遺伝生態研究センター通信 NG39 ー. はじめに - 東北大学

遺伝生態研究センター通信 No.39
泉九九苧
[email protected]@遺麺砕畑
旧〔
1998. 1.日0.39
硝酸イオン吸収関連遺伝子の突然変異
Eiid
滋賀県立大学・環境科学部 長谷川 博
た。ここでは現在まで選抜できた低硝酸突然変異体
1.はじめに
の特性を述べ,あわせて吸収遺伝子の分子生物学に
植物の根における栄養元素の吸収にはトランスポー
ター(キャリアー),イオンチャンネル,プロトン
関する最近の情報について紹介する。
ポンプとして機能するH十一一ATPaseなどのタンパ
ク質が関与している。しかしながら,これらの研究
′ 、
2.硝酸吸収が欠失した突然変異体
が展開したのはこの10年間のことであり,多くの遺
多くのイオン吸収には高濃度におけるlow affinity-
伝子はまだクローニングされず,染色体上の位置も
high capacityの相と低濃度のhigh affinity-low
決定されていない。トランスポータータンパク質の
capacityの相が存在し,それぞれにトランスポー
構造と機能についても未知の点が多く,植物のイオ
ン吸収の分子生物学はこれからの研究課題である。
ターが存在していると考えられているo
ほとんどの植物は最重要栄養元素である窒素を硝
low capacityの硝酸吸収が欠失した突然変異体
は塩素酸抵抗性のシロイヌナズナ突然変異体のなか
酸(イオン)の形で根から吸収し,利用している。
から1970年代初期に発見されている1)。この突然変
筆者は植物栄養を効率的に利用する作物品種の育種
を研究テーマとしており,作物の硝酸吸収遺伝子に
異体は20年後にlow affinity硝酸吸収トランスポー
ター遺伝子の発見につながった2)0
圃場における作物栽培の場では化学肥料の施肥直
興味を持ってきた。吸収遺伝子の同定のために硝酸
吸収欠失突然変異体の利用が有効であると考えてき
後あるいは一時的な水不足などによる例外的な高イ
吹
一一 滋賀県立大学・環境科学部 長谷川 博
硝酸イオン吸収関連遺伝子の突然変異州
道伝的多様性を獲得するための配偶子形成
東北大学・遺伝生態研究センター 東谷 篤志
平成9年度公開ワークショップをおえて
COE国際シンポジウムをおえて
平成10年度共同研究の公募について
-1-
1 4 6 7 8
遺伝生態研究センター通信 No.39
ヽ〆ヽdUrlヽ〆ヽヽメヽヽ.ガl
オン濃度環境を除いて,植物はhigh affinityの硝
同突然変異体を選抜するためには, a)塩素酸抵抗
酸吸収トランスポーターを働かせていると考えられ
性を指標とする方法, b)硝酸欠乏ストレスのため
る。そこで, high affinityの硝酸トランスポーター
生じる葉のアントシアニン着色を指標とする方法,
遺伝子を同定するために,硝酸吸収欠失突然変異体
およびC) 1個体ごと硝酸吸収をチェックする方法
を見つけることから研究を始めた。
が考えられる。これらの3方法のうち,塩素酸抵抗
まずオオムギにおいてhigh affinityの硝酸吸収
性を指標としてhigh affinltyの吸収欠矢の突然変
/能が低い突然変異体を選抜したが,得られた突然変
異体を得ることは困難なようである。また,アント
異体から硝酸欠矢に関する固定系統が得られず3),
シニアン着色を指標とすることはオオムギでは有効
生化学・分子生物学特性の調査を行うことが出来な
であってもイネには適用できないようである。結局,
かった。そこで実験材料をイネに変更した。イネは
吸収欠失突然変異体を獲得するためには個体ごとの
アンモニア利用植物であり,硝酸吸収欠失突然変異
吸収を時間をかけて調査することが最も確実な方法
が生じても生存の可能性が高いと考えたためである。
であることがわかった。具体的には,硝酸フリーの
条件で育てた幼植物を10mP程度の硝
酸溶液中に置き,一定時間経過後の
J
溶液(250〟M KN03として,なお
硝酸吸収促進のため400〟M CaS
O。との混合溶液とした)の硝酸濃
度を測定して,溶液の硝酸濃度が低
下していない個体を選抜するという
手順である(図1)。
3.イネの低硝酸吸収突然変異体
HASEGAWA (1996)4)は種子に
突然変異原処理を行ったイネのM2
種子約35,000について,硝酸吸収を
図1硝醸吸収に関するイネ突然変異体の選抜。このように,小さ
個体ごとに調査して,硝酸吸収能が
なカップに硝酸を含む水耕液を入れ,そのなかにM 2個体を
低下した3突然変異体, NUE-13,
ひとつずつ入れて,一定時間後の溶液の硝酸濃度を測定する。
NUE-36およびNUE-50が選抜で
硝酸濃度が低下しなかった個体を選ぶ。なお,第一段階での
