Patent Information News 3/2006 (2006年10月発行)

「ワールドワイド」
ワールドワイド」データベー
スは XML へ
DOCDB (=”
(=”document database”
database”) は EPO
ワールドワイド書誌検索
書誌検索データベース
データベースで
のワールドワイド
書誌検索
データベース
で
調査・
検索を
す。DOCDB は、EPO の調査
・検索
を 支え
るデータベースであり、特許分野では
ワールドワイド・
データベース、
[email protected] ワールドワイド
・データベース
、
および商用
商用データベース
データベースなどが
などが含
OPS および
商用
データベース
などが
含ま
れます。
審査官や
れます
。DOCDB は EPO の審査官
や EPC
加盟国の
特許庁でも
でも同様
同様に
使用されてい
加盟国
の 特許庁
でも
同様
に使用
されてい
ます。
ます
。
見本記録:
見本記録:CH695755A5
この見本記録は 2006 年第 35 週のフォーマ
ット交換より抜粋されました。本文献は短
縮されています。ただし、包装方法など一
部新たな特徴が示されています(3-7 行目)
過去三年間、DOCDB はリレーショナ
ルデータベース・システムへと移行され
てきました。この中では、元々分離され
ていた抄録データベースおよび引用文
献データベースなど、他の多くのデータ
ベース集が一つにまとめられました。
この移行プロセスの最後の段階で
は、データ交換フォーマットが WIPO で規
定された規格に変換されました。EPO
は、タグ・システムには WIPO standard
ST.36 を 、 文字コ ー ド に は UNICODE
UTF-8 を適用しました。
毎週更新の新 DOCDB 作成は、2006
年第 15 週より開始されました。既にユー
ザの意見も寄せられ、考慮されていま
す。2006 年第 39 週末には、完全なバッ
クファイルが作成され、全ての加入者に
無料で配布されます。このバックファイ
ルには、約 6 千万件の文献が含まれ、
容量は 200GB ほどになります。今後の
新規加入者は、限界費用に基づいた価
格2500ユーロでバックログを購入するこ
とができます。
この新「DOCDB XML」データベース
は、前回の DOCDB ST.30 および IFD
ST.30 の一番良い特徴と、古いフォーマ
ットでは実行不可能であった新たな特徴
を組み合わせたものです。
DOCDB XML に含まれるものうち、前
回から引き継いだものは以下です:
■英語抄録(可能な場合のみ)
■様々なフォーマット(オリジナル、音訳、
完全標準化)による出願人名および発明
者名
■オリジナルおよび標準化フォーマットに
よる出願番号および優先権番号
■それぞれの文献の ECLA(欧州特許分
類)
さらに今回は、新しく以下のデータが
含まれます。
2 ページへ続く►
►1 ページから続き
■特許発行 10 当局よりの参考文献
■非特許文献(NPL)引用
■諸言語による名称(可能な場合の
み)
■諸言語による抄録(可能な場合の
み)
■IPC8 に基づく再分類
補正や修正の識別表示用のステイ
タス・インディケータは、これまでサブ
フィールド・レベルで実行されていまし
たが、データベース製造元によるアッ
プデートが簡素化されます。
ベンジャミン・ディズレーリの
名言;「嘘には三種類ある。
ただの嘘、大嘘、そして統計
である」
少々知名度は下がるものの、痛烈度
は変わらないのが、スコットランドの作
家アンドリュー・ラングの風刺です。「統
計を使う者は、酔っ払いが街灯柱を使う
のと同じである。明り(解明と同義)では
なく支えが欲しいだけなのだ」。
[email protected] では統計
が非常に有用であるとしています。例え
ば、現在数字上の動向を監視すること
ができますし、機関内統計パッケージは
膨大なデータを供給しています。我々の
統計により、ヨーロッパでの労働時間帯
に対応する活動のピークも分かります。
平日にピークが 5 回ありますが、週末は
静かなものです。面白いことに、活動が
全くゼロになることはありません。つま
り、真夜中であろうと週末であろうと、常
に何らかのデータ通信が行われている
DOCDB XML の新コンセプトは、でき
る限りユーザ利便性を追求することで
す。
■バックファイルは、データベースを国別
に管理可能な容量で分割する(最大
300MB/サブファイル)ため、指定国のコ
レクションが容易に検索可能です。
■同様に毎週更新が行われ、ファイルは
公開日毎にデータセットに振り分けられ
ます。こうして、EPO が早期入手可能な
国々(EP, DE, FR, GB, AT, CH, NL など)
のデータを、公開日当日に更新すること
が可能となります。
詳細な文書マニュアルについて
は、EPO のウェブサイト、http://
www.european-patent-office.org/inpa
doc/manuals/pdf/st36_user_docume
ntation_vs_1.3.pdf をご覧下さい。
DOCDB は [email protected] の補助デー
タベースです。様々な商用データベ
ース・ホストからもご使用頂けます
(大抵ご存知の INPADOC 名で出て
きます)。以下 EPO のリンク・ページ
にあるリストをご参照下さい。
http://www/european-patent-office.
