P.1~93 - 一般社団法人 日本サステナブル建築協会(JSBC)

住宅の改正省エネルギー基準
低炭素建築物認定制度の講習
第1章~第二章_1(外皮まで)
一般社団法人 日本サステナブル建築協会
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.2
第一章 省エネルギー基準改正の概要
1.改正の概要
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.3
第一章 省エネルギー基準改正の概要
1.改正の概要
H25
4/1
H25
10/1
H27
4/1
H26
4/1
住宅
H11年基準
・判断基準
(暖冷房負荷、Q、μ)
・設計施工指針
(仕様規定)
経過措置期間
H25年基準
・判断基準
(UA、ηA、一次エネ)
・設計施工指針
(部位別仕様表)
(条件付き仕様規定)
施行
非住宅
経過措置期間
CEC
ポイント法(外皮)
ポイント法(設備)
経過措置期間
PAL
施行
一次エネ
通常計算法
PAL*、簡易PAL*
主要室入力法
モデル建物法
施行
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.4
第一章 省エネルギー基準改正の概要
2.外皮性能基準の概要 (1)概要
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
詳しくは後程説明
P.5
第一章 省エネルギー基準改正の概要
2.外皮性能基準の概要 (2)基準値
詳しくは後程説明
外皮性能基準
地域区分
外皮平均熱貫流率の基準値
[W/(㎡・K)]
冷房期の平均日射熱取得率の
基準値 [-]
1
2
3
4
5
6
7
8
0.46
0.46
0.56
0.75
0.87
0.87
0.87
-
-
-
-
-
3.0
2.8
2.7
3.2
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.6
第一章 省エネルギー基準改正の概要
3.一次エネルギー消費量基準の概要
詳しくは後程説明
≧
※1 コージェネレーション設備により発電されたエネルギー量も含まれます
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.7
第一章 省エネルギー基準改正の概要
4.地域区分
1地域
2地域
3地域
4地域
5地域
6地域
7地域
8地域
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.9
第一章 省エネルギー基準改正の概要
5.複合建築物の場合
省エネルギー性能の評価単位のイメージ
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.12
第二章 建築主の判断基準の概要
1.外皮性能基準 1.1外皮性能の概要
UA
ηA
外皮平均熱貫流率
冷房期の平均日射熱取得率
算出対象部位
小屋裏
小屋裏
小屋裏
小屋裏
軒天裏
400
400
軒天裏
床下
土間
床下
土間
(A)熱損失量算出対象部位
(A)日射熱取得量算出対象部位
(B)総熱損失量を除する対象部位
(B)総日射熱取得量を除する対象部位
当該住戸
隣接住戸
隣接住戸
当該住戸
隣接住戸
隣接住戸
(A)熱損失量算出対象部位
(A)日射熱取得量算出対象部位
(B)総熱損失量を除する対象部位
(B)総日射熱取得量を除する対象部位
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.13
第二章 建築主の判断基準の概要
1.外皮性能基準 1.1外皮性能の概要
外皮性能基準
一次エネルギー消費量基準
外皮面積
UA
×
A
q
冷房期
ηA
×
A
mC
暖房期
η 暖房期
×
A
mH
外皮平均熱貫流率
平均日射熱取得率
適否判定
一次エネルギー消費量計算
暖冷房一次エネル
ギー消費量計算に
使用
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
適否判定
P.14
第二章 建築主の判断基準の概要
1.外皮性能基準 1.1外皮性能の概要
Step 1 熱的境界を確認する。
Step 2 熱的境界の各部位の面積を方位別に求める。
・共同住宅にあっては、界壁、界床の面積も求める。
・窓は面積算出のほか、各窓ごとにサイズと庇等の寸法を確認する。
・RC造、S造にあっては、構造熱橋部の長さを求める。
・地盤面に熱的境界がある部分(基礎断熱など)は、基礎周長を求める。
Step 3 各部位の熱的性能値を求める。
・UA、q計算のために、各部位の熱貫流率を求める。
・ηA、mC、mH計算のために、各窓の日射熱取得率、及び取得日射量補正係数を求める。
Step 4 計算に用いる係数を求める。
・UA、q計算のために、各部位ごとに温度差係数を求める。
・ηA、mC、mH計算のために、各部位毎に方位係数を求める。
Step 5 計算式に代入して各外皮性能を求める。
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.14
第二章 建築主の判断基準の概要
1.外皮性能基準 1.1外皮性能の概要
=
UA 外皮平均熱貫流率=Σ(A(L)・U(ψ)・H)*4÷ΣA
q 単位温度差あたりの外皮熱損失量
Σ(A(L)・U(ψ)・H)*4
貫流熱損失の合計
ΣA
外皮等面積の合計
屋根・天井
外壁
床
開口部
土間基礎
:
:
:
:
:
A
A
A
A
面積
面積
面積
面積
×
×
×
×
U
U
U
U
熱貫流率
熱貫流率
熱貫流率
熱貫流率
×
×
×
×
H
H
H
H
温度差係数
温度差係数
温度差係数
温度差係数
=
=
=
=
A・U・H
A・U・H
A・U・H
A・U・H
貫流熱損失
貫流熱損失
貫流熱損失
貫流熱損失
A 面積*1
× U 熱貫流率*2 × H 温度差係数
= L・U・H 貫流熱損失
*4 =
× U 熱貫流率
× H 温度差係数
A・U・H*4 貫流熱損失
L 熱橋長さ × ψ 熱貫流率*3 × H 温度差係数
= L・ψ・H 貫流熱損失
L 周長
界壁・界床*5 : A 面積
構造熱橋部*6 :
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.15
第二章 建築主の判断基準の概要
1.外皮性能基準 1.1外皮性能の概要
=
ηA 冷房期の平均日射熱取得率=Σ(A(L)・η・ν)÷ΣA
=
mC(mH) 冷房期(暖房期)の単位日射強度あたりの日射熱取得量
Σ(A(L)・η・ν)
日射熱取得量の合計
ΣA
外皮等面積の合計
屋根・天井
外壁
床
ドア
窓
土間基礎
界壁・界床*5
構造熱橋部*6
:A
:A
:A
:A
:A
:A
:A
:
面積
面積
面積
面積
面積
× η日射熱取得率*2 × ν方位係数*4
× η日射熱取得率*2 × ν方位係数*4
= A・η・ν日射熱取得量
= A・η・ν日射熱取得量
× η日射熱取得率*2 × ν方位係数*4
= A・η・ν日射熱取得量
*2
*4
*4
× η日射熱取得率 × ν方位係数 × fc 取得日射量補正係数 = A・η・ν日射熱取得量
面積*1
面積
L 熱橋長さ × η日射熱取得率*3 × ν方位係数*4
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
= L・η・ν日射熱取得量
P.16
第二章 建築主の判断基準の概要
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法


基礎を除く部位
外皮平均熱貫流率
