第Ⅰ部 展示会データ編 - 展示会とMICE

第Ⅰ部 展示会データ編
7p 〜 生産財( 18業種)
8p 産業機械全般・異業種交流
16p 金属加工・工作機械
22p 印刷・製版・紙加工機械
23p 食品加工・包装・物流機械
29p 縫製・クリーニング機械
30p プラスチック・セラミック加工機械
34p 機械要素・部品・工業材料
45p 製造・設計・制御機器
51p 自動車整備機器・部品
54p 化学・製薬・バイオ機器
61p 計測・分析・科学・検査機器
67p 磁気・光学・画像処理機器
73p エレクトロニクス・電子部品
83p 通信・放送機器
89p IT・オフィス機器
101p 環境・エネルギー
118p 海洋・航空・交通
121p 農業・林業
123p 〜 消費財( 23業種)
235p 〜 50音順インデックス
テクニカルショウヨコハマ(工業技術見本市)
産業機械全般・
異業種交流
Technical Show Yokohama
'13
'14
2月6日(水)〜8日(金)
パシフィコ横浜(展示ホールC・D)
2月5日
(水)〜7日
(金)
パシフィコ横浜
(展示ホールC・D)
産業機械全般・異業種交流
開催実績
回
会期
34
33
32
31
30
2013年 2 月 6 日〜 8 日
2012年 2 月 1 日〜 3 日
2011年 2 月 2 日〜 4 日
2010年 2 月 3 日〜 5 日
2009年 2 月 4 日〜 6 日
会場
出展者数
パシフィコ横浜
パシフィコ横浜
パシフィコ横浜
パシフィコ横浜
パシフィコ横浜
498社
392社
383社
330社
339社
特色
工業技術・製品に関する総合見本市。エレクトロニクス関連、ソフトウェア、
産業用機器、環境・防災・エネルギー関連機器、福祉・バリアフリー関連機
器など、
各種産業の動向に大きな影響を与える最新技術と製品を紹介する。
■開催概要
2014 年 2月開催分
◎主催:(公財)
神奈川産業振興センター、
(社)横浜市工業会連合会、神奈川
県、
横浜市
◎開場時間:10:00 〜 17:00
◎予想入場者数:3万人
◎来場者入場方法:無料、登録制※一般可
◎来場者シェア分析:業界関係者 98 . 8%、一般 0 . 7%、
マスコミ 0 . 5%(前回
実績)
◎第1回開催年:1980 年2月
◎開催頻度:毎年
◎併催行事:著名人による講演会、専門家によるセミナー、出展者セミナー
◎同時開催展:受・発注商談会
(横浜会場)
、
かながわビジネスオーディション
■出品要項
2014 年 2月開催分
◎出品資格:出品物を扱う企業・団体(神奈川県内に事業所のある企業・団
体は優遇)
問合せ先
産業機械全般・
異業種交流
'14
2月7日(木)〜9日(土)
大田区産業プラザ(PiO)
(大・小展示ホール)
2月 13 日
(木)〜 15 日
(土)
大田区産業プラザ
(PiO)
開催実績
17
16
15
14
13
※
( )
内は海外からの参加数
会期
2013年 2 月 7 日〜 9 日
2012年 2 月 2 日〜 4 日
2011年 2 月 3 日〜 5 日
2010年 2 月18日〜 20日
2009年 2 月19日〜 21日
会場
出展者数
大田区産業プラザ
大田区産業プラザ
大田区産業プラザ
大田区産業プラザ
大田区産業プラザ
102社 ・ 団体
105(2)社 ・ 団体
103(2)社 ・ 団体
100社 ・ 団体
141社 ・ 団体
特色
主に大田区内企業の優れた製品、技術力をアピールすることにより、企業の
取引促進、
販売拡大、
情報の交換と技術交流を推進するための展示会。
■開催概要
2014 年 2月開催分
◎主催:大田区、
(公財)
大田区産業振興協会、
(一社)大田工業連合会
◎開場時間:10:00 〜 17:00 ※最終日は 16:00 まで
◎予想入場者数:5000 人
◎来場者入場方法:無料※一般可
◎来場者シェア分析:業界関係者 70%、一般 30%
◎第1回開催年:1997 年
◎開催頻度:毎年
◎併催行事:講演会、
商談会、セミナーほか
■出品要項
来場者数
29,118人
30,912人
30,176人
28,963人
32,928人
(公財)神奈川産業振興センター/総務・企画部 事業課
