211

時4
0分に到着する。日本との時差は、ちょうど l時間
う。夜には、研究所の主催に成る盛大な歓迎の宴が催
であり時計の針を後戻りさせる。
された。
1
1月 3日
(
木)
J
満城漢墓・燕下都遣社 [
昼食の後、今回の研修旅行でいろいろと便宜を図っ
ていただくことになる中国社会科学院考古研究所を表
午前 7時 5
0分に北京での信泊施設である国際飯屈を
9
5
0年に設立され、現在は任
敬訪問する。同研究所は 1
出発し、パスで京石高速道路を経由して約 3時間かけ
式楠所長・鳥恩副所長以下、 1
9
4名の研究員を擁する。
て河北省満城県にある満城漢墓に到着する。麓からリ
研究所内部は原始社会考古研究室、商周考古研究室、
漢唐考古研究室などに分けられ、年間中国国内の 1
0数
個所で発掘調査を実施している。文字通り、中留にお
フトに乗って、同墓が営まれる山上へと向かう。
満城漢墓は、前漢中期の中山靖王留j
勝の墓(1号墓)
とその婦人饗結 の 基 (2号墓)である。石灰岩からな
ける発掘調査技術および考古学研究の中心的施設であ
る自然の山丘を部分的に成形して墳丘とし、その山腹
る。研究所の概要説明を受けたあと、出土遺物の展示
にともに東に開口する墓室を穿っている。 1
9
6
8年に工
室を見学する。所員はいずれも発掘調査の前線に在る
事中発見され発掘調査が行われた。南側に位置する l
方々であり、言語と国情の違いはあれ、現場に立つと
号墓は、墓道・南道・南北の耳室・中室・主室で構成
いう一点で共通基盤を感じ取ることができたように思
され、全長約 51.7m・最大幅約 37.5m・最大高約 6.8m
の規模を有する。中室内には瓦葺きの木造建築が建て
られていたことが明らかにされた。主室は、棺が安置
される寝室であり、周囲には岩盤を春日り貫いた回廊が
巡らされている。南側に設置された側室は浴室を象徴
するという。
2号墓も 1号墓とほぽ同じ規模を有するが主室は中
室の南側に設けられており、車馬や酒器を納める耳室
が 1号墓より大きく作られている。二つの墓室からは、
金・銀・銅・鉄・玉製品をはじめとした膨大な震の副
さ ん る ぎよくい
葬品が出土したほか、遺体には「金纏玉衣j と呼ばれ
る玉片を金糸で連ねた衣がまとわれていた。墓室内に
は建築物や副葬品の状況などがレプリカで再現されて
満城漢墓・清王劉勝の墓(I号墓)入口
0
0
0ばにも
おり築造当時の様子がうかがえる。容積は 3,
および岩盤掘削に要する当時の労働量と、複雑な墓室
,e
,
一
P
..
官M
d
満城 i号墓(靖王郡勝の墓)復元図
-2-
構造、さらには精微を窮めた副葬品の数々にただただ
圧倒されるばかりであった。
下山後、ふたたび、パスに揺られて河北省易県の東南
えん
に位置する燕下都選祉に向かうが、到着時にははや落
日寸前であった。同遺牡は、北易水と中易水の間にあ
り、戦国時代燕(前 3
2
3
-前2
2
2
) の昭王が築いたとさ
れる。その名から上都(現在の北京)に対する、軍事
的拠点、としての賠都の性格を備える。遺跡は東西のニ
城から成り、居住域と生産域の中核である東城は南北
m・東西約4
.
6
k
mの矩形を呈している。
約 4k
城内には武陽台を中心とする宮殿地区や、近年の発
掘調査で明らかにされた鉄器製作場・武器製作場など
燕下都文物保管所にて
の工房地区、居住区、慕域などが配置されている。西
城は、南北約 3
.
7
k
m
.東西約4
.
