76号 - 北海道米麦改良協会

第
76
号
2011. 9
◎良質米麦の出荷目標
●一等米 100%
●整粒歩合80%以上確保
●精米蛋白質含有率6.8%以下
●仕上がり水分14.5∼15.0%
●入れ目1%以上確保
●全量種子更新
●一等麦 100%
●低アミロ麦皆無
●DON暫定基準値1.1ppm
以下でできるだけ低いこと
●赤かび粒混入限度 0.0%
●異臭麦皆無
●十分な入れ目の確保
●全量種子更新
稲作
水稲収穫後のほ場管理
平成23年度 水稲作柄現地調査報告書
平成23年度 水稲府県流通調査報告書
◎農産物検査事業の方針
◆公平、公正、迅速に行う。
◆必要な技術的能力の維持・向上に努める。
◆客観性・公平性から他部門からの影響排除。
◆制度の適正な運営に寄与する。
麦作
第32回
(平成23年度)
北海道麦作共励会の
参加者・集団を募集中
発行所
社団法人 北海道米麦改良協会
〒060−0004 札幌市中央区北4条西1丁目 共済ビル5階 TEL 011−232−6495 FAX 011−232−3673
【業務部】E-mail beibaku@basil.ocn.ne.jp
【検査部】E-mail beibaku-kensa@carrot.ocn.ne.jp
北海道米分析センター
〒069−0365 岩見沢市上幌向町216の2 TEL 0126−26−1264 FAX 0126−26−5872
E-mail bun1@plum.ocn.ne.jp
http://www.beibaku.net/
会報誌「北海道米麦改良」はホームページでもご覧になれます。
http://www.beibaku.net/
社団法人 北海道米麦改良協会
通巻 No.587
売れる米を
めざそう
低コストで
小麦の
安定生産
品質向上
農産物検査の信頼性確保
を目指して
JA グループ北海道は一丸となって
農産物検査の信頼性確保に努めています
も く
稲 作
じ
水稲収穫後のほ場管理……………………………………………………………1
平成2
3年度 水稲作柄現地調査報告書…………………………………………4
平成2
3年度 水稲府県流通調査報告書…………………………………………8
麦 作
第3
2回(平成2
3年度)北海道麦作共励会の参加者・集団を募集中…………1
3
第7
6号
北海道
米 麦 改 良
2
0
1
1.
9
稲 作
水稲収穫後のほ場管理
地方独立行政法人
北海道立総合研究機構
企画調整部
農業研究本部
地域技術グループ主査
渡 辺 祐 志
本年は4月中旬から5月上旬にかけて多雨に推移したためにほ場の乾燥が進まず、耕起・砕土
作業に大幅な遅れが生じたほ場も少なくありませんでしたが、ミゾ掘り(ほ場内作溝明きょ)や
心土破砕施工の有無によって表面滞水の発生や土壌の乾きに差があったようです。
冷害を回避するための深水管理や土壌還元対策としての中干しなど、栽培期間におけるほ場管
理が重要なことは言うまでもありませんが、稲わらの搬出、心土破砕やミゾ掘りなどの透排水性
改善対策、あぜの補修など、収穫後のほ場管理は、作業性を改善させるのみならず、収量、品質
を高めるためにも重要です。
1.稲わらの搬出
収穫後の稲わらをほ場に放置したままにし
土壌と混和することで十分な効果が期待でき
ます。
ておくと、土壌表面からの水分蒸発が抑制さ
なお、稲わらの野焼きは、交通障害や大気
れますので、ほ場の乾燥を進めるためにも対
汚染の原因となるので、絶対に行わないよう
応が必要です。稲わ ら は C/N 比(炭 素 含
にしましょう。
量と窒素含量の比率)が高く、そのまま鋤込
また、生育後期の窒素供給源となり米のタン
2.いもち病発生ほ場での稲わ
ら処理
パク質含有率を高めるなど、生育、収量、品
乾燥状態が保たれた稲わらでは、いもち病
むとワキの原因となるなど初期生育を抑制し、
質に悪影響を及ぼします。
菌が翌春まで生存し感染源となります。そこ
そこで、稲わらは搬出し、十分にたい肥化
で、いもち病が発生したほ場では、未発生ほ
してからほ場に還元することが望まれます。
場以上に搬出を励行し、たい肥化して十分に
水田への稲わらたい肥の施用量は年間1t/
腐熟させることで、病原菌の死滅を図ります。
1
0a 程度とし、施用に伴い化学肥料を減肥し
また、稲わらロールベールなど乾燥状態が
ます。
保たれる可能性がある状態で水田の周辺に放
作業等の都合からどうしても稲わらを搬出
置することは避けるとともに、保管する場合
できない場合は、稲わらの分解を促進させる
には水田や育苗ハウスから離れた場所にする
ことで悪影響を緩和します。たい肥化の場合
必要があります。
も同様ですが、稲わら等の有機物を分解させ
回収しきれずにほ場表面に残された稲わら
るには、十分な空気(酸素)と適度な水分、
も、天候や土壌条件によっては稲わら内部の
そして微生物の働きが必要です。ほ場におい
乾燥状態が保たれ、いもち病の感染源となる
ては、土壌表面に混和することで、分解が促
可能性があります。稲わら内部まで湿潤状態
進されます。プラウで土壌深く鋤込まれた稲
が確保されるよう、土壌中に混和します。
わらや、ほ場表面に放置された稲わらの分解
が進まないのは、それぞれ酸素不足、水分不
足が主な原因です。微生物の働きについてで
すが、土壌には微生物がたくさんいますから、
3.透排水性の改善
透排水性が良好なほ場では、落水後の土壌
の乾きが早く、収穫後の稲わらの搬出が容易
1
2
2
0
1
1.