〒 231 - 0015 神奈川県横浜市中区尾上町5- 80
TEL : 045( 633)5170 FAX : 045( 633)2556
URL : http://www.tech-yokohama.jp/
E-mail : [email protected]
OTA INDUSTRIAL FAIR
回
433小間
413小間
376小間
351小間
382小間
◎主要出展物:情報・事務処理機器、
情報通信関連機器、
ソフトウェア、
計測・
測定・検査・制御・監視機器、
金属加工・表面処理機器、
電子・電機部品、
環境・
公害防止・エネルギー関連機器、
異業種交流グループ、
産学連携コーナーなど
◎出展料金:13 万 6500 円( 3 . 0 m× 3 . 0 m× 2 . 7 m)、スペースのみ 10 万 5000
円( 3 . 0 m× 3 . 0 m)※神奈川県内に事業所を有する場合(その他は別料金)※
インキュベート(会社設立 8 年以内)企業への割引料金設定あり
◎募集小間数:360 小間
◎募集期間:2013 年9月 20 日(金)
(予定)
◎小間割決定日:2013 年 11 月 20 日(水)
(予定)
◎小間割決定方法:抽選
◎予定出展者数:400 社
◎出展者説明会:2013 年 11 月 20 日(水)
(予定)
◎設営搬入日数:2日
◎撤去搬出日数:即日
◎基礎装飾:開催ごとに決定 ◎幹線電気工事:開催ごとに決定
高度技術・技能展 おおた工業フェア
'13
出展小間数
119小間
122小間
123小間
120小間
131小間
来場者数
4,850人
4,088人
6,867人
5,007(10)
人
8,923人
◎出展料金:大田区内企業3万 1500 円・大田区外企業6万 3000 円( 3 . 0 m×
3 . 0 m× 2 . 4 m)
◎募集小間数:95 小間
◎募集期間:2013 年7月1日(月)〜9月 30 日(月)
◎小間割決定日:2013 年 12 月初旬(予定)
◎小間割決定方法:事務局裁量
◎予定出展者数:100 社
◎出展者説明会:2013 年 12 月(予定)
◎設営搬入日数:2日
◎撤去搬出日数:即日
◎基礎装飾:開催ごとに決定
◎幹線電気工事:開催ごとに決定
2014 年 2月開催分
◎出品資格:自社の得意技術や技能を武器に、新たな取引先や市場開拓を目
指す企業・研究開発した技術や製品の売込みを目指す企業・産学交流によ
る成果の商品化を目指す企業(申込多数の場合、大田区企業を優先)
◎主要出展物:一般機械器具製造、金属製品製造、電気機械器具製造、樹脂製
品製造、
各種加工業、IT 関連分野ほか
出展小間数
問合せ先
(公財)大田区産業振興協会/施設サービスチーム
〒 144 - 0035 東京都大田区南蒲田1− 20 − 20 大田区産業プラザ(PiO)3 F
TEL : 03( 3733)6477 FAX : 03( 3733)6459
URL : http://www.pio-ota.jp/k-fair/ 17 /
—8—
第Ⅰ部 展示会データ編
7p 〜 生産財( 18業種)
123p 〜 消費財( 23業種)
124p 住宅・ビル設備・建材
131p 不動産・金融・投資
132p 流通・店舗・商材
140p ホテル・レストラン・厨房
143p 販促・イベントツール
147p 病院・医療
151p 健康・福祉・美容
160p 安全・防災
165p 電設・空調・下水道
167p 家具・インテリア・照明
172p ギフト・生活雑貨
179p DIY・ペット・ホビー
181p 文具・教育・書籍
186p 玩具・アニメ・ゲーム
188p 食品・飲料
200p スポーツ・レジャー
204p 自動車・二輪車
210p ファッション・革製品
217p 時計・眼鏡・宝飾品・カメラ
223p 花き・園芸・エクステリア
225p 観光・物産
229p 陶芸器・工芸品
232p 各種イベント
(フリーマーケットほか)
235p 〜 50音順インデックス
ハウジング&リフォームあいち
住宅・ビル設備・建材
Housing & Reform Aichi
'13
'14
3月1日(金)〜3日(日)
