PART IV THE INTERNATIONAL SEARCH Chapter 15 The

PART IV
THE INTERNATIONAL SEARCH
第Ⅳ部
国際調査
Chapter 15
The International Search
第15章
国際調査
Objective of the International Search
国際調査の目的
Article 15(2) and (4); Rules 33.1(a) and 34
15条(2),(4); 規則33.1(a), 34
15.01 The objective of the international search is
to discover relevant prior art, which consists of
everything which has been made available to the
public anywhere in the world by means of written
disclosure (including drawings and other
illustrations) (see Chapter 11) and which is capable
of being of assistance in determining that the
claimed invention is or is not new (see chapter 12)
and that it does or does not involve an inventive
step (that is, that it is or is not obvious; see chapter
13), provided that the making available to the
public occurred prior to the international filing
date. The International Searching Authority
endeavors to discover as much of the relevant prior
art as its facilities permit, and in any case consults
the minimum documentation specified in Rule 34.
15.01
国際調査は、関連のある先行技術の
発見を目的とする。関連のある先行技術と
は、世界のいずれかの場所において書面によ
る開示(図面その他の図解を含む。)
(第11章
参照)によって公衆が利用することができる
ようにされており、かつ、クレームに記載さ
れている発明が新規性を有するもの(第12章
参照)及び進歩性を有するもの(自明のもの
ではないもの。第13章参照)と認められるか
どうかを決定するにあたって役立ち得る全
てのものをいう。ただし、公衆が利用するこ
とができるようにされたことが、当該国際出
願日前に生じていることを条件とする。国際
調査機関は、可能な限り多くの関連のある先
行技術を発見するよう努めるものとし、いか
なる場合にも、規則34に定める最小限資料を
調査する。
15.02 In order to establish the international
search report, International Searching Authorities
are also encouraged to cite prior art documents
which might be of assistance in determining
whether other requirements such as sufficiency,
support and industrial applicability are fulfilled.
15.02
国際調査機関は、国際調査報告を作
成するために、開示の十分性、クレームの裏
付け、産業上の利用可能性等のその他の要件
を満たしているか否かを判断するにあたっ
て役立つであろう先行技術文献についても
引用することが望ましい。
15.03 The search must recognize that certain
designated Offices have different definitions of
what is the effective date of the prior art.
Accordingly, when performing the search,
examiners should be mindful to pick out and select
for citation, where appropriate, prior art which may
be relevant in Offices other than the one in which
they are situated. However, the examiner need not
expand the search beyond the standard search
parameters to discover such art. Where the search
has been performed and such potentially relevant
prior art has been identified, examiners are
encouraged to, for example, cite all relevant art
published prior to the international filing date even
if that art and the international application under
consideration have common applicants and/or
15.03
調査は、指定官庁によって先行技術
としての効力が発生する日についての定義
が異なることに留意しなければならない。し
たがって、当該調査を行う際、審査官は、必
要に応じて、自身が在籍する官庁以外の官庁
において関連し得る先行技術を発見し選択
することに留意すべきである。しかし、審査
官はそのような先行技術を発見するために、
標準的な調査範囲を超える範囲にまで調査
を広げる必要はない。調査が行われ、関連先
行技術となる可能性のある技術が確認され
た場合、審査官は、例えば、当該先行技術と
調査中の国際出願の出願人又は発明者が同
じであっても、国際出願日前に公開された全
ての関連技術を引用することが望ましい。第
64条(4)の留保が存在する場合でも、当該調
187
inventors. Examiners should follow Article 11(3) 査を行う際には、審査官は第11条(3)に従う
in conducting the search, even if an Article 64(4) ものとする。
reservation exists.
15.04 A further objective of the international 15.04 国際調査の他の目的としては、国内
search is to avoid, or at least minimize, additional 段階における追加調査を回避する、もしくは
最小限に抑えることが挙げられる。
searching at the national stage.
Non-Written Disclosures
書面による開示以外の開示
Rule 33.1(b)
15.05 A non-written disclosure such as an oral
disclosure, use, exhibition or other means of
disclosure is not relevant prior art for the purposes
of the international search unless it is substantiated
by a written disclosure made available to the public
prior to the international filing date and it is the
written disclosure which constitutes the prior art.
However, if the date on which the written
disclosure was made available to the public was on
or after the filing date of the international
application under consideration, the search report
should separately mention that fact and the date on
which the written disclosure was available, even
though such a written disclosure does not meet the
definition of relevant prior art in the international
phase, so long as the non-written disclosure was
made available to the public on a date prior to the
international filing date (see paragraph 11.22) since
such a non-written disclosure may be considered to
be prior art under national law in the national
phase.
規則33.1(b)
15.05
口頭による開示、使用、展示、その
他の手段による開示等、書面による開示以外
の開示は、国際出願日前に公衆が利用できる
ようにされている書面による開示によって
立証され、それが先行技術を構成する書面に
よる開示でない限り、国際調査において関連
のある先行技術とはならない。しかし、公衆
が書面による開示を利用できるようになっ
た日が調査中の国際出願の出願日又は出願
日の後である場合、当該書面による開示が国
際段階での関連のある先行技術の定義を満
たしていなくとも、国際出願日までに公衆が
書面による開示以外の開示を利用できるよ
うになっている限り、国際調査報告は別途そ
の 事 実 及び 書 面に よ る開 示 が 利用 可 能に
なった日について言及するべきである
(11.22項参照)
。これは、国内段階において、
このような書面による開示以外の開示が、国
内法令のもとで先行技術とみなされる場合
があるためである。
Geographical Location, Language, Age and 開示の地理的な位置、言語、年代及び方法
Manner of Disclosure
15.06 It is to be noted that there is no restriction
whatever with respect to the geographical place
where, or the language or manner in which, the
relevant information was made available to the
public; also no age limit is stipulated with respect
to documents containing this information.
15.06
関連のある情報が公衆に利用でき
るようにされた地理的な場所、言語又は方法
について、制限が全くないことに留意すべき
である。さらに、当該情報を含む文献につい
て、年代的な制限も規定されない。
15.07 Documents issued electronically are 15.07 電子的に発行された文献は、検索可
considered published provided they are retrievable 能であることを条件に、公開されたものとみ
なされる(11.12~11.20項参照)。
(see paragraphs 11.12 to 11.20).
The Examiner
審査官
Article 18; Rule 43
18条; 規則43
15.08 The international search is carried out and 15.08 国際調査機関は国際調査を行い、国
the international search report prepared by an 際調査報告を作成する。通常、国際調査自体
188
International
Searching
Authority.
The
international search itself is normally performed by
one examiner but is not limited to one. In
appropriate cases, where the invention is of a
nature requiring searching in widely dispersed
specialized fields, an international search report
containing the work of two or more examiners may
be necessary.
は1名の審査官により行われるが、1名に限
定はされない。発明が広範囲に分散した専門
分野の調査を必要とする性質を有する場合、
国際調査報告を作成するために、複数の審査
官による調査が必要となる場合もある。
Rule 43bis.1(a)
規則43の2.1(a)
15.09 The examiner is also required to provide a
written opinion on novelty, inventive step and
industrial application of the claimed invention at
the same time as he establishes the international
search report. The international search report and
written opinion together serve to inform the
International Preliminary Examining Authorities of
the documents and arguments necessary to
complete the relevant assessments themselves if
international
preliminary
examination
is
demanded, as well as informing the designated
Offices for the purposes of their consideration of
the application in the national phase (the written
opinion being transmitted to them in the form of an
international preliminary report on patentability
(Chapter I of the Patent Cooperation Treaty) if no
international preliminary examination report is
established under Chapter II of the Treaty).
Consequently it is essential that the examiner is
familiar with the requirements of examination.
15.09
審査官は、国際調査報告の作成と同
時に、クレームに記載された発明の新規性、
進歩性及び産業上の利用可能性についての
見解書を作成しなければならない。国際調査
報告及び見解書は、国際予備審査が請求され
た場合、国際予備審査機関に対し、当該機関
が適切な評価を下すために必要な文献及び
意見を通知する。同様に、各指定官庁に対し、
国内段階において当該官庁が出願を検討す
るための情報を提供する(当該見解書は、条
約第二章に基づく国際予備審査報告が作成
されない場合、特許性に関する国際予備報告
(特許協力条約第一章)の形式で、各指定官
庁に送付される。)。したがって、審査官は審
査の要件に精通していることが不可欠とな
る。
Basis of the Search
調査の基礎
Article 19; Rules 5.2, 13ter, 91.1;
Section 208, AI Part 8, AI Annex C
19条; 規則5.2, 13の3, 91.1;
細則208号, 細則8部, 細則附属書C
15.10 There is no right to amend the application
until after the international search has been
established, consequently the international search
must be carried out on the basis of the search copy
of the application as transmitted to the
International Searching Authority by the receiving
Office, except that obvious errors may be corrected
(see chapter 8).
15.10
国際調査報告が作成されるまで当
該出願を補正する権利はないことから、国際
調査は、受理官庁から国際調査機関に送付さ
れる当該出願の調査用写しに基づいて実施
しなければならない。ただし、明らかな誤り
を訂正することは可能である(第8章参照)
。
15.11 If the application contains disclosure of
one or more nucleotide and/or amino acid
sequences but does not contain a sequence listing
complying with the relevant standard (see
paragraph 4.15), the International Searching
Authority may invite the applicant (with Form
PCT/ISA/225) to furnish, within a fixed time limit,
15.11
当該出願が1又は二以上のヌクレ
オチド又はアミノ酸の配列の開示を含むも
のの、基準を満たす配列リストを含まない場
合(4.15項参照)、国際調査機関は、国際調
査を行うために、出願人に対し期間を定めて
当該基準を満たす書面による形式又はコン
ピューター読取り可能な形式の配列リスト
を提出することを求めることができる(様式
189
a sequence listing in written form and/or in
computer readable form complying with the
standard for purposes of completion of the
international search. If the applicant complies with
the invitation, the International Searching
Authority proceeds with the completion of the
international search, the international search report,
and the written opinion on the basis of the written
and/or computer readable forms of the sequence
listing provided. However, any sequence listing not
contained in the international application as filed
will not, subject to Article 34, form part of the
international application, but will be used as a
search tool. If the applicant does not comply with
the invitation within the time limit or if the
response to the invitation does not comply with the
standard, the International Searching Authority is
not required to carry out the international search to
the extent that such non-compliance has the result
that a meaningful search cannot be carried out.
PCT/ISA/225によって)。出願人が当該求めに
応じた場合、国際調査機関は、提出された書
面又はコンピューター読取り可能な形式の
配列リストに基づき、国際調査、国際調査報
告及び見解書の作成を進める。しかし、出願
時における国際出願に含まれていない配列
リストは、第34条の規定が適用される場合を
除くほか、国際出願の一部を構成しないが、
調査ツールとして利用される。出願人が期間
内に求めに応じない場合、又は、求めに対す
る応答が基準を満たしていない場合には、国
際調査機関は、そのために有意義な調査を行
うことができない限度において、国際調査を
行うことを要しない。
Rules 5.2(b), 13ter.1(d); Section 513; AI Annex C 規則5.2(b), 13の3.1(d); 細則513号; 細則附属書C
15.12
明細書の配列リストの部分が、実施
細 則 附 属書 C に定 め る基 準 に 規定 す るフ
リーテキストを含んでいるものの、そのフ
リーテキストがその言語で記載された明細
書の本文には含まれていない場合、国際調査
機関は、(様式PCT/ISA/233によって)出願人
に対し明細書の本文にフリーテキストを加
える出願の補充を求める。出願人が求めに応
じた場合、国際調査機関は、差替え用紙に、
「 SUBSTITUTE SHEET (RULE 13ter.1(d))」
(差替え用紙(規則13の3.1(d)))との語又
はその国際出願の公開言語による同義語と、
受理日を記し、当該差替え用紙を受理官庁用
写し及び記録原本にそれぞれ含めるよう、フ
リーテキストを含む差替え用紙を受理官庁
及び国際事務局に送付する。国際調査機関は
当該差替え用紙の写しを調査用写しに含め
るため保持する。出願人が求めに応じない場
合でも、国際調査機関は国際調査を継続す
る。
15.12 Where the sequence listing part of the
description contains free text as defined in the
standard provided for in Annex C of the
Administrative Instructions, but that free text does
not also appear in the main part of the description
in the language thereof, the International Searching
Authority invites the applicant (with Form
PCT/ISA/233) to correct the application by adding
the free text to the main part of the description. If
the applicant complies with the invitation, the
International Searching Authority marks the
replacement sheet with the words “SUBSTITUTE
SHEET (RULE 13ter.1(d))” or their equivalent in
the language of publication of the international
application and the date of receipt, and transmits
the substitute sheets containing that free text to the
receiving Office and the International Bureau for
inclusion of the sheets concerned in the home copy
and the record copy, respectively; it keeps a copy
of those sheets for inclusion in the search copy. If
the applicant does not comply with the invitation,
the International Searching Authority nevertheless
continues to perform the international search.
Rules 12.3, 23.1(b)
規則12.3, 23.1(b)
15.13 Where the language in which the
international application is filed is not accepted by
the International Searching Authority that is to
carry out the international search, the applicant
15.11
国際出願が、国際調査を行う国際調
査機関により認められていない言語で出願
された場合には、出願人は、適切な言語によ
る当該国際出願の翻訳文を受理官庁に提出
190
should have supplied to the receiving Office a
translation of the international application into a
suitable language, however no such translation is
required of the request Form or any sequence
listing included as part of the description. The
receiving Office sends this translation as part of the
search copy and the international search will be
carried out on the basis of this translation.
しなければならない。しかし、願書と明細書
の一部としての配列リストについては、当該
翻訳文は必要でない。受理官庁は、当該翻訳
文を調査用写しの一部として送付し、当該翻
訳文に基づき国際調査が行われる。
Scope of the International Search
国際調査の範囲
Articles 18(2), 20(1)(a), 21(3), 33(6)
18条(2), 20条(1)(a), 21条(3), 33条(6)
15.14 The international search is essentially a
thorough, high quality, search of the most relevant
resources, and the report serves to provide
information on the relevant prior art to the
applicant, to the public if the international
application is published and to the designated
Offices and the International Preliminary
Examining Authorities.
15.14
国際調査は、基本的に、最も関連の
ある資料資源に関する完全で質の高い調査
であり、国際調査報告は、出願人に対し、国
際出願が公開された場合には公衆に対し、さ
らに指定官庁及び国際予備審査機関に対し、
関連のある先行技術に関する情報を提供す
るためのものである。
15.15 In some instances there are no facilities
for systematic searching by the designated Offices.
The examiner should, therefore, assume that the
designated Offices are dependent on the work of
the International Searching Authorities for their
knowledge of the state of the art on which their
assessments of the patentability of the claimed
invention will be based.
指定官庁が系統的な調査を行うた
15.15
めの設備を備えていない場合もある。した
がって、審査官は、クレームに記載された発
明の特許性を判断する際の基礎となるであ
ろう技術水準の知識について、当該指定官庁
は国際調査機関の調査結果に依存すると想
定するべきである。
15.16 Nevertheless, it must be realized that,
even though completeness should be the ultimate
goal of the international search, this goal may not
be necessarily obtained, because of such factors as
text search limitations and the inevitable
imperfections of any classification system and its
implementation, and may not be economically
justified if the cost is to be kept within reasonable
bounds. The examiner therefore considers the most
relevant search resources for the technology,
including databases listed in the Search Guidance
Intellectual Property Digital Library (available
through the WIPO web site at www.wipo.int), and
organizes the search effort and utilizes the search
time in such a manner as to reduce to a minimum
the possibility of failing to discover existing highly
relevant prior art, such as complete anticipations
for any claims. For less relevant prior art a lower
retrieval ratio is acceptable.
15.16
国際調査の究極の目標は、完全な調
査であるが、テキストサーチに関する限界が
あること、分類システム及びその実装が不完
全なものになることが避けられない等の要
因が存在するため、当該目標は必ずしも達成
できるとは限らないこと、また、コストを合
理的な範囲に抑える必要がある場合、経済的
な理由により当該目標を達成することが正
当化されないときもあることを理解しなけ
ればならない。したがって、審査官は調査ガ
イ ダ ン ス IPDL ( WIPO の ウ ェ ブ サ イ ト
www.wipo.intから利用可能である。
)に列挙さ
れたデータベースを含む、当該技術に関する
最も関連性の高い調査資料を検討するとと
もに、どのクレームに対しても完全な予測が
可能となるような極めて関連性の高い先行
技術を見落とす可能性が最小限になるよう
な方法によって、調査労力を体系化し、調査
時間を有効に利用する。より関連性の低い先
行技術については、検索率を低くすることは
許容される。
191
Orientation and Subject of the International 国際調査の方向性及び対象
Search
Analysis of the Claims
クレームの分析
15.17 When taking up an international
application to be searched, the examiner first
considers the application in order to determine the
subject of the claimed invention, taking account of
the guidance given below and in chapter 5. For this
purpose, the examiner makes a critical analysis of
the claims in the light of the description and
drawings.
15.17
調査対象の国際出願に取りかかる
時、審査官はまず最初に、クレームに係る発
明の主題を決定するために、以下及び第5章
に示す指針を考慮しながら、当該出願を検討
する。そのために、審査官は明細書及び図面
を考慮して、クレームを厳密に分析する。
Article 15(3); Rule 33.3(a)
15章(3); 規則33.3(a)
15.18 The international search is directed to the
invention defined by the claims, as interpreted with
due regard to the description and drawings (if any)
and with particular emphasis on the inventive
concept towards which the claims are directed. See
chapter 5 for the relationship between the
disclosure and the claims.
15.18
国際調査は、明細書及び(もしあれ
ば)図面を十分に考慮に入れ、かつ、特にク
レームの対象とされた発明概念に重点を置
いた上で解釈した、クレームにより定義され
る発明を対象とする。開示とクレームの関係
については、第5章を参照。
Rule 91.1
規則91.1
15.19 Since the applicant is not permitted to
amend the claims before receiving the international
search report, except to rectify obvious errors or to
correct formal matters which are contrary to the
PCT and are called to the applicant’s attention by
the receiving Office, the international search is
directed to the claims as filed. See paragraph
15.21.
15.19
明らかな誤りの訂正、又は、PCTの
規定に違反したため受理官庁により出願人
に対し注意を喚起された方式事項の補充を
除き、出願人は国際調査報告を受け取るまで
クレームを補正することができないことか
ら、国際調査は出願時のクレームを対象に行
われる。15.21項を参照。
Inventions for Which No Fees Have Been Paid
手数料が支払われなかった発明
Article 17(3)(a)
17条(3)(a)
15.20 When the claims of the international
application do not relate to one invention only, nor
to a group of inventions so linked as to form a
single general inventive concept, the applicant may
be invited (with Form PCT/ISA/206, see
paragraphs 10.60 to 10.65) to pay additional search
fees. If the applicant does not pay any additional
search fees in response to the invitation, the
international search will, except in the
circumstances referred to in paragraphs 10.64 and
10.65, be restricted to those parts that relate to the
invention, or so linked group of inventions, first
mentioned in the claims. If additional fees have
been paid within the prescribed time limit, those
parts that relate to the inventions covered thereby
must also be searched (see chapter 10).
