教員用マニュアル - 京都大学情報環境機構

教員用マニュアル
2015 年 3 月26日版
PandA 公式ガイドブック 目次
PandA のコンセプト
PandAをはじめる
PandAを授業で使う
PandAを使いこなす
PandA の背景: 教えと学びにおける情報技術の利活用
01
京都大学の学習支援システムPandA
02
KULASIS とPandA、その違い
02
PandAを使う利点
03
利用環境を整える
04
コースサイトをつくる
05
ログインをしてみる
06
マイワークスペース
07
利用者環境の設定
08
シラバスを登録する
08
参加者を登録する
10
ツールのカスタマイズ
12
コースサイトの確認
13
スケジュールツール
14
お知らせツール
18
メールツール
20
メールアーカイブツール
21
リソースツール
22
課題ツール
25
テスト・クイズツール
30
成績簿ツール
33
数式を使いたい
34
複数人で文書を作成したい(Wiki)
36
本ガイドブックは2014 年度末時点での情報を編集、デザインしたものです。
情報や解説が不十分なところも多々ありますが、引き続き更新、作成していきます。
最新版はWebサイトをご確認ください。
また、お気づきの点や提案がありましたらどうぞお寄せください。
作成
2014 年度 PandA Design Team
糟野新一(京都大学総合人間学部 2010 年度入学)
大倉裕貴(京都大学大学院工学研究科 2014 年度入学)
久保田貴大(京都大学文学部 2014 年度入学)
永田奈緒美(京都大学学術情報メディアセンターコンテンツ作成室)
外村孝一郎(京都大学情報部)
元木環(京都大学情報環境機構・学術情報メディアセンターコンテンツ作成室)
梶田将司(京都大学情報環境機構)
PandAの背景:教えと学びにおける情報技術の利活用
PandA
のコンセプト
大学での教育は、教室での講義を基本にした知識伝授型が中心でしたが、
1995 年頃から爆発的に普及したインターネットやパーソナルコンピュータは、大学
の教育現場にも大きな影響を与え続けています。その中には、紙で配付していた授業
資料をPDF 等により電子的に配布したり、レポート課題を電子的に提出・採点・
PandA:People and Academe
返却したりするなど、情報技術を使うことで従来の教育方法を変えずに簡便にした
ー教え・学ぶ人々と場としての大学をつなぐー
ものもあります。学生自身が自分の理解度を自身で確認できるようなオンラインテスト
それが PandAのコンセプト。
を提供したり、これまで授業で行っていた知識の獲得を、ビデオや図表などのマルチ
メディア教材をふんだんに使用したわかりやすい自学自習用の電子教材を用いて
知識の獲得は予習で行い、知識を活用するグループ討論等を授業中に行う
「反転
学習」
と呼ばれる新しい教授法にまで踏み込むものまで様々です。
このような、1 回 90 分、計 15 回の授業時間を基本に、授業時間外での予習や
復習、レポート課題やグループ学習などにおける教育活動や学習活動をそれぞれ
教員・学生の視点から情報技術を用いて支援するシステムは、
「コース管理シス
テム」
あるいは
「学 習 支 援システム」
と呼ばれています。略して、CMS(Course
Management System)
あるいはLMS(Learning Management System)
とも
呼ばれます。
CMS/LMSは、北米の大学では2000 年前後から普及期に入り、現在では、9 割
を超える大学で全学的に導入され、平均的には6 割を超える科目において、よく
使われる大学では9 割以上の科目において使われており、大学教育には欠かすこと
のできない基盤システムとなっています。
CMS(コース管理システム)
とは
履修登録、講義、予習・復習、課題 レポート、試験、成績判定などを総合的に扱う多彩な機能
(オンラインテスト、教材提示、評価、成績分析、学生管理、掲示板、メール …… 等々)
履修登録
単位認定
CMS
講義(15回)
01
グループ学習
予習・復習
課題レポート
期末試験
京都大学の学習支援システムPandA
KULASISとPandA、その違い
京都大学では、全学的な観点から情報基盤の整備を行っている情報環境機構
現在、ほぼすべての学部・大学院で、KULASISが利用されていますが、教務
が、
「京都大学における学びをトータルに支援する」
ことを目的に、2013 年度から
情報システムもいわれるKULASISは履修登録や成績入力等、教務事務を中心に
学習支援システムPandAを正式運用しています。PandAは学生公募で募集・採用
