StudyonMain 耳aUsofSod るZenSectinT 司王aiDistrict inEdoPeriod

2
2
3
東海地方における近世曹洞宗本堂の研究(そ のり
龍 渓 院 本 堂
杉
野
永
StudyonMain耳 aUso
fSod
るZ
enS
e
c
ti
nT司王a
iD
i
s
t
r
i
c
t
i
nEdoPeriod(
P
a
r
t1
)
.A Main誼 a
l
lo
fRy
副
主e
i
i
nTemple
NoboruSUGINO
Thisp
a
p
e
ri
st
h
ef
i
r
s
to
fas
e
r
i
e
so
fs
t
u
d
i
e
sont
h
emainh
a
l
l
so
fSδdδZens
e
c
tt
巴m
plesi
nEdo
p
e
r
i
o
d,whichs
u
b
s
i
s
ti
oTukaid
i
s
t
r
i
c
t
F
i
r
s
t,i
nt
h
i
st
h
e
s
i
s1tookupRy
百k
e
i
i
nTemplei
nOkazakiC
i
t
y
.Thistemplen
o
to
n
l
yhasa
h
i
s
t
o
r
i
cbackground,b
u
ta
l
s
oh
o
l
dah
i
g
hrankamongt
e
m
p
l
e
so
fSudδZens
巴c
ti
nt
h
i
sd
i
s
t
r
i
c
t,and
moreoveri
t
'
smainh
a
l
li
st
h
eo
l
d
e
s
toneamongZens
巴c
tmainh
a
l
li
nt
h
i
sd
i
s
t
r
i
ct
.
T
h
e
r
e
f
o
r巴 i
ti
sn
e
c
e
s
s
a
r
yt
or
e
s
t
o
r
et
oi
t
'so
r
i
g
i
n
a
ls
t
a
t
es
oa
st
ou
n
d
e
r
s
t
a
n
di
t
'
sc
h
a
r
a
c
t
e
r
i
s
t
i
c
o
ft
h
emainh
a
l
lo
fSudoZens
e
c
ti
ne
a
r
l
yEdop
e
r
i
o
d
.So1haves
t
u
d
i
e
dt
or
e
s
t
o
r
ei
tt
oi
t
'so
r
i
g
i
n
a
l
s
t
a
t
ebyf
i
n
d
i
n
gt
r
a
c
e
so
ft
h
er
e
p
a
i
r
i
n
gworksdonea
f
t
e
ri
twasf
i
r
s
tb
u
i
l
t
.S
t
a
n
d
i
n
gont
h
i
so
r
i
g
i
n
a
l
s
t
a
t
巴
, 1d
i
s
c
u
s
s
e
dons
i
g
n
i
f
i
c
a
n
c
ei
nt
h
emainh
a
l
lo
fSuduZens
e
c
ti
ne
a
r
l
yEdop
e
r
i
o
d
1.序論
中世前半の主要な禅宗伽藍の文献に基く研究について
はすでに太田博太郎博士の著書
1
註ー 1)があり,中世
の禅宗仏殿に関しては関口欣也博士の詳細な研究〔註-
2
) が行なわれている。中世末から近世初頭にわたる残
存臨済宗寺院の塔頭方丈その他については,文化財修理
報告書もかなり刊行されてその概要も知り得る。(註 - 3)
しかし,中世に遺構の求められない嘗洞宗のものにつ
庫裡
いては,論文の発表も殆どなく,横山秀哉博士が,禅宗
建築の研究(註
4) の 中 で 主 と し て , 曹 洞 宗 伽 藍 建
築を取り上げ,近世の曹洞宗寺院の伽藍配置について
論究され,更に禅宗伽藍殿堂の研究におし、て,禅宗寺院の
機能上から仏殴,方丈,
i
曽堂,衆寮,庫裡その他の堂宇
について論じられ,近世のものについても言及されてい
る
。
横山博士は,これらの論文の中で曹洞宗寺院では,法
堂も方丈形式をとり,大伽藍を別にすれば仏殿をも省略