15.20
国際出願のクレームが一の発明又
は単一の一般的発明概念を形成するように
連関している一群の発明のいずれにも関連
しない場合、出願人は追加の調査手数料を支
払うよう求められる場合がある(様式
PCT/ISA/206、10.60~10.65項参照)
。出願人
が求めに対して追加の調査手数料を支払わ
ない場合、10.64及び10.65項で記載される場
合を除き、国際調査は、クレームの最初に記
載されている発明又は連関している一群の
発明に係る部分に限定される。追加手数料が
指定した期間内に支払われた場合には、追加
手数料が支払われた発明に係る部分につい
て、調査を行わなければならない(第10章参
照)。
192
Full Coverage
完全な調査範囲
Rule 33.3(b)
規則33.3(b)
15.21 In principle, and insofar as possible and
reasonable, the international search should cover
the entire subject matter to which the claims are
directed or to which they might reasonably be
expected to be directed after they have been
amended. For example, where an international
application relating to an electric circuit contains
one or more claims only directed to the function
and manner of operation, and the description and
drawings include an example with a detailed
non-trivial transistor circuit, the search must
necessarily include this circuit. Nevertheless,
reasons of economy may make certain restrictions
of the international search necessary, for example,
when there is a broad claim and many examples
and it is not possible to foresee which will be the
subject of amended claims.
15.21
国際調査は、原則として、また可能
かつ合理的である限り、クレームが対象にす
る、あるいは補正後に対象となると合理的に
予測される事項の全体を対象とすべきであ
る。例えば、電気回路に関する国際出願に、
機能及び操作方法に関する一又は複数のク
レームが含まれるとともに、明細書及び図面
に詳細なかつ重要なトランジスター回路の
実施例が含まれる場合、当該回路についても
必ず調査の対象に含めなければならない。し
かし、例えば、クレームの範囲が広く、実施
例が多数含まれており、補正後のクレームの
主題を予測することが困難な場合には、経済
的理由により、国際調査に制限が必要となる
こともある。
Speculative Claims
推測クレーム
15.22 No special search effort need be made for
searching unduly wide or speculative claims,
beyond the extent to which they are supported by
the description. For example, if in an international
application relating to and describing in detail an
automatic telephone exchange, the claims are
directed to an automatic communication switching
center, the international search should not be
extended to automatic telegraph exchanges, data
switching centers, etc., merely because of the
broad wording of the claim, except if it is probable
that such an extended search could produce a
document on the basis of which a reasonable
objection as regards lack of novelty or inventive
step could be established. Likewise, if a claim is
directed to a process for manufacturing an
“impedance element” but the description and
drawings, relate only to the manufacture of a
resistor element, and give no indication as to how
other types of impedance elements could be
manufactured by the process of the claimed
invention, extension of the search to embrace, say,
manufacture of capacitors, would not normally be
justified. However, if a meaningful search based on
a claim that is not supported by the description can
be carried out without much increase in effort, the
search should be extended to cover the claimed
明細書によって裏付けられている
15.22
範囲を超えて不当に広い、又は、推測的なク
レームについて、その調査のために特別な労
力を払う必要はない。例えば、国際出願が自
動電話交換機に関するものであり、かつそれ
について詳細に記述しているのに対し、ク
レームが自動通信交換センターを対象とし
ている場合、当該クレームの文言が広範であ
るという理由のみで自動電信交換機やデー
タ交換センター等にまで国際調査の対象を
広げるべきではない。ただし、調査対象を広
げることで、新規性又は進歩性の欠如に関す
る合理的な否定的見解の根拠となり得る文
献を入手できる見込みがある場合を除く。同
様に、クレームが「インピーダンス素子」の
製造方法を対象とする一方、明細書や図面に
は抵抗素子の製造に関する記載のみがあり、
当該クレームに係る発明の方法を用いてど
のように他の種類のインピーダンス素子を
製造するのかに関して何も示されていない
場合、コンデンサーの製造等などを含むよう
に調査を広げることは、通常、正当化されな
い。しかし、調査作業の負担をそれほど増や
すことなく、明細書により裏付けられていな
いクレームに基づき有意義な調査を行うこ
とができる場合において、クレームの範囲が
不当に広くないのであれば、当該調査は、明
細書により裏付けられていないクレームに
193
subject matter that is not supported by the 係る主題事項にまで対象を広げて行うべき
description if the scope of the claim is not unduly である。
wide.
Dependent Claims
従属クレーム
15.23 The international search carried out for
the independent claim(s) must also take into
consideration the subject matter of all dependent
claims. Dependent claims are interpreted as being
restricted by all features of the claim(s) upon
which they depend. Therefore, where the subject
matter of the independent claim is novel, that of
the dependent claims is also considered novel for
the purpose of international search. When the
novelty and inventive step of the independent
claim are apparent as a result of the international
search, there is no need to make a further search in
respect of the subject matter of the dependent
claims as such.
15.23
独立クレームについて国際調査を
行う際には、その全ての従属クレームに含ま
れる主題事項も考慮に入れなければならな
い。従属クレームは、それが従属するクレー
ムの全ての特徴により限定されると解する。
したがって、独立クレームの主題事項が新規
性を有する場合、従属クレームの当該事項も
国際調査において新規性を有するとみなさ
れる。独立クレームが新規性及び進歩性を有
することが、国際調査の結果から明らかな場
合、従属クレームの当該主題事項について追
加の調査を行う必要はない。
15.24 However, where the novelty or inventive
step of the main claim is questioned, it may be
necessary for assessing inventive step of a
dependent claim to establish whether the features
of the dependent claim as such are novel by
expanding the field of search. No special search
should be made for features that are so well known
that documentary evidence seems to be
unnecessary; however, if a handbook or other
document showing that a feature is generally
known can be found rapidly, it should be cited.
When the dependent claim adds a further feature
(rather than providing more detail of an element
figuring already in the main claim), the dependent
claim in effect constitutes a combination claim and
should be dealt with accordingly (see paragraph
15.27).
15.24
しかし、主クレームの新規性又は進
歩性に疑義がある場合、従属クレームの進歩
性を評価するために、調査する分野を広げ、
従属クレームの特徴自体が新規性を有する
かをどうかを明らかにすることが必要とな
ることがある。文献による証拠が必要ないと
認められる周知の特徴については、特に調査
する必要はないが、当該特徴が公知であるこ
とを示すハンドブック又は他の文献をすぐ
に見つけることができる場合には、それを引
用すべきである。従属クレームが、さらに特
徴(主クレームで既に現れている要素をより
詳細にするものを除く。)を追加するもので
ある場合、当該従属クレームは、実質的にコ
ンビネーション・クレームであり、そのよう
に扱うべきである(15.27項参照)。
Search of Particular Claim Types and Features
特定のクレームの形式及び特徴の調査
15.25 The words of a claim must be read as they
would be understood by a person skilled in the art
in accordance with the meaning and scope which
they normally have in the relevant art. See
paragraphs 5.20 through 5.28 for guidelines
regarding interpretation of particular claim types
and features.
15.25
クレームの文言は、関連技術分野に
おいて通常有する意味及び範囲に従って当
業者により理解されるものとして解釈され
なければならない。特定のクレームの形式及
び特徴の解釈に関する指針は、5.20~5.28項
を参照。
15.26 In two-part claims as defined by Rule 15.26 規則6.3(b)に定義される2つの部
6.3(b) (known as “Jepson claims” under the 分からなるクレーム(いくつかの機関の実務
194
practice of some Authorities), the claimed
invention includes the limitations of the preamble
in combination with the limitations in the
characterizing portion of the claim. In these cases,
the preamble is regarded as a limitation on the
scope of the claim (see paragraph 5.22). In certain
circumstances, it may be desirable to extend the
subject matter of the international search to include
the “technological background” of the claimed
invention. This would include:
において「ジェプソン型クレーム」として知
られる)の場合、クレームに係る発明は、前
段部分における限定と、それに続く、クレー
ム特徴部分における限定を含む。その場合、
前段部分はクレームの範囲に関する制限と
みなされる(5.22項参照)
。特定の場合には、
クレームに係る発明の「技術的背景」を含む
よう、国際調査の対象とする事項の範囲を広
げることが望ましい。このようなものとし
て、以下のものが含まれる。
(i) the preamble portion of the claim, that is, (ⅰ) クレームの前段部分、すなわち「~
the part preceding the expression “characterized を特徴とする」又は「~のように改良した」
という表現より前の部分
by” or “the improvement comprising”;
(ii) the state of the prior art as explained in (ⅱ) 国際出願の明細書の序文に説明さ
the introduction of the description of the れているが、具体的な引用文献が特定されて
international application but not identified by ない従来の技術水準
specific citations; and
(iii) the general technological background of (ⅲ) 発明の一般的な技術的背景(「一般
the invention (often called “general state of the 的な技術水準」と呼ばれることが多い。)
art”).
Combination of Elements
要素の結合
15.27 For claims characterized by a combination
of elements (for example, A, B and C), the
international search should be directed towards the
combination;
however,
when
searching
classification units (see chapter 7) for this purpose,
sub-combinations,
including
the
elements
individually (for example, AB, AC, BC and also A,
B and C separately), should be searched in those
units at the same time. A search in additional
classification units either for sub-combinations or
for individual elements of the combination should
only be performed if this is still necessary for
establishing the novelty of the element in order to
assess the inventive step of the combination.
15.27
複数の要素(例えばA、B、C)の
結合を特徴とするクレームの場合、国際調査
は当該結合を対象に行う。しかし、その目的
で分類単位(第7章参照)を調査する場合、
個々の要素も含めた部分結合(例えば、AB、
AC、BCとさらにA、B、Cそれぞれ)に
ついても、上記分類単位において同時に調査
すべきである。結合の進歩性を判断するため
に、当該要素の新規性を明らかにする必要性
が残っている場合に限り、当該結合の部分結
合又は各要素について他の分類単位を調査
を行う。
Different Categories of Claim
カテゴリーの異なるクレーム
15.28 When the international application
contains claims of different categories that comply
with the unity requirement (see chapter 10), all
these must be included in the international search.
When the international application contains only
claims of one category, it may be desirable to
include other categories in the search. A reference
describing a process of making a product but only
claiming the product itself might only be classified
in a subclass directed to the product and not be
国際出願が単一性の要件(第10章参
15.28
照)を満たす異なるカテゴリーのクレームを
含む場合、これら全てのクレームを国際調査
に含めなければならない。国際出願が単一の
カテゴリーのクレームのみを含む場合、当該
調査に他のカテゴリーを含めることが望ま
しい。生産物の製造方法が記載されているも
のの、クレームには当該生産物それのみが記
載されている文献は、当該生産物を対象とす
るサブクラスに分類され、当該製造方法を対
195
cross-referenced in a subclass directed to the
process. Accordingly, when searching for a
particular process of making a product it may be
necessary to search for the product in order to
discover the best prior art disclosing the process of
making the product. As such, for example, except
when the international application contains
indications to the contrary, one may generally
assume that in a claim directed to a chemical
process, the starting products form part of the state
of the art and need not be searched; the
intermediate products will only be searched when
they form the subject of one or more claims; but it
is highly recommended that the final products
always be searched, except when they are
evidently known, since the most relevant prior art
may only be classified in terms of the final
products.
象とするサブクラスにおいて相互参照され
ない場合がある。そのため、生産物を製造す
る特定の方法について調査を行う場合、生産
物を製造する当該方法を開示する最適な先
行技術を発見できるよう、当該生産物につい
ての調査が必要になることがある。したがっ
て、例えば、国際出願がそれと反対の記載を
含む場合を除き、一般に以下のことが想定さ
れる。化学工程がクレームに含まれる場合、
当該工程の出発物質は技術水準の一部を形
成しており調査をする必要はない。中間生成
物は、一又は複数のクレームの主題となる場
合に限り、調査をする。しかし、関連する先
行技術の多くが最終生成物の観点のみから
分類されている可能性があるため、当該最終
生成物が公知であることが明らかな場合を
除き、当該最終生成物は常に調査を行うこと
がきわめて望ましい。
Cases Where No Meaningful Search Is Possible
有意義な調査ができない場合
Article 17(2)(a); Rules 39, 43bis.1, 66.2(a)(v)
15.29 The examiner, in general, excludes from
the international search subject matter for which no
searches are to be carried out, or for which no
meaningful search can be made; this may result,
for example, from the fact that certain subject
matter may be excluded from the search under
Rule 39, or from exceptional situations where no
search at all is possible for a particular claim(s)
(see paragraph 15.11 and chapter 9). The examiner
indicates in either Box No. II of Form
PCT/ISA/210 (International Search Report) or
Form
PCT/ISA/203
(Declaration
of
Non-Establishment of International Search
Report), as appropriate, the reasons for which no
international search is established in respect of the
relevant claims. In Box No. III of Form
PCT/ISA/237 (Written Opinion of the International
Searching Authority; see paragraphs 17.09, 17.30
and 17.31), it will then usually be sufficient to
indicate that no international search report has
been established for the relevant claims as the
reason for not establishing an opinion on novelty,
inventive step and industrial applicability and refer
to the international search report or declaration for
further details.
17条(2)(a); 規則39, 43の2.1, 66.2(a)(ⅴ)
15.29
通常、審査官は、調査をすることを
要しない又は有意義な調査を行うことがで
きない主題事項を国際調査から除外する。こ
れは、例えば、特定の主題事項が規則39の規
定により調査対象から除外することができ
るものであること、あるいは特定のクレーム
について全く調査を行うことができない例
外的な状況に起因するものである(第15.11
及び第9章参照)。審査官は、必要に応じて、
様式PCT/ISA/210(国際調査報告)の第Ⅱ欄
又は様式PCT/ISA/203(国際調査報告を作成
しない旨の宣言)に、該当するクレームにつ
いて国際調査を行わなかった理由を示す。そ
して、様式PCT/ISA/237(国際調査機関の見
解書。17.09、17.30及び17.31項参照)の第
Ⅲ欄で、新規性、進歩性及び産業上の利用可
能性について見解を作成しない理由として、
該当するクレームについて国際調査報告が
作成されていないことを表示し、詳細につい
ては国際調査報告又は上記宣言を参照する
ようにすれば、通常は十分である。
Obvious Errors and Matter Contrary to Public 明らかな誤り及び公の秩序に反する事項
Order
Rules 9.1, 9.2, 91.1, 33.3(b);
196
規則9.1, 9.2, 91.1, 33.3(b);
Sections 501, 511(a)(v)
細則501, 511号(a)(ⅴ)
15.30 If the examiner notices any obvious error
in the international application, the International
Searching Authority may invite (optionally using
Form PCT/ISA/216, see paragraph 8.06) the
applicant to request the rectification of the error.
15.30
国際出願に明らかな誤りがあるこ
とに気づいた場合、国際調査機関は出願人に
対し、その誤りの訂正を請求するよう求める
ことができる(必要に応じて、様式
PCT/ISA/216を用いる。8.06項参照)
。
15.31 Similarly, if the International Searching
Authority notes matter contrary to public order
(“ordre public”) or morality or disparaging
statements which ought to be omitted from the
international application as published, it suggests
to the applicant, with Form PCT/ISA/218, that the
applicant voluntarily correct the international
application and notifies the receiving Office and
the International Bureau accordingly. Note that any
such correction must not introduce new matter (see
chapter 8). If the applicant does not make the
requested corrections within the indicated time
limit, the examiner proceeds with international
search and examination covering subject matter to
which the claims might reasonably be expected to
be directed after amendment. However, it should
be recognized that if the applicant does not make
the requested corrections, the International Bureau
may omit the noted matter from the publication of
the international application, in accordance with
Article 21(6).
15.31
同様に、国際調査機関が公の秩序又
は善良の風俗に反する事項、あるいは公開時
の国際出願から削除すべき誹謗の記載に気
づいた場合、様式PCT/ISA/218によって、国
際出願を自発的に訂正するよう出願人に示
唆するとともに、受理官庁及び国際事務局に
その旨を通知する。ただし、そのような訂正
は、新規事項を導入するものであってはなら
ない(第8章)。出願人が指定された期間内
に要求された訂正を行わない場合、審査官
は、補正後のクレームに含まれるであろうと
合理的に予測される主題事項について国際
調査及び審査を進める。出願人が要求された
訂正を行わない場合、第21条(6)の規定に
従って、国際事務局が、国際出願の公開から
当該事項を省略することができることに留
意しなければならない。
15.32 Any decision on a rectification under Rule
91.1 (Form PCT/ISA/217) or any correction aimed
at complying with Rule 9.1 must be transmitted to
the International Bureau; corrections aimed at
complying with Rule 9.1 must also be transmitted
to the receiving Office.
15.32
規則91.1(様式PCT/ISA/217)に基
づく訂正の決定、あるいは規則9.1の規定を
満たすことを目的とする補充は、国際事務局
に送付されなければならない。また、規則9.1
の規定を満たすことを目的とする訂正は、受
理官庁にも送付しなければならない。
Search Strategy
調査戦略
Preliminary Steps
予備段階
15.33 Documents cited in the international
application should be examined if they are cited as
the starting point of the invention, or as showing
the state of the art, or as alternative solutions to the
problem concerned, or when they are necessary for
a correct understanding of the application;
however, when such citations clearly relate only to
details not directly relevant to the claimed
invention, they may be disregarded. If the
international application cites a document that is
not published or otherwise not accessible to the
15.33
国際出願において引用されている
文献が、発明の出発点、技術水準を示すもの、
又は対象とする課題の他の解決手段として
引用されている場合、あるいはその文献が当
該出願を正しく理解する上で必要となる場
合、当該文献を検討すべきである。しかし、
そのような引用文献がクレームに係る発明
の細部のみに関連し、クレームに係る発明に
直接には関連しないことが明らかな場合に
は、当該引用文献は無視することができる。
国際出願が、公開されていない文献又は国際
197
International Searching Authority and the
document appears essential to a correct
understanding of the invention to the extent that a
meaningful international search would not be
possible without knowledge of the content of that
document, the International Searching Authority
may postpone the search and request the applicant
to provide first a copy of the document, if possible
to do so within the time limits for the preparation
of the international search report under the PCT. If
no copy of the document is received, the
International Searching Authority should first
attempt to carry out the international search and
then, if necessary, indicate that no meaningful
search could be carried out in total or that the
search needed to be restricted.
調査機関が入手することができない文献を
引用しており、当該文献の内容に関する知識
がなければ有意義な国際調査を行うことが
できない可能性があるほど、その文献が発明
を正しく理解する上で必要不可欠と認めら
れる場合、国際調査機関はPCTに基づく国際
調査報告の作成期間内にそうすることが可
能である場合に限り、調査を延期し、まず出
願人に対して当該文献の写しを提出するよ
う求めることができる。当該文献の写しを受
領しない場合、国際調査機関は、まず国際調
査を行うよう努力した上で、必要な場合に
は、有意義な調査を全く行うことができな
かった旨又は調査を限定する必要があった
旨を表示する。
Abstract and Title
要約及び発明の名称
Rules 37, 38
規則37, 38
15.34 The examiner then considers the abstract
(together with the title of the invention and the
figure of the drawings to be published with the
abstract) in relation to the requirements of the
Regulations under the PCT (see paragraph 16.33).