設計されたものとなっています。一方、PandAは授業時間内外に関係なく科目毎
した愛 称で、教え・学ぶ人々とその場としての大 学をつなぐコンセプト
“People
の教育・学習活動を支援するために設計されています。例えば、PandAでは
「授業
and Academe”
から生まれたものです。
資料提供」
「課題の提出・採点・返却」
「学生への通知」
が最もよく使われる機能
PandAのような学習支援システムは、科目単位にコースサイトが作成され、担当
です。これらの一部はKULASISでも
「授業サポート機能」
として提供されています
教員の指示の下、受講生は利用することができます。PandAでは、情報環境機構
が、PandAでは1GBまで授業資料をアップロードできたり、課題の採点・返却が
が発行しているSPS-ID(教職員アカウント)
および ECS-ID(学生アカウント)
を使用
電子的にできるなど、KULASISよりも性能面・機能面で強化されています。今後
してアクセスできますし、教務情報システムであるKULASISと連携することにより、
は、
「授業開始前の履修登録・シラバス登録、最終試験後の成績入力・確認は
教員がコースサイト開設を行いさえすれば、学生は自動的に登録されますので、教員
KULASISで」、
「15 回の授業期間中はPandAで」
のように、より教務的な機能は
も学生もコースサイトごとにユーザ登録を行う煩わしさはありません。2015 年 2月
KULASISで、授業支援的な機能はPandAで行えるように次第に役割分担を明確
現在、約 500 科目で利用されており、昨年度と比べても約 5 倍に利用が拡大して
にする予定です。
います。2020 年までには、5,000 科目を越える利用を見込んでいます。
PandAは、ネットにさえ接続できれば、学内外・曜日に関係なく、世界中いつでも
どこからでもウェブブラウザを用いてアクセスすることができます*。ウェブブラウザが
利用できれば、パソコンであってもタブレットであってもスマートフォンでも利用できます。
*
データ保守やメンテナンス時には、アクセスすることはできません。
科目間連携
KULASIS
屋外
自宅
学習支援システム
データ連携
データ連携
教務情報システム
教室
シラバス作成(教員)
履修許可(教員)
履修登録(学生)
学内施設
02
KULASIS
教務情報システム
授業期間(15週)
成績入力
(教員)
成績確認(学生)
PandAを使う利点
「○○はPandAで」
PandAを使うとさまざまなことがこの一言で受講生に伝えることができるように
なります。
「授業資料はPandAで」
紙で配付していた授業資料はPandAを通じて配布することができますので、毎回、
紙で配付する必要がなくなります。授業資料をアップロードしたことを受講生に電子
メールで通知することもできます。
「課題提出はPandAで」
電子メールで課題の提出を受講生にさせてたがために、誰が提出したか管理する
のが面倒になったり、他のメールに紛れたりスパム扱いされて分からなくなってしまった
ことはありませんか。PandAを使えば、誰がいつ出したか一覧で確認できますし、
提出があったことを知らせる通知機能もあります。締切後での受付も
「遅延提出」
を記録しながら扱うこともできますし、コメントをつけての返却や再提出をさせること
もできます。
「質問はPandAで」
フォーラムツールを使うと受講生からの質問やその回答を、他の受講生にも見せ
ながら行うことができます。一方、メールアーカイブツールを使うと、一種のメーリング
リストとして受講生とやりとりを行うことができます。
03
利用環境を整える
PandA
をはじめる
PandAでは下記のブラウザが推奨されております。
Windows
・Firefox 2.0 以降
・Internet Explorer 7.0 以降
PandAを利用していくにあたって、必要な初期
設定などを説明します。
Macintosh
・Firefox 2.0 以降
その他のプラットフォーム
・Firefox 2.0 以降
ただし、
日本語化(国際化)
については、継続的に調整を進めておりますので、一部、
不具合などが生じる可能性があることを予めご了承ください。
また、Internet Explorerの最新版などでは一部のページが正しく表示されないかも
しれません。この問題については互換表示設定で回避される可能性もあります。
04
コースサイトをつくる
4.PandAにログインしていない場合は、ログイン画面となります。
ご自身のSPS-IDでログインしてください。
授業でPandAを使うには、まず授業用のサイト