9
北海道
図
米 麦 改 良
第7
6号
収穫後のほ場管理のポイント
になるとともに、刈り株など搬出されなかっ
溝にモミガラを充填するモミガラ暗きょは排
た残さや、土壌表面に混和した稲わらの分解
水改善効果が高く、また長期間にわたって効
が進みます。融雪後には耕起、砕土などの機
果が持続します。
械作業が順調に進むだけではなく、土壌窒素
大雨の後や長雨、融雪期に表面滞水が発生
の無機化が進み、水稲の初期生育にも良い影
するほ場では、ミゾ掘り(ほ場内作溝明渠)
響が出ます。湛水期には適度な減水深が確保
によって排水します。ただし、ミゾを落水口
されるため、地温が上昇する、ワキが軽減さ
につなぐなど、集めた水をほ場外に排出する
れる、ねらった時期に中干しができるなどの
工夫を怠ると、十分な効果が得られません。
効果が期待できます。
なお、抜本的な対策としての暗きょ施工で
ほ場の透排水性を抜本的に改善するには、
すが、その効果を十分に発揮させるには、土
基盤整備工事による暗きょの施工が有効です
壌が過湿状態での施工は避けること、埋め戻
が、施工コストや事業化に至る時間を考える
し土はできるだけ乾燥させること、作業機に
と、生産者が自ら実施可能な透排水性改善対
よる過剰な踏み固めを回避すること、などの
策の導入も必要です。
点に留意する必要があります。
既に施工されている暗きょの機能が低下し
ている場合には、暗きょの埋設部分にモミガ
ラなどの疎水材を投入すると排水機能が回復
することがあります。
暗きょの機能を維持、向上させるためには、
心土破砕の施工が効果的です。心土破砕の効
果を高めるには、ほ場が乾いた時に、できる
だけゆっくりと施工することです。土壌水分
が高いときに急いで施工しても、せっかく
作ったミゾはすぐに癒着してしまいます。ま
た、集めた水を排水するために、暗きょと交
わるように施工します。心土破砕と同時に作
写真1
表面排水はミゾ掘りで
第7
6号
北海道
米 麦 改 良
2
0
1
1.
9
4.あぜの補修など
冷害を軽減するための基本技術である深水
管理ですが、あぜの高さが不十分、削られて
いて水が漏れる、などの理由から十分な湛水
深を確保できないことがあります。また、施
肥や除草剤施用後にあぜを伝って漏水が起き
ると、効果が劣るのみならず環境汚染につな
がります。畑地と隣り合っている場合には、
漏水によって畑作物に湿害を及ぼす危険もあ
写真2
ります。降雪前にあぜの状況を確認し、補修
あぜの補修
を行いましょう。
排水溝が土砂や雑草でふさがっていたり、
落水口が田面より高くなっていたりすること
があります。この場合、排水溝の清掃を行い、
落水口を低くして機能を回復させる必要があ
ります。
5.土壌診断
良質米の生産、肥料コストの低減のために
は、土壌診断に基づく施肥対応の活用が有効
です。
「北海道施肥ガイド2
0
1
0」では、土壌
の分析値に対応した窒素、リン酸、カリ、苦
写真3
土壌診断を行い施肥設計に活用
しましょう
土、さらにはケイ酸施肥量が示されています。
水田土壌ではリン酸やカリが蓄積している傾
前に土壌を採取し、分析機関に依頼します。
向にあり、土壌分析値にもよりますが、多く
なお、土壌分析値は、変化の大きい無機態窒
のほ場ではリン酸で最大5
0%程度、カリで最
素を除けば、通常3∼4年程度継続して利用
大3
0%程度の減肥が可能です。また、たい肥
することが可能ですが、大きな幅の減肥対応
等の有機物を施用した場合には、それから供
や有機物を多量施用した場合には土壌診断の
給される養分を考慮して減肥する必要があり
頻度を高めます。北海道施肥ガイド2
0
1
0を活
ます。
用した施肥設計の詳細は、お近くの農業改良
土壌診断には時間がかかりますので、降雪
普及センターなどにお問い合わせ下さい。
3
4
2
0
1
1.