Since the abstract should relate to the international
application as filed, the examiner should consider
it and determine its definitive contents no later than
the completion of the international search report.
Under certain circumstances (see 15.36), the
examiner will have to establish the abstract and/or
title, and/or select the figure to accompany the
abstract for publication purposes. Such abstract is
established in the language in which the
international application is to be published or, if a
translation into another language was transmitted
under Rule 23.1(b) and the International Searching
Authority so wishes, in the language of that
translation.
15.34
その後、審査官は、PCTに基づく規
則の要件について、要約(発明の名称及び要
約とともに公表される図とともに)を検討す
る(16.33項参照)。要約は出願時の国際出願
に関すべきものであることから、審査官は国
際調査報告を完成するまでに、要約を検討
し、要約の最終的な内容を決定しなければな
らない。特定の状況において(15.39項参照)、
審査官は自ら要約や発明の名称を作成し、ま
た、要約とともに公表する図を選択すること
が必要となる場合がある。要約は、当該国際
出願の国際公開に用いられる言語、又は、規
則23.1(b)の規定に基づき他の言語による翻
訳文が送付されかつ国際調査機関が希望す
る場合には、当該翻訳文の言語で作成する。
Classification
分類
15.35 The examiner, after having considered the 15.35 審査官は、もしあれば要約を検討し
abstract, if any, then classifies the international た後、少なくとも国際特許分類(IPC)に従
application according to at least the International い国際出願に分類を付与する(第7章参照)。
Patent Classification (IPC) (see chapter 7).
Publication Prior to Search
国際調査前の国際公開
Rules 8.2, 37.2, 38.2(a)
規則8.2, 37.2, 38.2(a)
15.36 If publication of the international 15.36 国際出願の国際公開が、国際調査が
application is due before the international search 終了する前に行われることになる場合、審査
198
has been established, the examiner must, upon
request by the International Bureau, establish the
classification of the application before the search is
carried out; the examiner, at the same time,
examines the abstract (together with the title and
selected figure) for the purpose of publication. This
examination of the abstract does not go beyond
ensuring that it relates to the application concerned
and that no conflict exists with the title of the
invention or with the classification of the
application. If at that time no abstract, title or
figure selection has been provided by the applicant,
the examiner does so. No abstract or title need be
established where the International Searching
Authority received a notification from the
receiving Office to the effect that the applicant has
been invited to furnish an abstract and/or title.
Subject to the above, if the international search
report is published later than the date of
publication of the international application, the
abstract published with the application will be as
filed and the definitive abstract will be published
together with the international search report.
官は、国際事務局の請求により、調査を行う
前に当該出願の分類を決定しなければなら
ない。同時に、審査官は国際公開のために、
要約を(発明の名称及び選択される図ととも
に)検討する。この要約の検討は、要約が当
該出願に関係するものであるか、及び、発明
の名称又は出願の分類に問題がないかとい
う点を確認する程度に留める。その時点にお
いて、出願人が要約の作成、発明の名称の記
載又は図の選択を行っていない場合には、審
査官がその作業を行う。出願人に対し要約又
は発明の名称を提出することを求めた旨の
受理官庁からの通知を国際調査機関が受領
した場合には、要約又は発明の名称を作成す
る必要はない。上記に従うことを条件とし
て、国際調査報告が国際出願の国際公開日よ
り後に公開される場合、当該出願とともに公
開される要約は出願時のものとみなし、最終
的な要約が国際調査報告とともに公開され
る。
Search Statement
調査の記述
Article 17(2)(a)
17条(2)(a)
15.37 Having determined the subject of the
invention, as outlined in paragraphs 15.17 to 15.19,
it may be desirable for the examiner to prepare first
a written search statement, defining the subject of
his search as precisely as possible. In many
instances, one or more of the claims may
themselves serve this purpose, but they may have
to be generalized in order to cover all aspects and
embodiments of the invention. At this time, the
considerations relating to the exclusion from
international search (see chapter 9) and to lack of
unity of invention (see chapter 10) should be borne
in mind. The examiner may also have to restrict the
international search in exceptional situations
because no search at all is possible (see paragraphs
9.19, 9.26 to 9.30 and 9.40); but the examiner
should not do this if it can be avoided (see
paragraphs 9.17 and 9.19 to 9.25). Any restrictions
of the international search on these grounds should
be indicated in the international search report. If no
search is made, a declaration should be issued
under Article 17(2)(a).
15.37
15.17~15.19項に概要が示されて
いるように、発明の主題が決定されると、審
査官はまずサーチステートメントを作成し、
可能な限り正確に調査の対象を定義するこ
とが望ましい。多くの場合、1又は2以上の
クレーム自体がこの目的を果たすことにな
るが、発明のあらゆる観点及び実施例を対象
とするために、クレームを一般化することが
必要になる場合がある。このとき、国際調査
からの除外(第9章)及び発明の単一性の欠
如(第10章)について検討することに留意し
なければならない。審査官は、調査を行うこ
とが全くできないという理由により、例外的
に、国際調査を限定することが必要となる場
合もある(9.19、9.26~9.30及び9.40項参
照)。しかし、それを回避することができる
場合は、当該限定を行うべきでない(9.17及
び9.19~9.25項参照)。上記理由により国際
調査を限定する場合には、国際調査報告にそ
の旨を表示しなければならない。調査を全く
行わない場合には、第17条(2)(a)の規定に基
づき、その旨の宣言を作成する。
15.38
The claims should be construed and 15.38
199
クレームを解釈し、調査を行うとき
searched having particular regard to the various
types and forms of claims used, such as two-part
claims and product-by-process claims (see
paragraphs 15.27-15.29).
は、2パート・クレームやプロダクト・バイ・
プロセス・クレーム等(15.27~15.29項参
照)、用いられているクレームの種類や形式
に特に留意しなければならない。
Field of Search
調査する分野
Rule 34
規則34
15.39 The International Searching Authority
carrying out the international search endeavors to
discover as much of the relevant prior art as its
facilities permit, and, in any case, consults the
appropriate minimum documentation specified in
Rule 34, and considers relevant databases or other
search resources such as those listed in the Search
Guidance Intellectual Property Digital Library
(IPDL), which appears on the World Intellectual
Property Organization web site (www.wipo.int).
15.39
国際調査を行う国際調査機関は、そ
の設備で可能な限り多くの関連ある先行技
術を発見するよう努力し、いかなる場合にお
いても、規則34に規定される最小限資料を調
べ る と と も に 、 WIPO の ウ ェ ブ サ イ ト
(www.wipo.int)にあるサーチガイダンス
IPDLに列挙された関連あるデータベース又
は他の調査資料を検討すべきである。
Rule 43.6(b)
規則43.6(b)
15.40 Thus,
the
International
Searching
Authority in searching an international application,
in principle, consults all documents within the field
of search that exists in the search files or databases,
irrespective of their language or age, or of the type
of document. Nevertheless, the examiner should,
for reasons of economy, exercise appropriate
judgment, based on his knowledge of the
technology in question and of the documentation
involved, to omit segments of the search file or
databases in which the likelihood of finding any
documents relevant to the international search is
very small, for example, documents falling within
a period preceding the time when the area of
technology in question began to develop. Similarly
the examiner need only consult one member of a
patent family unless there is good reason to
suppose that, in a particular case, there are relevant
substantial differences in the content of different
members of the same family or because only
another member of a patent family was published
before the international filing date and must
therefore be cited in the first place.
15.40
従って、国際出願に関する調査を行
う国際調査機関は、原則として、文献の言語、
年代又は種類に関係なく、調査用資料又は
データベースに存在する調査分野の全ての
文献を調べることになる。しかしながら、審
査官は、経済的理由から、該当する技術分野
及び関連する資料に関する自身の知識に基
づいて、調査用資料又はデータベースのう
ち、当該国際調査に関連のある文献を発見す
る可能性が極めて低い部分(例えば、当該技
術分野の開発が始まるより前の時期の文献)
を除外する判断をすべきである。同様に、特
定の状況において、同じパテントファミリー
の各メンバーの内容に大きな違いがあると
考えるに十分な理由がある場合、あるいはパ
テントファミリーに属する一つのメンバー
のみが国際出願日より前に公開されている
ために、当該メンバーを最初に引用しなけれ
ばならない場合を除き、パテントファミリー
のうち一つのメンバーのみを調べればよい。
Rule 33.2(a) and (b)
規則33.2(a),(b)
15.41 The international search is carried out on
the basis of the search files or databases which
may contain material pertinent to the claimed
invention. It covers all directly relevant technical
fields within the PCT minimum documentation.
The search may then have to be extended to
15.41
国際調査は、クレームに係る発明に
関連する資料を含む可能性のある調査用資
料又はデータベースに基づき行う。PCT最小
限資料のうち、直接関連する全ての技術分野
を対象とする。その後、サーチガイダンス
IPDLに列挙されているような他 の資料や
200
include other listed resources or databases, such as
those listed in the Search Guidance IPDL, or to
analogous fields, but the need for this must be
judged by the examiner in each individual case,
taking into account the outcome of the search in
the initial fields. See paragraph 15.57.
データベース、又は類似分野に調査を広げる
ことが必要になる可能性もあるが、その必要
性については、審査官が個々の事案ごとに、
最初の分野における調査結果を考慮して判
断しなければならない。15.57項を参照。
15.42 The question of which of the listed
relevant search resources, including the databases
listed in the Search Guidance IPDL, are to be
consulted in a given area of technology must be
judged by the examiner in each individual case.
Classification places to be included in the
international search should be selected in all
directly relevant fields and, if necessary, in
analogous fields. The examiner should consider all
relevant search resources for the technology field
and determine those most appropriate for the
international application. Search resources listed in
the Search Guidance IPDL relevant to the technical
areas may provide a useful guide for relevance to
the application at hand. This includes, for example,
specialized search systems, abstracting journals,
and on-line databases. Where searches are made by
using the IPC, the selection of classification places
in analogous fields should be limited to:
15.42
所定の技術分野において、サーチガ
イダンスIPDLに列挙されたデータベースを
含む、列挙された関連調査資料のどれを調べ
るかという問題は、審査官が個々の事案ごと
に判断しなければならない。国際調査に含め
る分類の箇所については、直接関連する全て
の分野及び、必要であれば、類似の分野から
選択すべきである。審査官は、当該技術分野
におけるあらゆる調査資料を検討し、当該国
際出願に最も適切な調査資料を決定する。当
該技術分野に関するサーチガイダンスIPDL
に列挙された調査資料は、調査対象の出願に
関連する有益な指針を提供する場合がある。
当該調査資料には、特別の調査システム、抄
録誌及びオンライン・データベース等が含ま
れる。IPCを用いて調査を行う場合、類似の
分野の分類箇所の選択は、以下に限定され
る。
(i) higher subdivisions allowing searching by (ⅰ) 技術的観点からそれが正当な程度
abstraction (generalization) inasmuch as this is まで抽象化(一般化)した調査が許容される
上位の細展開項目
justified from a technical viewpoint, and
(ii) parallel subdivisions, bearing in mind the (ⅱ) 当該分野との関連性が低くなるこ
fact that the fields in question will become とに注意した上での、同レベルの細展開項目
increasingly unrelated.
15.43 Often various search strategies are
possible that are relevant to the subject matter of
the application. The examiner should exercise
judgment based on experience and knowledge of
the search resources, to select the search strategies
most appropriate to the case in hand, and establish
the order in which various strategies (that is,
classification places, databases, and other
resources) are to be consulted accordingly. This
process should give precedence to the main
technical field of the international application, and
to the search resources and strategies in which the
probability of finding relevant documents is
highest.
15.43
出願の主題事項に関連する調査戦
略として、様々な戦略をとることが可能であ
る場合が少なくない。審査官は、調査中の事
案に最も適切な調査戦略を選択し、それに応
じて様々な戦略(すなわち、分類箇所、デー
タベース、及び他の資料)を検討する順序を
定めることができるよう、調査資料に関する
経験及び知識に基づき判断する必要がある。
このプロセスでは、国際出願の主な技術分
野、ならびに関連のある文献を発見できる可
能性が最も高い調査資源及び調査戦略を優
先すべきである。
Analogous Fields
類似の分野
201
15.44 The field of search should, where 15.44 調査分野には、適切な場合、明細書
appropriate, include analogous fields to the extent 及び図面と整合する範囲で類似の分野を含
they are consistent with the description and める。
drawings.
Rule 33.2(c)
規則33.2(c)
15.45 The question of which arts are, in any
given case, to be regarded as analogous is
considered in the light of what appears to be the
necessary function or use of the claimed invention
and not only the specific functions expressly
indicated in the international application.
15.45
当該事案においていずれの技術を
類似の分野とすべきかの問題については、当
該国際出願に明示的に記載されている特定
の機能のみならず、クレームに係る発明の必
然的な機能又は用途であると思われるもの
に照らして考慮する。
15.46 In determining analogous fields into 15.46 調査を広げるべき類似の分野を判
which the search should be extended, it is useful to 断する場合に、以下を考慮することが有益で
ある。
give consideration to:
(i) fields in which the same or similar (ⅰ) 当業者が、同一又は類似の構造を異
structure would be expected by a person skilled in なる作業又は用途に用いることが予測され
る分野
the art to be employed in different work or use;
(ii) fields to which a generic concept of (ⅱ) クレームに記載された特徴の包括
的概念に関連する分野
claimed features pertains;
(iii) art within the field of the inventor’s (ⅲ) 発明者が努力している分野におけ
endeavor and reasonably pertinent to the particular る技術又は発明者が取り組んでいた特定の
問題と合理的に関係する技術
problem with which the inventor was involved;
(iv) fields relevant to the function or utility (ⅳ) クレームが対象とする主題事項に
inherent in the subject matter covered by the 固有の機能又は用途に関する分野。すなわ
claims, that is, the field to which the application is ち、当該主題事項の一般的分野に加え、出願
most likely to be applied would be searched in が適用される可能性の高い分野を調査する。
addition to the general field of the subject matter.
15.47 The decision to extend the international
search to fields not mentioned in the international
application must be left to the judgment of the
examiner, who should not try to imagine all the
kinds of applications of the claimed invention that
might have been envisioned by the inventor. The
overriding principle in determining the extension
of the search in analogous fields should be whether
it is possible that a reasonable objection that there
is a lack of inventive step could be established on
the basis of what is likely to be found by the search
in these fields.
15.47
国際調査を国際出願に記載されな
い分野にまで広げる決定については、審査官
の判断に委ねなければならない。審査官は、
クレームに係る発明について、発明者が思い
ついたであろうあらゆる種類の適用例を創
造しようとすべきではない。調査対象を類似
の分野に広げることを決定する際に最も重
要な原則は、当該分野における調査によって
発見される可能性のある文献に基づき、進歩
性の欠如の合理的な理由が成り立つ可能性
があるかどうかということである。
Conducting the Search
調査の実施
15.48 The examiner carries out the international
search, directing attention to any prior art likely to
have bearing on novelty or inventive step. In
addition, the examiner is encouraged to cite any
審査官は、新規性又は進歩性に関連
15.48
すると思われる先行技術に留意しながら、国
際調査を行う。さらに、審査官は、5.52及び
5.53項に記載の、クレームに記載された分野
202
prior art likely to be of assistance in determining
sufficiency of description through the whole of the
field claimed, per paragraphs 5.52 and 5.53 and the
requirement that the claimed invention be fully
supported by the description, per paragraphs 5.54
to 5.58. The examiner should also note any
documents that may be of importance for other
reasons, such as documents putting doubt upon the
validity of any priority claimed, contributing to a
better or more correct understanding of the claimed
invention, or illustrating the technological
background, but the examiner should not spend
time in searching for these documents, nor in the
consideration of such matters unless there is a
special reason for doing so in a particular case.
Documents which do not qualify as prior art
because they post-date the claimed invention may
nevertheless be cited to show a universal fact, such
as characteristics or properties of a material, or a
specific scientific fact, or to show the level of
ordinary skill in the art.
全体を通じての明細書の十分性、及び、5.54
~5.58項に記載の、クレームに係る発明が明
細書により十分に裏付けられているという
要件を判断する際に役立つと思われる先行
技術を引用するよう努力する。審査官は、主
張された優先権の有効性に疑義を提起する
文献、クレームに係る発明のより正確な理解
に資する文献、又はその技術の背景を説明す
る文献など、他の理由により重要である文献
にも留意する必要がある。しかし、審査官は、
特定の場合においてそうする特別な理由が
ない限り、これらの文献の調査や、そのよう
な問題の検討に、時間を費やすべきではな
い。上記にかかわらず、材料の特徴や特性、
又は明確な科学的事実といった普遍的事実
を示すため、あるいは、当該技術の一般的技
術水準を示すために、クレームに係る発明よ
り後の日付が付された先行技術とみなされ
ない文献も引用することができる。
15.49 The examiner should concentrate the
search efforts on the search resources and
strategies in which the probability of finding
highly relevant documents is greatest. Where the
examiner intends to cite any prior art likely to be of
assistance in determining sufficiency of
description, then while conducting a search in a
relevant area, the examiner should identify all
documents, regardless of publication dates, which
are highly relevant to the determination of novelty,
inventive step, adequacy of support, and industrial
applicability of the claimed invention. The
examiner should always take account of the search
results already obtained in considering whether to
extend the search (that is, consult additional
databases, broaden a search query, or include
additional classification places).
15.49
審査官は、関連のある文献を発見す
る可能性が極めて高い調査資料及び調査戦
略に、調査労力を集中すべきである。審査官
が、明細書の十分性を判断する際に役立つと
思われる先行技術を引用する目的で、関連分
野において調査を行う場合、公表日に関わら
ず、クレームに係る発明の新規性、進歩性、
裏付けの妥当性、及び産業上の利用可能性を
判断する上で非常に関連性の高い全ての文
献を特定する。審査官は、当該調査を広げる
かどうか(すなわち、追加のデータベースの
調査、検索式の拡大、又は分類箇所の追加)
を検討する上で、すでに得られた調査結果を
常に考慮する。
15.50 The examiner typically conducts a search
of the patent literature first. In certain art areas,
such as those identified in the Search Guidance
IPDL (see paragraph 15.39), a search of the
non-patent literature may be necessary. However,
regardless of the art being searched, if little or no
relevant patent prior art is located, the examiner
should consider broadening the resources searched
to include databases containing non-patent
literature.
15.50
審査官は、通常、最初に特許文献の
調査を行う。サーチガイダンスIPDLに列挙さ
れる分野など特定の技術分野については、非
特許文献の調査が必要になる場合がある。し
かし、調査対象の技術に関係なく、関連がほ
とんど又は全くない先行特許技術しか発見
されない場合、審査官は非特許文献を含む
データベースを盛り込むように調査する資
料を広げることを検討する必要がある。
203
15.51 Note that no special search should be
made for features that are instantly and
unquestionably demonstratable as being well
known such that documentary evidence seems
unnecessary. Preferably, however, a handbook or
other document showing that a feature is generally
known should be cited if practicable.