して,すべて方丈を以ってこれにあてるのが一般化し,
図 1 龍渓院伽藍配置図
これを本堂と称するに至っていることを指摘されている。
また,この傾向は曹洞宗に止まらず臨済宗においても一
丈形式を思守する傾向が認められるのに対し,曹洞宗本
般化する o
堂では間取りには大きな変化は無いが,江戸時代に入る
本稿で取り扱おうとするのは,こうした形式の本堂で
と主として内陣(仏間〉とその前室である大間(臨済宗
あるが,一般に臨済宗の本堂はかなり保守的で,長く方
では室中と呼び,曹洞宗では上奥の住持の問を室中と呼
4
2
2
杉野
丞
んでいる。〕が時代の下降と共に次第に仏堂的に扱われ,
堂内に円柱,虹梁,台輪,斗供等を用いて荘厳にされ,
仏壇が前に出て背後に来迎壁が設けられ,後門より出入
し,その両脇に脇仏壇を配する形式が採用され,後方に
閉山堂を付するなどする。更に大縁(広縁)等にも虹梁,
斗供を用いるものも生じて,江戸時代後期には大きく発
展した姿をみせる。
それ故に,本論文ではこれらの発展経過を追求するた
め,東海地方の近世の遺構を出来得る限り求めて江戸時
写真 1 総
代における発展の傾向をあとづけようとするものである。
今回本稿では,江戸時代初期の古い遺構,岡崎市龍渓院
門
本堂を取り上げ,曹洞宗寺院の本堂としてその特色を明
らかにし,その歴史的位置づけを試みることとする。
. 龍渓院
2
2-1 沿革と伽藍
) この地の豪族土井九郎左
4
4
4
1
この寺は,文安元年 (
衛門を開基として創立されたが,天文年中に火災に遭い,
) 城主松平三郎により再興されたと云う。
0
5
5
1
9年 (
同1
) (註ては,万治 4年(1661
る建物につい
しかし現存す
5) に書かれた過去帳によると,
写真 2 山
門
門苓派克補元孫特翁之法調入院寛
播州明石
永十二年乙亥八朔再住宅大庫裡造
全久天外舜
営
参州渥美神円村 春闘派天巷之孫越山之法爾入院承
停 法 了 与 紹 居室元壬辰八朔翌年総門一宇造営
門蕃派克補之孫鉄J心之法爾入院承
厨庫葺
態二突己八朔翌年山門建立J
替
春両大通之孫入院承際三l甲午八朔
上州厩橋
翌年以六派観化客殿造営奉行深岸
龍海側碧宅
和尚雪渓和尚
濃州厚見郡加納
全久南針頓
とあり,庫裡は寛永12
),総門は承慮
5
3
6
1
年 (
写真 3 禅
),山門は承
3
5
6
1
2年 (
主
主~
慮 3年(1654),そして
本堂(客殿)が明暦元
) にあいつい
5
5
6
1
年 (
で建立された乙とが分
)
9
6
6
1
る。また寛文 9年 (
L僧堂上葺の記録があ
I
り,それも庫裡と前後
して建てられていた乙
とが察せられるし,衆
寮については,元禄 2
年(1689)に柱根継を行
写真 5 衆
寮
写真 4 禅堂内部仏壇
なった等のことが書か
5
2
2
東海地方における近世曹洞宗本堂の研究〔その 1)
ており,やはりかなり早く
から存在したととが考えら
れる。また廊下についても
) 以後上葺
3
7
6
1
年 (
3
寛文1
等の記事が見られるように,
早くからの存在が知られる。
現在の禅堂は棟札による
) に建
8
9
7
1
年 (
0
と,寛政1
てかえられ,乙の北隣りに
建つ衆寮も絵様の様式から
われる。庫裡については過
年の記録が残
2
去帳に寛永1
e旧大給公
るが,明治 9年 l
‘
国
の御殿の一部を移している。
D855ト。刊さト凶Ntog--ONE-
同じ頃再建されたものと思
ζ れら各建物による伽藍
配置は,本堂か敷地南端に
矧d
副
方に禅堂,その北隣りに衆
同
寮を配し,本堂西脇前方に
主主字の北端前方に伽藍を閉
じるように山門が建ち,各
建物は回廊によって一巡さ
れる。また,総門は地形の
iORaN-og--EJ
庫裡を霞く。さらにこれら
よ同国﹂﹂
北面して建ち,乙の東脇前
寸
関係から参道を山門から北
東に折れたその前方に置か
れる。
P生竺竺竺!
