不登校の解消及び未然防止に向けた学校づくり - 新潟県

第728号
平成22年 9月1日
(1)
第728号
平成22年9月1日発行
9
月号
編集人、発行人
新潟県教育委員会
<今月号の記事>
1:不登校の解消及び未然防止に向けた学校づくり
2:教職員のメンタルヘルス
3 : 2010年 は 国 民 読 書 年 で す
P1~4
P3~5
P6
不登校の解消及び未然防止に向けた学校づくり
義 務 教 育 課
文部科学省より、
「平成21年度児童生徒の問題
行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」の結
果が公表されました。本県においては、不登校
児童生徒数は増加傾向から減少に転じましたが、
依然として憂慮すべき状況にあります。
本号では、本県の現状と課題をもとに、不
登校の解消及び未然防止に向けた取組につい
て紹介します。
1
長期化する不登校
本県の公立小・中学校における平成21年度
の不登校児童生徒数は2,167人(前年2,388人)
で、3年連続の増加傾向に歯止めがかかり、
小・中学校共に減少に転じました。
(グラフ1)
これは、「中1ギャップ解消プログラム」の
自校プランの着実な実践をはじめ、各学校に
おける様々な不登校解消及び未然防止の取組
の効果の現れと考えます。
しかし、不登校児童生徒は1校あたり2.7人
在籍し、中学校においては全体の90.6%の学
校で在籍しています。
グラフ1
本県の不登校児童生徒数の推移
また、不登校児童生徒数の50.6%が、前年
度からの継続であり、いったん不登校になる
と、なかなか解消が困難なことが分かります。
さらに、小学校で107人、中学校で507人、
合計614人(28.3%)が全欠状態にあります。
そのうち148人の児童生徒が、担任等が家庭訪
問しても面会できない状態であるなど、不登
校は、長期化・深刻化の様相を示しています。
2
憂慮すべき「中1ギャップ」の状況
本県の学年別の不登校児童生徒数は、中学
1年生で急増しています。(グラフ2)この状
況を、本県では「中1ギャップ」と呼び、平
成20年度の小学6年生と、21年度の中学1年
生の不登校児童生徒数を比べると、2.87倍と厳
しい状況にあります。
この背景として、中学入学後、教科担任制と
いう新しい学習形態や、初めて出会う仲間と
の人間関係等に適応できないことなどが指摘
されます。
グラフ2
本県の学年別不登校児童生徒数
800 (人 )
700
600
500
402
400
2 .87倍
300
200
140
100
0
小1
小2
小3
小4
H20
3
小5
小6
中1
中2
中3
H21
社会性の不足と不登校
不登校にいたる原因には、学習の不振や友
(2)
人関係、本人や家庭に関することなど、様々
な要因があります。本県では、自分に自信が
もてない児童生徒や、友達に会うのが楽しい
と感じられない児童生徒の割合が全国値より
高いことから、自己有用感や人間関係づくり
の能力等の社会性の不足が指摘されています。
この社会性の不足が、不登校の発生と大きく
関連していると考えられます。
1
予兆の把握と早期対応
不登校は、長期化すると問題が複雑化・深
刻化し、対応が困難になる場合があります。
また、初期対応の遅れから児童生徒や家庭と
の信頼関係を損ねるケースもみられます。
長期化を防ぐためには、不登校の予兆を早
期に発見し、組織を挙げて対応をすることが
大切です。新潟県教育月報4月号にも掲載し
ましたが、県教育委員会では「子どもと共に
1・2・3運動」として、下記のような初期
対応の徹底を呼びかけています。
1日目:欠席家庭に連絡し、保護者又は
本人から状況を聞く。
2日目:児童生徒の具体的な状況を電話
等により把握する。
3日目:家庭訪問を実施し、保護者又は
本人と面談する。
全校体制で、家庭との連携を図り、取組の
徹底をお願いします。
また、複数の目による実態把握や、教職員
以外からの情報や専門的な相談・支援も必要
となります。定期的な情報交換会や子どもを
語る会などを、スクールカウンセラー、ハー
トフル相談員、学校派遣カウンセラー等を交
えて実施したり、各教育事務所に配置されて
いるソーシャルスクールワーカー等を積極的
に活用してください。
さらに、市町村が設置している適応指導教
室や児童相談所等との連携を図ってください。
2
中1ギャップ解消のために
中1ギャップを解消し、不登校を未然に防
止するためには、小・中学校間及び小・小学
第 728号
平 成 22年 9 月 1日
校間の連携のもと、9年間を見通した社会性
育成のプランを作成し、計画的に実施するこ
