209号 - 日本地球化学会

日本地球化学会ニュース
No. 209
June 2012
Contents
年会のお知らせ……………………………………………………………………………2
20
12年年度日本地球化学会年会のお知らせ
学会からのお知らせ………………………………………………………………………3
第7回日本地球化学会ショートコース2012
20
12年度第2回鳥居基金助成の募集
評議員会議事録……………………………………………………………………………5
20
12年第1回日本地球化学会評議員会議事録
―1―
当日:一般会員6,
0
0
0円,学生会員3,
0
0
0円,
年会のお知らせ
会員外7,
0
0
0円,会員外学生4,
0
0
0円
*なお,会員は日本地球化学会及び共催学会(年会サ
2
0
1
2年度日本地球化学会年会のお知らせ
イトで御確認下さい)の会員を指します。当日受付
主催:日本地球化学会
会期:平成2
4年9月1
1日
で入会された方も会員扱いとします。学部生は無料
∼1
3日
(但し要旨集なし)
。
会場:九州大学箱崎キャンパス文系地区
懇親会:9月1
2日
年会web site:http://www.wdc-jp.biz/geochem/2012/
学会賞等受賞講演終了後,記念
講堂中央食堂(箱崎キャンパス)にて。
交通:福岡市営地下鉄箱崎九大前より徒歩5分
予約5,
0
0
0円(学生2,
0
0
0円)
,当日6,
0
0
0円(学生
アクセスについては,下記のサイトを参照下さ
3,
0
0
0円)
。
予約申込による参加登録費・懇親会会費・講演要旨集
い。
http://www.kyushu-u.ac.jp/access/index.php
代金の支払い方法:これらのお支払いは,年会サイ
(福岡空港,博多駅からの経路)
トから,クレジットカードによるオンライン決済で
http://www.kyushu-u.ac.jp/access/map/hako-
お願いします。なお,各種の支払いは代理で行うこ
zaki/hakozaki.html(キャンパス内地図)
とも可能です。クレジットカードによるお支払いが
内容:口頭発表及びポスター発表,学会賞記念講演,
困難な場合は,年会事務局に締め切りの1週間前ま
総会,懇親会。関連イベントとして,市民講演
でにお知らせ下さい。年会当日の参加登録費のお支
会,ショートコース,巡検も開催します。
払いは現金となります。領収書を必要とする場合
講演セッション:6の特別セッション,1
7の学会基盤
は,年会当日に受付にお申し出下さい。
併設展示:関連機器メーカーその他による展示会を併
セッションがエントリーされています。
講演申込,講演要旨原稿受付:昨年度と同様に,同時
設する予定です。詳細については年会サイトをご覧
に行います。要旨提出を行わないと講演申込は完了
6月1
3日
1
4時受付開始。7月1
7日
頂くか,年会事務局にお問い合わせ下さい。
小集会:学会期間中の昼食時間,あるいは講演終了後
しません。年会サイトからのみ受け付けます。
1
4時締
に小集会を行うことができます。希望のあるグルー
切。講演要旨の書き方は,上記年会サイトをご覧下
プは年会事務局に問い合わせて下さい。
さい。年会サイトからの申込が困難な場合は,下記
の年会事務局あてに締切の1週間前までにご連絡下
セッションテーマ:各セッションの概要については,
さい。なお,投稿する要旨の原稿は締切日までは修
年会サイトをご覧下さい。
正可能ですが,締切日を過ぎた後は一切修正でき
〈特別セッション〉
す,そのまま J-STAGE で公開されます。
S1
参加予約申込:年会サイトから,指示に従って申し込
んで下さい。6月1
3日
1
4時受付開始。8月2
4日
石橋純一郎(九州大)
,宇都宮聡(九州大)
S2
1
4時締切(割引料金が適用されます)
。それ以
水―岩石相互作用:水質形成∼CO2地中貯留
上田晃(富山大)
,鹿園直建(慶応大)
,徂徠正
降は,当日申し込み下さい。
夫(産総研)
プログラムの公表:プログラムは講演要旨申込終了後
S3
直ちに作成し,8月上旬に年会サイト上に公開しま
ラムの確認は年会サイトで行って下さい。8月末頃
公紀(九州大)
,徂徠正夫(産総研)
S4
に配付される地球化学ニュースにもプログラムを掲
載します。なお,講演要旨は8月末頃に,J-STAGE
二酸化炭素隔離の地球化学
大隅多加志(電中研)
,水谷広(日本大)
,下島
す。事前に要旨集の配付を行いませんので,プログ
ケイ酸およびケイ酸錯体の地球化学
横山拓史(九州大)
,赤木右(九州大)
S5
上で公開されます。
生物起源 VOC と有機エアロゾル
河村公隆(北海道大)
,横内陽子(国環研)
,今
参加登録費(講演要旨集1部含む)
:
村隆史(国環研)
,谷
予約:一般会員5,
0
0
0円,学生会員1,
0
0
0円,
会員外7,
0
0
0円,会員外学生3,
0
0
0円
東アジアの環境と地球化学
晃(静県大)
,梶井克純
(京都大)
,宮崎雄三(北海道大)
S6
