CONTENTS - jamstec

CONTENTS
P2-3 安岡生態系変動予測研究領域長に聞く
Interview: Dr.Yasuoka, Program Director, Ecosystem Change Research Program
P4 地球観測フロンティア研究システム 地球フロンティア生態系発足 シンポジウム開催報告
The Symposium of the FRSGC /FORSGC was held
P5 インド洋におけるエルニーニョ現象を発見!
∼
El Nino-phenomena discovered in the Indian Ocean
P6-7 研究者紹介
Introduction of the researchers
P8-9 海外の地球変動研究機関紹介
Introduction of the Global Change Research Institutes in the World
P10 地球観測フロンティア研究システム発足
Frontier Observational Research System for Global Change has started
P11 国際北極圏研究センター(IARC)開所式
Opening Ceremony of the International Arctic Research Center
P12 問い合わせ先等
References, etc.
ふろんてぃあ Newsletter No.8 October-1999
安岡生態系変動予測研究領域長に聞く
Interview: Dr.Yasuoka, Program Director, Ecosystem Change Research Program
生態系変動予測研究領域の発足にあたって
At the Start of the Ecosystem Change Research Program
地球フロンティア研究システム
生態系変動予測研究領域長
(東京大学生産技術研究所教授)
安岡 善文
本年10月1日より地球フロンティア研究システムに6番目の領域として新たに「生態系変動予測研究領域」が発足
しました。宜しくお願いいたします。
これまで生態系、特に陸域生態系に係わる現象はどちらかというと狭い地域での局所的、地域的な問題という印象
を持たれていました。しかしながら近年、地球温暖化や気候変動などの全地球的な問題が陸域、海域の生態系変動と
密接に結びついているという知見が次々に見つけられ、地球規模での環境や気候の変動を予測する上でも生態系の役
割を明らかにすることが重要であると判ってきました。「生態系変動予測研究領域」では、気候・環境の変動が生態
系にどのような影響を及ぼすか、また、生態系の変化が気候・環境にどのような影響を及ぼすか、を明らかにするた
めに、気候・環境変動に係わる生態系の構造と機能を解明し、そのモデル化を行うことを目標として研究を進めます。
上記の目標に向けて、本研究領域では、
a.生態系―大気系の相互作用に関する研究
b.生態系アーキテクチャの動態に関する研究
c.生態系地理分布の動態に関する研究
d.海洋生物過程変動に関する研究
の4課題を設定し、研究を開始します。具体的には、アジア・太平洋地域を対象として、陸域においては、幅広い
気候帯での生物種の分布や生物現存量、一次生産量など生態系の基本的なパラメータの現状を把握するとともに、生
態系―大気系における物質の循環機構や要素間相互作用等の機構を解明します。さらに、生態系が長期的にどのよう
に変動するか数十年から百年スケールでの動態機構の解明とそのモデル化を行います。また,海洋においては海洋の
物質循環に大きな役割を果している海洋表層の生物群集の構造と機能の数年から数十年スケールでの変動と海洋表層
の物理的環境場の変動を、既存の海洋データ及び衛星データの複合的な解析からモデル化します。
地球的規模での生態系の役割を追求するためには、例えば陸域では、葉一枚、樹木一本のスケール(これでも十分
複雑です)から、全球スケールでの植生や土壌の分布までを視野に入れなければなりません。残念ながら、このよう
な広いスケールでの研究分野は世界的にも成熟しているとはいえません。本研究領域の立ち上げが、日本のみならず
世界の地球生態系研究のパイオニアを育て、人類の未来に貢献できる成果を挙げられる第一歩となるよう努力して行
きたいと思います。ご支援を宜しくお願いいたします。
安岡 善文(やすおか よしふみ)
Dr. Yoshifumi Yasuoka
1947年生まれ。東京大学大学院工学系研究科計数工学専
攻博士課程修了(工学博士)。1974年に環境庁国立公害
研究所(現国立環境研究所)に入所し、画像情報処理手
法を応用した環境の計測・評価の研究を開始。衛星リモ
ートセンシングによる地表面状態の計測・解析手法の研
究を進める。1998年、東京大学生産技術研究所教授とな
り、1999年10月より地球フロンティア研究システム生態
系変動予測研究領域長に就任。計測自動制御学会より学
術奨励賞、科学技術庁より科学技術長官賞を受賞。
He was born in 1947. He received the B. Eng., M. Eng. and Ph.D. from
the Department of Mathematical Engineering and Information Physics, the
University of Tokyo. Entered the National Institute for Environmental
Studies in 1974, and started research on the application of image processing
and pattern recognition technologies to environmental monitoring and
assessment. In particular, he conducted the researches on remote sensing
environment. Became professor of the Institute of Industrial Science, the
University of Tokyo in 1998. Accepted an appointment of Program Director
of the Ecosystem Change Research Program in the FRSGC in October
1999. He won the Young Authors Awards from the Society of Instrument
and Control Engineers, and of the Minister's Award of Science and
Technology from the Science and Technology Agency.
