原子力安全保安院への質問と回答まとめ

折損事故から 1 年経ちました・・・強風、落雷、不良品(ブレード)の山
原子力安全保安院への質問と回答まとめを中心に・・・CEF 伊豆熱川ウインドファーム
T.K [email protected]
Ⅰ.経過
08 . 4. 8 未明風車ブ レ ー ド 破損
*「毎日」08.4.9↓
以後全基停止
(6.30 事故に関する調査報告書、事業者から関東東
北産業保安監督部に提出)
(8.8 再発防止対策等をまとめた報告、同監督部に提
出)
09.2.より再び調整運転順次開始
2009/2/14(土) 午前 0:48 今日は朝から風車が一段とうるさい。
グワッグワッと78dB もの大きな音が頭に響いてきます。こ
んな音がしては、とても生活できません。(天目ブログより)
Ⅱ.原子力保安院への質問と回答
◎共産党が経済産業省とこの事故をめぐっての交渉回答を
もとに(08.5.30)(資料1)、追及してみた.
1. 質問(08.7 月以前 )*不明記録なしと回答(08.7.0
8)
Q 共産党の政府交渉によると、①「 熱川風力発電の 環
境影響評価に つ い て は 法対象に な っ て い な い 。こ の 発
電所は 原子力保安院が チ ェ ッ ク し て い る 」と あ り ま す
が 、法対象に な っ て い な い と は ど う い う こ と で す か ?
原子力安全・保安院がチェックする のはなぜです
か?その環境影響評価はどうなされましたか?
→A 環境影響評価法の 対象 と な っ て い な い 、 と い う
こ と です。
環境影響評価法の 対象と な る 事業は 環
境影響評価法施行令に よ り 、水力発電所、火力発電所、
地熱発電所及び 原子力発電所と 定め ら れ て お り 、 風力発電所は そ の 対象と な っ て い ま せ ん 。
なお、環境影響評価の観点ではありませんが出力5 0 0 k W以上の 風力発電所 の 設置等に
際し て は 、 電気事業法に 基づ く 工事計画届出が 提出さ れ 、 原子力安全・ 保安院で は 、 電気
工作物の 技術上の 基準照ら し て 安全性を 審査しています。
②Q.事故調査報告書は出されたのでしょうか?
→A 事故に関する調査報告書は、平成20年6月30日に事業者から関東東北産業保安監督
部に提出されました。
Q.その内容を教えて下さい。
→A. 内容としては、破損状況、被害の程度等をまとめたもので、今後、事業者がさらに詳細な分析を
行い、再発防止対策等について再度報告する予定
Q . こ の 調査は ど の よ う に 行っ た の か 、 ま た 再発防止の た め 厳密、 慎重に し て 下さ い 。 ま
た 報告を ど の よ う に 検討 し 、 今後に 活か し て い く の か 教え て 下さ い 。
→A .これらの報告を受けて、当該発電設備の 再発防止対策等の 安全対策の 内容を 確認
し て い く と と も に 、 今後の 風力発電設備の 安全対策に 活か し て い く 所存です。
2 . 質問( 08. 829. 9. 12) と 回答( 11. 13)
・
再質問(9.12 内容)→ 原子力安全保安院は風力発電施設の安全性について、審査、
事故再発防止を図る機関ですので、直接的には風車建設に伴う自然破壊や、周辺住民に対
する健康被害の面でのチェック機能はお持ちではありません。そのことは重々承知してお
りますが、伊豆半島にはこの天目風車を含め、既に 106基の風車建設が進行しています。
これに伴い様々な問題点が生じており、・・。すでに伊東港にブレードが搬入されるとの
情報も伝わっております。今後真に 自然に や さ し い 風力発電推進の 立場か ら も 厳正、 慎重
な 審査を お 願い す る と 共に 、 8 月 29 日付以下の 質問に 速や か に ご 回答く だ さ る よ う お 願い
いた し ま す。
質問項目省略(8.29 付質問と同一内容)
・保安院回答前書き→原子力安全・保安院のHPのご利用ありがとうございます。 お問い
合わせの件につきまして、以下のとおり回答いたします。 当方シ ス テ ム の 不具合に よ り 回
答が 遅く な り ま し た 。 誠に 申し 訳ご ざ い ま せ ん 。
①Q .現在の C E F 側の 調査報告の 概要と 原子力安全・ 保安院の 審査状況を お 教え く だ さ い
→A . 事故に関する調査報告書につきましては平成20年6月30日に破損状況、被害の
程度等をまとめた報告書が設置者から関東東北産業保安監督部に提出され、さらに詳細な
分析を行い、再発防止対策等をまとめた報告書が平成20年8月8日に提出されました。
関東東北産業保安監督部で は 、 現在、 こ の 報告書を 検討し 、 不明確な 部分等に つ い て 設置
者に 確認、 修正を 指示し て い る ところです
概要は以下のとおりです。
・ 事故原因(概要)
( 4 号機)
○3 月2 6 日の 落雷に よ り 翼先端部に 破損が 発生。 応急措置を 施し 、 運転は 停止状態で あ
っ た。
