2009.12.12

0-1
炭素14年と古代尺度
からみた古墳年代
東アジアの古代文化を考える会
2009年12月12日(土)
豊島区生活産業プラザ
(前)韓国国立慶尚大学校招聘教授
新 井 宏
Arai- hiroshi@jcom.home.ne.jp
1-1
0-2
今日の「古墳年代論」の内容
(1) 纏向遺跡の尺度から見た
古墳年代論
当初予定した講演タイトル「炭素14年と鉛同位体比から見た
古墳年代」を「炭素14年と古代尺度から見た古墳年代」に急
遽変更しました。ご承知のように、纏向の大型建物発掘調査
結果が11月11日に大きく新聞報道され、これが古代尺度論
から見る古墳年代論に大きな影響をもっているからです。し
たがって、今回の構成を次のようにします。
• 纏向大型建物や纏向古墳群には「後漢尺」が使わ
れた形跡がない
• 「魏尺」の可能性は低いが、もし使われたとすれば、
纏向(庄内式期)の時期は3世紀中葉以降になり、遡
上された年代観に合わない
• 建物にも古墳にも「古韓尺」が見事に一致していて、
高句麗の影響が認められ、纏向遺跡を古く見るの
に抵抗感がある
1. 纏向遺跡の大型建物から見た古墳年代論
付論 古韓尺とは何か
2. 炭素14年から見た古墳年代論
付論 弥生年代遡上論の現状
3. 鉛同位体比から見た古墳年代論
0-3
1-2
今日の講演の主旨
11月11日の新聞報道
卑弥呼時代の遺跡中枢部か
奈良・纏向で大型建物跡
(1) 纏向遺跡は古韓尺で作られていて、高句麗と
密接な関連があり、時代はあまり遡らない
(2) 歴博の炭素14年による年代遡上論は問題だら
けで、箸墓を卑弥呼の墓とする根拠は間違っている
(3) 紀年鏡にはコピーがあり、年代基準にならない
新聞発表の概要
奈良桜井市の纏向遺跡で、計画的に建てられたとみ
られる3世紀前半~中頃の3棟の建物跡が確認さ
れたと、市教委が20日発表した。
同遺跡は邪馬台国説をとった場合の都の最有力候補
地とされており、卑弥呼の時代の「遺跡中枢部の一
端が明らかになった」(市教委)ことで、今後の調査に
期待が高まっている。
それじゃ新井先生は邪馬台国九州説ですね。
いえ、そういうわけでもないのです。
私にとっては、論理的な思考が大事なだけで、権
威による「ごまかし」が大嫌いなのです
1
2
1-3
纏向尺度2
1-8
中国の尺度長の分布
cm
22.8~22.9
23.0~23.1
23.2~23.3
23.4~23.5
23.6~23.7
23.8~23.9
24.0~24.1
24.2~24.3
24.4~24.5
24.6~24.7
24.8~24.9
25.0~25.1
1-4
纏向発掘調査現説資料
前漢 後漢
1
7
6
21
3
16
1
18
1
11
3
2
魏
西晋 東晋 南朝
3
1
2
1
2
4
2
1
1
2
1
1
1-9
後漢尺(23.3cm)の適合度
長さ
後漢尺
m 柱間 総長 歩
4.8
建物A 東西
20
―
5.2
建築B 南北
22
―
東西
4.8
20
―
建築C 東西 3間
8.0
11
33
―
南北 2間
5.3
11
22
―
建築D 桁行 4間
19.2 10
80
―
梁行 2間
6.2
13
26
―
建物Bと建物Cの間隔 5.2
22
―
建物Cと建物Dの間隔 6.4
27
―
建物Bの両側の柵間 8.0
33
―
建築C部の柵間
26.8
110 ―
纏向建物跡の構成
1-5
1987年発掘時の西側建物A復元案
m
4.7
5.1
4.7
7.7
5.1
19.6
6.1
5.1
6.3
7.7
25.6
差
0.1
0.1
0.1
0.3
0.2
0.4
0.1
0.1
0.1
0.3
1.2
適
合
○
○
○
×
△
×
×
×
×
×
×
1-10
魏尺(24.0cm)の適合度
長さ
魏尺
m 柱間 総長 歩
4.8
建物A 東西
20
―
5.2
建築B 南北
22
―
東西
4.8
20
―
建築C 東西 3間
8.0
11
33
―
南北 2間
5.3
11
22
―
建築D 桁行 4間
19.2 10
80
―
梁行 2間
6.2
13
26
―
建物Bと建物Cの間隔 5.2
22
―
建物Cと建物Dの間隔 6.4
27
―
建物Bの両側の柵間 8.0
33
―
建築C部の柵間
26.8
110 ―
纏向建物跡の構成
1-7
m
4.8
5.3
4.8
8.0
5.3
19.2
6.2
5.3
6.5
8.0
26.4
差
0
0.1
0
0
0
0
0
0.1
0.1
0
0.4
適
合
◎
○
◎
○
○
◎
○
×
○
○
×
1-11
纏向で使われた可能性のあるモノサシ
中国尺の場合
• 前漢尺:
• 後漢尺:
• 魏尺:
• 晋尺:
• 唐尺:
古韓尺(26.7cm)の適合度
長さ
古韓尺
m 柱間 総長 歩
4.8
建物A 東西
18
3
5.2
建築B 南北
20
―
東西
4.8
18
3
建築C 東西 3間
8.0
10
30
5
南北 2間
5.3
10
20
―
建築D 桁行 4間
19.2
9
72
12
梁行 2間
6.2
12
24
4
建物Bと建物Cの間隔 5.2
20
―
建物Cと建物Dの間隔 6.4
24
4
建物Bの両側の柵間 8.0
30
5
建築C部の柵間
26.8
50
―
纏向建物跡の構成
23.2cm
23.3cm
24.0cm 24.3cm 29.8cm
1.39m/歩
1.40m/歩
1.44m/歩