名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)
2月 28 日
(金)〜3月2日
(日)
名古屋市中小企業振興会館
(吹上ホール)
住宅・ビル設備・建材
開催実績
回
会期
31
30
29
28
27
2013年 3 月 1 日〜 3 日
2012年 3 月 2 日〜 4 日
2011年 3 月 4 日〜 6 日
2010年 3 月 5 日〜 7 日
2009年 3 月13日〜 15日
会場
出展者数
名古屋市中小企業振興会館
名古屋市中小企業振興会館
名古屋市中小企業振興会館
名古屋市中小企業振興会館
名古屋市中小企業振興会館
80社 ・ 団体
85社 ・ 団体
80社 ・ 団体
90社 ・ 団体
93社 ・ 団体
出展小間数
160小間
169小間
165小間
166小間
165小間
■出品要項
特色
新築から増築まで、住まいに関する情報を一堂に展示。住宅相談会や各種
のイベントも併催し、県民に定着したフェアとなっている。なお、92 年まで
ナゴヤ増改築フェアとして開催。その後、あいち住宅フェアとして展開し、
2003 年から現名称へ変更している。
■開催概要
2013 年 3月開催分
◎主催:愛知ゆとりある住まい推進協議会、中日新聞社、中部経済新聞社
◎開場時間:10:00 〜 17:00
◎予想入場者数:4万人
◎来場者入場方法:無料※一般可
◎第1回開催年:1983 年3月
◎開催頻度:毎年
◎併催行事:住宅相談、
テーマ展示、体験型イベント、住まいの相談コーナー、
セミナーなど
来場者数
21,800人
29,300人
29,400人
32,700人
30,400人
2013 年 3月開催分
◎出品資格:出品物を扱う企業・団体
◎主要出展物:新築・増改築住宅、住宅設備、建築材料、インテリア製品、
エ
クステリア製品、輸入住宅、建材、その他
◎出展料金:28 万 3500 円( 3 . 0 m× 3 . 0 m× 2 . 5 m)
◎募集小間数:180 小間
◎募集期間:2013 年1月 15 日(火)
◎小間割決定日:2013 年2月
◎小間割決定方法:主催者裁量
◎予定出展者数:110 社
◎出展者説明会:2013 年2月中旬
◎設営搬入日数:2日
◎撤去搬出日数:即日
問合せ先
中部経済新聞社/事業部
〒 450 - 8561 愛知県名古屋市中村区名駅4-4- 10
TEL : 052( 561)5675 FAX : 052( 561)9133
URL : http://www.chukei-news.co.jp
E-mail : [email protected]
[email protected]建材展
住宅・ビル設備・建材
ARCHITECTURE+CONSTRUCTION MATERIALS
'13
'14
3月5日(火)〜8日(金)
東京ビッグサイト(東5・6ホール)
3月4日
(火)〜7日
(金)
東京ビッグサイト
(東5・6ホール)
開催実績
回
19
18
17
16
15
※来場者数は同時開催展を含む。( )
内は海外からの参加数
会期
2013年 3 月 5 日〜 8 日
2012年 3 月 6 日〜 8 日
2011年 3 月 8 日〜 11日
2010年 3 月 9 日〜 12日
2009年 3 月 3 日〜 6 日
会場
出展者数
東京ビッグサイト
東京ビッグサイト
東京ビッグサイト
東京ビッグサイト
東京ビッグサイト
263(11)社
261(19)社
257(15)社
251(24)社
278社
特色
“日経メッセ 街づくり・店づくり総合展”の総称のもとに開催。住宅・店舗・
ビル用の各種建材や設備機器など、建材・関連製品を総合的に紹介。
■開催概要
2014 年 3月開催分
◎主催:日本経済新聞社
◎開場時間:10:00 〜 17:00 ※最終日は 16:30 まで
◎予想入場者数:12 万人※ JAPAN SHOP との合計数
◎来場者入場方法:有料( 2000 円)、登録制(Web での事前登録者は無料)※
一般可
◎第1回開催年:1995 年3月
◎開催頻度:毎年
◎併催行事:セミナーなど(予定)
◎同時開催展:JAPAN SHOP、リテールテック JAPAN、NFC & Smart