○4 月8 日に 発生し た 風向計の 破損と 回転セ ン サ ー の 異常に よ る 風車制御装置の 不具合に
よ っ て 、 応急措置を 施し て い た 翼の 破損部分が 強風の 影響を 強く 受け る 状態と な り 、 損傷
が 進行し 、 全損に 至っ た も の と 推定。
( 5 号機)
○4 月8 日の 落雷に よ っ て 発生し た 翼先端部の 破損が 、 風向の 激し い 変化を 伴う 強風と 翼
の 製造不良( 翼の 接着部の 不良) に よ っ て 進行し 、 全損に 至っ た も の と 推定
②Q . 再発防止の た め の 具体的措置も 講じ ら れ て い る の か 、審査の進捗状況にもよります
が、お教えください。
→A .設置者に お け る 再発防止対策の 概要は以下のとおりです。
○落雷発生時の 風車の 自動停止及び 翼の 目視点検
○翼表面、 風向計、 回転セ ン サ ー 等の 定期的点検
○回転翼ブ レ ー キ 解除方法の 改良( 異常時の 翼固定に よ る 破損防止の た め )
○メ ー カ ー に お け る 製造不良対策の 実施
③Q . CEF の使用した同一機種は、全国的にどこにあり、その機種に対してはどのような
措置が事故後講じられたのでしょうか。青森県岩屋で風車倒壊事故があった際には、ユー
ラスエナジーは同一機種をすべて停めたと聞いておりますが、CEF も同様な措置を講じら
れたのでしょうか?もしされていないとするならば、その理由は何ですか?
→A . 本件については、製造メ ー カ ー の 自主的な 取り 組み と し て 既に 設置者に 必要な 情
報提供が 行わ れ て い る と 聞い て い ま す 。 C E F 伊豆熱川ウ イ ン ド フ ァ ー ム の 所有す る す
べ て の 機器を 停止し て い る と 聞い て い ま す 。
④Q . 「事故多発の背景には、風車の大半が海外製で、突風や 落雷な ど 日本の 気象へ の 対策
や 経験が 乏し い 点が あ る 。
」
(日経オンライ 08.5.13)との指摘もあります。CEF が事故を起
こした天目地区も雷の多いところで、近くの町営風車 3 基も、落雷によりしばしば停止し
ます。
この指摘に 対す る 見解を お 聞か せ く だ さ い 。
→A . 近年発生した強風や落雷による風力発電設備の事故を踏まえ、原子力安全・保安院
では、これらを原因とした事故による公衆被害の発生防止を図る観点から、総合資源エ ネ
ル ギ ー 調査会原子力安全・ 保安部会電力安全小委員会の 御意見も い た だ き な が ら 、 安全対
策の 見直し に つ い て 検討しているところです。
http://www.meti.go.jp/committee/materials2/data/g80730cj.html
⑤Q . 事故を起こした 1 基はブレード一部が町道上にかぶさっているそうです。真偽のほど
をご確認ください。もしそうであるならその風車は撤去、ないし位置の移動をさせなけれ
ばいけないのではないかと思います。
これに対する見解をお聞かせください。飛散し た 風車ブ レ ー ド は 町道を 塞ぎ 、 ま た 住宅地
に も 近く 、 幸い 人的、 物的被害は 免れ ま し た が 、 よ ほ ど 厳密且つ 慎重に 審査し 、 再発防止
策を と ら な い 限り 、 ま た も や 事故が 発生、 人命に か か わ る 取り 返し の つ か な い 被害が 生じ
か ね ま せ ん 。「 地球に や さ し い 」 を 標榜す る 風車も , 人間の 健康、 財産を 阻害す る も の で あ
っ て は な ら な い の は 、 自明の 理で す 。 国民の 安全・ 財産の 保全を 守る 立場か ら の 原因究明
と 再発防止を つ よ く お 願い い た し ま す 。
→A . 電気事業法の技術基準に則り、現地諸条件に耐えられる構造上安全な風車を設置する
ことになっております。
【回答作成部署】
連絡先
経済産業省
原子力安全・保安院 電力安全課 電力班
03−3501−174
原子力安全・保安院Web担当
3 . ( 11. 15)
熱川風車環境評価・事故原因究明のご回答を受けて 8.29 に質問を致しましたが、ご回答をい
ただけなく、再度お願いしました。
そのお返事が 11 月 12 日では、国民の生命・財産に甚大な影響を及ぼすお仕事である原子力
安全保安院としては怠慢のそしりを免れません。もし住宅地に近接した、また町道にもかか
っているようなところで再度事故が生じたら、取り返しがつきません。すみやかなご回答と、
徹底した再発防止策をお願いするものです。→④でお返事が遅れた点につきましては、お詫
びいたします。
今後は、ご質問等がございましたら以下にご連絡ください。
原子力安全・保安院 [email protected]
*11.15 付質問については、11.28 原子力保安院から、メールが届いていない、再送をとのメール
が届き、同日再送した
①Q . 原子力安全保安院の 権限は何ですか。 事故原因究明と再発防止策がキチンと講じら
れない限り、稼動再開は認められないのでしょうか?それとも、単なる行政指導で是正勧
告なのでしょうか?
