46号 - 日本薬史学会 - UMIN

薬史レター
第 46 号
(薬史学会通信改題)
JSHP
日本薬史学会
干 11 3- 0 032 東京都え京区弥生 2 - 4- 1 6
TEL(
03
)
3
81
7-5821
日! 日
日:弓
(財)学会誌 刊 行センター 内
FAX(
0
3
)
3
81
7-5830
:日日
日 本薬史学会事務局
URLhttp 砂akushi. umin.
j
p/
":,':'",,=,,:,':',,,::':::,:.:.... . .止と
元日
日っ:-,.,.:. :.:.:.,-;. ;.;.;.; .:.:.:.:. ;4': .:.,
ι
日本薬史学会 2007 (平成 19) 年会
と
西洋医学教育発祥百五十年記念国際医学史科学史会議
本年はポンべにより近代医学・薬学が日本にもたらされてから 150 周年の記念すべき年に当たり、長
崎で日本薬史学会年会を開催することは意義深いことです。そのため、日本薬史学会に日本医史学会と
洋学史学会を加えた合同大会として開催されます。
更に 、 合同大会に先立ち西洋医学教育発祥百五十年記念国際医学史科学史会議が開催されまずので、
合 わせてご参加下さい。料亭(松亭)での懇親会も予定しております。
長 崎はここ数年、出島の復元、歴史文化博物館の整備が行われており、ご参加をお待ちしております。
年会長
芳本
忠(長崎大学薬学部)
事 務局長
黒田直 敬 (長崎大学薬学部)
市-
日本薬史学会 2007 (長崎)年会を迎えて
日本薬史学会会長
山川浩司
17 世紀末に近代西欧文明 を 長崎出島というピンホールの ような所から日本に導入した。この長崎の地
で薬史学会 2007 年会を迎えることになった。この地にオランダ軍医のボンベが来日して近代西洋医学
教育と洋式病院を開花させた。長崎で最初の医学講義を行った 1 887 年 11 月 1 2 日は長崎大学医学部創
立記念日になっている。それから 創 立 150 周年を迎える。これを記念して国際会議とともに日本医史 学
会 、洋 学史学会 との共催で開催される本 年の日本薬史学会の年会 には格別の期待がもたれる。
新世紀に入り 2001 年から日本薬史学会は薬学会年会に依存していた体制から自立して、独自の日本
薬史学会年会を開催することになった。東京での従来の年会開催から 地方で開催する ことを進 め、 2002
年富 山 市、 2005 年札幌市、 2006 年名古屋市で盛会裡に開催 して 実 を揚げてきた。この問、 2004 年に
「日本薬史学会五十年史」を刊行した。
本年はこれを継承し て近代 日本に西洋医学、科学を導入した 地の 長崎市での年会開催となった。幸い
多数の研究発表が寄せられ、これらの研究が論文として薬史学雑誌を飾る ことが出 来 れば、日 本薬史学
会の将来展望の期待が持てることになった。会員 一 同とともに 喜 びを新たにしたい。
幸い長 崎市は 美 しい風光と多数の文化史蹟に恵まれた「生きた街並み博物館都市 J です。この年会を
機会にこれらの文化を存分に吸収する機会にしてほしい。
日本薬史学会 2007 (平成 19) 年会参加要領
年会:日
時:平成 19 年 11 月 11 日(日)
d
Z
E
A
Z
場:長崎大学医学部(長崎市坂本 1 丁目 12- 1)ボンベ会館
主
催:日本薬史学会
共
催:長崎大学薬学部
協
賛:中冨記念、くすり博物館 ・ 長崎県薬剤師会 ・ 長崎県病院薬剤 師 会 ・ 長崎市薬剤師会 ・
(JR 長崎本線「浦上駅」下車、徒歩 1 5 分又は路面電車「浜口 町」下車 、徒歩 10 分)
財団法人 長薬 協会
年会長:芳本
忠(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)
年会参 加 費: 3 , 000 円(学生 : 無料)
懇親会(1 1 月 10 日) :松亭
10 . 000 円(事前申込杭必要です。なお、会費は当日 に受付けします。)
なお、日本医史学会・日本薬史学会・洋学史学会が合同で開催されます。いずれかに参加登録しま
すと、他学会は無料で参加できます。
円ノ臼
日本医史学会・日本薬史学会・洋学史学会合同大会
長崎市坂本ト 12-4
長崎大学医学部
A: 記念講堂、 B&C ボンベ会館 一 階
0: ボンベ会館 三 階
11 月 11 日(日)
一般公開
平成 19 年度
日本医史学会
秋季大会
A 会場
B 会場
8
:
4
0 シンポジウム A
平成 19 年度
日本薬史学会
年会
2007 年度
洋学史学会
秋季大会
一般演題
「長崎遊学J
C 会場
D 会場
一般演題
一般演題
特別講演
1
3
:
1
0 シンポジウム B
一般演題
一般演題
「長崎と薬j
一般演題
特別講演
1
5
:
0
0 シンポジウム C
シンポジウム D
「本 草から植物 学へ J
1
8
:
0
0
1
5
:
2
0
「薬学教育の禦明」
市民公開講座
「近代科 学 と医 学に貢献した偉 人たち」
オーガナイザー
シンポジウ ム A
長崎遊学
相川忠臣、姫野順 一 、酒井シヅ
シンポジウム B
長崎と薬
遠藤次郎、酒井シツ、ウォルフガング・ミヒェル
シンポジウム C
本草から植物学
ウォルフガ ング ・ミヒェル
シンポジウム D
薬学教育の葉明
山川浩司、中島憲 一郎
シンポジウム A 、 B 、 C は一般公開
シンポジウム A r長崎遊学J 一般公開
8:40~8:50
開会の挨拶
相川
忠臣(平成 19 年度日本医史学会秋季大会会長)
人勝
員利洋
一 裕
田井田
2. 加賀藩医師「伍堂卓爾」の長崎遊学について
園酒吉郭
1.長崎に留学した中津の蘭 学者達
川金中佐
1
0:
30
蔦谷島藤
8:50~
A 会場
3. 中島宗仙の筑紫行雑記(文政 6 年一医師の長崎遊学旅行記)
4. 三浦梅園の長崎紀行
(休憩 10 分)
6. 佐藤舜海(尚中)の長崎遊学の意義
7. 中島治平とハルデスの講義
8. 中国から長崎に来た医師たち
(昼食 60 分)
真 シ秀
5. 長崎に遊学した眼科医達
也ヅ忠栴
1O:40~12:00
qu
シンポジウム B r 長崎と薬J 一般公開
A 会場
1
3
:1O~ 14 ・ 50
l.舶来の珍奇生薬
遠藤次郎
2.