org/onlinelinks/d/
のです。平日のお昼ごろには、アクセス
数に少し落ち込みが見られます。ヨーロ
ッパ人が昼食に出て行くからです。
システムの安定化に責任を負う我々
のコンピュータ・エンジニアは、こうした
状況を把握できることで助かっていま
す。他にも、例えばCPUと情報処理能力
を設計する際にも使われます。
また、他の統計パッケージにより、
ep.espacenet.com サーバーへの直接的
なアクセスを分割し、どの種のデータが
必要とされているかを分析することがで
きます(ドキュメント・ページ、PDF ダウン
ロード等)。
さらに、各国特許庁に設置されたサー
バーから、ep.espacenet.com へのアクセ
ス量を確認することもできます。
これらは素晴らしいものですが、どの
ように [email protected] が使用されているかを
完全に把握することはできませんし、他
にも多くの疑問点が残っています。例え
ば、ヨーロッパ時間の真夜中に
[email protected] を使用しているのは誰なの
か?どこからの需要なのか?週末に働
いて [email protected] で検索しているのは誰
なのか?各国特許庁のサーバーはど
れ程直接的なビジットがあるのか?これ
らの質問に回答することができれば、
[email protected] カスタマー・サポートをより充
実させ、ユーザのニーズに応えることが
できるでしょう。
そこで、ユーザが [email protected] にアクセ
スする方法と理由を、より深く把握する
ための追加統計ツールを開発すること
にしました。これはユーザの検索対象物
を探るものではなく、また個人を特定す
るものでもありません。もちろんデータ
保護規制が付いています。しかし、この
新しい統計ツールにより、結果として、
[email protected] に対して責任のある我々や
各国特許庁の職員は、個々の認識と教
育キャンペーンの効果を観察することが
で き ま す 。 次 号 以 降 の Patent
Information News では、これらのツール
についてさらなるニュースを提供いたし
ます。
会議は
会議 は 過去の
過去 の 遺物な
遺物 な
のか?
のか?
近年インターネットによっ
て、特許情報専門家達
は、フォーラム、ディスカ
ッション・グループ、質疑
応答、ウェブ会議および
Eメール・グループ等に
参加できるのみに留まらず、ほぼ際限な
く調査を行うことができます。以前には想
像すらできなかった情報交換のレベルと
頻度を目の当たりにし、自然と湧き上がる
疑問とは、「この期に及んで『会議』など必
要なのだろうか」というものです。
国際会議協会(ICCA) によ りま すと 、
ICCA 関連の団体によって開催される定
期的な国際行事(少なくても三ヶ国で持ち
回りの行事等)の数は、2005 年には 5283
件で、上向きとなりました。
医療社会学者 Nikolaus Heim 氏らは、反
対の声をあげていますが、こうした会議
はまだ行われています。Heim 氏は「我々
がデータを通信しているに過ぎないと明
らかになった以上、もはや人が物理的方
法を取る必要はない」と述べています。
専門家が認めるところでは、少なくと
も今日の技術では個人間の連絡を、「電
子的なもの」によって置き換えることは
できません。マイクロソフト社でさえ、自
社のビデオ会議宣伝用ウェブサイトの中
で、ビデオ会議がすべての状況に対応
しているわけではないことを指摘してい
ます。
EPO 特許情報会議を計画する際は、
参加者に会議の内容と構成についての
意見を定期的に伺います。毎回言われ
ることは、「プレゼンテーションの質より
も、例えば、他の特許情報専門家と意見
や情報を交換し、他の観点やネットワー
クを探し求める機会が重要」です。
特許出願審査や付与のみならず、特
