2013 年 4 月 28 日 - 東京エリアDebian勉強会

第 71 回 関西 Debian 勉強会資料
関西 Debian 勉強会担当者 佐々木・ 倉敷・ のがた・ かわだ・ 八津尾
2013 年 4 月 28 日
第 71 回 関西 Debian 勉強会 2013 年 4 月
1 Introduction
Debian JP
関西 Debian 勉強会は Debian GNU/Linux のさまざまなトピック (新しいパッケージ、 Debian 特有の機能の仕組、
Debian 界隈で起こった出来事、などなど)について話し合う会です。
目的として次の三つを考えています。
• ML や掲示板ではなく、直接顔を合わせる事での情報交換の促進
• 定期的に集まれる場所
• 資料の作成
それでは、楽しい一時をお楽しみ下さい。
1
勉強会
Debian
関西
目次
1
Introduction
1
2
最近の Debian 関係のイベント報告
3
3
事前課題
4
4
リリースノートを読んでみよう
9
5
クラウド初心者が AWS に Debian をのっけて翻訳サービスの試行に挑戦してみた
10
6
今後の予定
13
7
メモ
14
2
第 71 回 関西 Debian 勉強会 2013 年 4 月
2 最近の Debian 関係のイベント
報告
Debian JP
2.1 第 70 回関西 Debian 勉強会
70 回目の関西 Debian 勉強会は 3 月 24 日 (日) に港区民センターで行なわれました。
あわしろいくやさんの
「 Ubuntu と GNOME Shell と私」は GNOME Shell の便利な使い方、拡張機能との付き合い
方といった内容でした。
八津尾さんの「 管理者視点からの GNOME の大規模な配置」は Josselin Mouette さんの「 Large deployment of
GNOME from the administrator perspective」プレゼン資料を元に GNOME を読みといてみました。ざっ くりと
GNOME の内部構造がとらえられたのではないかと思います。まだよくわからないところがありますので後追い企画も考
えてみたいところです。
2.2 第 99 回東京エリア Debian 勉強会 2013 年 4 月 勉強会
4 月 20 日 (土) にあんさんぶる荻窪 第一教室で、東京エリア Debian 勉強会が開催されました。
杉本さんによる
「 debootstrap を有効活用してみよう」、たかはしさんによる
「 Debian の認証を Windows に統合し
てみたり」、山本さんによる
「 PowerPC の Vector Facility や Vector-Scalar Floating-Point Operation の Opcode
Map を調べてみた。」の発表が行なわれました。
たかはしさんの発表は昨年、関西でも何度か行なった認証回りのお話しですので参考にしてみてください。
2.3 Debian Project
Debian Project リーダ選挙が行なわれ、 Lucas Nussbaum さんが新しいプロジェクトリーダに選出されました。 3 期
に渡ってプロジェクトリーダを務められた Stefano Zacchiroli さん、ありがとう。
今年の DebConf13 は スイス、ヴォーマルキュの Le Camp で開催されますが、来年の DebConf14 が、アメリカ、
オレゴン州ポートランドで開催されることが決定しました。*1
リリースチームより、 5 月 4 日、 5 日の週末目標に wheezy をリリースすると告知がありました。*2 フリーズしてか
らもうすぐ 1 年というところでようやく wheezy がリリースされます。みなさんリリースパーティの準備をしましょう。
*1
*2
http://lists.debian.org/debian-project/2013/04/msg00039.html
http://lists.debian.org/debian-devel-announce/2013/04/msg00006.html
3
第 71 回 関西 Debian 勉強会 2013 年 4 月
3 事前課題
Debian JP
今回は以下の課題を出題しました.
