在の遺伝子工学において根幹をなす非常に重
要な技術となっています。また、遺伝子のクローニングの際には、PCR反
応産物を制限酵素で切断しDNAリガーゼで繋ぐことにより行われています。
DNAリガーゼの働きの理解には、弊社「DNA結合キット」がお勧めです。
P P P P P P
OH
3’
OH3’
P
P
P
P
P
P
P
P
P
デオキシヌクレオチド3リン酸
P P P P P P P P P P P P P P P P
5’
P
P
P
5’
Taq DNA ポリメラーゼ
P
P
P
P
ピロリン酸 P P P P
P P P P P P P P P P
OH
3’
OH3’
P P P P P P P P P P P P P P P P
5’
-15-
5’
付録2
電気泳動法
泳動バッファー
DNAの電気泳動では、一般にTAE bufferやTBE bufferが用いられます。
TAE bufferは数kb以上の比較的長いDNA断片の分離に適しているのに対し
て、TBE bufferはそれよりも短いDNAの分離に適しています。
アガロースゲルの濃度
電気泳動法によるDNAの分離実験では、ゲルの作成の際のアガロースの
濃度が非常に重要となります。アガロースの濃度が上がれば上がるほど
ゲルマトリックス分子とDNA断片の相互作用は強くなりDNA断片の移動度
が小さくなるため、より細かいDNA断片の分離が可能となります。分離し
たいDNA断片の長さによって適当なアガロース濃度を選択することが大切
です。本キットでは、0.7%のアガロースゲルを使用することを推奨して
います。
アガロース濃度 (%)
0.6
0.7
1
1.2
1.5
2
分離できるDNA断片の長さ (bp)
1,000∼20,000
800∼10,000
500∼7,000
400∼6,000
200∼3,000
100∼2,000
-16-
ご使用上の注意
本製品は、バイオ教育を目的として開発されたキットです。本取扱説
明書に記載されたプロトコル以外での使用につきましては、保証の限
りではございません。
商品のご返品について
商品のご返品につきましては、弊社の確認を必要とさせていただき
ます。この確認なしでのご返品はご遠慮ください。適切な保存、ご使
用をされていない製品についてはご返品をお受けできない場合がござ
います。また、品質保持のために返品された製品を再販することは一
切ございません。
カスタマーサポート
Feel so Bioシリーズ
カスタマーサポート係
FAX:03−3656−2870
Mail:[email protected]
[email protected]上ご送信ください。
製造・販売元
販売
株式会社リバネス
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩3-25-1-208
TEL/FAX 03-3656-2870
URL:http://www.leaveanest.com/