証拠書類が必要でないと思われる
15.51
ような、公知のものであることが直ちにかつ
確実に立証することができる特徴について
は、特に調査を行う必要はない点に留意す
る。しかし、可能であれば、当該特徴が周知
であることを示す教本又は他の文献を引用
することが望ましい。
Security of Searching Using the Internet
インターネットを使用した調査の安全性
15.52 When conducting a search on an
international application, it may be necessary to
make use of the Internet as a search tool.
According to Rule 42.1, the international
application must be searched within three months
of receipt of the search copy by the International
Searching Authority (or nine months after the
priority date, if this expires later), and the receiving
Office must usually forward the search copy to the
International Searching Authority within one
month of the international filing date (Rule
23.1(a)). This means that where the full priority
year is claimed, the search will usually have to be
performed at the very latest, within 16 months of
the priority and consequently before international
publication according to Article 21(2)(a). Where
the international application has not yet been
published at the time of the search, there exists the
danger that search terms used in the search on
nonsecure Internet search engines or in databases
available on the Internet may be observed by third
parties. This may reveal details of the application
before it is published, which is clearly undesirable.
It should be stressed that it is common practice for
Internet sites to keep records of queries, which
result in their retrieval. This is particularly
dangerous to the applicant, where the web site
retrieved belongs to a competitor.
国際出願に関する調査を行う際、調
15.52
査ツールとしてインターネットの使用が必
要になる場合がある。規則42.1の規定に基づ
き、国際出願は国際調査機関が調査用写しの
受領から3か月(又は優先日から9か月のう
ち、いずれか遅く満了する期間)以内に調査
を行い、受理官庁は通常、国際出願日から1
か月以内に調査用写しを国際調査機関に送
付しなければならない(規則23.1(a))。つま
り、優先期間を丸1年主張している場合、第
21条(2)(a)の規定に従い、調査は通常、遅く
とも優先日から16か月以内、したがって国際
公開前に行わなければならない。調査時に国
際出願が公開されていない場合、保護されて
いないインターネットのサーチエンジン上
での調査で、又はインターネット上で利用可
能なデータベースで用いる検索語が第三者
により監視される危険性がある。これによ
り、出願が公開される前にその詳細が明らか
になる可能性があり、これは明らかに好まし
くない。インターネットサイトが検索の記録
をとることは慣行であり、結果的に検索の復
元につながることを重視すべきである。検索
するウェブサイトが競争相手のものである
場合、これは特に出願人にとって危険であ
る。
15.53 All web sites must be treated as
non-secure unless the Authority has a commercial
arrangement with a service provider in order to
maintain confidentiality and a secure connection to
that web site is used.
15.53
機密性が保たれ、当該ウェブサイト
への接続が保護された接続を通じて行われ
るよう、当該機関がサービスプロバイダーと
商用の取決めを交わしていない限り、全ての
ウェブサイトは保護されていないものとし
て取り扱わなければならない
15.54 Consequently, extreme caution must be
exercised when using the Internet as a search tool
where (as in most cases) the international
application has not yet been published. Where a
relevant database is accessible via the Internet, but
15.54
したがって、(ほとんどの場合のよ
うに)国際出願が公開されていない場合、イ
ンターネットを調査ツールとして用いると
きは細心の注意を払う必要となる。インター
ネットを介して関連するデータベースにア
204
an alternative secure connection to the same
database is accessible by the International
Searching Authority, the secure connection must be
used.
クセスが可能であるが、国際調査機関が別の
保護された接続を通じて同じデータベース
にアクセスが可能である場合には、当該保護
された接続を利用しなければならない。
15.55 Where no secure connection to a database
on the Internet is available to the International
Searching Authority, the search may be conducted
on the Internet using generalized search terms
representing combinations of features that relate to
the claimed invention, which have already been
shown to exist in the state of the art.
15.55
国際調査機関は、インターネット上
のデータベースへの保護された接続が利用
できない場合、出願時の技術状況において存
在することがすでに示されている、クレーム
に係る発明に関連する特徴の組み合わせを
表す一般化された検索語を使うことで、調査
を行うことができる。
No Documents Found
文献が発見できない場合
15.56 If no documents of a more relevant nature
for assessing novelty and inventive step are
available, the examiner should consider citing the
documents most relevant to the “technological
background” of the invention which have been
noted during the international search. Generally
speaking, no special search effort should be
undertaken for this purpose. However, the
examiner may exercise discretion here in special
cases. In exceptional cases, an international search
may be completed without any relevant document
having been found.
15.56
新規性及び進歩性を評価する上で
より関連のある性質を有する文献が得られ
ない場合、審査官は、国際調査において発見
した、発明の「技術的背景」に最も関連する
文献を引用することを検討する。一般に、そ
の目的のために、特別な調査努力を払う必要
はない。しかし、特別な場合、審査官は慎重
な姿勢をとることができる。例外的な場合、
関連する文献を全く発見することなく、国際
調査を終了することがある。
Stopping Search
調査の終了
15.57 Reasons of economy dictate that the
examiner use appropriate judgment to end the
search when the probability of discovering further
relevant prior art becomes very low in relation to
the effort needed. The international search may
also be stopped when one or more documents have
been found clearly demonstrating lack of novelty
in the entire subject matter to which the claims are
directed or to which they might reasonably be
expected to be directed, apart from features the
application of which would not involve an
inventive step and which are instantly and
unquestionably demonstrable as being well known
in the field under consideration such that
documentary evidence seems to be unnecessary.
Accordingly, the examiner should not stop the
search if lack of novelty is demonstrated for only a
limited number of claimed embodiments, even
though this would lead to an objection of lack of
novelty in the written opinion. The examiner may
continue searching if there are any outstanding
15.57
必要とされる努力に対してより関
連する先行技術を発見できる可能性が極め
て低くなった場合には、経済的理由により、
審査官は調査を終了することを適切に判断
することが求められる。進歩性を有さず、証
拠書類が必要でないと思われるような、公知
のものであることが直ちにかつ確実に立証
することができる出願の特徴は別として、ク
レームが対象とする、又は対象とすることが
合理的に予測される主題事項全体の新規性
の欠如を明らかに示す一つ又は複数の文献
が発見された場合にも、国際調査を終了する
ことができる。したがって、クレームに係る
実施態様のうち一部のものだけに新規性の
欠如が示される場合、たとえそれが見解書に
おいて新規性の欠如の見解をもたらすとし
ても、審査官は調査を終了すべきではない。
当業者がクレームに記載された分野全体に
おいて当該発明を作り、使用することができ
るようにクレームに係る発明が明りょうに
完全に記述されていなければならないとい
205
issues regarding the requirement for a clear and
complete description of the claimed invention so as
to enable a person skilled in the art to make and
use the invention through the whole of the field
claimed, the requirement that the claimed
invention be fully supported by the description, or
the requirement of industrial applicability and
these issues could be clarified by additional prior
art. See paragraph 15.48. Where the document is
an Internet disclosure and doubts exist with regard
to its publication date (such that it is not clear if it
was published before the relevant date according to
Rule 64.1), the examiner should continue the
search as though that Internet disclosure had not
been retrieved.
う要件、クレームに係る発明が明細書により
十分に裏付けられなければならないという
要件、又は産業上の利用可能性の要件に関し
て未解決の問題があり、これらの問題が追加
の先行技術により明確にすることができる
場合には、審査官は調査を継続できる。15.48
項を参照。文献がインターネット上で公開さ
れており、その公開日について疑義がある場
合(規則64.1の規定に基づく基準日より前に
公開されたものか明らかでない場合等)、審
査官は、当該インターネット上の公開が検索
されなかったものとして、調査を継続すべき
である。
Recording the Search
調査の記録
Rule 43.6(b) to (c)
15.58 In recording the search history of the
International Search, the examiner, lists the
classification identification of the fields searched.
If the IPC is not used for this purpose, the
classification used is indicated. See paragraph
16.49. Depending on the policy of an International
Searching Authority, the examiner may find it
useful to record the search history in sufficient
detail to allow examiners of national stage
applications to fully interpret and rely upon the
international search. This includes recording the
details of any patent and non-patent literature
searches as well as searches conducted on the
Internet, including the key words and query
operators, expressed as complete search queries to
the extent practical, logic employed as the basis of
a text search which resulted in the discovery of
prior art, or the amino acid or nucleic acid
sequence employed as the basis of a sequence
search and the sequence alignment corresponding
to prior art cited in the international search report
that was obtained from the sequence search, or the
chemical structure employed as the basis of a
chemical structure search or details of other
non-classification or non-text searches performed.
See paragraphs 16.49 through 16.56 for additional
guidance on recordation of the search history. The
recorded search history should also include any
query used in any of the foregoing searches.
Provision of the actual search query from these
search histories is generally easily accomplished
by direct printing of the search query from the
206
規則43.6(b)~(c)
15.58
国際調査の調査履歴を記録する際、
審査官は調査を行った分野の分類の記号を
表示する。この表示のためにIPCが使用され
ない場合、その使用する分類を表示する。第
16.49項を参照。国際調査機関の方針に基づ
き、審査官は、国内段階の出願を審査する審
査官が国際調査を完全に解釈し、これを信頼
することが可能なように、調査履歴を十分に
詳細に記録することが有益であることに気
づくだろう。これには、全ての特許及び非特
許 文 献 の調 査 並び に イン タ ー ネッ ト 上で
行った調査の詳細記録が含まれる。例とし
て、実用的な範囲において完全な検索式とし
て表されるキーワード及び検索演算子、先行
技術の発見に至ったテキストサーチの基礎
として用いた論理、配列サーチの基礎として
用いたアミノ酸又は核酸配列、及び配列サー
チから得られ国際調査報告に引用された先
行技術に対応する配列構造、化学構造サーチ
の基礎として用いた化学構造、又は、分類に
よる調査やテキストサーチ以外で実施した
調査の詳細等が挙げられる。調査履歴の記録
に関する追加の手引きについては、16.49~
16.56項を参照。記録された調査履歴には、
前述の様々な調査に用いた検索式も含める
べきである。これらの調査履歴から実際の検
索式を提供することは、所定の電子サーチリ
ソースから検索式を作り、実行する際に使用
する自動システムから検索式を直接印刷す
ることにより、一般に容易に達成できる。電
子データベースを使用する場合、当該データ
ベースの名称を記載する。実際に用いた検索
式は、国際調査機関の方針に基づき、実用的
automated system used to construct and perform
the search query from a given electronic search
resource. Where an electronic database is used, the
name of the database should be provided; the
actual search queries used may also be useful
information that, depending on the policy of the
International Searching Authority, may be provided
and made available to examiners of national stage
applications if practical. Examiners are also
encouraged to record the search history to include
the details of searches used to determine
compliance with the requirements of novelty,
inventive step, industrial applicability, support,
sufficiency, or other appropriate requirements.
However, unless required at the option of the
International Searching Authority, there is no
requirement to include all details of patent and
non-patent literature searches that were performed
during the search process.
であれば、国内段階の出願を審査する審査官
に提供され利用可能にされる有益な情報に
もなり得る。審査官は、調査履歴の記録に新
規性、進歩性、産業上の利用可能性、裏付け、
十分性、又はその他の適切な要件が満たされ
ているかを判断するために用いた調査の詳
細を含めることが求められる。しかし、国際
調査機関の選択によりそれが要求されない
限り、調査の過程で行った特許及び非特許文
献の調査の全ての詳細を含める必要はない。
Evaluating the Prior Art
先行技術の評価
15.59 The examiner makes a determination of
whether the claimed invention meets the standards
for novelty and inventive step as set out in chapters
12 and 13. Matters of Doubt
15.59
審査官は、クレームに係る発明が、
第12章及び第13章に詳述される新規性及び
進歩性の基準を満たしているかどうかを判
断する。
Regarding Relevant Prior Art
関連のある先行技術に関する疑義
15.60 Since the final decision with respect to
novelty is not the responsibility of the International
Searching Authority but of the designated Offices,
the International Searching Authorities should not
discard documents merely because of doubt as
regards, for example, the exact date of publication
or public availability, or the exact contents of an
oral disclosure, exhibition, etc., to which such
documents may refer. The International Searching
Authority should try to remove any doubt that may
exist and should cite the documents concerned in
the international search report unless the date of
publication or of public availability of the
document concerned is clearly the same as, or later
than, the filing date of the international application.
Additional documents providing evidence in
matters of doubt may be cited. Where the date of
the reference is not clearly established, the
examiner should cite the document as a category
“L” document (see paragraph 16.69) and indicate
in the search report that the exact date of
publication has not been established.
15.60
新規性に関する最終的な判断は、国
際調査機関の責任ではなく、各指定官庁の責
任であるため、国際調査機関は、例えば文献
が公表又は公衆に利用可能となった正確な
日付、又は文献に記載された口頭による開示
及び展示等の内容について疑義があるとい
う理由のみで、当該文献を放棄すべきではな
い。国際調査機関は、存在する可能性のある
あらゆる疑義を晴らすよう努力すべきであ
り、当該文献が公表又は公衆に利用可能と
なった正確な日付が、明らかに国際出願日と
同じ日又はその後の場合を除き、国際調査報
告において当該文献を引用すべきである。疑
義に関する証拠を提供する追加の文献を引
用することができる。引用文献の日付が明確
に定まっていない場合、審査官は当該文献を
カテゴリー「L」の文献として引用し、公表
の正確な日付が定まっていない旨を国際調
査報告に記す。
207
15.61 Any indication in a document of the date
of its publication should be accepted by the
International Searching Authority as correct unless
evidence to the contrary shows a different
publication date. If the indicated date of
publication is insufficiently precise (for example,
because a year or year and month only are given)
to establish whether publication was before the
filing date of the international application, the
International Searching Authority should endeavor
to establish the exact date with sufficient precision
for that purpose. A date of receipt stamped on the
document, or a reference in another document,
which must then be cited, may be of assistance in
this respect.
15.61
文献にその公表日に関する表示が
ある場合、それとは別の証拠が異なる公表日
を示している場合を除き、国際調査機関はそ
れを正しいものとして認める。公表が国際出
願日より前か否かを定める上で、表示された
公表日が十分に正確ではない場合(例えば、
年又は年月しか記載されていないため)、国
際調査機関は目的に即した十分に正確な日
付を定めるよう努めるべきである。当該文献
に押印された受領日、又は他の文献での参照
は、この点で役立つ場合がある。
Excluded Subject Matter
除外される主題事項
15.62 Special attention should be paid to the
evaluation of prior art documents when assessing
subject matter which may be excluded from the
international search. If, in the Office acting as
International Searching Authority, such subject
matter is considered matter excluded under Article
17(2)(a)(i), the category symbol (see paragraphs
16.59 to 16.69) is assigned based on the subject
matter which might reasonably be expected to be
claimed by amendment. Where other claims
appearing in the international application are
directed to non-excluded subject matter, the
assessment of subject matter which might
reasonably be expected to be claimed by
amendment should be made taking into account the
subject matter of the non-excluded claims. If, on
the other hand, in the Office acting as International
Searching Authority, such subject matter is
non-excluded, the category symbol is assigned
based on the claims appearing in the international
application.
15.62
国際調査から除外される可能性の
ある主題事項を評価する場合、先行技術文献
の評価については、特に注意を払う必要があ
る。国際調査機関として行動する官庁におい
て、当該主題事項が第17条(2)(a)(ⅰ)の規定
により除外される事項であると判断された
場合、補正によりクレームに記載されると合
理的に予測される主題事項に基づき、カテゴ
リー記号(16.59~16.69項参照)を付す。国
際出願の他のクレームが除外されない主題
事項を対象とする場合、補正によりクレーム
に記載されると合理的に予測される主題事
項の評価は、当該除外されないクレームの主
題事項を考慮して行う。一方、国際調査機関
として行動する官庁において当該主題事項
が除外されないとされる場合には、国際出願
のクレームに基づきカテゴリー記号が付さ
れる。
Selection of Citations and Identifying Most 引用文献の選択及び最も関連する部分の特
定
Relevant Portions
Rule 43.5(c); Section 505
規則43.5(c); 細則第505号
15.63 After completion of the international
search, the examiner should select, from the
documents retrieved, the ones to be cited in the
international search report. These should always
include the most relevant documents, which will be
specially characterized in the report. Less relevant
15.63
国際調査の終了後、審査官は、検索
した文献の中から、国際調査報告に引用する
文献を選択する。それら文献には、最も関連
のある文献を必ず含め、国際調査報告におい
て特別に表記する。それより関連の少ない文
献は、引用するためにすでに選択した文献に
208
documents should only be cited when they concern
aspects or details of the claimed invention not
found in the documents already selected for
citation. In cases of doubt or borderline cases in
relation to novelty or inventive step, the examiner
should readily make citations in order to give the
applicant, the designated Offices and the
International Preliminary Examining Authority the
opportunity to consider the matter more fully.
開示されていないクレームに係る発明の側
面や詳細に関する場合にのみ、引用すべきで
ある。新規性又は進歩性に関して疑義がある
場合、又はどちらとも決めにくい場合には、
審査官は、出願人、指定官庁及び国際予備審
査機関に対してその問題を十分に検討する
機会を与えるために、ためらうことなく文献
を引用する。
15.63.1 If the International Bureau transmits a
third party observation to the International
Searching Authority in time to be taken into
account in drawing up the international search
report, any prior art referred to in the observation
should also be considered for inclusion as if it had
been found by the examiner as part of the search,
provided that either a copy of the prior art is
included or it is otherwise immediately available to
the examiner. The examiner need only refer to the
prior art listed in the observation if it is considered
relevant for inclusion in the international search
report.
15.63.1 国際調査報告の作成における検討
に間に合うように国際事務局が第三者情報
提供を国際調査機関に送信した場合に、先行
技術の写しが情報提供に含まれている、又
は、先行技術が審査官にとって直ちに入手で
きるものであるならば、情報提供において引
用されたいかなる先行技術もそれが調査の
一部として審査官に発見されたものである
かのように考慮されるべきである。審査官
は、先行技術を国際調査報告に含めることが
適切であると考えた場合にのみ、情報提供に
おいて記載されている先行技術を引用する
必要がある。
Rule 43.5(c) to (e); Section 507(g)
規則43.5(c)~(e); 細則507号(g)
15.64 To avoid increasing costs unnecessarily,
the examiner should not cite more documents than
is necessary, and therefore when there are several
documents of equal relevance, the international
search report should not normally cite more than
one of them. When more than one member of the
same patent family is present in a search file, the
examiner, in selecting from these documents for
citation, should pay regard to language
convenience, and preferably cite (or at least note)
documents in the language of the international
application. Also, due regard should be paid to the
possible need of the designated Offices to translate
cited documents. Therefore, the examiner should,
whenever possible, identify precisely the part or
passage of a cited document which is relevant by,
for example, indicating also the page and
paragraph or lines where the relevant passage
appears.