5
k
mの規模を有し、東城
に対する防御的な附郭であると考えられている。
燕下都文物保管所で遺跡の概要説明を受けている関
に日没となり、現地見学を断念して最近の出土資料を
見学する。帰途、夕簡のなか宮殿遺構を遠望したが、
目前で遺跡に直接立つことがかなわなかっただけにか
えって印象深い一日となった。
3. 北京から西安へ [
1
1月 4EH
蛍
〕
虚溝橋
午前 8時に霞擦飯底を出発し、当初の予定にはなか
った麗溝橋へ立ち寄る。同橋は、北京の市街地の南西
約1
5
k
mにある永定河に架かる全長2
6
6
.
5
mのアーチ形
の石橋である。金代に架設され、マルコニポーロの『東
方見聞録j にも記された名橋である。現在は、車車両の
わだち
通行は禁止され、橋の中央部に轍が刻まれた敷石が並
いんしん
べられ往時の殻娠を偲、ばせている。 1
9
3
7年日中戦争の
きっかけとなった、虚溝橋事件(七七事件)の舞台でも
ある。折しも、事件に題をとった映画の撮影現場をあ
とにして次の見学地である大諜台漢墓博物館に向かう。
大穣台漢慕
同漢墓は、北京市豊台区に所在し、 1
9
7
4
7
5年にか
1
号墓は、漢の燕王(農陽
けて発掘調査が行われた。
王)の陵墓と見られている。墓室は、基道・南道・前
[email protected]ら
0
c
m
.幅1
0
c
m
.厚
される。さらにその内側には、長さ 9
さ1
0
c
mの黄腸題湊と呼ばれる角材を鴎北 1
4
.
2
1
6
m、
東西 91
0
.
8
m、高さ 3mにわたって壁状に積み上げ
ている。
墓道からは、実用に供された儀伎車・乗車・喪車の
3車両の馬車と 1
1匹の J
馬骨が検出されている。墓室は復
元され、墓道の殉葬馬車の出土状況とともに全体が博
物館として展観できるようになっている。
遼金城垣博物館
考古研究所の漏浩嘩氏の計らいでこれも予定外であ
ったオープン前の遼金城壇博物館を訪れることがで
-3-
大諜台漢慕博物舘・墓室復元展示
大濠台漢墓博物館・漆製品の展示
きた。北京市文物研究所・越福生副研究員の説明によ
ると、建設工事の事前調査によって、金代の中都の南
城壁をくぐる水門に伴う敷石や胴木、木杭などが検出
され、現在遺構ごと現地保存し博物館として露出展示
するとのことである。
捧物館地階に設けられた水門ないし堰の遺構展示室
には、石敷の河床および河岸を構成する個々の石が蝶
形の鉄の模で掴定され良好に遺存していた。また、護
岸ないし上部構造の基礎となる木材や護岸用柱列は、
劣化防止、亀裂止めなどの毘的で保存処理が実施され
ていた。
保蒋に使用されていた薬剤については詳しく開くこ
とができなかったが、指につけた感じから、水溶性の
接着剤に防腐剤を加えたいわゆる科学糊の類のようで
あった。さらに展示目的のため土層を現状のまま固化
したものも見られた。地下遺構であるにもかかわらず、
現状ではある程度乾燥した環境であるからこうした保
存の工法が有効なのであろう。
開館前の最も忙しい期間にもかかわらず、貴重な水
門遺構と実際の保存処理作業を見学することができた
ことは大変勉強になった。
故宮博物院
しゃしょくだん
公調内での昼食後、社稜壇、中山堂を経て午門から
故宮博物院へ入る。紫禁城ともよばれた故宮は、明@
清代の現存する宮殿として最大規模のものである。明
ふぎ
の永楽帝が 1
4
2
0年に完成させ、以後清の末代薄儀にい
0
0年間で2