2
ふろんてぃあ Newsletter No.8 October-1999
純一次生産
Net Primary Production
生態系地理分布モデル
Ecosystem Geographical Distribution Model
光合成によるCO2吸収
CO2 Absorption by Photosynthesis
湿地からのメタン発生
Methane Emission from Wetland
生態系大気系結合モデル
Ecosystem-Atmosphere Interaction Model
呼吸によるCO2放出
CO2 Discharge by Respiration
海洋生物過程モデル
Marine Biological Process Model
熱帯雨林の変化
Variations of
Tropical Rainforests
生態系アーキテクチャモデル
Ecosystem Architecture Model
生態系変動予測研究領域解説図
Ecosystem Change Research Program
The Ecosystem Change Research Program was established on October 1,1999, as the sixth research program in the
FRSGC.
Until this time, the phenomena relating to the ecosystem, especially to the terrestrial ecosystem, have given us an
impression of local, regional issues in a narrow area. However, there have been found the facts that global issues, such as
global warming and climate change etc., are closely connected to changes in the terrestrial and ocean ecosystems, and the
importance of clarifying the role of the ecosystem in predicting change in global environment and climate has become
clear. In order to increase our understanding of the mechanisms of how climate change affects ecosystems, and how
ecosystems respond to climate change, the Ecosystem Change Research Program aims to elucidate the structure and the
function of the ecosystem relating to the changes of climate and environment, and to model those change. With the
objective mentioned above in mind, this research program set up the following four tasks:
a) research on ecosystem - atmospheric interaction system
b) research on dynamics of the ecosystem architecture
c) research on dynamics of the ecosystem geographical distribution
d) research on marine biological process dynamics
To be concrete in the terrestrial ecosystem research component, land-surface parameters, including the spatial
distribution of vegetation species, biomass or primary production, will be observed in the Asia and Pacific region. The
material flows between the ecosystem and the atmospheric system and interactions among the components, will be made
clear. Moreover, dynamics of how the ecosystem will change over long period, i.e., for several ten years, to decades, will be
elucidated and modeled. And in the ocean ecosystem research component, dynamics in the structure and the function of
ocean surface biota from years to decades will be modeled together with the physical environment at the ocean surface
layer based on the analysis of in-situ data and remote sensing data from satellites.
In order to pursue the role of the ecosystem on a global scale, we must, on land as an example, get perspective from
scales of a leaf and a tree (even this is very complicated) through to distributions of vegetation and soil worldwide.
Regrettably, the research areas of these wide scale matters are as yet premature in the world. We would like to make
efforts in order for the establishment of this research program to bring up pioneers in global ecosystem research, not only
in Japan, but also in the world, and to contribute more toward the positive future of humanity. I hope you support our
research program.
Dr. Yoshifumi Yasuoka
Professor, Univ. of Tokyo,
Ecosystem Change Research Program,
Program Director, FRSGC
3
ふろんてぃあ Newsletter No.8 October-1999
地球観測フロンティア / 地球フロンティア生態系 発足記念シンポジウム開催報告
The Symposium of the FORSGC / FRSGC was held
開会挨拶をする海洋科学技術センター
大庭会長
Dr. Ohba, Chairman of JAMSTEC,
making opening remarks
来賓挨拶をされる科学技術庁
三木長官官房審議官
STA Minister's Secretariat
Deputy Director-General Mr. Miki
giving a guest speech
閉会挨拶をする宇宙開発事業団
内田理事長
Mr. Uchida, President of NASDA,
making closing remarks
平成11年10月8日 、標記シンポジウムが、
「TEPIAホール」
(東京・港区)にて開催されました。本シンポジウムは、「地
球観測フロンティア研究システム」と「地球フロンティア研
究システム 生態系変動予測研究領域」がスタートしたことを
記念してその研究計画等を紹介する事を目的として開催され
たものです。
On the 8th of October (Fri), FRSGC held a
Commemorative symposium on the establishment
of the Frontier Observational Research System for
Global Change (FORSGC) and the Ecosystem
Change Research Program, and to introduce the
new research program. The symposium was taken
place at TEPIA Hall, Minato-ku, Tokyo.
松野システム長から 「地球フロンティア/観測フロンティ
アの現状と展望」についての講演後、第一部の 「地球観測フ
ロンティア研究システム 発足記念シンポジウム」では藤田フ
ロンティア研究推進室長が同システム概要説明を行い、竹内
気候変動観測研究領域長、Ostrovskiiグループリーダー、安成
水循環観測研究領域長、大畑グループリーダー、池田IARCプ
ログラムディレクターにより各領域の研究計画等に関する講
演を行いました。
After the lecture by Dr. Matsuno, Director-General
of the FRSGC, entitled“Present status and future
prospect of the FRSGC/FORSGC”, Mr. Fujita,
Director of the Frontier Research Promotion section,
gave an outline explanation about the FORSGC in the
first session of the“Commemorative Symposium on
the Establishment of the FORSGC”. It was followed
by the lectures of Dr. Takeuchi, Director of the Climate
Variations Observational Research Program; Dr.
Ostrovskii, the group leader; Dr. Yasunari, Director of
the Hydrological Cycle Observational Research
Program; Dr. Ohhata, the group leader and Dr. Ikeda,
Program Director of FORSGC’s Program for IARC,
who explained in detail of their respective research
plans.
第二部は、「地球フロンティア研究システム 生態系変動予
測研究領域 発足記念シンポジウム」として安岡領域長、甲山
・及川・才野の各グループリーダー候補が研究計画について
講演を行いました。
本シンポジウムには約2 0 0 名の参加者があり盛況のうちに
終了しました。
In the second session, as the“Commemorative
Symposium on the Establishment of the Ecosystem
Change Research Program in the FRSGC”,Dr. Yasuoka,
Director of the Research Program, and three group
leaders, Dr. Kouyama, Dr. Oikawa and Dr. Saino,
delivered the lectures on their research plans
respectively.
