lltjp-geometry パッケージ

lltjp-geometry パッケージ
LuaTEX-ja プロジェクト *
2015 年 5 月 12 日
ページレイアウトの設定として,geometry パッケージが有名であるが,これは pLATEX・LuaTEX-ja
の縦組クラスでは利用が不可能という問題があった.本文書で解説する lltjp-geometry パッケージは,
geometry パッケージを縦組クラスに対応させるパッチである.
1
利用方法
lltjp-geometry パッケージは,LuaTEX-ja に標準で含まれている.本パッケージの動作には ifluatex,
filehook パッケージが必要である.
1.1
LuaTEX-ja
LuaTEX-ja では,geometry パッケージ読み込み時に自動的に lltjp-geometry パッケージが読み込ま
れ,ユーザは何もしなくても良い.LuaTEX-ja で横組クラスを利用する時でも,lltjp-geometry パッ
ケージは自動的に動作を停止するので,横組時の挙動が変わってしまうことはない.
1.2
pTEX 系列
pTEX 系列では,tarticle, tbook, treport といった縦組クラスを使う場合にのみ,
\usepackage{lltjp-geometry}
\usepackage[...]{geometry}
のように geometry パッケージの前に読み込む.pTEX 系列では使用クラスが横組か縦組かの自動判
定を行えない*1 ので,横組クラスで読み込んではならない.
パッケージオプションは存在しない.
2
lltjp-geometry 使用時の注意事項
2.1
twoside 指定時
縦組の本は通常右綴じである.これを反映し,twoside オプション指定時には
• left, lmargin は小口側の余白,right, rmargin はノド側の余白を指す.
• 左右余白比 hmarginratio の標準値は 3 ∶ 2 に変更.
• bindingoffset は右側に余白を確保する.
と変更している.
*
*1
http://osdn.jp/projects/luatex-ja/wiki/FrontPage
標準縦組クラスでは,\begin{document} の内部で組方向を縦組に変更するので,プリアンブル中で判定できない.
1
2.2
傍注
縦組の場合,傍注は本文の上下に配置される*2 .これにより,includemp(や includeall)が未
指定の場合,傍注はヘッダやフッタに重なる.includemp 指定時は,\footskip, \headsep のいず
れか(二段組の場合は両方)を \marginparwidth + \marginparsep だけ増加させる.
3
lines オプションに関する注意事項
本節の内容は,lltjp-geometry パッケージを読み込まない場合,つまり,横組クラスで geometry
パッケージを普通に使用した場合にも当てはまる注意事項である.
3.1
fontspec パッケージとの干渉
pTEX 系列では,次のように fontenc パッケージ読み込み直後に geometry パッケージを用いてレ
イアウトを設定すると,lines による指定が正しく働かないという症状が生じる:
\documentclass{article}
\usepackage{geometry}
\usepackage{fontspec}
\geometry{lines=20}
\begin{document}
hoge\typeout{\the\topskip, \the\baselineskip, \the\textheight}
\end{document}
\typeout で \topskip, \baselineskip, \textheight の値を調べると
\textheight − \topskip
= 15.83̇
\baselineskip
となることがわかるから,1 ページには 16 行分入らないことがわかる.
これは,fontspec の読み込みによって \baselineskip がなぜか 10 pt に変えられてしまい,
\geometry 命令はその値に従って本文領域の高さを計算するためである.とりあえずの対策は,
\normalsize によって \baselineskip を正しい値に再設定し,その後レイアウトを設定すれば
良い:
\usepackage{geometry}
\usepackage{fontspec}
\normalsize\geometry{lines=20}
なお,同様の症状は newtxtext パッケージなどでも発生するようなので,pTEX 系列といえども無
縁ではない.
3.2
\maxdepth の調整
LATEX では,最後の行の深さ  と本文領域の上端から最後の行のベースラインまでの距離  に
対し,
\textheight =  + max(0,  − \maxdepth)
*2
二段組の場合は上下共に,一段組の場合は標準では下側だが,reversemp が指定されたときには上側に配置される.