(以下コースサイト)
を開設する必要
があります。コースサイトの開設は、KULASISから行います*1。
KULASIS -教務情報システム- 教員用ページ https://www.k.kyoto-u.ac.jp/teacher
1.KULASISにログインします。
「担当授業」
をクリックし、担当している授業一覧を表示します。
2.一覧からコースサイトを開設したい科目の
「授業サポート」
をクリックしてください。
5.コースが未作成の場合「コースサイトの作成確認」
などが表示されますので、
「OK」
をクリックしてください。
KULASISの画面
3.授業サポートのページから
「授業支援システムPandA
(情報環境機構)
」
をクリック
*2
してください。
6.コースが作成され、PandAのコースサイトが表示されます。
これで担当科目のコースサイトが PandAで利用できるようになりました。
KULASISと科目の自動連携をしていない学部専門科目、大学院科目についてもコースサイトの開設が可能です
が、その際は科目名などを情報環境支援センターまでご連絡ください。履修連携の対応は情報環境機構 Webサイト
の学習支援システム
(PandA)
のページを参照してください。
*2 学部・研究科によっては表示されない場合があります。
その場合は情報環境支援センターまで開設をご依頼ください。
*1
[email protected]
学習支援システム
(PandA) http://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/services/lms/
KULASISの画面
05
ログインをしてみる
3.ログインが完了します。
1.PandAログインページにアクセスし、右上の
「ログイン」
をクリック。
PandAログインページ https://panda.ecs.kyoto-u.ac.jp/portal/
2.ログイン画面でSPS-IDまたはECS-IDとパスワードを入力し、
「ログイン」
をクリック
します。
06
マイワークスペース
①サイト表示
あなたの参加しているサイトが、タブで表示されます。
ログインした時に最初に表示されるホーム画面が、マイワークスペースです。マイ
タブの表示数はコントロールできます。
ワークスペースには、そのホームページにいくつかのブロックで表示されるツールが
多くのサイトに参加している場合は、
「他のサイト」
タブの下に一覧表示されます。
あって、あなたがメンバになっているすべてのコースにおけるアクティビティのサマリ
タブに表示されないコースサイトがある場合、サイトセットアップから選択できます。
を提供します。
②ログアウトボタン
PandAでは個々の授業やプロジェクトなどで使うページのことを
「サイト」
と呼びま
す。他のサイト
(コースやプロジェクト等)のメンバである場合は、それらもタブとして
③ナビゲーションメニュー
上部に一覧表示されます。サイト名のタブをクリックすると、そのサイトページが表示
利用できるツールが、ナビゲーションメニューで表示されます。
されます。
①
③
④サマリ
②
参加しているサイトのサマリが表示されます。
④
07
利用者環境の設定
シラバスを登録する
1.アカウント
「授業計画」
ツールを用いて、シラバスの内容や、より詳細な授業計画の内容を記入
ナビゲーションメニューの
「アカウント」
ツールをクリックすると、登録されている氏名
できます。
や電子メールアドレス
(全学メールアドレス)
が表示されます。
1.ナビゲーションメニューの
「授業計画」
ツールを選択して、
「作成または編集」
タブ
をクリックします。
2.使用言語の設定
PandAでは使用する言語を
「日本語」
か
「英語」
にできます。ナビゲーションメニュー
2.
「追加」
タブを選択して、シラバス内容を記入します。
の
「設定」
ツールを選んでください。
「言語」
タブをクリックすると使用言語を変更する
記入方法は次の2つの方法があります。
ページが表示されます。
08
〈シラバス内容の記入方法 1:テキストエディタに入力する〉
〈シラバス内容の記入方法 2:pdfファイルなどを添付して、表示する〉
1.タイトルを入力し、テキストエディタにシラバス内容を入力します。
すでに作成したpdfファイルなどを添付して、
「授業計画」画面に表示させます。
「投稿」
を選択すると、シラバスが入力できます。
1.タイトルを入力し、
「添付を追加」
をクリックします。
2.
「参照」
をクリックして、アップロードしたいファイルを選び、
「続ける」
を選択します。
3.