単位温度差あたりの外皮熱
損失量

=

=
 = ��� × , � + ��, × , ���
基礎等
小数点第三位を切り上げ、小数点第二位までの値とする。
小数点第二位を四捨五入し、小数点第一位までの値とする。
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.18
第二章 建築主の判断基準の概要
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
Step 3
各部位熱貫流率の算出
「第二章1.2(4)」参照
(戸建住宅の例)
Step 4
「第二章1.2(5)」参照
Step 2
面積、土間周長等の算出
「第二章1.2(3)」参照
部位
貫流熱損失
の算出
隣接空間
A
面積
L
U
土間周長 U:熱貫流率
[㎡]
熱橋長さ
[W/(㎡・K)]
[m]
[W/(m・K)]
-
H
温度差係数
A(L)×U×H
貫流熱損失
[-]
[W/K]
屋根
外気
0.00
-
天井
小屋裏
67.92
-
0.24
1.00
外壁
外気
139.48
-
0.53
1.00
73.92
外気
28.71
-
4.65
1.00
133.50
開口部
窓
ドア
床
基礎土間
周長
外皮面積
(各部位ごとに四捨五入済み)
ΣA=307.51㎡
16.30
外気
3.51
-
4.65
1.00
16.32
床下
65.41
-
0.48
0.70
21.98
外気
-
3.185
0.53
1.00
1.69
床下
-
3.185
0.76
0.70
-
0.00
0.00
-
2.48
ΣA
部位面積の合計
=外皮等面積
*小数点3位を四捨五入
-
307.51
1.69
-
q=Σ( A・ U・ H)
265.41
U A =Σ( A・ U・ H) / ΣA
0.863
貫流熱損失の合計
=単位温度差あたりの外皮熱損失量
*小数点2位を四捨五入
265.41→265.4
q÷ΣA
=外皮平均熱貫流率
*小数点3位を切り上げ
0.863→0.87
q=265.4W/K
UA=0.87W/(㎡・K)
暖冷房一次エネルギー消費量計算
に用いる。
外皮平均熱貫流率UA基
準判定に用いる。
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.19
第二章 建築主の判断基準の概要
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
Step 3
各部位熱貫流率の算出
「第二章1.2(4)」参照
Step 2
面積、熱橋長さの算出
「第二章1.2(3)」参照
(共同住宅の例)
構造熱橋部の線熱貫流率ψ
「第二章1.2(4)③」参照
Step 3
構造熱橋部の熱損失
Step 4
「第二章1.2(5)」参照
注:外壁-床の構想熱橋部の
熱損失は、下階住戸にて
計算する。
「第二章1.2.(4)③(ⅲ)」参照
部位
貫流熱損失
の算出
隣接空間
A
面積
L
U(ψ)
土間周長 U:熱貫流率
[㎡]
熱橋長さ
[W/(㎡・K)]
[m]
[W/(m・K)]
H
A(L)×U(ψ)×H
温度差係数 貫流熱損失
[-]
屋根
外気
70.00
-
天井
小屋裏
0.00
-
外気
52.28
-
0.75
1.00
39.21
外気
12.26
-
4.65
1.00
57.01
外壁
開口部
窓
ドア
床
外気
1.76
-
外気
0.00
-
0.00
-
床下
構造熱橋部
0.37
[W/K]
4.65
-
11.40
外壁-戸境壁(2か所)
外気
-
屋根-間仕切壁
外気
-
外気
-
隣住戸
隣接住戸
界床
下階住戸
隣接住戸
ΣA
部位面積の合計
=外皮等面積
*小数点3位を四捨五入
(各部位ごとに四捨五入済み)
ΣA=238.22㎡
*1
25.90
-
1.00
-
-
外気
外壁-間仕切壁
-
-
屋根-戸境壁
界壁
1.00
-
8.18
-
-
-
0.33
1.00
5.60
0.33
1.00
3.71
1.82
6.14
0.65
1.00
3.99
2.80
0.65
1.00
31.92
-
2.34 *2
0.15
70.00
-
1.80
0.15
18.90 ③
Σ(A・U・H)
171.74 ②
238.22 ①
1.82
11.20 ③
U A =Σ(A・U・H)/ΣA
0.721 ②/①
q=Σ(A・U・H)-界壁・界床(A・U・H)
141.64 ②-③
q÷ΣA
=外皮平均熱貫流率
*小数点3位を切り上げ
0.721→0.73
貫流熱損失の合計
=単位温度差あたりの外皮熱損失量
*小数点2位を四捨五入
141.64→141.6
UA=0.73W/(㎡・K)
q=141.6W/K
外皮平均熱貫流率UA基
準判定に用いる。
暖冷房一次エネルギー消費量計算
に用いる。
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.20
第二章 建築主の判断基準の概要
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(1)熱的境界の確認
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
Step 1
P.21
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 2
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(2)外皮等面積の算出方法
天井面積
屋根面積
界床(界天井)面積
屋根面積
屋根断熱の場合
▽棟高さ
屋根の場合
▽軒桁上端
小屋裏
外気に接する床
▽床レベル
※3 外皮面積に算入しなく
てもよい。
土間床部の場合
▽基礎天端 ※1
床下
※1 基礎天端がGL+400
を超える高さの場合は、
GL+400レベルを外壁
面積算出の起点とする。
床断熱の場合
▽床レベル
外壁面積
界壁
天井断熱の場合
▽天井高さレベル
壁心
外壁面積
外壁面積
小屋壁部断熱
の面積
※2 勾配成りの寸法で算出
▽RSL
住戸A
住戸D
住戸B
住戸E
住戸C
住戸F
▽3FSL
▽2FSL
▽1FSL
土間基礎部の
水平投影面積
外気床断熱
の面積
壁心
床下、ピット
床断熱
の面積
床面積
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.22、23
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 2
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(2)外皮等面積の算出方法
壁心
壁心
天井面積
▽桁天端
壁心 ⇒ 外面
壁心
床面積
壁心
床面積
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.24
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 2
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(2)外皮等面積の算出方法
▽下地材下端
▽桁天端
壁面積
壁面積
壁面積
▽天井面
▽床面
▽基礎天端
▽GL
床断熱・天井断熱の場合
400
▽GL+400
基礎断熱・屋根断熱の場合
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
基礎断熱・桁上断熱の場合
P.25
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 2