✓
✏
1.「 Debian 7.0 – リリースノート」を読んできてください。
誤植や誤訳などの気づいたこと、わからないなと思うことなどがあれば教えてください。
http://www.debian.org/releases/wheezy/releasenotes
2. Debian をこれから使ってみようとされている方は Debian もしくは wheezy に対して気になっていることが
あれば教えてください。
3. Debian をすでにお使いの方は squeeze から wheezy へのアップグレードではまりそうなところ、気になると
ころがあれば教えてください。
もしくは、お使いの squeeze 環境を一つ、 wheezy にアップグレードしてみて下さい。そしてその結果を教え
てください。
4. クラウド的なものをさわったことのない方は、 (あれば) 理由を教えてください。ある人は、セッション中にい
✒
ろいろツッコミしてください。
✑
参加者の皆さんの解答は以下の通りです:
3.1
kozo2
1. すみません着くまでに読みます
2. Debian に対して Firefox を install する方法は ppa を追加するしか無いのでしょうか。
wheezy に対して たしか kernel の version が 3.2 あたりではなかったでしょうか。 sid にせず wheezy のまま kernel やその他
の package を新しくすることは可能でしょうか。というのは sid では skype の install ができなかった記憶が
あるので。
3. いつも sid にしていたので書けません。すみません。
4. あるのでセッション中に伺います。 AWS はすごく興味があるので。研究系の現場でも AWS を使った方がいい状
況になっていると思うのですが恐らく日本では AWS にお金を使わせてもらっているところはまだ (ほとんど) 無い
のではないかと思うので。
4
3.2
佐々木洋平
1. 発表に備えて git svn clone ... と叩いたら, なかなか clone 終わらなくて歴史を感じている次第です.
2. 普段から使っておりますので...
3. リモートでデスクトップの upgrade をしたら, 起動しなくなる事案が発生しました.
4. VPS として [email protected]@Ses の VPS を複数台使っているぐらいですが, これはクラウドなんでしょうか? Xen 環境なの
でカーネルを上げられないのがちょっと辛いですが, それ以外はまあなんとか. というか, そもそもクラウドって何
ですか?
AWS 自体は使ってみたいとは思ってましたが, 以前の状況では予算の都合で諦めました. そのうち触ってみようと
思います.
3.3
かわだてつたろう
1. これから読みます。
3. Debian 以外のパッケージを使用していると multiarch, /run 周りではまりそうな気がします。
4. 特に理由は無いのですが、さわったことがないです。
3.4
山城の国の住人 久保博
1. はい、これから読みます。
2. もう使いましたので…
3. 気になることをいくつか挙げます.
a. /etc/X11/xorg.conf が存在したら、アップグレード前に名前を変えて取っておく方が良いと思います。お
そらく、そのまま存在すると却って邪魔です。
b. X の反応が却って悪くなりました。カーネルモードのドライバに移行したからでしょうか。
c. カーネルまわりで多くのバグレポートが残っているので、古めのハードウェアやちょっと変わったデバイスが
あったりするとはまるかも。バグレポートは見ておくといいかもしれません。 私は一つ踏んづけました。
d. ノート PC で、時々ブート途中にコンソールが消えて画面が真っ暗になるようになりました。 dm-crypt のパ
スワードを入力する所なので、困ってます。
e. GNOME3 初心者は、 dist-upgrade 後に reboot する前に、 gnome-shell-extensions パッケージをインス
トールすることをお勧めします。
f. ruby 関係の移行には気をつけたい
g. dist-upgrade が disk full で途中で止まっ ても諦めるな。要らないものを消して、 -f オプショ ンで切り抜
けろ。
4. クラウド的なものはほとんど使っていません。新しいものに適応する力が弱っているので。
5
3.5
甲斐正三
事前課題にお答えします。
1. kernel upgrade についても触れていただきたい。
2. 特にありません。
3. Debian Squeeze 上の qemu-kvm に Debian Squeeze のベースシステムとデスクトップシステムを新規インストー
ルし、これを Wheezy にアップグレードしてみました。気付いた点は以下の3点でした。
(1) upgrade 中、パネル上の epiphany のアイコンが消えて、グレーの四角になる。
(2) 「 GNOME3 の読み込みに失敗しました。」メッセージが出てフォールバックする。 VM 上の wheezy/sid も
同様。
(3) kernel が、’3.2.0-2-amd64’ にならず、リリースノートにその説明もない。’Linux kvm-sqz 2.6.32-5-amd64’
のまま。’dist-upgrade’ したのち、’apt-get install linux-image-3.2.0-2-amd64’ でインストールした。イン
ストール成功。
4. 触ったことがありません。理由: 差し迫った必要性がない。
3.6
川江
1. 細かく見ていませんが、ないような気がします。
2. compiz は使えるようになりました?