とが大切です。
9年間を見通した社会性の育成の例として、
小学校低学年時から、学校行事等の活動の前
に社会的スキル学習の機会を設け、実際の活
動場面における声がけの仕方や気持ちの伝え
方を学ぶ取組が報告されています。このよう
な取組により、児童生徒の他者理解が促進さ
れ、他に対する感謝の気持ちや仲間のよさを
表現することができる児童生徒が増えること
が、豊かな人間関係を醸成し、不登校の未然
防止につながります。
また、連携が中学入学時の情報交換のみに
とどまらないよう、中学校区で「中1ギャッ
プ解消検討委員会」等を設置し、定期的に情
報交換や方針の共有化を行うなど、継続的な
取組の充実を図ることが重要です。
3
社会性育成の取組
不登校を未然に防止するために、県教育委
員会では、「深めよう 絆 県民運動」の一環と
して「社会性育成パイロット事業」を展開し
ています。重点中学校区では、小中連携のも
と、実践的な研究を進めております。各学校
においても、以下の4つの視点から社会性育
成の取組を実施していただきたいと思います。
<社会性育成へのアプローチの視点>
① 9年間を見通した社会的スキルの育成
② 豊かな体験活動や異年齢・他校との交流
活動を通した社会性の育成
③ 家庭や地域と連携した社会性の育成
④ かかわり合って学ぶ授業づくりを通した
社会性の育成
不登校の解消と未然防止には、保護者や地
域と連携し、一丸となっての取組と、小・中
学校間、小・小学校間の連携が大切です。児
童生徒が笑顔で「明日も学校へ行こう」と心
がトキめく学校づくりを目指して、着実な実
践をお願いします。
第728号
平成22年 9月1日
(3)
教職員のメンタルヘルス
~セルフケアのすすめ~
厚生労働省では、メンタルヘルス対策の基
本として示している「労働者の心の健康の保
持増進のための指針」において、メンタルヘ
ルスの具体的な進め方として「4つのケア」
を挙げています。
①セルフケア
②ラインによるケア
③事業場内産業保健スタッフ等によるケア
④事業場外資源によるケア
この中でも、はじめに自分自身がストレスに
気づき、これに対処するための知識、方法を身に
つけ、実践する「セルフケア」がメンタルヘルス
不調にならないための手段として最も重要です。
本号では、県内公立学校教職員の休職者等※
の状況をお知らせするとともに、
「セルフケア」
の方法について紹介しますので、学校におけ
るこころの健康づくりの参考としてください。
※ 休 職 者 等 : 本 号 で は 、「 長 期 病 気 休 暇 者 (1 か 月 を 超
える者)及び休職者」をいう。以下、同じ 。
1 県内の状況
(1) 休職者等及び校種別の年度推移状況
新潟県公立学校教職員の平成21年度の休職
者等は465人となりました。そのうち「精神及
び行動の障害」による者は210人であり、7年
振りに減少(対前年比37人減)しました。 休
職者等全体に占める割合は45.2%と引き続き
高くなっています。(表1)
表1 新潟県公立学校教職員の休職者等の状況(年次推移)
年
度
休職者等
左のうち精神及び行動の障害
人数(B)内訳
人数(A)
人数(B)
%(B/A)
17
465
196
42.2
108
休職
88
18
501
228
45.5
110
118
19
453
229
50.6
117
112
20
500
247
49.4
113
134
21
465
210
45.2
101
109
長期病休
また、過去5年間の同障害による休職者等
の状況をみると、平成20年度までは中学校、
福
利
課
高等学校、特別支援学校において年々増加し
ていましたが、平成21年度はすべての校種で
減少しています。(グラフ1)
グラフ1「精神及び行動の障害」による年度別校種別の状況
250
247
228
229
H17
H18
H19
H20
H21
23
32
55
86
27
42
55
104
29
45
62
93
35
49
78
85
28
42
58
82
210
196
200
150
100
50
0
特別支援学校
高等学校
中学校
小学校
(2) 平成21年度の年代別及び疾患別の状況
平成21年度の「精神及び行動の障害」によ
る休職者等の年代別内訳を、在職者数に対す
る割合でみると、20代の割合が最も高く、次
いで40代となっています。(表2)
また、疾患別ではこれまで同様うつ病が最
も多く、約8割となっています。
表2 平成21年度「精神及び行動の障害」による新潟県
公立学校教職員の年代別の休職者等状況
休職者等数(A)
職員数(B)
%(A/B)
20代
23
1,447
1.59
30代
45