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(2)外皮等面積の算出方法
基礎の周長
[床下]
L3
[玄関等
の土間]
L4
L2
L1+L2:外気に接する基礎の周長
L3+L4:床下に接する基礎の周長
土間の水平投影面積→外皮面積
L1
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.26
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 2
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(2)外皮等面積の算出方法
算入する:外皮面積
(外壁)
算入しない:外皮面積
▽基礎天端
400㎜
以下
外皮面積
(床)
基礎断熱における外皮面積(原則)
算入する:外皮面積
(外壁)
算入する:外皮面積
(外壁)
算入する:外皮面積
(基礎壁)
算入しない:外皮面積
▽基礎天端
算入する:外皮面積
(基礎壁)
400㎜
▽土間天端
外皮面積
(床)
基礎天端がGL+400を超える場合
外皮面積
(床)
土間全面に断熱施工する場合
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.27
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 2
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(2)外皮等面積の算出方法
外皮面積
(天井)
壁面の外皮面積は、A、B
いずれでもよい。
外皮面積
(外壁)
B
A
床断熱
算入する:外皮面積
(外壁)
▽床面
▽基礎天端
算入しない:外皮面積
[玄関等
の土間]
算入しない:外皮面積
[床下]
▽基礎天端
400㎜
以下
[土中]
[地下室]
算入しない:外皮面積
水平投影面積
↓
外皮面積
外皮面積
(床)
床断熱の一部が土間となっている箇所
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
地下室の壁の扱い
P.28
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 2
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(2)外皮等面積の算出方法
鉄骨柱部の熱橋長さ
鉄骨柱熱橋部
鉄骨梁熱橋部
構造熱橋部
RC造の構造熱橋部
鉄骨造の熱橋部
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.29
第二章 建築主の判断基準の概要
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(2)外皮等面積の算出方法
開口部面積の算出
W、H (大文字):外法寸法
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
Step 2
P.31
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 2
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(2)外皮等面積の算出方法
床面積・天井面積、及び主たる居室・その他居室の床面積
階
部屋名
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
1
階
⑧
和室
下屋
下屋
階段
ホール収納
⑨ 浴室
⑩ 洗面
⑪ トイレ
小計
⑫
⑬
⑭
⑮
2 ⑯
階 ⑰
(X方向)
玄関
LD
キッチン
下屋
下屋
下屋
寝室
子供部屋中
子供部屋東
クローゼット
階段
トイレ
⑱ ホール収納
小計
合計
天井
面積
計算式
1.365
5.915
2.275
2.275
3.64
0.91
1.365
5.915
1.365
3.185
1.82
1.82
0.91
3.64
2.9575
2.9575
2.73
2.275
1.82
6.825
0.91
1.82
× (Y方向)
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
1.82
3.64
1.82
1.82
3.64
3.64
0.91
0.91
0.91
0.91
1.82
1.82
1.82
3.64
3.64
3.64
1.82
0.91
0.91
0.91
0.91
0.91
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
2.48
21.53
4.14
4.14
○
13.25
3.31
○
1.24
5.38
1.24
2.90
3.31
○
3.31
○
1.66
○
67.89 15.73
面積の単位[㎡]
床面積
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
65.41
基礎
外皮
○
主たる その他
非居室
居室 の居室
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
2.48
13.25
○
10.77
○
10.77
○
4.97
○
2.07
○
1.66
○
6.21
○
0.83
○
1.66
○
52.19 52.19
120.08
67.92
○
○
○
○
○
○
○
○
○
65.41
2.48 29.81
51.35
38.92
床面積合計=120.08
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.32、33
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 2
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(2)外皮等面積の算出方法
外壁面積
面積の単位[㎡]
外壁+窓+ドア
計算式
方位
(W)
南
北
東
西
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
⑧
⑨
⑩
⑪
⑫
⑬
⑭
⑮
⑯
⑰
10.465
9.555
9.555
6.825
6.825
2.73
0.91
9.555
9.555
5.46
1.82
5.46
5.46
5.46
1.82
5.46
5.46
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
合計
(H)
2.4
0.5
2.4
2.25
0.15
2.4
2.4
0.5
2.4
2.4
2.25
0.5
2.4
2.4
2.25
0.5
2.4
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
=
25.11
4.78
22.93
15.36
1.02
6.55
2.18
4.78
22.93
13.10
4.10
2.73
13.10
13.10
4.10
2.73
13.10
小計
52.82
窓
19.7
ドア
0
外壁のみ
の面積
33.12
面積表まとめ
部位
天井
外壁
窓
52.82
3.15
1.62
48.05
開口部
ドア
33.03
3.79
0
面積の単位[㎡]
方位
南
北
東
西
南
北
東
西
北
西
29.24
床
基礎
基礎周長(外気側)
基礎周長(床下側)
基礎周長
33.03
2.07
1.89
29.07
171.70