3. もともと、 wheezy なのでどうしましょう?
4. これから「 自宅クラウド」を作ろうと思っていすので。
3.7
大林
1. 一通り目を通しました。行くまでにもう少しじっくり読みます。
3. なにかありますかねえ。以前 squeeze へアップグレードしたときには特に問題なくできたのでなんとかなる気がし
ています。
4. つかったことはありません。
6
3.8
1.
西山和広
• ch-upgrading で sources.list だけではなく sources.list.d への言及もあった方が良いのではないかと思いま
した。
• 4.5.8. コンソール接続へセッションの変更:
> 異なったテキストモードのターミナル間で切り替えを行うには、 Alt+ 左矢印 か Alt+ 右矢印 も使えます。
「 異なった」は
「 ターミナル」にかかると思うのですが、
「 テキストモード」にかかっているように見えてしま
います。
• 4.5.9.1. Sudo:「 visudo -f」はおすすめなので、もっと知られると良さそうです。
• 4.5.9.2 Screen: tmux はどうなのか気になりました。
• 4.8. 廃止予定のコンポーネント: まだないのは後で書かれる予定でしょうか?
• 4.9. 時代遅れ (Obsolete) のパッケージ:
>portmap: 後継となるパッケージは rpcbind です。
/etc/hosts.allow などで tcp wrapper の設定をしている場合は変更が必要なのかどうかが気になりました。
• 5.2. LDAP サポート:「 libnss-ldap パッケージを、すべての LDAP 検索に分割されたデーモン (nslcd) を
使っている新しいライブラリである libnss-ldapd に置き換えることをお勧めします。 libpam-ldap の代替品
は libpam-ldapd です。 」のところがわかりにくい気がしました。
• 5.9. pdksh から mksh への移行: PS1 が pre になっているのは意図的なのでしょうか? (原文でも同じ)
• 6.2. 助けを求めるには: 日本語訳には訳注で debian.or.jp の情報を付け足しても良いのではないかと思いま
した。
• A.3. 古く不要になった設定ファイルを削除する: 「 *.dpkg-{new,old}」の他に「 smb.conf.ucf-dist」のよう
な
「 *.ucf-*」も書いてあった方が良いのではないかと思いました。
3. Ubuntu 10.04 から Ubuntu 12.04 で nslcd の変更により 1 文字のユーザー名や smbldap-tools で設定された空
白の入ったグループ名 (Domain Users など) が見えなくなっていて、 /etc/nslcd.conf で
# allow name with only 1 char and spaces (e.g. "Domain Users")
validnames /^[a-z0-9.\_{}@$]([ a-z0-9.\_{}@$\\~-]*[a-z0-9.\_{}@$~-])?$/i
という設定を入れたので、 squeeze から wheezy へのアップグレードでも同じ問題にはまりそうだと思いました。
3.9
おくの
1. 読みました。リリースが楽しみです。
2. Multiarch が気になります。
3. 新規インストールするつもりなので……
4. 四月からクラウドをやるかもしれない会社に転職したので、勉強中ですです。
7
3.10
lurdan
1. ざっくり読みましたが、特に気になる点はありませんでした。一部未訳部分がありますが、更新中なので仕方ありま
せんね。
2. もう使ってます。
3. 特に気になることはありません。
4. ツッコミお待ちしております
8
第 71 回 関西 Debian 勉強会 2013 年 4 月
4 リリースノートを読んでみ
よう
佐々木洋平
4.1 はじめに
04/18 に debian-devel-announce ML に「 FINAL release update」という件名のメールが流れました*3 . この
メールの冒頭に
Timings
=======
We now have a target date of the weekend of 4th/5th May for the release.
We have checked with core teams, and this seems to be acceptable for
everyone. This means we are able to begin the final preparations for a
release of Debian 7.0 - ‘‘Wheezy’’.