9
北海道
米 麦 改 良
第7
6号
稲 作
平成2
3年度
水稲作柄現地調査報告書
平成2
3年9月
社団法人 北海道米麦改良協会
【調査月日】 平成2
3年8月2
9日 ∼3
1日
【調 査 先】
◎道南班 蘭越町・道南農業試験場・北斗市・厚沢部町・今金町・厚真町・長沼町
中央農業試験場岩見沢試験地
◎道央・道北班 当別町、美唄市、新十津川町、深川市、沼田町、小平町、士別市
上川農業試験場、旭川市、東川町、富良野市
(各市町のほ場は、現地奨決ほ場を中心に調査)
【参加人数】 約7
0名(部分参加含む)
【総合検討会】平成2
3年8月3
1日
空知農業会館 4階大会議室
標記調査ほ場の作柄概要および総合検討会で討議されました内容・対策の要点につきまして、
下記のとおり報告致します。
つきましては、本年産米の収穫・乾燥調製や2
4年産米生産に向けての指導事項も示されました
ので、内容をご確認いただき、今後の取り進めにあたりご配意頂きたくよろしくお願いします。
1.各地区における作柄概況に
ついて
【道南地区】
・成熟期も平年より若干早くなることが見込
まれている。
(早い地区のななつぼしで9
/1
5、
ふっくりんこで9/2
0前後∼の見込)
・は種期から分けつ期にかけて、平年より遅
・昨年(作況 渡島1
0
4・檜山1
0
3)ほどでは
れた生育であったが、7月以降の天候回復
ないが、近い収量が見込まれそうな感度。
により、各地区とも生育は早まり、概ね良
・直播栽培についても、苗立ちが良く、生育
好な状態である。
・不稔歩合も1桁台と平年より少ない見込で、
茎数も概ね平年並みが確保されている。
も進み登熟が良好であり、収量も期待でき
る状況にある。
・いもち病については部分的に発生している
第7
6号
北海道
米 麦 改 良
が大きな被害(拡大)は無い見込。
2
0
1
1.
9
・不稔は少ない(1
0%)ものの、穂数・籾数
が少ないことから良くて平年並みの状況。
【後志地区】
・いもち病、カメ虫の発生は少ない。
・移植が遅れたものの、7月以降の好天によ
り、生育進度は平年並みに程度に回復した。
・草丈・葉数は平年並みとなっているものの、
【空知地区】
・南部では、出穂期まで平年より遅い生育で
茎数については蘭越・共和地区とも平年を
あったが、登熟期以降の天候回復により、
大きく下回っている。
成熟期は概ね平年並み(ななつぼし中苗で
・成熟期は概ね平年並みであり、
「中苗なな
つぼし」で9/1
5ごろと見込まれる。
9/1
6、平年9/1
7)と見込まれる。
・不稔歩合も平年より少なく、1
0%前後であ
・不稔調査はこれから実施されるが、既に行
り、出穂期4
0日間の積算気温を勘案すると
われた倶知安地区の成苗の調査では平年よ
登熟も良好(高整粒)と見込まれる。
(平
り少ない結果となっており、蘭越・共和地
年並みかやや上回る感度)
区についても平年より高い稔実歩合が見込
まれる。
・カメムシの発生は少なく、いもち病発生も
部分的である。
・岩見沢試験地での試験ほは苗質・初期分け
【日胆地区】
つの少なさが影響し、穂数が少ない生育と
・分けつ期までの生育は遅れていたが、7月
なっており、平年作を下回る作況である。
以降の好天により、生育進度は回復し成熟
・ただし、葯長は短くなく、登熟も順調であ
期も5日程度早まる見込み。
(平年は9/
2
1)
ることから、回復も期待できる状況である。
・中空知地区の作柄については、石狩地区に
・本年の気象経過はこの地区の生育に良く反
似ており、不稔は少ない(美唄・深川で1
映し、草丈・葉数・茎数いずれも平年並み
桁台)ものの、穂数(ほ場間差が大きい)
となっている。
・籾数が少なく、平年をやや下回りそうな
・不稔も少なく、登熟歩合もあがることが見
込まれる。
(7月下旬の低温の影響は受け
ていない模様)
作柄である。
(今後の登熟が順調に推移し
ても平年並み程度か)
・生育進度は進んでおり、9/1
0以降の刈取
見込である。
【石狩地区】
・春先の生育遅れはカバーできており、平年
比3日早い生育となっている。
・北空知地区の作柄についても、中空知地区
と同様な傾向であるが、沼田地区のきらら
は平年並みの籾数が確保できている。
5
6
2
0
1
1.