28.71
3.51
139.48
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
面積
67.92
33.12
48.05
29.24
29.07
19.70
3.15
3.79
2.07
1.62
1.89
65.41
2.48
面積の単位[㎡]
3.185
3.185
P.34
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(3)各部位の熱貫流率の算出方法
外気側
表面
【外気】
室内側
表面
外気側
表面熱
抵抗
1番目
材料の
熱抵抗
2番目
材料の
熱抵抗
空気層
の熱抵
抗
3番目 室内側
材料の 表面熱
熱抵抗 抵抗
Ro
Rse
d1/λ1
d1/λ1
d2/λ2
d2/λ2
Ra
Ra
d3/λ3
d3/λ3 Ri
Rsi
【室内】
【室内】
熱貫流抵抗 Rt= Ro+(d1/λ1+d2/λ2+Ra+d3/λ3)+Ri
熱貫流抵抗
Ru=Rse + (d1/λ1 + d2/λ2 + Ra + d3/λ3) + Rsi
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.35
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(3)各部位の熱貫流率の算出方法
隣接住戸(上)
Rse=0.09
Rsi=0.09
隣接住戸(横)
当該住戸
Rsi=0.11
隣接住戸(横)
Rse=0.11
Rsi=0.15
Rse=0.15
隣接住戸(下)
共同住宅における表面熱抵抗の考え方
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.36
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(3)各部位の熱貫流率の算出方法
密閉空気層 t=30
合板 t=12
*計算に算入しなくてもよい
断熱材 t=80 (熱伝導率=0.03W/(m・K)
透湿防水シート
*計算に算入しない
防湿フィルム
せっこうボード t=12.5
外装材
クロス
*計算に算入しない
【室内】
【外気】
材料等
*計算に算入しなくてもよい
通気層
d 厚さ[m]
λ 熱伝導率[W/(m・K)]
表2.1.5より
Rse外気側表面熱抵抗(通気層)
合板
0.012
0.16
密閉空気層
0.03
断熱材
0.08
計算条件より 0.03
せっこうボード
0.0125
0.22
Rsi室内側表面抵抗
Ru熱貫流抵抗[㎡・K/W](各層の熱抵抗の合計)
U熱貫流率[W/(㎡・K)](Ru熱貫流抵抗の逆数 U=1÷Ru)
せっこうボード等の内
装下地材は横架材間
に隙間なく施工した場
合に限り、算入できる。
R 熱抵抗[㎡・K/W]
R=d÷λ
表2.1.7より 0.11
0.075
表2.1.6より 0.09
2.67
0.057
表2.1.7より 0.11
3.112
0.321
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.39、40
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(3)各部位の熱貫流率の算出方法
木造
熱橋部の
熱貫流率
(U1)
断熱部の
熱貫流率
(U2)
点線の突出部分は、無いものとする。
熱橋部の厚さ(d2)-断熱部の厚さ(d1)
断熱部の厚さ(d1)
*熱橋部も同じ厚さとして計算する。
熱橋部
断熱部
平均熱貫流率計算の考え方
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.41
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(3)各部位の熱貫流率の算出方法
木造
断熱部見付面積
・
柱、間柱部見付面積
胴差部
見付面積
壁見付面積
断熱部見付面積
・
柱、間柱部見付面積
面積加重平均で考える場合
(詳細計算法)
熱橋面積比率で考える場合(簡略計算法①)又は
補正熱貫流率を用いる計算法(簡略計算法②)
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.43
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(3)各部位の熱貫流率の算出方法
木造
①
③
①充填断熱材+外張断熱材
①
③
②充填断熱材+外張断熱部下地材
②
③構造部材+外張断熱材
④
②
(イメージ図)
④
④構造部材+外張断熱部下地材
(イメージ図_断面)
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.44
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(3)各部位の熱貫流率の算出方法
木造
U= (1÷Rg)+Ur
Rg:一般部の熱抵抗 [㎡・K/W] 注)表面抵抗を算入してはいけない。
Ur:壁体の熱橋を補正するために加算する値で、当該部位の断熱工法等
に応じて定められた値 [W/(㎡・K)]
部位
断熱工法等
床
-
外壁
充填断熱、充填断熱+外張断熱
外張断熱
天井
充填断熱
桁間断熱
屋根
充填断熱、充填断熱+外張断熱
外張断熱
補正熱貫流率 Ur
軸組構法等
枠組工法等
0.13
0.08
0.09
0.04
0
0.05
0.11
0.02
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
0.13
P.45
第二章 建築主の判断基準の概要
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(3)各部位の熱貫流率の算出方法
RC造
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
Step 3
P.46
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(3)各部位の熱貫流率の算出方法
RC造
柱(梁)突出なし
室内に柱(梁)突出
室外に柱(梁)突出
線熱貫流率
線熱貫流率
線熱貫流率
断熱位置 補強 1) 補強 2) 補強 3) 断熱位置 補強 1) 補強 2) 補強 3) 断熱位置 補強 1) 補強 2) 補強 3)
形状
T 型, +型
室内
仕様 1 仕様 2 なし
外気
室内
仕様 1 仕様 2 なし
外気
外気
室内
外気
室内
外気
室内
外気
室内
外気
室内
室内
0.65 0.90 1.10
室内
外気
室内
室内
室内
外気
室内
室内
室内
室内
0.85 1.05 1.15
外気
室内
室内
0.60 0.90 1.05
室内
室内
+型
室内
外気
外気
外気
外気
0.85 1.15 1.60
室内
外気
室内
仕様 1 仕様 2 なし
室内
0.85 1.10 1.15
室内
室内
外気
室内
1.20 1.80 2.00
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
室内
室内
0.80 1.05 1.10
P.50
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(3)各部位の熱貫流率の算出方法
▽壁上端:屋根スラブ上面
壁面積
RC造
住戸A
(最上階住戸)
壁面積
▽壁上(下)端:床スラブ上面
住戸B
(中間階住戸)
住戸A
▽壁上(下)端:床スラブ上面
壁面積
ψ×1/2
住戸C
(最下階住戸)