高橋
ツ ュ ンベ リ ーと水銀水
文
町泉寿郎
3. 長崎除薬種と幕府医官
4. 安政五年コレラ流行についてのボンベの建 言書 から芳香散の触書まで
萩原通弘
シンポジウム c r本草から植物学へ」一般公開
A 会場
15:00~16 ・ 15
1
日本独自の本草学の誕生について
W . ミヒェル
2. シーボルトと桂川甫賢、字田川搭庵
山口隆男
3. r 泰西本草名疏」から 「 草木図説 」へ
遠藤正治
16:25~17:15
4. 十九世紀における植物研究と商業園芸
平野
恵
5
平野
満
幕末期、本草学者の果たした役割一阿部機斎を例として
(夕食 45 分)
市民公開講座
近代科学と医学に貢献した偉人たち
A 会場
1 8:00 ~ 21:00
l.相良知安とドイツ医学
相良
隆弘(知安曾孫嫡子)
2 . 長与専斎一医療体制確立への闘い
外山
幹夫(長崎大学)
3. 長井長義の長崎日記
渋谷雅之(徳島大学)
4. 佐野常民 と海 軍伝習
福岡
5. 本木昌造一複製技術の 展開一
若木太 一 (長崎大学)
6. 上野彦馬のインテレクチャルヒストリー
姫野順 一 (長崎大学)
博(佐野常民記念館)
日本薬史学会 2007 (平成 19) 年会プログラム
D 会場ボンベ会館 2 階
開会 (8:40~8:5 0)
日本薬史学会 2007 年会
事務局長黒 田直敬
開会の辞
日本薬史学会 2007 年会
会長
芳本
挨拶
日本薬史学会
会長
山川浩司
忠
一般講演午前の部・ 1 (8:50~ 1O :30)
8:
5
0l
.
9
:
1
0
塩原仁子(昭和大薬学部)
r 呉普本草」に採録されている薬物
2. 薬師如来像への日本人の祈り
奥田
-4-
潤(名城大薬学部)
9
:
3
03
.
r 済生卑 言 J : 石見銀山の治病対策と用いられた処方について
成田
研 一 (島根県済生会高砂病院 ・ 薬局)
9
:
5
0 4. 医 と薬の相克 - Apothecarie s Act (1 8 15 ) の成立 を巡 って
柳津
1
0
:1
0
波香 (青 山学院大・津田塾大)
5 . 何故,日本で(生薬の)修治が省略される傾向にあるのか
山下嘉昭((株)ハートフェルト)
1O :30~ 10 :4 0
休憩
一般講演午前の部・ 2 (
10
:
4
0
.
.
.
.
.
.
.
.
1
2:
20
)
1
0
:
4
0 6. 江戸期版本牛療治調法記に関する考察
畠山
O宮本
有理(長崎大薬学部)、高倉弘士(立命館大大学院社会学)
1
1
:
0
0 7. 江戸安政期書写版「牛医書 j に関する考察
畠山
1
1:
2
0
如奈(同 志社大文学部)、
O 高倉
弘士(立命館大大学院社会学)、
有理(長崎大薬学部)、宮本如奈(同志社大文学部)
8 . 明 治初期に作られた「牛病新書 J に記載されている薬品に関する考察
0 白井
一 城(北陸大薬学部)、畠山
1
1
:
4
0 9. 星
ー の著作を追って
1
2:
0
010.
ー によるわが国初のキニーネ製造と輸出事業
星
三津美和(星薬科大)
0山
12:20~13: 1O
有理(長崎大薬学部)
朝江(やま内科胃腸科医院薬)、 三津美和(星薬科大)
昼食・休憩(場所)
一般講演午後の部・ 1 (
13
:
1
0
.
.
.
.
.
.
.
.
1
4
:
1
0
)
1
3
:
1
01 1.明治初期の衛 生 化 学と足尾鉱 山鉱毒事件
1
3
:
3
01 2.
0 末贋
雅也、川瀬
清(日本薬史学会)
アミノ 酸系医薬品開発 50 年の変遷
0荒井裕美子、榊原統子((財)日本医薬情報センター)、松本和男(日本薬史学会)
1
3
:
5
01 3 . 薬効評価の 三 「た J 論法再訪 -EBM と best caseproi ec t の時代を背景に一
津谷喜 一郎(東京大大学院薬学 系)
1
4:
10~ 14:20
休憩
一般講演午後の部・ 2 (
14
:
2
0
.
.
.
.
.
.
.
.
1
5
:
2
0
)
14 ・ 2 0 14.
ドラッグストアの歴史に関する 一考察(その 2)
0佐藤
1
4:
4
015 .