About 200 participants took part in this Symposium,
and the Symposium was a great success.
講演する松野システム長
Director-General Dr. Matsuno giving a lecture
より詳しい情報は、ホームページに掲載しております。
For further information:
http://www.frontier.esto.or.jp/jp/sympo/99/Oct/
4
ふろんてぃあ Newsletter No.8 October-1999
インド洋におけるエルニーニョ現象を発見
!
~
E l Nino-phenomena discoverd in the Indian Ocean
太平洋のエルニーニョに匹敵する大規模な気候変動がインド洋にも存在することが、このほど地球フロンティア研
究システムの山形俊男気候変動予測研究領域長、サジ・ハミード研究員らによって、世界で初めて明らかにされまし
た。山形領域長らがダイポール・モード(DM = Dipole Mode)と命名したこの発見は、9月22日(日本時間23日)
に発行の英国ネイチャー誌に掲載されました。
1994年の夏、日本は記録的な猛暑となりましたが、この原因を解明するためにインド洋の過去40年間に及ぶ海面水
温、風、降水量などの大気海洋データを詳しく調べたところ、熱帯インド洋東部で東風が吹き西部の海水温が上昇、
その結果、インドネシアなどインド洋東部では干ばつを、インドからアフリカ大陸東岸などにかけては洪水をもたら
していることを突き止めました。
また、これまでインドモンスーンと太平洋のエルニーニョの関係は謎に包まれていましたが、このDMが介在するた
めに両者の関係が複雑になっていることも明らかになり、インド洋から太平洋に及ぶ広域的な気候変動の解明に突破
口を拓くものとして世界の気候研究者から注目されています。
DMは日本にも猛暑などの異常気象をもたらしており、今回、DMの発生から消滅にいたる詳細な過程が解明された
ことは、日本の気候変動予測にも大きく貢献することが期待されます。本件については、新聞・テレビ等でも取り上
げられ、大きな反響がありました。
For the first time in the world, the discovery of a large scale climate change in the Indian Ocean has been made by Dr.
Toshio Yamagata, Director of Climate Variations Research Program, Dr. Saji N. Hameed, and other research scientists.
∼
This climate change is equivalent to El Nino in the Pacific Ocean. The discovery of a Dipole Mode (DM) named by Dr.
Yamagata and Dr. Hameed, has been reported in“Nature”, a famous scientific magazine in the U.K., published on
September 22, 1999.
In the summer of 1994, we had record-breaking heat in Japan.
In order to elucidate this cause, they investigated in detail the atmosphere-ocean data, such as sea-surface temperature,
wind, precipitation etc. of the Indian Ocean for up to 40 years in the past. They came to the conclusion that when the east
wind blows in the eastern part of the tropical Indian Ocean, the sea-surface temperature rises in the west, and as a result
drought occurs in the eastern Indian Ocean, such as in Indonesia, and at the same time floods from India through to the
east coast of the African continent.
∼
In addition, the relation between the Indian Monsoon and El Nino in the Pacific has been wrapped up in a mystery, but
now it has become clear that the DM lying between them complicates that relation. The climate researchers in the world
pay attention to the above discoveries as a break through to make clear the climate changes in the wide area from the
Indian Ocean through the Pacific Ocean.
The DM brings abnormal weather, such as fierce heat in Japan. We expect that the recent elucidation of detailed
processes from generation through extinction of the DM could contribute to the climate variations prediction in Japan.
This topic was played up by many newspapers and TV broadcasters etc., and created a sensation.
ダイポール・モード(DM = Dipole Mode)
より詳しい情報は、ホームページに掲載しております。
For further information: http://www.frontier.esto.or.jp/dm/nature/
5
ふろんてぃあ Newsletter No.8 October-1999
研 究 者 紹 介
Introduction of the researchers
潮の流量の季節変動や経年変動のメカニズムを数値計算という手法で調べてい
ます。大学院生の時から継続してきた研究テーマで、概ねのところはそのメカ
ニズムはトルクバランスという観点から理解できてきたと思っております。今後は更に
長期の変動に着目できるような数値実験を行っていくつもりです。これまでは黒潮を含
む北太平洋亜熱帯域のみを着目してきましたが、このような数値実験の結果を解析する
ことによって、熱帯海洋の長期変動との関わりや、また大気の長期変動との関係などに
ついても調べていきたいと考えております。
黒
気候変動予測研究領域
鍵本 崇
Climate Variations
Research Program
Dr. Takashi Kagimoto
この他、科学技術庁航空宇宙技術研究所との共同研究により、水平 1/6度の全球海洋
大循環数値実験を行っております。この数値計算は世界的にも非常にチャレンジングな
ことであり、また近い将来完成する地球シミュレータ上で行う、超高分解能な全球海洋
大循環数値実験のための足掛かりになると考えております。海洋物理にブレークスルー
を与えるような夢の数値実験実現に貢献できるようにがんばりたいと思います。
I
have been investigating the mechanisms of the seasonal and interannual transport variations of the Kuroshio using a high resolution
ocean general circulation model with quite realistic configurations and clarified those mechanisms in terms of the torque balance.
Now I'll carry out a further long-term simulation in order to understand the mechanism of the low frequency variability (e.g., the
decadal variability) of the subtropical gyre in the North Pacific as well as its relation to the variability of the tropical ocean circulation
or to the atmospheric low frequency variability.
