本気で数学のオリジナル定理を見つけたい者だけが集うゼミなのだ

様式 A
チャレンジゼミナール(一般科目全教員)
科目にかかわる情報
チャレンジゼミナール
授業科目
(欧文)
科目の
基本
一般・専門の別・
情報
学習の分野
『数学オリジナル研究
―自分の定理を発見し喜び叫ぶ―』
一般
3年全学科
対象学生
教員に
担当教員・所属
2
単位
松田
授業形態・学期
必修・履修・
履修選択・選択の別
講義・通年
選択
修・一般科目(理)
かかわ
る情報
研究室等の連絡先
基礎となる学問分野
学科学習目標との
関連
技術者教育
プログラムとの関連
科目の
授業の概要
学習・
教育内
容にか
松田:管理・一般棟3階(内線8198)matsuda@tsuyama-ct.ac.jp
数物系科学/数学/数学一般
本科目は一般科目の学習目標「(2)自律の精神を求め,創造性を身
につける」に相当する科目である。
本科目が主体とする学習・教育到達目標は「(D)課題解決能力の育成」
である。
とにかく自分で研究プランを立て,研究を行う。対話形式で研究に
関する議論を行う。
与えられたテーマに沿って,主体的に問題に取り組み,問題を解決す
学習目的
る能力を身につける。さらに得られた成果を適切な方法で表現する力
を身につける。
かわる
情報
1. 多くの情報の中から要点を整理できるようになること。
到達目標
2. 他人の意見を理解し議論することができるようになること。
3. 得られた結果や成果を正確に表現できるようになること。
本科目は,授業時間以外の自発的学習を含む科目であり,週1単位
履修上の注意
時間の時間数に対して,2単位が設定されている。従って,授業時
間以外の学習が必要である。
履修のアドバイス
基礎科目
本気で数学のオリジナル定理を見つけたい者だけが集うゼミなのだ。
オリジナル定理を見つけて,自慢話を熱く語りたい人募集!!
基礎数学Ⅰ,Ⅱ(1年),微分積分Ⅰ(2年)
,線形代数(2年)
,化学Ⅰ
(1年)
,物理Ⅰ(2年)
関連科目
応用物理Ⅰ,Ⅱ,卒業研究(5年)
様式 B
チャレンジゼミナール(一般科目全教員)
授業にかかわる情報
少人数のゼミ形式で行う。
授業の方法
開講週
1週
2~4週
授業時間内の学習内容〔項目〕
授業時間外の学習内容〔項目〕
(指示事項)
(指示事項)
・ガイダンス
・研究題材の決定。
(自分の眠れる興味を対話
療法により呼び起こす期間)
前
5~10週
どういう視点で研究すれば
どういった成果が得られる
期
・リサーチプランをまとめる。(自分のアイデ
11~15週
授
・ リ サ ーチ 方 法の 考 察(思 考 錯 誤期 間 )
か を 考 える 。
ィアを文章にまとめて,すばらしさに酔いしれ
る期間)
業
計
16~20週 ・リサーチプランにしたがって,研究データを
画
とる。
(いよいよオリジナルな定理を見つ
けるぞおー期間)
いよいよオリジナルな定理を見
つける
21~25週 ・研究から得られた定理や公式の証明や応用に
後
チャレンジする。(オリジナルな定理の凄さを
期
発展させるぞおー期間)
26~30週
・論文作成期間
成果を論文としてまとめる。
(成果を論文としてまとめてニンマリす
る期間)
教科書,教材等
成績評価方法
教科書,参考書:各自で見つけてこよう!!
レポート作成(最高点 70 点)
,チャレンジゼミ最終会での発表(最高点 30 点)
(外部発表やコンテスト出場者は大きく評価されます。)
がんばってオリジナルな定理をみつけよう!!
受講上のアドバイス
がんばろう!! おーう!!