知樹(日本医歯薬専)、串田
一樹(日本薬科大)
学校薬剤師制度の今日的 意義
0宮本法子(東京薬科大薬 学部) 、高橋
文(日本薬史学会)
1
5:
0
016. 日米欧薬史学会ウエブサイトの比較
0五位野
政彦(東京海道病院薬剤科)、宮崎啓 一 (三 栄化工( 株 ))
シンポジウム D r薬学教育の饗明 J (
15
:
2
0
.
.
.
.
.
.
.
.
1
7
:
2
0
)
1
5
:
2
017 .
日本 における薬 学,薬剤師が誕生し てから 1 50 年
1 8. 江戸 時代の薬物教育
座長中島憲一郎、山 川
日本薬史学会会長
浩司
山川浩司
大阪大学医学部米田該典
phu
1
6
:
0
519
明治・大正の薬 学教育の中の化 学 教育
長崎大学環境科学部富永義則
16: 3 0 2 0 . 医薬の科 学 から見た日本の薬学
日本薬史学会川瀬
1 6 : 5 52 l.長崎における薬剤師会の設立と活動
清
長崎市薬剤師会会長永田修一
閉 会 の辞
日本薬史学会 2007 年会副会長中島憲 一郎
平成 19 年度日本医史学会秋季大会プログラム
B 会場ボンベ会館 1 階
8:
45
ウォルフガング・ミヒェル
開会の挨拶
平成 19 年度日本医史学会秋季大会副会長
一般演題
8:50 ~ 1O :30
l.サンタ・マリア・デラ・スカラ病院における捨子養育活動
2. なぜ「ドン・キホーテ」なのか
柳津波香
小曽戸明子
3. ホメオパシ ー 患者が読んだ疾病記事: r ライプツィヒ・ホメオパシ一民衆雑誌J の
分析(l 871~1939 年)
4.
5.
服部
宇治捨遺物語」の中の身体に係わる表現
伸
計良吉則
口述筆記の医学書にみられるオノマトペー「蕉窓雑話J を中心に
守山恵子
(休憩 10 分)
10:40~12:00
6 関格について
小高修司
7. 谷川家処方集に見られる 脚気治療処方筆
西井易穂、
8. 間宮林蔵の死因
杉浦守邦
9. 幕末沼津藩士の日記にみる養生
鈴木則子
(昼食 70 分)
1
3
:1O~ 1
5:
1
0
10 . 佐賀藩医馬郡元孝の戊辰戦争従軍記
青木歳幸
1 l.ボンベと榎本武揚
稲木静恵
12 . 緒方惟準(洪庵嗣子)とボンベ ・ ボードイ ン ・ ブ、 ッケマとの交流
中山
13. 市場・共同体一明治期コレラを再考する
鈴木晃仁
14. 明治 11 年「万 圭雑誌 J 第 1 号 にみる血管 結最術
田中祐尾
15 . 旧満州国における医 学標本の収集に つ いて
末永恵子
沃
1
5
:
1
0
閉会の挨拶
相川
-6-
忠臣
平成 19 年度日本医史学会秋季大会会長
2007 年洋学史学会秋季大会プログラム
C 会場ボンベ会館 1 階
8:4 0~8 :50
ハルメン ・ ボイスケルス
開会の挨拶
2007 年度洋学史学会秋季大会会長
一般演題
8 ・ 50 ~10 :05
1.ボンベの眼科講義録について
O 山 之内
卯 一 、相川
2. ボンベ種痘書の普及について
忠臣、 Harmen Beuk
er
s
田崎哲郎
3 . ボンベの 地 学への関心一日本産出鉱物コレクションを中心に一
0 大沢真澄、塚原東吾、財城真寿美
(休憩 10 分)
4. 上野俊之丞と 「砲家秘図」
5 . 錦絵になったお雇い教師T. H. ヨ ングハンス
文士治
俊詔
耳藤上
八加井
1O :15~ 1l :30
6. アングリカン教会の日本伝道とその 受容
(休憩 10 分)
特別講演
座長ハルメン ・ ボイスケルス
1l :40 ~1 2: 0 5
A
.A
.Lemmers( オランダ海軍省)(英語)
新発見の長崎製鉄所図面について(仮題)
(昼食 65 分)
1
3
:1O~ 1
4:
0
0
7.
中村雄吉訳著の 3 部の検証一
「普語筆(上下 )J
["独逸文典 直訳( カ ドリ一著 ) J
["英独和(語と会話 )J
8 . 長崎の洋学が生んだ司法官 ・ 名 村 泰蔵
金谷
利勝
長沼秀明
(休憩 10 分)
特別講演
座長相 川
忠臣
14 : 1O ~ 14 :50
ブラ イア ン ・ パークガフニ(長崎総科大学)
長崎居留 地と西 洋医学
(休憩 10 分)
シンポジウム c ["本草から植物学へ J A 会場
市民公開
1 5:00~ 16 : 1 5
w ミヒェ)!,­
1.日本独自の本草 学の 誕生について
2.
シーボル トと 桂川甫賢 、 字田 川 搭庵
3.