「投稿」
を選択すると、ファイルがアップロードされます。
09
参加者を登録する
〈手動での登録方法〉
1.コースサイトにて、ナビゲーションメニューの「サイト情報」
ツールを選択して、
「参
あなたが開設したコースサイトに、履修者や TAなどの参加者を登録するには、
「自
加者を追加」
タブをクリックします。
動登録」
と
「手動での登録」の 2 つの方法があります。
自動登録:KULASIS 上の履修情報が自動的にPandAに送られ、コースサイトへ
参加者として設定されます
(一部の学部・研究科を除く)。KULASIS の履修情報
を連携していない科目のコースサイトについては担当・管理する教員が手動で登録
する必要があります。
手動での登録:参加者を手動で登録します。
手動での登録の際には、参加者から以下のいずれかの情報を集めて頂く必要が
2.追加する参加者の情報を入れます。
あります。
本学の教員・学生を追加する際は、
1行につき1人分のデータ
(学生番号・全学メー
参加者が本学の教職員の場合
ルアドレス・SPS-ID・ECS-IDのいずれか)
を入力してください。
・SPS-ID
学 外 参 加 者を追 加する際は、
「学 外 参 加 者」欄に、
1行につき1人 分のデータ
(E-mailアドレス,姓,名)
を入力してください。
・教職員用全学メールアドレス
(KUMail)
参加者情報の入力後、
「続ける」
をクリックしてください。
参加者が本学の学生の場合
・学生番号(10 桁、ECS-IDではありません)
・学生用全学メールアドレス
(KUMOI)
参加者が学外学生などの場合
・登録者の氏名とメールアドレス
なお、学外学生などについては当人の E-mailアドレスで登録されますが、当該の
アドレスが未登録な場合は新規のアカウントが PandA 上に作られ当人にアクセス
のためのアカウント
(E-mailアドレスでログインします)
についてのパスワードがメール
で送られます。
10
3.コースサイトでは、Instructor
(担当者)
、Student
(受講者)
、Teaching Assistant
〈履修者の登録後に、参加者のロールを変える〉
登録後でも、ナビゲーションメニューの
「サイト情報」
ツールから、参加者のロールを
(TA)
の3つのロールがあります。
ここではロールの設定をします。コースサイトではデータベースを検索して参加者の
変更できます。
氏名が表示されますので誤りがないか確認してください。
参加者一覧の「ロール」部分のプルダウンメニューから選択し、
「 参加者を更新」
を
クリックします。
4.参加者への連絡のオプションを選び、
「続ける」
をクリックします。
5.設定情報が表示されますので確認の上、
「登録」
を選んでください。
11
ツールのカスタマイズ
3.①の
「ツールを編集」
タブをクリックします。
コースサイトごとに、使用できるツール
(ナビゲーションメニューに表示され、使用できる
のかかったツールは必須で、外すことができません)。
必要な機能にチェックをつけ、使用するツールを選び、
「続ける」
をクリックします
(網
機能)
をカスタマイズすることができます。
ここでは、マイワークスペースを例に編集します。
1.ナビゲーションメニューの
「サイトセットアップ」
ツールを選択し、
「My Workspace
(マイ
ワークスペース)
」
にチェックを入れ、
「 編集」
タブをクリックします。
2.画面が切り替わり、サイトの情報が確認できます。
4.選んだツールがリストで表示されるので、
「適用」
をクリックして完了です。
①
②
12
コースサイトの確認
5.②の
「ページ順序」
タブをクリックすることで、選んだツールを管理することができ
ます。ツールをドラッグ&ドロップすることで、表示する順序を変更できます。それぞれ
PandAでは、担当者(Instructor)
と受講者(Student)、TA(Teaching Assistant)
のツール名の横に並んでいるアイコンをクリックすることで、各ページを編集できます。
で見え方が異なります。担当者は、自分の担当しているコースサイトが他のロールで
どのように表示されるかを、ロールを切り替えることで確認できます。
1.画面右上の
「- ロールを選択 ‒」
から、利用可能なロールが選択できます。
6.各アイコンの説明をしていきます。
2.他のロールでの表示を終了する場合は、終了をクリックしてください。
・メモアイコン
クリックすると、ツール名を編集できます。緑のチェックマークアイコンで編集確定、
赤の×アイコンでキャンセルができます。
・電球アイコン
受講者に対して、ツールの表示・非表示を指定できます。電球アイコンの電気が
消えていると、受講者には、このツールが表示されません。
※本機能は2015 年度以降に作成されたサイトでご利用いただけます。
・錠アイコン
受講者に対して、ツールの有効・無効を指定できます。錠が閉じていると、受講者
には、
このツールが無効化されます
(その場合、
自動的に電球アイコンも電気が消え、
非表示になります)。
・削除アイコン
ツールを削除できます。削除できない必須ツールには、
このアイコンは表示されません。
13
スケジュールツール
PandA
を授業で使う
スケジュール
テスト日程や、補講日程のスケジュールを掲示するためのツールです。
テスト等のイベントを登録して、グループ全体で予定を共有したり、自分のスケジュール
管理をしたいときに使います。
〈スケジュールの登録〉
これでPandAを利用する準備が整いました。
1.ナビゲーションメニューの
「スケジュール」
ツールを選択すると、既に設定してある
PandAでは基本ツールとして、以下の8つの
スケジュールが表示されます。
ツールを組み合わせて利用をします。
プルダウンメニューから、
「日カレンダ」
「週カレンダ」
「月カレンダ」
「年カレンダ」
「イベ
スケジュール
お知らせ
メール
メールアーカイブ
リソース
課題
テスト・クイズ
成績簿
ント一覧」
のように表示の仕方を変えることができます。
「印刷用バージョン」
をクリックすることで、PDFファイルとして閲覧できます。
2.スケジュールにイベントを追加するには、
「追加」
タブをクリックします。
14
3.イベントタイトル、実行日時、開催期間、メッセージ、表示先の選択、
イベント種
〈マージ〉
一つの担当授業で登録したイベントを、ほかの授業でも共有したいときに使います。
別の選択、イベント場所の設定、ファイルの添付など、イベント情報を入力し、
「イベ
ントを保存」
をクリックします。
1.既にイベントを登録してあるサイトで、
「マージ」
タブをクリックします。
「スケジュールを表示」
にチェック
2.既に登録してあるイベントを共有したいサイトの、
をつけ、
「保存」
をクリックします。元の画面に戻り、マージが完了します。
4.スケジュールにイベントが登録されます。登録済みのイベント名をクリックするこ
とで、先ほどと同じ画面で編集ができます。
15
3.