▽壁下端:床スラブ上面
ピット等
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
住戸D
ψ×1/2
P.51
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(3)各部位の熱貫流率の算出方法
①
②
補正熱貫流率にて
壁一般部熱貫流率
を補正する。
S造
線熱貫流率にて
貫流熱損失に加
算する。
断熱補強材
鉄骨柱(構造熱橋部)
断熱補強材
断熱材
鋼材(C型鋼など)
外装材
壁体全体の貫流熱損失
=(壁一般部 U 値×壁体全体面積)+(柱・梁など熱橋部の線熱貫流率×熱橋長さ)
①
②
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.51、52
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(3)各部位の熱貫流率の算出方法
S造
壁一般部 U 値
=熱橋を含まない部分の熱貫流率(Ug)+
熱橋部の補正熱貫流率(Ur)
「外装材+断熱補強材」の熱抵抗(注)[m2・K/W]
Ur,s
1.7 以上
0
1.7 未満 1.5 以上
0.10
1.5 未満 1.3 以上
0.13
1.3 未満 1.1 以上
0.14
1.1 未満 0.9 以上
0.18
0.9 未満 0.7 以上
0.22
0.7 未満 0.5 以上
0.40
0.5 未満 0.3 以上
0.45
0.3 未満 0.1 以上
0.60
0.1 未満
0.70
(注)通気層がある場合は、外装材の熱抵抗を加算することはできない。
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.54
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(3)各部位の熱貫流率の算出方法
基礎
400 h
400 h
※ハッチ部の断面の壁として熱貫流率を求め、UAに算入する。
なお、室内側の表面熱伝達抵抗は、左右図いずれの場合も0.11
㎡K/Wとする。
GLから400mmをこえる基礎の扱い
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.216
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(3)各部位の熱貫流率の算出方法
開口部
障子
外付けブラインド
0.54
0.34
0.12
6
0.33
0.22
0.08
3
0.59
0.37
0.14
6
0.37
0.25
0.10
6
0.59
0.37
0.14
6
0.37
0.25
0.10
6
0.64
0.38
0.15
3
0.40
0.26
0.11
4
0.64
0.38
0.15
3
日射遮蔽型
0.40
0.26
0.11
4
日射取得型
0 64
0 38
0 15
3
1.49
1.43
日射遮蔽型
日射取得型
1.70
1.58
1.51
1.70
1.58
1.51
1.90
1.75
1.66
2.33
2.11
1.99
日射遮蔽型
Low-E 三層複層ガラス(A9 以上×2)
日射取得型
日射遮蔽型
Low-E 複層ガラス(G12 以上)
日射取得型
日射遮蔽型
Low-E 複層ガラス(A10 以上)
Low-E 複層ガラス(G8 以上 G12 未
日射取得型
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
※1
Low-E 三層複層ガラス(G6 以上×2)
1.60
日射取得型
区分
ガラスのみ
ダブル Low-E 三層複層ガラス(G7
以上×2)
障子
(一重)
木製又は
プラスチ
ック製
ガラスの仕様
シャッター・
雨戸
風除室
建具の仕様
日射熱取得率
附属部材
なし
付表1
熱貫流率
[W/(㎡・K)]
建具の構成
P.221
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(3)各部位の熱貫流率の算出方法
ガラス仕様の区分
開口部
ガラスの仕様
1
Low-E 三層複層ガラス
日射取得型
(Low-E ガラス 2 枚)
日射遮蔽型
三層複層 Low-E 三層複層ガラス
日射取得型
(Low-E ガラス 1 枚)
日射遮蔽型
付表3
区分
2
3
4
二層複層
遮蔽複層ガラス
〇
〇
〇
〇
日射取得型
〇
日射遮蔽型
熱線反射ガラス 1 種
〇
熱線反射ガラス 2 種
〇
熱線反射ガラス 3 種
〇
〇
複層ガラス、単板ガラス 2 枚
単板ガラス
熱線反射ガラス
〇
〇
1種
〇
2種
〇
3種
〇
熱線吸収板ガラス 2 種
〇
〇
単板ガラス+単板ガラス
二重窓
〇
単板ガラス+複層ガラス
単板ガラス+Low-E 複層 日射取得型
ガラス
7
〇
熱線吸収板ガラス 2 種
単層
6
〇
三層複層ガラス
Low-E 複層ガラス
5
日射遮蔽型
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
〇
〇
P.58
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 4
1.外皮性能基準 1.2外皮平均熱貫流率の計算方法
(4)温度差係数
当該住戸
当該住戸
当該住戸
ピロティ等
H=1.0
非空調で閉じられ
た空間(倉庫等)
H=0.7
空調された
共用部等
当該住戸
床下 H=0.7
GL
1m以上
かつ
1/2h以上
h:天井高さ
当該住戸
ピット等
空調化された共用部、ピット等における温度差係数H
地域
UA計算
q 計算
1~3地域
0.05
0
4~8地域
0.15
0
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.70
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 4
1.外皮性能基準 1.3冷房期の平均日射熱取得率の計算方法




 = � �    � × 100
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.72、73
第二章 建築主の判断基準の概要
1.外皮性能基準 1.3冷房期の平均日射熱取得率の計算方法
(戸建住宅の例)
Step 3(第二章1.2)
各部位熱貫流率の算出
「第二章1.2(4)」参照
・UA 外皮平均熱貫流率で
求めた値を用いる。
Step 2(第二章1.2)
面積の算出 「第二章1.2
(3)」参照
*1 窓面積は別表により求
める。
Step 3
躯体のη値=U値×0.034
・ドアも躯体と同様に求める。
「第二章1.3(4)①」参照
窓ガラス等の仕様に応じた日射熱取得率
「付録 付表1 」参照
・取得日射量補正係数の求め方には、詳細
法、簡略法ほか複数ある。
日射熱取得量の算出
*1 窓の日射熱取
得量は、別表により求
める。
冷房期と、暖房期で値が異
なる。
部位
取得日射量補正係数fcは、庇等の有無に係
らず設定する。
冷房期と暖房期で値が異なる。
Step 2(第二章1.2)
窓ごとの面積の算出 「第二
章1.2(3)②(ⅴ)」参照
窓ガラスの日
射熱取得率
ηに取得日射
量補正係数を
掛けて求める。
冷房期と、暖房期で値が異
なる。
方位
ν
A
方位係数
面積
U
η
ν×A×η
窓ごとの日射熱
取得量の算出
・補正後の日射
熱取得率ηcに
方位係数、窓面
積を掛ける。
U:熱貫流率 日射熱取得率 日射熱取得量
[㎡]
[W/㎡K]
[m]
[W/mK]
ν
[W/(W/㎡)]
窓
方位
A
方位係数
No.
