Anniversary

2015年 6月
12-14日
Marking the150th
Anniversary
of the Birth
of William Butler
Yeats
TheaterXCai Ryogoku Tokyo
会場:シアターX(カイ)
ウィリアム・
バトラー・イェイツ
生誕150周年
記念
th
Anniversary
Part I. Friday, 12 June, 7.30 pm
パートI. 6月12日(金)午後7時30分
Everlasting Voices (Language, English): Dramatised readings of
Yeats and other famous Nobel prize winning writers from Ireland,
performed by Guthanna Binne Síoraí from Ireland, with live music,
dance. Admission ¥1,000.
劇団Guthanna Binne Síoraíパフォーマンス『不朽の声』イェイツほかアイル
ランド出身のノーベル賞受賞著名作家の作品をドラマチックに朗読。生演奏と
踊り、映像とともにお届けします(英語)
Note: Performance on Friday 12th will include the World Premiere of The Song
of Wandering Aengus set to music composed by Paul Hayes (with video).
Part II. Saturday, 13 June, 2 pm
Everlasting Voices (Language, English): Dramatised readings by
Guthanna Binne Síoraí from Ireland, with live music, dance and
visual images of Ireland. Admission ¥1,000.
Note: Performance on Saturday 13th includes Noh recitations of Yeats poem and
a Noh chant from 'Takahime' based on Yeats s Noh Play, At The Hawk s Well .
Part III. Sunday 14th June, 2-5 pm
ポール・ヘイズ作曲『The Song of Wandering Aengus』世界初演奏 入場料1000円
パートII. 6月13日(土)午後2時
劇団Guthanna Binne Síoraíパフォーマンス『不朽の声』
(英語)
観世銕之丞・笠井賢一 講演と謡『イエイツと能ー「鷹姫」を中心に』 入場料1000円
パートIII. 6月14日(日)午後2∼5時
日本アイルランド協会主催シンポジウム『日本とイェイツ』
(日本語)
劇団IAT公演『デアドラの物語』
(日本語)
入場無料 シンポジウム詳細お問い合わせ:[email protected]
Symposium organised by the Japan Ireland Society ‒ Title: Japan
and Yeats (Language, Japanese). Admission free.
Note: Symposium includes a performance of 'Deirdre' by Irish Bull Art
Theatre (Language Japanese). For further information on the Symposium,
please email [email protected]
For updates see dedicated Facebook page:
www.facebook.com/YeatsDayJapan
Tickets for Fri/Sat at the Door
For bookings or other enquiries email [email protected]
最新情報についてはFacebookページ
www.facebook.com/YeatsDayJapan にてご案内いたします。
12日(金)・13日(土)のチケットはシアターXでweb予約できます。チケット
の支払い引換は当日受付にて行います。お問合せ先:[email protected]
Yeats Day is a celebration of Ireland s best known poet, WB
Yeats, whose 150th Anniversary takes place this year. The event
corresponds with celebrations in Ireland and worldwide:
http://yeats2015.com/
Everlasting Voices
Cathal Quinn (Actor/Director) is
Artistic Director of Everlasting
Voices and has directed over
twenty of Beckett s plays as well
as poetry and prose. Cathal
teaches Voice & Speech at The
Lir, Trinity College.
Megan Kennedy (Dance) trained
at Alvin Ailey Dance, NYC. She has
choreographed and performed
extensively for dance, theatre, and film
in Ireland and abroad. Megan is the
current Limerick Dance artist-in-residence. junkensemble.com
Enda Reilly (Song/Guitar) is a songwriter, guitarist and singer.
Recent albums include New Songs In Irish and a collaboration
with the poet Stephen James Smith called Arise and Go. Enda
also runs his Climate Change Songs Workshops in schools and
libraries.
Clodagh NicGabhainn (Actor) is a Gaiety School of Acting graduate
and holds an honors degree in Modern Irish and Drama Studies
from TCD.
Paul Hayes (Composer), born in Dublin and studied composition at
the Royal Irish Academy of Music and at University College Dublin.
Paul currently lives in Japan and frequently works with leading
exponents of Japanese contemporary music.
Tetsunojo Kanze (Noh Actor) descending from the famous line of
Noh Actor, Mr Kanze will perform a short extract from the
Japanese Noh Version of Yeats s famous At the Hawk s Well.
Symposium Speakers
Ken'ichi Matsumura (Professor Emeritus at Chuo University,
Former President of the Yeats Society of Japan Former President
of the Japan-Ireland Society
Yoko Sato (Tokyo University of Agriculture and Technology),
President of IASIL-Japan
Kunie Ebisawa (Edogawa University), Vice President of the
Japan-Ireland Society
Yeats & Noh Theatre
Tetsunojo Kanze( Noh Actor), Kenichi Kasai (Noh Director)
A Noh chant from 'Takahime' (At the Hawk's Well)
by Tetsunojo Kanze.
