AN173 LCD-KIT サンプルプログラム解説 (SH7269) - 株式会社アルファ

アプリケーションノート
ALPHA PROJECT Co.,LTD.
AN173
LCD-KIT サンプルプログラム解説 (SH7269)
2012年4月20日
目
1.
2.
次
概要.................................................................................................................................. 1
1.1
概要 ........................................................................................................................................................... 1
1.2
動作モード ................................................................................................................................................ 1
1.3
開発環境について...................................................................................................................................... 4
サンプルプログラムの構成 .............................................................................................. 5
2.1
フォルダ構成............................................................................................................................................. 5
2.2
ファイル構成............................................................................................................................................. 6
3. LCD-KIT サンプルプログラム .......................................................................................... 8
3.1
ビルド・デバッグ方法 .............................................................................................................................. 8
3.2
動作説明 .................................................................................................................................................. 10
3.2.1 サンプルプログラム概要 ................................................................................................................................... 10
3.3
RAM 動作時のメモリマップ ................................................................................................................... 11
3.4
ROM 動作時のメモリマップ ................................................................................................................... 12
AN173 LCD-KIT サンプルプログラム解説 (SH7269)
ALPHAPROJECT
Copyright©2012 ALPHA PROJECT Co.,LTD All right reserved
http://www.apnet.co.jp
アプリケーションノート
1.
ALPHA PROJECT Co.,LTD.
AN173
概要
1.1
概要
本アプリケーションノートでは、AP-SH2A-6A(SH7269)を用いて LCD-KIT を動作させるサンプルプログラムについて
解説します。
ソフトウェアは静電容量式(LCD-KIT-B01)及び抵抗幕式(LCD-KIT-C01)の2種類に対応しています。
本サンプルプログラムで使用する主な機能を以下に記します
機能
動作内容
LCD-KIT
LCDパネル
各種画面の表示
( LCD-KIT-B01)
タッチパネル(静電容量式 or 抵抗幕
ポインタの移動
( LCD-KIT-C01)
式)
AP-SH2A-6A
バックライト
バックライトの点灯
スイッチ
各種機能の切り替え
ブザー
ブザー音出力
ビデオディスプレイコントローラ
グラフィック表示
(VDC4)
1.2
ビデオデコーダ(DVDEC)
ビデオ入力表示
IIC 通信(IIC3)
LCD-KIT との通信
JPEG デコード(JCU)
JPEG データの展開
周期タイマ(CMT0)
時間管理
シリアル通信(SCIF1)
標準出力
動作モード
本サンプルプログラムは、AP-SH2A-6A で動作します。CPU 動作モード、各メモリ設定は下記のようになっています。
モードの設定方法等につきましては、「AP-SH2A-6A ハードウェアマニュアル」をご覧下さい。
なお、下記以外の条件で動作させる場合には、ソースファイルやコンパイラオプションなどを変更する必要があります。
ブートモード
:
ブートモード0(CS0 16bit ブート)
SSCG
:
SSCG OFF
SDRAM 設定
:
SDRAM を使用する
FLASHROM 設定
:
NOR FLASHROM を使用する
AN173 LCD-KIT サンプルプログラム解説 (SH7269)
Copyright©2012 ALPHA PROJECT Co.,LTD All right reserved
1
ALPHAPROJECT
http://www.apnet.co.jp
アプリケーションノート
ALPHA PROJECT Co.,LTD.
AN173
JSW2
JSW1
SW2
JP7
JSW3
AN173 LCD-KIT サンプルプログラム解説 (SH7269)
Copyright©2012 ALPHA PROJECT Co.,LTD All right reserved
2
JP8
JP4
JP3
JSW4
ALPHAPROJECT
http://www.apnet.co.jp
アプリケーションノート
ALPHA PROJECT Co.,LTD.