16 :25 ~
山口隆男
r 泰西本草名疏j から「草木図説」へ
遠藤正治
1
7
:1
5
4. 十 九世紀 における植物研究と商業園芸
平野
恵
5. 幕末期、本草学者の果たした役割一阿部楳斎を例として一
平野
満
1
7
:1
5
閉会の辞
姫野順 一
-7-
2007 年度洋学史学会秋季大会副会長
西洋医学教育発祥 150 年記念国際医学史・科学史会議
I
n
t
e
r
n
a
t
i
o
n
a
lH
i
s
t
o
r
i
c
a
lConference:150出Anniversary o
ft
h
eB
e
g
i
n
n
i
n
g
o
fModernWestern-styleMedicalEducationi
nJapan
英語での講演 、 ス ライドは英 語 と日本 語 、市民 公 開、イヤホ ン による同時通訳
S
e
c
t
i
o
n1
:C
o
n
t
r
i
b
u
t
i
o
no
ft
h
eNetherlandst
oModernMedicineandPharmacyi
nJapan
オランダの日本の近代医学と薬学への貢献
8 :4 5 ~9:00
11 月 9 日
開 会 の挨拶
金 曜日
9 :00
-1
2
:
0
0
1.越境と知的好奇心一近代 医学へ至る道
WoJ
[g
angMichel( 九州大 学)
2
国際感染症とその予防
AndreasMet
ten
lei
ter(Wuer
zburgUn
i
ver
si
t
y
)
3.
ポ ンペの 跡を継 い だオ ランダ 人教師 達
HarmenBeuker
s(
Lei
denUn
iver
si
ty)
4. 日 本の近代 薬学 の 導 入におけ る A .J .C. Gee rt s を初 め とするオランダ人薬剤師達の役割
Annet
te.
1Bi
erman(
Presi
d
e
n
to
ft
hes
o
c
i
e
tyo
fh
is
t
o
r
yo
f
pharmacyi
nt
heNet
her
landsandB
e
lgium)
S
e
c
t
i
o
n2
:
G
e
n
e
r
a
lpapers 一般演題
11 月 9 日
金 曜日
o
r
a
landp
o
s
t
e
r 講演とポスター
1 3 :00-1 4: 20
O
r
a
l
1
. Whoi
n
t
e
r
p
o
l
a
teds
entenceont
he ‘ pancreas ' att
heA
r
is
t
ot
le'
sH
is
t
r
o
i
aAnimalium?
Ryoi
ch
iTs
u
c
h
i
y
a
2.Thet
r
a
nsmis
si
o
nandd
i
f
f
usi
o
nofJ
e
su
i
tcosmologyi
nea
r
i
ymodernJ
a
p
a
n
.
Ryu
j
iHiraoka
3
. TheR
e
l
a
t
i
o
ns
h
i
pbetweenKagahanDoct
orGODOUTak
u
j
iandDutchDoctorP
i
e
t
e
r
Tos
h
i
k
a
t
s
uKanaya
J
.
A.SL
UYS
4
. A Studyo
ft
h
eCh
i
l
d
r
e
nbornw
i
t
haCa
u
la
ss
eeni
nt
heAncien
tJapanes
eTale
s
HannaUchino
(Teat
i
m
e10m
i
n
)
1
4:
30-15:
50
5.HiranoJuse i, t
h
eAuthoro
f"
Byokasuch
i
" (832
)andH
isj
d
e
ao
fN
a
t
u
r
a
lH
e
e
l
i
n
gPower
OMachikoHiranoandKeikoD
a
i
d
o
j
i
6
. Pompe'
sworksr
el
a
t
e
dt
oSc
ienceonE
a
r
t
handEmvironmen
t
:RocksandMinerals , Weather ,
Bathinga
tBeachandD
r
i
n
k
i
ngM
i
l
k.
sumiZa ikai , KaworuNakagamiandMas
umiOsawa
OTogoT s ukahar a , Ma
7
. Thel
n
t
r
o
d
uct
ionandt
heSp
reado
fBact
er
iaTesti
nt
heSa
n
i
t
a
r
yA
d
m
i
n
i
s
t
r
a
t
i
o
nsi
nJ
a
p
a
n
.
YokoYokota
8
. TheDevel
opmen
to
fSci
en
t
i
f
icMed
ici
neatt
heUn
i
ver
si
t
yo
fOxf
o
r
d
Poster
YukikoHimeno
。。
9
. DeRotz
'
sManikin
KazuyoO
n
i
s
h
i
1
0
. Thet
r
a
nsi
t
i
o
no
ft
h
ep
r
o
h
i
b
i
t
e
da
c
t
sandt
h
ei
lm
i
t
a
t
i
o
no
ft
h
eus
er
si
nP
u
b
l
i
cb
a
t
h
s.
M
i
k
iKawabata
S
e
c
t
i
o
n3
:TheDawno
fModemScienceandTechnologyi
nJapan
11 月 9 日金曜日
16:00-19:00
1.近代化学への道
芝
哲夫(大阪大学)
2. オランダ海軍と 1 9 世紀における日本への科学技術伝 習
A
.A.Lemmers(TheN
a
t
i
o
n
a
lI
n
s
t
i
t
u
t
ef
o
rm
i
l
i
t
a
r
yhistory , t
h
eN
e
t
h
e
r
l
a
n
d
s
)
3. 日本における西洋科学技術の教師ファン ・ デン ・ ブルック博士 (1853-1857)
H
.