2
表 1 いくつかのフォント中の,文字の深さの最大値
フォント (10 pt)
深さ(pt 単位)
横組用の標準和文フォント (pTEX)
1.38855
縦組用の標準和文フォント (pTEX)
4.58221
Computer Modern Roman 10 pt
2.5
Computer Modern Sans Serif 10 pt
2.5
Times Roman (ptmr8t)
2.16492
Helvetica Bold Oblique (phvbo8t)
2.22491
Palatino (pplr8t)
2.75989
が成り立つ.
pTEX 系列の標準縦組クラス [u]tarticle 等,及びそれを LuaTEX-ja 用に移植した ltjtarticle 等では,
\topskip は横組時における全角空白の高さ 7.77588 pt*3 であり,\maxdepth はその半分の値(従っ
て 3.88794 pt)である.
いくつかのフォントについて,その中の文字の深さの最大値を見てみると表 1 のようになっ
ている. 欧文フォントのベースラインは,そのままでは和文との組み合わせが悪いので,さらに
tbaselineshift = 3.41666 pt だけ下がることを考えると,最後の行に和文文字が来た場合はほぼ確実に
深さが \maxdepth を超えてしまうことになる.従って,本文領域を「 行分」として指定するとき
によく使われる
\textheight = \topskip + ( − 1)\baselineskip
(1)
は tarticle クラスのデフォルトでは通用しない.
通常の地の文のみの文章においてほぼ確実に (1) が成り立つようにするため,lltjp-geometry では
lines オプション指定時のみ \maxdepth の値が最低でも
公称ポイントサイズの半分に,欧文ベースラインのシフト量を加えた値*4
になるようにしている.lines オプション非指定時にはこのような調整は行われない.
3.3
見かけ上の基本版面の位置
LATEX では,本文の一行目のベースラインは,本文領域の「上端」から \topskip だけ「下がった」
ところに来ることになっている.あまり \topskip が小さいと,ユーザが大きい文字サイズを指定し
た時に 1 行目のベースライン位置が狂う危険があるため,geometry パッケージでは
lines オプション指定時,\topskip の値を最低でも\strutbox の高さ (0.7\baselineskip)
まで引き上げる
という仕様になっている.
縦組の場合は,\strutbox に対応するボックスは \tstrutbox であるため,lltjp-geometry では
lines オプション指定時,\topskip の値を最低でも\tstrutbox の高さ (\baselineskip/2)
まで引き上げる
*3
標準の 10pt オプション指定時.以下同じ.ところで,この量は公称フォントサイズの 10 pt か,もしくは全角空白の
高さと深さを合わせた値の 9.16446 pt の間違いではないか,と筆者は考えている.なお,奥村晴彦氏の pLATEX 2 新ド
キュメントクラスでは公称ポイントサイズ 10 pt に設定されている.
*4 tarticle の場合だと,5 pt + 3.41666 pt = 8.41666 pt である.
3
という挙動にした.見かけ上は \topskip の値制限が緩くなったが,前節で述べたように欧文フォン
トのベースラインは和文に合うように下にずらされるので,実用上は問題は起きないだろう.
前節の \maxdepth の調整も考え合わせると,LATEX が認識する本文領域と,実際の見た目の基本
版面の位置とは異なることに注意してほしい.
例えば A4 縦を縦組で,公称フォントサイズ 10 pt,行送り 18 pt,30 行左右中央というレイアウト
にするため,
\documentclass{tarticle}
\usepackage{lltjp-geometry}
\baselineskip=18pt
\usepackage[a4paper,hcentering,lines=30]{geometry}
と指定すると,実際には以下のように設定される.
• \topskip は \tstrutbox の高さ 8.5 pt に設定される.
• 本文領域の「高さ」 \textheight は
\topskip + (30 − 1)\baselineskip = 530.5 pt.
• 従って,左余白と右余白は
210 mm − \textheight
= 33.50394 pt.
2
しかし,実際にはページの最初の行のベースラインは,本文領域の右端から \topskip だけ左にず
れたところにあり,一方ページの最終行のベースラインは本文領域の左端にある.縦組和文フォ
ントのベースラインは文字の左右中央を通ることから,従って,見た目で言えば,右余白の方が
\topskip = 8.5 pt だけ大きいということになってしまう*5 .
*5
同様に,横組で vcentering を指定すると,見かけでは \topskip − \Cht + \Cdp だけ上余白が大きいように見える.
4