1.46m/歩
1.49m/歩
朝鮮半島の場合
• 古韓尺:
26.7cm 1.60m/歩
m
4.8
5.3
4.8
8.0
5.3
19.2
6.4
5.3
6.4
8.0
26.7
差
0
0.1
0
0
0
0
0.2
0.1
0
0
0.1
適
合
◎
○
◎
◎
◎
◎
○
○
◎
◎
◎
1-12
1-16
纏向建物の尺度は古韓尺
古韓尺に良く一致する纏向古墳群
纏向の前方後円墳群
• 漢尺(23.3cm)は全く合わない。最も良く合うのは
朝鮮半島系の古韓尺(26.7cm)である。
• 魏尺(24.0cm)もかなり合うが、魏尺は魏の中期
(AD240年)以降のもので、庄内式期の始まりを2
世紀とする見解に合わない。
• 纏向には、纏向型古墳、すなわち石塚古墳、矢
塚古墳、東田大塚古墳、箸墓、ホケノ山古墳など
がある。これらも建物と同じ尺度で造られたはず
なので、その尺度が決め手になる。その結果は
圧倒的に古韓尺を示している。
古墳名称
計測
(データ出典 部位
m
古韓尺(26.7cm)
魏尺(24.0cm)
歩 計算 差 判定 尺 計算 差 判定
纏向石塚
墳丘長 96
60
96
0
◎ 400 96
0
(第9次調査) 後円径 64
40
64
0
◎ 267
前方長 32
20
32
0
◎ 133
纏向矢塚
墳丘長 96
60
96
0
◎ 400 96
0
後円径 64
40
64
0
◎ 267
前方長 32
20
32
0
◎ 133
東田大塚
墳丘長 96
60
96
0
◎ 400 96
0
後円径 64
40
64
0
◎ 267
前方長 32
20
32
0
◎ 133
箸墓
墳丘長 288 180 288 0
◎ 1200 288 0
(第7次調査) 後円径 160 100 160 0
◎ 667
前方長 128 80 128 0
◎ 533
ホケノ山
墳丘長 80
50
80
0
◎ 333
後円径 55
35
56
1
○ 233
前方長 25
15
24
1
○ 100 24
1
計測長の出典は、奈良文化財研究所のデータベース『集成』ほか
1-13
1-17
◎
×
×
◎
×
×
◎
×
×
◎
×
×
×
×
○
古韓尺に一致する近辺の前方後円墳
纏向型古墳の尺度も古韓尺
纏向近辺の大型前方後円墳
古墳名称
(出典)
• 纏向型前方後円墳は、日本の古墳の始まりとして
位置づけられている。
• 代表的な古墳としては、纏向石塚古墳、纏向矢塚
古墳、東田大塚古墳、ホケノ山古墳があり、それに
箸墓、崇神天皇陵(行燈山古墳)、景行天皇陵(渋谷
向山古墳)が続く。
• これらの古墳の尺度は、いずれも見事なほど、古韓
尺に一致している。漢尺、魏尺は全く一致しない。
計測
部位
m
古韓尺(26.7cm)
魏尺(24.0cm)
歩 計算 差 判定 歩 計算 差 判定
行燈山
墳丘長 240 150 240 0
後円径 145 90 144 1
前方長 95 60 96
1
渋谷向山
墳丘長 289 180 288 1
後円径 159 100 160 1
前方長 130 80 128 2
桜井茶臼山 墳丘長 207 130 208 1
後円径 110 70 112 2
前方長 97 60 96
1
メスリ山
墳丘長 224 140 224 0
後円径 128 80 128 0
前方長 96 60 96
0
大仙陵
墳丘長 486 300 480 6
仁徳天皇陵 後円径 244 150 240 4
前方長 242 150 240 2
後円部径は(墳丘長-前方長)で計算した
1-14
1-18
◎
◎
○
◎
◎
○
◎
○
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
170
100
70
200
110
90
140
80
70
160
90
70
340
170
170
245
144
101
288
158
130
202
115
101
230
130
101
490
245
245
3
1
6
1
1
0
5
5
4
6
2
5
4
1
0
○
◎
×
◎
◎
◎
×
×
×
×
○
×
◎
◎
◎
ホケノ山古墳等の石槨・木棺
ホケノ山古墳の石囲い木槨内法
長さ
巾 6.7m
2.7m
古韓尺
古韓尺 25尺=6.7m
10尺=2.7m
古韓尺 古韓尺 20尺=5.3m
5尺=1.3m
ホケノ山古墳の木棺
長さ
巾 5.3m
1.3m
桜井茶臼山古墳の竪穴式石室
長さ
巾 6.75m
1.27m
古韓尺 古韓尺
25尺=6.7m
5尺=1.3m
桜井茶臼山古墳の木棺 長さ
1-15
4.88m
古韓尺
18尺(3歩)
=4.8m
1-19
纏向型古墳には漢尺も魏尺も使われていない
• 石塚古墳、矢塚古墳、東田大塚古墳は共通の寸法
(墳丘長96m、後円径64m、前方長32mを持つが、
魏尺では合わないが古韓尺では完全に一致する。
• 箸墓もホケノ山古墳も魏尺には合わないが古韓尺
には良く一致する。
• したがって、纏向遺跡は建物群を含めて、古韓尺に
よってつくられた。
• 古韓尺とはどんな「ものさし」か。それは私が朝鮮半
島と日本の古墳、宮殿、寺院跡の解析によって、18
年前に、帰納的に求められた尺度である。
3
4
1-20
1-24
否定さるべき漢尺古墳造営論
• ひとつの古墳にひとつの尺度論と揶揄されている
ほど古墳の尺度論は盛んであった。
• 例えば、箸墓の墳丘長を漢尺1200尺、後円部径を