許情報の処理や普及においても、各特
許庁は厳密に中立を維持し、公平な扱
いを保証しなければなりません。会議で
は、参加者が最新の開発、プロジェクト、
計画に関する情報を得ることができると
同時に、我々も公平な扱いを責務とする
意思を示す機会を与えられています。
会議においてよく見られるのですが、
一つの論文がディベートに火を付け、会
議後にも非公式な形で討議されます。
Wolfgang Pilch 談
Principal Director Patent Information
古き良きものが最新
きものが最新の
最新のプログラムへ
プログラムへ
EPO 特許情報会議 2006 年 11 月 6~8 日
EPO 特許情報会議に定期的に参加
されている方々はお気付きになると思
いますが、2006 年のプログラムは以前
と比べ、少し変更されています。
最初の開催以来 16 年間、EPO 特許
情報会議は、欧州における最も重要な
特許情報イベントであるとの評価を受
けており、この評価は不動のものとな
っています。参加者がこの会議を好む
のは、会議で何が行われるかはっきり
しているからです。会議に参加する人
は決まっており、エキシビジョンにはす
べての特許情報プロバイダが含まれ、
プログラムはその年の「最新の話題」を
扱っており、ワークショップでは現実的
で実用的なディスカッションの機会を提
供しています。
しかしまた、こうした要素が会議には
不可欠であり維持される一方、我々は
常に新たなアイデアや方法を探索し、
結果、常に各特許庁、専門業者、ユー
ザ間での信頼関係が強化されていま
す。
この経験・意見の交換が機能する
のは、参加者の専門分野がある程度
共通している場合だけです。我々の
分野では、高レベルの専門化が行わ
れています。いくつかをあげると、新
規性情報検索者、侵害情報検索者、
アジア・データベース・システムの専
門家、分類専門家等です。それぞれ
が、独自の専門分野を持ち、同業者と
経験・意見の交換を行っています。弁
理士、クレーム草稿者や出願戦略の
専門家は、それぞれ異なった専門分
野と関心を持っています。
ですから、EPO 特許情報会議は、
非常に狭い、しかし科学的に非常に
重要で急速に成長している分野から
の専門家が定期的に集まる機会とな
っています。
このことを考慮して、多くの読者の
皆様にキプロスでお会いできることを
楽しみにしています。
出席者にとってイベントをより魅力的で
有用なものにしています。
2006 年には、2005 年の出席者による
提案を受け、多くの変化を取り入れまし
た。第一に、ワークショップへの参加が
以前よりさらに厳しく管理されるようにな
りました。2005 年のワークショップは参
加者過多で、有意義なディスカッションを
行うことは困難でした。ディベートと言う
より学習体験をご希望の方に向け、新た
に「個別指導」をプログラムに加えまし
た。これでワークショップ参加者が減り、
深いディスカッションを行い易くなりま
す。EPO 側も、ユーザが求めているもの
をより明確に聴くことができます。
希望するすべてのワークショップに参
加できない出席者のために、代替案とし
て、特別ワークショップ・セッションを用
意しました。ここでは、事前の登録も
必要なく、最も人気のあるワークショップ
と個別指導が再度行われます。
第二に、出展者からの要望に答え、製
品プレゼンテーションはワークショップと
同時刻には行われず、それぞれ時間帯
が割り当てられました。
最後に、プログラムの内容を、現代会
議のニーズに適応したものとしました。
我々は、EPO 特許情報サービスの未来を
思い描き、EPO が重要な役割を演じるこ
ととなる様々な課題を検討していきます。
特許データの機械翻訳の問題が一番の
議題に上がっており、他には対応特許、
事業戦略における特許データベースの使
用、特許出願の不統一などの問題があり
ます。
この新プログラムは、出席者と出展者