―2―
地球化学と生理学・生化学:生理学的知見から
G1
3 海洋化学・大気水圏(全般)
みる地球化学
沢田健(北海道大)
,力石嘉人(JAMSTEC)
,
植松光夫(東京大)
,濱健夫(筑波大)
G1
4 固体地球化学(全般)
中村英人(北海道大)
折橋裕二(東京大)
,大野剛(学習院大)
,角野
〈学会基盤セッション〉
G1
浩史(東京大)
G1
5 固体地球における水とその役割
大気微量成分の地球化学
谷本浩志(国環研)
,豊田栄(東工大)
,松本潔
G2
岩森光(東工大)
,小木曽哲(京都大)
,石橋純
(山梨大)
,持田陸宏(名古屋大)
,角皆潤(名
一郎(九州大)
,野口直樹(東京大)
,益田晴恵
古屋大)
(大阪市大)
G1
6 地球化学の人文科学への応用
古気候・古環境解析の地球化学
入野智久(北海道大)
,渡邊剛(北海道大)
,中
丸岡照幸(筑波大)
,北川浩之(名古屋大)
,宮
塚武(名古屋大)
,横山祐典(東京大)
,原田尚
G3
田佳樹(名古屋大)
,南雅代(名古屋大)
G1
7 分析化学・物理化学
美(JAMSTEC)
放射性廃棄物と地球化学
平田岳史(京都大)
日高洋(広島大)
,大貫敏彦(JAEA)
,吉田英
年会事務局:
一(名古屋大)
,河田陽介(三菱マテリアル)
G4
G5
鉱物境界面の地球化学,水―岩石相互作用
5
8
1 福岡市東区箱崎6―1
0―1
〒8
1
2―8
高橋嘉夫(広島大)
,福士圭介(金沢大)
,斉藤
九州大学大学院理学研究院内
拓巳(東京大)
2
0
1
2年度日本地球化学会年会事務局
海洋における微量元素・同位体
E-mail:[email protected]
小畑元(東京大)
,張
勁(富山大)
,宗林由樹
(京都大)
G6
学会からのお知らせ
炭化水素資源の地球化学・深部炭素循環
早稲田周(石油資源開発)
,坂田将(産総研)
,
●第7回日本地球化学会ショートコース2
0
1
2
日本地球化学会第5
9回年会が2
0
1
2年9月1
1日
鈴木徳行(北海道大)
,佐野有司(東京大)
G7
G8
G9
∼1
3
地球表層水圏と生態系
日
丸岡照幸(筑波大)
,和田茂樹(筑波大)
,瀬戸
:吉村和久会員)
。年会会期に合わせ,今年もショー
繭美(奈良女大)
,益田晴恵(大阪市大)
トコースを開催します。本ショートコースでは,地球
マントル物質の化学とダイナミクス
化学を研究する上で必須となる基礎知識の包括的修得
下田玄(産総研)
,鈴木勝彦(JAMSTEC)
,小
と,最先端研究に触れることによる視点の拡大,とい
木曽哲(京都大)
,石川晃(東京大)
う二つの目標を掲げ,将来の地球化学を担う若手研究
地球外物質・宇宙惑星化学
者の育成を目指します。講師は各分野で活躍されてい
圦本尚義(北海道大)
,若木重行(北海道大)
,
る5名の方々で,今年も地球化学の面白さ,重要性が
馬上謙一(北海道大)
実感できる講義となりました。学生だけではなく,一
G1
0 同位体効果研究の地球化学への応用
にかけて九州大学にて開催されます(実行委員長
般の研究者の方々にとっても魅力のある講義になって
武蔵正明(首都大)
,大井隆夫(上智大)
,野村
おりますので,多数ご参加頂ければと思います。な
雅夫(東工大)
,谷水雅治(JAMSTEC)
お,日本地球化学会学生会員の方には,学会からの補
G1
1 現世および過去の有機物・微生物・生態系の地
助により参加費が割引となります。詳しくは地球化学
球化学
会ホームページあるいは平田までお問い合わせくださ
川幡穂高(東京大)
,奈良岡浩(九州大)
,山本
い。
受付方法,会場までのアクセス法などについては,
正伸(北海道大)
,高野淑識(JAMSTEC)
G1
2 水圏環境化学
決定次第,ホームページを通じてお知らせいたしま
板井啓明(愛媛大)
,坂田昌弘(静県大)
,太田
す。よろしくお願いいたします。
(京大院理・平田岳史)
充恒(産総研)
,高橋嘉夫(広島大)
―3―
第7回日本地球化学会ショートコース講演プログラム
9:3
0∼9:3
5【はじめに】
5
0名(先着順)
。9月3日
平田岳史(京都大学)
9:3
5∼1
0:5
5【講演1】
て頂きます。主として本学会の学生会員を対象としま
すが,非会員の方の参加も歓迎します。
もうひとつの二酸化炭素問題:「海洋酸性化」を太
お問い合わせ
古の海からさぐる
不明な点などございましたら下記連絡先までメール
原田尚美(海洋研究開発機構)
でお問い合わせください。
1
0:5
5∼1
2:1
5【講演2】
平田岳史(京都大学大学院理学研究科)
:
[email protected]
[email protected]
飯塚
毅(東京大学大学院理学研究科)
●2
0
1
2年度第2回鳥居基金助成の募集
1
3:1
5∼1
4:3
5【講演3】
同位体比を用いた古環境変動解析
丸岡
2
0
1
2年 度 第2回 鳥 居 基 金 助 成 の 応 募 の 締 め 切 り
照幸(筑波大学大学院生命環境科学研究科)
1
4:3
5∼1
5:5
5【講演4】
は,2
0