AN173
CPU ボードの設定を製品出荷時の状態とし、使用方法に合わせて以下の各スイッチの設定を行って下さい。
JP3、JP4、JP7、JP8 は短絡されている状態とします。
・SW2
1
2
3
4
<SW2 設定>
SW2
O
N
ブートモード
: CS0(16bit)ブート
SSCG
:SSCG 動作 OFF
・JSW1
F_ROM
OFF - ON
<JSW1 設定>
ボード上の NOR FLASHROM
: 使用する
JSW1
・JSW2
SDRAM
OFF - ON
<JSW2 設定>
ボード上の SDRAM
: 使用する
JSW2
・JSW3
NOR
SERIAL
<JSW3 設定>
FLASHROM 選択
: NOR FlashROM を使用
FLASH
・JSW4
HOST/
AUTO
FUNC
<JSW4 設定>
USB ポートの選択
: PA0 を用いる
USB
AN173 LCD-KIT サンプルプログラム解説 (SH7269)
Copyright©2012 ALPHA PROJECT Co.,LTD All right reserved
3
ALPHAPROJECT
http://www.apnet.co.jp
アプリケーションノート
1.3
ALPHA PROJECT Co.,LTD.
AN173
開発環境について
本サンプルプログラムは総合開発環境 High-performance Embedded Workshop を用いて開発されております。
サンプルプログラムに対応する開発環境、コンパイラのバージョンは次のようになります。
開発環境
High-performance
バージョン
V 4.00 以降
コンパイラ名
バージョン
SHC ※1
Embedded
備考
V9.0.4(Release01)
SuperH ファミリ用 C/C++コンパイラ
以降
パッケージに付属
Workshop
※1: 「SuperH ファミリ用 C/C++コンパイラパッケージ」です。ルネサスエレクトロニクス社のウェブサイトより評価版を
ダウンロードできます。
AN173 LCD-KIT サンプルプログラム解説 (SH7269)
Copyright©2012 ALPHA PROJECT Co.,LTD All right reserved
4
ALPHAPROJECT
http://www.apnet.co.jp
アプリケーションノート
2.
ALPHA PROJECT Co.,LTD.
AN173
サンプルプログラムの構成
2.1
フォルダ構成
サンプルプログラムは下記のようなフォルダ構成になっています。
ap_sh2a_6a_lcdkit
ap_sh2a_6a_lcdkit
USB ファンクションサンプルプログラム
Debug
RAM 動作用ワークフォルダ
Release
ROM 動作用ワークフォルダ
src
ソースファイルフォルダ
include
インクルードファイルフォルダ
common
基本ファイルフォルダ
app
サンプルプログラム用ファイルフォルダ
driver
include
VDC4 ドライバ用インクルードファイルフォルダ
vdc4
VDC4 ドライバ用ソースファイルフォルダ
AN173 LCD-KIT サンプルプログラム解説 (SH7269)
Copyright©2012 ALPHA PROJECT Co.,LTD All right reserved
5
ALPHAPROJECT
http://www.apnet.co.jp
アプリケーションノート
2.2
ALPHA PROJECT Co.,LTD.
AN173
ファイル構成
サンプルプログラムは以下のファイルで構成されています。
<\ap_sh2a_6a_lcdkit フォルダ内>
ap_sh2a_6a_lcdkit.hws
・・・
LCD-KIT HEW 用ワークスペースファイル
XrossFinder_sh2a_6a_debug.xfc
・・・
XrossFinder 用コマンドファイル(RAM 実行用)
XrossFinder_sh2a_6a_release.xfc
・・・
XrossFinder 用コマンドファイル(ROM 実行用)
<\ap_sh2a_6a_lcdkit \ ap_sh2a_6a_lcdkit フォルダ内>
ap_sh2a_6a_lcdkit.hwp
・・・
LCD-KIT HEW 用プロジェクトファイル
<\ap_sh2a_6a_lcdkit\ap_sh2a_6a_lcdkit\Debug フォルダ内>
ap_sh2a_6a_lcdkit.abs
・・・
ap_sh2a_6a_lcdkit.mot
・・・
ap_sh2a_6a_lcdkit.map
・・・
LCD-KIT RAM 動作用オブジェクトファイル
(elf 形式)
LCD-KIT RAM 動作用モトローラ S フォーマット
形式ファイル
LCD-KIT RAM 動作用マップファイル
コンパイル後は、.obj, .lib 等のファイルが生成されます
<\ap_sh2a_6a_lcdkit\ap_sh2a_6a_lcdkit\Release フォルダ内>
ap_sh2a_6a_lcdkit.abs
・・・
ap_sh2a_6a_lcdkit.mot
・・・
ap_sh2a_6a_lcdkit.map
・・・
LCD-KITROM 動作用オブジェクトファイル
(elf 形式)
LCD-KITROM 動作用モトローラ S フォーマット
形式ファイル
LCD-KITROM 動作用マップファイル
コンパイル後は、.obj,.lib 等のファイルが生成されます
<\ap_sh2a_6a_lcdkit\ap_sh2a_6a_lcdkit\src\include フォルダ内>
vdc4_api.h
vdc4_user.h
・・・
・・・
VDC4 driver API function header file
VDC4 driver user configuration header file
<\ap_sh2a_6a_lcdkit\ap_sh2a_6a_lcdkit\src フォルダ内>
main.c
AN173 LCD-KIT サンプルプログラム解説 (SH7269)
Copyright©2012 ALPHA PROJECT Co.,LTD All right reserved
・・・
メイン処理
6
ALPHAPROJECT
http://www.apnet.co.jp
アプリケーションノート
ALPHA PROJECT Co.,LTD.