9
北海道
【留萌地区】
・留萌地区においては、不稔は少ないものの
米 麦 改 良
第7
6号
・穂数が少ない地域が多く、籾数不足が懸
念される。
(5%程度)
「ななつぼし」では、穂数・籾
・収量構成要素は落ち込みそうだが、登熟
数が平年値からの減少幅が大きく、
「なな
歩合は高そうなので、今後の回復
(挽回)
つぼし」の作付が8
0%を占めていることか
は期待できる。
ら、平年作確保は厳しい見方である。
・不稔は5%前後と例年の半分程度の地域
が多い。
【上川地区】
・上川地区(中央・北部)においては、穂数
・病害虫の発生は少なく、いもち病につい
ても部分的に発生しているほ場があるが、
は平年をやや下回るものの、登熟が良好で
発生面積は少なく、原因も特定されてい
あることや、不稔歩合が少ないことから、
るものが多く、広がっている状況でもな
平年作の確保も期待できる状況である。
い。
(永山では平年並みの籾数を確保)
・東川のほ場で、試し刈りのサンプルを確認
・褐変も少なく、どの地区のほ場も近年に
なくきれいである。
したが、拝見・粒張も良好であり、品質的
茎数(穂数)が減少していることにつ
に良いものが期待できる。
(9/1
5頃から
いては、春先の降雨
(天候不順・作業遅れ)
刈取が本格化する見込∼平年比早3日)
がその後の生育に影響を及ぼしていること
・上川南部においては、中・北部に比べ籾数
が考えられるが、活着は良かったはずで、
が確保され、不稔歩合も平年並みであるこ
下位分けつしないほど気象条件が悪くな
とから、平年作が見込める状況である。
かったと考えられることから、苗質に原因
・上川管内全般において、病害虫の発生は少
があるのか、乾田化がなされなかったこと
なく、いもちの発生も部分的で少ないもの
による地力不足なのか検証が必要との意見
であった。
・見解が出された。
収穫までの技術対策として、以下の項
2.総合検討会における協議事
項について
目があげられ、生産者への啓発・周知が必
各 参 加 者 か ら、視 察 ほ 場 の 概 要 報 告
・割れ籾が少ないので刈り遅れによる品質
(要旨は上記1のとおり)を頂いたあと、
の劣化は少ないと想定されることから、
本年産米の全道的な傾向について現段階で
収量狙いで刈取を遅らせてしまうことも
のまとめを行いました。
懸念される。
全道的な傾向として、以下の項目があ
げられました。
要なものとなっています。
⇒籾数が少ないと成熟期を迎えるのが早
いことからも、刈り遅れにならないよ
第7
6号
北海道
米 麦 改 良
う啓発が必要。
・この時期になっても乾いていないほ場が
多く、刈取まで2週間程度に迫っている
ことから、適期収穫を逃す要因になるの
ではないか懸念される。
⇒台風の接近など気象条件も踏まえたう
えでほ場の乾きを促すよう啓発が必要。
2
0
1
1.
9
き防除(早めの対策)を行っていくこと
が必要。
・来春の乾田化促進にあたって収穫後の溝
堀り作業を行うことが必要。
・栽植密度を守るなど、初期生育向上に向
けた取組が必要。
まとめとして、
「品質的にタンパク値は
また、次年産米の生産にあたり、下記
下がる要素はなく、例年より高くなる可能
項目の注意喚起があげられ、 とあわせて
性はあるが、アミロースが例年より下がる
生産者へ啓発・周知が必要なものとなって
ものと予想され、食味は一定の水準が確保
います。
されるのではないか」
「最終的な収量は良
・雑草が目立ったほ場が多く、薬剤の使用
くて平年並みであり、平年を多少下回る水
について見直しも必要。
・いもち病の発生は2
3年産では少∼微発生
にとどまる見込みだが、2
4年産生産にあ
たっても気をゆるめることなく、引き続
準が見込まれる」との見解を検討会の座長
をして頂いた道農政部岩田上席普及指導員
より頂きました。
以上
7
8
2
0
1
1.