fc
ηc(η×fc)
ν×A×ηc
日射熱取得率 日射熱取得量
(補正後)
[W/K]
天
1.000
0.00
天
1.000
67.92
0.24
0.008
0.554
外壁
南
0.434
33.12
0.53
0.018
0.259
1
1F 和室
南
0.434
4.59
0.79
0.651
0.514
1.024
東
0.512
29.24
0.53
0.018
0.270
2
1F LD1
南
0.434
3.47
0.79
0.563
0.445
0.669
[-]
[-]
0.504
29.07
0.53
0.018
0.264
3
1F LD2
南
0.434
3.47
0.79
0.563
0.445
0.669
北
0.341
48.05
0.53
0.018
0.295
4
1F LD2
東
0.512
2.15
0.79
0.792
0.626
0.688
西
0.504
1.89
4.65
0.158
0.151
5
1F 台所
東
0.512
0.98
0.79
0.587
0.464
0.233
北
0.341
1.62
4.65
0.158
0.087
6
1F 浴室
西
0.504
0.54
0.79
0.712
0.562
0.153
別表
別表
*1 28.71
6.503
7
1F トイレ
北
0.341
0.54
0.79
0.675
0.533
0.098
-
-
-
-
ドア
外皮面積
ΣA
部位面積の合計
=外皮等面積
*小数点3位を四捨五入
(各部位ごとに四捨五入済み)
*1
-
別表
65.41
-
-
-
8
1F 洗面所
北
0.341
0.54
0.79
0.675
0.533
0.098
2.48
-
-
-
9
1F ホール
北
0.341
0.54
0.79
0.675
0.533
0.098
11
2F 寝室
南
0.434
1.73
0.79
0.615
0.486
0.364
12
2F 子供室1
南
0.434
3.22
0.79
0.666
0.526
0.735
13
2F 子供室2
南
0.434
3.22
0.79
0.666
0.526
0.735
14
2F 子供室2
東
0.512
0.66
0.79
0.719
0.568
0.192
10
2F 寝室
西
0.504
0.99
0.79
0.776
0.613
0.306
17
2F クローゼット
西
0.504
0.54
0.79
0.690
0.545
0.148
15
2F 2Fホール
北
0.341
0.99
0.79
0.732
0.578
0.195
16
2F 2Fトイレ
北
0.341
0.54
0.79
0.675
0.533
0.098
窓Σ(ν×A×η)
6.503
307.51
mC=Σ(ν×A×η)
ηA=Σ(ν×A×η)/ΣA×100
・外皮平均熱貫流率計算で
求めたΣAと同じ値となる。
ΣA=307.51㎡
[-]
西
床
基礎
-
η
面積 日射熱取得率 取得日射量
補正係数
[㎡]
(補正前)
天井
窓
-
設置室
屋根
開口部
-
[-]
8.383
2.73
日射熱取得量の合計
=単位日射強度あたりの日射熱
取得量
*小数点2位を四捨五入
8.383→8.4
mC÷ΣA
=冷房期の日射熱取得
率
*小数点2位を切り上げ
2.73→2.8
mC=8.4 W/K
ηA=2.8W/(㎡・K)
暖冷房一次エネルギー消費量計算
に用いる。
冷房期の平均日射熱取
得率ηA 基準判定に用
いる。
窓ΣA 28.71
窓の面積の合計
前頁表の窓の面積(A)欄に記入
する。
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
各窓の日射熱取得量の合計
前頁表 の窓の日射熱取得
量(ν×A×η)欄に記入す
る。
P.76
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 1、2
1.外皮性能基準 1.3冷房期の平均日射熱取得率の計算方法
(共同住宅の例)
(1)熱的境界の確認 →第二章1.2(2)を参照 Step 1
(2)外皮等面積の算出方法 →第二章1.2(3)を参照 Step 2
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.76、77
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.3冷房期の平均日射熱取得率の計算方法
(3)各部位の日射熱取得率
【躯体の日射熱取得率】
屋根、外壁等の日射熱取得率=熱貫流率×0.034
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.77、216
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.3冷房期の平均日射熱取得率の計算方法
(3)各部位の日射熱取得率
【窓の日射熱取得率】
注1:レースカーテン、内付けブラインド等は日射熱取得率
の計算に用いることができない。
付表1 窓の仕様別熱貫流率、及び日射熱取得率
熱貫流率
[W/(㎡・K)]
建具の構成
日射取得型
1.70
1.58
1.51
1 70
1 58
1 51
日射遮蔽型
Low-E 三層複層ガラス(A9 以上×2)
日射取得型
0.34
0.12
6
0.33
0.22
0.08
3
0.59
0.37
0.14
6
0.37
0.25
0.10
6
0.59
0.37
0.14
6
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
※1
日射遮蔽型
0.54
区分
1.43
外付けブラインド
1.49
障子
Low-E 三層複層ガラス(G6 以上×2)
1.60
日射取得型
ガラスのみ
ダブル Low-E 三層複層ガラス(G7
以上×2)
障子
(一重)
木製又は
プラスチ
ック製
シャッター・
雨戸
風除室
ガラスの仕様
附属部材
なし
建具の仕様
日射熱取得率
P.77~82
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.3冷房期の平均日射熱取得率の計算方法
【窓の日射熱取得率】
注2:庇等設置の有無にかかわらず、取得日射量補正係数
により補正しなければならない。
(ⅱ)取得日射量の補正
a)庇等がある場合
方法1が最も安全側の数値となる
■方法1:定められた値を取得日射量補正係数とする。
■方法2:日除けの窓からの高さ、出寸法より計算式で求める。【簡略法】
■方法3:式(1)と式中f1、f2を求めるための数表を用いる方法【詳細法】
同じ b)庇等がない場合
■方法1:f1、f2を求めるための数表のℓ1、ℓ2=20欄で定める値を取得日
射量補正係数とする。
■方法2:定められた値を取得日射量補正係数とする。
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.77
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.3冷房期の平均日射熱取得率の計算方法
(ⅱ)取得日射量の補正
a)庇等がある場合
■方法1:定められた値を取得日射量補正係数とする。
冷房期
fC=0.93
暖房期
fH=0.51
取得日射量補正係数
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.78
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.3冷房期の平均日射熱取得率の計算方法
(ⅱ)取得日射量の補正
a)庇等がある場合
■方法2:日除けの窓からの高さ、出寸法より計算式で求める。【簡略法】
[冷房期の取得日射量補正係数]
 = 0.01 × �24 + 9 ×
南面以外
 = 0.01 × �16 + 24 ×
南面・南東面・南西面
 = 0.01 × �16 + 19 ×
1~7地域
8 地域
31 + 2
�

南面
南面・南東面・南西面以
外の方位
 = 0.01 × �16 + 24 ×
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
21 + 2
�

21 + 2
�

21 + 2
�

P.80
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.3冷房期の平均日射熱取得率の計算方法
(ⅱ)取得日射量の補正
a)庇等がある場合
■方法3:式(1)と式中f1、f2を求めるための数表を用いる方法【詳細法】
1 =
 1
2 =

1 +2
 =

2 ×( 1 +2 )-1 ×1
 2
計算例-1:戸建住宅(木造120㎡)、6地域
fc取得日射量補正係数(冷房期)を詳細法にて求めるときの計算表の例
方位
設置室
窓番号
y2
y1
窓高さ
(日除け下
端-窓上
端)の垂
直距離
[m]
寸法
[m]
y1+y2
z
ℓ1
(日除け下 日除けの
端-窓下 張り出し寸
端)の垂 法 [m]
直距離
[m]
y1/z
ℓ2
f1
(y1+y2)/z ℓ1から数
表により
求める値
[-]
f2
fc
ℓ2から数 取得日射量補
表により
正係数
求める値
[-]
[-]
1
1階
和室
南
1.80
0.06
1.86
0.30
0.20
6.20
0.143
0.634
0.651
2
1階
LD
南
2.10
0.48
2.58
0.91
0.53
2.84
0.210
0.497
0.563
3
1階
LD
南
2.10
0.48
2.58
0.91
0.53
2.84
0.210
0.497
0.563
4
1階
LD
東
1.30
0.00
1.30
0.15
0.00
8.67