15.64
不必要に費用が増えることを避け
るために、審査官は必要以上に文献を引用す
べきではない。したがって、同等の関連のあ
る文献が複数存在する場合、国際調査報告に
は通常、それら文献のうち一つを引用する。
調査用資料に同じパテントファミリーのメ
ンバーが複数存在する場合、審査官は、これ
らの文献からどれを引用するか選択する際
に、言語上の利便性を考慮し、国際出願の言
語による文献を引用(又は、少なくとも注記)
することが望ましい。また、指定官庁が引用
文献の翻訳文を必要とする可能性について
も十分考慮すべきである。したがって、審査
官は、可能な限り常に、例えば関連する箇所
が出てくるページ、段落や行を表記すること
で、引用文献の関連する箇所を正確に特定す
る。
15.65 As a general rule, the examiner will select
for citation only documents which are present in
the search files of the International Searching
Authority or to which access is readily available in
some other manner; in that way no doubt will exist
about the contents of the documents cited, since
15.65
一般に、審査官は、国際調査機関の
調査用資料に存在している文献、又は他の方
法により容易に利用することができる文献
のみを引用文献として選択する。これによ
り、通常、各引用文献は審査官が調べたもの
となるので、当該引用文献の内容に疑義が生
209
the examiner will generally have consulted each じない。
document cited.
Section 507(g) and (h)
細則507号(g),(h)
15.66 However, under certain circumstances a
document whose contents have not been verified
may be cited, provided there is justification for the
assumption that there is identity of contents with
another document which the examiner has
inspected and cited. Both documents should then
be mentioned in the international search report. For
example, instead of the document published before
the international filing date in an inconvenient
language and selected for citation, the examiner
may have inspected a corresponding document (for
example, another member of the same patent
family, or a translation of an article) in a more
convenient language and possibly published after
the international filing date (see also paragraph
15.66). Also the examiner may assume that, in the
absence of explicit indications to the contrary, the
contents of an abstract of a document are contained
in that original document. Also the examiner
should assume that the contents of a report of an
oral disclosure are in agreement with that
disclosure.
15.66
しかし、ある状況下において、その
内容が確認されていない文献が引用される
場合がある。ただし、審査官が調べ、引用し
ている別の文献と同一の内容であると考え
る根拠があることを条件とする。その場合、
両方の文献を国際調査報告に記載する。例え
ば、国際出願日より前に精通していない言語
で公開され、引用文献として選択する文献の
代わりに、審査官は、国際出願日の後に公開
された、より精通した言語による対応文献
(例えば、同じパテントファミリーの他のメ
ンバーや論文の翻訳文)を調べることが可能
である(15.64項も参照)
。また、審査官は、
明らかに異なる記載がない限り、文献の要約
の内容が元の文献に含まれていると考える
ことができる。同様に、審査官は、口頭によ
る開示に関する報告内容は、当該開示内容と
一致すると考える。
15.67 Before citing documents in a language
with which the examiner is not familiar, the
examiner should be satisfied that the document is
relevant (for example, through translation by a
colleague, through a corresponding document or
abstract in a familiar language, through a drawing,
or chemical formula in the document).
15.67
審査官が精通していない言語によ
る文献を引用する前に、審査官は当該文献が
関連のあることを確信している必要がある
(例えば、同僚による翻訳を通じて、精通し
た言語による対応文献又は要約を通じて、当
該文献の図面又は化学式を通じて)
。
Procedure After Searching
調査後の手続
Preparation of the International Search Report
国際調査報告の作成
15.68 Finally, the examiner should prepare the 15.68 最後に、審査官は国際調査報告及び
international search report and the written opinion 見解書を作成する(第16章及び第17章参照)。
(see chapters 16 and 17).
Amended International Search Reports
国際調査報告の修正
15.69 It may happen occasionally that, after
completion of an international search report, the
International Searching Authority discovers further
relevant documents (for example, in a later search
for a related application). These should be added to
the international search report up to the time of
15.69
国際調査報告の作成後に、国際調査
機関はより関連のある文献を発見すること
があり得る(例えば、その後に、関連する出
願について行った調査において)。そのよう
な文献は、国際事務局による国際調査報告の
公開の技術的な準備が完了するまでに、当該
210
completion of the technical preparations for its
publication by the International Bureau. An
amended international search report should be sent
to the applicant and to the International Bureau
promptly. Thereafter, if within two years from the
priority date of the international application the
International Searching Authority should become
aware of any particularly relevant document, it
should amend the international search report and
mark the report clearly as “amended.” The
International Searching Authority should then send
a copy of the amended report to the applicant and
another copy to the International Bureau for
subsequent communication to the designated
Offices and the International Preliminary
Examining Authority.
国際調査報告に加えなければならない。修正
した国際調査報告は、出願人及び国際事務局
にすみやかに送付する。それより後に、国際
出願の優先日から2年以内に国際調査機関
が関連する文献を発見した場合、国際調査報
告を修正し、当該報告に「修正された」と明
記する。その後、国際調査機関は、修正した
国際調査報告の写しを出願人に送付し、ま
た、各指定官庁及び国際予備審査機関への後
の連絡のために、当該報告の写しを国際事務
局にも送付する。
Receipt of Misdirected Article 19 Amendments
誤って提出された第19条の補正書の受領
Article 19
19条
15.70 Where the International Searching
Authority, after transmittal of the international
search report, receives from the applicant by
mistake amendments to the claims under Article
19, it should transmit them promptly to the
International Bureau, with which they should have
been filed, and inform the applicant accordingly.
15.70
国際調査機関は、国際調査報告の送
付後、出願人が誤って提出した第19条の規定
に基づくクレームの補正書を受領した場合
には、当該補正書を本来の提出先である国際
事務局にすみやかに送付し、その旨を出願人
に通知しなければならない。
211
Chapter 16
International Search Report
第16章
国際調査報告
General
総則
16.01 The results of the international search are
recorded in the international search report (Form
PCT/ISA/210), which is transmitted with Form
PCT/ISA/220 to the applicant and with Form
PCT/ISA/219 to the International Bureau, together
with the written opinion of the International
Searching Authority, which must be established at
the same time. The search report is published by
the International Bureau and serves as a basis for
the written opinion of the International Searching
Authority, any international preliminary report on
patentability (Chapter I of the Patent Cooperation
Treaty), and any examination of the international
application by the designated Offices or by the
International Preliminary Examining Authority.
16.01
国際調査の結果は、国際調査報告
(様式PCT/ISA/210)に記録され、当該国際
調査報告は、様式PCT/ISA/220により出願人
に、様式PCT/ISA/219により国際事務局に、
それぞれ国際調査機関の見解書(当該見解書
は国際調査報告と同時に作成されなければ
ならない。)とともに送付される。国際調査
報告は国際事務局により公開され、国際調査
機関の見解書、特許性に関する国際予備報告
(特許協力条約第一章)、及び、指定官庁や
国際予備審査機関による国際出願の全ての
審査の基礎となる。
16.02 The examiner is responsible for seeing 16.02 審査官は、国際調査報告を最終的に
that the international search report is drawn up in タイプ印字又は印刷することができるよう
such a way that it can subsequently be typed or に作成することに配慮しなければならない。
printed in final form.
Time Limit for Establishing the International 国際調査報告の作成期間
Search Report
Articles 17(2), 18(1); Rule 42.1
17条(2), 18条(1); 規則42.1
16.03 The international search must be carried
out in time to allow the final establishment of the
international search report or of a declaration under
Article 17(2) (see paragraph 9.40) before the
expiration of three months from the receipt of the
search copy by the International Searching
Authority, which is notified to the applicant on
Form PCT/ISA/202, or nine months from the
priority date, whichever time limit expires later. If,
in case of lack of unity of invention or of an
invitation to file a sequence listing, the time limit
cannot be met, the international search report is
established promptly after the receipt of additional
search fees or after the expiration of the time limit
for payment of such fees, if no such payment is
made, or after the receipt of the sequence listing.
16.03
様式PCT/ISA/202により出願人に通
知される国際調査機関による調査用写しの
受領から3か月後又は優先日から9か月後
のいずれか遅く満了するまでに、国際調査報
告又は第17条(2)の規定に基づく宣言(9.40
項参照)を最終的に作成することができるよ
うに、国際調査を行わなければならない。発
明の単一性が欠如しているため、又は配列リ
ストの提出を求めたために、上記期間を守る
ことができない場合には、追加調査手数料の
受領後又は当該手数料が支払われない場合
には当該手数料の支払い期間の満了後、もし
くは当該配列リストの受領後、すみやかに国
際調査報告を作成する。
Completing the International Search Report
国際調査報告の完成
Sections 110, 504, 503, 508; AI Annex B
16.04
The
following
paragraphs
contain 16.04
212
細則110, 504, 503, 508号; 細則附属書B
以下の項目は、審査官が国際調査報
information which is necessary to enable the 告の様式を正しく完成させる上で必要な情
examiner to complete the Form correctly. Further 報に関するものである。詳細な情報は、以下
information is contained in the following Sections の実施細則に記載されている。
of the Administrative Instructions:
(ⅰ) 出願日の表示について。実施細則第
110号
(ii) for the classification of the international (ⅱ) 国際出願の分類について。実施細則
第504号
applications: Section 504;
(i)
for the indication of dates: Section 110;
(iii) for the identification
documents: Section 503;
of
the
cited
(ⅲ) 引用される文献の特定について。実
施細則第503号
(iv) for the indication of special categories of (ⅳ) 文献の特別なカテゴリーの表示に
ついて。実施細則第505号及び第507号
documents: Sections 505 and 507;
(v) for the indication of the claims to which (ⅴ) 引用される文献が関連するクレー
ムの表示について。実施細則第508号
cited documents are relevant: Section 508;
(vi) for the consideration of unity of invention: (ⅵ) 発見の単一性の検討について。実施
細則附属書B
Annex B to the Administrative Instructions.
Matter Not Required by the Form
様式が求める以外の事項
Rule 43.9
規則43.9
16.05 The international search report must
contain no matter other than as required by the
Form; in particular, it must contain no expressions
of opinion, reasoning, arguments or explanations.
16.05
国際調査報告には、当該様式が求め
る以外のいかなる事項も記載してはならな
い。特に、見解の表明、理由、論証又は説明
を記載してはならない。
Different Types of International Search Reports
国際調査報告の種類
Articles 15(5), 16(1)
15条(5), 16条(1)
16.06 The International Searching Authority 16.06 国際調査機関が作成する調査報告
may draw up the following types of search reports: には、以下の種類がある。
(i)
international search report;
(ii) international-type
paragraph 2.20).
search
report
(see
(ⅰ)
国際調査報告
(ⅱ)
国際型調査報告(2.20項参照)
Form and Language of the International Search 国際調査報告の様式及び言語
Report
International Search Report Form
国際調査報告の様式
Section 507(g)
細則507号(g)
16.07 Following completion of the search, the
examiner reconsiders the classification in the light
of experience acquired during the search and
prepares the international search report (Form
PCT/ISA/210) and the Notification of Transmittal
of the ISR (Form PCT/ISA/220). Once an
examiner has completed the search, there should be
no delay in completing the search report. The
printed international search report Form (Form
16.07
調査の終了後、審査官は、調査中に
得た経験に照らして、分類を再検討するとと
もに、国際調査報告(様式PCT/ISA/210)及
び国際調査報告の送付の通知(様式
PCT/ISA/220)を作成する。審査官は、調査
終了後、すみやかに国際調査報告を作成すべ
きである。出願人及び国際事務局に送付され
る 印 刷 され た 国際 調 査報 告 の 様式 ( 様式
PCT/ISA/210)は、全ての調査について使用
される2つの主要ページ(「第1ページ」及
213
PCT/ISA/210) to be transmitted to the applicant
and to the International Bureau contains two main
sheets (“first sheet” and “second sheet”) to be used
for all searches. These two main sheets are
intended for recording the important features of the
search such as the fields searched and for citing
documents revealed by the search. The printed
international search report Form also contains five
optional continuation sheets for use where
necessary. There are continuation sheets for each
of the “first sheet” and the “second sheet”:
び「第2ページ」)を含む。これら2つの主
要ページは、調査を行った分野など調査の重
要な特徴を記録するとともに、調査により明
らかになった文献を引用するために用いら
れる。また、印刷された国際調査報告の様式
には、必要な場合に選択的に使用する5種類
の続葉ページも含まれる。「第1ページ」及
び「第2ページ」各々に続葉ページがある。
(a) 「第1ページの続葉(1)」、「第1
(a) “continuation of first sheet (1),”
“continuation of first sheet (2),” and “continuation ページの続葉(2)」、「第1ページの続葉(3)」
of first sheet (3);” and
(b) “continuation of second
“patent family annex,” respectively.
sheet”
and
(b) 「第2ページの続葉」、「パテント
ファミリーに関する別紙」
16.08 The “continuation of first sheet (1)” is
used only when the international application
includes a nucleotide and/or amino acid sequence
and indicates the basis on which the international
search was carried out, since the relevant listings
or related tables may be filed or furnished at
different times and in different forms. The
“continuation of first sheet (2) is used where an
indication is made on the first sheet that claims
were found unsearchable (item 2) and/or that unity
of invention is lacking (item 3). The relevant
indications are then made on that continuation
sheet. The “continuation of first sheet (3)” contains
the text of the abstract where an abstract or an
amended abstract is established by the
International Searching Authority (item 5) and an
indication to that effect is made on the first sheet.
The “continuation of second sheet” is to be used
where the space on the second sheet is insufficient
for the citation of documents. The “patent family
annex,” or alternatively a blank sheet, may be used
for the indication of the members of patent
families. The Form also includes an “extra sheet,”
which may be used whenever additional space is
required to complete information from the other
sheets. A sheet may be in paper form or may
consist of the electronic equivalent of a paper
sheet.
16.08
「第1ページの続葉(1)」は、ヌク
レオチド又はアミノ酸配列を含み、何を基礎
にして国際調査を行ったかを表示する場合
にのみ使用する。これは、係る配列リスト又
は配列リストに関連するテーブルが、異なる
時期に、また、異なる形式で提出される場合
があるからである。
「第1ページの続葉(2)」
は、クレームが調査することができないもの
であると判明したこと(項目2)、又は、発
明の単一性が欠如していること(項目3)を
第1ページに表示する場合に使用する。その
場合、当該続葉ページに関連する表示をす
る。「第1ページの続葉(3)」は、国際調査機
関が要約を作成又は修正した場合(項目5)、
当該要約の本文を含むものであり、その効力
については第1ページに表示する。「第2
ページの続葉」は、第2ページの記入欄が、
文献を引用するための十分なスペースがな
い場合に用いる。「パテントファミリーに関
する別紙」又はそれに代わる空白ページは、
パテントファミリー・メンバーを表示するた
めに使用する。また、国際調査報告の様式は、
他のページの情報を全て記載するために、追
加のスペースが必要となる場合に使用され
る「特別ページ」を含む。ページは紙形式、
又は紙形式に相当する電子形式で構成され
る。
Language of Search Report
国際調査報告の言語
Rule 43.4
規則43.4
16.09 The international search report is drawn 16.09 国際調査報告は、当該国際出願の国
up in the language in which the international 際公開に用いられる言語、又は、規則23.1(b)
214
application to which it relates is to be published, の規定に基づき他の言語による翻訳文が送
or, if a translation into another language was 付され、かつ、国際調査機関が希望する場合
transmitted under Rule 23.1(b) (see paragraph には、当該翻訳文の言語で作成する。
15.13) and the International Searching Authority so
wishes, in the language of that translation.
Sheets Included in the Pamphlet
パンフレットに含まれる用紙
16.10 It is to be noted that only the “second
sheet,” the “continuation of second sheet” (if any),
the “continuation of first sheet (2)” (if any), and
“the extra sheet” (if any), as well as any separate
sheet with information on members of patent
families, will be the subject of international
publication, as the “first sheet” and the
continuations of first sheet (1) and (3) (if any)
contain only information which will already appear
on the front page of the pamphlet.
16.10
「第1ページ」及び(もしあれば)
「第1ページの続葉(1)」、「第1ページの続
葉(3)」はパンフレットの最初のページに記
載される情報のみが含まれることから、国際
公開の対象となるのは、「第2ページ」、(も
しあれば)「第2ページの続葉」、(もしあれ
ば)「第1ページの続葉(2)」、(もしあれば)
「特別ページ」、及びパテントファミリー・
メンバーに関する別個のページのみである
ことに留意する。
International-Type Search
国際型調査
16.11 If an international-type search has been 16.11 国際型調査を行った場合、その報告
carried out, Form PCT/ISA/201 is used for the には様式PCT/ISA/201を使用する。
report.
Filling Out the Notification of Transmittal of the 国際調査報告又は国際調査報告を作成しな
International Search Report of the Declaration い 旨 の 宣 言 の 送 付 の 通 知 の 作 成 ( 様 式
PCT/ISA/220)の作成
(Form PCT/ISA/220)
Address for Correspondence
通信の宛先
Section 108
細則108号
16.12 The address for correspondence is taken
from the request Form (PCT/RO/101). When an
agent represents the applicant, the address for
correspondence is listed in Box No. IV of the PCT
request Form. For applicants processing their own
applications, the address for correspondence may
be listed in Box No. II of the request Form.
However, where the correspondence on file shows
any changes in the applicant or address for
correspondence, the later address is used.
16.12
通知の宛先は、願書の様式
(PCT/RO/101)から選ぶ。代理人が出願人
の代理を務める場合、当該通信の宛先は願書
の様式の第Ⅳ欄に記載される。出願人自身が
出願の手続きを行う場合、当該通信の宛先は
願書の第Ⅱ欄に記載される。出願人又は通信
の宛先に変更があった場合には、変更後の宛
先を使用する。
Applicant’s or Agent’s File Reference
出願人又は代理人の書類記号
Section 109
細則109号
16.13 The applicant’s or agent’s file reference is
taken from the request Form (PCT/RO/101) or else
the most recent file reference from the latest
correspondence from the applicant or the agent.
16.15
出願人又は代理人の書類記号は、
PCTの願書の様式(PCT/RO/101)に記載され
たもの、又は、出願人もしくは代理人からの
最新の通信に記載された書類記号である。
International Application Number
国際出願番号
215
16.14 The international application number is 16.14 国際出願番号は受理官庁により割
allocated and recorded on the request Form by the り当てられ、願書の様式に記録される。
receiving Office.
International Filing Date
国際出願日
16.15 The international filing date is assigned by 16.15 国際出願日は、当該国際出願の受理
the receiving Office upon receipt of the 日に受領時に受理官庁により割り当てられ
international application. This date is recorded on る。当該日付は、願書の様式に記録される。
the request Form.
出願人
Applicant
Section 105
細則105号
16.16 When there is more than one applicant in
respect of the international application, only the
first mentioned of these on the request Form is
indicated in the international search report. The
other applicants, if any, are indicated by the words
“et al” (or ET-AL) following the first applicant’s
name. The first mentioned applicant is indicated in
Box No. II of the request Form, a second applicant
is listed in Box No. III; further applicants are listed
on the continuation sheet if there are more than
two applicants.