J.Moesha
r
t (
L
e
i
d
e
nU
n
i
v
e
r
s
i
t
y
)
4. 佐賀藩の近代科学技術
懇親会
長野
逗(佐賀大学)
医学部キャンパス
11 月 9 日金曜日
1
9
:
2
0
11 月 10 日土曜日
8:40---8:50
J
a
nA
.Bru
i
j
n Professo r , Lei
denU
n
i
v
e
r
s
i
t
yMedicalCenter , Deano
fMedicalS
tu
d
ie
s
挨拶
挨拶
酒井シヅ
日本医史学会理事長、 )1慎天堂大学医学部教授
S
e
c
t
i
o
n4
:TheB
e
g
i
n
n
i
n
go
fModemWestem-styleM
e
d
i
c
a
lE
d
u
c
a
t
i
o
nbyPompevanMeerdervoort
ボンべによる近代西洋医学教育の創始
11 月 10 日土曜日
8:50-12:20
1.日本における医学のパイオニア
ポンペ・ファン ・ メールデルフォールト
HarmenBeukers( ライデン大学)
2. ボンペのオランダ語講義録の研究
相川忠臣、 Harmen Beukers 、酒井シヅ、山之内卯一
3. ポンペの薬学 と化学
芳本
4. オズーの人体解剖模型と日本
月津
美代子(順天堂大学)、
5. 松本良順
1
2:
2
0
Wo]
fg
angMichel( 九州大学)
酒井シヅ
閉会の挨拶
相川
忠臣
国際医学史 ・ 科学史会議副会長、長崎大学医学部教授
西洋医学教育発祥 150 年記念・長崎大学医学部創立 150 周年記念式典
11 月 10 日土曜日
忠
14:00-18:00
記念式典
記念講演
小和田恒
国際司法裁判所判事(オランダデン・ハーグ)
S
t
a
nl
eyB
.P
r
u
s
i
n
e
r
1997 年度ノーベル賞受賞者
-9-
懇親会松亭本石灰町 6 - 1O (思案橋電停下車、正覚寺方向へ右側歩道 l 分)
11 月 10 日土曜日
19:00- 21:30
参加申込
年会参加申込:日本薬史学会ホームページ (http://yakushi . u
m
i
n
.
jp/) より参加申込フォームをダウ ンロ
ードして頂き、参加申込書の必要事項を記入後、 E-mail の添付文章で (FAX も可)年会事務局へお送り
下さい。
なお、年会、国際会議、松亭での懇親会費(事前登録 のみ)はそれぞれ 当日お支 払い頂きます 。また 、
年会時の昼食は医学部食堂の利用が可能で、周辺でも食事可能です。
年会申込締切:平成 19 年 10 月 11 日(木)(必着)
年会事務局連絡先:長崎大学薬学部黒田直敬
〒 852-8521
電話:
長崎市文教 町ト 14
095-819-2
8
9
4 FAX:095-819-2444 Em
a
i
l
:n
k
u
r
[email protected]
n
a
g
a
s
a
k
iu
.a
c
.j
p
-航空機利用:長崎空港(大村市)か ら浦上経由長崎方面行きパスで「浦上 駅前(う らかみえきまえ)で
下車(約 55 分・料金 800 円),徒歩約 15 分
.JR 利用: 長 崎本線「浦上駅」 下車,パス利用又は徒歩(約 1 5 分)
-路面 電車利用: r 長崎駅前 J から「赤迫(あかさこ ) J 行き
r浜口町(はま ぐち まち )J で下車(徒歩約
10 分)料金 100 円
・「 下大橋(しもおおはし )J 行き長崎パス 8 番系統(医大経由)に乗り「医学部前(いがくぶまえ )J で下
車(約 12~15 分)
/ぺ
耐而~
O /t~停 rø学節前』
会相への交通
板本キャンパス内
-1
0-
日本薬史学会 2007( 平成 19) 年会
参加申込 書
所属
TEL
住所
〒
ふりがな
名
氏
参加費(ご希望のものを O で囲んで下さい)
日本薬史学会 2007( 平成 19) 年会
¥ 3 , 000
国際会議
¥ 7 , 000
11 月 10 日、料亭(松亭)での晩餐会費
¥ 10 , 000
計
i
ロ
L
¥
注、年会参加費は当日会場で受付けます。
料亭(松亭)での晩餐会 (11 月 10 日)は事前受付けのみとし、会費は当日受付けます。
長崎年会・長崎市内および近郊の医薬史跡案内と特別企画展
日本の近代薬学の歴史は長崎出島を舞台にオランダとの交流から始まる。幕末から明治にかけ多くの
オランダ人薬剤師・医師が長崎で実務と教鞭をとり、教育を受けた多くの日本人が各地 で活躍し、現在
の薬学が確立されてきた。長崎を中心とした近代薬学導入の歴史を追ってみると、日本薬局方の草稿者
であるオランダ人薬剤師ゲールツは、明治 2 年長崎府医学校で教鞭 をとっていた。このゲールツを雇っ
たのが長崎府医学校長の長与専斎である。長崎大村の出身で、ボンベに学び、後に文部省医務局長とな
り、薬学の創始にあたった。日本薬学会の創始者である長井長義は蜂須賀藩の命に よ り長崎に留学して
いる。また 、 高峰譲吉も加賀藩から長崎に留学している。彼らはいずれも当時長崎精得館に設けられた
分析究理所のハラタマを頼って留学していた。化学は当時の最先端技術であったが、写真家の開祖とし
て知られる上野彦馬は化学の実験書「舎密局必携J を記しており、薬学と関係深いが、医学校のボンベ
に化学を学んでいる。さらに、時代をさかのぼると、長崎出島の商館医シーボル ト とその薬剤師ビ ュ ル
ガーに至る。シーボルトは当時の西洋医学の最新情報を日本へ伝えると同時に、日本の植物や文化情報
をヨーロッパに伝えた。シーボルトの研究協力者で、 あったビュルガーは、日本最初の近代的薬剤師であ
り、医薬分業の先鞭をつけた。このような歴史的背景を持つ長崎の医薬史跡 は枚挙に濯がないが、以下
に主なものを紹介する。