4,933
0.91
40代
81
7,575
1.07
50代
61
6,127
1.00
計
210
20,082
1.05
※「職員数」:平成21年度給与実態調査による県費負担教職員
(3) 平成21年度の復帰等の状況
平成21年度において「精神及び行動の障害」
による休職者等210人のうち、平成21年度中
に職場に復帰した教職員は117人でした。内
訳は長期病気休暇からの復帰75人、休職から
の復職42人であり、全体では55.7%の職員が
職場に復帰しています。
休暇の種別で見ると、長期病気休暇からの
復帰に比べ、休職からの復職割合はかなり低
(4)
第 728号
く止まっています。(表3)
表3 平成21年度「精神及び行動の障害」による復帰の状況
種別
休職者等の人数
職場復帰者の人数
長期病気休暇
101人
75人(74.3%)
※(
休職者
109人
42人(38.5%)
計
210人
117人(55.7%)
)内は、休職者等に占める職場復帰者の割合
2
全国の状況
文部科学省のまとめでは、平成20年度に精
神性疾患で休職した全国の公立学校の教員は
5,400人に達しました。また、在職者に占める
精神性疾患による休職者の割合は、0.59%と
年々増加傾向にあり、当県においても、0.66%
となり同様の傾向にあります。
1
ストレスのしくみ
人間の体は、身体内部や外部環境の変化を
受けても、一定のバランスを保つように調整
されており、これを「ホメオスタシス(生体
恒常性)
」といいます。そのため、外的な要因
としてストレスを受けることがあったとして
も、生体機能の調節作用により、心身のバラ
ンスを保ち続けることができます。
この「生体機能の調節」作用の中でも、特に
ストレスに関わりが深いのは、心臓を動かす、
呼吸、胃腸での消化など体全体の運動をつか
さどる「自律神経」であるといわれています。
自律神経には「交感神経」
(興奮させること)
と「副交感神経」(リラックスさせること)と
があり、通常この2種類の神経はバランスが
保たれています。一日のリズムの中でも、朝
は自然と交感神経が優位となり、夜になると
自然と副交感神経が優位の状態になります。
これに対し、強いストレスが長く続くと交
感神経が常に優位な状態となり、その結果、
副交感神経とのバランスが崩れ、極度の緊張
状態や、ひいては様々な病気を招いてしまい
ます。そのため、体をリラックス状態に保つ
ための「リラックス法」を実践することが、
セルフケアの手法として重要となります。
2
ストレスの影響をチェックする
ストレスによる精神疲労の影響は、まず不
眠、食欲不振、慢性的な体のだるさ等、体の
平 成 22年 9 月 1日
症状に現れることが多くなります。このよう
な症状が2週間以上続くときは、早めの対処
が重要です。次のチェック法により、今の状
態を確認してください。
ストレス度自己チェック法
(初台関谷クリニック法)
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
家庭内でいろいろ問題があった。
仕事において、多くの変化があった。
前日の疲れがとれず、朝方から体がだるい。
頭がすっきりしなく、頭重感がある。
肩こりや背中、腰が痛くなることがある。
食欲がなくなり、しだいに体重が減ってきた。
腹が張り、下痢や便秘を交互に繰り返す。
目が疲れたり、めまいや立ちくらみがある。
急に息苦しくなったり、胸が痛くなる。
手足が冷たく感じたり、汗をかきやすい。
よく風邪をひくが、治りにくくて長引く。
日ごろから楽しみにしている趣味などがない。
いつも実践している運動などがない。
気分が沈みがちで、憂うつである。
些細なことに腹が立ち、イライラする。
仕事をやる気がなくなり、疲れやすい。
人に会うのがおっくうで、なんでも面倒くさい。
寝つきが悪く、夢を見ることが多い。
朝、気持ちよく起きられずに、気分が悪い。
医者の診察を受けたら気のせいだといわれた。
判
定
法
○の数が5つ以下…正常範囲
6~10……ストレス予備状態
11~15……ストレス状態
16以上……ストレス重度
○の数が11個以上の人は、次の2つの
質問にも答えてみてください。
□ この1か月間、気分が沈んだり、憂うつな気持ち
になったりすることがよくありましたか。
□ この1か月間、どうも物事に対して興味がわかな
い、あるいは心から楽しめない感じがよくありま
したか。
両方とも当てはまる場合は、専門医への
受診が必要です。
3 ストレス状態からリラックス状態に変える
(1)「気持ちがいい」という感じが大切
リラックスするには「気持ちがいい」とい
う体験を目安にするとわかりやすいです。