0
5
1
.
.
2
060
1,
1
0
0
7
1,
1
ー主一一二:竺!土竺 l2.L3~_ Ll加 1I 醐 11 , 8501
855
23,
図 2 龍渓院本堂現状平面図
総門は
), 山門は
1閲 1戸の薬医門( 写真 1
1戸,入母屋銅板葺(元柿葺)の禅宗様楼門で,
3間
七下層
)。禅堂は寄棟造瓦葺(元
共出三ッ斗々供を具える(写真 2
芽葺),実長 5間 X4間の堂で, 柱聞を間口 3間,奥行
である本堂の説明に入る。
2-2 本堂の構造概要と復原考察
,
)
2間半),梁間 8間(実長 8間
1間(実長 1
本堂は桁行 1
3聞に取り,背面 1開通りに下震を出す。前面 1間通り
0
寄棟造桟瓦葺の堂である(図 2) (写真 6)
乙1開
eは左右両脇 l
は回廊の通路を兼ねた吹抜とし,堂内 l
通りの座禅台を通し,中央を土間とし,その中央後方に
柱を除き総面取角柱とし,堂外側柱は正面中央聞及び前面
広縁両側以外ほぼ l間ごとに配され,正面柱下に土台を入
来迎柱を立てて仏壇を置く〔写真 3, 4lo衆寮も, 5間×
4聞を柱間関口 3間,奥行 3間とした切妻造桟瓦葺の平
れ,各柱上に舟肘木をおき,軒一軒疎霊木,木舞打ちと
する。堂内は,前面 1開通りを土間とし,この奥 1間半
入りの堂である。禅堂同様に前面 1開通りを吹抜の通路
とし,正面中央柱聞を入口とし,内法を中央で一段高く
して虹梁を通し,両脇では楯を通す。正面より 1間奥の
2段の踏台により寮内に入る。寮
柱列が寮入口となり
柱は,来迎
通りを大縁とする(写真7lo また側背三面 では一部
を除き濡縁をまわす。現在土間,大縁の西端の 1間半部
分は室として間仕切りする。この増築部分を除いた大縁
の奥に前後 2列の 8室を取り,前後列奥行を各 3聞とす
内は間口を中央 2問,両脇 1間半とし,奥行各 3聞の室
0 これら禅
を横に並べ,いずれも畳敷とする(写真 5)
る。前列の大聞は東側面より 4間目からとり,間口 3間
〔実長 4間)とする。この西,東両脇の各間口 2間(実
堂,衆寮はともに比較的に簡素な建物である。以下主題
長 2間半
2間〕を上・下の聞とし,下の関東側に巾 1
6
2
2
杉野
丞
聞の広縁をとり,上の関西側で間口 3間半の次の間をと
り,この西側に巾 1間の廊下が付く。後列の室では,大
間奥を内障としその中央後方に円柱の来迎柱を立て
),後方両脇に祖師壇,土地壇を奥行半間の下屋と
(写真 8
して背面に出し,ここに達麿大師像と大権大師像を柁る。
来迎柱後方は,開放としこの奥に位牌堂さらに後方に
3改築),を設ける。
3
7
年1
8
開山堂〔享保 1
間口
下の間後方には
2間奥行 1聞の室と,この東隣りに東側面の広縁を
間仕切った小室を造る。このため下奥の聞はこの後方に
奥行を 2間 p 関口を 3聞にとる。この室背面では内陣寄
りから間口各 l問ごとに仏壇,床,濡縁を下屋として出
写真 6 本
堂
J7尺
l
す。上の間後方の上奥の隠は,室背面で内陣寄りに r
5寸の書院を出オヒ次の間の後方は,上奥の間に接し間
口を 2聞に狭めた次奥の聞を設け, この室背面には上奥
の間寄りに間口 l間,奥行半間強の床を付し〔写真