WORLD、SECURITY SHOW、LED Next Stage、フランチャイズ・ショー
■出品要項
2014 年 3月開催分
◎出品資格:建材メーカーほか
◎主要出展物:内装部材、外装部材、床材、屋根材、開口部材、副資材、防火材・
耐火材、吸音材・遮音材、断熱材・防水材、基礎材・構造材、その他部材、イン
テリア、景観材料・エクステリア、キャンバス関連、ソフトウエア、設計・工
出展小間数
593(27)小間
561(39)小間
567(37)小間
530(52)小間
606小間
来場者数
117,416人
119,816人
117,517人
135,633人
142,467人
事関連、設備機器、健康・エコロジー建材、耐震・高耐久建材、制震・免震工法、
太陽光発電・燃料電池、国産材を使用した各種建材、情報・出版・FC 募集、
光触媒製品など
◎出展料金:36 万 7500 円( 3 . 0 m× 3 . 0 m× 2 . 7 m)および Web サイト参加
料(1社あたり5万 2500 円)
◎募集小間数:600 小間
◎募集期間:2013 年 10 月 15 日(火)
◎小間割決定日:2013 年 12 月5日(木)
◎小間割決定方法:出展者数・小間数などを考慮して主催者が決定
◎予定出展者数:270 社
◎出展者説明会:2013 年 12 月5日(木)
◎設営搬入日数:3日
◎撤去搬出日数:即日
◎基礎装飾:(株)日経ピーアール
◎幹線電気工事:飯田電機工業(株)
問合せ先
日本経済新聞社/文化事業局イベント事業部
〒 100 - 8066 東京都千代田区大手町1-3-7
TEL : 03( 6256)7355 FAX : 03( 6256)7844
URL : http://www.ac-materials.jp/
E-mail : [email protected]
— 124 —
第Ⅱ部 資料編
本誌を発行する㈱ピーオーピーは、国内唯一の展示会専門出版社として約30年にわた
り展示会の情報を蓄積するとともに、展示会産業を発展させるべく有用な情報を発信し
てきた。そこで本誌発行を機に、当社保有のデータの一部をグラフ化するとともに、国
内でこれまで発表された各種報告書を集め、その要旨と概略版をまとめた。
目次
第1章 展示会の総合分析(ピーオーピー調査)
▷「展示会データベース」最新データ… …………………………………………………… 244
▷展示会の総合分析… ………………………………………………………………………… 248
▷全国の展示施設最新概況… ………………………………………………………………… 250
第2章 日本展示会認証協議会 手引き
「展示会統計に係る第三者認証制度」のスキーム… ………………………………………… 254
「展示会統計に係る展示会データ認証の手引き」… ………………………………………… 259
第3章 経済産業省 報告書
「平成24年度展示会事業の国際化推進のための人材育成基盤整備・関連事業調査」
… … 266
第4章 MICE関連
「観光庁 マーケティング分析調査(海外のMICE主催者・関係者のニーズ把握)
」
……………… 286
「日本政府観光局(JNTO)国際会議開催統計」
… …………………………………………… 290
第5章 国際見本市連盟(UFI) 調査報告書
「The Trade Fair Industry in Asia2012」ほか………………………………………………… 294
【展示会の主な調査報告書 一覧】
「平成24年度展示会事業の国際化推進のための人材育成基盤
整備・関連事業調査」〈経済産業省〉/平成25年2月
「日本展示会協会・大規模展示場連絡会合同 展示会統計デー
タ調査報告書」
〈日本展示会協会/大規模展示場連絡会〉/平成21年3月
「展示会統計に係る展示会データ認証の手引き」 〈日本展示会認証協議会〉/平成24年6月~
「平成21年国内イベント市場の経済波及効果推計結果報告書」
〈㈳日本イベント産業振興協会〉/平成23年4月
「パシフィコ横浜で開催されるコンベンション等による経済波
及効果測定」
〈横浜国際平和会議場〉/平成20年10月
「平成21年国内イベント市場規模推計結果報告書」
〈㈳日本イベント産業振興協会〉/平成23年3月