1
2年7月3
1日(消印有効)となります。本学会
ホームページに応募要項がありますので,ご参照の
マルチプルツールと沿岸海洋の地球化学
張
を参加申込締切日とし
ますが,定員になり次第,参加申し込みを締め切らせ
上,応募書類を提出して下さい。なお今回の助成の対
勁(富山大学大学院理工学研究部)
1
6:1
0∼1
7:3
0【講演5】
象は,2
0
1
2年1
0月から2
0
1
3年9月までの1年間に実施
される海外渡航及び国内研究集会となりますのでご注
Basic Presentation Skills in English
意下さい。
Huixin Liu(九州大学大学院理学研究院)
http://www.geochem.jp/prize/torii.html
1
7:3
0∼1
7:4
0【Closing】
申請手続
開催日時・場所
日時:平成2
3年9月1
0日
応募者は,学会ホームページからダウンロードした
午前9時3
0分∼夜6時頃
申請書(
−A または
−B)を所定の期日までに下
まで(日本地球化学会年会開催日:2
0
1
1年9月
記に提出して下さい。参考となる資料(海外派遣につ
1
1∼1
3日)
いては業績リストおよび学会参加の場合は学会概要
ショートコース会場:九州大学箱崎キャンパス文系地
等,国内研究集会については集会の案内・概要等)を
区(詳細は決定し次第,ホームページ等でお知らせ
添付してください。なお,海外渡航により国際学会等
します)
での研究発表を行う場合は,申請書の「研究の概要・
会場へのアクセス方法については,年会ホームペー
経費の支援を必要とする理由」欄に,渡航にあたって
ジをご覧下さい。
の抱負や発表する論文の内容・重要性,なぜ鳥居基金
年会ホームページ:
の補助を必要とするかについて記載して下さい(様式
http://www.geochem.jp/meeting/index.html
が改訂されていますのでご注意ください)
。また,海
参加費
外派遣に関しては,他の研究助成金との重複受給は認
3,
0
0
0円(講師謝金費,資料代,弁当代等を含む)
。
められておりませんので,ご注意下さい。
当日受付で徴収いたします。但し,日本地球化学会学
生会員は学会からの補助により2,
0
0
0円引とします。
提出先:
申込み方法
豊田
7月頃からホームページ上で参加申し込みを受け付
け開始します。以下のサイトから申し込みファイルを
栄(庶務幹事)
5
0
2 横浜市緑区長津田町4
2
5
9
〒2
2
6―8
6
mailbox G1―2
ダウンロードし,必要事項を記入の上,お申し込み下
東京工業大学大学院総合理工学研究科
さい。
環境理工学創造専攻
http://www.kueps.kyoto-u.ac. jp / ¯ web-geochem /
2
4―5
5
5
9,Fax:0
4
5―9
2
4―5
5
5
9
Phone:0
4
5―9
Home.html
E-mail:[email protected]
定員・申込締切
―4―
こととした。
評議員会議事録
2.
8.地球惑星連合大会プログラム委員の選定につい
●2
0
1
2年第1回日本地球化学会評議員会議事録
日時:2
0
1
1年2月1
1日
て(前期評議員会からの申し送り事項)
1
2:0
0∼1
7:3
0
学会とコンビーナーの橋渡し役,本会主催のセッ
場所:東京工業大学大岡山キャンパス石川台2号館
ション(今年は2件)に対する共催問い合わせへの
3
1
5号室
対応などを行う,プログラム委員の選定方法を明確
出席者:吉田会長,山本副会長,清水監事(オブザー
にした。3名の委員を置き,任期3年,毎年1名交
バー参加),板井,岩森,小畑,折橋,下田,
代とし,2月の評議員会にて承認する。今年はこれ
高橋,谷水,谷本,角皆,原田,日高,平田,
まで委員を務めてきた角皆潤会員が小畑元会員と交
益田,丸岡,南,圦本,横山,豊田の各評議
代することが提案され,承認された(他の2名につ
員
いては下田玄,鈴木勝彦両会員が継続)
。
欠席者:植松,川幡,佐野評議員
2.
9.国際文献が保管している和文・英文誌在庫の処
分について(豊田庶務幹事)
1.会長挨拶
保管料の節減効果,電子化に伴う必要性の低下を
考慮し,ハードカバーで製本された GJ と和文誌
「会員」「活動」「国内連携」「国際連携」の各項
(3
9巻まで)
,古い News や DVD などについて廃
目について,今期の課題と活動方針が示された。
棄処分することが提案された。メールニュースで通
2.審議事項
知し,希望者に譲渡した上で,残りを処分すること
とした。また,ソフトカバーの GJ,和文誌は,5
2.
1.議事録の承認手順について
前期と同様に,今期もメールにて回覧,評議員会
部(ただし過去3年分は3
0部)保管,年会要旨集は
で承認(読み上げは省略)することが確認された。
1冊ずつ保管し,残りは処分することが承認され
2.
2.評議員の追加委嘱について
た。
2
0
1
1年度第4回評議員会後の新評議員会合で提案
2.
