詳細はこちら (PDF、1.95MB) - 独立行政法人環境再生保全機構

「環境 NGO・NPO レベルアップ実践研修」
参加申込書
平成26年度スタッフ向け環境NGO・NPOレベルアップ実践研修
<鹿児島開催/熊本開催>
参加希望の方は、以下の項目をご記入の上、E メール / ファックスにてお申し込み下さい。
締 切:10 月5 日(日)
1. お名前(ふりがな)
※ 1 団体 2 名以上の参加が可能です。
広報・資金調達のマニュアルと
組織・プロジェクトの行動計画をつくろう!
ふりがな
お名前
ふりがな
お名前
∼個人の知識・スキル(企画/提案力・ファシリテーション力・広報力・
資金獲得力等)を飛躍的に高めつつ、相談できる仲間を増やし、
アイデア・事業を次なるステージへ∼
2. 御所属(団体名など)
3. 御住所
〒( )-( )
深刻化している地球温暖化・生物多様性喪失等の環境問題を解決し、持続
4. お電話番号・FAX 番号
可能な社会を構築していくためには、政府(GO)や事業者(PO)
とは異なる
5. メールアドレス 足かせとなっているのが、その組織・プロジェクト運営力の脆弱性です。
6. 希望開催エリア
アドバイザーに揃え、客観的/多角的視点を取り入れつつ、地域・地球規模の
民間団体(NGO・NPO等)の活動の強化が不可欠です。
しかし、その大きな
本研修では、NGO・NPOの組織強化やプロジェクト運営の第一人者を講師・
※希望の( )に○をつけて下さい。
( )鹿児島開催 ( )熊本開催
環境課題への取組みを戦略的にリードしていくことのできるNGO/NPOの
人材育成を支援します。
7. ご活動内容
(ご担当プロジェクトの URL 等) 1 . 活動・組織運営に必要な様々なスキル
組織運営に必要な様々なスキルが
が 1 度に!
8. 参加動機、期待すること
※お申し込みの際にご提供いただいた個人情報は、本研修開催の目的以外には使用いたしません。
対象者
参加費
環境保全に取り組む民間団体での活動従事経験が1年以上、
もしくは同等経験等を有し、現在プロジェクト・組織運営等に
ついて課題意識をもっている方。(全日程参加できる方を優先し
ますが、難しい場合は、企画運営事務局(「環境・持続社会」研
究センター(JACSES))にご相談下さい。)
1,000 円(全 6 回分)
※同一の団体から 2 名以上ご参加の場合、参加費は 1 人 500 円に割引。
「交通費」を支給いたします。
経費補助 「現場体験・実習」の際には「昼食」
※交通費は、実習先までの実費(1 日 3,000 円まで)です。
定 員
熊本開催・鹿児島開催それぞれ 10 名 ※定員を超えるお申込みがあった場合には選考とさせて頂きます。
期 間
2014 年 10 月∼ 2015 年 1 月
開催場所 ※下記よりどちらかを選択下さい。
1.鹿児島開催:姶良市文化会館『加音ホール』会議室(鹿児島県姶良市加
治木町木田 5348-185
〈日豊本線
「錦江」
駅より徒歩 20 分、
東岩原バス停より徒歩 10 分〉1・5・6 日目)ほか
2.熊本開催:くまもと県民交流館パレア会議室(熊本県熊本市中央区
手取本町 8-9 テトリアくまもとビル〈熊本市電「水道町」
駅下車目の前〉1・5・6 日目)
ほか
お申し込み方法 参加希望の方は、E メールもしくは FAX にて、以下の申込
項目を添えて、お申し込み下さい。
【E メールの場合】
< 宛先 >E メール :jacses@jacses.org
< 件名 >「環境 NGO・NPO レベルアップ実践研修」として下さい。
< 記入内容 > ●お名前(ふりがな)●御所属(団体名など)
●御住所・電話番号・FAX 番号・メールアドレス ●希望開催場所(茨城開催もしくは
東京開催)●ご活動内容(ご担当プロジェクトの URL 等)
●参加動機、期待すること
【FAX の場合】本チラシ P.4 参加申込書をご活用いただき、
FAX:03-3556-7328 までご送付ください。
2015 年 7 月∼ 10 月に本研修の応用編(組織 / プロジェクト運営力強化の集大成と協働・
資金調達等の実践)を実施する予定ですので是非ご参加ください。