The intention is only to lift the date if something really critical pops
up that is not possible to handle as an errata, or if we end up
technically unable to release that weekend (e.g. a required machine
crashes or d-i explodes in a giant ball of fire). Every other RC fix
that does not make it in time will be r1 material. Please be sure to
contact us about the RC fixes you would like included in the point
release!
とある通り, Wheezy のリリースは 05/04 or 05/05 が予定されています.
そんなわけで, 本発表の趣旨は「 現状のリリースノートを読んで wheezy の状況を把握しよう!」です. 個人的な観測
では, 関西 Debian 勉強会参加者の多くが普段使いの環境は unstable or stable なので, 現状の testing, すなわち
wheezy を使っていない気がします. freeze 期間なので unstable と testing の違いは微々たるモノかもしれません. で
すが, それなりに違いがあるハズです*4
それでは
原版:
http://www.debian.org/releases/wheezy/amd64/release-notes/index.html
日本語訳:
http://www.debian.org/releases/wheezy/amd64/release-notes/index.ja.html
を開いて, 読んで行きましょう. 余裕のある人は
$ svn co svn://svn.debian.org/ddp/manuals/trunk/release-notes
として, 原文を修正しつつ進めるのが良いかもしれません.
*3
*4
http://lists.debian.org/debian-devel-announce/2013/04/msg00006.html
来月にリリースがなされる訳で, その後に「 Debian を使っ てみよう!(キリッ )」と他人に勧める際にも, 勧める我々 (私?) が「 いや∼ふだん
stable 使ってないから良くわからんわ∼」では, ちょっとアレですよね, という気持ちもあります.
9
第 71 回 関西 Debian 勉強会 2013 年 4 月
5 クラウド初心者が AWS に
Debian をのっけて翻訳サー
ビスの試行に挑戦してみた
倉敷 悟
基本的にクラウドを使うことにあまり興味がない (作ることには興味あるけど) ということもあって、これまでいわゆ
るクラウドというものと無縁に生きてきました。今回、たまたま使ってみる用事ができたこともあって、クラウド上で
Debian を動かしてみましたので、顛末をご紹介します。
5.1 AWS に目が向いた背景
私は自宅以外のコンピュータ資源として、さくらの (共用) レンタルサーバと、実家に置いた安売りサーバ、いわゆる自
宅サーバを使用しています。主な用途は、携帯キャリア/プロバイダの都合から影響を受けないように独自ドメインの転送
メールアドレスを保持すること、及び自分用にサーバサービスを提供すること、あとはちょっとした実験、といったところ
です。
さくらのレンタルサーバは、古式ゆかしき /home 切り売り CGI 環境しかないので、今となっては動かせるアプリケー
ションが極端に限定されます。また、実家サーバは回線が ADSL で帯域もなく、時折不安定に IP がつけかわったりする
ので、自分以外の誰かにアクセスさせるには向いていません。ですが、 Debian JP の翻訳の絡みで、ちょっとだけ
「 不特
定多数からアクセスされ (得) る」環境が欲しくなりました。一応実験のための一時的な設置と考えてはいますが、数ヶ月
くらいは動かすことになるだろうし、 IP も固定である方がよく、動かす対象は Python の django で書かれたプロセス
常駐型の Web DB アプリケーションです。
そこで、 VPS としても使えるらしいのと、周囲で推しの声が多数観測されていたこともあり、 AWS の
「 初期利用 1
年無料枠」を使ってみることにしました。使えるリソースは AWS 的に最小限ですが、機能の試用や検証を 1 年かけてで
きるということなので、結構な大盤振る舞いだと思います。ありがてぇありがてぇ。