“新しいフィールド”
という名称のフィールドを登録することができました。続けて
〈フィールド〉
イベントを登録する際、開催期間やイベントの種類などデフォルトで存在している情報
フィールドの追加ができます。また、
「削除操作」
の欄にチェックを入れることで、削除
項目以外にも特記事項を記入したいときに、項目を追加するために使います。
したいフィールドを選択できます
(デフォルトのフィールドは、網がかかっており、削除
操作はできません)。最後に
「フィールドの変更を保存」
をクリックします。
1.
「フィールド」
タブをクリックします。
2.フィールド名を入力し、
「フィールドを作成」
をクリックします。
4.削除操作を行うときは、確認画面が表示されるので、再度「フィールドの変更を
保存」
をクリックして完了です。
16
5.イベントの追加や編集をする際、
「新しいフィールド」
という新たな入力フォームが
〈権限〉
使用可能になります。
イベントの追加を受講者側でも行えるようにするなど、参加者のアクセス権限を操作
することができます。
1.
「権限」
タブをクリックします。
2.
「ユーザ」
のチェックボックスにチェックをつけることで、それぞれの権限を受講者
にも付与することができます。担当者自身の権限も、チェックをつけ外しすることで
変更が可能です。最後に
「保存」
をクリックして完了です。
17
お知らせツール
お知らせ
授業に関した連絡をするツールです。
受講者それぞれが、PandA 上で連絡事項を確認できるようにすることができます。
〈お知らせを投稿する〉
1.ナビゲーションメニューの
「お知らせ」
ツールを選択して、
「追加」
タブをクリックします。
2.お知らせタイトルと本文を入力し、
「お知らせを投稿」
をクリックして投稿完了です。
「プレビュー」
をクリックすることで、どのように表示されるかを確認することもできます。
アクセス:投稿したお知らせを閲覧できる範囲を設定できます。
利用可否:
「すぐに表示」、
「表示せず、下書きとして残す」、
「日時を指定して表示」
のいずれかを選択することができます。
添付:ファイルを添付することができます。
(後述)
電子メール通知:プルダウンメニューで、お知らせが投稿されたことを生徒に周知
3.完了すると画面が以下のようになります。
するメールを送信するかどうかを選択することができます。
「編集」
をクリックすることで編集しなおすことができます。
18
〈お知らせに資料を添付する〉
1.お知らせタイトルと本文を入力後、
「添付を追加」
をクリックします。
3.投稿フォームに、選択した添付ファイルが表示されます。
「お知らせを投稿」
を選択すると、ファイル添付されたお知らせが投稿されます。
2.
「参照」
をクリックして添付したいファイルを選択します。
続けて選択する場合は先程と同様にファイルを選びます。
ファイル添付の他に、ウェブサイトへのリンクを載せることもできます。
また画面下部分には、既にリソースツールにアップロードされているファイルが表示
されているので、そこから添付したいファイルを選択することも可能です。
添付したいファイルを選び終わったら、
「続ける」
をクリックします。
19
メールツール
「メールを送信」
をクリックすれば送信できます。
2.件名およびメッセージを作成し、
メール
送信時に
「電子メールアーカイブに追加し、すべてのサイト参加者に見えるように
します」にチェックを入れると、送信内容がメールアーカイブツールから参照できる
授業に関した連絡メールを送るツールです。
ようになります。
一斉配信ができ、ロールごと・セクションごと・グループごとに送信することもできます。
メールの発信には担当者の全学メールアドレスが利用されます。
1.ナビゲーションメニューの
「メール」
ツールを選択します。
20
メールアーカイブツール
〈権限〉
メールアーカイブ
担当者と受講者の間で、メーリングリストに関する権限をどこまで持たせるかを選択で
きます。
参加者全員のメーリングリストを作成するツールです。
受講者にダイレクトにメールを通知することができます。受講者側からも連絡を送るこ
1.