「 地 球 環 境 基 金 」 と は: 地 球 環 境 基 金 は、 国 内 外 の(NGO・
NPO)が行う環境保全活動への資金の助成や人材育成、情報提供
等の支援を行っています。(環境再生保全機構のロゴマーク)
「環境・持続社会」研究センター (JACSES) とは:
「環境・持続社会」研究センター (JACSES) は、調査研究・
政策提言・連携促進・情報提供活動を進め、公正で持続
可能な社会実現に向けて活動する NGO です。
●お問い合わせ・申込先
「環境・持続社会」研究センター
(JACSES)
〒 102-0072
東京都千代田区飯田橋 2-3-2 三信ビル 401
電話 : 03-3556-7323
Fax: 03-3556-7328 Email: jacses@jacses.org
http://www.jacses.org/
企 画 / 提 案 力・フ ァ シ リ テ ー シ ョ ン 力・広 報 力・資 金 獲 得 力 な ど、
NGO のプロジェクト・組織を効果的に運営していくために必要なこ
れらの様々な能力・手法を学んでいただけます。
2 . 理論 + 実践
第一線の講師陣から最新のマネジメント理論や事例を学ぶとともに、様々
な現場経験を積み重ねてきた NGO・NPO リーダー達の支援のもと実習
で、所属団体ですぐ活用可能な運営マニュアルづくりを実施。
所属団体の今後の戦略・行動計画も練ることができ、理論を即、実践に移せます。
3 . 多様な講師・アドバイザー・参加者との
様な講師・アドバイザー・参加者との
ネットワーク構築
NGO 運営専門家・NGO
運営専門家 NGO 支援組織・プロボノ・行政などの講師・アド
支援組織 プロボノ 行政などの講師 アド
バイザーと知り合え、今後の活動・組織運営のフォローアップに活か
すことができるとともに、所属団体を超え、他の NGO・NPO からの
参加者とも知り合え、その後の協働に発展させることも出来ます。
※プロボノ:職業上持っている専門知識・技能を活かした社会貢献活動全般及びそれに
参加する専門家
主催:独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金部 企画・運営:NPO 法人「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
プログラム
1日目 本講座―企画・マーケティング・資金獲得・広報手法習得と分析・改善案の検討
鹿児島開催:10 月 12 日(日)10:00 ∼ 18:00、熊本開催:10 月 13 日(月)10:00 ∼ 18:00 ●オリエンテーション・参加者の紹介
●講義&ワークショップ①
「ミッション達成・環境問題解決に向けた NGO リーダーシップ1 ∼課題発見力・企画 / 提案力の強化∼」
<講師>石川 世太氏(株式会社マチトビラ取締役・ファシリテーター)
●講義&ワークショップ②
「受益者・支援者拡大に向けた NGO マーケティング ∼ファンドレイジング・広報戦略・実践手法の構築∼」
<講師>長浜 洋二氏(NPO マーケティング研究所代表)
●ワークショップ 課題抽出・分析等・改善案の検討等
受講者の所属団体の課題抽出・分析を行い、他の参加者や講師等からアドバイスをもらいながら、所属団体の改善戦略を練
ります。
※講座終了後、交流会
2日目 現場体験・実習①
講師・ファシリテーターの紹介
長浜 洋二氏
NPO マーケティング
研究所代表
NPO マ ー ケ テ イ ン グ 研 究 所 を 2008 年 に
設立し、代表を務める、日本における NPO
マーケティングの第一人者。大手企業にて、
広告・プロモーション・営業・WEB サイト運
営等、広くマーケティング戦略の企画立案・
実施に携わる。1997 年米ピッツバーグ大学
大学院に留学し、NPO マネジメントや公共政
策に関わる公共経営学修士号取得。NPO 向け
マーケティングやファンドレイジングに関する
コンサルティング・研修・講演・執筆等多数。
著書『NPO のためのマーケティング講座』
。
石川 世太氏
株式会社マチトビラ