きたことを報告している。これら3
硝酸の定量には硝酸イオン電極が便利である。
突然変異体の後代M3あるいはM4
表1低硝酸吸収イネ突然変異体の特性。イオン吸収と硝酸還元酵素(NR)活性はいずれも播種後14日目
に測定した。数字は原品種(NUE13, 36は日本晴, NUE50金南風)の百分率であり,・変異の幅を示
している。系統の由来,測定方法については引用文献4)を参照のこと。
系統名 硝酸吸収 カリウム吸収 NR活性l' 塩素敢抵抗性 セシウム抵抗性
N
N
N
U
U
U
3 34-71 5-76
57-59
感受性 抵抗性
E3 6 15-392) 32-42
57-72
感受性 抵抗性
85-110
弱い抵抗性 抵抗性
E
1
E 5 0 45-60 34-94
1) NADP-NR活性
2)表に記した量より低い個体も現れたが,生存できなかった。
-2-
J・
遺伝生態研究センター通信 No.39
◎㊤㊦㊤㈱㊤⑳9⑳㊤
系統における基本的な特性は以下の通りである(義
高等植物における硝酸吸収遺伝子の最も重要な特
1)。
1)播種後2週間目の幼植物における硝酸吸収につ
徴はhigh affinityであれlow affinityであれ,根に
いて,突然変異体は原品種(日本晴あるいは金南
おいて特異的に発現することである。また,硝酸に
風)の約15-70%である。
より誘導されるトランスポーターだけでなく,ごく
2 )突然変異体の硝酸還元酵素活性は原品種の57110%であり, NRに関しては正常であると考え
3)得られた突然変異体すべてにおいてカリウム吸
も知られている10)0
れた遺伝子が硝酸吸収トランスポーターをコードす
ることを証明するためには,遺伝子のmRNAを
収も低下している。
4) 3系統ともセシウム抵抗性を示すが,塩素酸抵
Xenopusの細胞に注入し,それが硝酸吸収を示す
抗性を示すのはNUE-50のみである。
という方法が採用されている2・ 9)。この方法の有効
このようにして得られた突然変異体は硝酸トラン
性,限界についても議論すべき点が残されている。
スポーターに関わる遺伝子の突然変異であるかどう
かはまだ明らかではない。セシウム抵抗性は根表皮
5.今後の展望
細胞の膜のプロトンポンプであるH+-ATPaseと
植物の硝酸吸収能を正確に把握することは,効率
の関連が注目されている5)。カリウム吸収も低下し
的な植物栄養管理を行うにあたっての最重要課題で
ているという結果も考慮すると,選抜された3突然
あるが,吸収能を評価するためにこれまでは総生体・
変異体は硝酸吸収トランスポーターを働かせるエネ
ルギー系に関わる遺伝子の突然変異である可能性が
乾物垂当たり,根の生体・乾物重当たり,あるいは
強い。今後は硝酸吸収が全く認められない突然変異
伝子がクローニングされ,トランスポータータンパ
根の長さ当たり等の指標しかなかった。硝酸吸収遺
体の探索を続けるとともに,根の細胞膜の電気生理
クが決定されたので,今後は遺伝子の転写量,タン
学研究と吸収遺伝子に関する分子生物学研究を計画
パク質量当たりで吸収能を比較することが可能とな
している。
り,研究の飛躍的な発展が期待できる。また,吸収
の行われる根の部分とその分布についての情報も多
4.硝酸吸収遺伝子研究の現状
くなり,根の生理・生態学的研究にはたす役割も大
硝酸吸収遺伝子は最初ラン藻において同定された
/(
わずかのconstitutiveな発現をするトランスポーター
なお,現在のところ,高等植物でクローニングさ
られる。
/(、
は今後急速に増加するはずである。
きいものがあろう。
が6),ラン藻と高等植物は根では膜構造に大きな差
選抜されたイネの低硝酸吸収突然変異体は,突然
異があり,この遺伝子は根のトランスポーターの遺
変異を用いて遺伝子の同定を行うという役割を果た
伝子研究には結びつかなかった。シロイヌナズナで
せなかったが,トランスポーターを働かせるエネル
同定され,クローニングされている硝酸吸収遺伝子
ギー系,あるいは遺伝子作用の調節といった研究に
ばlow affinityの吸収遺伝子であり,根において特
有用と思われ,硝酸栄養代謝の効率化という研究目
異的に発現することなどが明らかになっている2)。
的に役立っであろう。
high affinityの硝酸吸収遺伝子についてはアス
ペルギルス7)やクラミドモナス8)という菌類,藻類
文 献
でクローニングされている.高等植物における硝酸
1) Oostindier-Braaksma, F. J. & W. J. Feenstra
吸収遺伝子研究はアスペルギルスの硝酸吸収遺伝子
の相同配列を探索するという方法で研究が進み,オ
2) Tsay, Y. -E. et al. (1993) Cell 72:705-713.