〔長崎市内〕
Ei
唱
--
・長崎歴史文化博物館
長崎奉行所立山役所の 一 部を復元、整備。古文書、郷土資料、美術資料など長崎県と長崎市が所蔵す
る歴史資料を 一堂 に集め、展示する。収蔵点数はおよそ 4 万 8000 点。
特別企画「勝梅舟と長崎近代化展(仮) J 11 月 3 日一 12 月 9 日開催予定、本企画は西洋医学教育発祥
百五十年記念国際医学史科学史会議に合わせたものです。
所在地:長崎県長崎市立山 1-1-1
(J R 長崎駅から長崎電気軌道 3 号系統で 2 分、桜町電停下車、徒歩
5 分)
・シーボルト記念館
長崎市都市景観建築賞 を受 賞 したロマンチックな建物は、オランダのライデン市にあるシーボルト旧宅
をイメージしたもの。展 示お よび所蔵数は シーボル ト使用の薬龍をはじめとしておよそ 2600 点にのぼ
る。
特別企画「シーボルトと蘭学大名 Jll 月 1 日一 12 月 2 日開催予定
所在地:長崎県長崎市鳴滝 2-7-400R 長崎駅から長崎電気軌道 3 号系統で 8 分、新中川町電停下車、
徒歩 7 分)
-長崎出島オランダ商館
出島全体は大正 11 年(1 922 )1 0 月、「出島和蘭商館跡」として国指定史跡となる。この出島を通じて、
日本と ヨーロッパを結ぶ経済・ 文 化・ 学術の交流が行われ、日本の近 代文化に大きな役 割を果たした。
特別企画「出島絵図展(仮 )J
10 月 5 日一 3 月 31 日開催予定
所在地:長崎県長崎市出島町 6- l(j R 長崎駅から長崎電気軌道 l 号系統で 5 分、出島電停下車すぐ)
.上野彦馬宅跡
日本写真術の開祖として知られる上野彦馬が創設した上野撮影局の 跡地である。 彦馬はこ こで坂本龍
馬を撮影したといわ れる 。なお、上野彦馬の胸像は諏訪神社に隣接した諏訪公園下の緑に固まれた県立
図書館前に建っている。また 、 彦馬の資料や明治 ・大 正期の長崎に関する写真を多数展示する古写真資
料館は長崎市東山手町 6-25 にある。
所在地:長崎県長崎市伊勢 町 4-1 40R 長崎駅から長崎電気軌道 3 号 系統で 8 分、新大 工 町 電停下車す
く)
-医学伝習所跡
「医学伝習所 J は海軍伝習所があった長崎奉行所内に設けられ,幕府の医官松本良順や長与専斎らに
オランダ海軍の軍医ボンベ・ファン・メーデルフォールが近代医学を講じたところで,日本における最
初の西洋医学校である。ちなみにボンベが最初の講義を行った 11 月 12 日は長崎大学医学部の創立記念
日になっている。なお、「医学伝習所跡」の石碑の隣にはわが国の活版印制における先駆者である本木目
造の碑が建てられている 。
所在地:長崎市万才町 OR 長崎駅から長崎電気軌道 l 号 系統で 6 分、西浜町下車、長崎グランドホテル
.如己堂・永井隆記念館
原爆落下中心地から北約 1 キロメートルのところに故永井隆博士の生前の住まいであった如己堂(に
よこどう)がある。如己堂とは「己の如く隣人を愛せよ J という聖書の言葉から博士が名づけたものであ
る。永井隆博士は長崎医科大学の助教授として,以前より患っていた白鳳病と闘いながら被爆者の救護
にあたった。その後,白 血病が悪 化 し,近所の人々の好意を得て建てられたという 如 己堂で病床に伏す
なかで 6 年間,多くの著作活動を通じて「祈りの長崎」の象徴的存在となったが,昭和 26 年 5 月 1 日
に永眠された。如己堂の裏にはこれらの資料を収めた永井隆記念館がある。
円乙
1i
所在地:長崎県長崎市上野町 22-6CJR 長崎駅から長崎電気軌道 1 号及び 3 号系統で 17 分、大橋電停下
車、徒歩 7 分)
〔長崎県大村市〕
・長与専斎旧宅
初代衛生局長として近代医学の基礎を築き、「衛生」の用語をつくったことで知られる長与専斎の旧宅。
今は専斎の雅号をとって 「松香館 J と呼ばれて いる。もともとは、海岸部に近い片町にあったが、長崎
医療センター内に移築されている。
所在地:長崎県大村市久原子 1030- l( JR 大村線大村駅から県営パス向木場行きで 15 分、長崎医療セン
ター前下車すぐ)
〔佐賀県鳥栖市〕
・中冨記念くすり博物館
イタリアの彫刻家チェッコ・ボナノッテ設計によるモダンな建物。
l 階は 19 世紀未のロンドンのア
トキン薬局を移設再現。 2 階は配置薬の「田代売薬 J についての資料を展示。
所在地:佐賀県鳥栖市神辺町 288-1CJR 鹿児島本線弥生が丘駅から徒歩 20 分)
特別展「花一太古の花から青いバラまで -J
高橋
文
上野の国立博物館で 2007 年 3 月 24 日から 6 月 17 日まで、花に関する展覧会が聞かれている。今年
は、スウェーテe ンの有名な自然学者カール・フォン・リンネ (Carl
v
o
nLinne.1707~1778) の生誕 300
年の年であり、スウェーデンでは国内外をあげていくつかの祝賀行事が行われているが、日本ではこの
「特別展
花」の第 二 会場が特にリンネの業績を紹介している。すなわち、
1735 年に出版され植物な
どの分類体系を発表した著作「自然の体系 J の初版の復刻版や自筆の手紙、オランダの大学へ提出して
博士号を受けた学位論文 「問駄熱の原 因について」などの貴重な資料が展示されている。さらに言えば、
3 月 27 日にはリンネのこの 『自 然の体系』の原本が展示され、天皇・皇后両陛下がご、覧になっておら
れるのをテレビは放映していたが、原本がスウェーテ.ン国外へ出ることを許されたのは今回が初めてと
いうことであり、スウェーデンと日本の学問・文化交流の紳の強さを感じる展覧会でもある。
第一会場では、現在の地球上には 25 万種があるといわれる顕花植物について、最古の花の化石から