の要望に応じて作られました。これに対
する出席者のご意見をお待ちしていま
す。
詳細は以下のサイトをご覧下さい。
www.european-patent-office.org/epidos/c
onf/epopic2006
インターネット・
インターネット・アクセス制御付
アクセス制御付き
制御付き MIMOSA version 5
ESPACE オンライン・データベー
スへの安全なアクセス
無料の MIMOSA クライアントソフト
は、特許庁や特許情報提供会社など
の他のプロ用検索ソフトに劣るもので
はありません。以下、豊富な機能とオ
プションが付いています:
■九ヶ国語のインターフェイス
■近接演算子、前方/後方一致、ワイ
ルドカードの使用、ハイライト、複雑な
クエリの作成など進化した検索機能
■検索、閲覧、印刷用バッチ機能
■詳細設定可能な表示、ダウンロード、
印刷
■他のオンライン・サービスへの事前設
定可能リンク(同じくバッチ・モード)
■様々な媒体と連動可能なインターフェ
イス
■自動アップデート、検索基準に用いる同
義語などの付加機能
■特許文献と他の知的財産情報関連の機
能
最新バージョンの MIMOSA はインター
ネット上のデータベースにも対応していま
す。これは以下の機能を導入することで
可能となりました:
■http や https プロトコルのサポート
■ユーザ確認メカニズム
■通信に適した形でのデータベースの要
求とレスポンス処理
このソフトは、データベースのコンテン
ツやプロバイダに関係なくオンライン上で
機能し、ユーザはワークステーションで多
重アクセス情報を設定し、保存することが
できます。例えば、MIMOSA バッチ検索機
能を使えば、データベース内で自動検索
を行うことが可能となり、その検索結果は
オンライン上で LAN サーバー、ジューク
ボックス内の光ディスク等に保存されま
す。
対応 CD-ROM または DVD-ROM シリ
ーズにお申し込み頂いている方は、以
下の ESPACE データベースをインターネ
ット上で入手できます。このデータベー
スの検索は MIMOSA の:
■ESPACE EP
■ESPACE Bulletin
■ESPACE ACCESS EP-A
■ESPACE ACCESS EP-B
を使用して行われます。
MIMOSA version 5 により、特許情報ユ
ーザは、必要なデータをより速く取得し、
選択した取得方法により柔軟性を持た
せることができます。
MIMOSA と ESPACE についての詳細
は以下の EPO サイトをご覧下さい。
http://mimosa.european-patent-office.or
g
オープン・
オープン・パテント・
パテント・サービス:
サービス:新機能
オープン・パテント・サービス(OPS)は
ウェブサービス・アプリケーションで、ユ
ーザは HTML 形式の [email protected] サービ
スから XML フォーマットでデータを取得
す る こ と が でき ます 。詳細は 以前の
EPIDOS News/Patent Information News
(2003 年 3 月と 2006 年1月)掲載の記事
をご覧頂くか、以下の情報ページをご参
照下さい。
http://ops.espacenet.com
2006 年 9 月まで、OPS 経由で入手可
能であったのは、書誌事項データ(初回
の公開公報レベル)、法的ステイタス・デ
ータ、INPADOC ファミリー・データ(また
は、それらの組み合わせ)のみでした。
それ以来、新しく二つのサービスが加え
られ、以前からのサービスが一つ改良さ
れました。
書誌事項の
書誌事項の改良
現存の「書誌」機能の範囲が広がりま
した。現在、検索した書誌事項情報に含
まれるものは:
■様々な公開レベルに関連する書誌事
項データ(例えば、A2、A3、B1 等の公