漢尺700尺とし、古墳の測量図に漢尺100尺の方
眼をかけて検討している研究者もいる。地を測るの
は歩という度量衡史を無視したもので、纏向で漢尺
が用いられていなかったことによって否定される。
• また、帆立貝式古墳について、漢尺による古墳築
造企画論を進めている研究者もいるが、これも否定
される。
• 古墳企画論の初期に唱えられた漢尺説も同様に否
定される。
1-21
高句麗の南下と騎馬民族説
• 3世紀末にツングース系騎馬民族の高句麗が、朝鮮半
島を南下して南朝鮮を支配し、百済王になり、4世紀に
なって北九州に、応神王朝の頃、大和に入った。
• 前期古墳文化と後期古墳文化との間に、異質なものが
ある。以上、江上『騎馬民族学説』の骨子。
• 現在の考古学界では、そのまま認める研究者は少な
いが、大きな構想として評価する研究者は多い。
• 例えば、古墳の発生にしても、奈良盆地の人々が自力
でこれを発生させ作り上げたのかという点については、
反対派でも疑問視する声があり、そこに外来勢力の影
響を見ている学者もいる。
1-A1
古韓尺の示す高句麗との関連
古韓尺とは何か
• 日本の前方後円墳の源流を高句麗の前方後円形積
石墓に求めるのは最も有力な仮説であった。今回の
古韓尺の検出は、その仮説を強固なものにする。
• 古韓尺が4世紀の高句麗積石古墳に使用されてい
たのは確かであるが、その使用が何時まで遡るのか
は定かではない。ただし、高句麗が朝鮮南部に影響
を強めるのは3世紀中程(魏と共同して公孫氏を滅
ばした238年)から4世紀初(楽浪郡支配)であること
から見ると、纏向遺跡の年代をあまり遡上させるの
には違和感がある。
古韓尺とは、4~8八世紀の日韓の遺跡を対象に、膨
大な計測データを収集し,コンピュータの解析によっ
て,「最も良く合う尺度」として選び出した尺度である。
その存在を1990年に初めて紹介してから、20年にな
る。その間、新たな遺跡資料などの収集につとめる
と共に、文献史料による検証、土地制度との関係解
析、東アジア計量史上の位置付けなど、多面的な研
究を続け関連して発表した論文も既に17件、著書も
2冊出している。
その初現は、現在のところ4世紀の高句麗積石古墳に
見ることができる。纏向との関係もあり、紹介する。
1-22
1-A2
高句麗で始まった古韓尺
韓国における庄内式期の意見
遺跡の実例で示す
• 申敬澈氏は『通典』と『晋書』扶余伝の太康6年(285)
にみえる鮮卑族の襲撃、北方民族扶余王族の沃沮
への逃亡、金官への東海岸ルートによる移動を、木
棺墓ⅠaからⅡaへの移行期としている。
• この移行が庄内式期に併行するとの考えであり、今
回の古韓尺の議論は、申敬澈氏の見解を採用すると、
一応の成論となる。
• このような見解もあることから、私はいま主流になって
いる庄内式期3世紀前半説が単なる仮説レベルのも
ので、他の仮説を排除するものではないと考えている
1-23
高句麗の前方後円形積石墓(石光溶の論文)
• 古韓尺の最古の例は4世紀の高句麗石積古墳群
(始まりはもっと遡る可能性はある)
• 将軍塚、太王陵、兄塚、弟塚などの集安地区の古
墳群
• 高句麗の宮殿・安鶴宮
• 平壌の東明王陵
• ソウルの石村洞2号墳
• その後、新羅、百済の寺院や法隆寺でも使われて
いる。
1-A3
高句麗・将軍塚積石古墳
将軍塚
部位 辺長 古韓尺
m
尺 cm
基壇 32.5 120 27.1
1壇 29.6 110 26.9
2壇 26.7 100 26.7
3壇 24.1 90 26.8
4壇 21.5 80 26.9
5壇 18.9 70 27.0
6壇 16.1 60 26.8
7壇 13.4 50 26.8
上壇 8.0 30 26.7
石室 5.3 20 26.5
120尺=20歩
1-A4
1-A8
将軍塚積石古墳の陵域
高句麗積石塚古墳・兄塚
兄塚
陵域の96mは
部位 辺長
m
基壇 22.6
1壇
19.2
2壇
16.4
3壇
13.5
4壇
5壇
6壇
7壇
上壇
石室
古韓尺の60歩
古韓尺
尺 cm
84 26.9
72 26.6
60 27.3
50 27.0
84尺=14歩 72尺=12歩 60尺=10歩
1-A5
1-A9
高句麗・太王陵積石古墳
折天井塚
太王塚
部位 辺長
m
基壇 21.2
1壇
18.5
2壇
3壇
4壇
5壇
6壇
7壇
上壇
石室 4.0
部位 辺長 古韓尺
m
尺 cm
基壇 65.0 240 27.1
1壇 56.0 110 26.9
2壇
3壇
4壇
5壇
6壇
7壇
上壇
石室
古韓尺
尺 cm
80 26.5
70 26.5
15
26.7
240尺=40歩
太王陵の兆域は320m=200歩
1-A6
1-A10
高句麗古墳の古韓尺による歩の適合
広開土王碑文
将軍塚・太王陵の近く
にある広開土王碑の
一文字の枠が13.4cm
で古韓尺の5寸に一致
1-A7
部位
将軍塚
将軍塚陵域
太王陵
太王陵領域
千秋塚
西大塚
兄塚
弟塚
折天井塚
古韓尺
歩
m
20
32
60
96
240
40
64
200
320
50
80
35
56
84
14
22.4
70
18.7
80
21.4
尺
120
1-A11
高句麗積石塚古墳・弟塚
東明王陵
弟塚
部位 辺長
m
基壇 18.8
1壇 15.8
2壇 13.4
3壇 10.8
4壇
5壇
6壇
7壇
上壇
石室
辺長
m
32.5
96
65
320 ?
