研究開発部 モバイル分野 - 東北大学電気通信研究所

21世紀情報通信研究開発センター
研究開発部 モバイル分野
ディペンダブルワイヤレスシステム・デバイスの開発
(JST CREST「ディペンダブルVLSIシステムの基盤技術」)
○研究テーマ
1.オールシリコンCMOSによるRFIC(Radio Frequency IC)
2.周波数領域等化技術による伝搬路・デバイス特性補償回路
3.適応スケーラブルADC/DAC (Analog‐Digital Converter/Dijgital‐Analog Converter)
【目的・背景】
異種エアインタフェースを選択的に用いた無線環境の接続品質の確保,
超長拡散符号方式による常時接続性の確保など,災害時でも必ずつな
がる情報通信ネットワークの実現を目指す.さらに,準天頂衛星等の衛
星通信システムとの融合によ
り,地上インフラを完全喪失し
た場合にも有効な地上系・衛
星系の異種へテロ無線通信シ
ステム融合を実現する.
参画機関 東京工業大学,
高知工科大学,
広島大学,富山高専,
三菱電機,日本電気,
ソフトバンクモバイル ほか
【研究の一例】
災害時にも強い地上系異種統合へテロネットワークの実証
(1) ワイヤレスネットワークのディペンダビリティ追求 (信学論J95-C(12), 2012年12月)
(2) 世界初の多重伝搬路干渉補償のための周波数領域等化回路LSI
(3) 超高速・低電力ADC: 6bit, 700MSps ADC で世界最小変換エネルギー
250fJ/conv. を実現
(4) 世界最高水準・ミリ波帯90nm オールシリコンCMOS LSIチップ開発:
送信回路: 高出力 (12.5dBm),高利得 (40dB),
低位相雑音 (-9dBc/[email protected] 離調)
受信回路: 5GHz/60GHz 帯統合ヘテロ無線ネットワーク用受信回路 LSI 開発
客員教授
准教授
坪内 和夫、高木 直
平 明德
http://www.riec.tohoku.ac.jp/lab/it-21-mob/index-j.html
○研究によって期待される成果・効果
複数の異種無線通信方式に適応的に接続可能(ヘテロジニアス)な
高信頼(ディペンダブル)無線通信ネットワークであるディペンダブ
ル・エアの実現を目指す.
○キーワード: ディペンダブル・エア,地上系/衛星系融合
【優位性・アピールポイント】
これまでに,(1)324Mbit/s 5GHz 帯無線 LAN 端末の開発,(2)ハイ
ビジョン非圧縮伝送超小型 3D SiP (三次元システム・イン・パッケー
ジ)ミリ波無線端末の開発を行い,また,(3) 広域モバイルブロード
バンドワイヤレスアクセス(MBWA) 実証実験により,自動車移動中
のシームレスハンドオーバ,無線 LAN と MBWA との異種ネットワー
ク間シームレスハンドオーバを成功させてきた.これらの知見を基に
して 10 年間で 1000 倍に増加すると言われる通信トラヒックに対応し,
かつ災害時にも必ずつながるディペンダブル・エアの実現を目指して,
現在,産学連携による研究開発を行っている.
【教員からの提案】
既存の無線通信方式にとどまらず,広く無線通信技術全般について,
議論を通して本分野が所有する技術の実用化を目指していきたい.
(1) オールシリコン CMOS による RFIC およびそれらの応用技術
(2) 異種材料素子を高密度実装可能な 3D SiP 技術
(3) 高精度クロック信号を用いた無線局間同期型ネットワーク技術,
衛星系を含む超広域センサーネットワーク技術
【企業との連携及び交流について】
地上系・衛星系の無線通信用のRF・アンテナなどのハードウェア技
術、ならびに無線通信方式・ネットワーク技術に関して、共同研究が
可能.