最先端の技術を駆使して作られた青いパラまでも見ることができる。さまざまな花の形としてその誕生
と進化、花の多様化、そして多様な花の色の世界として花の色の構成色素はアントシアニンとベタシア
ニンと呼ばれる色素群に分けられるとしている。香りの成分では実際に匂いをかぐことができるし、華
麗なる花の世界では映像を楽しむこともできる。世界の不思議な花ではテレビで見たことのあるラフレ
シアやスマトラオオコンニャク、キソウテンガイなど、そして ヒ マラヤに咲く青いケシをはじめ、乾燥
地、熱帯、高山、オーストラリア各地に生育する花など、またバラ、アジサイ、チューリップ、ハナシ
ョウブなどの園芸品種等々、すべて生花でみることができるのも本展の特徴である。
a
'A
'
q
u
これらの花々を楽しんだあと花の研究史の部屋に導かれると、
20 世紀初頭に花の色の解明に取り組んだ科学者の紹介があり、
とくに 二 人の科学者 についての説明は印象的であった 。その一
人は柴田桂太先生 0877 '
"1949) 、前薬史 学会会長 ・ 柴田承 二
先生の父上である。自然界の花の色のうち櫨赤~赤~紫~ 青の
色のほとんどはア ン ト シアニンに よ っ て発現しており、このア
ントシアニンによる花色の変異の要因をめぐって多くの研究が
なされているが、桂太先生は金属錯体説を提唱した。ドイ ツの
ヴィルシュテッターは花色変異の大きな要因は花弁の pH であ
ると考え、 1915 年に pH 説を提唱した。桂太先生はこれに疑問
を持ち、多くの研究に取り組み、その研究結果をもとに、 青色
の発現はアントシアニンとマグネ シ ウムなどの 金属元素 とその
錯体によるものとして、
1919 年に金属錯体説を提唱したので
ある。このコーナーには桂太先生自筆の実験ノートや研究材料
としてドイツ製の 二鏡筒タイプの観測機器なども展示されてい
る。承二先生の『薬学研究余録 J (2003 、白日社)を繕くと、そ
の辺の事について次のように書いておられる。「一一一父は錯体
柴田桂太先生 (69 才)
昭和 20 年 11 月 13 日
岩田研究所 10 周年記念会当日撮影
説に確信を持っていたが、当時は、積極 的に それ 以 上証明することがなかなか困難であった。そこで大
正 15 年頃から、門下の服部静夫、後に林孝三 の協力を得て、まず植物界におけるアントシアニンの分
布とその同定と化学構造を広く徹底的に研究し、材料を充分に整えた上で、 二十数年経った戦争直後、
再び錯体説の立証に 挑んだ。それは ムラサキツユクサの青い花の搾汁から、酸を使わずに中性で処理し
た結果、青色の比較的安定な沈殿を得たことに始まった。これを精製して結晶としたものをコンメリニ
ン と名付けた 。この仕事が 印刷公表に至る前に父はこの世を去ったが、実験は林孝三 によって続けられ、
その青色色素の化学構造が二 分子のアントシアニン、アオパニンと、 二分子のフラボン配糖体フラボコ
ンメ リ ンが一原子のマグネシウムと共役した錯体であるという結論に達した。ここに、数十年前に提出
した花色変異の金属錯体説を実証することができた。この論文は、 1997 年、日本学士院紀要 53 巻に発
表された。一一一」。
もう一人の科学者は林孝三先生 0909'" 1 995) で、青色花発現の機構一柴田桂太らの 金属錯体説 を 実
証した人として紹介されている。ここには、林先生が
発表じた論文を掲載した学術誌「ファルマツイー J の
別刷と、林先生のスケッチノート、分離した色素の結
晶標本、また柴田桂太教授の植物生理学講義をうけた
林孝三 先生のノートなどが展示されており、ノートの
見聞きに、昭和 4 年 4 月から昭和 5 年 3 月までの 1
年間の講義内容を筆記したものであり、毎週1. 5 時間
で殆ど休講はなかったと述べ、昭和 5 8 年 4 月 10 日、
柴田記念館へ納めると自筆で綴っておられる。林孝 三
先生とは、ツュンペリー来日 200 年記念祭の準備会で
1 976 年 5 月ツ ュ ンペリ ー 来日記 念行事として
何回かお会いし、東京・京都・長崎での記念祭
小石川植物園にてクロマツの植樹に際して、挨
主要をする
0976.5.17~25) では同行させて頂いたので、その
一 14
-
値物学会長林孝 三 先生
穏やかな人柄とともに轍密な研究者としての一端にも触れることができた。桂太先生のあとを継いだ研
究については林先生の『私の研究履歴書一昭和植物学 60 年を歩む一.IJ (1 996 、林孝三先生記念出版会)
に詳細に綴られている。
花色解明に取り組んだ師弟 2 代にわたる科学者の展示は、見るものに生き生きとした印象を与え、そ
の底に流れるすがすがしい紳を思い描く。
この展覧会でもう一つ忘れられないのは、 1997 年 6 月 13 日、第 33 回国際薬史会議(スウェーデン)
で私はストックホルムのコンサートホールでツュンペリーに関する口頭発表をしたが、その時に補足を
加えて下さったスウェーデン人の Dr. Ove Hagelin に、科学博物館の廊下でばったり出会ったことであ
る。氏は、
1993 年に千葉県立中央博物館に収蔵されたリンネに関する膨大なコレクションを実質的に
収集した者であるとス ト ックホルムで、語っておられたが、この機会に来日されたようである。薬史学を
追いかけていると、
1 0 年後こんな偶然にもぶつかることがあるのだと、感じ入っているところである。
(2007 年 6 月 14 日記)
.北海道支部だより
日本薬史学 会北海道支部平成 19 年度総会・例会(報告)
はじめに
新緑の舷しい 5 月 26 ・ 27 の 2 日間、第 54 回北海道薬学大会が開催され、当支部は「薬史部門 J と
して参画しましたので、その実施状況を記します。
今年は温泉元年!
