社文研ニューズレター 17号 - 千葉大学大学院人文社会科学研究科

2007 年 7 月 18 日発行
人社研ニュースレター
発行者
第 17 号
千葉大学大学院
人文社会科学研究科
phone/fax 043-290-3574
sshassist@shd.chiba-u.ac.jp
平成 18 年度後半期学位授与式
目次
巻頭辞
1
専任教員業績
平成 18 年度後半期学位授与式
2
社文研・人社研院生の研究業績
10
新規科目担当者
3
平成 19 年度前半期全体研究会のお知らせ
12
所属教員による出版物
3
平成 19 年度紀要刊行予定
12
科学研究費(新規)プロジェクト
6
大学院学務グループからのお知らせ
12
受賞
8
8
人社研ニュー スレ ター第 17 号
就任から 100 日(任期満了まで 20 か月強)
研究科長
三宅明正
私事で恐縮であるが、わたくしの両親は二昔以上前に他界した。ふたりが残した「遺言」
は、「おまえは粗忽者であるから、ぜったいにチョウのつくことをしてはいけない」であ
った。以後私は言われたことを守り、学科「長」や学会の企画委員「長」など、基本的に
輪番制のものは別として、それこそ盲「腸」にもならずに何とか過ごしてきた。
ところが今回どうしたわけか、人社研の科「長」という役職に選出されてしまった。こ
れを逃れる手だては何かないかといろいろと調べてもらったのだが、周囲からはそうした
行為を非難され、また国立大学法人になってから各大学内での投票が軽く扱われる傾向(そ
の端的な表れは、各大学における学長選考の仕組みであろう。一般に選挙は「意向投票」
となり、選考会議がその「意向」をどの程度ふまえるかが、現実に争点になっている大学
がある)を好ましくないと考え、ともかく、研究科長職につくことになった。期間は2007
年4月1日から、2009年3月31日までである。
先日、学長・理事と人社研教員との懇談の機会があり、「平成19年度重点実施事項課題
及び部局改革の方向性」や「学長・理事等への質問・要望」などを提出するよう求められ
たので、後期課程専攻長の意見をうかがいながら、以下のようにまとめてみた。
重点事項は3点で、「1 博士前期課程・後期課程それぞれの位置づけを明確にしつつ、
両者を一体とした運営体制(教育、研究面のそれを含む)を構築する。2 運営費交付金
に基づく経常的経費の維持・増額を関係各機関に働きかけつつ、競争的外部資金の獲得を
積極的にはかる。 3 21世紀COEプログラムによる研究活動を遂行するととも
に、グローバルCOE応募の準備活動を推進する」とした。
1は2006年度から発足した、前期・後期区分制大学院の実質化である。前期課程は前身
が文学研究科・社会科学研究科に分かれていたので、その時代の慣行がなお強いが、後期
課程との関係を含めて、できるだけ速やかに人社研としての体制を整えていきたい。
2は、ややもすれば近年、外部資金の重要性ばかりが強調されるが、基本的な活動がき
ちんと行えるように、私たちも千葉大学本部と足並みをそろえて取り組んでいきたいとい
うことである。
3は、いまのCOE事業担当者によるとりくみを、研究科全体で支えていくことの重要
性と、新たなCOE計画に挑戦する姿勢を示したものである。今回人文科学分野での申請
は残念ながら採用されなかったが、2008年度の社会科学もしくは広領域等では、ぜひとも
採択をめざしたい。
他方、学長・理事への要望として2点をあげた。一つは、院生への直接的な支援を、少
数者に重点的に行うよりも、浅くても数多くの院生を対象としたものにしてほしいという
こと、いま一つは、今日国立大学でおきている「評価疲れ」といわれる現象、例えば各種
の会議や書類提出など、繁忙さの緩和を、ぜひ考えていただきたいということであった。
言うまでもなく大学・大学院の基本活動は、研究とそれに基づいた教育である。せっか
く競争的な外部資金=研究費を獲得しても、それを使って研究する時間が乏しくなり、学
生、院生と接する時間が減っていくといった事態がおき、続くならば、それは本末転倒以
外の何ものでもない。
-1-
2007 年 7 月 18 日発行
平成 18 年度後半期学位授与式
2007 年 3 月 26 日(月)、社会文化科学研究科科