5.2 簡単な事前調査
5.2.1 AWS の概略
AWS と一口に言っても、中身はそれぞれ異なるサービスの総称です。ざっくり数えてみたところ、 25 個ほどありまし
た。そのうち 10 個くらいのサービス名は略語で、一見したところではさっぱり意味がわかりません。 AWS では Elastic
という用語がよく使われているようですので、 E は Elastic、 A は Amazon、 S は Service、程度のあたりはつきます
が、最初は謎の略語名に圧倒されてしまうかも知れません。今回試してみた EC2 だと、 Elastic Computing Cloud の
省略です。 ECC だといろいろヤバかったのかも知れませんね。
ちなみに Elastic の意味は
「 伸縮自在」といったところです。
10
5.2.2 AWS の特徴
AWS は、いわゆるレンタルサーバや VPS とは違って、リソースが文字通り Elastic です。画面をポチポチやれば、メ
モリや CPU パワーなどを自由に変更することができますし、その変更幅もかなり大きくとれます。また、料金体系も従
量課金となっていて、物理的なマシンやノードの単位に縛られず、
「 電気・ 水道のようにコンピュータ資源を使う」感覚
を実現しているといえるでしょう。周辺サービスについても、種類と内容がともに充実しているだけでなく、日々強化さ
れていっているので、便利さでは他の業者の追従を許していません。いろいろな API を提供していて、
「 AWS としての
機能」を別のアプリなどから操作できる (らしい) というのも興味深いところです。まともに使うと料金は割高なようです
が、札束さえつっこめば、インフラの構成に制約されることなく、小さくはじめたサービスをそのまま拡大していけます。
そのため、コンシューマ相手にノるかソるかのサービスを提供したい場合や、大規模な設備投資が長期的に見合わない場合
などに、とても良くマッチします。
5.2.3 Debian の使用
AWS は、 Xen をベースに、 RedHat を Amazon 内で魔改造したもので構成されています。残念ながら Debian の出
る幕はないわけですが、その上で動かす AMI と呼ばれる仮想 OS イメージについては、某荒木さんが Debian のイメー
ジをメンテされていると聞いたことがあったので、今回はそれを使うことにしました。
5.3 やってみた
5.3.1 アカウントの準備
まずは、 AWS 上にアカウントを作成する必要があります。途中で必要になるので、クレジットカードと、着信が受け
られる電話を手元に用意しておくといいでしょう。アカウント ID は、物販用の amazon.com (amazon.co.jp ではない)
の情報を流用できます。特に待たされたりすることもありませんし、すぐ完了できるかと思います。
5.3.2 EC2 でハマってみる
AWS には綺羅星のごとくベンリ系のサービスがこれでもか! と並んでいるのですが、今回は VPS がわりに使うだけで
すので、とりあえず EC2 で OS インスタンスをたてることにします。
AWS は世界各地にデータセンターをもっており、使用するデータセンターを「 リージョン」として選択できます。日本
人が日本人向けのインスタンスをたてるわけなので、ここでは無難に tokyo リージョンを選びました。また、リージョン
内にも
「 エリア」として複数のネットワークが存在し、冗長化などに役立てることができるらしいのですが、今回は単体ホ
ストしか使いませんので、
「 どこでもええわい」としておきます。
EC2 で使う AMI は公式には Debian のイメージが存在しないので、コミュニティ版を使うことになります。私はこの
部分でなかなか手間取りました。ポイントは、
• 基本的に用意されている Debian のバージョンは stable
• 展開した後のログインでは、 AMI イメージ毎に特定のログイン名を使う (AWS コンソールで作成した SSH 鍵が
起動時にそのユーザにセットされる)
あたりでしょうか。私は Wheezy を使うつもりだったので、最初は Wheezy のイメージ名を検索して使用してみた
のですが、なんとログインできません。通常は AMI の情報としてログインユーザ名が提示されているらしいのですが、
見つけられなかったため諦めました。幸い、 http://wiki.debian.org/Cloud/AmazonEC2Image に情報がまとまって
いたので、ログイン名のわかる Squeeze イメージではじめて、後から dist-upgrade することにします。余談ですが、