0.085
0.792
0.792
5
1階
台所
東
0.70
0.00
0.70
0.30
0.00
2.33
0.085
0.587
0.587
6
1階
浴室
西
0.90
0.49
1.39
0.65
0.75
2.14
0.299
0.566
0.712
7
1階
トイレ
北
0.90
0.49
1.39
0.65
0.75
2.14
0.332
0.554
0.675
8
1階
洗面所
北
0.90
0.49
1.39
0.65
0.75
2.14
0.332
0.554
0.675
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
P.81
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.3冷房期の平均日射熱取得率の計算方法
(ⅱ)取得日射量の補正
ガラス
仕様の
区分
2
a)庇等がある場合
■方法3:式(1)と式中f1、f2を求めるための数表を用いる方法【詳細法】
期間
6地域 : f1又はf2
開口部の面する方位
北
北東
東
南東
南
南西
西
北西
0.0
0.128
0.101
0.085
0.087
0.100
0.089
0.086
0.102
0.4
0.5
0.6
0.7
0.238
0.265
0.292
0.318
0.209
0.238
0.270
0.298
0.188
0.218
0.249
0.280
0.167
0.189
0.211
0.234
0.183
0.204
0.225
0.244
0.168
0.189
0.212
0.235
0.191
0.220
0.254
0.284
0.215
0.243
0.271
0.302
0.8
0.343
0.324
0.310
0.256
0.257
0.312
0.330
ℓ1 1.0
f1 0.263
0.389
0.371
0.364
0.301
0.297
0.302
0.368
0.377
1.2
1.4
1.6
1.8
0.429
0.463
0.492
0.518
0.417
0.454
0.485
0.513
0.413
0.454
0.489
0.521
0.343
0.382
0.418
0.450
0.327
0.352
0.377
0.400
0.344
0.383
0.419
0.451
0.414
0.457
0.493
0.523
0.421
0.460
0.492
0.519
2.0
0.540
0.539
0.549
0.478
0.422
0.479
0.549
0.543
2.5
0.585
0.589
0.603
0.536
0.470
0.537
0.604
0.593
3.0
0.619
0.625
0.641
0.579
0.508
0.580
0.643
0.630
3.5
0.645
0.653
0.671
0.613
f2 0.538
0.613
0.673
0.658
ℓ2 4.0
0.666
0.683
0.676
0.694
0.695
0.714
0.639
0.660
0.563
0.584
0.640
0.661
0.696
0.714
0.679
0.697
冷房期
ℓ2=2.83
ℓ1
又は
ℓ2
4.5
0.600
0.550
f1又はf2
次頁
0.500
0.495
0.450
0.400
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
2.0
2.5
2.83 3.0
ℓ1又はℓ2
3.5
P.82
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.3冷房期の平均日射熱取得率の計算方法
(ⅱ)取得日射量の補正
a)庇等がある場合
■方法3:式(1)と式中f1、f2を求めるための数表を用いる方法【詳細法】
ガラスの仕様の区分
ガラス仕様の区分
ガラスの仕様
区分
1
3
2
4
Low-E 三層複層ガラス 日射取得型
三層複層
6
〇
(Low-E ガラス 2 枚) 日射遮蔽型
〇
Low-E 三層複層ガラス 日射取得型
〇
(Low-E ガラス 1 枚) 日射遮蔽型
〇
Low-E 複層ガラス
二層複層
5
遮蔽複層ガラス
日射取得型
〇
日射遮蔽型
〇
熱線反射ガラス 1 種
〇
熱線反射ガラス 2 種
〇
熱線反射ガラス 3 種
〇
熱線吸収板ガラス 2 種
〇
複層ガラス、単板ガラス 2 枚
単板ガラス
〇
〇
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
7
P.82~84
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 3
1.外皮性能基準 1.3冷房期の平均日射熱取得率の計算方法
(ⅱ)取得日射量の補正
b)庇等がない場合
■方法1:f1、f2を求めるための数表のℓ1、ℓ2=20欄で定める値を取得日
射量補正係数とする。
ℓ1、ℓ2=20欄で定める値一覧表
地域
区分
1
区分
1
2
3
4
5
6
期間
冷房
暖房
冷房
暖房
冷房
暖房
冷房
暖房
冷房
暖房
冷房
北
0.853
0.862
0.807
0.818
0.791
0.803
0.805
0.816
0.776
0.789
0.781
北東
0.865
0.848
0.821
0.799
0.805
0.783
0.818
0.797
0.791
0.767
0.796
東
0.882
0.871
0.847
0.831
0.833
0.816
0.844
0.828
0.823
0.804
0.826
暖房
0 793
0 772
0 806
開口部の面する方位
南東
南
0.864
0.807
0.892
0.892
0.820
0.746
0.858
0.856
0.802
0.727
0.844
0.842
0.816
0.745
0.854
0.853
0.789
0.707
0.834
0.831
0.793
0.715
0 836
0 833
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
南西
0.860
0.888
0.814
0.853
0.797
0.839
0.811
0.850
0.783
0.829
0.787
西
0.880
0.869
0.844
0.828
0.830
0.813
0.841
0.825
0.820
0.800
0.823
北西
0.866
0.850
0.822
0.802
0.806
0.787
0.819
0.800
0.792
0.771
0.797
0 831
0 803
0 775
P.87
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 4
1.外皮性能基準 1.3冷房期の平均日射熱取得率の計算方法
冷房期の方位係数
(4)方位係数
方位
地域区分
1
2
3
4
5
6
7
8
北
0.329
0.341
0.335
0.322
0.373
0.341
0.307
0.325
北東
0.430
0.412
東
0.545
0.503
0.390
0.426
0.437
0.431
0.415
0.414
0.468
0.518
0.500
0.512
0.509
南東
0.560
0.515
0.527
0.487
0.508
0.500
0.498
0.490
0.528
1.0
屋根・上面
北
東
西
45度
南
0.502
0.507
0.476
0.437
0.472
0.434
0.412
0.480
南西
0.526
0.548
0.550
0.481
0.520
0.491
0.479
0.517
西
0.508
0.529
0.553
0.481
0.518
0.504
0.495
0.505
北西
0.411
0.428
0.447
0.401
0.442
0.427
0.406
0.411
0
下面
暖房期の方位係数
南
方位
屋根・上面
北
北東
東
南東
南
南西
西
北西
下面
地域区分
1
0.260
0.333
0.564
0.823
0.935
0.790
0.535
0.325
2
0.263
0.341
0.554
0.766
0.856
0.753
0.544
0.341
3
0.284
0.348
0.540
0.751
0.851
0.750
0.542
0.351
4
0.256
0.330
0.531
0.724
0.815
0.723
0.527
0.326
0.0
1.0
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
5
6
7
8
0.238
0.310
0.568
0.846
0.983
0.815
0.538
0.297
0.261
0.325
0.579
0.833
0.936
0.763
0.523
0.317
0.227
0.281
0.543
0.843
1.023
0.848
0.548
0.284
-
P.88~90
第二章 建築主の判断基準の概要
Step 5
1.外皮性能基準 1.3冷房期の平均日射熱取得率の計算方法
(5)計算例
(ⅰ)窓の取得日射量補正係数
y2
階
室
1F 和室
LD
LD
LD
台所
浴室
1Fトイレ
洗面所
1Fホール
2F 寝室
子供室1
子供室2
子供室2
寝室
クローゼット
2Fホール
2Fトイレ
方位
南
南
南
東
東
西
北
北
北
南
南
南
東
西
西
北
北
窓
No.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
幅
窓高さ
寸法
[m]
[m]
2.55
1.65
1.65
1.65
1.40
窓
0.60
No.