開段階が対応データと共に含まれる)。
■EP または WO 文献の引用文献(特許
文献と非特許文献)
■非標準価値、つまり EPO の標準化の
前に各国特許庁によって付けられた番
号(出願番号、優先権番号)、出願人名
と発明者名
■ECLA 分野におけるナノ・テクノロジ
ー・コード(Y01N コード)
FAX画像
FAX画像
FAX画像([email protected] の「原文献」タ
ブを使用して検索されたもの)は、今で
は OPS を通して入手することができま
す。このサービスにより、データベース
内のすべての文献に対し、以下の機能
により二種類の情報が供給されます:
■入手可能な文献に関する情報を提供
する「DocumentInquiry(文献照会)」機
能(様々な公開レベル、再公開公報、
低解像度の図面、切り取りフロントペー
ジ画像)
■文書画像を元々の形式(TIFF 等)ま
たは PDF ファイルとしてダウンロード
する「DocumentRetrieval(文献検索)」
機能
全文文献
今や EP または WO 文献の全文が、
文字コード形式で入手可能です。現在
はまだ EP と WO 公報に限られていま
すが、将来的に他の国々の公報も加
えていきたいと思っています。ここで
は、二つの新たな「機能」が作られま
した。
■所定の特許文献の明細書部分を、
文字コード化方式で全文提供する
「Description(明細書)」機能
■所定の特許文献のクレーム部分を、
文字コード化方式で全文提供する
「Claims(クレーム)」機能
詳細情報は [email protected] までお問
い合わせ下さい。
ニュージーランドの
ニュージーランドのリーガルステイタス
ニュージーランドのリーガルステイタス
は現在 [email protected] と INPADOC リーガルス
テイタス・データベース上で入手可能です。
以下の事項は、ニュージーランド特許庁
のホームページから電子的に読み込まれ
たものです。
PRS コード
PSEA
RENW
AVOD
多くのリーガルステイタス事項は、ニュ
ージーランドの公報から手入力で取り込
まれています。
コード
ASS
S23
事項
特許封印
更新
出願無効
例;
S35A
S35R
S36A
アイスランドのデータ
[email protected] と INPADOC の書誌ファイル
には、今やアイスランドのデータも含まれ
ています。
1924 年から 2006 年 6 月にかけて公開さ
れた約 13,000 件の文献が入手可能です。
文献の中には PCT 優先権のみを含むもの
もありますが、パテント・ファミリーへのリン
クはまだ作られていません。この件に関し
て、さらに改善がありましたらご連絡しま
す。
事項
譲渡
23 条に基づく手続き;
23 条に基づく申請に
より発明の遺贈者が
発明者として記載され
ている。発明者名は
括弧の中にある。
35 条に基づく手続き;
出願
35 条に基づく手続き;
回復
36 条に基づく手続き;
出願
S37A
37 条に基づく手続き;
出願
S37R
37 条に基づく手続き;
回復
S38
38 条に基づく手続き
S39E
39 条に基づく手続き;
ライセンス通知の登
録
S93A
延長
LICA
特許登録時のライセ
ンス通知の登録申請
LENR
特許協力条約;国内
段階申請 PCT48 条
(2)(b)の遅滞移行
LENG
特許協力条約;国内
段階付与 PCT48 条
(2)(b)の遅滞移行
S881
過誤 S88(1)の訂正
S883
過誤 S88(3)の訂正
ERR
正誤表
ERR1
過去の専門誌から再
公知
取り込み方法が違うため、手入力デ
ータの入手は電子入力データより、少
し時間がかかります。
2001 年 6 月 29 日以降のニュージー
ランド特許庁の公報記載の記録が入手
可能です。
アジア対策はできて
いますか?
