IBM環境シンポジウム - 東北大学 大学院 環境科学研究科

ほ
美しき地球へ、
緑の風吹くみやぎから
し
みんなで描こう、
スマートな都市の未来
IBM環境シンポジウム 2010
持続可能な社会実現への協働
参加費無料
事前登録制
火 10 : 00 ~ 17 : 00[開場時間 9 : 30]
6 月 8 日 仙台国際センター(宮城県仙台市)
主催:日本アイ・ビー・エム株式会社 共催:宮城県 後援:仙台市
協賛:(社)東北経済連合会、仙台商工会議所、
仙台広域圏ESD・RCE運営委員会、
(特非)環境会議所東北、
(財)
みやぎ・環境とくらし・ネットワーク、全国IBMユーザー研究会連合会
参加費:無料(会場までの交通費はご負担願います。)
IBM環境シンポジウム・ホームページ
http://www.ibm.com/jp/company/environment/symposium/
お申込方法については裏表紙をご覧ください。
「IBM環境シンポジウム2010」のご案内
日本アイ・ビー・エム株式会社は、
「持続可能な社会の実現」に向けた産・学・官・民の協働を
推進することを目的に、2000年に第 1 回『IBM 環境シンポジウム』を東京で開催して以来、地元
自治体の共催・後援をいただきながら継続してまいりました。
地球環境問題の解決に向けた具体的行動がこれまでにも増して強く求められる社会状況の中、
ほ
し
第11回目を迎える本年は、
「美しき地球へ、緑の風吹くみやぎから ~みんなで描こう、スマート
な都市の未来~」をテーマに、環境と経済・社会との調和的発展を進める宮城県の共催と、環境
先進都市として「杜の都」にふさわしい取り組みを進める仙台市の後援を得て、6月8日(火)に
宮城県仙台市で開催いたします。
午前の全体セッションでは、村井嘉浩 宮城県知事の基調講演に続き、仙台広域圏ESD・RCE
運営委員会委員長で宮城教育大学教授の小金澤孝昭様より、地元宮城県そして仙台市の環境へ
の取り組みについてお話しいただきます。また、初の試みであるEcoミューズトリオによる環境
音楽コンサートをお楽しみいただいた後、環境保全を意識したリゾート運営を進める株式会社
星野リゾート 代表取締役社長 星野佳路様にご講演いただきます。
午後には、宮城県で活躍する企業やNPOなどの先進的な活動事例のご紹介や、東北大学様の
エコハウスをセッションでご紹介するとともに実際に現地で体験いただけるミニツアーを実施
いたします。さらにIBMのセッションでは、 IT技術を活用して地球をよりスマートに(賢く)
して
いくことによって地球規模の課題を解決していこうという“Smarter Planet”の考え方や環境へ
の取り組みを、事例を挙げながらご紹介いたします。
このシンポジウムが、皆様にとりまして環境についての理解を深められる場となり、今後の
活動を推進していただく一助となれば幸いです。
仙台の街が新緑に萌える心地よい季節、多くの皆様のご参加をお待ちしております。
2010年4月吉日
日本アイ・ビー・エム株式会社
写真提供:宮城県観光課
「IBM環境シンポジウム2010」プログラム
10:00
10:20
10:20
10:40
ご挨拶
基調講演
宮城県知事
村井 嘉浩
氏
仙台広域圏ESD・RCE運営委員会委員長
宮城教育大学教育学部教授
小金澤 孝昭
氏
「クリーンエネルギーみやぎ」の創造に向けて
10:40
特別講演
11:00
~地域づくりの取り組みから~
持続可能なみやぎ・仙台を創る
休 憩
11:00-11:10
11:10
橋本 孝之
日本アイ・ビー・エム株式会社 社長
環境音楽コンサート
11:30
Ecoミューズトリオ
モーツァルト/アイネクライネナハトムジーク、
〈佐々木伃利子(Pf)、松実健太(Vn)、小川剛一郎(Vc)
〉
ラヴェル/ボレロ 他
11:30
ゲスト講演
12:30
日本製リゾートの挑戦
14:20
14:30
15:20
15:30
16:20
星野 佳路
氏
昼食休憩
12:30-13:30
13:30
株式会社星野リゾート 代表取締役社長
【セッションA】
市民・地域・教育界の活動
【セッションB】
企業の活動
大型リチウムイオン電池と
直流を利用したエコハウス
東北リコーにおける
環境配慮への取り組み
IBMの環境への取り組み
東北大学大学院
環境科学研究科 研究科長 教授
田路 和幸 氏
東北リコー株式会社
経営管理本部 環境統括室 室長
伊藤 秀明 氏
日本アイ・ビー・エム株式会社
執行役員 研究開発担当
環境委員会 委員長
久世 和資
環境会議所東北の活動と
めざすところ
東北電力における
環境への取り組み(仮題)
IBMの展開するスマートな都市
Smarter Cities
NPO法人 環境会議所東北 代表理事
東北大学大学院 工学研究科 教授
猪股 宏 氏
東北電力株式会社
環境部長
岡信 愼一 氏
日本アイ・ビー・エム株式会社
未来価値創造事業
グリーンイノベーション事業推進部長
岡村 久和
MELONの環境活動
日本製紙グループの
環境経営について
スマートな社会を支える
テクノロジー