80 ?
55
22.6
18.8
21.2
平壌市東南
22km
古韓尺
尺 cm
70 26.8
60 26.4
50 26.8
40 27.0
測定
m
32.0
21.5
10.7
8.0
2.67
32m
21.5m
32m
古韓尺
尺
cm
120
26.7
80
26.9
40
26.8
30
26.7
10
26.7
10.7m
120尺=20歩
5
8m
6
1-A12
高句麗宮殿・安鶴宮復元図
1-A16
日本における古韓尺例
• 現存の法隆寺、法起寺は柱間から部材寸法に至る
まで、古韓尺で作られていることが明瞭に示されて
いる。また、発掘調査によつて、飛鳥寺など多くの飛
鳥・白鳳様式の寺院も古韓尺で作られている。
• 超大型前方後円墳の墳丘長は、仁徳陵が古韓尺
の300歩(1里)、箸墓、景行陵、土師ニサンザイ、作
山、仲津媛陵が180歩(0.6里)、崇神陵、仲哀陵、室
宮山が150歩(0.5里)で、古韓尺の30歩(58m)単位
で整然と企画されている。
1-A13
1-A17
奈良法隆寺における古韓尺
高句麗の安鶴宮の回廊柱間隔と古韓尺
遺跡建物名称
南宮第一号宮殿東西回廊
第二号宮殿東回廊
第二号宮殿南回廊
中宮第一号宮殿東西回廊
第一号宮殿南回廊
第二号宮殿北回廊
北宮第一号宮殿東西回廊
第二号宮殿東西回廊
第六・七号宮殿西回廊
西宮南側回廊
西宮第二号宮殿
北宮第四宮殿
中宮第一号宮殿
桁行
(m)
4.25
4.25
4.20
4.25
4.25
3.97
4.25
4.25
4.20
3.72
4.25
4.00
4.58
梁行
(m)
4.25
4.25
4.20
4.00
4.25
4.00
4.25
4.00
3.80
4.00
m 尺 尺長
3.72 14 26.6
3.80 14 27.1
3.97 15 26.5
4.00 15 26.7
4.25 16 26.6
4.58 17 26.9
建物
項目
金堂
初重側柱狭間
初重側柱広間
初重内陣廻り
初重外陣柱間
上重両端の間
上重側面中間
上重中央中間
初重中央間
初重端間
二重中央
二重端間
三重中央
三重端間
四重中央
四重端間
五重
桁行・梁行
五重塔
回廊
1-A14
古韓尺
尺
㎝
8.0 27.1
12.0 26.9
12.0 27.0
8.0 27.0
7.0 26.9
11.0 27.0
11.5 26.9
10.0 26.7
7.0 26.8
9.0 26.9
6.0 27.1
8.0 26.9
5.0 26.9
7.0 26.8
4.0 26.7
6.0 27.0
14.0 26.8
1-A18
文献や土地制度に見る古韓尺
ソウル石村洞2号墳
測定 古韓尺
m 尺
cm
17.4
65
26.8
13.4
50
26.8
9.4
35
26.9
5.4
20
27.0
16.1
60
26.8
12.0
45
26.7
8.0
30
26.7
4.1
15
27.3
1-A15
実測値 n
cm
216.4 48
323.2 60
323.5 60
216.0 48
188.6 48
296.9 12
309.0 24
266.7 20
187.7
241.9
162.5
214.8
134.50
187.9
106.9
161.7
375.0
新羅・百済の古韓尺
• 新羅の遺跡としては、朝鮮半島最大の寺院・慶州皇
龍寺の伽藍に古韓尺を明瞭に認めている他に、二
聖山城の長方形建物二棟、慶州芬皇寺、鶏林北便
建物、慶州南山長倉などが古韓尺に一致している。
• 百済で最大で七世紀始め百済武王の頃に作られた
と伝えられる益山の弥勒寺は、三つの寺院をひとつ
にしたように、門と塔と金堂のセットが三組ある。近
くにある益山王宮里寺と共に、古韓尺によって作ら
れている。その他にも陵山里寺遺跡や扶余定林寺
に古韓尺の例を見る。
• 新羅王京の大きさが『三国史記』に3000歩とあるが、
発掘調査と対比すると、古韓尺の100歩(160m)を
坊としている。
• 朝鮮半島の土地制度の面積単位、束・把が日本の
代制の束代・把代と面積も名称も一致している。
10000束が古韓尺の1里四方である。
• 江田船山古墳の鉄剣に「四尺廷刀」とあるが、鉄剣
の復元長が107cmであることから、古韓尺26.7cm
に一致している。
• 『出雲風土記』記載の距離が古韓尺から換算された
ものである。
1-A19
三国史記による新羅王京復元図
1-A20
2-3
出雲風土記の距離記載と古韓尺の里
意宇郡家~母理郷
意宇郡家~楯縫郷
嶋根郡家~方結郷
嶋根郡家~千酌駅
出雲郡家~杵築郷
出雲郡西門江 周
出雲郡~佐雑村
神門郡家~蔭山
神門水門 周
飯石郡~與曾紀村
仁多郡家~遊記山
出雲郡家~郡西堺
黒田駅~千酌駅
天平尺
39里190歩
32里180歩
20里080歩
17里180歩
28里060歩
3里148歩
13里064歩
5里086歩
35里074歩
28里060歩
37里000歩
13里064歩
34里110歩
炭素14は放射性元素
歩
古韓尺 換算率
11,890 45里
0.881
9,780
37里
0.881
6,080
23里
0.881
5,280
20里
0.88
8,460
32里
0.881
1,058
4里
0.882
3,964
15里
0.881
1,586
6里
0.881
10,574 40里
0.881
8,460
32里
0.881
11,100 42里
0.881
3,964
15里
0.881
10,310 39里
0.881
1947年 シカゴ大学のW.F.Libby博士
1960年 ノーベル化学賞
炭素量
C14比率
C14総量
大気中
7,500億トン 0.99×10-12 0.7トン
陸上生物 20,000億トン 0.95×10-12 1.9トン
海水中
400,000億トン 0.90×10-12 36.0トン
生成=崩壊→(半減期5567年→0.12%/年)→5kg/年
大気中崩壊→0.1kg/年 天平尺を29.8cmとすると古韓尺は26.3cm
1-A21
2-4
国際較正基準と2400年問題
日本の代制と百済の結負制
代制: 町段歩制の前の古代土地制度
代制の起源に関しては高麗尺説があったが疑問点
も多かった.