長室に於いて学位授与式(左写真)が行われ、 7
名の方が社会文化科学研究科を修了し、学位を取
得されました。また、 3 名の方が論文提出により
学位を取得されました。
課程博士
7名
氏名
崔昌玉
論 題
取得学位
現代朝鮮語のヴォイス接尾辞について─音韻論的、形態論的、統
博士(文学)
辞論的、意味論的観点を中心に─
長谷川亮一
十五年戦争期における文部省の修史事業と思想統制政策─いわゆ
る「皇国史観」の問題を中心として─
博士(文学)
オルトナスト
オボー祭祀─ウジムチン地域の祭祀文化に関する文化人類学的研
究─
博士(学術)
中村隆文
ヒューム主義は何を語り得るか─情動主義の背景にある世界観と
博士(文学)
は─
竹田智志
マンション建替え制度及びその実態に関する研究─団地型区分所
有建物を中心として─
博士(法学)
仲松優子
18世紀ラングドック地方における司法制度改革と権力秩序─ヴィ
ヴァレ・セネシャル裁判所創設とマスクの蜂起─
博士(文学)
ホビスハラト
中国の農村集団土地所有権の再構成論
博士(法学)
論文博士
3名
氏 名
論 題
取得学位
松井 美知子
消費者信用における利息制度の法的考察
博士(法学)
浅田進史
膠州湾租借地におけるドイツ植民地統治と社会秩序
博士(学術)
高森哉子
代理法の研究──イギリス代理法と日本代理法の比較
博士(法学)
-2-
人社研ニュー スレ ター第 17 号
岡部
嘉幸准教授(言語行動)
「日本語構造論 」「日本語構造論演習」
新規科目担当者
「特別研究Ⅰ」「特別研究Ⅱ」
○公共研究専攻
平成 19 年度の新規科目担当者は以下の通りで
高光
す。(専攻、教育研究分野順)
佳絵助教(公共思想制度研究)
「東アジア国際政治史」
博士後期課程
石原
○公共研究専攻
小谷
「現代社会変動論」
真吾准教授(公共哲学)
○社会科学研究専攻
「環境人類学」
大石
鳥山
亜希子准教授(公共政策)
泰志准教授(法学基礎理論)
「民法・物権法 」「民法・物権法演習」
「雇用政策論」
田口
俊助教(共生社会基盤研究)
「特別研究Ⅰ」「特別研究Ⅱ」
善久准教授(共生文化)
各務
「ユーラシア言語論」
和彦講師(経済理論・政策学)
「数理統計学」「個別課題研究Ⅰ」
○社会科学研究専攻
「個別課題研究Ⅱ 」「個別課題研究Ⅲ」
松村
「リサーチペーパー作成指導」
良之教授(法学)
「法社会学」
田村
高幸助教(経済理論・政策学)
「経済数学Ⅱ」
博士前期課程
○地域文化形成専攻
久保
勇助教(記録情報)
「地域伝承資料論」
人社研担当教員による出版物
広井良典・沈潔編著『中国の社会保障改革と日本
中国が現在大きな社会変動の只中にあり、そ
――アジア福祉ネットワークの構築に向けて』
れが日本を含めアジアそして世界全体に大きな影
ミネルヴァ書房、329頁、2007年3月。
響を及ぼしていることはあらためて確認するまで
もない事実である。特に「市場化」の急速な展開、
都市−農村の不均衡発展などの中で経済格差の拡
大が急激に進んでおり、社会保障システムの整備
・改革が最大の課題の一つとなっている。一方、
一人っ子政策の影響等の下で、急激な少子・高齢
化が進行中であり、いわば
化問題
21 世紀の地球高齢
が中国を中心に展開することが確実に予
測されている。
しかしながら、中国の社会保障改革について、
制度の紹介等を超えて、より大きな文脈や理念、
日本との比較を含め包括的に分析し論じた書物
は、皆無とはいわないまでもなおきわめて限られ
-3-
2007 年 7 月 18 日発行
たものにとどまっている。本書は、このテーマに
展開、医療政策及び改革の動向、家族・コミュニ
関する日本・中国の研究者・実務家が協力する形
ティと福祉のあり方といった論点にそくして論じ
で、中国の社会保障改革及び関連する政策展開を、
られる。最後の第三部(日中協力のあり方と展望)
その理念と政策のダイナミックな展開にそくして
は、中国と日本の「社会保障国際協力」のあり方
論ずるとともに、日中比較及び日本にとっての意
について、実務ないし実践の視点をも含めた論述
味、日本との国際協力のあり方、ひいてはアジア
が展開される内容となっている。
における一国レベルを超えた社会保障/福祉国家