「権限」
タブをクリックします。
とができます。
〈オプション〉
1.ナビゲーションメニューの
「メールアーカイブ」
ツールを選択して、
「オプション」
タブを
クリックします。
2.ユーザ
(受講者)
とサイト管理者(担当者)
で、権限を持たせたい項目にチェックを
付け、
「保存」
をクリックすることで編集完了です。
デフォルトでは、
「アーカイブ中の電子メールを閲覧」、
「電子メールをサイトに送信」
は
担当者も受講者も行うことができ、
「アーカイブ中の電子メールを削除」
に関しては
担当者のみが行うことができます。
2.登録アドレスにメールを送信できる人の範囲設定、送信者のアドレスを表示して
送信するかどうか、メールの送り先、そしてメールアドレスの設定が行えます。チェック
を付け、
「オプションを更新」
をクリックすることで変更完了です。
21
リソースツール
3.
「参照」
をクリックし、アップロードしたいファイルを選択します。
リソース
「他のファイルを追加」
をクリックすることで、複数のファイルをアップロードすること
もできます。
講義で使った資料、補足資料をアップロードするツールです。
「電子メール通知」
のプルダウンメニューから、資料のアップロードを受講者に通知
することができます。
〈資料をアップロードする〉
参照が終わったら、
「ファイルを今すぐアップロード」
をクリックします。
1.ナビゲーションメニューの
「リソース」
ツールを選択します。
アップロードファイルを追加したいフォルダの右側にある
「追加」
をクリックします。
2.プルダウンメニューから
「ファイルをアップロード」
を選択します。
4.資料が新しくアップロードされます。
22
〈アップロードした資料を削除する〉
〈過去にアップロードしたファイルを更新し、アップロードファイルの詳細を編集する〉
1.削除したいファイルの右側にある
「操作」
をクリックします。
1.更新したいファイルの右側にある
「操作」
をクリックします。
2.プルダウンメニューから
「削除」
を選択します。
2.プルダウンメニューから
「新しいバージョンをアップロード」
を選択します。
3.確認画面で
「削除」
をクリックすると、削除が完了します。
3.
「参照」
をクリックし、アップロードしたいファイルを選択します。
「電子メール通知」
のプルダウンメニューから、ファイルの更新があったことを受講者
に通知することができます。デフォルトでは
「通知しない」
になっています。
「新しいバージョンを今すぐアップロード」
をクリックすることで、アップロードができます。
23
設定できます。
ファイル詳細:ファイルの種類を変更することができます。
電子メール通知:ファイルの詳細編集があったことを履修者に通知するかどうかを
選択できます。デフォルトは
「通知しない」
になっています。
4.ファイルの更新が完了しましたが、ファイル名は
「旧ファイル」のままなので、更
新日等を記入した新しいファイル名をつけましょう。
「 操作」
をクリックし、プルダウン
メニューから
「詳細を編集」
を選択します。
5.詳細情報を編集することができます。
左下の
「更新」
をクリックすることで編集が完了します。
名前:名前の変更ができます。
説明:ファイルの説明の記述ができます。
著作権状況:著作権状況の説明が選択できます。
著作権警告:アクセス時の、著作権警告の表示の有無が選択できます。
利用可否およびアクセス:閲覧可能な範囲と、ファイルの表示期間(非表示化)
を
24
課題ツール
・学生ビュー
課題
受講者が見ているのと同じように表示されます。
「学生として提出」
をクリックするこ
とで、課題を作成した担当者自身も解答を提出することができます。これによって解
課題をWeb上で告知して、提出させるツールです。
答例を受講者に示すといった使い方ができます。
課 題 の出 題をはじめとし、受 講 者による提 出から採 点までの 一 連 の 流れを、
PandA 上で行うことができます。
1.ナビゲーションメニューの「課題」
ツールを選択すると、作成済みの課題が一覧
表示されます。この画面は、
「課題一覧」
タブをクリックしたときに表示されるものと
同じです。
・順序変更
これまでに作成された課題を表示する順序を変更できます。各ソート方法をクリック
するほか、それぞれの課題をドラッグ&ドロップすることで個別に順序を変更すること
も可能です。
「保存」
をクリックして編集完了です。
2.各タブでできることについて説明します。
「追加」
タブに関しては、課題を作成する過程として後述します。
・成績レポート
それぞれの課題について、受講者ごとの成績を確認することができます。
25
・権限
〈課題を作成する〉
課題の作成や提出に関する権限を、ユーザー
(受講者)
とサイト管理者(担当者)
1.