),
1
1
[email protected]西側
面には,半開通りの押入れが付き,その西隣りに関口 2
間程の物置が設けられるが, これらの仕事はし、すれれも後
補である。
以上が現状の本堂平面構成であるが,
これは前後 2列
8室の間を配するものの,基本的には整形 6室型の禅宗
方丈形式を基本とし,これに次,次実の間を付加した形式
である。この結果,一般方丈建築が平面で左右対称を保
ったのに対し,
写真 7 土間園大縁
ここではそれが崩れる。また堂内前面に
土問を取り込む形式は,曹洞宗本堂にのみ見られる特色
で,後に詳記するように伽藍配置から来る機能に結びっ
くものである。
本堂正面では,東端とこれより 5問自の大間正面と改
造部分を除いた西端より 3問自を土間への入口とする O
前者の戸口を堂正面入口とし,内法貫を通し,楢,方立
を構え,縮,土台
に藁座を打って双
折桟唐戸を吊り,
扉内側では腰高障
写真 B 内陣来迎柱上部
子両引きとし,
摺,上部貫聞では
障子様め殺しとす
0
)
0
る(写真1
こ
の他戸口では敷鴨
居間に東端で横舞
良戸 2,西端より 3
問自で腰高障子 2
を入れ,戸口とす
る。また,戸口以
外の正面柱間では
腰,飛貫位置に長
0 本堂正面入口扉
写真 1
写真 9 土問東端付近天井
東海地方における近世曹洞宗本堂の研究(その 1)
押を通し,腰長押下を縦板張り,その上に障子引違いを
入れて窓とし,雨仕舞いは両脇に戸袋を付し,雨戸を長
押間に通す。内法上は小墜とするが 3 乙れは堂周囲にも廻
り,東側面の小壁でのみ飾り貫(飛貫〉をみせ,正面入
口飛貫上で束を立てる。東側面は,前端の間を土問への
入口とし,この他で敷鴨居,縁,内法長押を通し,前端
より
2問自で板戸 2を入れ. 6間目を真壁とする他は建
. 障子 1の 戸 締 約 を 入 札 戸 締 り す
具 2枚(元は板戸 2
るO
また堂背面は,開山堂への通路部分を除きすべて漆喰
写真 1
1 次奥の閥背面の床
壁とする。
堂内は,土間,大縁境で大間両端柱(正面入側列〕と,
これより東に 2間,西に 4間隔てて(これらは本来の堂正
面入側両端の位置),他より太い角柱を立て,桁を支える。
天井はこの桁を境 l
乙大縁で樟縁天井,土問では化粧軒裏
木舞打ちとし,これは大縁天井を囲むように両側面入側
K延びる(写真 9)
0土間境柱の大間両端通りの柱からは,
こ繋虹梁(水繰りのみつく〕を渡す。
外側柱長押上 l
現在土問西端部分は改造が多く, この室では大縁高さ
に揃えて床を張り,
7畳半の室とするが(写真1
2
), こ
れらは後の改造である O この室の東側面土問境の柱上〔正
面入側西端柱上〕からは隅木が出ており,これより 1間西
写真 1
2 土間西端後補の室
の通りを本堂西側面としたことが分る。またこの室東北隅
の側柱の東隣りの柱問は,現在庫裡への通路とするが,
この柱聞には土台から 6尺程の高さに差し鴨居 (3本溝〕
の取付痕跡が残り,元は土間への入口で建具 3枚を入れ
ていた。さらに東隣りの柱聞は,現在土問への入口とす
るが,堂正面の一般柱間同様の中敷居が通った痕跡が残
り,元は他柱間と同じ窓であったことが分る。