AN173
<\ap_sh2a_6a_lcdkit\ap_sh2a_6a_lcdkit\src\common フォルダ内>
vect.h
stacksct.h
sbrk.h
lowsrc.h
vecttbl.c
siorw.c
siochar.c
sbrk.c
resetprg.c
lowsrc.c
led.c
io_init_port.c
intprg.c
hwsetup.c
dbsct.c
cpg.c
cache.c
bscsdram.c
bsc_cs0.c
i2c.h
i2c.c
jcu.h
jcu.c
lcdkit.h
lcdkit.c
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
割り込み関数プロトタイプ
スタックサイズ定義
heap 領域定義
低水準関数定義
SH7269 ベクタテーブル定義
シリアル stdio 用 read/write 関数
シリアル stdio 用文字入出力関数
sbrk 関数
スタートアップ関数
低水準関数
LED 点灯処理ファイル
ポート初期化関数
SH7269 割り込み関数定義
ハードウエアセットアップ関数
セクション初期化用テーブル
CPG 設定関数
キャッシュ設定関数
SDRAM 設定関数(SDRAM)
BSC0 設定関数(FlashMemory)
IIC 通信用関数ヘッダファイル
IIC 通信用関数(IIC3)
JPEG コーデック処理関数ヘッダファイル
JPEG コーデック処理関数(JCU)
LCD-KIT 制御関数ヘッダファイル
LCD-KIT 制御関数
<\ap_sh2a_6a_lcdkit\ap_sh2a_6a_lcdkit\src\app フォルダ内>
vdc4_sample_main.c
vdc4_drv_call_sample.c
vdc4_drv_call_sample.h
vdc4_lcd_Monitor.h
vdc4_lcd_lcdkit.c
vdc4_lcd_lcdkit.h
graph_dat.c
graph_dat.h
jpeg_dat_1.c
jpeg_dat_1.h
jpeg_dat_2.c
jpeg_dat_2.h
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
VDC4 driver アプリケーションサンプルプログラム
VDC4 driver 設定サンプルプログラム
VDC4 driver 設定サンプル定義
モニタ出力選択用ヘッダファイル
LCD-KIT データ設定ファイル
LCD-KIT データ定義ヘッダファイル
ポインタグラフィックデータファイル
ポインタグラフィックヘッダファイル
JPEG 画像1データファイル
JPEG 画像1ヘッダファイル
JPEG 画像2データファイル
JPEG 画像2ヘッダファイル
<\ap_sh2a_6a_lcdkit\ap_sh2a_6a_lcdkit\src\driver\include フォルダ内>
vdc4_api.h
vdc4_user.h
・・・
・・・
VDC4 driver API function header file
VDC4 driver user configuration header file
<\ap_sh2a_6a_lcdkit\ap_sh2a_6a_lcdkit\src\driver\vdc4 フォルダ内>
vdc4_api.c
vdc4_int.c
vdc4_local.h
vdc4_para.c
vdc4_reg.c
AN173 LCD-KIT サンプルプログラム解説 (SH7269)
Copyright©2012 ALPHA PROJECT Co.,LTD All right reserved
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
VDC4
VDC4
VDC4
VDC4
VDC4
7
driver
driver
driver
driver
driver
API function header file
interrupt function
local header file
checking parameter function
setting registers function
ALPHAPROJECT
http://www.apnet.co.jp
アプリケーションノート
ALPHA PROJECT Co.,LTD.