Noh chant by Tetsunojo Kanze of Yeats's poem,
'Under Ben Bulben' and epitaph, ('Cast a Cold Eye'...).
More events to look forward to in 2015! Yeats 150 Keynote
lecture and Guitar Recital. Join us to celebrate Yeats 150 at
Waseda University, Saturday 10 October 2015. See facebook
page for details or email [email protected]
イェイツ・デーはアイルランドでもっとも有名な詩人、W.B.イェイツの記念日で
す。今年は生誕150年を迎え、アイルランド中で様々な祝賀イベントが開かれ
ます。詳細: http://yeats2015.com/
パフォーマンス『永劫の声』出演者:
カハル・クイン(Cathal Quinn):メリッサ・ノラン(Melissa Nolan)とともに
劇団マウス・オン・ファイア(Mouth on Fire)を立ち上げ、これまでにベケット
の20を超える戯曲(世界初演5作品、欧州初演1作品)、それに詩や散文作品
の監督を務めている。現在、トリニティー・カレッジの演劇アカデミーThe Lir
においてボイス&スピーチを教えている。
メガン・ケネディ(Megan Kennedy):ニューヨークのアルビン・エイリー・ダンス
で訓練を受け、エディンバラのクイーン・マーガレット大学で文学士号を取得して
いる。数々の賞を獲得したジャンク・アンサンブル(junk ensemble)の共同芸術
監督であり、アイルランドだけでなく海外でもダンス、演劇、映画の振り付けや出
演で幅広く活躍している。現在は、リマリック・ダンス(Limerick Dance)のアー
ティスト・イン・レジデンスとなっており、ダンス・アイルランド(DanceIreland)の
監督を務めている。junkensemble.com
クロダー・ニック・ガワン(Clódagh Nic Gabhann):ゲイエティ演劇学校出身で、
ダブリン大学トリニティー・カレッジで現代アイルランド語と演劇の優等学位を
取得している。最近の出演には、ダグダ・シアター・カンパニー(Dagda Theatre
Company)制作の『Art agus an Leabhar Draíochta』の妖精〔Sióg〕役や
『Another Twin』、
『A Life』がある。
エンダ・ライリー(Enda Reilly):ソングライター、ギタリスト、歌手。最近リリー
スされたアルバムには『ニュー・ソングズ・イン・アイリッシュ(New Songs in
Irish)』のほか、詩人のスティーブン・ジェイムズ・スミスとのコラボレーション
『アライズ・アンド・ゴー(Arise and Go)』がある。また、クリスティ・ヘネシー・
ソング・コンテストでの優勝経験もあり、学校や図書館で自身の「気候変動ソン
グ・ワークショップ(Climate Change Songs Workshops)」も開催している。
『イエイツと能ー「鷹姫」を中心に』
(13日のみ)
1. 「イエイツと能」 観世銕之丞 笠井賢一
2. 能『鷹姫』より老人の謡 観世銕之丞「イエイツと能」 観世銕之丞 笠井
賢一イエイツ詩「ベン・バルベンの下で」より「生も死も、冷たい目で見ろ。騎馬
の者よ、行け!」
(イエイツの墓碑銘)の節付と謡 観世銕之丞
3. 10月16日、17日シアターΧ(カイ)上演 夢幻劇『イエイツと運命の女モード・
ゴン』について 笠井賢一
『デアドラの物語』 劇団IAT公演
作:W. B. イェイツ『デアドラ』訳:松田誠思
演出:貴之新 出演:大澤由加子、森戸貴之、大久保潤、河本咲子、山縣俊介
衣装:橘佳世 制作:畠山牧子
シンポジウム『日本とイェイツ』
松村賢一(中央大学名誉教授)
日本イェイツ協会前会長、日本アイルランド協会前会長
佐藤容子(東京農工大学教授)
国際アイルランド文学協会日本支部会長(IASIL-Japan)会長
笠井賢一(観世流銕仙会)
海老澤邦江(江戸川大学教授)日本アイルランド協会副会長
【予告】イェイツ生誕150周年の今年、年間を通じて様々な記念イベントが行わ
れます。10月10日(土)には早稲田大学にて講演とギターリサイタルを開催予
定。詳細はFacebookページにて随時発表します。お申込み受付は9月4日開
始予定です。
(お問い合わせ:アイルランド大使館 [email protected])
Registration opens 4 September 2015.
Theatre X CAI
Tokyo, Ryogoku,
Sumida-ku, 2-10-14
アイルランド大使館
Embassy of Ireland
劇場:シアターΧ(カイ)
東京都墨田区
両国2-10-14
Twitter: @IrishEmbJapan
Web: www.dfa.ie/japan
Tel: 03-5624-1181
E-mail: [email protected]
Web: www.theaterx.jp
JR総武線両国駅西口下車、左へ約3分
都営地下鉄大江戸線両国駅A4・A5出口 約8分
JR Sobu Line Ryogoku Station West Exit, about 3 minutes
Toei Oedo Line Ryogoku Station A4 · A5 Exit, about 8 minutes