16.16
国際出願について2以上の出願人
がいる場合、願書の様式の最初に記載されて
いる出願人のみ国際調査報告に表示する。他
に出願人がいる場合は、最初の出願人の氏名
に続けて「他」という語句により表示する。
最初に記載される出願人は、願書の様式の第
Ⅱ欄に表示され、2番目の出願人は第Ⅲ欄に
記載される。3以上の出願人がいる場合は、
3番目以降の出願人は続葉に列記される。
例(ⅰ):アメリカン・テクノロジーズ・イ
Example (i): AMERICAN TECHNOLOGIES
ンコーポレイテッド 他
INC. et al.
例(ⅱ):ジョン・ドウ・スミス
Example (ii): SMITH, John Doe
Notes:
注記:
(a) As shown above, company names are
written in capital letters; for personal names the
family name is given first in capital letters and the
given names are in mixed case-this helps to
identify the family name.
(a) 上記の例に示すとおり、会社名の場
合は大文字で記載し、個人名の場合は最初に
姓を大文字で記載し、名は姓を特定すること
ができるよう大文字と小文字の混合で記載
する。
(b) These guidelines will be followed, mutatis
mutandis, when the international search report is
being prepared in a language, such as Japanese,
that does not discriminate between uppercase and
lowercase characters or when the language of the
international search report has a different order of
indicating surnames and given names.
(b) 国際調査報告が、日本語のように大
文字と小文字の区別がない言語によって作
成される場合、又は国際調査報告の言語が姓
と名を異なる順番で表記する場合は、このガ
イドラインを準用する。
Cases Where No, or Limited, Search Report is 国際調査報告を作成しない、又は、一部につ
いてのみ国際調査報告を作成する場合
Established
Rules 39 and 67
規則39, 67
16.17 No International Searching Authority is 16.17 国際調査機関は、国際出願の主題事
required to search or examine an international 項が次のいずれかである範囲において、調査
application to the extent that its subject matter is 又は審査をすることを要しない。
216
any of the following:
(i)
(ⅰ)
scientific and mathematical theories,
科学及び数学の理論
(ii) plant or animal varieties or essentially (ⅱ) 植物及び動物の品種又は植物及び
biological processes for the production of plants 動物の生産の本質的に生物学的な方法。ただ
and animals, other than microbiological processes し、微生物学的方法及び微生物学的方法によ
る生産物については、この限りでない。
and the products of such processes,
(iii) schemes, rules or methods of doing (ⅲ) 事業活動、純粋な精神活動の遂行又
business, performing purely mental acts or playing は遊戯を行うための仕組み、法則又は方法
games,
(iv) methods for treatment of the human or (ⅳ) 手術又は治療による人体又は動物
animal body by surgery or therapy, as well as の体の処置方法及び人体又は動物の体の診
断方法
diagnostic methods,
(v)
(ⅴ)
mere presentations of information,
情報の単なる提示
(vi) computer programs to the extent that the (ⅵ) コンピューター・プログラムのうち
International Searching Authority is not equipped 国際調査機関が当該プログラムについて先
行技術を調査する態勢にないもの
to search prior art concerning such programs.
Chapter 9 deals in detail with these exclusions
from the search and examination, as well as other
situations, such as lack of clarity, where it may not
be possible to establish a meaningful international
search in respect of some or all claims. See also
paragraph 15.11, which deals with the exclusion of
claims as a result of non-compliance with the
relevant standards for sequence listings.
調査及び審査から除外される上記事項につ
いては、明確性の欠如などにより一部のク
レーム又は全てのクレームについて有意義
な国際調査ができない場合とともに、第9章
に詳述されている。また、15.11項には、配
列リストがその基準を満たしていない結果、
クレームが調査及び審査から除外されるこ
とが記述されている。
16.18 Paragraph 9.40 indicates the course of 16.18 全てのクレームについて国際調査
action to be taken if it is not possible to establish を行うことができない場合に取る手続きに
an international search in respect of any of the ついては、9.40項に記載されている。
claims.
16.19 Where the examiner finds that the claims
relate to more than one invention and these
inventions are not so linked as to form a single
general inventive concept, the international search
report may be established only in respect of the
first invention and those further inventions in
respect of which additional fees are paid. See
chapter 10. The additional fees may be paid under
protest (see paragraphs 10.66 to 10.70).
16.19
クレームが2以上の発明に関する
ものであり、単一の一般的発明概念を形成す
るように連関しているとは認められない場
合には、最初の発明及び追加手数料が支払わ
れた発明に係る部分について、国際調査報告
を作成する。第10章を参照。追加手数料は、
異議申立てとともに支払われる場合がある
(10.66~10.70項参照)
。
Filling Out the International Search Report 国際調査報告(様式PCT/ISA/210)の作成
(Form PCT/ISA/210)
Earliest Priority Date
最先の優先日
16.20 The earliest priority date is given in Box 16.20 最 先 の 優 先 日 は 、 願 書 の 様 式
(PCT/RO/101)の第Ⅵ欄に記載されている。
No. VI of the request Form (PCT/RO/101).
217
Total Number of Sheets
用紙の枚数の合計
16.21 The first sheet of the international search
report indicates the total number of sheets in the
report. The correct number is entered, not
including sheets which have not been filled in
(blank sheets). The number of sheets only includes
the number of sheets from Form PCT/ISA/210. It
does not include the number of sheets from Form
PCT/ISA/220 (Notification of transmittal of the
international search report and the written opinion
of the International Searching Authority, or the
declaration) as this is a letter to the
applicant/attorney only.
16.21
国際調査報告の第1ページに、当該
報告の用紙の枚数の合計を表示する。枚数は
正確に記載し、未記入の用紙(空白ページ)
は枚数には含めない。枚数は様式
PCT/ISA/210に含まれる用紙の枚数のみとす
る。様式PCT/ISA/220(国際調査報告及び国
際調査機関の見解書又は国際調査布告を作
成しない旨の宣言の送付の通知)は出願人又
は代理人にのみ送付される書簡であるため、
当該様式の枚数は含めない。
“It Is Also Accompanied by a Copy of Each Prior 「この国際調査報告に引用された先行技術
文献の写しも添付されている」欄
Art Document Cited in This Report” Box
16.22 If the International Searching Authority is 16.22 国際調査機関が文献を送付する場
合には、このチェックボックスにチェックを
sending out documents, this box is checked.
付ける。
Basis of the Report
国際調査報告の基礎
16.23 If the search has been conducted on the
basis of a translation of the international
application (see paragraph 15.13), this is indicated
in item 1 of the first sheet of the international
search report.
16.23
国際調査を国際出願の翻訳文に基
づき行った場合には(15.13項参照)
、国際調
査報告の第1ページの項目1にその旨を表
示する。
Nucleotide and/or Amino Acid Sequence Listings ヌクレオチド又はアミノ酸の配列リスト及
び関連するテーブル
and Related Tables
16.24 Where the application discloses any
nucleotide and/or amino acid, box 1.b of the first
sheet is checked and Box No. I (appearing on
“continuation of first sheet (1)”) indicates the form
(that is, whether in paper copy or computer
readable form) and status (that is, whether filed
with the international application or later, for the
purposes of search) of the sequence listing, and
any related tables, that the search was carried out
on. See paragraphs 4.15 and 15.11 for further
details.
16.24
ヌクレオチド又はアミノ酸が開示
さ れ た 出 願 の 場 合 、 第 1 ペ ー ジ の 1.b の
チェックボックスにチェックを入れ、第Ⅰ欄
(「第1ページの続葉(1)」にある。)に、調
査の対象とした配列リストの形式(書面の写
し又はコンピューター読取り可能な形式の
いずれか)及び状態(国際出願と共に提出さ
れたのか、又は、出願後に調査のために提出
されたのかのいずれか)、及び配列リストに
関連するテーブルについて表示する。詳細に
ついては、4.15及び15.11項を参照。
Restriction of the Subject of the International 国際調査の対象に関する制限
Search
16.25 The report indicates whether the search 16.25 国際調査報告には、以下に示す理由
was restricted or not for any of the reasons により、調査を制限したか否かについて表示
indicated below. If any such restrictions are する。そのような制限を適用した場合には、
218
applied, the claims in respect of which a search has
not been carried out are identified and the reasons
for this are indicated. The four categories where
such restrictions may arise are:
調査を行わなかったクレームを特定すると
ともに、その理由を示す。そのような制限が
生じる可能性があるのは、以下の4つのカテ
ゴリーである。
(i) claims drawn to subject matter not (ⅰ) 国際機関が調査をすることを要し
required to be searched by the International ない主題事項に特徴のあるクレーム(第9章
参照)
Authority (see chapter 9);
(ii) claims in respect of which a meaningful (ⅱ) 有意義な調査を行うことができな
いクレーム(第9章を参照)
search cannot be carried out (see chapter 9);
(iii) multiple dependent claims which do not (ⅲ) 規則6.4(a)の規定に従わない多数
従属クレーム(5.16項参照)
comply with Rule 6.4(a) (see paragraph 5.16);
(iv)
lack of unity of invention (see chapter 10).
(ⅳ)
発明の単一性の欠如(第10章参照)
16.26 Where claims are not searched for any of
the reasons (i) to (iii), box 2 of the first sheet of the
international search report is checked. In addition,
Box No. II of the international search report (on
“continuation of first sheet (2)”) is completed,
giving the details.
16.26
上記(ⅰ)から(ⅲ)のいずれかの理
由 に よ りク レ ーム に つい て 調 査を 行 わな
かった場合、国際調査報告の第1ページの
2.のチェックボックスにチェックを入れ
る。さらに、国際調査報告の第Ⅱ欄(「第1
ページの続葉(2)」)に詳細を記入する。
16.27 It should be noted that claims which rely,
in respect of the technical features of the invention,
on references to the description or drawings
(“omnibus claims;” see paragraph 5.10) are
searched and reported upon if they can be given a
definite construction. However in the written
opinion of the International Searching Authority
and for the purposes of international preliminary
examination, any breach of Rule 6.2(a) (no
reference to the description or drawings except
when absolutely necessary) may be reported in
Box No. VII of the opinion or report.
16.27
発明の技術的特徴について明細書
又は図面の引用によるクレーム(「オムニバ
ス・クレーム」、5.10項参照)についても、
それにより発明の構成が明確にされる場合
には、調査を行い、国際調査報告を作成する。
しかし、国際調査機関の見解書及び国際予備
審査において、規則6.2(a)(不可欠である場
合を除くほか、明細書又は図面を引用しては
ならない)違反は、見解書又は報告の第Ⅶ欄
に記載することができる。
16.28 If the national law of the Office acting as
International Searching Authority permits multiple
dependent claims which do not comply with Rule
6.4(a), such claims are included in the international
search and no indication is made under item 3 of
Box No. II.
16.28
国際調査機関として行動する官庁
の国内法令が、規則6.4(a)の規定に従わない
多数従属クレームを認めている場合には、そ
のようなクレームは国際調査の対象とされ、
第Ⅱ欄の項目3は表示しない。
16.29 Where lack of unity has been found (see
chapter 10), check box 3 of the first sheet of the
international search report (Form PCT/ISA/210) is
checked. In addition, Box No. III of the
international search report (on “continuation of
first sheet (2)”) is completed, irrespective of
whether an invitation to pay additional search fees
has issued. The search report indicates the separate
inventions present in the claims, whether
16.29
単一性の欠如が発見された場合(第
10章参照)、国際調査報告(様式PCT/ISA/210)
の第1ページのチェックボックス3に
チェックを入れる。さらに、追加調査手数料
の支払いを求めたか否かに関わらず、国際調
査報告の第Ⅲ欄(「第1ページの続葉(2)」)
に記入する。国際調査報告には、クレームに
記載されている各発明について記載し、追加
調査手数料を要求し当該手数料が支払われ
219
additional search fees were requested and paid, and
which claims were searched. It also indicates
whether any additional search fees were
accompanied by a protest.
たか否か、及び、どのクレームについて調査
を行ったかについて表示する。また、追加手
数料の支払とともに異議申立てがあったか
否かについても表示する。
Abstract, Title and Figure
要約、発明の名称及び図
Articles 3(2), 4(1)(iv); Rules 8, 44.2
3条(2), 4条(1)(ⅳ); 規則8, 44.2
16.30 The international application must contain
an abstract and a title. The examiner indicates
approval or amendment of the text of the abstract,
the title of the invention, and the selection of the
figure that is to accompany the abstract in items 4
to 6 of the first sheet of the international search
report. Box No. IV (on “continuation of first sheet
(3)”) is used to record any new or amended
abstract.
16.30
国際出願には要約及び発明の名称
を含めなければならない。審査官は、要約、
発明の名称及び要約に添付される図の選択
について、承認したか修正したかを国際調査
報告の第1ページの項目4から6に表示す
る。新規に作成又は修正した要約を記載する
場合、第Ⅳ欄(「第1ページの続葉(3)」)を
使用する。
–
Abstract
- 要約
Article 14(1)(a)(iv) and (1)(b); Rules 26, 38.1
14条(1)(a)(ⅳ),(1)(b); 規則26, 38.1
16.31 Where the international application lacks
an abstract, the relevant receiving Office should
find this in their routine check and issue the
invitation to correct accordingly, allowing at least
one month from the mailing date of the invitation
for a reply. The receiving Office should notify the
International Searching Authority that the
invitation has been sent. The receiving Office may
declare the international application withdrawn if
no abstract is furnished to the receiving Office
within the time limit fixed. However the
International Searching Authority proceeds with
the international search unless and until it receives
notification that the application is considered
withdrawn.
16.31
国際出願に要約が欠落している場
合、受理官庁は通常の点検において当該欠落
を発見し、補充の求めを出す。応答のための
指定期間は、当該補充の求めの送付日から少
なくとも1か月とする。受理官庁は、当該補
充の求めを出した旨を国際調査機関に通知
する。指定期間内に要約が受理官庁に提出さ
れなかった場合には、受理官庁は国際出願が
取り下げられた旨を宣言する。しかし、国際
調査機関は、国際出願が取り下げられたもの
とみなす旨の通知を受領しない限り、国際調
査を続行する。
Article 3(3); Rule 8.3
3条(3); 規則8.3
16.32 In determining the definitive contents of
the abstract, or establishing the text of the abstract
anew, where it is missing, the examiner should take
into consideration the fact that the abstract is
merely for use as technical information and, in
particular, must not be used for the purpose of
interpreting the scope of the protection sought. The
abstract should be drafted so that it constitutes an
efficient instrument for the purpose of assisting the
scientist, engineer or researcher in searching in the
particular technical field and should in particular
make it possible to assess whether there is need for
consulting the international application itself.
WIPO guidelines for the preparation of abstracts
16.32
要約の最終的な内容を決定する場
合、又は要約が欠落しており新たに要約を作
成する場合、審査官は、要約は単に技術情報
として用いられるものであり、特に、求めら
れる保護の範囲を解釈するために用いては
ならないことに留意すべきである。要約は、
科学者、技術者又は研究者が特定の技術分野
を調査する際に役立つ効率的手段となるよ
う、特に、国際出願そのものを調べる必要性
があるか否かを判断することができるよう
に作成しなければならない。要約の作成のた
め の WIPO の ガ イ ド ラ イ ン は 、 WIPO 標 準
ST.12/Aに記載されている。
220
are found in WIPO Standard ST.12/A.
Rule 8.1(a), 8.3
規則8.1(a), 8.3
16.33 In considering the adequacy of the
applicant’s abstract and figure, because of practical
difficulties experienced by the International Bureau
with publication, examiners when assessing or
drafting abstracts, should have particular regard to
the following:
16.33
出願人の要約及び図の妥当性の検
討する場合、国際事務局は公開に関して経験
してきた実務上の問題から、審査官は、要約
を評価又は作成する際には、特に以下の点に
ついて考慮すべきである。
(a) It is important that the abstract be as
concise as the disclosure permits (preferably 50 to
150 words if it is in English or when translated into
English). Within this constraint the abstract must
provide a summary of the technical information
about the disclosure as contained in the
description, claims and drawings. It should be
drafted so as to serve as an efficient scanning tool
for searching purposes in the art.
(a) 要約は表現することができる限り
において簡潔なもの(英語の場合又は英語に
翻訳した場合に50~150語であることが望ま
しい。)とすることが重要である。当該制約
を前提として、要約は明細書、クレーム及び
図面に含まれている開示に関する技術情報
の概要でなければならない。要約は、当該技
術分野を調査するための効率的な選別手段
として役立つよう起草する。
(b) 「本開示は~に関する」、「本開示
(b) Phrases should not be used which can be
implied, such as, “This disclosure concerns”, “The により定義される発明」及び「本発明は~に
invention defined by this disclosure” and “This 関するものである」など、それとなく示すよ
うな表現は使用すべきではない。
invention relates to”.
Rule 8.2(b)
規則8.2(b)
(c) Only one figure should normally be
selected unless this would lead to inadequate
disclosure. The inclusion of more than two figures
should not be considered except in extreme
circumstances where necessary information cannot
be otherwise conveyed. Where none of the figures
is considered useful for the understanding of the
invention (even where the applicant has suggested
a figure), no figure should be selected.
(c) 開示が不十分とならない限り、選択
する図は1つのみとする。それ以外の方法で
は必要な情報を伝えることができないとい
う特別な場合を除き、3以上の図を含めるこ
とを検討してはならない。いずれも図も発明
を理解する上で役立たないと認められる場
合(出願人が図を提示している場合であって
も)、図を選択しない。
(d) 選択された図に記載された数字が
(d) Abstracts may be incomprehensible if the
numerals on the selected figure(s) do not 要約に記載された数字と一致しない場合、要
約を理解することが困難になる場合がある。
correspond with those in the abstract.
(e) 審査官は図に引用数字を付する手
(e) An absence of reference numerals on the
figures must be accepted as the examiner has no 段を有さないため、図に引用数字がないもの
も認めなければならない。
mechanism to initiate their provision.
Rule 8.1(d)
規則8.1(d)
(f) Each main technical feature mentioned in
(f) 要約に記載され、かつ図面に示され
the abstract and illustrated by a drawing should be ている主要な技術的特徴の各々には、丸括弧
followed by a reference sign, placed between 付きの引用符号を付する。
parentheses.
Rule 38.2(a)
規則38.2(a)
16.34 If the international application does not 16.34 国際出願に要約が含まれていない
contain an abstract and the International Searching 場合において出願人に対し要約の補充をす
Authority has not received a notification from the ることを求めた旨の受理官庁からの通知を
221
receiving Office to the effect that the applicant has
been invited to furnish an abstract, or if the said
Authority finds that the abstract does not comply
with Rule 8, it establishes an abstract itself.
国際調査機関が受領していないとき、又は、
要約が規則8の規定に従っていないと国際
調査機関が認めた場合には、国際調査機関
は、自ら要約を作成する。
16.35 The review of the abstract should be 16.35 要約の検討は、調査の実際の完了日
conducted in a way that does not impact upon the に影響を与えることのないように行う。当該
date of actual completion of the search. This 検討は、他の処理と並行して終了する。
review should be completed in parallel with other
steps in the process.
