GO - nifty

水産経済論試験(2006/1/25 実施)
問
題
用
紙
解答は解答用紙に記載すること。問題用紙は持ち帰ること。
Ⅰ.漁業について述べた以下の文章の(
)にあてはまる言葉を書け。
< 1 問4点×18問=72点>
○漁業権は(①)法に基づいて設定されている権利である。漁業権には(②)漁業権,(③)漁業権,
(④)漁業権の3種類がある。(④)漁業権には(⑤)漁業権というのもあるが,これは(⑥)が権利
者となるものである。ちなみに(③)漁業権も(⑥)が漁業権者となっている。(③)漁業権と(⑤)
漁業権は組合員が(⑦)にしたがって漁業権を行使する。
○漁業協同組合は(⑧)法にもとづいて設立されているものである。漁協は(⑨)法の適用除外や税
法の特例が与えられるのだが,その反面,おこなってもいい事業には制限が加えられている。漁協の
経営基盤は(⑩)事業である。その他に生産資材や生活資材を供給する(⑪)事業や,(⑫)の受け入
れ,資金の貸付,(⑬)などを内容とする(⑭)事業などがある。
○漁具には網,釣り具,その他があり,漁獲行動には魚群を追う方式と魚群の到来を待つ方式がある。
網漁業のうち,魚群を追うものとしては,トロール,まき網,
(⑮)などがあり,魚群を待つ方式には,
定置網,建網,などがある。また釣り漁業のなかで魚群を待つ方式には(⑯)などがある。
○わが国の沿岸から距岸200カイリの範囲内を(⑰)という。ちなみに1カイリは(⑱)メートル
である。
Ⅱ.この講義で印象に残ったこと,および講義に関する感想などについて自由に述べよ。
<4点>
【成績評価について】
出席点を出席1回につき2点とする。
成績は出席点(満点は 24 点)と試験結果(満点は 76 点)の合計とする(満点は 100 点)。
※1
試験の解答は2月1日以降,http://homepage2.nifty.com/a-ichi/
※2
質問その他は電子メールのみで受け付ける。メールアドレスは
に掲示する。
a-ichi@mba.nifty.ne.jp
である。
2006年1月25日
正
解
Ⅰ
①
漁業
②
定置
③
共同
④
区画
⑤
特定区画
⑥
漁業協同組合
⑦
漁業権行使規則
⑧
水産業協同組合
⑨
独占禁止
⑩
販売
⑪
購買
⑫
貯金
⑬
為替
⑭
信用
⑮
ひき網 or 棒受網
⑯
はえ縄
⑰
排他的経済水域(EEZ)
⑱
1852
Ⅱ