9
北海道
米 麦 改 良
第7
6号
稲 作
平成2
3年度
水稲府県流通調査報告書
本年度(平成2
3年度)の米穀に関する府県調査は、道総研農業研究本部の水稲育種・栽培・品
質担当者を中心に、北海道米の大手実需者を訪問し、品質評価や改善課題を把握し、今後の品種
改良・品質向上に資することを目的に実施しました。
平成2
3年8月2
3日∼2
4日の2日間で、JA あいち経済連パールライス安城工場(愛知県)
、カネ
美食品 (愛知県)
、 赤福(三重県)にて研修・調査致しました。
調査内容について参加者の代表に執筆頂きましたので、下記のとおりご報告致します。
平成23年8月23日 JA あいち経済連 パールライス安城工場(愛知県安城市)
道総研
農業研究本部
中央農業試験場
生産研究部
JA あいち経済連のパールライス安城工場
水田農業 G 研究主幹
丹 野
久
やすい説明がロビーなどに掲載されている。
は、安城市高棚町にあり、JR 安城駅から5
である。お米元気精米所として MOG
(もっ
と、おいしく、元気に)をコンセプトに、
2.精米施設の説明
本工場は、北海道石狩市のホクレンパール
徹底して高品質にこだわったトップクオリ
ライス精米工場をも参考にして、4年前に作
ティ精米工場、 将来にわたってクリーンで
られた。以下の特徴を有する。 徹底した異
衛生的な食品工場、および 体験学習でお米
物除去を行っている。光学式選別機を3箇所、
を学ぶ情報発信工場、を目指している。北海
他も入れて計1
3箇所で選別を行っている。
道米ではきらら3
9
7、ななつぼしを扱ってい
米の搬送には、玄米はエアー搬送、とう精直
る。
後のみには昇降機を使うなど、組み合わせて
いる。エアー搬送はコンタミがなく維持管理
1.愛知県農業と本施設案内の特徴
が楽である。 2階から上は架台を7層作り、
愛知県は、平野部と山間部で栽培条件が大
維持管理をし易くした。 最終には炊飯試験
きく異なるため、それらの作付品種が異なり、
を行い、品質管理を徹底している。その炊飯
品種が多い要因となっている。近年は、倒伏
器はマイコンのみの簡易なもので差異が出や
を避けるため短稈の品種も作付けされている。
すいように配慮している。 ゾーン別に室内
現在の主力品種はあいちのかおりで、晩生品
種が広がってきている。愛知県は農業生産高
が平成2
0年に全国6位で、これは温暖な地域
で野菜生産が盛んなためである。
本工場は体験コースとして、小学5年生で
もわかるように参観案内施設を作った。例え
ば、一人1年間米6
0 を食べるが、その栽培
に必要な面積に一致させて会議室の面積に
作った。稲は1粒から1,
5
0
0粒の実をつける
極めて増殖率が高い作物であるなど、わかり
第7
6号
北海道
米 麦 改 良
2
0
1
1.
9
気圧を管理し、コンタミ対応の必要性が高い
リしているか、煮くずれ無いか)
、 変な臭
ゾーンほど気圧が高く塵が入らないように管
いが無いか、 口 当 た り
(
「硬 く」な い か、
理している。また、窓枠が山型となっており
「粘り」があるか、
「粒」がハッキリしてい
ゴミがたまらないような構造にしている。
るか) 甘さ(噛んだ後「甘み」が残るか)
建築は無窓式で、鳥が止まるところを無くし、
手触り(ご飯が重くないか、違和感なく握
排気フードには防鳥ネットを付けるなどの対
れるか) 経時劣化(炊飯直後、2,
6,
1
2時間
策を講じた。
後の ∼ の評価)
。
納入精米品質基準値は、以下の通りである。
3.求められる品質に対する説明
水分1
3.
5∼1
5%、 白度3
8%以下、 着色
お客のクレームになるお米(ご飯)は、以
粒0.
