京都和束のお茶「茶びん」ほうじ茶

認定番号 H20 -6
リユース瓶を使った
京都和束のお茶「茶びん」ほうじ茶
特定非営利活動法人 木野環境
環境負荷の低いリターナブル瓶(リユース
瓶。洗浄して繰り返し使用することを前提
に丈夫に造られている)に、京都和束のほ
うじ茶を入れた商品。空き瓶は適切に返却
されることでリユースされ、ごみにしないた
め、リサイクル(ペットボトルやガラスな
どを粉砕し、原料に戻し、また容器にする)
よりも環境負荷が小さくてすむ。
また、リユースであることが分かるよう、パッ
ケージや瓶に記載することで、身近な環境を
見直すことを訴えている。
ECO
原材料
スタイル
ECO
製造・流通段階
スタイル
ECO 使用段階
ECO
スタイル
スタイル
廃棄段階
1)リユース瓶を使用する
1)京都伏見を中心に発達
1)ペットボトル飲料と違
ため、ペットボトルと
したリユースの仕組み
い、容器がごみになら
却することで、回収、
くら べ て CO2 排 出 量
を利用。
ずリユースできる。
リユースされる。
2)グリーンコンシューマ
2)持ち歩きや持ち帰って
が 10 ~ 20%程度削減
2)リユース瓶は容器リサ
2)地元和束のお茶を使用
イクルにかかる税金の
し、地産地消を目指す。
使用が不要。
3)製造と洗瓶を京都市内
1)空き瓶は、販売店へ返
ーの要望に応える。
の利用が少ない場で販
3)
ネジふた採用でふたの
売することで空き瓶返
開け閉めが簡単。
却率を向上させる。
で行っており、輸送面
3)ラベルは、はがしやす
で の CO2 排 出 量を圧
いシールを利用。
縮。
●瓶商
酒蔵の多い京都伏見には日本酒にはかかせない一升瓶を扱う
問屋「瓶商」が多数ある。瓶商は新しい瓶の販売だけではな
特定非営利活動法人
木野環境
所在地
京都市下京区葛籠屋町 515-1
く、できるかぎり長く瓶が使えるように一度使われた瓶を回
T E L
075-708-8061 収・洗浄し再使用するリユースの仕組みをつくりあげてきた。
F A X
075-708-8062
本製品は、そんな瓶商の集まりである「京都硝子壜問屋協同
組合」との共同開発によって生まれた。
U R L
http://www.kino-eco.or.jp
E-mail
info@kino-eco.or.jp