1
0.GJ 賞選考について
された,豊田栄会員に評議員を委嘱する件につい
共著者数が多い受賞論文に対して,従来どおり著
て,役員選出細則第6条3「評議員の追加選出」に
者全員に楯を授与すべきかどうかについて議論し,
基づき2
0
1
2年1月1日付けで承認した。
論文に対して楯を1個,著者全員に賞状を授与する
2.
3.国際文献印刷社との2
0
1
2年度契約(業務委託,
こととした。あわせて,例年受賞者の決定が遅れて
Goldschmidt 国際会議での表彰式出席や受賞者記
年会関連,HP 制作)が承認された。
2.
4.GJ 出版に関わるテラパブとの2
0
1
2年度覚書に
念講演が困難となっている問題について,その改善
策が議論された。今年の掲載論文を対象とする GJ
ついて,文言の微修正の後,承認された。
2.
5.2
0
1
2年度学会賞等選考委員長,鳥居基金委員長,
賞選考スケジュールについては圦本編集委員長が検
名誉会員推薦委員が承認された。
討し,必要があれば受賞者選考細則を改訂する。
2.
6.学会パンフレット改訂について(原田広報幹
2.
1
1.広告募集について
事)
和文誌,ホームページ広告の申込みが少なく,学
5∼6月の国内・国際学会での配布に向けての改
会収入の減少が危ぶまれることから,積極的に企業
訂案が示されたが,時間と費用をかけて抜本的な改
に依頼をしていく必要性が確認された。庶務幹事の
訂をすべきとの意見が出され,今年は微修正にとど
業務を低減するため,企画幹事が年会 LOC と連携
めるかどうかを含め,広報委員会で再検討すること
して展示企業に勧誘することとした。
となった。
2.
7.JSPS 育志賞,文科省科学技術分野の文部科学
3.報告事項等
大臣表彰受賞候補者,若手科学賞候補者推薦依頼の
3.
1.庶務(豊田幹事)
扱いについて(前期評議員会からの申し送り事項)
3.
1.
1.各種委員会等のメンバー決定について(敬称
会員からの推薦に基づき,候補者を会長,副会長
が決定し,評議員会(メール会議含む)で承認する
―5―
略)
タスクフォース:吉田主査
学会組織改革 TF:副会長2名体制その他の組織改
田,南,豊田の現幹事が出席して引継事案の確認等
革について検討し,必要に応じ規則改正案をまと
める。山本副会長(副査)
,板井,植松,下田,
を行った。
3.
1.
4.メール審議
角皆,丸岡の各評議員
「TF 設 置 に つ い て」(2
0
1
2年1月1
0日,会 長 提
Goldschmidt 国 際 会 議(GC)開 催 検 討 TF:開 催
案)および「学会からのお知らせ「大震災関連」
場所,開催時期,共催をするか否か,共催の場合
について」(2
0
1
2年1月2
0日,会長提案)が評議員
の 日 本 の 役 割 等 に つ い て 検 討 す る。平 田(副
会に先立ちメールで審議され,承認された。
3.
1.
5.
査)
,益田,佐野の各評議員および鈴木勝彦,上
2
0
1
2年第1回幹事会(2
0
1
1年2月4日
野雄一郎の各会員
1
7:0
5,JAMSTEC 東京事務所)
将来計画委員会:山本委員長の下に3つのワーキ
1
2:0
0∼
吉田会長,山本副会長,圦本・GJ 編集委員長,
ンググループ(WG)を置く
高橋・和文誌編集委員長,川幡,下田,原田,平田,
将来計画 WG:出来る限り若い会員に1
0年後の学会
南,豊田の各幹事が出席し,第1回評議員会の議案
のあり方を想定して頂き,学会の変えるべきとこ
ろ,取り入れるべきところを提案・議論する。山
整理を行った。
3.
1.
5.学会賞,鳥居基金の推薦,応募について
本副会長(主査)
,丸岡(副査)
,板井(副査)
,
1月3
1日に締め切った。学会賞1件,奨 励 賞3
平田,日高の各評議員および川口慎介,瀬戸繭
件,功労賞1件の推薦と,鳥居基金6件の応募が
美,大塚高弘の各会員
あった。
Geochemical Journal(GJ)出版 WG:GJ 出版に
3.
1.
6.GJ 賞について
関して来年度から新しい契約に入るためテラ学術
佐野前編集委員長が候補者を選考中,学会賞等受
図書出版と調整し,新しい契約書の作成を行い,
本年の総会にて承認を得る。また,DOI 取得と
賞者選考委員会に送付予定。
3.
1.
7.広告・協賛企業申込
公開や将来のオープンアクセス化当についても議
協賛企業(ホームページ広告およびメールニュー
論を行う。山本副会長(主査)
,折橋(副査)
,高
ス広告)
:三洋貿易(新規)
,テラパブ,オーレック
橋,谷水,谷本の各評議員および鍵裕之会員
(継続,確認中)
法人化 WG:近い将来法人化すべき時に慌てないよ
和文誌「地球化学」:フリッチュ・ジャパン(1
うに,準備を含めて議論を進める。山本副会長
(主査)
,川幡(副査)
,小畑の各評議員
∼4号)
,大陽日酸(2,
4号)
3.
1.
8.2
0
1
1年度の広告費請求
3.
1.