I have also been doing the numerical simulation of the world ocean with 1/6 degree horizontal resolution. This is a cooperative study
between the Frontier Research System for Global Change and the National Aerospace Laboratory, STA. I hope this work becomes a
stepping-stone for the numerical simulation of the world ocean circulation with a super high resolution on the Earth Simulator and that I
can contribute to accomplish such simulation that may give the break through to the physical oceanography.
年春に長年住み慣れた北海道を離れ、東京大学での半年間のポスドク
を経て、同年10月の地球フロンティア発足と同時にこのプログラムに
参加しました。専門は気象学で、主に冬季の中高緯度の大気循環場変動や、海
洋・海氷の変動に対する大気場の応答などに興味があります。北海道大学での
学位論文ではオホーツク海の海氷域変動が遠く北米方面の大気循環場に影響を
及ぼすメカニズムを数値実験とデータ解析によって解明しました。
97
気候変動予測研究領域
本田 明治
Climate Variations
Research Program
Dr. Meiji Honda
フロンティアでは現在2つのテーマに取り組んでいます。ひとつは、冬の後
半に顕著なアリューシャン低気圧とアイスランド低気圧の勢力間のシーソーの
力学的メカニズムと、この北太平洋と北大西洋の架け橋となるシーソーの北半
球の大気循環場への影響について、客観解析データを用いて調べています。冬
季北半球の循環場の主要なモードとして最近知られるようになった「北極振動
(AO)」の空間パターンの形成に、このシーソーが本質的にかかわっているこ
とが分かってきました。
もうひとつは主に数値実験によるもので、冬季北太平洋の亜寒帯フロント域
の海面水温場の変動が北半球の大気循環場に有意に影響を及ぼし得るという結
果が得られています。この2つはもちろん独立なテーマではなく、将来的に密
接に関係していくものと確信しています。北半球の大気循環場及び北太平洋と
北大西洋の海洋の変動を、大気−海洋結合系として総合的に解明していくこと
に全力を注いでいきたいと思います。
ホームページ http://w3.frontier.esto.or.jp/d1/meiji/
6
ふろんてぃあ Newsletter No.8 October-1999
A
fter I left Hokkaido in the spring of 1997, where I lived quite a while, and worked for a half a year at the University of Tokyo
as a post-doctor, I joined the Climate Variations Research Program in October 1997, the same time that the FRSGC started. My
specialization is meteorology and I have special interest in the variability of the atmospheric circulation at mid and high-latitudes during the
winter season. I also have interest in the response of the atmospheric field to the variability of oceans and sea ice. In my doctoral dissertation
at Hokkaido University, I was able to show that variations of sea ice in the Sea of Okhotsk have an influence on the atmospheric circulation
in the far North America by a numerical experiment and a data analysis.
Now at the FRSGC, I have two themes to solve: one is, by using objective analysis data, investigation of a dynamic seesaw mechanism
between the Aleutian low and the Icelandic low, and it’
s effect on the atmospheric circulation fields in the Northern Hemisphere by the
atmospheric bridge between the North Pacific and the North Atlantic. It has now become clear that this seesaw has a substantial relation
to spatial pattern formation of the “Arctic Oscillation (AO)”recently known as a one of dominant variability in the extra tropical in the
Northern Hemisphere circulation during winter.
Another theme is mainly related to numerical experiments. I have already obtained results that shows that variability of sea-surface
temperature fields over the subpolar front in the North Pacific in winter could have a significant influence on the atmospheric circulation
frontal in the Northern Hemisphere. Of course, these two themes are not independent. I am convinced that in future these two will have
a tight relation with each other. I will do my best to elucidate the atmospheric circulation in the Northern Hemisphere and the variability
of the North Pacific and North Atlantic, incorporating them comprehensively into an atmosphere-oceans coupled system.
Homepage http://w3.frontier.esto.or.jp/d1/meiji/index-e.html
年8月1日に水循環予測研究領域に赴任してきました。陸面水循環過程グルー
プに所属し、陸面水文モデルの開発に取り組んでいます。それまでは長岡技術
科学大学での教育研究に従事していました。
98
水循環予測研究領域
陸 旻皎
Hydrological Cycle
Research Program
Dr. Minjiao Lu
ご存じのように,大気と海洋に比べて、陸面は極めて不均一です。陸面水文過程もそ
れゆえの多様性をもち、私の今までの研究は流域を細かく分割し、それらを忠実に表現
する分布型水文モデルを開発し、降水から河川流量までの水循環を表現し、理解するこ
とに重点を置いてきました。一方では、気候システムにおける陸面水文過程の重要性も
顕在化してきており(他が進んだためボトルネックになってきたともいえます)、その
モデリングには陸面不均一性を考慮したパラメタリゼーションが不可欠です。個人的に
は、大気モデルと陸面モデルのカップリング、サブグリッドスケールの陸面不均一性の
影響評価とそのパラメタリゼーション、そして各グリッドからの流出の河口までの運動
を表現する河道追跡モデルの開発をフロンティアでの仕事として研究を進めて行きたい
と考えています。
良いモデルは様々な自然条件下でのプロセス研究の集大成であれば、各サブモデルの
ハーモニーでもあります。皆さんとともに、ハーモニーを求めていきたいと思います。
I
joined in the Hydrological Cycle Research Program on August 1, 1998. I belong to the Land Surface Hydrological Cycle Process
Group, and work on development of land surface hydrological model. Before entering the FRSGC, I worked at Nagaoka University
of Technology, being engaged in education and research there.