最新ニュース
最新ニュースは
ニュースは・・・
日本は
日本は、特許審査ハイウェイ
特許審査ハイウェイ(PPH)
ハイウェイ(PPH)の
(PPH)の実
施について、
について、韓国と
韓国と合意しました
合意しました。JPO
しました
および KIPO は PPH を 2007 年末より実
施する予定です。PHH は元々三国間の
プロジェクトでした。最初に出願した特
許庁の検索結果が、他の参加特許当局
に対する第二の出願時に適用され、こ
の二度目の特許出願に際して審査過程
が加速されます。USPTO との間では、
PHH 試行プログラムが 2006 年 7 月から
実施されています。出典:PAJ News
Issue 40
http://www.ncipi.go.jp/english/distri/
exchange/pdf/pajnews40.pdf
JPO の IPDL で、新たに 120 種のテーマ
に対し、英語の
英語の F タームが
タームが使えるように
なりました。
なりました。2006 年に英語対応可能に
なった F ターム・テーマのリストは、対応
IPC の範囲を含んでおり、以下のサイト
で閲覧可能です。
http://www.ncipi.go.jp/english/distri/
exchange/pdf/pajnews40.pdf
JPO の IPDL マニュアルが
マニュアルが英語で
英語でダウン
ロード可能
ロード可能になりました
可能になりました。
になりました。このマニュア
ルには、IPDL のサービス、日本での
IPDL の歩み、IPDL 検索に役立つ情報
が詳細に綴られています。PDF バージ
ョンをダウンロード可能です。
http://www.ncipi.go.jp/english/distri/
ipdl/manual/index.html
工業デザイン
工業デザインの
デザインの日本分類が
日本分類が英語で
英語でダ
「Far East meets West フォーラム」
フォーラム」
2007 年の開催日
次 回 の 「 Far East meets West in
Vienna」フォーラムは、2007 年 4 月 26、
27 日に開催されます。
この東アジア特許情報の年次運営会
合は、参加者の要望により、日程が春に
変更しました。
ウンロード可能
ウンロード可能になりました
可能になりました。
になりました。このPDFバ
ージョンは、JPO ホームページ上の「資
料室」から入手可能です。
www.jpo.go.jp
日本、
日本、 中国、
中国、 韓国、
韓国、 その他
その 他の 国 々 での
PCT 国内段階移行に
国内段階移行 に 関 する 情報は
情報 は 、
WIPO の PatentScope データベース
データベースで
ースで入
手可能になりました
手可能になりました。
になりました。20 カ国以上の国々
が定期的に情報を WIPO に送っていま
す。韓国、中国と日本に関する情報は
1997 年から 2006 年のものを含みます。
詳細は以下ページをご覧下さい。
http://www.wipo.int/pctdb/en/
nationalphase.jsp
ベトナムの
ベトナムの知的財産法が
知的財産法が 2006 年 7 月 1
日に施行されました
施行されました。
されました。ベトナムの規定は
これまで様々な法規に跨るものでした
が、知的財産法として一つに統一されま
した。新法は、産業財産権、著作権、著作
隣接権、植物品種保護権、商標等を対象
としています。規定の詳細は、以下のペ
ージをご覧下さい。
http://www.noip.gov.vn/noip/
cms_en.nsf
韓国では
韓国では、
では、一般に
一般に使用可能な
使用可能な機械翻訳ツ
機械翻訳ツ
ール作成調査
ール作成調査を
作成調査を実施しています
実施しています。
しています。韓国産
業財産権情報サービス(KIPRIS)は、ユー
ザへアンケートを送り、韓国語全文の自
動翻訳のため、KIPRIS に機械翻訳ツー
ル導入することに対する意見を求めてき
ました。アンケートを受け取っていない方
で、適正価格で機械翻訳ツールを使用す
ることに対しご意見のある方は、KIPO
([email protected])にご連絡下さい。KIPO
は 2005 年 11 月に K-PION ネットワークを
通して、韓英翻訳エンジンを立ち上げまし
たが、現在は他特許庁にのみ接続可能
です。K-PION 機械翻訳プロジェクトに
本フォーラムの連絡をEメールで受
け取りたい方は、お名前とEメール・ア
ドレスをフォーラムのサイト(http://
www.european-patent-office.org/epido
s/conf/jpinfo/)でご登録下さい。また
は、EPO の東アジア特許情報チーム
にご連絡下さい([email protected])。
今年のフォーラムは秋に開催され、