dist-upgrade すると grub の処理でコケます。最初から grub は消しときゃいいのになぁ、とは思いました。
インスタンスが起動したら、固定 IP を割り当てます。 AWS コンソールから Elastic IPs の画面を開き、新しい IP を
アサインして、起動したインスタンスとの紐づけを行います。なんでも Elastic IP はインスタンスで使っている限りは無
料らしいのですが、インスタンスを停止した状態で握り続けていると有料になるそうです。実験などで一時的に使うだけ、
11
という場合は解放するのをお忘れなく。
EC2 で起動したインスタンスは、デフォルトでは外部からアクセスできないようにファイアウォールが設定されていま
す。
「 セキュリティグループ」という画面で簡単に設定できるので、自分用の ssh と、公開する http のポートを開ける
ようにします。
これで、ほぼ VPS 気分で使えるサーバができました。 ssh でログインすれば、後はいつも通りの作業をするばかり
です。
5.4 RDS でハマってみる
AWS にはいくつか DB サービスが用意されていますが、その中でも RDS は、普通の mysql サーバ (だけじゃないけ
ど) を簡単に利用できるものです。今回は Web DB アプリケーションを動かすので、せっかくなのでこれも使ってみるこ
とにしました。
……といっても、実のところ動かすだけなら特にハマりどころもなく、 AW コンソールでちょこっとパラメータを指定
すれば、さくっと mysql があがってきます。 EC2 と同様、セキュリティグループによる通信許可をしてあげる必要はあ
りますが、拍子抜けするくらい簡単に動きました。しかも、自動でバックアップもとってくれるようです。
今回の用途であれば、 EC2 インスタンスの中に手動で mysql をセットアップしても良かったのかもしれませんが、実
際に本番で使うなら、これも非常に便利な機能だと思います。
5.5 まとめ
動かしたアプリケーションについてもちょっと紹介しようと思っていたのですが、残念ながら原稿が間にあわなかったの
で、そちらは時間があればセッション中に触れることにします。
最後に、 VPS 的に使ってみた所感をまとめておきます。総合すると、自宅サーバの置きかえにはアリかなー、でも一時
的な実験とかでなく、常設するなら VPS の方が安くつくかなー、といったところです。皆さんが試してみたりする時の参
考になれば幸いです。
いいところ (無料期間の視点)
• 固定 IP を使える
• Web サービスを公開して試してもらうのに便利
• RDB(mysql) を簡単にセットアップできる
• 実験が終わってインスタンスを止めれば、費用は不要
• 便利ツールとの連携が楽しそう
• 足まわりの運用はすべて忘れてしまえる (バックアップ、 HA、セキュリティアップデート、……)
微妙なところ
• 無料期間が終わると、ちょいとお高い (t1.micro 1700 円/月、 RDS 6000∼/月くらいらしい)
• パワフルに使うなら、月額固定の VPS の方がいいかも
• サービス多すぎ、変化しまくり、使いこなすのは大変そう #おっさん
12
第 71 回 関西 Debian 勉強会 2013 年 4 月
6 今後の予定
Debian JP
6.1 関西 Debian 勉強会
次回、第 72 回関西 Debian 勉強会は 5 月 26 日 (日) に福島区民センターで行ないます。セッション内容は未定です
が、新年度入門ネタ、 恐らく必ず リリースされているであろう Wheezy インストール大会になるんじゃないかと思われま
す。月刊 Debian Policy も 9 章後半から再開の予定です。
6.2 東京エリア Debian 勉強会
100 回を迎える、第 100 回東京エリア Debian 勉強会は内容未定ですが、荻窪地域区民センターで 5 月 18 日 (土) に
開催される予定です。
6.3 大統一 Debian 勉強会
今年も、大統一 Debian 勉強会が、 6 月 29 日 (土) 東京の日本大学駿河台キャ ンパスで開催されます。 Call For
Presentation の締切は今日です!! ネタがあるのにまだ申し込んでいない人は、是非今申し込みましょう。最新情報は公式
サイト*5 をご覧ください。また、 6 月 29 日の予定を空けて東京行きのチケットを確保しましょう!!
*5
http://gum.debian.or.jp/
13
第 71 回 関西 Debian 勉強会 2013 年 4 月
7 メモ
14
勉強会
Debian
関西
Debian 勉強会資料
2013 年 4 月 28 日
初版第 1 刷発行
関西 Debian 勉強会( 編集・ 印刷・ 発行)
15