2.協賛,共催,後援
「地球化学」
:4号分まで済(三澤前幹事)
。
HP:オーレック(4月∼)とテラパブは済み(テ
第1
7回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する
ラパブは GJ 売上金と合算予定)
。
研究集会(2
0
1
1年6月1
6∼1
7日,廃棄物資源循環学
会など主催,川崎市,後援)
,地熱学会平成2
3年学
3.
1.
9.科研費(GJ 研究成果公開促進費)状況報告
術講演会(2
0
1
1年1
1月9∼1
1日,指宿市,協賛)
,
書,実績報告書(三澤前幹事が対応予定)
第1
8回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研
3.
1.
1
0.日本学術会議男女共同参画分科会アンケート
究集会(2
0
1
2年6月1
4∼1
5日,地 盤 工 学 会 な ど 主
調査への回答,日本化学連合第5回シンポジウム
催,さいたま市,後援)
,第4
9回アイソトープ・放
「共に生きよう
射線研 究 発 表 会(2
0
1
2年7月9∼1
1日,東 大 農 学
技術・教育を考える」と交流会の案内
部,共催,運営委員:村松会員)
,国際火山学地球
世代を超えて―今後の日本の科学
3.
1.
1
1.今後の幹事会・評議員会予定
内部化学協会2
0
1
3年学術総会(IAVCEI2
0
1
3Scien-
第2回幹事会:5月(地球惑星科学連合大会期間
tific Assembly,2
0
1
3年7月2
0∼2
4日,日本火山学
中)
,第2回評議員会:6月(メール会議)
,第3回
会主催,鹿児島市,後援)
。
3.
1.
3.引継幹事会(2
0
1
1年1
2月1
8日
幹 事 会:9月1日
1
2:0
0∼1
5:
3
0,東大理学部)
,第3回 評 議 員 会:9月1
0日
1
3:0
0 九州大学
3.
2.広報(原田幹事)
海老原前会長,三澤,丸岡,鍵,谷水の前幹事,
3.
2.
1.今 期 広 報 委 員(大 木 淳 之,乙 坂 重 嘉,小 畑
吉田現会長,山本現副会長,川幡,原田,下田,平
元,下田玄,鈴木勝彦,平野直人,三村耕一,山下
―6―
勝行,山口耕生の各会員および川幡ニュース幹事,
が開催され基本方針が決定される。学会 HP に概要
山本副会長)の紹介
を掲載予定(広報担当:石橋委員,栗崎委員)
。年
3.
2.
2.学会ホームページ(HP)
会前日にショートコースを開催予定。講師は,原
新年度の更新がほぼ終了した。中規模の改訂を検
田,丸岡,飯塚の各会員他2名(交渉中)
。連合大
討している。学会ニュースや HP へ情報提供する際
の書式はテキスト形式(メールのベタ打ち可)でお
会までにプログラムを決定し宣伝する。
3.
3.
4.その他
願いしたい。業者の HP 広告を募集しているので,
鍵前企画幹事から連合大会の総務委員,ショート
協力をお願いする。HP 広告掲載企業(協賛企業)
コース企画運営,横浜国立大学 CST(コアサイエ
はニュースメールによる広告配信も可能となってい
ンスティーチャー)プロジェクトの支援について引
る(年1
2回まで)
。
き継ぎ行った。
3.
2.
3.講師派遣事業
3.
4.会員(下田幹事)
2
0
1
2年2月現在の派遣講師登録は4
8名,派遣依頼
1)以降,会費未納者に対して
会費納入期限(1/3
1件(埼玉県上尾市立西中学校,瀧上豊会員を2月
督促請求のための手紙を送付予定(3月及び6月)
に派遣予定)
であること,2回目の納入期限は,例年7月3
1日で
3.
2.
4.学会ブース
あることが報告された。また,会員数の年齢分布が
連合大会(5月)は2スパン申請中,GC2
0
1
2
(カ
報告され,最年少1
9歳,最高齢9
4歳で高齢側に広い
ナダ・モントリオール,6月)は申請準備中。年会
裾野をもつ分布であることが示された。本会とし
(九州大,9月)は「地球と宇宙の化学事典」の出
て,若年層(1
0∼2
0代)や海外の会員を増やす努力
版が間に合えばブースを出す予定。
をしてはどうかとの意見が出された。
3.
2.
5.その他
学会パンフレット,ショートコースパンフレット
を連合大会の本会主催・共催セッションの会場入り
口に置く。GC2
0
1
2での学会パンフレット配布につ
いて交渉予定。
3.
3.企画(平田幹事)
3.
3.
1.2
0
1
2年日本地球惑星科学連合大会(5月2
0∼
2
5日,幕張メッセ)
7締切。本会が活
参加登録受付中,要旨投稿は2/1
動支援してきた「固体地球化学・惑星化学」(固体
地 球 化 学 セ ッ シ ョ ン:コ ン ビ ー ナ 下 田,鈴 木
日本地球化学会会員数(2
0
1
2年1月3
1日)
人数 契約口数 GJ 冊子希望 GJ 冊子不要
会員種別
一般正会員
7
2
7
学生正会員
1
2
7
うち,学生パック (3
3)
シニア正会員
5
8
賛助会員
1
0
名誉会員
1
1
合計
(寄贈)
(GJ 発送総数)
1
0
3
0
7
6
9
(1
6)
3
0
9
6
4
2
0
5
8
(1
7)
2
8
1
5
4
2
1
1
7
4
3
8
5
1
2
9
3
3
(勝)
,山下会員)に加え,今年から「地球化学の
最前線」(領域外・複数領域セッション:コンビー
9/0
1∼2
0
1
2/0
1/3
1)
会員異動(2
0
1
1/0
ナ高橋,平田,角皆,鍵,鈴木,横山(祐)
,横山
【入会】
(哲)
,小畑,橘会員)が新たに立ち上げられた。
(9月)
3.