本書は千葉大学 21 世紀 COE プログラム「持
の可能性等について、新たな視座と展望を提示す
続可能な福祉社会に向けての公共研究」での研究
ることをめざすものである。
会等の積み重ね等が基礎となっている他、国際協
具体的には、第一部(全体像と理念)におい
力機構( JICA)の中国農村養老保険整備協力プ
て本書全体のベースとなる問題設定の枠組み等が
ロジェクトへの編者の関わり(2005 年 1 月に精
示されるとともに、(
「 アジアにおける)公共性」
華大学で開催された日中合同の「中国農村社会保
や「複層的福祉」といったテーマが論じられる。
障セミナー」等を契機とする同年から翌年までの
続く第二部(中国における社会保障改革の展開と
事前調査、 2006 年からの本格調査等)等の成果
日中比較)では、中国と日本の社会保障に関連す
を踏まえたものとなっている。
る重要な領域が、社会保障政策の基本理念と展開、
(本研究科教授
「都市−農村の格差」問題、NPOや市民社会の
佐藤博信編著『中世東国の政治構造
廣井良典)
中世東国論
編者の専攻する日本中世東国史の研究は、近年
中世東国論下』岩田
様々な分野で飛躍的な発展を遂げている。中世東
書院、上巻305頁・下巻335頁、2007年6月(A5判、
国の名称を冠する書物が相次いで刊行されている
各\6,900+税)。
ことにも、それが窺われる。編者は、千葉歴史学
上』『
・ 中世東国の社会構造
会中世史部会で同学の士とともに、研究を進めて
きた。すでに同学の士と『中世房総の権力と社会』
(高科書店、 1990 年)と『中世東国の地域権力と
社会』(岩田書院、 1996 年)を編集し出版してき
た。研究成果を公表し社会的評価をえたうえでさ
らなる前進を図るという方針で各自研究を進めて
きた。後者の論文集を発刊してから十年の歳月が
流れた。この間に研究状況も激変した。同学の士
は、そうしたなかで着実な研究を続けてこられた。
その研究成果がこの 2 冊の論文集に集約された。
鎌倉時代の日蓮に始まり近世初頭の徳川氏にいた
る、政治・宗教・権力に関わる 22 人の書き下ろ
し原稿からなる。当大学の関係者は四人にすぎず、
そのほとんどは研究会を通じて学ぶ同士たちであ
る。しかも、その多くの方々が高校教師・大学院
生・博物館学芸員・文書館職員である。その方々
が力の籠もった論文を寄稿されたのには、編者と
-4-
人社研ニュー スレ ター第 17 号
して驚嘆するところであった。その研究力が中世
織された編集委員会が独自に行ったもので、小生
東国史研究そのものを底上げするものであった。
はそれらに一切関与していない。そうした論文集
論文の評価は、その人の肩書きではなく論文の中
であることを承知してお読み頂ければ幸いであ
身にあることを改めて痛感した次第である。なお、
る。
小生は年長ということで、編者を委嘱されたが、
論文執筆者の特定から依頼、そして編集は別個組
(本研究科教授
佐藤博信)
中川裕・中本ムツ子(共著 )『カムイユカラでア
から伝承されてきたおまじない、鳥の鳴きまね、
イヌ語を学ぶ 』(CD付)白水社、2007年5月。
遊び歌、お祈り、なぞなぞ、輪唱、即興歌、子守
歌などを題材にしてアイヌ語文法の基礎を学習
し、後半でカムイユカラと呼ばれる比較的長い物
語を1篇暗誦しながら、さらに高度な文法を学べ
るようにしてある。すなわち、アイヌ語学と同時
にアイヌ口承文芸の概要に触れることもできるよ
うにもなっている。例文も作例を極力抑え、伝承
文学のテキスト中から選び出した実例を用いてい
る。また付属のCDでは、中本氏と妹の住山頼子
氏が吹込みを担当しているが、カムイユカラのテ
キストとしてとりあげたアトゥサ
チロンヌプ
「裸のキツネ」は、中本氏が長年公演のレパート
リーとしてきたお得意の演目である。アイヌ口承
文芸のテキストは現在でも原文対訳や音声データ
付で次々に刊行されており、今後もその数は増し
ていくだろうと思われる。そのテキストをアイヌ
中本ムツ子氏は1928年千歳市生まれのアイヌ人
語原文で味わい、アイヌ文化をより深く理解でき
であり、同市のみならず北海道全体のアイヌ文化
る人々が、本書を通じて何人も生まれることを期