4
代の皇帝が居住した。
たるまでの約 5
周囲には、高さ約 10m
、延長約 3kmに及ぶ城壁と、さ
らにその外側には、 l
幅52mの堀が巡らされている。全体
の間積は約 7
2万m2を占め、宮殿建築は 9,
0
0
0室余りを数
えるという。城内は南北の中軸線上に主要な宮殿が並
び、その他の建築物も左右対象に配置されている。
[email protected]@保和殿を中心とする
[email protected]部
分で構成される。清朝滅亡の後、宮廷所蔵品を基礎と
木材の保存処理作業
して 1
9
2
5年に正式に故宮博物院が発足することになり、
宮殿建築の修理や収蔵文物の拡充を重ねて中国最大の
博物館として今日にいたっている。
今回は時間の都合上、午門から中軸線に沿った主要
な宮殿建築を足早に見学することしかできなかったが、
その雄大さと壮麗さは筆活に尽くしがたく世界の文化
遺産たるにふさわしいものである。
この日はひとまず北京に別れを告げて、午後 5時 1
5
分発の中国西北航空機で一路夕暮れの西安へと向った 0
4. 西安市近郊の遺跡と博物館 [
1
1月 5日怯)
J
[email protected]
0分に
西安での宿泊場所である西安賓館を午前 8持 3
出発して、まず中国社会科学院考古研究所西安研究室
故寓博物院
- 4
革や概要の説明を受けたあと、竜山文化期の遺物、車
は13.8mに及ぶという。
明徳門は現在の西安市南郊の楊家村に所在する唐長
馬具に関する青銅器などのテーマ別に分けられた展恭
安城の南正門であり、北に位置する宮城とは朱雀大街
への表敬訪問を行う。張連喜副主任より、研究室の沿
室を見学する。この日は西安研究室の鴻孝唐氏の案内
9
7
2
"
'
7
3年にかけて、西
で一直線につながっている。 1
で、西安市周辺の多くの遺跡を見学することができた。
安研究室による発掘調査がおこなわれている。城内の
曲江池遺祉・天壇遺士止・明徳、門
規模は、東西約 55.5m・南北約 17.5mを測り、五つの門
上は、西安市の中心から南東約 5k
mの低地
曲江池遺土l
道が開いている。各門道の幅は 5 mで、その関には、厚
に所在する。楕代に人工的に開削された池沼で、その
さ約 2.9mの版築台と門道の両側には門柱が備えられ、
屈曲した形状から曲江池の名がある。唐代には宮殿楼
門道のなかには切石の敷居が存在した。中央門道の敷
5日
)
、
閣が立ち並び、上巳(3月 3日)、中元(7月1
居石には彫刻文様が施されることから皇帝専用の御道
重 陽 (9月 9日)には、皇族や貴族高官らが訪れ宴遊
とされる。現在、明徳門祉は埋め戻されていて、住宅
7
4
2
"
'
7
5
6
) 安史の乱
を楽しんだ所である。天宝年間 (
地の中にはずかに慕壇状の高まりと門祉を示す標石が
によって破壊され、唐末には廃された。現在は田園地
残されている。
大明宮・麟徳殿・含元殿・未央宮遺土II:.阿房宮遺壮
帯となっており、彩霞亭・紫雲楼の遺構を残すのみと
される。考古研究所西安研究室によってボーリング調
とも呼ばれ唐長安城の北東部龍首
大明宮は、「東内 J
前後で泥土の堆積が認めら
査が行われ、現地表下 3 m
原に営まれた。唐の太宗が父親の李淵の夏宮として、
れたという。
天壇遺祉は、長安城の南郊外に所在し、唐代より毎
6
3
4
)年に造営した。東西約 1
.
5
k
m、南北約 2
.