「追加」
タブをクリックし、各項目を埋めていくことで、課題の作成ができます。
の間で付与することができます。チェックを付け外しすることで変更が可能です。
「公開」
をクリックして作成完了です。
最後に
「保存」
をクリックすることで、編集完了です。
「プレビュー」
をクリックして表示のされ方を確認したり、
「 下書きを保存」
をクリック
することで別の日に公開することも可能です。
タイトル:課題のタイトルを入力します。
公開日時、締切日時、最終受理日時:課題の公開日時、締切日時、最終受理日
時をプルダウンメニューから選択します。
学生の提出物:受講者の提出方法を、プルダウンメニューから選択します。インラ
インでの入力による提出、添付ファイルによる提出(一回のみor 更新アップロード
可)、その両方、手渡しから選択できます。
再提出を許可:チェックボックスで、再提出を認めるかどうかを選択できます。
採点方法:採点方法を選択できます。文字成績(A-F)、点数、合格/不合格、
チェックマーク方式から選択できます。
課題説明:課題文を記入します。下のチェックボックスでは、それぞれの方法で受講
者への連絡を行うかどうかを選択できます。
・オプション
採点:成績簿ツールへの反映の仕方を選択できます。
課題の採点の際に、すべての受講者の提出物を表示するか、フィルタをかけて表示
「サイトに表示」
で受講者全員に、
アクセス:課題を公開する対象を選択できます。
するかを選択できます。
「選択したグループに表示」
で一部のグループ内の生徒に公開することができます。
チェックを付け、
「更新」
をクリックすることで編集完了です。
電子メールによる開示済み成績の通知:採点を行い開示した際に通知メールを
送信するかどうかを選択できます。
添付を追加:
「添付を追加」
をクリックすることで、課題にファイルを添付することが
できます。参照してファイルを添付することも、リソースツールの中にある既存のファ
イルを選択して添付することも可能です。
「追加」
追加情報:添付ファイルとは別の情報を補足することができます。それぞれの
をクリックすることで、入力フォームが表示されるので、
「保存」
をクリックします。
26
3.新しい課題が作成されました。
編集:クリックすることで、再び編集画面を開くことができます。
複製 :クリックすることで、課題の複製を行うことができます。
採点:クリックすることで、課題に対する受講者の提出物を採点することができます。
右端のチェックボックスにチェックをつけることで、課題の削除ができます。
27
3.受講者の回答が表示されます。そこにコメントを書き加えることができます。
〈受講者の提出物を採点する〉
1.採点したい課題の下にある
「採点」
をクリックすると、受講者による提出状況が
採点が終わったら、
「保存して学生に公開」、
「保存するが学生に公開しない」、
「プレ
表示されます。
ビュー」
のいずれかをクリックします。
提出課題:受講者の提出テキストが表示されます。このテキストに、直接コメントを
挿入することができます。
成績:成績を入力します。
教員の概要コメント:提出物についてさらに概要コメントを入力することができます。
添付を追加:資料を添付して返却することができます。
再提出を許可:チェックを入れることで、個別に再提出を認めることができます。
2.採点したい受講者名の下にある
「採点」
をクリックします。
(受講者リストの上部にある入力フォームに成績を入力し、
「適用」
をクリックすること
で、採点せずにすべての受講者に同じ成績を割り当てることもできます。)
28
5.
「保存して学生に公開」
をクリックすると、状態が
「返却済み」
になり、成績が表示
され、
「開示」
の欄にチェックがつきます。
この受講者に成績が開示された状態になり、成績簿にも記録されます。
提出があった者から個別に成績をつけて返却していくことができます。
4.
「保存するが学生に公開しない」
をクリックすると、状態が
「採点済み」
になり、成績
が表示されますが、
「開示」
の欄が空白になっています。この状態だと、受講者には
成績が開示されておらず、成績簿にも掲載されません。
成績公開日に、右上の
「成績を開示」
をクリックすることで、すべての履修者の
「開示」
欄にチェックマークがつき、一斉に成績が開示されます。
6.