振興運動の中心的人物である。1997年にこの中本
待している。
氏との共著で、世界初の実用的なアイヌ語独習書
『エクスプレスアイヌ語』を白水社から刊行した。
同書はアイヌ語というあまり一般的でない言語の
語学書でありながらかなりの売れ行きを見せ、そ
れを修了した人向けの続編を希望する声も多かっ
た。そこで10年を経て再び同じコンビで書き上げ
た中級者向けアイヌ語独習書が本書である。ただ
し中級者向けといっても 、『エクスプレス』より
到達レベルを上げてあるということであり、まっ
たくの初心者でも本書から始められるように工夫
してある 。『エクスプレス』は基本的に作例によ
る会話スキットが中心だったが、本書は前半で昔
-5-
(本研究科教授
中川裕)
2007 年 7 月 18 日発 行
服部龍二・土田哲夫・後藤春美編『戦間期の東ア
時系列的に「第一次大戦後」、「柳条湖事件から
ジア国際政治』中央大学出版部、615頁、2007年6
盧溝橋事件へ」、「日中全面戦争」という三期に区
月(A5判、\7,300+税)。
分されているが、第一次大戦期や太平洋戦争期を
部分的に含むものであり、以下の 12 本の論文か
ら構成される。田島信雄「孫文の『中独ソ三国連
合』構想と日本
1917-1924 年 」、李熒娘「原内閣
期における朝鮮の官制改革論 」、簑原俊洋「排日
運動と脱欧入亜への契機 」、後藤春美「国際連盟
の対中技術協力とイギリス
1928-1935 年 」、服部
龍二「満州事変後の日中宣伝外交とアメリカ 」、
樋口秀実「1935 年中国幣制改革の政治史的意義」、
土田哲夫「国際平和運動と日中戦争 」、高光佳絵
「ホーンベック国務省政治顧問の対日強硬化とア
メリカの日中戦争観
1937-1938 年 」、高橋勝浩「日
中開戦後の日本の対米宣伝政策 」、加藤陽子「興
亜院設置問題の再検討 」、服部聡「有田八郎外相
と『東亜新秩序』」、深町英夫「贅沢な用心棒?」。
本書は、共同研究の強みを生かし、日本、アメ
本書は戦間期の東アジア国際政治をテーマとす
リカ、イギリス、中国、旧ソ連、ドイツなどの各
る論文集であり、本研究科の後藤春美准教授が編
方面から複雑な多国間交渉や内部動向を丹念に読
者の 1 人となっている。2004 年 4 月から 2007 年 3
み解き、立体的な歴史像を構築しようとする試み
月まで 3 年間にわたる中央大学政策文化総合研究
であると言える。
所における共同研究の成果として刊行された。
(本研究科助教
科学研究費(新規)プロジェクト
高光佳絵)
1)柳澤悠
2)270 万(81 万)・230 万・100 万
専任教員の 2007(平成 19)年度新規採択は以
3)本研究は、1950 年代から 1980 年代までの時
下の 4 件でした。
期における、インドの中・下層階層の消費パター
ンの変化を、村落でのフィールドワークや、栄養
1)代表者
調査・消費嗜好調査、新聞広告、映画などの分析
2)予算額
によって析出して、 1980 年代以降のインドの持
07 年度(間接経費)・08 年度・09 年度
続的経済成長の市場的基盤を明らかにする。
3)概要
4)井上貴子(大東文化大学国際関係学部教授)、
4)研究分担者(所属)
杉本良男(国立民族学博物館教授)、杉本星子(京
都文教大学人間学部教授 )、粟屋利江(東京外国
基盤研究(B)
語大学外国語学部教授)
「インドにおける消費パターンの変動と経
済成長、1950-80 年:中下層階層を中心に」
-6-
人社研ニュー スレ ター第 17 号
基盤研究(B)
2)120 万(36 万)・110 万・110 万
「『 もの』とイメージを介した文化伝播に
3)啓蒙前期の地下文書と政治新聞を資料体とし
関する研究
て 、「神の正義」の欺瞞性の自覚、宗派的教義に
―日本中世の文学・絵巻から
―」
立脚する非寛容の理論の解体を 、「ヨーロッパ意
識の危機」期における宗派的・政治的ジャーナリ
1)池田忍
スムの中に跡付ける。
2)630 万(189 万)・410 万・240 万
4)なし
3)絵画作品(絵巻)、および文学・記録の中に、
中世日本社会の日常生活や、行事・儀礼の場を構
兼担教員についての本年度新規採択状況は以下