1%以下、 砕け粒5%以下、 粉状質
下の通りである。 つやがない、 ぱさぱさ、
粒8%以下、 水浸割れ粒1
0%以下、 新鮮
砕け飯が多く粒感がない、
( 黄色い、
品質が変わる、 経時劣化が早い)等である。
度判定、 食味値、 一般生菌数1
02∼1
04。
なお、水浸割れ粒は2
0分間水に浸して割れ
は煮くずれご飯と呼ばれ、とくにコンビ
た粒であり、可能性粒は薄い亀裂が生じた粒
ニで問題となるが、製品歩留まりが低下する
である。粉状質粒は水浸割れ粒の原因となる
ためである。
ので屑米扱いである。着色粒では発生原因か
消費者ニーズは品種名よりも食味・品質、
らカメムシ、発酵およびイネシンガレセン
それより安心・安全だが、やはりニーズに見
チュウによる3つがある。府県ではクサムネ
合った価格が大前提である。消費者の購入先
の実が選別で除去できず、大きな問題となっ
は、平成1
3年ですでに家庭用炊飯のためが
たことがある。新鮮度判定は PH 指示薬法で、
5
0%に過ぎず、残り半分は昼食・外食の業務
試薬はメチルレッドとブロムチモールブルー
用ご飯としてである。
を使う。
家庭用と業務用では安全性第一は同じであ
北海道米の分析値をみると、以下が必要で
るが、そのあとは前者で品種名、価格、食味、
ある。また、その値の幅は小さければ小さい
最後は品質となるが、後者では順序が全く逆
ほど良い。 玄米の整粒は8
0%以上。 玄米
転して入れ替わり品質が第一となり、産地銘
水分は、精米水分目標が1
3.
5∼1
4.
5%だが、
柄を問わない。この場合の品質は、胴割れ粒
とう精時に0.
5%下がるので1
4.
5∼1
5.
0%で
や水浸割れ粒が無いなどである。実需者はメ
ある。低水分の米は、胴割れが無くても洗米
ニューにより「ぱさぱさ・高蛋白・旨みな
時の水浸割れ粒を発生する。 玄米胴割れは
し」でも求めるし、炊飯器により求められる
5%以下。実需者に一番嫌われる。 着色粒
特性が変わる。そして最後は価格で売れるか
は0.
2%以下。雪印問題以降「異物」として
どうかが決まる。炊飯加熱器について、とく
見られる。 粉状質粒は8.
0%以下。精米の
に業務用の連続式は炊飯時の移動距離が長い
外観不良とご飯の「砕け飯・煮崩れ」の原因
ので、衝撃に強い米が必要である。ニーズで
となる。 高蛋白質は食味計測定業者が敬遠
最重要となるのは、家庭用では品種名、業務
する。 その他、異物の混入。
「木製パレッ
用の寿司では水浸割れ粒の発生無し、業務用
ト」使用は厳禁。なお、千粒重は軽いと、玄
の企業内給食では価格、業務用のガス連続式
米背中側の糠を除くために同時に腹側澱粉を
おにぎり・白飯では品種名と食味の甘さが上
多く削ることとなるので、重いほど良い。
げられる。
米穀卸御者の要望として、澱粉質の強いお
食味のチェックポイントは以下の通りであ
米を欲しているが、そのための品質向上の
る。 外観(艶あるか、白いか、粒がハッキ
チェックポイントは以下の通りである。 食
9
10
2
0
1
1.
9
北海道
米 麦 改 良
第7
6号
味(対応、施肥)
、 玄米水分(乾燥調製)
、
・コンタミ対策、害虫、木製パレット、クサ
胴割れ・砕け米(適期刈り取り)
、 粉状
ネムの実)
。これらの対策のため生産管理台
質(水管理、落水時期、土改材)
、 着色粒
帳の記帳を行うが、その大前提として美味し
(適期刈り取り、害虫)
、 異物(種子更新
い米生産が必要である。
平成2
3年8月2
3日
道総研
農業研究本部
カネ美食品
中央農業試験場
十一屋工場(愛知県名古屋市)
作物開発部
農産品質 G 研究職員
藤 井 はるか
名古屋市内の住宅街の中に位置する本工場
より冷却した炊飯米は成型等の工程に回る。
では、主にコンビニエンスストアチェーンの
成型の工程では、ラインへの炊飯米の付着が
サークル K サンクスのメインベンダーとし
問題となるため、あまり粘らない米が好まれ
て、弁当・おにぎり等の製造を行っている。
ており、成型工程のある炊飯米は北海道産
従業員は約4
0
0名(うち社員が4
0名)
。3
6
5
「きらら3
9
7」を用いているとのことだった。
日2
4時間常時8
0∼9
0名体制で稼働している。
ちなみに炊飯→撹拌工程においては、撹拌方
カネ美食品株式会社ではうるち米を北海道
法の改良や炊飯条件の調整により、以前ほど
産「きらら3
9
7」と宮城県産「ひとめぼれ」
米のラインへの付着は問題にならないとのこ
を合わせて年間約3.