0.60
0.60
0.60
11.651F
21.651F
1.65
30.601F
40.901F
0.60
50.901F
60.601F
1.80
2.10
2.10
1.30
0.70
設置室
0.90
0.90
0.90
0.90
和室
1.05
1.95
LD1
1.95
LD2
1.10
1.10
LD2
0.90
台所
1.10
0.90
浴室
y1
y1+y2
方法3(詳細法)
ガラス仕様の区分【2:複層ガラス】
z
日除下端 日除下端 日除張り
窓面積 -窓上端 -窓下端 出し寸法
[㎡]
[m]
4.59
0.06
3.47
0.48
3.47
0.48
2.15
0.00
ν
0.98
0.00
方位 方位係数
0.54
0.49
0.54
0.49
0.54
0.49
0.54
0.49
南
0.434
1.73
0.75
3.22
0.75
南
0.434
3.22
0.75
南
0.434
0.66
0.06
0.99
0.00
東
0.512
0.54
0.06
東
0.512
0.99
0.70
0.54
0.49
西
0.504
[m]
[m]
ℓ1
ℓ2
ℓ1から
y1/z (y1+y2)/z 求めた
値です
[-]
1.86
0.30
0.20
6.20
2.58
0.91
0.53
2.84
2.58
0.91
0.53
2.84
1.30
0.15
0.00
A
η
fc 8.67
0.70
0.30
0.00
2.33
面積 日射熱取得率 取得日射量
1.39
0.65
0.75
2.14
補正係数
[㎡]
(補正前)
1.39
0.65
0.75
2.14
1.39
0.65
0.75
2.14
[-]
[-]
1.39
0.65
0.75
2.14
4.59
0.651
1.80
0.65 0.79
1.15
2.77
2.70
0.65 0.79
1.15
4.15
3.47
0.563
2.70
0.65
1.15
4.15
3.47
0.563
1.16
0.30 0.79
0.20
3.87
1.10
0.15 0.79
0.00
7.33
2.15
0.792
0.96
0.30
0.20
3.20
0.98
0.587
1.80
0.65 0.79
1.08
2.77
1.39
0.65 0.79
0.75
2.14
0.54
0.712
(ⅱ)窓の取得日射量
0.79
0.675
0.54
0.79
0.675
0.341
0.54
0.79
南
0.434
1.73
0.79
0.675
方位
0.615
2F 子供室1
南
0.434
3.22
0.79
0.666
13
2F 子供室2
南
2F 子供室2
東
0.434 屋根3.22
0.512 天井0.66
0.79
14
0.666
天
0.719
天
10
2F 寝室
西
0.79
17
2F クローゼット
西
0.504 外壁0.99
0.504
0.54
1F トイレ
北
0.341
8
1F 洗面所
北
0.341
9
1F ホール
北
11
2F 寝室
12
f2
fC
ℓ2から 取得日射量
求めた 補正係数
値です
[-]
[-]
0.143 0.634
0.651
0.210 0.497
0.563
0.210 0.497
0.563
0.085 0.792
0.792
ηc(η×fc)
ν×A×ηc
0.085 0.587
0.587
日射熱取得率 日射熱取得量
0.299 0.566
0.712
(補正後)
[W/K]
0.332
0.554
0.675
0.332 0.554
0.675
[-]
0.332 0.554
0.675
0.514
1.024
0.320 0.492
0.615
0.320 0.570
0.666
0.445
0.669
0.320 0.570
0.666
0.445
0.669
0.138 0.689
0.719
0.086 0.776
0.776
0.626
0.688
0.141 0.656
0.690
0.464
0.233
0.405 0.605
0.732
0.332 0.554
0.675
0.562
0.153
(ⅲ)冷房期の平均日射熱取得量、単位日射強度
当たりの冷房期(暖房期)の日射熱取得量
0.54
7
f1
部位
0.79
0.79
0.776
南
0.690
東
0.533
0.098
ν 0.533 A
0.533 面積
方位係数
0.486 [㎡]
0.098
U
η
ν×A×η
0.098
U:熱貫流率
日射熱取得率 日射熱取得量
0.364
[W/㎡K]
[-]
[W/(W/㎡)]
0.526 [m]
1.000 0.526
0.00
0.735
[W/mK]
0.735
-
1.000 0.568
0.434 0.613
67.92
0.007
0.508
33.12
0.192 0.22
0.306 0.47
0.016
0.229
0.512 0.545
29.24
0.148 0.47
0.016
0.239
Copyright 2013 © All rights reserved, Japan Sustainable Building Consortium (JSBC)
-
-