成していたさまざまな「もの」やイメージ(絵)
の表の通りです。
の実態を探ることを目的とする。それらが、地域
や社会階層を越えて伝播し、中世文化が形成され
研究種目
代表者
ていく過程を明らかにしたい。
若手B 岡部嘉幸
若手B 笹倉宏紀
若手B 金子敬明
若手B 魚住弘久
若手B 大鋸崇
若手B 内山哲彦
基盤研究(C)
基盤A一般
松村良之
「日米における憲法政治――共和主義的公
基盤B一般
土屋俊
共哲学を中心として――」
基盤B海外 吉田睦
基盤C一般 高橋久一郎
1)小林正弥
基盤C一般 上村清雄
2)210 万(63 万)・140 万
基盤C一般 田中慎
3)本研究は、マイケル・サンデルに代表される
基盤C一般 石戸光
現代アメリカの共和主義的理論と比較しながら、
基盤C一般 大石亜希子
基盤C一般 佐藤栄作
基盤C一般 犬塚先
基盤C一般 實森正子
基盤C一般 木村英司
基盤C一般 藤田剛志
萌芽 岩城高広
4)柴佳世乃(千葉大学文学部)、久保勇(千葉大
学人文社会科学研究科 )、伊東祐子(都留文科大
学)、亀井若菜(学習院大学)、土屋貴裕(研究協
力者
博物館
日本学術振興会特別研究員PD
東京国立
千葉大学大学院博士課程単位取得退学)
日本の憲法政治・憲政・立憲主義を多角的に検討
し、主権・人権・平和・自由・平等・正義・公共
性といった概念についての実践的な理論を構築し
ていくものである。
4)金原恭子(千葉大学大学院専門法務研究科教
授 )、一ノ瀬佳也(千葉大学大学院人文社会科学
研究科 COE フェロー)
基盤研究(C)
「啓蒙前期の地下文書と政治新聞における
※ 記載漏れがございましたならば次号に掲載し
神の正義論解体」
ますのでお知らせください。
1)三井吉俊
-7-
2007 年 7 月 18 日発行
広井良典・沈潔編著『中国の社会保障改革と日本
人社研専任教員・大学院生の
――アジア福祉ネットワークの構築に向けて』ミ
受賞
ネルヴァ書房、2007 年 3 月。
野沢敏治「趙漢珪『自然農業』と東アジア農民共
2007年1月∼6月
同体 」『EUと東アジアにおける超国家的・地域
間的市民社会形成の比較理論研究』(2005 ∼ 2006
年度科学研究費補助金報告書)、2007 年 2 月。
時實早苗(本研究科教授)
福原賞 (福原記念研究助成基金出版助
野沢敏治「資料・調査 1983 年 4 月以降の平田清
成)、2007 年 1 月。
明著作目録」
『千葉大学経済研究』第 21 巻第 4 号、
2007 年 3 月。
海田皓介(本研究科博士後期課程)
千葉大学学業成績優秀者学長表彰、2007
時實早苗「地図的想像力」
『フォークナー』6 号、
年 3 月。
松柏社、2007 年 4 月。
小林正弥「新しい時代の自己観と公共認識」姜尚
人社研専任教員業績
中、上田紀行、小林正弥、村上陽一郎『変わりゆ
2007年1月∼6月
く社会─著名人が語る<知の最前線>─』リブリオ
出版、2007 年 4 月。
著書・論文
小林正弥「日中における公共性と福祉』広井良典
中川裕・中本ムツ子『カムイユカラでアイヌ語を
・沈潔編『中国の社会保障改革と日本』ミネルヴ
学ぶ』白水社、2007 年 5 月。
ァ書房 2007 年 3 月。
中川裕「アイヌ語教育の未来―「アイヌ文化振興
小林正弥「オリエンテーション
法」制定から 10 年。これから何をなすべきか」
現に向けて∼公共哲学と国際的貧困問題」小林正
財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構『平成 18
年度
普及啓発講演会報告集( 2006.10.21
地球的福祉の実
弥、上村雄彦『世界の貧困問題をいかに解決でき
東京
るか∼「ホワイトバンドの取り組みを事例として」
国際フォーラム講演会講演記録)』2007 年 3 月。
千葉大学講義録』現代図書、2007 年 5 月。
中川裕「金田一京助『アイヌ叙事詩ユーカラの研
小林正弥編『シンポジウム報告書
究』」『日本語学』4月臨時増刊号「日本語学の読
文明論・環境
倫理・公共哲学』千葉大学大学院人文社会科学研
書案内…名著を読む…」明治書院、2007 年 4 月。
究科・21 世紀 COE プログラム「持続可能な福祉