心身のリラックス法
①身体感覚の覚醒(指圧やマッサージ等)
②リラクセーション(筋肉を緩める)
③呼吸法(気功法やヨガ等)
④自律訓練法(暗示やイメージを使う方法)
ここでは、誰でもどこでも簡単に実施でき
第728号
平成22年 9月1日
る「呼吸法」とストレスとのつきあい方のコ
ツについて紹介します。
(2) 呼吸法等
呼吸には自律神経をコントロールする働きが
あり、感情と密接に繋がっているといわれてい
ます。深呼吸を行い副交感神経に働きかけるこ
とで、感情が安定しリラックスできます。
丹田(たんでん)呼吸法
吐くことに重点を置いた深呼吸です。呼吸
をすることに意識を集中することが大切です。
①丹田(おへその下1㎝)部分に軽く両手を
添え、静かにゆっくり息をすべて吐き出し
ます。肩や背中の力を抜いて行います。
②息を十分に吐ききったら息を止め、2秒
数え丹田を膨らませるように意識しなが
ら鼻からゆっくり大きく吸い込みます。
この呼吸法を毎日続けることで、休息の
神経である副交感神経が活性化し、心身
がリラックスします。
ストレスとのつきあい方10か条
1 身体の不調は休息のサイン
ストレスの影響により、胃腸の調子が悪い、不眠、
体がだるいなど身体症状が生じていることがありま
す。自分の身体のサインを見逃さないようにしましょう。
(5)
回復につながることもあります。1週間のスタ ート
は休日から始まると考え、休日のウォーミング
アップを心がけましょう。
5 熱中できる趣味を持ちましょう
趣味に熱中することで、仕事のストレスと距離
をもつことができます。また仕事以外の人間関係
を楽しむこともリラックスにつながります。
6 本音を語れる人を大切に
自分の感情を素直に表現することは、ストレス
解消になります。本音を語れる人生のパートナー
がいることは財産と言えるでしょう。
7 自分に優しく
疲れてきたり、身体の調子が悪くなると些細な
ことが気になり、自分を責めてしまいます。自分
への優しさを忘れないようにしましょう。
8 好奇心を失わないこと
好奇心は人間を動かす原動力です。既成概念にとらわ
れず、新しい世界に挑戦することを大切にしましょう。
9 転勤前後に注意すること
新しい仕事、新しい人間関係等新しい環境に慣
れるのにはかなりのエネルギーを使います。忙し
い時期でもありますが、あえて休息や気分転換を
心がけましょう。
10 時には専門家に相談を
調子の悪さがいつもより長く続くと思った時は、
専門家に相談することも考えてみましょう。
(ヒューマンリエゾンカウンセリングルーム)
2 疲労に注意すること
肉体疲労を感じたら十分に休養しましょう。疲
労は仕事の能率の低下やイライラによるトラブル
を引き起こします。頭脳疲労には数分間の浅い眠
りと適度に体を動かすことが良いと言われています。
3 小休止のすすめ
平素の根気や気力がなくなったと感じたら、早め
に帰るなどして休息をとることが大切です。
4 休日の過ごし方の工夫
ごろ寝よりも積極的に体を動かした方が疲労の
セルフケアとは、「自分で自分の健康管理を
する」ということです。一人ひとりが「自分
の健康は自分で守る」という考えを理解し、
ストレスを解消するだけでなく、ストレスと
上手につきあえる柔軟な心と対応する力を身
につけていくことが重要です。
<参考資料>
「ストレスマネジメント入門」日本経済新聞出版社(H19年4月発行)
「教育委員会月報12月号」文部科学省(H21年12月発行)
地方公務員安全衛生推進協会「H22メンタルヘルス研修」資料
公立学校共済組合新潟支部「心の健康相談」窓口一覧
相談窓口
新潟心理相談システム
長岡カウンセリング
ルーム
国立病院機構
さいがた病院
【電話相談のみ】
新潟県臨床心理士会
連絡先
新潟市中央区明石2-1-5
TEL 025-246-9344(FAX兼)
長岡市日赤町2-2-53
グリーンベル松本202
TEL 0258-39-9634(FAX兼)
上越市大潟区犀潟468-1
TEL 025-534-6756(FAX兼)
新潟市中央区上所2-2-3
新潟ユニゾンプラザハート館
TEL 025-280-1680
相談日
摘要
面接・電話・FAX
毎週金曜日 による相談
17:00~19:00 ※ 匿名での相談可。
毎週水曜日
17:00~19:00
毎週水曜日
18:30~20:30
個人のプライバシー
は固く守られます。
祝 祭日及び12月29日
から1月3日までは
除く。
(6)
第 728号
平 成 22年 9 月 1日
2010年は国民読書年です! 生涯学習推進課
【キャッチフレーズ】
「 じゃあ、読もう。」
読書活動の日常化を目指します!