AN173
3. LCD-KIT サンプルプログラム
3.1
ビルド・デバッグ方法
(1) ビルド
①
HEW を起動し、\ap_sh2a_6a_lcdkit\ap_sh2a_6a_lcdkit.hws を読み込みます。
②
最初の読み込みを行ったときに、「ワークスペース(Workspace)が移動しました」という内容の確認メッセージが
表示されますので「はい」を選択して下さい。
③
最初の読み込みを行ったときに、コンパイラバージョンによって、バージョンの選択を行うダイアログが表示される
ことがあります。表示された場合には、使用するコンパイラバージョンを選択して下さい。
④
[ビルド]ボタン横のリストボックス[Configuration Section]から、[Debug]または[Release]を選択します。
[Debug]を選択した場合、\Debug ワークフォルダ内に RAM 動作用のオブジェクトが生成されます。
[Release]を選択した場合、\Release ワークフォルダ内に ROM 動作用のオブジェクトが生成されます。
⑤
メニューの[ビルド]-[ビルド]を実行して下さい。ap_sh2a_6a_lcdkit.mot、ap_sh2a_6a_lcdkit.abs が出力さ
れます。このとき、マップファイルは、ワークフォルダに作成されます。
HEW の詳細な使用方法につきましては、HEW のマニュアルを参照して下さい。
(2)RAM 上でのデバッグ
①
XsSight を起動し、\ap_sh2a_6a_lcdkit フォルダ直下にある XrossFinder_sh2a_6a_debug.xfc
コマンドファイルを読み込みます。
②
\ap_sh2a_6a_lcdkit\ap_ah2a_6a_lcdkit\Debug フォルダ内の ap_sh2a_6a_lcdkit.abs を XsSight から
ダウンロードして動作を確認して下さい。
(3)ROM 上でのデバッグ
①
SP-SH2A-6A のスイッチを、「1.2 動作モード」を参考に設定します。
②
\ap_sh2a_6a_lcdkit フォルダ内の XrossFinder_sh2a_6a_release.xfc と
\ap_sh2a_6a_lcdkit\ap_ah2a_6a_lcdkit\release フォルダ内の ap_sh2a_6a_lcdkit.abs を
XsSight で読み込みます。
③
XsSight のメニューから FlashWriterEX を選択し、下図 Fig3.1-1 のように設定を行ってください。
④
START ボタンを押してプログラムの書き込みを行い、動作を確認して下さい。
③
④
Fig3.1-1 FlashWriterEX for XsSight の設定
AN173 LCD-KIT サンプルプログラム解説 (SH7269)
Copyright©2012 ALPHA PROJECT Co.,LTD All right reserved
8
ALPHAPROJECT
http://www.apnet.co.jp
アプリケーションノート
ALPHA PROJECT Co.,LTD.
AN173
(4)XsSight 未使用時の確認方法
・FlashWriterEX を使用する場合
①
アダプタ(HJ-LINK / XrossFinder / XrossFinder Evo)を使用して PC とボードを繋ぎます。
②
AP-SH2A-6A のスイッチを、「1.2 動作モード」「Fig1.2-1 動作モード設定」を参考に設定します。
③
FlashWriterEX を起動して、「Table3.1-1 FlashWriterEX の設定」を参考に設定を行って下さい。
④
FlashWriterEX で、\ ap_sh2a_6a_lcdkit フォルダ直下にある XrossFinder_sh2a_6a_release
ファイルを使用するように設定して下さい。
⑤
\Release フォルダ内の ap_sh2a_6a_lcdkit.mot をボードに書き込みます。
FlashWriterEX の使用方法の詳細につきましては、FlashWriterEX のマニュアルを参照して下さい。
アダプタ設定
XrossFinder Evo 使用時は「XrossFinder Evo」
XrossFinder 使用時は「XrossFinder」
HJ-LINK 使用時は「HJ-LINK」
JTAG クロック(XrossFinder 使用時のみ)
20MHz 以下
CPU
SH7269
CPU FRQ
12.0MHz
FLASHROM
S29GL128P (SPANSION)
BUS SIZE
16
Table3.1-1 FlashWriterEX の設定
※
本ボードに実装されている FLASHROM は、生産中止等の理由により変更することがございます。
本アプリケーションノートでの設定は、「S29GL128P (SPANSION)」が実装されているボードでの設定と
なります。お手元の CPU ボードに実装されている FLASHROM の型番と異なっている場合や拡張バスを用いて他の
FLASHROM を接続している場合には、お手元のボードに実装されている FLASHROM の型番にあわせて設定を
行って下さい。
※
FlashWriterEX はシリアル FLASHROM への書き込みに対応しておりません。
※
AP-SH2A-6A は標準ではシリアル FLASHROM が実装されていません。シリアル FLASHROM の実装に関しましては、
AP-SH2A-6A のハードウェアマニュアルをご覧ください。
AN173 LCD-KIT サンプルプログラム解説 (SH7269)
Copyright©2012 ALPHA PROJECT Co.,LTD All right reserved
9
ALPHAPROJECT
http://www.apnet.co.jp
アプリケーションノート
3.2
ALPHA PROJECT Co.,LTD.