また,この西端の室北側の西端より半間目の柱が,旧
本堂の正面西端隅柱となるが,この柱には室内方向の柱
面に差し鴨居の仕口が残り,元は西側面前端の柱間を土
問への入口としたことが分る。また堂正面西端柱聞は,東
端柱間とは非対称に,現在伺様に以前より真壁であった。
写真 1
3 内陣正面見返り
大縁の西端は,復原するとさらに 1間西に延びるが,
この大縁旧西側面では,旧大縁の南端に当たる柱に壁貫
の痕跡が残り,大縁の妻は真壁であったことが分る(図
3
l
o
大縁後方の室部分は,大間正面中央柱間と内陣正面を
除きすべて敷鴨居,内法長押を通して間仕切りされるが,
大縁と各室境の敷鴨居は 3本溝となっていて,元来ここ
で板戸 2,樟子 lの戸締りをしていたことが明らかであ
る。床は内陣を除乞各室畳敷きとし,天井もすべて樟
縁天井を張る。〔但し,次奥の関西側の物置の
部にはっ
し天井の一部を残す。〕大間正面では,中央柱間を広くと
写真1
4 内障正面脇柱間虹梁
2
2
7
杉野
8
2
2
主
三
り,内法 長押を通 さず敷鴨 居を通し その内法 上に吹寄
こ万立ョ楯と,
こ栂が渡るが,柱脇 l
菱格子繍 聞を入れ 上部 l
l高い双折
これに藁 座の取付 いた釘穴 が残札元 はこ乙 ζ
内法
側では
。大間両
桟唐戸を吊っていたととが知られる
9
こ吹寄菱格子欄聞を入れ
乙釣束を入れ,この間 l
上 3分点 l
。さらにこの大間と上・下の間では蟻壁長押
)
5
る(写真 1
を廻わし,蟻壁を通す,この他の室の境内法上はすべて小
皇室とし,天井長押上に樟縁天井を張る。大縁,上・下の
問背面
7
こ飛貫をゐせる。
次の間両 側背面で は小壁 l
内陣正面中央柱間は,内法を高くし,両端を挿し肘木
で支えた虹梁(渦,若葉,欠眉,袖切付〉を渡し, この
) を渡し,い
4
乙同様の 虹梁(写 真1
岡脇間でも内法高 l
ずれも虹梁上に吹寄菱格子欄聞を入れ,内法下を開放と
0 この大間,内陣正面の扱いについて,
)
3
す る ( 写 真1
まず大間正面の内法を高くして双折桟唐戸を吊る方式は,
古風な万丈に用いられた形式で,乙こでも古式を守ったが,
内陣正面の扱いは,中世以来の臨済寺院の方丈にみる柱
聞に内法長押を通し,襖で間仕切り,内法上に主主欄間を
入れるといった形式は留めていない。一方江戸時代の曹
洞宗本堂となると,同じ明暦元年の建立で当寺より規模
も大きく格式も高い高岡の瑞龍寺法堂では,ここに綜付
丸住を用い,柱上に頭貫 台輸を通し,両端角柱上にも平
三ッ斗実肘木付を載せ,内法に中央で高く虹梁,両脇に
9
横を入れ,この上に彫刻欄聞をはめ,これら内法下を開
0 これに比して,龍渓院の場合は柱
放としている(図 6)
聞に虹梁を入れ,下を開放とする共通点をもつものの,
末だ角柱を用い,柱上に斗供を用いない点て、は仏堂化へ
の発展は進んで L、ないと言える。何れにしてもこの部分
と内陣内部の取扱いは,曹洞宗本堂では臨済宗本堂と異
l
なって,早くから仏堂化の傾向を持つ。
間後方 IC太い綜付丸柱を立てて来
内陣では,前より約2
迎柱とし,柱間を来迎壁とし,前に唐様須弥主主を置く。柱
),台輪(隅留)を通し,柱