16.36 The applicant can only comment on the
abstract prepared by the examiner after it has been
established in the international search report (see
search report Form PCT/ISA/210, first sheet, item
5). This is the only invitation to comment issued to
the applicant. It occurs either when no abstract has
been filed or when the originally filed abstract does
not comply with Rule 8, and the examiner must
prepare a compliant abstract. In this event the
examiner establishes an appropriate abstract.
16.36
出願人は、審査官が国際調査報告
(国際調査 報告の様式PCT/ISA/210の第 1
ページの項目5参照)で要約を作成した後、
当該審査官が作成した要約について意見の
み述べることができる。また、出願人に意見
の提出を求めるのは、この場合のみである。
このような状況は、要約が提出されていない
場合又は最初に提出された要約が規則8の
規定に従っていない場合のいずれかの場合
に起こり、審査官は同規定に従った要約を作
成する必要がある。その場合、審査官は適切
な要約を作成する。
Rule 38.2(b)
規則38.2(b)
16.37 The applicant is allowed one month from
the date of mailing of the international search
report to respond to the examiner’s abstract in the
report.
16.37
出願人は、国際調査報告の発送の日
から1か月以内に、当該報告に記載された審
査官による要約に対して意見を提出するこ
とができる。
16.38 If the applicant does comment, the
examiner takes the applicant’s comments into
consideration. It is not necessary for the examiner
to reply to the applicant’s comment even if
adverse.
16.38
出願人が意見を提出した場合、審査
官は当該意見を検討する。審査官は、出願人
の意見に反対であっても、当該意見に応答す
る必要はない。
Rule 38.2(b); Section 515
規則38.2(b); 細則515号
16.39 If the International Searching Authority
amends the abstract established in the international
search report it notifies the International Bureau
and the applicant using Form PCT/ISA/205.
16.39
国際調査機関は、国際調査報告にお
いて作成した要約を修正する場合、国際事務
局及び出願人に対し、様式PCT/ISA/205によ
りその旨を通知する。
–
Title
- 発明の名称
Rules 4.3, 26.1, 37.2, 44.2
規則4.3, 26.1, 37.2, 44.2
16.40 According to Rule 4.3, the title must be
short and precise (preferable from two to seven
words in English or when translated into English).
Furthermore, the title should clearly and concisely
state the technical designation of the invention. In
this regard the following should be taken into
account:
16.40
規則4.3に従い、発明の名称は短く
かつ的確なものでなければならない(英語の
場合又は英語に翻訳した場合に2~7語で
あることが望ましい。)。さらに、発明の名称
は発明の技術的表示を明確かつ簡潔に示さ
なければならない。これに関して、以下の点
を考慮すべきである。
222
(a) 個人名や商号、又は発明を特定する
(a) personal names or trade names or similar
terms of a non-technical nature which do not serve のに役立たない非技術的な性質の用語は使
用すべきでない。
to identify the invention should not be used;
(b) 曖昧な略語「等」は使用せず、代わ
(b) the abbreviation “etc.”, being vague,
should not be used and should be replaced by an りに、その略語が対象としようとするものを
表示する。
indication of what it is intended to cover;
(c) 単に「手段」、
「装置」、
「化合物」の
(c) titles such as “Method”, “Apparatus”,
ような名称のみ、
又は同様の曖昧な名称は発
“Chemical Compounds” alone or similar vague
titles do not clearly state the technical designation 明の技術的表示を明確に示さない。
of the invention.”
Article 14(1)(a)(iii) and 14(1)(b); Rules 26 and 37.1
14条(1)(a)(ⅲ),(1)(b); 規則26, 37.1
16.41 Where the international application lacks
a title, the relevant receiving Office should find
this in its routine check and issue the invitation to
correct accordingly, allowing at least one month
from the mailing date of the invitation for a reply.
The receiving Office should notify the
International Searching Authority that the
invitation has been sent. The receiving Office may
declare the international application withdrawn if
no title is furnished to the receiving Office within
the time limit fixed. However, the International
Searching
Authority
proceeds
with
the
international search unless and until it receives
notification that the application is considered
withdrawn.
16.41
国際出願に発明の名称が欠落して
いる場合、受理官庁は通常の点検において当
該欠落を発見し、補充の求めを出す。応答の
ための指定期間は、当該補充の求めの送付日
から少なくとも1か月とする。受理官庁は、
当該補充の求めを出した旨を国際調査機関
に通知する。指定期間内に発明の名称が受理
官庁に提出されなかった場合には、受理官庁
は国際出願が取り下げられた旨を宣言する。
しかし、国際調査機関は、国際出願が取り下
げられたものとみなす旨の通知を受領しな
い限り、国際調査を続行する。
Rule 37
規則37
16.42 The examiner is required to draft a title 16.42 以下の場合、審査官は発明の名称を
where:
作成する必要がある。
(i) the applicant has not responded to the
invitation from the receiving Office to provide a
title within the time allowed, but the International
Searching Authority has not received notification
that the application is considered withdrawn,
(ⅰ) 出願人が指定期間内に発明の名称
を補充するよう求める受理官庁からの指令
に応答していないが、国際調査機関が当該出
願が取り下げられたとみなす旨の通知を受
領していない場合
(ii) no title was filed and the receiving Office (ⅱ) 発明の名称が提出されておらず、受
omitted to invite the applicant to rectify the 理官庁が出願人に当該欠陥の補充を求めな
かった場合
deficiency, or
(iii) the title is deficient because it does not (ⅲ) 発明の名称が規則4.3の要件を満た
していないため、当該名称が十分でない場合
comply with the requirements of Rule 4.3.
16.43 The examiner is not required to gain the
approval of the applicant for the title and the
establishment of the title by the examiner is by
suitable completion of the international search
report Form (see check box 4 of the first sheet of
Form PCT/ISA/210).
223
16.43
審査官は、発明の名称について出願
人の承認を得る必要はなく、審査官は国際調
査報告の様式(様式PCT/ISA/210の第1ペー
ジのチェックボックス4を参照)に適切に記
入することにより発明の名称を作成する。
–
Drawings to Be Published
- 公表する図面
16.44 When indicating the Figure No. of the 16.44 図面番号を表示する場合、出願人が
drawings, the applicant’s suggestion is found at 提示したものは願書の様式(PCT/RO/101)
の第Ⅸ欄に示されている。
Box No. IX of the request Form (PCT/RO/101).
16.45 Where none of the figures is considered
useful for the understanding of the abstract, this is
indicated at the appropriate box (item 6, first sheet
of the international search report).
16.46 When no drawings accompany
application none of the boxes are checked.
いずれの図も要約の理解に役立た
16.45
ないと認められる場合には、適切なチェック
ボックス(国際調査報告の第1ページの項目
6)によりその旨を表示する。
the 16.46
国際出願に図面が添付されていな
い 場 合 、い ず れの チ ェッ ク ボ ック ス にも
チェックを入れない。
16.47 It is not recommended to select more than
one figure; however, if it is necessary to do so then
the wording of the Form should be changed to
reflect the change from single case to plural case.
For example, “figure” is changed to “figures”, “is”
to “are” and “No.” to “Nos.”. (These
recommendations will be followed, mutatis
mutandis, when the international search report is
being prepared in a language, such as Japanese,
that does not have distinction between singular and
plural forms.)
16.47
2以上の図を選択することは推奨
されないが、必要な場合には、様式を単一の
図の場合から複数の図の場合へ変更したこ
とを反映した表現に変える。例えば、
「figure」を「figures」に、
「is」を「are」に、
「No.」を「Nos.」に変える。(国際調査報告
が、日本語等のように単数形と複数形の区別
がない言語で作成される場合は、当該推奨を
準用する。
)
Classification of Subject Matter
主題事項の分類
Rule 43.6(a)
規則43.6(a)
16.48 The International Searching Authority
assigns obligatory “invention information”
International Patent Classification (IPC) symbols
in accordance with the rules as set forth in the
Guide to the IPC and in the IPC itself (using the
edition of the IPC in force at the time) and records
this information in Box A of the second sheet of
the international search report. Non-obligatory IPC
symbols, as defined in the Guide (such as the
optional IPC indexing codes), do not need to be
applied. The IPC Guide can be accessed via the
WIPO web site at: www.wipo.int. See chapter 7.
16.48
国際調査機関は、IPC指針に規定さ
れる規則及びIPC(その時点で有効な版のIPC
を使用する。)に基づき義務的な「発明情報」
のIPC記号を付与し、国際調査報告の第2
ページのA欄に記載する。IPC指針で規定さ
れているように、非義務的IPC記号(付加的
なIPCインデキシングコードなど)は適用す
る必要はない。IPC指針はWIPOのウェブサイ
ト(www.wipo.int)から入手することができ
る。第7章を参照。
Fields Searched
調査を行った分野
16.49 The international search report lists the
classification identification of the fields searched
in Box B of the second sheet of the international
search report. If the IPC is not used for this
purpose, the classification used is indicated.
16.49
国際調査報告は、調査を行った分野
の分類記号を国際調査報告の第2ページの
B欄に列記する。その記載にIPCを使用しな
い場合は、使用した分類を記載する。
224
Minimum Documentation Searched
調査を行った最小限資料
16.50 The International Searching Authority
consults the minimum documentation specified in
Rule 34 and considers other relevant databases or
other search resources such as those listed in the
Search Guidance IPDL. Where the IPC
classification terms were searched, with or without
restricting the search by using key words, the
examiner should enter the associated IPC symbols
on the international search report.
16.50
国際調査機関は、規則34に規定され
る最小限資料、及びサーチガイダンスIPDL
に 列 挙 され て いる よ うな 関 連 する デ ータ
ベースや他の調査資料を調べる。審査官は、
IPC分類項目を調査した場合には、キーワー
ドによる調査の限定を行ったか否かに関わ
らず、そのIPC記号を国際調査報告に記入す
べきである。
Documentation Searched Other Than Minimum 最小限資料以外に調査を行った資料
Documentation
Rule 43.6(b)
規則43.6(b)
16.51 Where documentation other than the PCT
minimum documentation is searched, the other
documentation searched is identified in Box B of
the second sheet of the international search report
when practicable. This section is used for
non-electronic databases searched, for example,
paper or microfilm. It is used for example, for:
16.51
PCT最小限資料以外の資料を調査
した場合、実行可能なときは、当該調査を
行った資料を国際調査報告の第2ページの
B欄に記載する。この欄は、電子データベー
ス以外のデータベース、例えば、紙やマイク
ロフィルムを調査した場合に使用する。例え
ば、以下のように使用する。
(a) Capriの場合-「CAPRI」及び調査を
(a) Capri-enter “CAPRI” and the appropriate
IPC code for the classification searched, for 行った適切なIPC分類。例えば「CAPRI: IPC
F16B 1/02」
example, “CAPRI: IPC F16B 1/02”.
(b) 最小限資料に含まれない特許明細
(b) Search of patent specifications not
書を、
その特許を発行する国に特有の分類体
forming part of the minimum documentation
according to a classification system peculiar to the 系によって調査した場合-調査を行った分
country issuing the patent – enter classification 類を記入する。例えば「AU Class 53.6」
searched, for example, “AU Class 53.6”
(c) 最小限資料に含まれない特許明細
(c) Search of patent specifications not
forming part of the minimum documentation 書を、IPCによって調査した場合-調査を
according to the IPC - enter the IPC codes for the 行った分類の位置のIPC記号を記入する。例
classification places searched, for example, “AU: えば「AU: IPC B65G 51/-」
IPC B65G 51/-”.
16.51.1 Where the examiner chooses to cite a
document listed in a third party observation
which would not have been found in the
documentation searched, he may indicate “Third
party
observation submitted [Date]” in the
“documentation searched other than the minimum
documentation” box in Form PCT/ISA/210.
16.51.1 調査した文献から発見されなかっ
たであろう、第三者情報提供において記載さ
れている文献を引用することを決めた場合
に、様式PCT/ISA/210の「最小限資料以外の
資料で調査を行った分野に含まれるもの」の
欄に「 [日付] に提出された第三者情報提供」
を示すことができる。
Electronic Database Consulted
調査を行った電子データベース
Rule 43.6(c)
規則43.6(c)
16.52 Where an electronic database is used in 16.52 国際調査において電子データベー
carrying out the international search, the name of スを使用した場合、国際調査報告に当該デー
the database may be included in the search report. タベースの名称を記載することができる。さ
225
In addition, depending on the policy of an
International Searching Authority, examiners may
find it useful to others to indicate the exact search
queries used to search the database in the report. If
it is impractical to record the exact query or
queries, then a summary of the query or queries
should be included. See paragraph 16.53.
らに、国際調査機関の方針によるが、データ
ベースを調査する際に使用した正確な検索
式を国際調査報告に記載しておくことは、他
者にとって役立つであろう。1又は2以上の
正確な検索式を記載することが現実的でな
い場合には、当該検索式の要約を記載する。
16.53項を参照。
16.53 Where keywords (search terms) are used,
it may be useful to include the keywords on the
search report. If the number of keywords used is
large, then a representative sample of the keywords
could be used (for example, “Keywords: A, B, C,
and similar terms”). However, depending on the
policy of an International Searching Authority, the
examiner may find it useful to record the search
history in sufficient detail to allow examiners of
national stage applications to fully interpret and
rely upon the international search. See paragraph
15.58.
キーワード(検索語)を使用した場
16.53
合、国際調査報告に当該キーワードを記載し
ておくと役立つ場合がある。使用したキー
ワードが多い場合、キーワードのうち代表的
なものを使用する(例えば「キーワード:A,
B, C, 及びそれに類する用語」)。しかし、
国際調査機関の方針によるが、サーチの履歴
を十分に詳しく記載することは、国内段階の
出願の審査官が国際調査を完全に理解し信
頼することを可能とするために役立つであ
ろう。15.58項を参照。
16.54 Structure searches are not conveniently
indicated on the search report. If a structure search
was carried out this can be indicated by a statement
such as “structure search carried out based on the
quinoline nucleus in formula (I)”.
構造検索は便宜上、国際調査報告に
16.54
は記載しない。構造検索を行った場合、「化
学式 (Ⅰ)で表 されるキノリン 核に基づき
行った構造検索」等の記述により表示するこ
とができる。
16.55 Sequence searches should be dealt with in 16.55 配列検索についても構造検索と同
the same way as structure searches (“search of 様に処理する(「SEQ ID 1-5のサーチ」)。
SEQ ID 1-5”).
例:
Examples:
DWPI & キーワード:A, B, C, 及びそれに
DWPI & keywords: A, B, C, and similar terms
類する用語(注;DWPIはWPAT、WPI、WPIL
(Note; DWPI includes WPAT, WPI, WPIL)
を含む)
JAPIO & キーワード:A, B, C, 及びそれに
類する用語
MEDLINE & キーワード:A, B, C, 及びそ
MEDLINE & keywords: A, B, C, and similar
れに類する用語
terms
JAPIO & keywords: A, B, C, and similar terms
DWPI IPC A01B1/- & キーワード:A, B, C
DWPI IPC A01B 1/- & keywords: A, B, C
CA & WPIDS:IPC C07D 409/- & キーワー
CA & WPIDS: IPC C07D 409/- & keywords:
ド:A, B, C
A, B, C
CA: Structure searched based on Formula (I)
CA:化学式(Ⅰ)に基づく構造検索
[email protected] keywords: A, B, C.
[email protected] キーワード:A, B, C
Genbank:核酸配列SEQ ID NO: 1の配列検
Genbank: Sequence search on nucleic acid
索
sequence SEQ ID NO: 1.
注記:
Notes:
226
(a) 実際に使用したキーワードを明記
(a) Merely putting “keywords searched”
without specifying the actual keywords used is not せず、単に「キーワード検索」と記載するこ
とは認められない。
acceptable.
(b) データベースへのアクセス方法に
(b) There is no need to indicate the way the
database was accessed, for example, there is no ついては記載する必要はない。例えば、イン
need to specify that [email protected] was accessed via the [email protected]
た、又はSTNを介してMEDLINEにアクセス
Internet, or MEDLINE via STN.
(c) Where the search is conducted using a
particularly relevant portion of a longer referenced
nucleic acid or amino acid sequence, rather than
the full length sequence referenced as filed for a
particular SEQ ID NO of the sequence listing, the
search examiner should indicate the region or
regions of the full length reference sequence which
encompassed the sequence searched. For example
“search of SEQ ID NO: 1 for nucleotides
1150-1250 only.”
した等と記載する必要はない。
(c) 配列リストの特定のSEQ ID NOに
ついて、出願時に引用された配列全体ではな
く、長めに引用した核酸又はアミノ酸配列う
ち特に関連のある部分を用いて検索を行う
場合、調査審査官は検索した配列を包む配列
全体の1範囲又は複数の範囲を記載すべき
である。例えば「ヌクレオチド1150-1250の
みを対象としたSEQ ID NO: 1の検索」。
Previous Search
先の調査
16.56 Where the international search report is
entirely or partly based on a previous search made
for an application relating to a similar subject, the
previous application number and the relevant
search history consulted for this previous search is,
where appropriate, identified as having been
consulted for the international application in
question, except in those instances where the
details of an earlier search cannot be ascertained,
or whenever it is impractical to record the full
details of the earlier search. In the later case, a
summary of the earlier search should be included.
Where the previous application has been
published, this information is recorded in the
international search report; if the previous
application has not yet been published, the
information may be sent to the applicant
informally when the international search report is
transmitted. See paragraph 16.53.
16.56
国際調査報告の全部又は一部を、先
に行った類似の主題に関する出願の調査に
基づいて作成する場合、この先の調査につい
て調べられる先の出願番号及びその調査履
歴は、適当な場合には、当該国際出願のため
に調べたものとみなす。ただし、先の調査の
詳細が確認できない場合、又は先の調査の詳
細全てを記録することが実用的でない場合
を除く。後者の場合においても、先の調査の
概要は含めるべきである。先の出願が公開さ
れている場合、この情報は国際調査報告に記
される。先の出願がまだ公開されていなかっ
た場合、国際調査報告が送付される際に、出
願人にその情報を非公式に通知する場合が
ある。16.53項を参照。
Documents Considered to Be Relevant
関連のあると認められる文献
Rule 43.5
規則43.5
16.57 The completion of Box C of the second
sheet of the international search report can be
considered as having three components. These are:
the citation category; the citation of the document
together with identification of relevant passages
where appropriate; and the identification of
relevant claim numbers. These three components
16.57
国際調査報告の第2ページのC欄
の記入は、3つの要素からなるとみなすこと
ができる。すなわち、引用カテゴリー、文献
の引用及び適切な場合には関連する箇所の
特定、並びに関連するクレームの番号の特定
である。これら3つの要素はそれぞれ、以下
の16.59~16.69項、16.72、16.71及び16.73
227
are discussed separately in paragraphs 16.59 to 項で取り上げる。
16.69, 16.72, and 16.71 and 16.73, respectively,
below.
16.58
16.58
ある。
Some general points to note are:
全般的な留意点は以下のとおりで
Rule 33.1
規則33.1
(a)
Documents selected for citation
should be the prior art that is closest to the
applicant’s invention. The duplication of teachings
by way of citation of multiple documents showing
the same inventive elements should be kept to a
minimum (see paragraphs 15.63 and 15.64).