5
1
叩
貞 観 8(
年冬至の日に皇帝が訪れて壇上より南方を向いて天を
えんきゅうだん
祭った場所である。園丘壇とも称され、全体の構造は、
の規模を有し、正門は丹鳳門、正殿は、含元殿である。
麟徳殿は、大明宮北部の太液池の西方の高台に営ま
れ、高宗の麟徳年間 (
6
6
4
"
'
6
6
5
) に築造されたために
四段築成の同心円形を呈する。ボーリング調査によれ
この名がある。皇帝が貴族や外国使節に謁見したり、
ば、最基底部には碍が敷き詰められ、壇の版築の厚さ
、
大宴を催した重要な施設である。建物は、東西約 77m
麟徳殿祉にて
西安市内地図
大明宮・含元殿土II:
大明宮・麟徳殿故
-5-
南北約130mの規模を持ち、前・中・後の三つの部分か
主体とする遺構の確認において多大の有効性を発揮す
ら構成される。長安 2(
7
0
3
)年には、則天武后が日本か
ることは各地の遺跡で証明されている。
らの遺清使粟田朝臣真人を接見したことが知られてい
5. 西安近郊 [
1
1月 6日
(
日)
J
る。現在は、二重の基壇や礎石列などが復元整備され、
半披遺跡
傍らの大明宮遺土!l:保管所には宮域の復元模型などが展
示されている。
は、前日とは一転して博物館見学が中心となる。
午前 8時3
0分に西安賓館を出発する。この日の研修
含元殿は大明宮前面に位置する正殿であり、国政や
0
0
0年前の
半披遺跡、は、西安市の東郊に位置する約6,
軍事に関する重要な政務や儀式が執り行われた建物で
新石器時代に属する仰詔文化期の標識遺跡として日本
ある。東西約76m、南北約42.3m、高さ約13mの広大な
でも夙に知られている。 1
9
5
4
"
'
'
5
7年に発掘調査が行わ
基壇上に、桁行1
1間・梁行 4間(約46.7mx約19.4m)
れた。その結果、遺跡の面積は、 5万m2に及び、深さ
の殿舎が建てられていた。全体の建物配置は、左右対
し上うちんかく
せい
称で、両側には 2条の廓道があり東の競驚閣ミ西の棲
おっか〈
鳳閣に通じている。
基壇中央から正門の丹鳳門にいたるまでには、長さ
ぎょうしようぷんか
5"'-'6mの濠に囲まれた集落内は居住区、製陶区、埋葬
区に分れていることが明らかになっている。住居は円
形の地上式建物と方形の半地下式建物が認められる。
出入口はいずれも南側に開き、中央には炉を備え、壁
約75mわたって 3条の通路からなる龍尾道が築かれて
はスサ入りの粘土で築かれる。出土した陶器には赤地
いる。現在は基墳を残すのみであるが、雄大かつ壮観
に黒で文様を描いたものが多く、簡単な符号を彫り込
な大明宮の正殿を偲ばせるには充分で、ある。未央宮遺
んだものもある。検出遺構のうち、住居4
5
棟・陶器焼
祉は漢の長安城の西南部に営まれた悶城の主要宮殿の
成窯 6基・貯蔵穴2
0
0基・墓2
0
0基余りが半波博物館と
一つである。漢の高祖(在位前2
0
2
"
'
'同1
9
5
) の時に造
して保存展示されている。
営され、新・西晋を経て惰の初頭までの王朝の政治の
(中川正人・回路正幸)
(次号へつづく)
中心として栄えた。前殿の基壇は、東西約200m、南北
約350m、高さ 10m
以上の規模を有している。周辺から
は「長楽未央J
、「長生無極Jと刻された瓦当などが出
土している。
阿房富遺社は、西安市の西方郊外に所在する。秦の
始皇帝は戚楊城に代えて清河の南岸に新たな宮殿の造
営を企図したが、生前に完成したのは阿房宮のみであ
った。二世によって造営は継続されたが、楚の項羽に
よって焼失するにいたった。
周辺では、折しもボーリングによる範囲確認調査が
行われており、夕刻にもかかわらずその実際を見学す
ることができた。細長いスコップに長い木の柄を取り
付けた道具で、時には 20mほどの地下土居のサンプリ
ングが可能である。こうした調査は、とりわけ版築を
半壊遺跡・復元住居
半域遺跡・円形住居復元図
半壊遺跡博物館
-6-