「アジア対策-日本、中国、韓国の特
許情報」と題した特別研修が大人気を
博しました。開催日は 2006 年9 月21、
ついての詳細情報は、以下のページをご
覧下さい。
http://kipo.go.kr/kpo/eng/about_kipo/
kpion.jsp
シンガポールでは
シンガポールでは、
では、2006 年 8 月に特許規
則の改正が
改正が行われ、
われ、2007 年には特許法
には特許法
および規則
および規則に
規則に対し、さらなる修正
さらなる修正が
修正が行わ
れる見通
れる見通しです
見通しです。
しです。詳細は以下のページを
ご覧下さい。
http://www.ipos.gov.sg/main/index.html
中国は
中国は特許法改正案を
特許法改正案を公表しました
公表しました。
しました。改
正案は出願や審査過程、特許保護等の領
域における修正を記述しており、現在は
中国語でのみ公表されています。中国特
許法の第三期改正について、英語による
情 報 は 以 下 の ペ ー ジ の 「 Official
Communications」と「Special Topic」で閲覧
可能です。
http://www.sipo.gov.cn/sipo_English/
韓国特許および
韓国特許および実用新案法
および実用新案法の
実用新案法の第二改正
案は 2006 年 10 月に施行されました
施行されました。
されました。今年
10 月に施行される韓国の新法には、二重
出願システムの廃止、変更システムの導
入、実用新案の実体審査、PCT 出願の国
内段階移行に関する変更等の改正がなさ
れています。さらに、付与後異議に代わっ
て、無効審判手続が取り入れられる等の
重要な改正が 2007 年7 月に予定されてい
ます。詳細情報は KIPO のホームページ
でご覧頂けます。
http://www.kipo.go.kr/kpo/eng/ip_sys/
ipsystem1.jsp?catmenu=m04_01_01
22 日でした。本研修は、無料データベ
ースとリーガルステイタス情報の検索
に特に焦点が当てられた実践的なもの
となり、50 人の参加者は東アジアの特
許情報調査についてより深い知識と技
能を得ることができました。EPO は、本
フォーラムの際、ウィーンに専門の指
導者を送り、ご支援頂いた日本特許情
報機構(JAPIO)と韓国特許情報機関
(KIPI)に感謝しております。
パテント・
パテント・マップは
マップは、企
業 の 意思決定を
意思決定 を 助 け
るものか?
るものか?
特許文献からの情報、そして特許文
献についての情報は、研究戦略、ビジ
ネスチャンスの可能性やライセンス・パ
トーナーの調査など、様々な領域でま
すます便利になりつつあります。無数
の特許文献を探し回ることなく、こうし
た情報を確実に手に入れるためには、
パテントマップを利用すると良いでしょ
う。
パテントマップの一部として、特許文
献に適用される統計分析とテキストマ
イニング法の結果は、企業の意思決定
者にとって、かけがえのない情報を提
供してくれます。
パテント・
パテント・マップ
パテント・マップによって、特許文献
からの情報、そして特許文献について
の情報がビジュアル化されます。書誌
データの利用により、どの技術分野で
特定の出願人が多いか、彼らの出願
パターンと IP ポートフォリオが時と共に
どのように変化しているかなどがわか
ります。さらにどの国がどの分野で突
出しているかわかります(図 1 参照)。
るために使われます。出願数と出願人
数を比較すると、研究活動が集中して
いるか、分散しているかがわかるよう
になります。EPO の例(図1)では、出
願数の大きな変化(図 2)を除けば、こ
の関係性はほぼ一定です。発明の経
済的な重要性は、出願の国際化(PCT
または EPO、USPTO および JPO)、そ
して引用例と被引用例の分析によって
明らかになっています。しかし、個々の
特許を評価するためには、常に専門家
の助言を受ける方が良いでしょう。
例えば、IPC、ECLA、Fタームなどの
技術分類は、統計分析になくてはなら
ないものです。IPC クラスが幅広い技
術分野に跨るナノテクノロジー関連の
調査を促進するために、EPO は、ECLA
にいわゆる Y01N タグを導入しました。
限界
コンピュータを使った統計特許分析
には限界があります。特許文献(本文
と請求項)や他の文献の文章が定型化
されていない場合です。テキストマイニ
ング・ソフトのクラスタリング機能も、
図2
図 1:出願人国および発明者国を元に
した、EP 出願の配分(優先権出願
2002 年、IPC クラス H01S5〔半導体レ
ーザ〕)
発明者の国についての情報により、発
明の源がより明らかになります。発明
は、必ずしも出願人の国からもたらされ
るわけではないからです。
特許統計と
特許統計とトレンド
特許統計はまた、特殊な技術の成長