今例会の特色は、温泉をテーマに選んだ点にあります。理由は、①本年 4 月、温泉法が改正され(平成
20 年施行)、温泉行政 ・ 研究の歴史上、今年は記念すべき年になること、②温泉研究における薬学の貢
献度は大きく 、 温泉を温泉学に高めた先達の業績を検証するチャンスであること、③これを機に、温泉
天国である北海道の温泉場の歴史研究の端緒にすること、などです。
総会
開会の挨拶で斎藤元護支部長は、①今例会がミニ温泉シンポジウムとなった上記経緯を説明し、②今
秋開催予定の「合同学術集会」は当支部が担当するので、盛会にしたい旨の決意 を 述べました。
議題は、 18 年度事業 ・ 会計 ・ 会計監査の各報告。次いで、 19 年度事業計画案とそれに基づく同予算
案が提出され順次承認。支部活動の維持・活性化に財源の確保は必須条件だが、常に頭痛の種。しかし、
今年度導入の支部賛助会員の制度は窮余の 一策となりそうで安堵 、
との説明がありました。総会は、支
部会員 (40 名)の半数を超える 21 名の出席を得て滞りなく終了。
例会:特別講演
講演は、北海道大学教育学研究院大塚吉則教授による「現代 の温泉医学」。温泉ブームに相応しい楽
しく素晴らしい内容でした。温泉場の現状から始まり、温泉の定義 ・ 種類など基本的な用語を分かりや
すく説明された後、ご専門の温泉療法について目的や効能、注意や禁忌などに 触れましたが、私達が最
も知りたいところです。先生のお人柄も強く記憶に残ります。聴く者をして温泉に浸かっているような
心豊かな気分に誘い、 90 分があっという聞に過ぎた感じです。ユーモアたっぷりの話術と癒し的な先生
のお人柄は、忘れられません。
A
唱E
E JU
入場者数は 89 名で会場は超満員。内訳は当会会員 21 名、非会員 68 名(道薬会員: 46 名、一般市民:
22 名)。一般市民からは持病の具体的な質問が続々と寄せられ、会場は熱気に包まれたものです。
例会 :会員 の研究発表
会員に よる研究発表では、 「薬学にお ける温泉研究の歴史 J と題する 3 演題(ポスター発表)が寄せられ、
それらは下記のサブタイトル I ~ 田の連載です。講演の要旨は割愛します。
I
内務省、衛生局雑話第 l 号 f明治 9 1:;りから震える当時の府泉分析と温泉療法
O 田中稔泰(北海道
薬剤師会公衆衛生検査センター:以下、道薬検)、吉田陣文(同)、吉沢逸雄(薬史学会)、高田昌彦(同)。
E
明治初期の薬学雑草まか 6 .Æ 1士温泉研究の実停
O 吉沢 逸雄(薬史学会)、田中稔泰(道薬検)、
ロ田博文(同)、八木直美(北海道医療大 ・ 薬)、高田昌彦(薬史学会)。
m
5.厳守三および‘脇カ者の葉樹
o八木直美(北海道医療大 ・ 薬)、田中稔泰(道薬検)、吉田博文(同)、
吉沢逸雄(薬史学会)、高田 昌彦(同)。
おわりに
北海道の薬業界の関係者が一同に会する 北海道薬 学大会、年々 研究発表も質 ・ 量ともにアップし、長
年の会場札幌市教育文化会館も手狭となってきたので、来年は新たな会場を予定しているそうです。今
年は、その予行演習 的な 意味合いもあり 、 全会員が頑張って参画したと 思われます 。来年 以降の発展が
期待されます。
(日本薬史学会北海道支部事務局長:吉沢逸雄)
。 図書紹介
くらしとくすりのクァルテット-薬環境・霞ヶ浦暮らしー
奥井登 美子著
筑波書林(茨城県土浦市 )(2007 年 7 月)発行
I
SBN978-4-8600406
9
7
定価 1 , 500 円(税込み)
著者は本会評議員で、開局薬剤師の第 一線で活躍している。同時に地元、霞ヶ浦の水質汚染対策に薬
剤師の目で取り組んで市民運動のリ ー ダーとして地道な活動を続けておられることはご示知の通り。此
の間の文筆活動の成果である「くずかごの唄 V J (筑波 書 林)に対して 1995 年に茨城文 学賞が授与され
た。本書は「くすり J 29 編、「環境 ・ 霞ヶ浦 J 29 編、「くらし J 32 編の短編随筆で構成されている。何
れも軽妙なタッチで今日の問題が記されて示唆に富むことを記して、一読をお勧めする。
(末 康雅也 )
(
1
) 5 月 中旬に平成 19 年度の会費 納入用の郵便振替用紙をお送りしてあります 。
未納の方は至急に納入されるようお願い致します。
(2) 薬史 レタ ーへの投稿をお待ちしています。薬史学会通信 No .4 1 に掲載されている
「薬史レター投稿 のヒント」を参照下さい。
円
hU
‘IA