取締役・ファシリテーター
学生時代より環境活動に取り組み、エコ・リー
グ(全国青年環境連盟)代表理事等を務め
る。環境・地域活性分野の企業勤務後、現在
は鹿児島を拠点にフリーランスファシリテー
ター。株式会社マチトビラ取締役等を兼務。
団体運営スキルアップ・人材育成・チームワー
クづくりのノウハウ等に長け、鹿児島・九州
を中心として、これまで延べ約数万人以上に
対する講座の講師・ワークショップを多数
担当。
足立 治郎
JACSES 事務局長
民間企業勤務後、NGO プログラムコーディ
ネーター・事務局長として他の NGO・政府・
企業・専門家・メディア等との連携に基づく
環境 NGO 活動及び環境 NGO 経営の長年の
経験を有す。また、他の国内・国際 NGO の
役員や政府機関委員、民間企業役員などを務め
る、大学で NGO・NPO 論、持続可能な発展論、
環境マーケティング論等の講義も担当。また、
NGO マネジメント研修の講師・ファシリテー
ションも多数。
鹿児島開催:10 月 22 日(水)10:00 ∼ 18:00、熊本開催:10 月 29 日(水)10:00 ∼ 18:00
●受講者みなさんのご希望に沿ってワーキンググループを作り、資金獲得・広報等についてその手法や事例等を学びながら、
知識・技能及び実践力を高めます。
<実習協力団体・アドバイザー>
鹿児島開催:くすの木自然館 浜本 奈鼓氏(代表理事)
熊本開催:九州環境パートナーシップオフィス(EPO 九州) 澤 克彦氏(業務責任者)
実習団体・アドバイザーの紹介
鹿児島開催
3日目 現場体験・実習②
鹿児島開催:10 月 23 日(木)10:00 ∼ 18:00、熊本開催 10 月 30 日(木)10:00 ∼ 18:00
●他機関の取り組み・工夫を学び、活動強化に必要な知識・技能を向上します。
<実習協力団体・アドバイザー>
鹿児島開催:かごしま環境未来館 塩川 哲郎氏(かごしま環境未来財団理事兼事業課長)
熊本開催:環境ネットワークくまもと 原 育美氏(副代表理事)
くすの木自然館
代表理事
浜本 奈鼓氏
環境教育活動の第一人者として、自然環境や環境教育、都市づくり、
農村景観、国際理解、食農教育に関する実践活動や講演活動を幅広く
行う。また、環境及び環境教育に関わるテキストづくりや、指導者養成、
テレビ・新聞等での普及啓発活動を行っている。環境省中央環境審議
会委員、鹿児島県ふるさと保全委員会委員等の多数の実績有り。
塩川 哲郎氏
かごしま環境未来財団
理事兼事業課長
市民団体「地球環境フォーラム鹿児島」を設立し、講演会やイベントを開
催。かごしま環境未来館では環境学習・活動支援相談員として、市民、行
政、企業との協働運営のコーディネーターを努める。環境パートナーシッ
プ鹿児島の副会長、NPO 法人地球環境フォーラム鹿児島事務局長、鹿児
島大学非常勤講師、株式会社 Coach 喜働専務取締役。
4日目 現場体験・実習③
鹿児島開催:10 月 24 日(金)10:00 ∼ 18:00、熊本開催 10 月 31 日(金)10:00 ∼ 18:00
●これまでの現場体験・実習等を踏まえ、所属団体での実践ですぐに使える資金獲得・広報等についてのマニュアルを作成・
完成させ、実践力を高めます。
<実習協力団体・アドバイザー>
鹿児島開催:くすの木自然館 浜本氏
熊本開催:九州環境パートナーシップオフィス(EPO 九州)澤氏
5日目 本講座―ファシリテーション手法習得と改善計画策定・共有
かごしま環境未来館
(運営団体は一般財団法人かごしま環境未来財団)
くすの木自然館
環境教育を通じて、後世に鹿児島の自然を継承することを目的とし、
地域の自然環境調査・生態系の保護、自然体験・環境教育の提供、地
域づくりなどの事業の他、NPO 及び CSR 支援、施策提言・専門家派
遣などを行う。県民表彰、鹿児島県景観賞 奨励賞等を受賞。
市民 ・ 事業者が環境について関心や理解を深め、自発的に環境保全活動を
実施することや、その活動の輪を広げていくことを目的とする。環境学習
の推進、環境情報を収集提供、環境学習・保全活動の支援、人材育成等の
事業を行っている。