平 成 20年 6 月 の 国 会 決 議 に よ り 、 2010年 を 「 国 民 読
書年」とすることが定められました。
この決議では、深刻化する活字離れ、読書離れが危
惧される昨今の状況を踏まえ、読書への国民の意識を
高めるため、政官民が協力し国をあげてあらゆる努力
を重ねることが宣言されています。
県教育委員会では、学校・家庭・地域全体で読書活
動を推進していくこととし、記念事業に取り組みます。
国民読書年記念「新潟県子ども読書活動推進事業」
主催:各市教育委員会 共催:県教育委員会
◇長岡市 11月21日(日)
~あきやまただし絵本ライブ~
問い合わせ先
長岡市立中央図書館
TEL:0258-32-0658
◇魚沼市 (10月~11月頃 1回)
~読み聞かせ等ボランティア講座~
問い合わせ先
魚沼市教育委員会生涯学習室
TEL:025-794-6073
◇妙高市 (12月中 2回)
~ボランティア講座~
主
日
会
催 : 県立図書館
時 : 11月6日(土)13:00~
場 : 県立生涯学習推進センター ホール
(県立図書館併設)
講 師 : 山崎まゆみ氏(温泉ライター)
日本旅行作家協会会員。日本及び
世界各地の温泉を取材し、執筆。
参加費 : 無料・申し込み制
※詳細は県立図書館のホームページをご覧ください。
問い合わせ先
妙高市教育委員会生涯学習課
国民読書年記念「講演会 文豪たちが愛した温泉」
TEL:0255-74-0034
http://www.pref-lib.niigata.niigata.jp/
新 学 習 指 導 要 領 に お い て 、「 言 語 活 動 」 の 充 実 が 重 要 視 さ れ 、 読 書 活 動 の 推 進 及 び 学 校
図書館 の積極的 な活用が 求めら れており 、学校図 書館は学 校教育の 中核的な 役割を担うこ
とが期待されています。
昨今、読書が大好きな子と、本を読まない子の二極化が顕著になってきている
という指摘があります。子どもにとって、魅力を感じる面白い本との出会い、読書
の楽しさの体験が 、その後の読書活動に大きく影響します。したがって、一人一
人に合った本を手渡す大人の役割は、非常に重要であり、学校図書館や教室に、家庭
や地域に、子どもの読書活動を支える人が必要です。
学校司書や司書教諭、公立図書館、PTAやボランティア等と連携し、学校全体で
読書環境を整え、子どもの読書活動の推進に取り組んでください。
「新潟県子ども読書活動関係者合同研修会」~子どもと本をつなぐ大人の役割~
主催:県教育委員会
日時:9月22日(水)10:00~15:30
会場:新発田市生涯学習センター
新発田市立外ヶ輪小学校
(6年生のブックトーク授業に参加)
※学校・幼稚園教職員、司書、保育所、児童館職員、
行政職員が一堂に会し、連携を深めます。
※講師による小学校高学年向けのブックトークの実際
を体験し、子どもに薦める本について学びます 。
問い合わせ先
県生涯学習推進課
講師 越高 一夫 氏(ブックトーク講師) 発 行 所
所在地
~ ブックトークとは~
TEL:025-280-5617
新潟県教育庁総務課
〒 950-8570
新潟市中央区新光町4番地1
025-280-5584 F A X 025-285-3766
ngt500010@pref.niigata.lg.jp
テーマに沿って、何冊かの本を順序立てて紹 電 話
E-mail
介する方法です。本の面白さを伝えるとともに、 HP版 URL
http://www.pref.niigata.lg.jp/kyoikusomu/
**本紙に関するご意見がありましたら、お寄せください**
聞き手を読む気にさせ、読書意欲を高めます。
<無断転載を禁ず>