AN173
動作説明
3.2.1 サンプルプログラム概要
サンプルプログラムは、グラフィック表示とビデオ入力表示の2つのモードが動作します。
●
モード1 グラフィック表示
SW1
ビデオ入力表示モードへの切り替えを行います
SW2
バックライト輝度の変更を行います(10 段階)
SW3
以下の順でグラフィックの切り替えを行います
・カラーバー
・JPEG 画像1
・カラーバー
・JPEG 画像2
タッチパネル
タッチパネル入力に対するポインタの表示を行います
・静電容量式(LCD-KIT-B01) 2点検出(赤色、青色のポインタ)
・抵抗幕式(LCD-KIT-C01)
●
●
1点検出(赤色のポインタ)
モード2 ビデオ入力表示
SW1
グラフィック表示モードへの切り替えを行います
SW2
バックライト輝度の変更を行います(10 段階)
SW3
画面の縮小表示を行います
共通事項
LED1
500msec 周期での点滅を行います
LED2
1sec 周期での点滅を行います
シリアルポート(CN6)
動作状況のテキスト出力を行います。(38400bps)
AN173 LCD-KIT サンプルプログラム解説 (SH7269)
Copyright©2012 ALPHA PROJECT Co.,LTD All right reserved
10
ALPHAPROJECT
http://www.apnet.co.jp
アプリケーションノート
3.3
ALPHA PROJECT Co.,LTD.
AN173
RAM 動作時のメモリマップ
メモリマップを以下に示します。
H’0000 0000
H’00FF FFFF
H’0100 0000
エリア 0(CS0)
FLASHROM
16M バイト
空き
イメージ
H’03FF FFFF
H’0400 0000
H’07FF FFFF
H’0800 0000
H’0BFF FFFF
H’0C00 0000
エリア1(CS1)
ユーザ開放
エリア 2(CS2)
ユーザ開放
エリア 3(CS3)
SDRAM
16M バイト
H’0C00 0000
DECTTBL
DINTTBL
H’0C00 0800
PResetPRG
PIntPRG
H’0C00 1000
PInitPRG
H’0C00 2000
P
C
D
P_VDC4
C_VDC4
D_VDC4
空き
H’0C40 0000
B
R
B_VDC4
R_VDC4
H’0CFF FFFF
空き
H’0C80 0000
B_JPEGRAM
H’0D00 0000
イメージ
H’0FFF FFFF
H’1000 0000
H’13FF FFFF
H’1400 0000
H’17FF FFFF
H’1800 0000
エリア 4(CS4)
ユーザ開放
エリア 5(CS5)
ユーザ開放
予約
H’1BFF FFFF
H’1C00 0000
H’1C27 FFFF
H’1C28 0000
H’FFF7 FFFF
H’FFF8 0000
B_VRAM
内蔵 RAM
2.5M バイト
空き
予約
INTTBL
内蔵 RAM
64K バイト
S※1
(スタック領域)
H’FFF8 FFFF
※1.スタックの開始番地は H’FFF8FFF0 に設定
AN173 LCD-KIT サンプルプログラム解説 (SH7269)
Copyright©2012 ALPHA PROJECT Co.,LTD All right reserved
11
ALPHAPROJECT
http://www.apnet.co.jp
アプリケーションノート
3.4
ALPHA PROJECT Co.,LTD.