6
上では頭震(端木鼻)(写真 8,1
備に斗供 2組を置く。
載せ,中
挙鼻付を
出組斗供
上に唐様
さらに来迎柱上から後方の脇仏壇背面の内方柱間に渡る
大虹梁に頭貫,台輸を延し,この上部中備にも来迎柱上同
様の斗供 1組を置く
0 また内陣西側面は,前よ
)
7
(写真 1
り1問自を板戸引違い,
前より l間目を開放,
2,3間目を板壁とし,東側面は
2間目を板壁,
違
3問目を板戸ヲ l
3関目で、は柱に片壁が
いとするが,復原すると 1問自
取り付いた痕跡が残り,何れも元は片引戸を入れていた。
また内陣背面は開山堂への通路とし,ここで後門形式を
年に再建された
8
とる。この後万の現存の関山堂は 享保 1
在していた
前から存
ことが記録に残っているが,これ以
p
らしいので,恐らく当初から関山堂を設けることを予想
し このように建てられたものと考えられる。
9
5 大聞東側 面
写真 1
何れにしても,この内陣内部の扱いは,来迎柱が当初
から存在しラこのような後門形式を構えたようで,瑞龍
寺法堂で 来迎柱を 用いず唐 様の一直 線仏壇を 用いてい
るのに比較すれば,はるかに進歩した手法を取っている。
しかし,後世に現われる曹洞宗本堂では,ほぼ総てがこ
のように来迎柱を立てる後門形式を用いるのであるが,
当地方で現在知られている限りでは,これがこの種の扱
いとした最古の例となろう。これと共に内陣後方両脇に
祖師壇,土地壇を構えるが,こうしたものも保守的な臨
済宗ではもとより,瑞龍院法堂でも設けていない。これ
ら両壇は瑞龍寺にみられるように本来仏殿内部に杷られ
たものであり,龍渓院において本堂内障に悶られたこと
は,曹洞宗本堂の成立,発展を知る上で注目でき今後十
分に検討する必要があろう。
また下の間後方の 2室については,内障寄りの室にお
乙板戸 4枚を入れているが
いては正面を開放とし,背面 l
),背面両脇柱に仏壇桓の取付痕跡が残り,また乙
8
(写真1
の室の前半間部分で天井を低く張っていることから,元
乙仏壇が通っていたと考えられる。しかし,
は室後万 l
ける例は曹洞宗本堂として元禄頃の建
な室を設
このよう
立とされる岡崎市蓮華寺本堂(註
) でこのような室
6
割をした痕跡が認められてし、る以外では例が知られてお
らず,当初から存在したか疑問も残る点を記しておく。
下奥の間背面の半聞の下屋部分は,材も新しく,仏壇
部分上部に後世の虹梁が渡る。これらを復原すると,背
面両脇柱間と東側面後端の聞に片壁の取付痕跡が残り,
障
乙板戸 1,
ドの溝も残る乙とからョ元はこ乙 l
こは 22
敷鴨居 l
子 1が入り,これに片壁が付いて戸締りし p背面中央簡は
壁であったことが柱に残る痕跡より分る。上奥の関は,背
面に付く書院の両脇柱外側に風蝕が残り,元は書院は無
く,建具 2枚が入っていた。またこの室の西側後端より
1, 2問自は真壁とされるが,鴨居には 2本溝が残り,
東海地方における近世曹洞宗本堂の研究(その 1)
L、ずれも建具 2枚が入るこ
は,西側面の北端より半間
東側の柱から梁行に大梁が
かけられ,梁上 3分点では
束を立てて舟肘木を用いて
天井廻縁を支える(写真 1
9
.