3.
2.2
0
1
2年 Goldschmidt 国際会議(6月2
4∼2
9日,
会員番号
会員名
会員種別
9
2
8
2
6
8
6
前田俊介
学生パック
カナダ・モントリオール)
要旨投稿は受付終了,参加登録は4月2
0日締切。
9
2
8
2
7
0
9
得丸絢加
学生パック
本会は協賛金($3,
0
0
0)を支援する予定。本会会
9
2
8
2
7
5
4
高野祥太朗
学生パック
員は登録費割引(1
0
0ドル)がある。学会公式ホー
9
2
8
2
7
5
5
氷上
学生パック
愛
ムページ(home)には本会のロゴは掲載されてい
9
2
8
2
7
6
2
川崎教行
学生パック
ないが,Partners’ section に掲載される予定。
9
2
8
2
7
7
0
小森昌史
学生パック
9
2
8
2
7
7
3
江本真理子
学生パック
9
2
8
2
7
7
5
Mikhail Vasilev
学生正会員
9
2
8
2
7
7
6
宮地俊作
一般正会員
3.
3.
3.第5
9回日本地球化学会年会(2
0
1
2年9月1
1日
∼1
3日
,九州大学)
2月1
4日に実行委員会(委員長:吉村和久会員)
―7―
9
2
8
2
7
7
9
野坂裕一
学生パック
(1
0月)
9
2
8
2
7
8
0
牧田寛子
一般正会員
(1
1月)
9
2
8
2
7
7
7
大森裕子
一般正会員
(1
2月)
9
2
8
2
5
5
4
柏山祐一郎
一般正会員
9
2
8
2
6
1
1
小澤
萌
学生正会員
9
2
8
2
6
5
4
柘植研一
一般正会員
9
2
8
2
6
6
3
中村明博
一般正会員
9
2
8
2
6
7
9
西本礼香
学生パック
9
2
8
2
6
8
1
松本祐介
学生パック
9
2
8
2
7
0
8
斎藤直樹
学生パック
9
2
8
2
7
1
9
大木可奈子
一般正会員
9
2
8
2
7
2
2
奥地拓生
一般正会員
なし
(1月)
(1月)
2
8
1
1
6
4
今井
9
2
8
2
7
8
1
鹿児島渉悟
学生正会員
1
2
8
2
2
7
4
本郷やよい
登
一般正会員
一般正会員
9
2
8
2
7
8
2
木村裕也
学生正会員
3
2
8
2
0
8
7
吉田崇宏
一般正会員
9
2
8
2
7
8
3
長谷和磨
学生パック
8
2
8
1
6
5
2
塚原弘昭
一般正会員
9
2
8
2
7
8
4
尾上哲治
一般正会員
9
2
8
0
7
4
2
根建心具
一般正会員
9
2
8
2
7
8
5
加藤ともみ
学生パック
9
2
8
2
6
3
4
近本めぐみ
一般正会員
9
2
8
2
7
8
6
長島佳菜
一般正会員
9
2
8
2
6
6
6
片岡良輔
学生パック
9
2
8
2
6
6
7
伊藤由喜
学生パック
9
2
8
2
7
8
7
清水美早
学生パック
9
2
8
2
7
8
9
三洋貿易株式会社
賛助
【会員種別変更】
【退会】
(1
1月)
(1
1月)
会員番号
会員番号
会員名
2
2
8
0
4
0
6
小坂丈予
1/2
3逝去
シニア正会員 2
0
1
1/1
6
2
8
0
5
4
9
杉原
1/2
5逝去
シニア正会員 2
0
1
1/1
健
会員種別
備考
(1
2月)
9
2
8
2
5
7
7
出水
翔
会員名
1
2
8
0
5
8
8
田中
剛
2
2
8
0
1
5
0
石渡良志
変更前
変更後
一般正会員
シニア正会員
シニア正会員
名誉会員
3
2
8
0
5
9
5
高岡宣雄
シニア正会員
名誉会員
4
2
8
2
1
9
8
柴田信之介
学生正会員
一般正会員
6
2
8
0
6
8
0
脇田
シニア正会員
名誉会員
宏
学生正会員 2
0
1
0年度会費未納
9
2
8
2
5
9
0
馬瀬
輝
学生正会員 2
0
0
9年度会費未納
(1
2月)
4
2
8
1
7
4
6
井上
元
一般正会員 2
0
1
0年度会費未納
9
2
8
2
4
0
0
宮川和也
学生正会員
一般正会員
2
8
1
2
9
4
平井昭司
9
2
8
2
5
0
8
松岡かおり
学生正会員
一般正会員
学生パック
学生正会員
学生パック
学生正会員
一般正会員
1
2
8
1
5
7
6
矢吹貞代
一般正会員
1
2
8
2
0
9
2
村中
健
一般正会員
(1月)
4
2
8
1
7
9
1
寺井久慈
一般正会員
9
2
8
2
6
5
8
濱崎
6
2
8
1
2
8
1
溝田智俊
一般正会員
9
2
8
2
6
5
9
河野麻希子
浩
7
2
8
1
2
7
3
近藤
寛