→A .風力発電所に関して、当院では、電気事業法に 基づ く 安全規制を行っております。電
気事業法に基づく安全規制は、設置者に 対し て 技術基準へ の 適合を 義務付け 、 そ の 義務を
履行す る た め の 自主保安体制の 構築を 設置者に 求め る 一方、 国の 関与は 必要最小限の 範
囲・ 内容と す る も の となっています。
稼働再開には設置者が電気事業法をはじめ関係法令を遵守することが必要です。
②Q . 落雷防止装置の不備やブレードそのものの不具合など素人目に見ても信じられない
ほどのいい加減さが、天目ブログなどでわかります。従って、ご回答のように「本件につ
いては、製造メーカーの自主的な 取り 組み と し て 既に設置者に必要な情報提供が行われて
いると聞い て い ま す 。 CEF伊豆熱川ウインドファームの所有するすべての機器を停止し
ていると聞い て い ま す 。
」で は 不十分ではないでしょうか?
「自主的な 取り 組み と し て 、 聞い て い ま す 。」 と い う こ と で す と 、 事業者側の 裁量と な り 、
安全性、 信頼性の 担保が あ り ま せ ん 。またCEF伊豆熱川ウインドファームの所有するす
べての機器だけでは他の場所で設置された同一メーカーによるブレードにも同じような事
故が懸念されます。厳しい保安院の措置が講じられる必要があると考えられますが、いか
がでしょうか。ご見解をお聞かせください。
A . →前述のとおり、電気事業法では、設置者による自主保安を前提にしているもので、
技術基準を遵守することが求められます。
③Q . ⑤について
電気事業法の技術基準に則り、現地諸条件に耐えられる構造上安全な
風車を設置することになっております。となっておりますが、町道に さ し か か っ て い る 工
事を 許可し た 責任主体は ど こ に あ る の で す か ?
→A .設置者は、関係法令の遵守が求められますが、ご 質問の 「 町道上に さ し か か っ て い る
工事の 許可」 に 関し て は 、 電気事業法で 規制し て い る も の で は あ り ま せ ん 。
④Q.現在審査中で あ る に も か か わ ら ず 、 す で に 当初予定の ブ レ ー ド を 下ろ し て の 接着剤注
入作業で は な く 、 ク レ ー ン に 乗っ て 、 ブ レ ー ド を と り つ け た ま ま の 注入作業を 開始し て い
ま す 。 こ の よ う な こ と は 許さ れ る の で し ょ う か ?