2
0
)
。乙のため室の西側外
半開通りは,天井に車T
裏を
みせている。
これからすると p 元は舟肘
木下の束が下!このびてこの
大梁下各 l間毎 l
こ住が立ち
間に建具を装置し,堂の側
面となっていたと考えられ
る。次奥の聞は,現在 1
2畳
開山堂
r
陪
沼
市比
一
一
∞
Idi--g
とが分る。前方の次の間で
2
2
9
間l
こ作られているが,この
室の北側節柱列 と東側前面
端 1間目の柱上 l
こ現在の犬
井より 5寸程低い天井が 張
図3
られた仕口が残り,また東
側面で前端を除し、た各柱上
と南側面東端より 1聞の控上にも現天井より 2尺程低い
室の扱いを見る点は注目を要し,今後このような例の遺
位置に天井の取付痕跡が残る。さらに乙の室南側面の西
構の調査を待ち検討する必要がある。
端柱上には,一層低い天井が取りつけられた仕口が残る。
の物置の東側 I尺 5寸巾 l
こ残るっし天井の高さと一致し,
これら天井高の違し、からこ乙を復原すると,元は次llIl¥の
3
.
結
この仕口高は,現在乙の室西側 l
乙付く押入とその西隣り
び
以上,龍渓院本堂の復原を通じ,本堂各部について,
間前面(次の間境) I
乙巾 1間の中廊下が通り,その奥東
その特色のいくつかを明らかに出来たと思われる。この
側l
乙(上奥の聞と共用したと考えられる 0
) 1間巾の押入
本堂は,曹洞宗本堂として,前に 1間巾の土聞を取り,前
れが付き,これらに閉まれた 2間四方がつし天井の 8畳間
後 2列 8室型の平面をもつが,従来の禅宗方丈にみられ
が旧次奥の聞とされたことが分る。こ
のために次奥の間南面に付いた床は消
失し,床正面は ,正面両脇柱外 側 l
乙残
る風蝕からも,旧押入の側面として元
は壁となる乙とが分る。
また復原された旧本堂西側面の次・
次奥の鴎外側には東側面同様に濡縁が
通札堂背面にも廻札内陣の下屋側
面まで延びていたと考えられる。
以上復原を試みた乙の本堂の室構成
は,単ζ
l平面的に左右非対称を示すの
みでなく,下・下奥の問境の 2室,次
・次奥の間境ζ
l生じた中廊下といった,
後世の曹洞宗本堂の中にも例をみない
写真 1
6 来迎柱頭震端木鼻
写真 1
7 来迎壁背面上部付近
0
3
2
杉野
丞
図 6 瑞龍寺前面土間上部虹梁
図 7 瑞龍寺内障正額
た前後 2列 6室整形,或いは近世の例に見られる前後 2
列 8室整形のものと比べ,室構成が変わっていることに
気づく。しかし,堂全体としては柱間装置,天井等につい
て禅宗万丈にみられる古式な邸宅風な手法をよく留め
ている。
また龍渓院は,本堂建立当時すでに伽藍配置を整えて
いたようで,前方左右には一方で僧堂と衆寮,他方に庫
裡を配し,それらを連ねる回廊は本堂内土問に接続され,
堂内土問がその聞を結ぶ通路の一部とされたことが認め
られ,曹洞宗本堂を考える上で本堂と密接な関連を持つ
諸堂宇がどのように関わったかを知る上で重要な資料の
8 下の問奥の室
写真 1
1つであると考えられる。
本堂内部については,特に内陣正面の扱いが従来の方
丈の仏間正面の扱いと異なり,内法に虹梁を渡し,下を
開放とする変化を見せた。この内陣正面の変化は,後世
の遺構についてみても,堂内で、仏堂化への傾向を最初に
示すところとなっており,その変化は納得し得る。ま
乙丸柱,斗棋を用い
た瑞龍寺法堂でこ乙 l
9
こ強い
仏堂化 l
傾向を示した様子をみるとき,龍渓院本堂では,乙の点