度を確認するためや、技術トレンドを知
別々の文献に類似の内容が載ってい
る可能性を示すだけです。このソフトは
自動的に適切なサブジェクト領域を認
識し、文献をその領域ごとに振り分け
ます。その結果はグラフ上に示され、ピ
ークは文献数の多さ、谷は少なさを表
しています。
これらの方法を実践する際には、多
くの制限が設けられています。どういっ
た処理が行われているか人には見え
ないため、「ブラック・ボックス」という用
語が使われてきました。また、視覚的
な表示も、実際よりも正確である印象を
与えています。このソフトで、三つの文
献における相違を表すことができ、こ
の相違は相当する辺からなる三角形で
示されます。ここに第 4 番目の文献が
入れた場合、通常この文献は他の三文
献のうち二つの文献に対してのみ、正
しく相違が現れる位置に置かれてしま
います。ですから文献数が増えるにつ
れ、正確度も低くなってしまいます。
入手した情報の質をチェックするた
めには、ランダムなサンプルをよく観察
し、それらを書誌データの統計分析す
るとよいでしょう。
要約
パテント・マップは複雑な特許情報を
表す便利な手段である。ここでテキス
ト・マイニングと書誌データの統計分析
を使用し、定型化されていないデータも
入手可能とします。結果として得られた
情報を、市場情報や鑑定書など他のソ
ースと比較することにより、信頼性の高
い経営上の意思決定への磐石な礎を
築くことができます。
パテント・マップに関する詳細情報
は 、 Jahannes Schaaf([email protected])
までお問い合わせ下さい。
お近くのユーザ
くのユーザ・
ユーザ・グループ
をお探
をお探しなら
長年にわたって、オランダの WON
group とイギリスの Trade Mark Group
は、それぞれの国で主要な特許情報
の窓口となっていました。近年では、イ
タリア、フランス、デンマークなど他の
国でもユーザ・グループが形成されて
きています。
ヨーロッパ内の国内特許情報ユー
ザ・グループをお探しの場合は、以下
EPO のリンク・ページをご覧下さい。
www.european-patent-office.org/onlinel
inks/h
MIMOSA 開発ソフト
開発ソフト
version 5.1
EPO のウィーン支局は、MIMOSA 開
発ソフトの新バージョンを発行した。
ハードウェア・プラットフォームの拡大
と持ち運び易さの向上に対するユー
ザの大きな要望に答え、この新バー
ジョンには、Microsoft Windows、Sun
Solaris、Linux の OS のインストール・
プログラムが含まれています。
また、CD や DVD 媒体、または公開
サーバーやインターネット上のオンライ
ン・サービスで公報を公開する
ESPACE データベースの製作に必要な
ツールも含まれています。
詳細情報は以下からご覧下さい。
http://mimosa.european-patent-office.o
rg または [email protected] までお問い合わ
せ下さい。
まとめ払
まとめ払いツール始動
ツール始動
Online Multipay Tool の導入により、
EPO 口座保有者は、より簡単にまと
め払いができるようになります。
欧州特許庁のオンライン支払いサ
ービスは、便利で使い勝手が良く、
EPO 口座保有者は、オンラインでそ
れぞれの口座を見たり、支払いをした
りすることができます。2002 年12 月に
導入されたこのサービスにより、ユー
ザに毎回お支払い頂くことも、まとめ
てお支払い頂くことも可能になってい
ます。
Marlies Raab (administrative assistant)
Olaf Heine (patent administrator) and
Brigitte Scholz (epoline key account
manager).
ユーザのまとめ払い用の XML ファ
イル作成を簡素化するために、EPO は
「Online Multipay Tool」という新しいソフ
トを開発しました。
この新ツールの公式な立ち上げは
2006 年 6 月 26 日です。ドイツはデュッ
セルドルフで、化学、機械、物理専門の
大 規 模 な 特 許 ・ 商 標 事 務 所 、 Gille,
Hrabal, Struck, Neidlein, Prop & Roos の
Olaf Heine 氏によって立ち上げられまし
た。EPO の Brigitte Scholz と Arie Van
Bart の助力を得て、Heine 氏はまとめ
払い用 XML ファイルを作成し、epoline
を通してオンライン支払いサービスへ
提出しました。
Heine 氏のおかげを持ち まし て、
Online Multipay Tool は順調に滑り出し
ました。オンライン Epoline チームは心
より感謝致します!