「プレビュー」
をクリックすると、表示のされ方を確認することができます。
「成績簿」
ツールでは以下のように表示されます。平均点や、受講者ごとの点数が
記載されています。
29
テスト・クイズツール
2.
「問題種別を選択」
から、問題形式を選び、作成します。
テスト・クイズ
以下では
「複数選択」形式を例に、作成手順を説明します。
選択形式、正誤問題、回答記述形式などの簡単な小テストを作るツールです。
「配点」
で得点を入力して決めておくと、正解に応じた得点が自動的に集計されます。
〈小テストを作成する〉
1.ナビゲーションメニューの
「テスト・クイズ」
ツールを選択します。
「テストタイトル」
にテスト名を記入し、
「テキストビルダを用いて作成」
をチェックして、
「作成」
をクリックします。
3.
「配点」
に、正解した場合の得点を入力します。
30
4.
「問題文」
に問題の文章を入力して、
「回答」
に回答選択を入力します。
5.更に問題を追加する場合は、
「新しい問題を挿入」
で
「問題種別を選択」
を選択
正解回答には、チェックを入れます。
します。作成したテストを受講者に公開するには、
「公開」
をクリックします。
問題が完成したら、
「保存」
をクリックします。
6.
「公開」
をクリックすると、テストが公開されます。
31
〈問題の種類〉
「複数選択」形式を含めて、問題の種類は10 種類が提供されています。
・サーベイ、サーベイ - 選択マトリックス
・穴埋め、数値による回答
穴埋め問題や、数値を入力する問題が作成できます。
・正誤
正誤問題を作成できます。回答に対して、論拠を記入させるオプションも設定できます。
・短文回答または小論文
短文を記入形式で回答する問題を作成できます。
32
成績簿ツール
成績簿
今までの小テストなどの点数の結果を集計するツールです。
「課題」
ツールで採点したものが一覧表示されており、確認ができます。
1.ナビゲーションメニューの
「成績簿」
ツールを選択します。
「課題」
ツールで採点し、開示済のものがリスト化されています。
受講者の平均や、採点した成績を受講者に発表したかどうかが確認できます。
33
数式を使いたい
PandA
を使いこなす
MathJax 環境を用いることで、数式をTeX 形式で入力が出来ます。
以下ではMathJax 環境の設定方法と、数式の入力の方法について説明します。
1.ナビゲーションメニューの
「サイト情報」
ツールを選択して、
「サイト情報を編集」
タブ
をクリックします。
ここからはPandAの詳細マニュアルです。
2.
「本サイトでは LaTeX 数式が表示可能です."ツールを編集" を使用してこの設定
を適用するツールを選択します.
」
の部分にチェックを入れて、
「続ける」
をクリックします。
34
3.LaTeXの部分が「利用可能です.
・・・」
と表示されていることを確認して、
「終了」
5.
「Enable MathJax」
の部分で、LaTeX 環境を使いたいツールの部分にチェック
をクリックします。
をつけて、
「続ける」
をクリックします。
(以下は、
「テスト・クイズ」
ツール、
「授業」
ツール、
「課題」
ツールでLaTeX 環境を使う
場合の例です)
4.
「ツールを編集」
タブをクリックします。
35
複数人で文書を作成したい
(Wiki)
6.
「適用」
をクリックし、ツール編集を完了します。
MathJax 環境の設定方法は以上です。
Wikiの機能の説明をします。グループでの話し合いの場として使うことができます。
1.ナビゲーションメニューの
「Wiki」
ツールを選択すると、現在作成されているページ
が表示されます。新しいページを作るためには、
「編集」
タブをクリックします。
2.編集画面では、文章の作成のほか、文字列を[]でくくることによって、その文字列
をタイトルとする新しいページを作成することができます。
「保存」
をクリックして編集完了です。
36
3.新しいページ
「テスト」
が作成されました。これをクリックして編集ができます。
5.先ほどと同様に編集ができます。最後に
「保存」
をクリックして編集完了です。
4.
「編集」
タブをクリックします。
6.完成したページは、
「編集」
をクリックすることでいつでも書き足し・変更できます。
「最初のコメントにする」
をクリックして、コメントを書くことも可能です。
7.コメントフォームが出現します。
37
PandA 公式ガイドブック 教員用マニュアル
2015年3月26日版
お問い合わせ
京都大学情報環境機構
情報環境支援センター
〒606-8501 京都市左京区吉田二本松町(吉田南構内)
京都大学学術情報メディアセンター南館 1 階
TEL:075-753-7840
FAX:075-753-9001
E-MAIL:[email protected]
URL:http://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/