As a well known fact, land surface is much more heterogeneous than the atmosphere and the oceans. Therefore, the land surface
hydrological processes also have the same kind of diversity. My research works up to now have focused on the development of high
resolution distributed hydrological model, on the understanding and representation of water cycle from precipitation to river flow. On the
other hand, the importance of land surface hydrology in climate system has been realized(in other words, land surface hydrology becomes
a bottle-neck after the progresses in other research areas). In order to take into account the heterogeneity of land surface in climate
research, parameterization is indispensable. At the FRSGC, I shall work on evaluation of sub-grid heterogeneity of the land surface and
its parameterization, coupling of atmospheric model and hydrological model, development of routing model for continental scale basins.
Good model integrates the results of process study under various natural conditions, also produces harmony among the sub-models.
It's my pleasure to seek out a harmonic model with colleagues in the FRSGC.
7
ふろんてぃあ Newsletter No.8 October-1999 海外の地球変動研究所紹介
Introduction of the Global Change Research Institutes in the World
本ニューズレターでは、海外の地球変動研究機関をシリーズで紹介しています。シリーズ第7
回目の今回は、97年10月に国際太平洋研究センターに参加されたL.M.ジェイムソンさんに、米国
航空宇宙局(NASA)ラングレー研究センターを紹介していただきます。
国際太平洋研究センター(IPRC)に参加する前、私は三菱重工(MHI)とNASAラングレー研究センター(LaRC)
において、数値計算の専門家として勤務していました。NASAラングレー研究センターは、1917年米国初の官民共同
の航空研究所として設立された、航空学、大気科学及び宇宙工学等において世界レベルの研究所です。LaRCの研究分
野の70%を占める航空学は、私の研究の応用分野であり、LaRCの中のアカデミックな研究グループである科学・技術
計算機応用研究所(ICASE)に在籍していました。ICASEの課題は、基礎的かつ学問的なやり方でLaRCを支援するこ
とでした。ICASEの多くの科学者たちは大学に所属しているのに対して、我々のようなICASE専属の研究者は、基本
的に自由に自分たちが選んだ研究を追求することができました。
ICASEの名が示すように、LaRCにおける計算機の重要性は、1972年にLaRCにおいて独立したセンターとしてICASE
を設立するほど重要で、数値解析や計算機科学における基本的な問題を研究する目的に利用されました。ICASEは、
1970年代から80年代にかけて数値解析の分野でとても有名になり、ここ10年計算機科学分野では、ビジュアライゼー
ションの重要な多くの分野で名を挙げる程でした。
数値解析と計算機科学は、計算機シミュレーションに関連したLaRCの多くの分野で不可欠なものとなり、中でも、
LaRCは風洞や試験設備はもとより、構造や材料を含む多くの研究分野で有名になりました。LaRCは、米国内はおろ
か、世界に誇れる風洞設備を持っています。ラングレーの風洞は、試験用の範囲として、0mphからマッハ25、すな
わち約17,500mphの風速までカバーしています。これらの風洞は、米国にとって唯一のもので、遷音速施設、遷音速
力学風洞、8フィート高温風洞および超音速風洞が含まれています。しかし、風洞実験は実行するのにとてもお金がか
かります。もし、いくつかの数値実験がスーパーコンピュータでできるのであればLaRCすなわちNASAはかなりの
お金を節約することができます。また風洞実験や大規模な3次元計算は膨大なデータを作り出しますが、そこから有
用な情報を引き出さなければなりません。だからこそ、計算機によるビジュアライゼーションが重要視されるのです。
私のLaRCでの経験は貴重なものでした。私がLaRCで一緒に仕事をした多くの優秀な科学者たちは、それぞれの分
野での最先端の研究領域を切り拓いていました。その上、ICASEの特徴としてさまざまな大学と密接な関係があり、
そのことがICASEの環境をとてもアカデミックにし、また学者達の考えを理解する事ができ、我々の研究の発展に寄
与してくれました。さらに、私はLaRCがめざしているICASEを通したアカデミックな環境との結びつきが、世界中の
政府の研究所に対し、よい例を示すものと確信しています。
私は、LaRCで得たシミュレーションや数値解析の知識が、IPRCや地球フロンティアにおいて、応用できることを
期待しています。
米国航空宇宙局 ラングレー研究センター ホームページ http://www.larc.nasa.gov/
国際太平洋研究センター
International Pacific Research Center (IPRC)
L.M.ジェイムソン
Dr.L.M.Jameson
Homepage http://iprc.soest.hawaii.edu/people/jameson.html
8
ふろんてぃあ Newsletter No.8 October-1999
In this Newsletter, we introduce, in a successive manner, the global change research institutes in the
world. For the seventh in this series, Dr.L.M.Jameson, who has been participating in the International
Pacific Research Center (IPRC) since October '97, introduces NASA Langley Research Center.
Before joining the IPRC, I worked at Mitsubishi Heavy Industries and
NASA Langley Research Center (LaRC). At both MHI and NASA I was
employed as a specialist in numerical calculations. NASA Langley
Research Center was established in 1917 as the first national civil
aeronautics laboratory. LaRC is a comprehensive, world-class center for
aeronautics, atmospheric sciences and space technology. Seventy percent
of LaRC's effort is in aeronautics research and this is the area where
my own research was applied.