熊本開催
鹿児島開催:12 月 21(日)10:00 ∼ 18:00、熊本開催:12 月 22 日(月)10:00 ∼ 18:00
●講義 & ワークショップ③
「ミッション達成・環境問題解決に向けた NGO リーダーシップ2∼ファシリテーション力・コミュニケーション力の強化∼」
石川氏
●ワークショップ
これまでの講座・現場体験・実習を振り返り、アドバイザーや他の参加者等から助言をうけながら、自分の所属団体の特色・
実情に適した効果的なプロジェクト・組織運営改善戦略・計画を策定します。
澤 克彦氏
九州環境パートナーシップオフィス
(EPO 九州)業務責任者
2004 年より、環境教育・中間支援 NPO 役職員として、国内外での
環境保全プログラム(企業と連携したプログラムも含む)の企画運営
を担当。2007 年より九州環境パートナーシップオフィス立ち上げに
参画し、以降、業務責任者として、様々なセクターとの協働に基づく
環境保全活動企画のコーディネートを行う。熊本市人権啓発市民協議
会企画運営委員会代表。NPO 関連講座等での講師経験多数。
<改善戦略・計画の実践>
受講者各自で、習得した知識・技能及び作成した改善戦略・行動計画をふまえ、所属団体で課題解決に取り組みます。
講師・アドバイザーがそれをサポートします(受講者が抱える悩み・障害に対する助言も含め)。
6日目 フォローアップ講座―改善計画実施のプロセスと結果を共有。
鹿児島開催:平成 27 年 1 月 17 日(土)13:00 ∼ 18:00、熊本開催:平成 27 年 1 月 18 日(日)13:00 ∼ 18:00
●行動計画・進捗・成果発表と助言・意見交換
所属団体での実践の進捗や課題を参加者やアドバイザー等と共有し、助言を受け、行動計画をブラッシュアップします。
<アドバイザー>プロボノ・行政関係者等
●活動実践に向けた協働戦略の構築とネットワークの形成
これまでのプログラム全体を受けて生まれた参加者・アドバイザー等のアイデアを、具体的なネットワーク形成・協働プロジェ
クトの実施につなげます。
講座全体のファシリテーター
石川氏、足立治郎(「環境・持続社会」研究センター(JACSES)事務局長)
環境省九州環境パートナーシップオフィス
(EPO 九州)
九州・沖縄地域の環境 NGO・企業・市民・行政等のネットワーク・パー
トナーシップ構築の中間支援組織。九州・沖縄地域及び国・国際レベ
ルの環境保全活動に関連する情報を収集し、同地域に発信するととも
に、多様な主体による取組状況・意見の全国(日本政府を含む)への
発信も行う。市民・NGO・企業・行政等の間の意見交換会・ワークショッ
プ開催等も行う。
原 育美氏
環境ネットワークくまもと
副代表理事
環境ネットワークくまもと副代表理事として組織運営に関わる。持続可能な
暮らしと地域社会づくりを活動テーマに、地域及び全国ネットワークづくり
とパートナーシップを構築し、円卓会議や市民による調査・研究・政策提言
にも取り組んでいる。気候ネットワーク常任運営委員、再生可能エネルギー
推進市民フォーラム(理事)、環境首都創造 NGO 全国ネットワーク(副代
表幹事)、熊本県・熊本市環境基本計画審議会委員、熊本大学非常勤講師、
熊本学園大学水俣学研究センター客員研究員等の経験を有する。熊本県「第
22 回くまもと環境賞―くまもと環境教育賞(2013 年)」受賞。H25 年度
地球温暖化防止活動環境大臣表彰。
特定非営利活動法人環境ネットワークくまもと
個人や各グループの情報を共有・公開し、環境保全意識の拡大と環境
保護活動の普及を図ることを目的とするネットワーク型 NPO。講演会
や自然体験型の学習会などの啓発活動の企画・運営や、NGO 間や行政、
企業とのパートナーシップ事業も手掛ける。市民共同太陽光発電普及
にも 2004 年より取り組む。地球環境基金「協働コーディネーター養
成講座(2003 年)
」の受託・運営。熊本県「第 16 回くまもと環境賞(2007
年)」、「第1回くまもと環境大賞(2013 年)
」等を受賞。
※その他、プロボノ・行政関係者が
フォローアップ講座のアドバイザーとして参加予定。