2万 t のうるち米を取り
とであった。
扱い、商品にあわせて品種を使い分けている。
炊飯米が炊きあがってから成型工程までに
ブレンドは行わず、単一ブランド米を用いる
約2時間、包装し店頭に並ぶまではさらに1
0
ことで、ブレンド米を用いる他のコンビニエ
時間以上がかかるとのことであった。製造翌
ンスストアチェーンとの差別化を図っている。
日食べた時に美味しく、かつ製造時に機械に
新米が入ってくる時期には、年次が異なる米
付着しない状態に調整することが理想とのこ
の切り替えは一度に行わず、段階的に新米の
とであった。
混合割合を高め、最終的に新米1
0
0%に切り
工場から各店舗への出荷は1日3便行われ
替えている。その際は炊飯米を食べながら水
ており、オーダーに基づいて製造を行ってい
加減・火加減を調整し、炊き方を工夫するこ
るが、追加受注があった際には次便向け商品
とで安定した品質の炊飯米を炊きあげている
を繰り上げて出荷し、以後調整を図り、機動
とのことであった。
的で流動的な製造を実現している。
今回は、工場内の見学もさせていただいた。
「きらら3
9
7」については、平成1
5年度か
炊飯米は AIHO 社製の連続炊飯システム
ら採用しており、型くずれしにくく成型しや
で炊飯されており、1日あたり8
5
0釜、1
1
4
0
0
すいという評価とのこと。特に本年3月に起
キログラムを炊いているという。炊飯工程に
きた東日本大震災の影響により、
「コシヒカ
おいては炊き込みご飯のように着色を伴う調
リ」等の普段取り扱わない品種を一時的に導
味についてはムラがでないよう人の手で撹拌
入することとなった際、炊飯米が粘って成型
作業を行うが、それ以外の調味(おにぎり用
しにくいなどの点で苦労したとのことで、年
の塩味など)については、すべて機械のプロ
中安定して炊ける米が供給されることを望ま
グラムにより行われ、人の手は炊きあがるま
れていることが明らかになった。
で加わらないとのことだった。炊飯終了後、
撹拌した米をコンテナに詰め、真空冷却機に
第7
6号
米 麦 改 良
北海道
平成2
3年8月2
4日
道総研
農業研究本部
赤福
2
0
1
1.
9
本社(三重県伊勢市)
上川農業試験場研究部
水稲 G 研究職員
粕 谷 雅 志
赤福は創業が1
7
0
7年で、3
0
0年以上続く老
ち」を試験していただきき、平成2
2年産では
舗であり、赤福餅が売り上げの9
5%を占める。
「はくちょうもち」よりやや硬い結果であっ
それ以外は月替わりの朔日餅や夏期の赤福氷、
た。昨年1
0月に試験したところ、2品種とも
冬期の赤福ぜんざいがある。
社内基準より高く、5月に違うサンプルで測
それらの餅の8割以上を名寄産の「はく
定した結果は社内基準内であり、サンプル間
ちょうもち」で生産している。名寄と赤福と
差がみられた(2回とも名寄産)
。
「風の子も
は昭和6
0年頃からのつきあいであり、以前は
ち」
、
「きたゆきもち」は今までに3回試験し
東北、九州産の糯米を使用していたが、初年
ていただき、社内基準を満たしたのは、
「風
度3千俵導入していただいたことをきっかけ
の子もち」2回、
「きたゆきもち」1回であっ
に、それ以降使用量は増え、現在では「はく
た。そのうち「風の子もち」は平成2
0年に工
ちょうもち」を1万5千俵使っていただいて
場でのラインテストも行い、一部製品として
いる。名寄ではもち米団地で作付が行われる
流通した。できた製品は「はくちょうもち」
ことでうるち米混入の心配がないこともメ
と同じ品質であった。
「きたゆきもち」は工
リットとなっており、JA 道北なよろとして
場でのラインテストは未実施であった。今後
も、
「はくちょうもち」の安定供給をはかる
は評価方法も含めて情報交換を続けさせてい
ための推進活動を行っている。
ただけるよう要望した。
「赤福」の基本的な製造方法は、1
3∼1
5℃
赤福は餅が柔らか過ぎるというクレームは
程度の井戸水で4∼4
8時間浸漬し、連続蒸し
無いが、硬いというクレームが問題であり、
器により蒸煮後、搗きこみ式のもちつき機で
柔らかさを品質として重視していた。
「はく
製餅する。その後2種類の砂糖を混合し赤福
ちょうもち」の年次間の品質のブレについて
のもち生地を製造するとのこと。また、原料
も、製餅時に砂糖を加え、食感を調整するた
により製造条件を大きく調整することはして
め問題になったことはなかった。その他、餅
いないとのことであった。
の白さ・食味などの基準は特に決められてい
赤福では、糯米品質の自社検査を行ってお
ないが、餅の色を参考として測定していた。
り、基準として製餅後4
8時間後の硬度が1
0
0
0
単一原材料での販売リスク軽減のため、冬
g 以下、うるち米混入がないことが重視され
場は「はくちょうもち」に替わり熊本県産
ていた。赤福餅の賞味期限は、夏は2日、冬
は3日と設定されており、この2日間、4
8時
間柔らかさを保つことが必要とされた。冬は
寒さのため餅が硬くなりやすいことから糖類
加工品を加え柔らかさを保っている。検査で
は、製餅後2
0℃(常温)で保存し、5、2
4、
4
8、7
2、9
6時間後の硬度を測定している。
「はくちょうもち」はここ数年一度も基準を
はずれたことはなく、とても高い評価を得て
いた。
「風の子もち」
、新品種の「きたゆきも
11
12
2
0
1
1.