Specifically, I worked at the Institute for Computer Applications in
Science and Engineering (ICASE) which is an Academic style research
group inside of LaRC. The task of ICASE was to support the effort at
LaRC in a very fundamental academic manner. Most of the scientists at
ICASE were affiliated with a university and those of us who were full
time ICASE employees were allowed to pursue our own research in
essentially any manner we chose.
As the name ICASE indicates, the impact of computers in the research
LaRCでの風洞テスト
Wind tunnel test at LaRC
effort at LaRC was considered important enough to establish an
independent center in 1972, ICASE, inside LaRC for the sole purpose of
investigating fundamental issues in numerical analysis and computer science. ICASE was very famous in the 1970's
and 1980's for research in numerical analysis and in this decade for research in computer science areas such as the
all-important field of visualization.
Numerical analysis and computer science have become critical areas for many areas of research at LaRC related to
computer simulations. LaRC is famous for many areas of research including structures and materials as well as for wind
tunnels and test facilities. In fact, LaRC has the most extensive collection of wind tunnels in the United States and possibly
the world. Langley's wind tunnels allow engineers to conduct testing that encompasses the entire speed range from 0mph
to nearly Mach 25, or approximately 17,500mph. Some of these tunnels are unique to the Nation, including the National
Transonic Facility, the Transonic Dynamics Tunnel, the 8-Foot High Temperature Tunnel and the Supersonic Low
Disturbance Tunnel. Wind tunnel experiments are, however, very expensive to conduct. So, if some of the experiments
can be conducted on a supercomputer then LaRC and NASA can save quite a bit of money. Furthermore, wind tunnel
experiments and large 3 dimensional calculations produce huge amounts of data from which useful information must be
extracted and this is where computer visualization becomes important.
My experience at LaRC was very positive. I had the chance to work with some excellent scientists who were on the
cutting edge in research in their own fields. Furthermore, the special nature of ICASE and its close connection to various
universities made the environment very academic in the sense that we always knew what the academic world was thinking
and this helped us to keep our own research state-of-the-art. Furthermore, I believe that LaRC's desire to stay connected
to academia through ICASE serves as a good example for government laboratories around the world.
I look forward to applying my simulation and numerical analysis knowledge that acquired at LaRC to the my research
efforts at the IPRC and the Frontier program.
NASA Langley Research Center Homepage http://www.larc.nasa.gov/
9
ふろんてぃあ Newsletter No.8 October-1999 地球観測フロンティア研究システム発足
Frontier Observational Research System for Global Change has started
地球を理解するには、広大な海面下の世界をはじめ、
極域、永久凍土帯、熱帯雨林など観測困難な領域も含め
て大陸スケール、大洋スケールで変動現象を捉え、その
観測データをもとに、個々のプロセスのモデル化や高解
像度の全球モデルへの統合を進めていく必要があります。
さらに、超高速の並列コンピュータによるシミュレー
ションの精度を上げるため、衛星、ブイ、漂流フロート、
陸域の観測網などからなる全球的な観測システムを構築
していくことも必要です。これらの総合的な取り組みに
よって、地球温暖化などの気候変動予測が実現され、人
間活動の急激な拡大が気候システムや生態系などにどの
ような影響を与えるかを明らかにしてくれるでしょう。
このような全体構想のもと、平成10年に「地球温暖化
対策推進大綱」で「地球観測体制等の強化」が重要施策
の一つとして位置づけられたことを受けて、平成11年8
月に、「地球観測フロンティア研究システム」が発足し
ました。
To understand our earth, it is necessary to grasp variation phenomena
over the continent and ocean scales including the regions where
observation is difficult, such as polar areas, tundra, tropical rain forests,
as well as the huge underwater space. Based on the observation data, we
will model each process and integrate it into a high resolution, global
model.
It is also important to establish the global observation system consisting
of satellites, buoys, drifting floats, land observation network, etc., in order
to improve the precision of simulation by a super high speed, parallel
computer. Through these comprehensive approaches, prediction of climate
change such as global warming will be achieved and we may make it clear
how rapid expansion of anthropogenic activity affects climate systems and
ecosystems.
With this whole conception,“Intensification of earth observation
scheme”under“The Action Program to Arrest Global Warming” was
set up as one of the key policies in 1998. Following the above, “Frontier
Observational Research System for Global Change (FORSGC)”was
established in August 1999.
The FORSGC
観測フロンティアとは?
●平成9年度に発足した「地球フロンティア研究システ
ム」におけるモデル研究と連携する。
●既存の研究制度・組織では観測困難な時間的・空間的
スケールの大きな変動現象の解明を目的とする。
●流動研究員制度のもとで優れた研究指導者、研究者、
ポスドク等を結集する。
●関係省庁・大学等の持つ観測船、民間のボランティア
船との協力、その他、大学・省庁・民間を越えた広範
な協力によって集中的な観測研究を行う。
●平成13年度末に完成予定の地球シミュレータ(実効速
度5TFLOPS、水平解像度10kmを目標)のプロジェク
トとも連携する。
●FORSGC will cooperate with the modeling research of the
FRSGC, which was established in 1997.
●FORSGC aims to elucidate variations over large-scale temporal
and spatial periods, which are difficult to detect with existing
research systems and organizations.
●FORSGC will concentrate on recruiting excellent leaders,
researchers and the post-doctorate, etc., under a flexible
employment system.