「東京ビッグサイトにおける展示会等の経済効果」
〈東京ビッグサイト〉/平成19年7月
「展示会産業活性化のための標準の確立及びビジョン策定等に
関する調査事業」〈経済産業省〉/平成23年2月
「平成18年 幕張メッセ経済波及効果調査報告書」
〈幕張メッセ〉/平成19年3月
「展示会産業統計の実態把握・整備に関する調査」報告書
〈展示会産業統計整備コンソーシアム〉/平成22年2月
「展示会データの認証に向けて」(グリーンブック)
〈日本展示会統計センター(仮称)推進協議会〉/平成18年7月
— 242 —
5 開催都市
468 件
未定
※開催中止の場合は前回実績で計上
北陸
北海道 1 件
(0.2%)
石川 1 件
長野 1 件
5(1.1%)
新潟 3 件
中国・四国 1 件
(0.2%)
九州・沖縄
5 件(1.1%)
12 件
(2.6%)
東北 3 件
(0.6%)
愛媛 1 件
福岡 4 件
北九州 8 件
福島 1 件
宮城 2 件
関東
近畿 56 件
(12%)
兵庫 5 件
大阪 50 件
6 小間割決定方法
292 件
中部
16 件(3.4%)
滋賀 1 件
静岡 3 件
栃木 1 件
千葉 29 件
東京 313 件
7 搬入・設営日数
332 件
その他
5件
(1.7%)
抽選および主催者
(事務局)裁量
4件
( 1.4%)
注)最新の開催実績からカウント、
なお回答のないものは除く
5 日以上
1.5 日
2.5 日
1件
(0.3%) 15 件
(4.5%) 3 件(0.9%)
未定
1 件(0.3%)
4日
7件
(2.1%)
先着順
33 件
(11.3%)
抽選
49 件(16.8%)
神奈川 26 件
愛知 12 件
注)最新の開催実績からカウント、
なお回答のないものは除く
先着順および主催
者(事務局)裁量
5件
(
1.7%)
山梨 1 件
369 件(78.8%)
3日
36 件
(10.8%)
主催者 ( 事務局)裁量
196 件
(67.1%)
1日
65 件(19.6%)
2日
204 件
(61.4%)
— 246 —
第Ⅱ部〈第5章〉世界・アジアの展示会産業動向
3 国際展示場の会場数と面積
2012年末現在のアジア全域の国際展示場総面
積はおよそ649万㎡。初めて調査した2005年の
300万㎡から2倍以上になっている。会場数では
187となっており、なかでも中国が97会場と半
数以上を占めている。そしてインドの13会場、
日本・韓国の12会場と続いている。面積では中
国が68%となっており、2位の日本の12倍以上
と大きく差をつけている。
※UFI 報告書「The Trade Fair Industry in Asia - 8th
Edition」より作成
日本語訳はピーオーピー編集部
国
会場数
中 国
日 本
韓 国
インド
タ イ
シンガポール
香港
オーストラリア
台 湾
マカオ
マレーシア
インドネシア
パキスタン
ベトナム
フィリピン
合 計
97
12
12
13
9
4
3
10
4
2
4
8
2
4
3
187
屋内展示場面積(㎡)
4,419,382
350,606
308,368
285,457
222,405
203,600
151,920
139,242
105,409
76,715
71,292
56,094
39,045
33,793
26,257
6,489,585
4 アジア主要展示会主催企業・団体トップ10(販売面積順)
順位
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
会社名
アジア本部所在地
中国対外貿易中心(集団)
リードエグジビション
UBM アジア 中国国際貿易促進委員会 (CCPIT)
香港貿易発展局 (HKTDC)
台湾貿易センター (TAITRA)
メッセ・フランクフルト
オールワールド・エグジビション
上海世博(集団)有限公司
東莞名家具倶楽部
中国・広州
シンガポール
香港
中国・北京
香港
台湾
香港
シンガポール
上海
東莞
※UFI 報告書「The Trade Fair Industry in Asia - 8th Edition」より作成
日本語訳はピーオーピー編集部
— 295 —