9
北海道
米 麦 改 良
「ヒヨクモチ」を使用している。
「ヒヨクモチ」
は「はくちょうもち」よりももちが硬くなり
やすく、社内基準を外れることもあるため、
冬に使用し大豆由来の糖類加工品を加え製餅
後の柔らかを調節している。ただ、糖類加工
品の原材料は大豆を含みアレルギーの原因に
なることも懸念されるため、できるだけ糖類
加工品を使用したくないとのことだった。冬
の賞味期限3日間柔らかさを十分保てる餅が
あればそれを使用してみたいと要望があった。
小豆についてはすべてが北海道産で、十勝
産「きたのろまん」
、名寄産「エリモショウ
ズ」
、富良野産「しゅまり」を使用しており、
餡の色と舌ざわりを品質として重視していた。
餡では「しゅまり」が高い評価であった。
赤福餅を試食させていただいたが、通常の
餅の食感よりも想像以上に柔らかであった。
餅が餡に包まれているため餅の白さよりも、
餅の柔らかさが品質として重視されているこ
とを納得した。
第7
6号
第7
6号
北海道
米 麦 改 良
麦 作
第3
2回(平成2
3年度)北海道麦作共励会の
参加者・集団を募集中
∼全道の各地から優秀な事例を募集しています。
たくさんのご参加をお願いいたします。
∼
◎第3
1回
(平成2
2年度)
北海道麦作共励会で最優秀賞に輝いた三谷吉一氏
(滝川市)
「第2部 水田転換畑における秋播小麦(個人)
」
左:JA たきか わ 大 谷 次 長 中 央:三 谷 さ ん ご 夫 妻 右:空 知 普 及 セ ン
ター(中空知支所)森専門普及指導員
表彰式会場にて(平成2
3年3月4日 ホテルモントレエーデルホフ札幌)
※参加申込期日は、1
0月末です。
詳細は、各地区の米麦改良協会へお問い合わせ願います。
☆推薦調書用紙(Word 形式)は、ホームページからダウンロードできます。
http : //www.beibaku.net/
2
0
1
1.
9
13
第
76
号
2011. 9
◎良質米麦の出荷目標
●一等米 100%
●整粒歩合80%以上確保
●精米蛋白質含有率6.8%以下
●仕上がり水分14.5∼15.0%
●入れ目1%以上確保
●全量種子更新
●一等麦 100%
●低アミロ麦皆無
●DON暫定基準値1.1ppm
以下でできるだけ低いこと
●赤かび粒混入限度 0.0%
●異臭麦皆無
●十分な入れ目の確保
●全量種子更新
稲作
水稲収穫後のほ場管理
平成23年度 水稲作柄現地調査報告書
平成23年度 水稲府県流通調査報告書
◎農産物検査事業の方針
◆公平、公正、迅速に行う。
◆必要な技術的能力の維持・向上に努める。
◆客観性・公平性から他部門からの影響排除。
◆制度の適正な運営に寄与する。
麦作
第32回
(平成23年度)
北海道麦作共励会の
参加者・集団を募集中
発行所
社団法人 北海道米麦改良協会
〒060−0004 札幌市中央区北4条西1丁目 共済ビル5階 TEL 011−232−6495 FAX 011−232−3673
【業務部】E-mail beibaku@basil.ocn.ne.jp
【検査部】E-mail beibaku-kensa@carrot.ocn.ne.jp
北海道米分析センター
〒069−0365 岩見沢市上幌向町216の2 TEL 0126−26−1264 FAX 0126−26−5872
E-mail bun1@plum.ocn.ne.jp
http://www.beibaku.net/
会報誌「北海道米麦改良」はホームページでもご覧になれます。
http://www.beibaku.net/
社団法人 北海道米麦改良協会
通巻 No.587