日本代制 1町=500束代 1束代= 23.1㎡
1把代= 2.31㎡
百済結負制 1束=1量田歩(3古韓尺) 1束 = 23.0㎡
1把 = 2.30㎡
束把は中國には見えなくて日本と朝鮮半島にだけ
存在する單位 束(Taba) =束(다발)
代制の起源は朝鮮半島の結負制
3000
炭素14年の暦年換算
炭素14年 (BP)
2800
初期の換算方法
2600
樹木年輪による
国際較正基準
2400
2400年問題の期間
2200
2000
900
1000
BC.1000
1100
1200
BC.800
1300
1400
BC.600
1500
1600
BC.400
1700
BC/AD
炭素14年の数十年の差が暦年の数百年の差になる!
2-1
2-5
(2) 炭素14年から見た
国際較正基準はどこでも使えるか
古墳年代論
歴博の見解 大気における対流圏の混合は早く(2,3ケ月)、
地域間の大気中の炭素14濃度の違いは、年平
均レベルでは非常に小さい。 だからどこでも使
える。それは国際的な常識。
私の見解
地域差を示す事例が山ほどある。しかも地域差
には理化学的な理由がある
エジプト考古学界の見解
炭素年は200~300年古く出ていて困っている。
• 年輪年代や炭素14年などの科学的な手法も相俟っ
て古墳時代の開始時期が繰り上げられている。
• しかし、もっとも「科学」に近いところで研究している
私にとっては、「科学的な結果」を恣意的に利用する
「非科学的な年代論」が非常に気になっている。
• 歴博の進めている箸墓古墳『卑弥呼墓論』の問題
点を衝く
2-2
2-6
炭素14年についての解説
大気中の炭素14はいつも一定(本当は違うが)
宇宙線で出来るC14と放射崩壊で減る量がほぼ同じ
光合成で樹木となった炭素14は減る一方(5730年で半
分)。樹木などの炭素14を測るといつ育った木か判る
以前にはβ線を測って炭素14を測定していたが、最近
は微量の試料でもAMS法で手軽に測れる。
炭素14年は1950年を基準にして何年前になるかの計
算値。 しかし本当の年代とはズレがあった。それは大気中の
炭素14が一定ではなかったから。
これを修正する方法のひとつが国際較正基準
歴博、2009年考古学協会で
「箸墓は240~260年が合理的」と発表
• 歴博の発表 箸墓の布留0式は……庄内3式と布
留1式に挟み込まれる240~260年と捉えるのが合
理的である
• 論拠は東田大塚古墳から出土した布留1(?)の木材
の炭素14年の測定値に、1670BP、1630BPを示す
ものがあり、これが較正曲線の谷(270年頃)と一致
すると云うことにある。
• ところが、歴博のグラフについて、「土器付着物」の
炭素14年と「その他、種子、竹、木」の炭素14年に
分けて見ると、状況は一変する。「土器付着物」で見
れば、箸墓は200年頃になり、「その他」で見れば
350年頃になる。
7
8
2-11
2-7
歴博の恣意的手法を咎めた新納論文
問題多い歴博の「箸墓卑弥呼説」
• 2009年5月に発表された歴博の「箸墓卑弥呼説」
は、考古学研究者の間でも批判が多い。
• 北条芳隆氏や新納泉氏の批判は、考古学的な
見地から歴博の「非論理性」を批判したもの。
• しかし、私はかねてより、土器付着物を用いた炭
素14年が古く出ていることを繰返し警告してきた。
• 今回の歴博の発表を炭素14年法の問題として
発表データを土器付着物と非土器付着物に分け
てプロットすると、問題点が一目瞭然である。
• 形式内なら任意の位置にプロットするという歴博の
方法を厳しく咎めている
• 任意のプロットを廃して、土器形式ごとに再配列す
ると歴博の言うようにはなっていない
• 歴博が箸墓を西暦250年頃とした肝心の東田大塚
濠下層資料(較正図の谷に相当する資料)は、原報
告では布留0~1とあったもので、これを布留1に変
えている問題やこの層は墳丘の完成から長い時間
が経過している可能性があるとの調査担当者の見
解が無視されている。
• 他にも層位に関する見解に相異がある。
2-12
2-8
歴博2009発表図を書き直した新納図
2009年の考古学協
会で歴博が箸墓年
代推定の根拠として
使った図
このデータを土器の
炭素14年と「その他」
の炭素年代に分けて
示すのが次のグラフ
である
2-9
2-13
非土器を採れば結論が変わる
日本産樹木平均
炭素14年代 (BP)
2000
纏向地区 (表7、8より)
◆ 土器付着物
☐ 種、竹、小木
1900
IntCal 04
1800
1700
1600
0
100
200
300
歴博2009発表データの新納編年図
歴博図を土器と非土器に分類した図
2100
400
歴博案の較正年代
2-14
2-10
土器と土器以外の炭素14年の全比較
土器炭化物の炭素14年は古くでる
2100
• 西田茂2003「年代測定値への疑問」
北海道対雁2遺跡の事例
2401 2601 2801
炭素14BP年
~
~
~
2600 2800
35
西田 クルミ等
4
西田 土器
4
17
歴博 土器
3
8
R効果なし
1
9
R効果あり
炭素14年 (BP)
2000
1900
1800
IntCal04
日本樹木
1700
• 小林謙一2006「土器付着炭化物を用いた年代測定」
◆ 土器
口 土器以外
炭素収率の低い試料は異常に古い年代を示す。
1600
0
50
100
150
200
250
森岡C案による土器編年
300
350
2-15
2-19
土器付着炭化物と炭化米の炭素年
北九州の歴博年代観と土器炭素14年
唐古・鍵遺跡の大和Ⅲ-3期
2600
北九州遺跡 (表2より)
異常値?