社会に向けた公共研究拠点」千葉大学大学院人文
NAKAGAWA Hiroshi and OKUDA, Osami, Nivkh
社会科学研究科・研究プロジェクト「『 場所の感
and Ainu, O.Miyaoka, O.Sakiyama and M.E.Krauss
覚』の総合政策的検討」、2007 年 5 月。
eds., The Vanishing Languages of the Pacific Rim,
Oxford, 2007.
Masaya
Kobayashi,
Spiritual
and
Perpetual
Revolution for Democracy: The public Philosophy of
-8-
人社研ニュー スレ ター第 17 号
Maruyama Masao and His Mentor Nanbara Shigeru
「道東のアイヌ語テープ大量発見」
『北海道新聞』
,
2007 年 3 月 26 日
Edited by Prof. Dr. Wolfgang Seifert, Conference
資料 1
"Aspects of Democracy" September 21 and 22, 2006,
Publications of the Japanese-German Center Berlin,
vol25, 2007.3.
Masaya Kobayashi,
Special Feature I: Cambridge
Moment: Developing the Civic Humanist Paradigm:
History of Ideas and Public Philosophy, International
Journal of Public Affairs, Vol.3, 2007.
石原 俊「主権・接触領域・秩序形成――法の
波打ち際
から
近代
考えるための社会学的試
論」西川長夫編『グローバル化の過程において一
国民国家を越境する公共圏の諸相──「植民地」
と「都市」を軸とする比較歴史社会学的研究』科
学研究費補助金成果報告書、2007 年 3 月。
高光佳絵「華北分離工作をめぐる国際関係―米国
小林正弥(本研究科教授)
国務省極東部の政策転換― 」『国際政治』第 148
「国民投票法に関する大学人ネットワーク記者会
号」2007 年 3 月。
見」『東京新聞』、『朝日新聞』(資料 2 参照)『千
葉日報』2007 年 5 月 12 日
高光佳絵「 1930 年代における経済的相互依存を
「同インタビュー」
『朝日新聞・千葉版』2007 年 5
めぐるアメリカの認識―『グローバリゼーション』
月 15 日
と東アジア国際関係― 」『千葉大学人文社会科学
「平和への大結集・千葉
研究』、2007 年 3 月。
『朝日新聞』2007 年 6 月 30 日
資料 2
高光佳絵「ホーンベック国務省政治顧問の対日強
硬化とアメリカの日中戦争観
参議院選熟議討論集会」
1937 − 38 年」服
部龍二・土田哲夫・後藤春美編『戦間期の東アジ
ア国際政治』中央大学出版部、2007 年 6 月。
メディア・報道
三井吉俊(本研究科教授)
「日本翻訳出版文化賞」
『読売新聞』2007 年 3 月 16
日(資料 1 参照)
中川裕(本研究科教授 )、田村雅史(本研究科博
士後期課程)
-9-
2007 年 7 月 18 日発行
間の起算点について―近時最高裁判決を題材に
社文研・人社研博士後期課程
―」
『千葉大学人文社会科学研究』14 号、2007 年 3
大学院生の研究業績
月。
2007年1月∼6月
植木哲=関義央「小田急線連続立体交差(高架化)
Akiko Kudo,
A study of Japanese
rareru
acquisition comparing L1 with L2 acquisition-
-form
, 小
倉美知子編『二つの言語がであうとき−言語教育
事業認可処分取消請求事件
最大
判平成 17 年 12 月 7 日民集 59 巻 10 号 2645 頁」
判例公害法追録 150 = 151 号、2007 年 1 月。
・比較言語学・歴史言語学の立場から− 』(千葉