でむしろ仏堂化に対してなお保守的であったと言える。
また龍渓院は三河地方て、は由緒も正しく,格式も高い
寺とされるが,更に江戸時代初期の遺構をほぼ!日規のま
9 次の関西側面上部大梁
写真 1
ま残す点で極めて貴重な存在であり,近世曹洞宗寺院本
堂を考える上で重要な位置をもつものとなる。現在知
られている曹洞宗本堂で,本建築より古いか,向等の時
)建立の徳島県丈六
2
4
9年(16
代の例を求めると,寛永 1
寺本堂(図 4) と先にもあげた,
この堂と同年の建立
になる富山県高岡の瑞龍寺法堂が挙げられる。しかし丈
六寺本堂は古式な臨済宗本堂の形式をよく守った例で,
乙乙で比較するに適しない。そこで瑞龍寺法堂と比較し
て,その歴史的位置づけを試みておきたいと思う。
瑞龍寺は地方ではめずらしい大寺で,[email protected] e越中
の藩主第 3代前回利常の創建で,父利長を葬った寺で、あ
0 次の間西側面
写真2
り,仏殿,法堂,総門,山門,回廊,禅堂,衆寮,大庫
裡,方丈,小庫裡等を完備した,堂々たる大伽藍である。
下奥などの扱いは別として(大縁前の角柱上に斗供を入
従ってその規模も大きく華美であり,同等に比較するこ
れl,繋ぎに海老虹梁を用い,下奥に上段,床,棚を設けて
とは出来ないが,意匠の華やかさや大名を迎えるための
図 7) 比較してみると,既に一部説明を試み
いる。) (
1
3
2
東海地方における近世曹洞宗本堂の研究(その 1)
ヒ
ト
﹁
、
L一
一一一一一一一一一一
一 宝
図 4 丈六寺本堂平面図
用い,来迎壁や後門を設けなし、。従ってこの点では龍渓
院の万が一段と進歩的である。
ζ のような進歩の差異は
宗教的な意図によるものか,地万的な特色なのか,更に
考察を必要とするものであるが,今後曹洞宗本堂の発展
を追う上で,重要な点であると考えられる。
次に間取りにおいて瑞龍寺の方は左右対称をとった 6
室整形であるのに対し,龍渓院では上。下の間の大きさ
も非対称であるのみでなく,前後 2列の 8室とした上で,
更に奥室に細分化の様子を見せ,異例な間取りをとった
点も注目される。
註
〔
7刊
5
9
1)太田博太郎著「中世の建築」彰国社 1
註
(
中世禅宗建築の研究」に関する日本建築
2) I
(註
修理工事報告書J
3) I
学会論文報告集に発表された一連の研究
[email protected]
[email protected]@瑞峯院本堂
妙心寺
図 5 瑞龍寺法堂平面図
退蔵院本堂。海会寺本堂
たように,内陣前の柱斗供等の取扱いにおいては,瑞龍寺
禅宗建築の研究」に関する東北大学建築学
(註-4) I
科建築学報に発表された一連の研究
が仏堂化を進めていて丸柱,頭貫,台輪,斗供等をみせ,
天井も大間と内陣て、は格天井を張っている O しかし内陣
部の仏壇の扱いは瑞龍寺の方が保守的で,
妙心寺大方丈,小方丈。天球院本堂・
直線仏壇を
註
(
5) 過去帳には万治 4年と記載されているが 寛
9
文元年にあたる。
杉野
2
3
2
)
(註-6
青・岡野清, 1"東海地方における禅宗本
浅野i
2)j恵日寺本堂・蓮華寺本堂日本
堂の研究(
建築学会東海支部研究報 告
3年 2月
昭和 5
丞
参考文献
. 国宝瑞龍寺総門仏殿法堂修理事務所, 1"国宝瑞龍寺
1
総門併殴及法堂修理工事報告」青雲堂,東京,
8
3
9
1
6日)
年 1月 1
5
( 受 理 昭 和5