◇ 炭化米(平均: 2068年) 2050年、2070年、2065年、2070年、2080年
2065年、2025年、2100年、2090年、2069年
◇ 土器付着炭化物(平均: 2125年) 2139年、2143年、2056年、2121年、2157年
2139年
炭素14年代 (BP)
2400
高三潴
2200
城の越
下大隈
須玖Ⅰ
2000
須玖Ⅱ
IntCal 04
平均で57年の差があって、土器付着炭化物の炭素
14年が古くでている。
1800
1600
BC400 1700
1500
1800
1900
BC200
2000
0
2200
AD200
2100
歴博案の較正年代
2-16
2-20
畿内の歴博年代観と土器炭素14年
歴博年代観よりも古い土器炭素14年
2600
大和Ⅱ
歴博は炭素14年によって、弥生時代の開始時期を
500年遡上したばかりでなく、弥生時代中期につい
ても、50~200年ほど年代を遡上させている。
しかし、弥生中期は中国歴史との接点があり、白紙状
態で年代を遡上できるわけではない。
そのため、歴博の遡上した年代観よりも、炭素14年が
数10年も古くでている事例が、北九州でも、瀬戸内
でも、畿内でも、東海でも、北陸でも、東北でも出て
いる。以下に事例を示す。
☐ 唐古・鍵遺跡 (表6より)
◆ 河内遺跡 (表5より)
炭素14年代 (BP)
2400
大和Ⅲ
Ⅳ
2200
Ⅴ
IntCal 04
河内Ⅱ
Ⅵ
2000
河内Ⅲ
1800
1500
BC400
1600
1700
BC200
1800
1900
0
2000
2100 AD200
2200
歴博案の較正年代
2-17
2-21
歴博作成の八日市地方遺跡の年代図
東海北陸の歴博年代観と土器炭素14年
2600
東海・北陸遺跡 (表4より)
◆ 石川県(歴博)
☐ 石川県(名大)
◇ 愛知県(名大)
炭素14年代 (BP)
2400
2200
IntCal 04 弥生Ⅱ
弥生Ⅴ
弥生Ⅲ
2000
弥生Ⅳ
1800
1500
BC400
1600
1700
BC200
1800
0
2000
1900
2100
AD200
2200
歴博案の較正年代
2-18
2-22
瀬戸内の歴博年代観と土器炭素14年
歴博作成の東北地方の年代図
2600
瀬戸内遺跡 (表3より)
◆ 南方(済生会)
☐ 黄幡1号
異常値?
炭素14年代 (BP)
2400
2200
IntCal 04
弥生Ⅱ
2000
弥生Ⅴ
弥生Ⅲ
弥生Ⅳ
1800
1500
9
BC400
1600
1700
BC200
1800
1900
歴博案の較正年代
0
2000
2100
AD200
2200
10
2-23
2-27
国際較正基準からずれている日本樹木
東海北陸の古墳期の土器炭素14年
2100
歴博図以外の炭素14年
◇ 法隆寺
○ 宇部市街地
☐ 遠山川
2000
炭素14年 (BP)
2000
炭素14年代 (BP)
2100
東海・北陸遺跡
日本産樹木平均 ◆ 石川県 (表9より)
☐ 愛知県 (表10、11より)
1900
IntCal 04
1800
1700
1900
1800
1700
1600
1500
1600
50
0
100
200
300
400
100
150
200
250 300
西暦(AD)
350
400
450
500
歴博案の較正年代
2-24
2-28
下田Ⅲ式期のヒノキ年輪年代
纏向年代の科学的な評価
• 木材の年代 石塚古墳のヒノキ板の年輪年代は
177年+α、勝山古墳のヒノキ板は199年+α。ホ
ケノ山古墳の木棺の炭素14年は5点平均で1906年
であり、日本産樹木の炭素14年によれば、100~
200年。これらの資料が纏向年代を遡上させている。
• しかし、これら巨木は同一遺跡から出たものでも
100年以上も差のある例が多く、事実、法隆寺・法
起寺の心柱では100年も差がある。
• したがって、200年以降を意味するだけで、200年近
くを意味するものではない。
• 布留0式に併行する下田3式は年輪年代が247年。
2-25
• 布留0式新相と併行する下田Ⅲ式期のヒノキ腰掛の
年輪年代は247年+α
• これを基にした、布留0式期は3世紀の第3四半期か
ら第4四半期、庄内式期は3世紀初めから第3四半
期とする西村説は重みを持つ。
• しかし、論理的には布留0式期は260年頃よりも新し
いことを与えるだけであり、その下限を与えるもので
はない。
2-29
古墳時代の定点1: 大庭寺式須恵器
石塚古墳の丸太の炭素14年
• 纏向石塚古墳(庄内式期)の周濠から出た50年ほど
の年輪を持つ丸太の炭素14年ウイグルマッチング
の結果は、320年(古城1994)。
• 最近の日本産樹木炭素14年を用いれば、340~
360年に修正される。この時期の日本樹木の炭素
年代が50年ほど古くでているからである。
• この丸太は、古墳完成後に埋まったものと考えられ
ており、古墳築造がこの丸太の年代よりも前である
ことは確かであるが、周濠に自生したものかも知れ
ない。そうであっても、想定される築造時期は、300
年以前ということであり、250年を遡ることはないの
ではなかろうか。
2-26
宇治市街遺跡でTK73型式より一段階古い「大庭寺
式」須恵器と一緒に見つかったヒノキ材は389年。
ただし年輪年代は不確実なので、炭素14年を調べ
たところ、310年頃となって一致しなかったが380年