AN173
ROM 動作時のメモリマップ
メモリマップを以下に示します。
H’0000 0000
エリア 0(CS0)
FLASHROM
16M バイト
H’00000000
DECTTBL
DINTTBL
H’00000800
PResetPRG
PIntPRG
H’00001000
PInitPRG
H’00002000
P
C
D
P_VDC4
C_VDC4
D_VDC4
H’00FF FFFF
空き
H’0100 0000
イメージ
H’03FF FFFF
H’0400 0000
H’07FF FFFF
H’0800 0000
H’0BFF FFFF
H’0C00 0000
エリア1(CS1)
ユーザ開放
エリア 2(CS2)
ユーザ開放
H’0C000000
B
R
B_VDC4
R_VDC4
エリア 3(CS3)
SDRAM
16M バイト
空き
H’0C800000
B_JPEGRAM
空き
H’0CFF FFFF
H’0D00 0000
イメージ
H’0FFF FFFF
H’1000 0000
H’13FF FFFF
H’1400 0000
H’17FF FFFF
H’1800 0000
エリア 4(CS4)
ユーザ開放
エリア 5(CS5)
ユーザ開放
予約
H’1BFF FFFF
H’1C00 0000
H’1C27 FFFF
H’1C28 0000
内蔵 RAM
2.5M バイト
B_VRAM
予約
H’FFF7 FFFF
H’FFF8 0000
INTTBL
内蔵 RAM
64K バイト
S ※1
(スタック領域)
H’FFF8 FFFF
※1.スタックの開始番地は H’FFF8FFF0 に設定
AN173 LCD-KIT サンプルプログラム解説 (SH7269)
Copyright©2012 ALPHA PROJECT Co.,LTD All right reserved
12
ALPHAPROJECT
http://www.apnet.co.jp
アプリケーションノート
ALPHA PROJECT Co.,LTD.
AN173
ご注意
・本文書の著作権は株式会社アルファプロジェクトが保有します。
・本文書の内容を無断で転載することは一切禁止します。
・本文書に記載されているVDC4ドライバのサンプルソースの著作権は株式会社ルネサスエレクトロニクスが保有します。
・本文書に記載されているサンプルプログラムの著作権は株式会社アルファプロジェクトが保有します。
・本文書に記載されている内容およびサンプルプログラムについての技術サポートは一切受け付けておりません。
・本サンプルプログラムに関して、ルネサスエレクトロニクスへのお問い合わせはご遠慮ください。
・本文書の内容およびサンプルプログラムに基づき、アプリケーションを運用した結果、万一損害が発生しても、弊社および
ルネサスエレクトロニクスでは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
・本文書の内容については、万全を期して作成いたしましたが、万一ご不審な点、誤りなどお気付きの点がありましたら弊社までご連
絡下さい。
・本文書の内容は、将来予告なしに変更されることがあります。
商標について
・SH7269 は、株式会社ルネサスエレクトロニクスの登録商標、商標または商品名称です
・Windows®の正式名称は Microsoft®Windows®Operating System です。
・Microsoft、Windows は、米国 Microsoft Corporation.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
・Windows®Vista、Windows®XP、Windows®2000 Professional は、米国 Microsoft Corporation.の商品名称です。
・SuperH は、株式会社ルネサスエレクトロニクスの登録商標、商標または商品名称です。
本文書では下記のように省略して記載している場合がございます。ご了承下さい。
・Windows®7 は Windows7 もしくは Win7
・Windows®Vista は Windows Vista もしくは WinVista
・Windows®XP は Windows XP もしくは WinXP
・Windows®2000 Professional は Windows 2000 もしくは Win2000
・High-performance Embedded Workshop は HEW
・その他の会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
ALPHA PROJECT Co.,LTD.
株式会社アルファプロジェクト
〒431-3114
静岡県浜松市東区積志町834
http://www.apnet.co.jp
E-MAIL : query@apnet.co.jp
AN173 LCD-KIT サンプルプログラム解説 (SH7269)
Copyright©2012 ALPHA PROJECT Co.,LTD All right reserved
13
ALPHAPROJECT
http://www.apnet.co.jp