→A . 既に再発防止対策に関する設置者の検討は終了しており、修繕作業等を開始している
ことについては、電気事業法上の 問題は あ り ま せ ん 。
4 . 質問 11. 26 と 回答(12.17)
Q .天目の工事の様子を記載したブログからの写真貼り付けがメール本文には出来てい
なかったので、ワードで改めてお送りします。また、たびたびお手数かけて申し訳ござい
ませんが、追加の 質問と し て 4 号基、 5 号基以外に ブ レ ー ド 不良品が 多数発見さ れ 、 そ の 扱
い も 課題となっております。しかし前回いただいた回答ではその点での言及はございませ
んでした。原因・対策についてもお教えください
→A .当該サイトの風車についてCEF伊豆熱川ウインドファーム株式会社(以下、
「設置
者」という。
)が全数点検を行った結果、ブレ ー ド 損傷が 大き か っ た 4 号機及び 5 号機以外
の 風車に も 、 破損に は 至ら な い も の の 製造不良の ブ レ ー ド が み つ か っ た と承知しておりま
す。
原因としては、同様に 翼の 製造不良で あ り 、 対策と し て は 、 ブ レ ー ド の 損傷状況に 応じ
て 現地修理を 行い 、 補修後の 検査を 行っ た 後、 復旧すると聞いております。
原子力安全保安院の回答と違う CEF の事故処理
(11 月 18 日
天目ブ ロ グ よ り )
空中での 作業。安価に 修理す る 為の 手抜きか ?
運転再開に向けて事業者は不安定な空中での作業を進めている。この様な簡易な方法で修復
作業を進めることに対して、僅か350メトル隣接の居住地に暮らす住民には大きな不安がありま
す。毎度ながら CEF のやることには疑念がつきまとう。報告書と実際の作業には写真のような隔
たりがあり、これに対しての説明は一切されていない。
風車の破損ブレードが隣接居住地に飛来しない確たる保証は何処にあるのか?風車火災に対
して居住地への延焼をどう防ぐのか?一切示していない。CEF は事業推進に当たって利益追求を
最大の目的に掲げ安全を蔑ろにしている。この様な企業は存在してはならない。この様な企業に
国民の血税が使われることに憤りを感じるのは私だけでないはず。
不良品の 山・・・29 枚もの ブ レー ドを 現地修理 2008/9/21(日) 午後 2:11
風車ブレード事故再発防止について CEF は①②を実施とのこと。①運用上の防止対策では、落雷発生時風車自
動停止とブレードの双眼鏡による目視点検、表面クラック定期点検、ドレインホールの目詰まり防止、風向計の
定期点検、ローター過回転検知センサーの点検、ローターブレーキロック解除方式の変更。②ブレード製造工場
検査リストの確認、ブレード内・外部の目視点検。(この②を事故対策として挙げているが、こんな事は基本中の
基本で、行っていなかった事に驚きだ。)あきれる不良品の山、何と 29 枚ものブレードを現地で補修するとのこと
だ。ブレード表面にドリル穴を開け接着剤を注入、その後隙間ゲージで外観を、接着部を超音波探傷試験装置に
て確認、構造上の安全性が確保できれば使用開始とのこと。安全性確保の判定の詳細が示されていない。一連
の補修作業の後で安全性が確保されたと自認し使用すると言うことか ?
Ⅲ.まとめ
ブレード折損事故から 1 年が経った。落雷・強風に伴う事故だった(資料 2)という説が
流布したまま、この事故は葬り去られてしまうのでは、という危惧を感じつつ、昨秋取り
組んだ原子力安全保安院とのやり取りをまとめてみた。
実は呆れるほどのブレード不良品の山―「当該サイトの風車についてCEF伊豆熱川ウ
インドファーム株式会社(以下、
「設置者」という。
)が全数点検を行った結果、ブレ ー ド
損傷が 大き か っ た 4 号機及び 5 号機以外の 風車に も 、 破損に は 至ら な い も の の 製造不良の
ブ レ ー ド が み つ か っ た と承知しております。
」
(08.12.17 原子力安全保安院回答)であり、
今後仮に日本の風土に適した風車仕様が開発されたとしても、このような不良品を使用す
る限り、いつ各地でこのような事故が再発するかわからない。
また、破損したブレードは報告書に述べている 270 メートルより、「さらに遠方でブレー
ド片が見つかっています」と天目ブログ(2008 年 10 月 8 日)にはある。
風車か ら の 距離「 構造 SB」 に 関連し て 、 フ ラ ン ス で は 、 主に ブ レ ー ド の 破損に 伴う 事故
を 避け る 目的か ら 、 風電施設の 500m 以内は 一般の 立ち 入り が 禁止さ れ て い る しかし、日
本ではその直下にまで無制限に近寄ることができ、熱川の場合、町道からの距離が最も近
いものでは約 20m と頭上真上で風電が回転しているのである。 信じ難いことであるが、
これが現実である。(資料 3)しかも「町道奈良本 2 号線に隣接して建てられた 5 号機のタ