頃の可能性も若干あり、併せて389年としたもの。
• 土器付着炭化物の炭素14年(3点平均)は1572年
(AD440~540年)であったが、再測定したところ
1702年(AD260~400)となつた。疑問点が多く残っ
ている。
• この初期須恵器の4世紀末の年代観には、韓国か
ら早すぎるとの批判がある。
2-30
石塚古墳周濠の丸太ウイグルマッチング
古墳時代の定点2: 稲荷山古墳
• 榛名山FA火山灰とFP軽石層の年代差は20~30年。
榛名山FAは520年頃
• 稲荷山古墳のくびれ部からでた須恵器TK47と同形
式の土器がFAに覆われている。礫槨から出た馬具
は須恵器MT15に相当しTK47より新しい(白石)。こ
れに対して坂本和俊はFAの降下時期をMT15の初
頭として、馬具もTK47とする。
• 鉄剣(471年)が埋葬された稲荷山古墳の研究から
MT15須恵器=520年説(KT47=490年頃:白石)と
TK47=520年説(坂本)の2説。今は坂本説が主流
2-31
2-A2
榛名山FA噴火時期の木材
新聞発表時よりも100年以上新しくでた年代
ウイグルマッチング結果
495年→しかし日本樹木
によれば520年頃
2-32
2-A3
大分県大道遺跡の臼年代 (歴博の二重基準)
新聞発表前後の C14年の差異
国際較正基準では270年、日本産樹木基準なら370年
2-33
新聞発表時
新聞発表後の測定値
夜臼Ⅱ・板付Ⅰ式
遺跡名
C14年
梅白
2680
梅白
2660
梅白
2600
雀居12次
2620
雀居12次
2590
橋本一丁田 2660
橋本一丁田 2650
橋本一丁田 2640
2638±32
夜臼Ⅰ・Ⅱ・板付Ⅰ式
土器形式 n C14年
夜臼Ⅰ
9 2598±102
夜臼Ⅱa式
7
夜臼Ⅱb式 21
板付Ⅰ式
6
夜臼Ⅱ・板付Ⅰ
2549±
2537±
2537±
2539±
49
51
33
45
2-A4
纏向遺跡の年代(小結)
海岸と内陸で異なる炭素14年
• 科学的な測定データを科学的に見れば、纏向遺跡
の年代は200年~350年である。
• 古くでる土器炭化物を除いた炭素14年に注目すれ
ば、庄内3式期は270年頃の可能性が高い。
• 古韓尺の使用すなわち高句麗との関係から見て、
遡上された纏向年代は早すぎるのではないかと考
える。
• 箸墓を卑弥呼の墓とする議論は、恣意的な要素が
強く、方法論的に間違いである。
C14年 BP
2410
2510
2610
2710
2810
2-A1
~
~
~
~
~
~
2400
2500
2600
2700
2800
弥生早期
弥生前期
海岸
内陸
海岸
内陸
1
3
3
1
1
1
10
3
1
5
9
4
4
3
1
2
4
3
1
2-A5
海岸では炭素年代が古くでる
誤っていた歴博の弥生年代遡上論
1.弥生前期初頭の炭素14年は新聞発表時に比べて、
その後、100年新しくでている。
2.土器付着炭化物の炭素14年は非常に古くでている。
3.日本樹木の較正曲線は、国際較正曲線よりも20~
50年ほど古くでている。
4.弥生時代には「2400年問題」があり、炭素14年の50
年の差が暦年の300年の差になる。
5.考古学界における遡上論は、遡ったとしても前8世紀
までとする見解に収斂しつつある。
6.歴博が前10世紀説を放棄せず、黒川式の一部を弥
生早期と変更しているが考古学界は認めていない。
西暦年
海岸地域
石川県
青森市
志賀町
小橋町
松
松
内陸地域
石川県
岐阜県
辰口町
中津川
松
木曽桧
参考
IntCal04 屋久島
例示
屋久杉
1949
287
0
-79
188
366
1950
286
40
-40
210
277
1951
285
0
39
207
293
1952
343
-82
0
208
345
1953
242
200
159
193
231
平均
289
32
16
201
302
文献
①
②
③
④
⑤
① Y.Yamada et al., J. Nucl. and Radiochemical Sci., 6-2(2005)
② H.Kawamura et al. Radiocarbon, 49-2(2007)
③ Y.Yamada et al. J. Radioanal. Nucl. Chem. 227(1998)
④ 中村俊夫ほか、地球化学、21(1987)
⑤ www.radiocarbon.org/IntCal04%20files/IntCal04_rawdata.csv
⑥ 増田公明ほか、名大加速器質量分析計業績報告書、12(2001)
11
496
410
325
410
⑥
12
2-A6
3-2
中国出土鏡には同型鏡がない(?)
試合途中のルール変更(?) 黒川式→山の寺式
• 菅谷文則 山東省や洛陽からは同型鏡が1組も出
ていない、
• 車崎正彦 日本出土の魏晋倣古鏡には同型鏡が
多いが、中国では見付かっていない。
• 樋口隆康の『古鏡』を全部調べて見ても中国出土と
される鏡で同型鏡は3組しかない。
• 紀年鏡 中国では紀年鏡に同型鏡や左文字があ
るが、そのほとんどが、建安10年(205)以降。
• 平原鏡に、同型鏡、左文字が多いことから見ると、
205年以降の整作であろう。
黒川式土器の山の寺式への変更
遺跡名 C14年 土器
形式
権現脇 2715 黒川
権現脇 2750 黒川新
権現脇 2775 黒川
里田原 2750 黒川新
里田原 2740 黒川
臼佐
2780 黒川?