大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト
植木哲=関義央「周辺住民による一般廃棄物最終
報告書第 141 集)、2007 年 3 月。
処分場建設差止請求につき、受忍限度を超える被
害発生の蓋然性が高いとは認められないとして、
工藤昭子「多言語環境にある子どもの新出語彙の
請求が棄却された事例
受容および修正過程 」『東京経営短期大学紀要』
27 日判タ 1168 号 215 頁」判例公害法追録 152 =
第 15 巻、2007 年 3 月。
153 号、2007 年 5 月。
Akiko Kudo,
A case study of language choice by
平良智子・田村雅史他編『四宅ヤエの伝承 』『四
multilingual
referring to linguistic recency and
宅ヤエの伝承』刊行会、2007 年 2 月。
linguistic distance-
福岡高判平成 15 年 10 月
,研究成果報告書『多言語併用
環境における日本語の習得、教育、及び支援に関
北原次郎太「樺太アイヌの木製品における刻印・
する研究』平成 16-18 年度科学研究費補助金研究
人面の信仰的意義―事例と考察」澤登寛聡・小口
基盤研究( B)( 2)課題番号 16320066
雅史編『アイヌ文化の成立と変容―交易と交流を
研究代表者
中心として』法政大学国際日本学研究所、 2007
長友和彦、2007 年 3 月。
年 3 月。
藤方博之「後期堀田氏家臣団における縁組手当金
について―大名家臣の「家」を考える素材として
北原次郎太「『 アイヌ』のうち【世界観 】」『世界
―」『佐倉市史研究』20、2007 年 3 月。
大百科事典
アイヌ関連項目集』平凡社、 2007
年 4 月。
藤方博之「大名家臣の『家』研究の必要性 」『千
海田皓介 'The Usage of OE/EME agan and OHG
葉史学』50、2007 年 5 月。
eigun compared with OE/EME sculan and motan with
田村将人「白浜における集住政策の意図と樺太ア
their OHG/MHG Cognates' 『千葉大学文学研究科
イヌの反応」『北海道開拓記念館研究紀要』第 35
院生紀要
Ever Onward』創刊号、2007 年2月。
号、2007 年 3 月。
山崎良雄・高橋典嗣・松田哲「『 地球探検隊』の
田村将人「『サガレン新聞』(1921-1924 年)掲載ア
試み ∼塩原∼」
『千葉大学教育学部研究紀要』、55、
イヌ関係記事:目録と紹介 」『北海道開拓記念館
2007 年。
調査報告』第 46 号、2007 年 3 月
高橋典嗣「スペースデブリ等の光学観測成果報告」
関義央「不法行為による損害賠償請求権の除斥期
『ASTEROID』、16(2)、2007 年。
- 10 -
人社研ニュー スレ ター第 17 号
金子信子「外国人居住者のリテラシー問題と言語
角田季美枝〔書評論文〕デヴィッド・タカーチ『生
管理−外国人相談所事例の分析」
『言語政策』3、
物多様性という名の革命』、『千葉大学人文社会科
2007 年3月。
学研究』2007 年3月。
木村智哉「日本占領期のアニメーション作品に見
角田季美枝〔翻訳〕汚染を探せ、国際理解教育セ
る「敗戦 」「
・ 占領」とジェンダー表象 」(文部省
ンター編『エネルギーと社会:子どもたちと地球
科学研究費基盤研究「家父長制世界システムにお
を考えるエネルギー教育
ける戦時の女性の差別の構造的研究」研究成果報
「木と学ぼう」 Energy & Society + Prek-8 関連ア
告書、2007 年。
クティビティ集』国際理解教育センター、 2007
Project
Learning
Tree
年 6 月。
木村智哉〔書評〕上野千鶴子『生き延びるための
思想
ジェンダー平等の罠』
(岩波書店、2006 年 )
角田季美枝「『 場所の感覚』と『補完性原理』に
関する考察:鈴木庸夫の2本の論文からの触発」、
『イメージ&ジェンダー 』、Vol.7、 2007 年。
『公共研究』第 4 巻第 1 号、2007 年 6 月。