●FORSGC will secure the means for ocean and land observation
in cooperation with related ministries and universities, with their
own research vessels, and volunteer ships from private sectors.
The results of this cooperation will greatly surpass their
respective organizations.
●FORSGC will also cooperate with the project of the Earth
Simulator project (effective speed: 5TFLOPS, horizontal
resolution : 10km as an objective) being completed at the end of
FY 2001.
気候変動観測研究領域長
Director of Climate Variations Observational Research Program
竹内 謙介 Dr. Kensuke Takeuchi
西太平洋・インド洋における大気海洋相互作用グループ
Air-Sea interaction in the Western Pacific and Indian Ocean
亜 表 層・中 層における海 洋 変 動グル ープ
Oceanic Variation within Semi-Surface and in the Middle Layer
運営委員会
日本 沿 海 予 測 可 能 性 実 験グル ープ
Advisory Committee
地球観測フロンティア研究システム
Frontier Observational Research System for Global Change
システム長 松野 太郎
Director-General Dr. Taroh Matsuno
Japan Coastal Ocean Predictability Experiment
水循環観測研究領域長
Director of Hydrological Cycle Observational Research Program
安成 哲三 Dr. Tetsuzo Yasunari
広 域 水 循 環グル ープ
システム 長特別補佐
フロンティア研究推進事務局
雲・降 水 過 程グル ープ
Cloud and Precipitation Processes
Large-Scale Hydrological Cycle and Processes
Special Assistant to Director-General
林 光夫 Mitsuo Hayashi
陸 面 水 循 環 過 程グル ープ
Land-Surface Hydrological Cycle and Processes
I A R Cプログラムディレクタ ー
海 洋・海 氷・大 気 結 合グル ープ
Program Director of FORSGC's Program for IARC
Coupled Ocean-Ice-Atmosphere System
池田 元美 Dr. Motoyoshi Ikeda
複 合 分 野グル ープ
Multi-Disciplinary
Frontier Research Promotion Office
地球観測フロンティア関係省庁協議会
The Related Authority Conference
of Frontier Observation for Global Change
(事務局:科学技術庁)
(Office:Science and Technology Agency)
地球観測フロンティア研究システム(FORSGC)Homepage: http://www.frontier.esto.or.jp/kansoku/
10
ふろんてぃあ Newsletter No.8 October-1999 国際北極圏研究センター(IARC)開所式
Opening Ceremony of the International Arctic Research Center
日米両政府の共同プロジェクトである国際北極圏研究センター(IARC)
の開所式式典が本年8月27日(金)、約250名が参加してアラスカ大学構
内で挙行されました。日本からは科学技術庁、宇宙開発事業団、海洋
科学技術センター、地球フロンティア研究システム、地球科学技術推
進機構及び北海道大学等の関係者を含め27名が出席しました。
式典は米国北極圏委員会(ARC)会長のジョージ・ニュートン博士と日
本総領事辻本氏のお祝いの言葉で始まりました。続いて科学技術庁長
官官房審議官三木氏、地球フロンティア研究システムの松野システム
長、アラスカ大学学長マーク・ハミルトン博士を含む7名がスピーチ
を行いました。
開所式ケーキカットの模様、左よりNOAAウッド博士、
宇宙開発事業団富田地球観測システム本部副本部長、
アラスカ大学評議会ロジャーズ博士、池田IARCプログ
ラムディレクター、海洋科学技術センター高木企画部
長、アラスカ大学フェアバンクス校シェドラープロジ
ェクトディレクター
Cake Cutting
(From left) Dr. Wood from NOAA, Mr. Tomita
from NASDA, Dr. Rogers from BOR, Dr. Ikeda
from FRSGC, Mr. Takagi from JAMSTEC, Ms.
Schedler from UAF
司会者のメリット・ヘルフェリッチ博士が米国側貢献者の名前を声高
く読み上げ、IARCの赤祖父所長が日本側出席者を紹介致しました。続
いて地球科学技術推進機構の坂田機構長とハミルトン学長がIARCのス
タートを祝ってリボンカットを行いました。
式典はなごやかな雰囲気の中で進行し、最後にIARCビル、米国旗、
日の丸を模擬した三つのケーキが日米3名ずつのペアでカットされまし
た。日本からは、池田IARCプログラムディレクター、宇宙開発事業団
地球観測システム本部の富田副本部長、海洋科学技術センター高木企
画部長が米側の代表と共にケーキカットを行い、式典は無事終了しま
した。
The International Arctic Research Center (IARC), a joint project between the U.S. and Japanese governments, celebrated its opening
on the campus of the University of Alaska, Fairbanks (UAF), on Friday, August 27th.
250 guests gathered for the ceremony including 27 delegates from agencies and organizations in Japan: the Science and Technology
Agency (STA), the National Space Development Agency of Japan (NASDA), the Japan Marine Science and Technology Center (JAMSTEC),
the Frontier Research System for Global Change (FRSGC), the Earth Science and Technology Organization (ESTO), and Hokkaido
University, among others.
The ceremony began with comments from the Chair of the U.S. Arctic Research Commission (ARC), Dr. George Newton, and the
Consul-General of Japan, Mr. Tsujimoto. They were followed by seven other keynote speakers, including the Secretariat Deputy
Director-General of STA, Mr. Miki; the Director- General of FRSGC, Dr. Matsuno; and the President of the University of Alaska, Dr. Mark
Hamilton.