一般正会員
9
2
8
2
6
6
2
横山由佳
学生パック
学生正会員
8
2
8
1
4
6
9
吉田武義
一般正会員
9
2
8
2
6
6
8
城森由佳
学生パック
学生正会員
9
2
8
0
3
2
2
宮崎
シニア正会員
9
2
8
2
6
6
9
太田祥宏
学生パック
学生正会員
章
9
2
8
0
9
0
2
田上英一郎
一般正会員
9
2
8
2
6
7
0
磯山陽子
学生パック
学生正会員
9
2
8
2
3
8
8
渡部慎一
一般正会員
9
2
8
2
6
7
1
高橋幸士
学生パック
学生正会員
9
2
8
2
3
9
4
荒川
雅
一般正会員
9
2
8
2
6
7
5
ヴティジュウ フオン 学生パック
9
2
8
2
4
1
0
小竹翔子
一般正会員
9
2
8
2
6
7
8
吉村寿紘
学生パック
学生正会員
9
2
8
2
4
8
9
代田里子
学生正会員
9
2
8
2
6
8
0
深井
学生パック
学生正会員
―8―
惠
学生正会員
9
2
8
2
6
8
4
吉田知紘
学生パック
学生正会員
巻4号までの論文 PDF がオープンアクセスとなっ
9
2
8
2
6
8
5
森島
唯
学生パック
学生正会員
た ( http : / / ci . nii . ac . jp / organ / journal / INT
9
2
8
2
6
8
8
関谷朋子
学生パック
学生正会員
1000004240_ja.html)
。4
1巻1号∼4
4巻4号は掲載
9
2
8
2
6
8
9
森脇絵美
学生パック
学生正会員
準備中,4
5巻1∼2号は掲載済み(ただし,発刊後
9
2
8
2
6
9
0
山本真里子
学生パック
学生正会員
9
2
8
2
6
9
1
今井崇暢
学生パック
学生正会員
9
2
8
2
6
9
3
窪田
学生パック
学生正会員
1
2月末で一部委員交代(編集長に準じ,委員の任
薫
2年間以内なので非公開)
。
3.
6.
2.新編集委員の報告
9
2
8
2
6
9
4
尾崎和海
学生パック
学生正会員
期も2年を目安とした)
。今期の編集委員は井上麻
9
2
8
2
6
9
5
片山樹里
学生パック
学生正会員
夕里,小畑元,小木曽哲,高野淑識,田中万也,谷
9
2
8
2
6
9
6
岡林識起
学生パック
学生正会員
水雅治,松本潔の各会員。
9
2
8
2
6
9
7
山崎香奈
学生パック
学生正会員
3.
6.
3.発刊予定
9
2
8
2
7
0
0
山中康平
学生パック
学生正会員
【2
0
1
2年 Vol.
4
6,No.
1】
9
2
8
2
7
0
1
村井彰宏
学生パック
学生正会員
企画総説「地球化学の最前線」
:吉村寿紘,谷水雅
9
2
8
2
7
0
2
吉田
学生パック
学生正会員
治「炭酸カルシウムの Ca,Mg 安定同位体分別」
怜
9
2
8
2
7
0
3
佐野和広
学生パック
学生正会員
日本地球化学会奨励賞受賞記念論文:中村謙太郎
9
2
8
2
7
0
4
太田朋子
学生パック
学生正会員
「海底熱水系における水―岩石反応の地球化学」
9
2
8
2
7
0
5
高田理恵
学生パック
学生正会員
報文:猪狩俊一郎「油ガス田地域(新潟)と非油ガ
9
2
8
2
7
0
6
丸山浩司
学生パック
学生正会員
ス田地域(茨城・群馬)における軽質非メタン炭
9
2
8
2
7
1
0
福田美保
学生パック
学生正会員
化水素濃度の比較Ⅱ,1
9
9
4年∼1
9
9
9年冬季」
報文:尾崎宏和,油谷有紀,鈴木大輔,渡邉
【除名】
会員番号
泉「奄
美大島表層土壌における高レベル有害元素濃度お
会員種別
よび生物可給リスク」
1
2
8
0
6
2
9
堤
会員名
克彦
一般正会員
【2
0
1
2年 Vol.
4
6,No.
2】
8
2
8
1
1
6
8
今井嘉彦
一般正会員
東北東日本大地震関連ミニ特集
8
2
8
1
5
9
9
Jedrysek, Mariusz O. 一般正会員
地球化学会としての取り組み(主に放射能調査)
:
9
2
8
2
3
3
1
早津岳宏
9
2
8
2
3
7
4
Fu, Ching-Chou 学生正会員
一般正会員
加藤愛太郎(地震研)
,放射能の陸域・海洋への
9
2
8
2
4
1
8
荘山英敏
学生正会員
飛散:鶴田治雄(東大大気海洋研)
,企画総説1
9
2
8
2
4
2
0
塚本英智
学生正会員
件(検討中)
海老原(首都大)
,今回の地震の特徴について:
9
2
8
2
4
4
8
江守建太
学生正会員
【2
0
1
2年 Vol.