木村智哉〔翻訳〕ピーター・ B・ハーイ「菊池寛
と革新官僚と雑誌『日本映画』」『戦争と表象/美
術
20 世紀以後
メディア・報道
国際シンポジウム記録集』美
高橋典嗣(本研究科博士後期課程)
学出版、2007 年。
『読売新聞』2007 年 4 月 9 日夕刊(資料 3 参照)
犬塚康博「藤山一雄の初期博物館論―「五十年後
『朝日新聞』2007 年 5 月 6 日「be on Sunday」
の九州」の「整へる火山博物館」― 」『地域文化
研究(梅光学院大学地域文化研究所)』第 22 号、
2007 年 3 月。
犬塚康博「対称の中の非対称―常呂川河口遺跡 15
号竪穴住居跡小考― 」『北海道立北方民族博物館
研究紀要』第 16 号、2007 年 3 月。
角田季美枝「『 場所の感覚』を活用した公共政策
に向けて:『 場所の感覚』の総合政策的検討プロ
ジェクトからの触発」、倉阪秀史編『「場所の感覚」
の総合政策的検討』千葉大学大学院人文社会科学
研究科研究プロジェクト報告書第 153 集、 2007
年 2 月。
角田季美枝「生態・文化地域主義と環境政策の新
たな原則」倉阪秀史編『「 場所の感覚」の総合政
策的検討』千葉大学大学院人文社会科学研究科研
究プロジェクト報告書第 153 集、2007 年 2 月。
- 11 -
資料3
2007 年 7 月 18 日発行
指定の場所に返却、または私物を撤去してくださ
平成 19 年度前期全体研究会のお知らせ
い。
返却窓口
平成 19 年 9 月 25 日(火)∼ 26 日(水)の 2
ロッカーの鍵、机の鍵、校費コピーカード
日間にわたって開催されます。プログラムの公表
…………………… 大学院学務グループ窓口
は 8 月上旬に予定されておりますので、人社研・
PC(博士後期課程)
社文研HPでご覧下さい。
……………………… 人社研後期共同研究室
PC(博士前期課程)
人社研HP
……………………………貸与を受けた窓口
http://www.shd.chiba-u.ac.jp/~ghss/activity_general.ht
尚、博士後期課程の休学者のうち、学位請求論
ml
社文研HP
文を執筆中の方に限り、主任指導教員からの特例
http://www.shd.chiba-u.ac.jp/b_zentai.html
申請(様式はHPからダウンロード)があれば、
PCの継続利用が認められます。該当者は必ず申
請をお願いします。
平成 19 年度紀要刊行予定
2007 年度後半期から復学される 博士後期課程
『人文社会科学研究(旧社会文化科学研究 )』
第 15 号が 9 月末に刊行されます。
の大学院生の方で固定席、物品等の貸与を希望さ
れる方は2007年9月3日∼10月10日に申請書を後期
共同研究室(=旧助手室)にご提出ください。
『人文社会科学研究』第 16 号について
募集
様式はこちらです。
2007 年 10 月 15 日(月)
http://www.shd.chiba-u.ac.jp/%7Eghss/students.html
∼ 11 月 15 日(木)午後 5 時
原稿締切
2007 年 12 月 13 日(木)午後 5 時
発行
2008 年 3 月中旬
大学院学務グループからのお知らせ
大学院学務グループ窓口前の掲示のうち特に重
『投稿規定 』『スタイルガイド』など詳細はH
要なものは統合メールシステムの「通知版」にも
Pをご覧下さい。
掲載することにしました。学外からもアクセスで
きますのでご利用ください。
人社研HP
http://www.shd.chiba-u.ac.jp/~ghss/students.html
統合メール(ログイン)
社文研HP
https://cuacmsrv.chiba-u.jp/am_bin/am_main.cgi/login
大学院生研究室・貸与物品関連
ログイン後、「通知版」のタブを選択し、「大学
2007 年 9 月に修了、退学、休学される方で、
院生通知版」をクリックしてください。
本研究科から院生研究室の固定席、ロッカーの鍵
(博士後期課程のみ )、机の鍵(博士前期課程の
み )、書架、PC、校費コピーカードの貸与を受
けている方は、10月10日(水)までに当該物品を
- 12 -