Dr. Merritt Helfferich, the Master of Ceremonies, read aloud a list of the U.S. contributors, and Director Akasofu of IARC introduced
the Japanese delegates to the crowd. The President and CEO of ESTO, Dr. Sakata, and President Hamilton cut the ribbons for celebration
of its opening.
A friendly reception followed the conclusion of the ceremony. Three cakes, each with a decorated flag on top (IARC, U.S. Japan,
respectively), were cut by three U.S. representatives and three Japanese representatives: the Program Director of FRSGC for IARC, Dr.
Ikeda; the Assistant Executive Director of NASDA, Mr. Tomita; the Director of JAMSTEC, Mr. Takagi, as well as the U.S. counterparts.
国際北極圏研究センター(IARC) Homepage http://www.iarc.uaf.edu/
地球科学技術推進機構(ESTO)の事業の紹介
Introduction of the Business of the Earth Science and Technology Organization
地球科学技術推進機構の国際北極圏研究センター(IARC)支援
(ESTO) Earth Science and Technology Organization supporting IARC
地球変動研究・予測推進のため、日米両国が共同で設立したIARCが今年4月より本格的に稼働を開始しまし
た。ESTOはIARCで研究活動を実施する宇宙開発事業団、海洋科学技術センター及び両法人が共同で推進する
地球フロンティア研究システムに対して、研究環境の提供、研究支援、NASDA情報システムの整備及び運用準
備、IARC事務局との調整等の支援業務を行っています。
ESTO supports NASDA and JAMSTEC, which are both implementing their respective research activity at the IARC, and
FRSGC, promoted jointly by both corporations, by providing an environment for conducting research, supporting the research,
assisting in the preparation for the NASDA information system and its operation, as well as assisting with adjustments with the
office of the IARC.
11
ふろんてぃあ Newsletter No.8 October-1999
問い合わせ先等 References,etc.
ゆりかもめ 日の出駅
至 新橋
Yurikamome Hinode Station
To Shinbashi
西口 West Exit
海岸通り Kaigan Street
N
東京ガスビル
東芝ビル
Tokyo Gas Building
Toshiba Building
シーバンス
SEAVANS
S
旧芝離宮恩賜庭園
Kyu Shibarikyuonshi Park
歩行者デッキ
チサンホテル
Walkerdeck
Hotel Chisan
JR浜松町駅
JR浜松町駅
至 羽田空港
JR Hamamatsucho Station
To Haneda Airport
至 東京
東京
東京モノレール
Tokyo Monorail
To Tokyo
JR線 JR Line
南口 South Exit
至 品川
To Shinagawa
世界貿易センタービル(NASDA)
住友浜松町ビル
World Trade Center Building(NASDA)
Sumitomo Hamamatsucho Building
国道130号線
首都高速
Metropolitan High way
N Route NO.130
国道15号線(第一京浜)Route Daiichi Keihin
都営地下鉄 大門駅
Subway Daimon Station
地球変動研究所
住所:〒105-6791 東京都港区芝浦1丁目2番1号
シーバンスN館7階
TEL:03-5765-7100 FAX:03-5765-7103
Institute for Global Change Research
Location : SEAVANS North 7F,1-2-1 Shibaura,
Minato-ku,Tokyo 105-6791 Japan
TEL:+81-3-5765-7100 FAX:+81-3-5765-7103
地球変動研究所 別館
住所:〒105-0013 東京都港区浜松町1-18-16
住友浜松町ビル4F
TEL:03-5404-7850 FAX:03-5405-4150
Institute for Global Change Research, Annex
Location:Sumitomo Hamamatsu-Cho bldg. 4F, 1-18-16
Hamamatsu-cho, Minato-ku, Tokyo 105-0013 Japan
TEL:+81-3-5404-7850 FAX:+81-3-5405-4150
地球フロンティア共同研究サテライト
住所:〒305-0006 つくば市天王台3-1科学技術庁
防災科学技術研究所内 第2地震調査研究棟1階
TEL:0298-52-1907 FAX:0298-52-1899
Joint Research Satellite Facility of FRSGC
Location:The NIED Second Earthquake Survey and
Research Building, 3-1,Tennodai,Tsukuba-shi,
Ibaraki 305-0006 Japan
TEL:+81-298-52-1907 FAX:+81-298-52-1899
発行日:平成11年10月29日
発 行:地球フロンティア研究システム合同推進事務局
T E L :03-5765-7100
F A X :03-5765-7103
担 当:赤井・佐藤
ホームページ:http://www.frontier.esto.or.jp/
お問合せ用メールアドレス:[email protected]
Date of issue: October 29 , 1999
Issue: Joint Promotion Office, Frontier Research
System for Global Change
TEL:+81-3-5765-7100
FAX:+81-3-5765-7103
Mr. Akai and Mr.Satoh are the contact person for inquiries
Homepage: http://www.frontier.esto.or.jp/
E-mail address for inquiries: [email protected]
[email protected]を使用しています。
当システムの研究の紹介、研究成果に関する記事・画像等を掲載する
ためカラー印刷にて作成しております。
This Newsletter adopts reproduced paper recognized by the
eco-mark organization. We use color print version to introduce
our research of the System, and to publish articles/ images on
the results of researches.
編集・制作
社団法人 資源協会 地球科学技術推進機構
Editing & framing :
Earth Science and Technology Organization (ESTO)
12