日本製紙株式会社
環境安全部 部長
志村 吉彦 氏
日本アイ・ビー・エム株式会社
理事 東京基礎研究所 所長
森本 典繁
財団法人 みやぎ・環境とくらし・
ネットワーク
(MELON)理事長
東北大学大学院 文学研究科 教授
長谷川 公一 氏
NPO法人 いしのまき環境ネット 理事
小野寺 むつ子 氏
-地域とのスマートな共存共栄を
目指す
【セッションC】
IBMの活動
~エネルギーと気候変動~
*1 演題等は変更になる場合があります。 *2 午後は、同一時間帯で複数のセッションに参加できませんのでご注意ください。
同時開催プログラム
パワー・アップ環境教育授業
(協力:仙台市教育委員会)
エコハウス ツアー
(協力:東北大学大学院 環境科学研究科)
プラグインハイブリッド車の展示
(協力:東北電力株式会社)
環境活動のパネル展示
10 : 00 - 12 : 00 会場内教室 自由参観
仙台市内の小学校向けにIBMが提供する環境教育授業の様子をご参観いただけます。
13 : 30 - 16 : 20 東北大学 当日参加受付
青葉山キャンパス内に完成したばかりのエコハウスまでバスで送迎し、施設内を見学していただけます。
10 : 00 - 17 : 00 会場正面玄関横 自由見学
社用車として利用されているプラグインハイブリッド車の車両ならびに充電の様子を展示いたします。
10 : 00 - 17 : 00 会場内展示場 自由見学
参加企業ならびに各団体の環境活動をご紹介するパネル展示をご覧いただけます。
●
開催概要とお申込方法
●
日 時
6月8日(火曜日)10:00 〜 17:00(9:30開場)
会 場
仙台国際センター 宮城県仙台市青葉区青葉山無番地〈下記、会場地図および交通案内参照〉
参加費
無料(会場までの交通費はご負担願います。)
次のいずれかの方法でお申し込みください。
折り返し、e-メールまたはFAXで参加受付書をお送りいたします。
●
お申込方法
●
ホームページからのお申し込み
http://www.ibm.com/jp/company/environment/symposium/
FAXでのお申し込み
申込用紙にご記入の上、FAXにて下記宛にご返送ください。
FAX番号:03-3664-4956 日本アイ・ビー・エム IBM環境シンポジウム事務局
昼食・交通手段
について
当日は会場内に昼食のための場所を設け、お弁当の販売を行います。
会場の有料駐車場は駐車可能台数が限られておりますので、公共交通機関での
ご来場をお願いいたします。
近隣路上への駐車はご遠慮ください。
お問い合わせ先
事務局 e -メール:[email protected]:03-5644-2857
●
会場地図
●
●
交通案内
●
仙台国際センター 宮城県仙台市青葉区青葉山無番地
宮城県美術館
仙台
宮城 IC
仙 市民会館
台
(地 西道
下ト
ンネ 路
ル)
二高・
宮城美術館前
東北大
植物園
仙台市
博物館
タクシー
約35分
仙台空港アクセス鉄道
(片道630円)
広瀬通り
仙台駅
仙台西道路経由
交番
「仙台城」
方面の標識に
従ってご走行ください。
大橋
仙台駅
隅櫓
定禅寺通り
西公園
広瀬川
博物館
国際センター前
東北自動車道
東北大学
仙台宮城IC
至八戸
至青森
仙台空港
メディアテーク 市役所 県庁
晩翠草堂
仙台国際センター
青葉通り
西口
バスプール
至東京
至東京
中央郵便局
バス移動10分/料金180円
バス停
博物館・国際センター前で下車
徒歩1分
南町通り
仙台城跡
市営バス 仙台駅前
約5分
(西口バスプール9番乗り場)
徒歩
約30分
タクシー
約7分
仙台国際センター
バス路線名:「宮教大・青葉台」、
「宮教大」、
「宮教大・成田山」、
「動物公園循環 青葉通・工学部経由」、
「交通公園・川内営業所」
これまでの
「IBM環境シンポジウム」
の講演概要をホームページでご覧いただけます。
http://www.ibm.com/jp/company/environment/symposium/index.html
また、IBMの環境への取り組みを以下のホームページで紹介しています。
http://www.ibm.com/jp/company/environment/index.html
IBM、IBMロゴ、Smarter Planetは、世界の多くの国で登録されたIBM Corporationの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれ
IBMまたは各社の商標である場合があります。現時点でのIBMの商標リストについては、www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。
他の会社名、製品名およびサービス名等はそれぞれ各社の商標です。
●このカタログの情報は2010年4月現在のものです。事前の予告なしに変更する場合がございます。
〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19 番 21号
4 -10