ワーは地形の都合によるものと推測されるが、風車が町道上に 3 メートル以上も進入して
いて、所有者である町の権利を侵害する形で建てられて」
(資料 4)いたことが判明した。
事故監督所轄官庁の権限が「風力発電所に関して、当院では、電気事業法に 基づ く 安全規
制を行っております。電気事業法に基づく安全規制は、設置者に 対し て 技術基準へ の 適合
を 義務付け 、 そ の 義務を 履行す る た め の 自主保安体制の 構築を 設置者に 求め る 一方、 国の
関与は 必要最小限の 範囲・ 内容と す る も の となっています。」とあり、国の 関与は 必要最小
限の 範囲・ 内容とされていることは、極めて問題である。(このためか、回答は「聞いてい
ます」
「承知しています」といった表現が目立つ)
このように、一部公道を超えて、住宅地の至近距離に巨大風車が建てられた場合、まかり
間違えば、人命にかかわる重大な事故になりかねない。事実海外からは風車の炎上といっ
た映像すら送られてきているのだから・・。なによりも国の直接的関与と、距離規制が必
要である。
なお不思議なことに、11.15 付原子力安全保安院回答後、ブレードをクレーンで降ろし、
修理を地上で行うという作業が開始された。これが何を意味するのかわからない。事業者
は「点検は空中で、修理は地上で」と説明したが(08.12.21 席上)
、点検はすでに早くから
報告書にあるように(事故原因と修理方法説明)行われているはずである。恐らく何らか
の指導が入ったのではないかと推測される。
また粘り強くやり取りする中で、原子力安全保安院と、一個人でも、一定程度やりあえ
るということもわかった。原発での相次ぐトラブル隠しなどで、保安院自身市民の声に敏
感になっていること、国会の場でも風車の問題が追及されてきたこと(社民党衆議院議員
保坂展人質問主意書平成 20 年 9 月 25 日提出答弁書受理平成 20 年 10 月 3 日)
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/170019.htm
などが功を奏したものと思われる。
今後もさまざまな角度からこの風車建設の問題性を訴えていきたい。(T・K記)
[連絡先] [email protected] ℡090-1765−8403
2008 年 5 月 30 日(金)
資料 1.
静岡県党政府交渉・レク経済産業省・ 環境省の 回答
http://www.seko-yukiko.gr.jp/himawari/data1/080531-022653.html
熱川風力発電の環境影響評価については法対象になっていない。この発電所は原子力保
安院がチェックしている。破損は事業者が検査している最中のトラブルで起きた。現在
調査中で、6 月中に報告書を出す事になっている。その報告書に基づいて検討する。
資料 2
事故発生日時と 気象状況
( 「 ブレード破損事故報告及び再発防止策 CEF 伊豆熱川ウインドファーム株式会社 平成 20 年 12 月 21
日」)より
*4 号機
08. 3. 26
14:42 ブ レ ー ド 先端部破損(4:21 頃落雷発生か?1440 頃風速
15m/,14:42 頃 19m/)
4. 8
9:04
7 時 35 分
ブレード全損
風速 38.32m /s 9 時 4 分頃
34.01m/s 9:02 分
30.25 m /s 9:05 31.8m/s
5 号機
4. 8
2:33 頃
ブ レ ー ド 全損
(1 時 30 分から 3 時の間に 8 回の落雷発生?
同時刻 20m/sを超える風
資料3
2時8分
26.5m/s観測
セッ ト バッ ク
風車からの距離「構造 SB」に関連して、フランスでは、主にブレードの破損に伴う事故を
避ける目的から、風電施設の 500m 以内は一般の立ち入りが禁止されている(資料 3)とい
うケースもある(http://www.caithnesswindfarms.co.uk/)
。 確かに、熱川の 1.5MW クラスの風電では、
1 本のブレードだけで長さ 37m、重さ 6.5tあり、これほどの重量構造物が 3 本、地上 60m で回転してい
るのである。
「構造 SB」は、安全確保のために必要な基本的な SB であると考えられる。 しかし、日本で
はその直下にまで無制限に近寄ることができ、熱川の場合、町道からの距
離が最も近いものでは約 20m と頭上真上で風電が回転しているのである。
信じ難いことであるが、これが現実である。(天目ブログ風力発電・ 海外
情報 第1 2 回 (08.05.13))
資料 4
天目ブ ロ グ
2008 年 9 月 19 日よ り
2009/1/20(火) 午前 10:51
2009/1/20(火) 午後 8:36
手抜き作業が 外部か ら見られ ない よ うブ レー ドをシー トで覆っ て ・・・ 2009/1/21(水)