No.2 June 2013

メルボルン在住 現代美術家雑記帳
Where the wings go
Bimanual Combo Drawing 4Beat LED Light
Contemporary artist s notebook
W: bimanualdrawing.wordpress.com
ピアノの詩人:ビル・エバンス
ビル・エヴァンス(Bill Evans)というピア
そうなものに目移りします。エバンスが言
ニストがいました。ジャズファンならずと
うように、一見シンプルなものほど深さと
も、必携のマイルス・デイビスのアルバム
エネルギーが充実しています。実はここに
Kind of Blue のピアニストと言うと、ピン
留まるにはスキルと熟成がいります。また
とくる人が多いと思います。この頃、マイル
別の言い方をすると「経験を深化させるこ
スの唯一白人のバンドメンバーでした。最
と」を通じてしか、単純さの深みに留まるこ
近彼が多くのインタビューを受けているの
とはできないということです。つまり神羅
を発見しました。その中で、彼はアーティス
万象のことは、覚めた経験を通すと「単純」
トの創造性について印象深いことを言って
に見えてくる、おなじみの日常が一番、とま
います。
「 一般的ジャズピアニスト志望者
るで禅のお坊さんが言っているようにも聞
は、演奏を概略的に捉える傾向がある。真
こえます。
の方法、つまり一見幼稚に見えるが、現実的
これはまた音楽家にとってはリズムが深
且つ正確な、ごく基本レベルの方法で取り
化する過程ともいえます。リズムを経験す
組もうとしないで、全体的問題を概略的に
るには、一見単純なリズム(コンポジショ
捉えた後の部品を現実であり真実であるか
ン)を反復し、内在化する過程が必要です。
のように考える。重要なことは、単純明白で
そこで初めて自分と「音」との信頼関係が築
現実的である事に満足し、あらゆるレベル
け、自分の身体が次に来る「音」に対して、柔
で分析的でなければならないということ。
軟な対応ができます。
「 経験は技術を伴う」
そうでないとかえって混乱に導かれ、出口
と20世紀最大の哲学者ともいわれるウィト
は見つからなくなる」。
ゲンシュタインも言っています。
エバンスは単純明白なことに「満足する」
つまり技術を伴わない体験は「経験」にな
ことの重要性と、そこに分析的に留まるこ
らないということであります。
「 経験があ
とを言っています。これがなかなか私など
る」とは、ある技術を使うべき時に繰り返し
常人にはできません。全体の印象の見かけ
使えることであって、そこにまたリズムと
がいいものを作って満足し、別のおもしろ
満足感は生まれ深化するのですね。
Piano Poet: Bill Evans
There was a Jazz pianist called Bill Evans.
He was a well-know pianist, especially as a
pianist of a epoch-making album Kind of
Blue . He was the only one caucasian
member of Miles Davis s group. I recently
discovered a lot of interviews Evans had at
Youtube. There he mentioned something
important in terms of creativity of the
artist.
They tend to approximate the product,
rather than attacking in a realistic true way
at any elementary level, regardless how
elementary it is, but it must be entirely true,
entirely real, entirely accurate. They would
rather approximate the entire problem,
then they d take small part of it real and
true about it. And I think this is a very
important thing that you must be satisfied
with very clear and very real and to be
analytical at any level. ... Ultimately you
gonna get so confused that you never find
your way out. (Bill Evans interview with
Harry Evans.)
Above he said something important about
being satisfactory with palpably simple
thing. For ordinary people it is not
necessarily easy to be satisfied with a
simple thing. We tend to feel satisfied by
making something similar to the holistic
impression. The simpler it is, the deeper
and the fuller of energy it contains. Actually
to stay in the simplicity necessitates a skill.
In other words, only through experiencing
can you become satisfied with simplicity.
All in all everything becomes looking
simple through experience. What Evans
said is like a Zen Buddhist monk s words. It
can also be said that it is the process of
rhythm that becomes deepened. That is, to
become rhythm can be realised only
through the process of internalisation and
repetition of seemingly simple rhythmic
composition, and then the trustful
relationship between the self and the sound
can be established, and thereafter your own
body can be prepared flexibly for the
coming sound . Wittgenstein, who is
recognised as one of the greatest
philosophers in the 20th century, also said
to be experience accompanies a skill That
is, lack of experience cum skill does not
make you a real experience . To be
experienced means that the acquired skill
can be used repetitively whenever it is
necessary. This is also the place where a
rhythm and satisfaction are borne.
登崎栄一 (とさきえいいち)
大阪生まれ。メルボルン在住15年。メルボルン大学哲学・美術史(PhD)。現モナシュ大学アート・デザイン
(2ndPhD学生)。ディーキン大学(ドローイング他)講師。メルボルン大学名誉フェロー。
Dr Eiichi Tosaki
Born in Osaka. Arrived in Australia 1996. PhD in Philosophy & Art History (Double Degree) 2002.
Finalizing the second PhD in Drawing Art&Design Monash University. Lecturer (Drawing and others),
Deakin University. Honorary Fellow, Philosophy Melbourne University.
Natinal Gallery of Victoriaで「日本庭園について」7月6日(土)2pmより講演します。詳細はP33のイベ
ント情報、W: www.ngv.vic.gov.au、または E: [email protected] までお問い合わせ下さい。
Dr Eiichi Tosaki will give a public lecture on The Japanese Garden at the NGV in the first week of
July 2013. Detail on W: www.ngv.vic.gov.au. For updates please contact me at
E: [email protected]