(a) 引用のために選択する文献は、出願
人の発明に最も近い先行技術でなければな
らない。同じ発明の要素を示す文献を複数引
用することによる教示の重複は、最小限に抑
えるべきである(15.63及び15.64項参照)
。
(b) 文献を引用する際、審査官は、文献
(b)
When citing a document, the
examiner should clearly indicate which portions のどこの部分及びどこのページが最も関連
and specific pages of the document are most するのか明確に表示すべきである(15.64項
参照)
。
relevant (see paragraph 15.64).
Citation Category
引用カテゴリー
Sections 505, 507
細則505, 507号
16.59 Documents which are cited are given a
category indication by way of an alphabetic
character, details of which are given in
Administrative Instructions 505 and 507 and
below. The categories for citations are also
explained under the “Documents considered to be
relevant” section of the report. A category should
always be indicated for each document cited.
Where needed, combinations of different
categories are possible.
16.59
引用される文献には、アルファベッ
ト文字によるカテゴリーを付す。カテゴリー
の詳細は、実施細則第505号、第507号、及び
以下に示される。引用のカテゴリーについて
は、国際調査報告の「関連のあると認められ
る文献」の欄にも説明されている。カテゴ
リーは、各引用文献に対して常に表示しなけ
ればならない。必要に応じて、異なるカテゴ
リーの結合が可能である。
–
Particularly relevant documents
- 特に関連のある文献
Section 505
細則505号
16.60 Where a document cited in the 16.60 国際調査報告に引用される文献が
international search report is particularly relevant, 特に関連のある場合、当該文献は「X」又は
it is indicated by the letters “X” or “Y”.
「Y」の文字により表示する。
16.61 Category “X” is applicable where a
document is such that when taken alone, a claimed
invention cannot be considered novel or where a
document is such that when considered in light of
common general knowledge, a claimed invention
cannot be considered to involve an inventive step.
16.61
カテゴリー「X」は、単独で引用し
た場合にクレームに係る発明に新規性があ
るとは認められない文献、又は広く知られた
一般知識を考慮に入れて判断したときにク
レームに係る発明が進歩性を有するとは認
められない文献の場合に適用される。
16.62 Category “Y” is applicable where a
document is such that a claimed invention cannot
be considered to involve an inventive step when
the document is combined with one or more other
documents of the same category, such combination
being obvious to a person skilled in the art.
16.62
カテゴリー「Y」は、当業者に自明
な組合せによって同じカテゴリーの1又は
2以上の文献と組み合わせたときに、クレー
ムに係る発明が進歩性を有するとは認めら
れない文献の場合に適用される。
228
–
Documents defining the state of the art not - 新規性又は進歩性を損なわない技術水準
を示す文献
prejudicing novelty or inventive step
Section 507(c)
16.63 Where a document cited in the
International search report represents state of the
art not prejudicial to the novelty or inventive step
of the claimed invention, it is indicated by the
letter “A”.
–
細則507号(c)
16.63
国際調査報告に引用される文献が、
クレームに係る発明の新規性又は進歩性を
損なわない技術水準を示している場合、当該
文献は文字「A」により表示する。
Documents which refer to a nonwritten - 書面による開示以外の開示について言及
する文献
disclosure
Section 507(a)
細則507号(a)
16.64 Where a document cited in the
International search report refers to a non-written
disclosure, the letter “O” is entered. Examples of
such disclosures include conference proceedings.
The document category “O” is always
accompanied by a symbol indicating the relevance
of the document according to paragraphs 16.61 to
16.63, for example O,X, O,Y or O,A.
16.64
国際調査報告に引用される文献が
書面による開示以外の開示について言及し
ている場合、文字「O」を記入する。そのよ
うな開示の例としては、会議の議事録があ
る。文献のカテゴリー「O」には、16.61~16.63
項に従って、常に文献の関連性を表示する記
号が添えられる。例えばO,X, O,Y又はO,A。
–
Intermediate documents
- 間に公表された文献
Section 507(d)
16.65 Documents published on dates falling
between the date of filing of the application being
examined and the date of priority claimed, or the
earliest priority if there is more than one (see
Article 2(xi)(b)), are denoted by the letter “P”. The
letter “P” is also given to a document published on
the very day of the earliest date of priority of the
patent application under consideration. The
document category “P” is always accompanied by
a symbol indicating the relevance of the document,
for example P,X, P,Y or P,A.
–
細則507号(d)
16.65
審査中の出願の出願日と、主張され
た優先日又は2以上の優先権が存在する場
合には最先の優先日(第2条(ⅺ)(b)参照)
との間の日に公表された文献は、文字「P」
により表示する。また、検討中の特許出願の
最先の優先日に公表された文献についても、
文字「P」を表示する。文献のカテゴリー「P」
には、常に文献の関連性を表示する記号が添
えられる。例えば、P,X, P,Y又はP,A。
Documents relating to the theory or principle - 発明の基礎を成す理論又は原理に関する
文献
underlying the invention
Section 507(e)
16.66 Where any document cited in the search
report is a document which may be useful for a
better understanding of the principle or theory
underlying the invention, or is cited to show that
the reasoning or the facts underlying the invention
are incorrect, it is indicated by the letter “T”.
–
Potentially conflicting patent documents
細則507号(e)
16.66
国際調査報告に引用される文献が、
発明の基礎を成す原理又は理論をよりよく
理解する上で有用な文献の場合、あるいは発
明の基礎を成す推論又は事実が正しくない
ことを示すために引用する場合、文字「T」
により表示する。
- 争いとなる可能性のある特許文献
Section 507(b)
16.67
Any patent document bearing a filing or 16.67
229
細則507号(b)
調査対象の国際出願の出願日(優先
priority date earlier than the filing date of the
application searched (not the priority date) but
published later than that date and the content of
which would constitute prior art relevant to novelty
(Article 33(2)) is indicated by the letter “E” (see
section 507(b) and Rule 33.1(c)). Where the patent
document and the application searched have the
same date, the patent document is also identified
by the letter “E”. An exception is made for patent
documents based on the priority under
consideration.
–
Documents cited in the application
- 出願において引用された文献
16.68 When the search report cites documents
already mentioned in the description of the patent
application for which the search is carried out,
such documents may be identified on the search
report by the wording “cited in the application”,
which appears under the cited document.
–
日ではない)より先の出願日又は優先日を有
し、国際出願日より後に公表され、かつ、そ
の内容が新規性に関連する先行技術を構成
する(第33条(2))特許文献は、文字「E」に
より表示する(実施細則第507号(b)及び規則
33.1(c)参照)。特許文献の公表日と調査対象
の国際出願の出願日が同じ場合も、当該特許
文献は文字「E」により示す。検討中の優先
権の基礎となる特許文献は除く。
Documents cited for other reasons
16.68
調査を行う特許出願の明細書中に
記載された文献を国際調査報告に引用する
場合、当該引用文献の下に「出願において引
用された」という文言を表示することによ
り、当該文献を識別することができる。
- その他の理由により引用された文献
Section 507(f)
細則507号(f)
16.69 Where in the search report any document 16.69 前出の項で言及された理由以外の
is cited for reasons other than those referred to in 理由により国際調査報告において引用され
the foregoing paragraphs (in particular as る文献(特に証拠として)の場合、例えば、
evidence), for example:
(a) 優先権の主張に疑義を提起し得る
(a) a document which may throw doubt on a
priority claim (Article 4(C)(4) of the Paris 文献(パリ条約の第4条(c)(4))
Convention), or
the
(b) 他の引用の公表日を立証するため
に引用される文献
the document is indicated by the letter “L”. Brief
reasons for citing the document should be given.
Documents of this type need not be indicated as
relevant to any particular claims. However, where
the evidence which they provide relates only to
certain claims (for example the “L” document cited
in the search report may invalidate the priority in
respect of certain claims and not others), then the
citation of the document should refer to those
claims.
当該文献は文字「L」により表示する。文献
を引用する理由を短く説明しなければなら
ない。この種の文献は特定のクレームに関連
するものとして表示する必要はない。ただ
し、文献が提供する証拠が特定のクレームの
みに関連する場合(例えば、国際調査報告で
引用される「L」文献が、特定のクレームに
関する優先権のみを無効にする場合)、当該
文献の引用はそれらのクレームについて言
及すべきである。
(b) a document cited to establish
publication date of another citation
–
Non-prejudicial disclosures
- 不利にならない開示
16.70 In certain cases the invention may have
been disclosed, before the relevant date for the
purposes of the PCT, in such a way that it is not
considered to form part of the state of the art in
230
16.70
所定の場合、1又は2以上の指定官
庁の国内法令のもとで技術水準の一部を構
成するとみなされない方法により、PCTにお
ける基準日より前に発明が開示されている
accordance with the national law of one or more
designated Offices. The applicant may make a
declaration of the existence of such excluded state
of the art in the request Form according to Rule
4.17(v). However these exemptions do not
necessarily apply in all designated Contracting
States and additionally, according to Rule
51bis.1(a)(v), the applicant may still have to file
the correct documents in the national/regional
phase at the designated Office in question in order
to qualify for the exemption. Consequently such
documents must be cited on the international
search report with the appropriate category
indicated above and may also be considered in the
written opinion of the International Searching
Authority and during international preliminary
examination.
場合がある。規則4.17(ⅴ)の規定に基づき、
出願人は、このように除外される技術水準の
存在を願書の様式で宣言することができる。
しかし、このような除外は必ずしも全ての指
定締約国に適用されるわけではなく、また、
規則51の2.1(a)(ⅴ)の規定に基づき、出願人
は、該当する指定官庁での国内/広域段階に
おいて当該除外の適用を受けるために、正確
な書類を提出することが求められる場合が
ある。したがって、当該文献は、前述の適切
なカテゴリーとともに国際調査報告で引用
しなければならず、また、国際調査機関の見
解書及び国際予備審査においても考慮する
ことができる。
Relationship Between Documents and Claims
文献とクレームの関係
Section 508
細則508号
16.71 Each citation should include a reference to
the claims to which it relates. If necessary, various
relevant parts of the document cited should each be
related to the claims in like manner (with the
exception of “L” documents, see paragraph 16.69
and “A” documents, see paragraph 16.73). It is
also possible for the same document to represent a
different category with respect to different claims.
For example:
16.71
各引用文献には、それぞれ関連する
クレームの参照を含めなければならない。必
要な場合、引用された文献の様々な関連箇所
について、それぞれ同じようにクレームを関
連付けるべきである(ただし、「L」文献
(16.69項参照)及び「A」文献(16.73項参
照)を除く)。また、同一の文献が、異なる
クレームについて異なるカテゴリーを示す
こともあり得る。例えば、以下のように記載
する。
X WO 90/01867 A (WIDEGREN LARS (SE)) 1
1990年3月8日(1990-03-08)
Y * 図1 *
2-5
A * 図2 *
6-10
X WO9001867 A (WIDEGREN LARS (SE)) 1
8 March 1990 (1990-03-08)
Y * figure 1 *
2-5
A * figure 2 *
6-10
The above example means that Figures 1 and 2 of
the cited document disclose subject matter which
prejudices the novelty or inventive step of claim 1,
which prejudices the inventive step of claims 2-5
when combined with another document cited in the
search report, and which represents non-prejudicial
state of the art for the subject matter of claims
6-10.
上記の例は、引用文献の図1及び図2が開示
する主題事項は、クレーム1の新規性又は進
歩性を否定し、国際調査報告で引用された他
の文献と組み合わせることでクレーム2-
5の進歩性を否定し、さらにクレーム6-10
の主題事項について進歩性を否定しない技
術水準を示す、という意味である。
Citation of the Documents
文献の引用
Section 503; WIPO Standard ST.14
細則503号; WIPO標準ST.14
16.72 Identification of any document should be 16.72 文 献 の 表 示 は WIPO 標 準 ST.14 に
made according to WIPO Standard ST.14.
従って行う。
16.73 For “A” citations it is not necessary to 16.73 「A」カテゴリーの文献を引用する
indicate the relevant claims unless there is good 場合、関連するクレームを示す必要はない。
231
reason to do so; for example where there is a clear
lack of unity a priori and the citation is relevant
only to a particular claim or group of claims or
when the claims meet the criteria of novelty,
inventive step, and industrial applicability under
Article 33(2) to (4) and the “A” category citations
represent the most relevant prior art.
ただし、十分な理由がある場合、例えば、事
前に単一性の欠如が明らかであり、当該引用
が特定の1のクレーム又は一群のクレーム
にのみ関連する場合、又は、クレームが第33
条(2)から(4)に規定される新規性、進歩性及
び産業上の利用可能性の基準を満たし、
「A」
カテゴリーの引用文献が最も関連のある先
行技術を示す場合は、この限りではない。
16.74 The box on the second sheet of Form
PCT/ISA/210 entitled “Further documents listed
are in the continuation of Box C” is checked if
more documents are cited than will fit in the space
provided in Box C and therefore a continuation
sheet is used.
16.74
引用する文献が多く、C欄のスペー
スに納まらないため、続葉ページを使用する
場合、様式PCT/ISA/210の第2ページの「C
欄の続きにも文献が列挙されている」と記載
されたチェックボックスにチェックを付け
る。
16.75 The search report is published with the
specification and distributed worldwide. To enable
any reader in any country to consider the citation
in the most convenient document/language, the
known family members of each citation are
normally listed in the patent family annex sheet of
the international search report. The box on the
second sheet of Form PCT/ISA/210 entitled “See
patent family annex” is checked if a family
member listing is included with the report. Where
INPADOC is used to check the family member, it
should be noted that:
16.75
国際調査報告は明細書とともに公
開された後、世界中に配布される。各国の読
み手が、最も使いやすい文献/言語により引
用文献を検討することができるように、各引
用文献の既知のパテントファミリー・メン
バーを、国際調査報告のパテントファミリー
に関する別紙に列挙する。国際調査報告にパ
テントファミリーのリストが含まれる場合、
様式PCT/ISA/210の第2ページの「パテント
ファミリーに関する別紙を参照」と記載され
たチェックボックスにチェックを付ける。
INPADOCを使用してパテントファミリー・
メンバーを確認する場合、以下の点に留意す
る。
(a) INPADOCには、1968年以前に公表
(a) INPADOC does not provide family
された文献のパテントファミリーのリスト
listings for documents published prior to 1968;
は含まれていない。
(b) If INPADOC indicates there are no family
members for a cited document then indicate this by
entering the word “NONE” where the family
members would appear. This indicates to the
applicant that a search for family members has
been carried out and there was a nil result; and
(b) INPADOCにより引用文献がパテン
トファミリー・メンバーを有していないこと
が示された場合、当該ファミリー・メンバー
を記載する箇所に「なし」という語を記入し
て、その旨を表示する。それにより、出願人
は、パテントファミリー・メンバーについて
の調査の結果、当該ファミリー・メンバーが
存在しなかったことを知ることができる。
(c) If INPADOC indicates that none of the
citations has a family member the “See patent
family annex” box should still be checked and the
practice indicated in the paragraph (b) above
should be followed for all citations.
(c) INPADOCにより全ての引用文献が
パテントファミリー・メンバーを有していな
いことが示された場合でも、「パテントファ
ミリーに関する別紙を参照」のチェックボッ
クスにチェックを付け、全ての引用文献につ
いて上記(b)に記載した運用を行う。
Finalization of the Report
国際調査報告の完成
232
Article 19; Rules 43.1, 43.2, 46.1
19条; 規則43.1, 43.2, 46.1
16.76 The identification of the International
Searching Authority which established the
international search report and the date on which
the report was drawn up are indicated at the bottom
of the second sheet of the international search
report. This date should be that of the drafting of
the report by the examiner who carried out the
search. In addition to the date of actual completion,
that is, the date on which the report was drawn up,
of the international search, the international search
report also indicates the date on which it was
mailed to the applicant, which is important for the
computation of the time limit for filing
amendments to the claims under Article 19.
16.76
国際調査報告を作成した国際調査
機関の識別情報及び当該報告を作成した日
を、国際調査報告の第2ページの下部に表示
する。この作成した日は、調査を行った審査
官が国際調査報告を作成した日とする。国際
調査報告には、実際に国際調査を完了した
日、すなわち国際調査報告を作成した日に加
え、出願人に郵便で発送した日も表示する。
この発送した日は、第19条の規定に基づくク
レームの補正を提出するための期間の算定
に不可欠である。
Rule 43.8; Section 514
16.77 Where the examiner is an authorized
officer his name will appear on the search report.
Where the examiner is not an authorized officer the
name of the responsible examiner who will be
supervising the report should be entered as the
authorized officer. Where the examiner is an
authorized officer then the date of actual
completion will be the date of completion of the
search report and he enters it on the search report.
Where the examiner is not an authorized officer,
the “date of completion” should be entered after
the responsible officer has supervised the report
and corrections, if any, have been made.
規則43.8; 細則514号
16.77
審査官が権限のある職員の場合、そ
の氏名を国際調査報告に記載する。審査官が
権限のある職員ではない場合には、当該報告
を監督する責任を有する審査官の氏名を権
限のある職員として記入する。審査官が権限
のある職員の場合、国際調査報告の作成を完
了した日は、実際に完了した日付とし、その
日付を国際調査報告に記入する。審査官が権
限のある職員ではない場合、責任のある職員
が当該報告をチェックし、必要があれば修正
を行った後、当該「完了した日」を記入する。
16.78 The report should be mailed within 3 16.78 国際調査報告は、調査用写しの受領
months of receipt of the search copy or within 9 から3か月又は優先日から9か月の、いずれ
か遅い方までに郵便で発送する。
months from the priority date, whichever is later.
Copies of References Cited in the International 国際調査報告に引用された文献の写し
Search Report
Rule 44.3
規則44.3
16.79 The International Searching Authority
should preferably attach copies of all references
cited to the copy of the international search report
which is sent to the applicant. However, the
preparation of such copies may be the subject of a
separate request and payment of a separate fee for
copies may be required. For the invitation for
payment of fees Form PCT/ISA/221 may be used.
16.79
国際調査機関は、出願人に送付され
る国際調査報告の写しに、引用された全ての
文献の写しを添付することが望ましい。しか
し、当該写しの作成は、個々に請求されたも
のを対象とすることも、また、個々の写しに
係る費用の支払を求めることも可能である。
費用の支払の求めには、様式PCT/ISA/221を
使用する。
Article 20(3); Rule 44.3
20条(3); 規則44.3
16.80 The International Searching Authority or 16.80 国際調査機関又はその代理機関は、
an agency responsible to it must send, upon 請求に応じて、指定官庁又は出願人に対し国
233
request, copies of all references cited in the
international search report to any designated Office
or the applicant. Such a request may be presented
any time during seven years from the international
filing date under the conditions laid down in Rule
44.3. Copies of the references cited may be
transmitted with Form PCT/ISA/211.
234
際調査報告に引用された全ての文献の写し
を送付しなければならない。当該請求は、規
則44.3に規定される条件のもと、国際出願日
から7年の期間いつでも行うことができる。
引用文献の写しは、様式PCT/ISA/211ととも
に送付される。