4
6,No.
4】
9
2
8
2
4
9
5
白石智一
学生正会員
特集号「地殻流体」(編集担当:小木曽哲,横山哲
9
2
8
2
5
0
2
竹谷
学生正会員
5
2
8
0
0
9
6
平木敬三
裕
也,
岩森光)
シニア正会員
【2
0
1
3年について】
2
0
1
3年は地球化学会5
0周年(前身の地球化学研究会
3.
5.会計(南幹事)
から数えて6
0周年)となるので,
「地球化学会の
谷水前会計幹事から引継ぎ中であること,今年度
歩み」を書いて下さる方を探している。また,は
の評議員旅費,幹事経費の支給方針について報告が
あった。2月の幹事会および評議員会を同日開催と
やぶさ関連の特集号の案あり。
3.
6.
4.今後2年間の課題
GJ の表紙変更に伴う,
「地球化学」表紙の改
することで旅費を削減できるのではないか,との意
見が出された。
変検討,
インパクトファクターを付与するための
3.
6.和文誌「地球化学」(高橋編集委員長)
作業,
3.
6.
1.CiNii での創刊号以降の全文公開開始
論文投稿数の減少,が報告された。
国立情報学研究所(NII)の論文情報ナビゲータ
CiNii(サイニィ)において,和文誌の創刊号∼4
0
―9―
支出超過(2
0
1
1年,約2
0万円)の改善,
については
GJ の被引用数が増える効果が期待できるとの意
見,
についてはページ超過やカラーページに対し
趣旨説明の後,2
0
1
6年または2
0
2
0年の GC 開催地
てページチャージを徴収すべきとの意見が出され
た。
として日本が立候補することの是非,2
0
1
6年の中国
3.
7.GJ(圦本編集委員長)
との共催の可能性について意見交換を行った。
3.
1
0.GJ 出版 WG(山本副会長)
3.
7.
1.発行・編集状況(2月2日現在)
2
0
1
1年 Vol.
4
5,No.
6は2
0
1
2年1月 に 発 行 さ
1月2
8日
にテラ学術図出版社の担当者も出席し
れ,2
0
1
2年 Vol.
4
6,No.
1は2月 に 発 行 予 定。投
て開かれた第1回 WG 会合についての報告があっ
稿受付が2
0
1
1年1
2月3
1日までの論文を佐野前編集委
た。GJ 冊子体を有料とする案について,販売価格
員長,2
0
1
2年1月1日以降の論文を圦本委員長がそ
の妥当性や会則変更の必要性についての意見が出さ
れぞれ取り扱う。投稿数は1
4報,うち受理0,却下
れた。
1,審査中1
0,AE 選考中3,取り下げ0となって
いる。2
0
1
1年ゴールドシュミット会議「Fukushima
4.その他
Review」および第5
8回年会「災害による環境汚染
4.
1.「学術情報発信緊急説明会」および科研費「研究
および復興の地球化学」に基づく特集号の提案(海
成果公開促進費」改善に関する文科省意見交換会に
老原(首都大)
,吉田(東工大)
,高橋(広島大)の
ついて
各会員)を受け付けた。
川幡評議員から提供された資料をもとに,地球惑
星科学連合が計画しているジャーナルに対して GJ
3.
7.
2.その他
副編集長として鍵(東大),角皆(北大),Kumar
をどのように位置づけて出版助成の申請をするべき
(静大)
,Fagan(早大)の各氏を選出したとの報
かについて,意見交換を行った。情報収集の必要性
告があり,承認された。天川,平田,Dalai 各氏が
と状況に応じた速やかな決断が迫られる可能性につ
AE を辞退したことから,AE の補充を検討してい
いて確認し,今後の議論は GJ 出版 WG で行うこ
る旨の報告があった。
ととした(川幡評議員に WG メンバー参加を依頼
3.
8.学会組織改革 TF(吉田会長)
予定)
。2月1
7日に開かれる連合の緊急説明会には
TF 設置の趣旨が吉田会長,山本副会長から説明
された。今後 TF が作成する素案をもとに,評議員
会でも議論していくことを確認した。
会長代理として折橋評議員(兼 WG メンバー)が
出席することになった。
(庶務幹事・豊田
3.
9.GC 開催検討 TF(吉田会長)
― 10 ―
栄)
ニュースへ記事やご意見をお寄せください
地球化学に関連した研究集会,書評,研究機関の紹介などの原稿をお待ちしております。編集の都合上,
電子メールでの原稿を歓迎いたしますので,ご協力の程よろしくお願いいたします。次号の発行は2
0
1
2年9
月頃を予定しています。ニュース原稿は7月下旬までにお送りいただくよう,お願いいたします。また,ホー
ムページに関するご意見もお寄せください。
編集担当者(日本地球化学会ニュース・HP 幹事)
原田尚美
川幡穂高
5
6
4 千葉県柏市柏の葉5―1―5
〒2
7
7―8
〒2
3
7―0
0
6
1 神奈川県横須賀市夏島町2―1
5
東京大学大気海洋研究所
海洋研究開発機構(JAMSTEC)
海洋底科学部門
地球環境変動領域
1
3
6―6
1
4
0
Tel:0
4―7
6
7―9
5
0
4/Fax:0
4
6―8
6
7―9
4
5
5
Tel:0
4
6―8
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
― 12 ―