菜畑
2760 黒川新
菜畑
2730 山寺
権現脇 2570 山寺古
最終
形式
山寺
山寺
山寺
山寺
山寺
夜Ⅰ
山寺
山寺
山寺新
藤尾2009
藤尾2007
早期前半
早期前半
早期前半
早期前半
早期前半
早期前半
早期前半
早期前半
前期初頭
2-A7
3-3
青龍三年鏡の場合(中井一夫)
「黒川式→山の寺式」への批判
安満宮山鏡は鋳造後にキサゲ加工
太田南鏡にはキサゲ加工をした鏡を踏み返して製作
した跡が残る
• 水ノ江和同2009「黒川式土器の再検討」
炭素年代に応じて土器形式の概念を変えている。
黒川式と刻目突帯文が共存したことはない。
炭素14年による研究に危機感を覚える。
• 甲元真之2008「気象変動と考古学」
砂丘下部から黒川式、砂丘上部から夜臼Ⅰ式
前8世紀終わり頃に弥生時代が始まる。
安満宮山鏡
2-A8
太田南鏡
3-4
歴博弥生500年遡上論
紀年鏡の鉛同位体比
考古学界の受取り方
• 2003年歴博が弥生500年遡上論を発表して6年
• 九州には旧説(BC500頃)を維持している研究者が
多いが、炭素14年に刺激され年代遡上を再検討し
た研究者も多い。
• 歴博の弥生開始BC950説に対する意見をまとめる。
宮地聡一郎 土器判定ミス
宮本一夫
甲元眞之
庄田慎矢
新井宏
青銅器伝播
環境考古学
韓国考古学
炭素14年解析
150年以上古い
BC770年頃(200年古い)
BC770年頃(200年古い)
100~250年古い
207
鏡出土地
S1
S2
S3
V1
V2
W1
W2
B1
B2
Y
鏡名称
群馬県柴崎蟹沢古
山口県竹島古墳
兵庫県森尾古墳
京都府広峯15号墳
辰馬考古資料館
京都府大田南5号墳
出所地不明、個人蔵
島根県神原神社古
墳
大阪府黄金塚古墳
正始元年三角縁神獣
景初4年盤龍鏡
青龍3年方格規矩鏡
景初3年三角縁神獣
鏡
景初3年画文帯神獣
Pb
/ Pb
0.863
0.864
0.860
0.864
0.860
0.859
0.861
0.857
0.858
0.862
206
208
Pb
206
/ Pb
2.134
2.138
2.128
2.137
2.129
2.125
2.131
2.123
2.123
2.133
150年以上古い
3-5
3-1
(3) 鉛同位体比から見た古墳年代
• 中国には同型鏡がほとんどないが、日本では三角
縁神獣鏡をはじめ同型鏡ばかりである
• 紀年鏡の同型鏡には鉛同位体比が異なり別の時期
に作られたと考えられる場合がある反面、年号の異
なる紀年鏡で一緒に作られたと思われるほど良く似
た鉛同位体比を持つものがある。
• 青龍三年太田南鏡は明らかに複製鏡である。
• 複製鏡の存在を見ると、年代基準に使うのは危険
である。
紀年鏡の同位体比類似係数
鏡出土地
群馬県柴崎蟹沢古墳
山口県竹島古墳
兵庫県森尾古墳
京都府広峯15号墳
辰馬考古資料館
京都府大田南5号墳
出所地不明、個人蔵
S1
S2
S3
V1
V2
W1
W2
B1
島根県神原神社古墳
B2
大阪府黄金塚古墳
Y
S2
S3
0.278 0.209
0.154
0.154
0.201 0.246
0.132 0.022
0.189 0.053
0.138 0.053
0.183 0.129
0.149 0.144
0.201 0.130
V1
V2
W1 W2
0.048 0.203 0.244 0.156
0.201 0.132 0.189 0.138
0.246 0.022 0.053 0.053
0.239 0.280 0.193
0.239
0.068 0.047
0.280 0.068
0.091
0.193 0.047 0.091
0.375 0.136 0.095 0.182
0.389 0.150 0.109 0.197
0.116 0.123 0.164 0.076
B1
0.338
0.183
0.129
0.375
0.136
0.095
0.182
B2
0.353
0.149
0.144
0.389
0.150
0.109
0.197
0.038
0.038
0.273 0.258
同型鏡でも鉛同位体比が異なっている場合がある一方で、他
人の空似かも知れないが、異なった年度の鏡の間で、同一の
鉛同位体比を持つ場合が多い。
3-6
類似する紀年鏡のふたつのグループ
Aグループ
Bグループ
正始元年森尾鏡 正始元年柴崎鏡
景初四年辰馬鏡 景初四年広峯鏡
青龍三年大田南鏡
青龍三年個人蔵鏡
年号の異なる鏡が一緒に作られ、同型鏡が別々
につくられていた(?)
複製鏡の証拠となるか 年号鏡の年号と製作年
は異なる可能性大
賞味期間を偽って表示するためか(?)
終わりにあたって
• 永い『古韓尺』探索の旅を終えたところで、また突如と
して纏向遺跡で古韓尺に出会った。『古韓尺』の指し示
すところには高句麗があり、古墳の起源をめぐって、騎
馬民族説の新たな復活を予想させる。
• 世論は、自国の歴史文化が古いのを好み、年代論争
では「古い方」を支持する。法隆寺再建論争、旧石器捏
造事件、弥生開始時期論などがその例である。それを
煽るのが新聞で、いわば、国粋主義的な傾向である。
実は、邪馬台国論争もその一環にある。読者が喜ぶか
ら新聞は書く。
• プロは専門の議論については、論理に責任を持たねば
成らない。空想を交えて議論して良いのは、アマである。
13