オムギ9)で硝酸吸収に関与する遺伝子が同定される
3) Wallsgrove, R. M. ef αZ. (1989) Molecular and
(1973) Mutat. Res, 19:175-185.
に至った。その後, Nicotiana plumbaginifoliaや
Genetic Aspects of Nitrate Assimilation, 15-24.
イネにおいても同様の塩基配列をもっ遺伝子の報告
Oxford Sci. Pub1., Oxford.
があり,硝酸吸収遺伝子の分子生物学に関する情報
ー3-
4 ) Hasegawa, H. (1996) Physiol. Plant. 96:199-204.
遺伝生態研究センター通信 No.39
ヽ′ヽ…ヽ〆\ヽメヽ
5) Sheahan, J. J. et al. (1993) Plant J. 3:647-656.
8) Quesada, A. e£ αZ. (1994) Plant J. 5:407-419.
6) Omata, T. e£ α/. (1989) Proc. Natl. Acad. S°i.
9) Trueman, L J. et al. (1996) Gene 175:223-231.
USA 86:6612-6616.
10) Wang, R. & N. M. Crawford (1996) Proc. Natl
7) Unkles, S. E. et al. (1991) PrLOC. Natl. Acad.
Acad. S°i. USA 93:9297-9301.
Sci. USA 88:204-208.
遺伝的多様性を獲得するための配偶子形成
東北大学・遺伝生態研究センター 東 谷 篤 志
私は, 97年の春に静岡県三島市にある国立遺伝学
ていない多数の新樺の昆虫の媒介が必要であること
研究所から,東北大学の遺伝生態研究センターに赴
を,京都大学生態学研究センターの故井上民二教授
任してきました。したがって97年は桜の花見を三島
のグループらが明らかにしてきました。このように
と仙台で二度も体験することができました。 88年に
大変微妙なバランスのなかで生きている生物種が,
発足した本センターは今年度で時限の10年口にあた
生態系には実に沢山存在し,種の「多様性」を維持
ります。来年度からは同じ名称ですが新しい「遺伝
生態研究センター」が,次の10年へむけて発足する
しています。
一方生物を,ワトソンとクリックの二重螺旋の発
ことになりそうです。三島に勤務してたときも,こ
見に象徴される,今世紀後半に急速に進展した分子
ちらに赴任しましてからも,共通にみられることは,
生物学的観点から眺めると,その「普遍性」が提唱
事務方の皆さんを含む全職員が情熱をもって,いか
されます。全ての生物,細菌から人に至るまでは,
に良い研究組織として発展させるかに日々努力がな
共通の遺伝子DNAというもので情報が記されてお
されている姿です。そしてここでは複合環境下にお
り,転写,翻訳という過程をへて,生命活動に必要
ける生物種の遺伝生態学的研究を中心に, 「遺伝生
な酵素蛋白質を合成しています。さらに,分子生物
態学」という新しい学門分野の創設ならびに確立を
学的研究から得られた知識としては,例えば真核生
究極の目標に掲げていることです。
物であれば単細胞の酵母菌と人との間で,細胞複製,
ところで生物の「遺伝(千)」と「生態」という
二つのキーワードは生物の「普麺性」と「多様件」
転写,翻訳などの基本的な生命現象はほとんど同一
の機構,類似の酵素によって執り行われ,それらの
という両極のことがらを意味するのかもしれません。
調節機構でさえも良く似ています。また,酵母のあ
地球生態系は,いわずもがな大変複雑な生物一生物,
る遺伝子変異を人の相同的遺伝子を用いて相補でき
環境一生物の相互作用の下になりたっています。地
た事例も,しばしば報告されています。したがって
球環境の近代化(人間の生活環境の近代化)にとも
分子生物学の立場から極諭しますと,生物は秤を越
ない,多くの生物種が絶滅の危機に瀕しています。
え実に類似している「普遍的である」と言えます。
すでに絶滅した隼物種も数多く報告されています。
さて上述の一見相反するキーワードのもとで私な
またあるところの珍しい植物種を持ち返り大学の付
りに考えた研究テーマは,少し生態系から離れた立
属植物園や研究機関等で育て花をつけ実らせること
場で,生物が多様性を獲得するメカニズムならびに
に何年も要したという話や,また何年たっても花が
原因の本質を分子レベルで調べてみることです。し
咲かないという話をよく伺うことがあります。熱帯
かしながら,生態系の生物多種多様性を常に意識し
雨林での多くの花の受粉には,これまでに報告され
ながら研究を進めようと考えています。
-4-
E■lEコ
遺伝生態研究センター通信 No.39
㊦㊤⑳9⑳㊤◎㊤◎㊤⑳㊤
二重鎖切断
ます。 Rad51はその名前からも判るように,放射線
5
(三重卓iation)感受性の突然変異として,酵母から分
3●
離され, DNAの損傷に対する組換え修復過程にも
5
3.
必須の働きをすることが知られています。すなわち,
5.-,3・ェキソヌクレア一斗
減数分裂過程では高頻度の遺伝子組換えが生C,そ
こでは体細胞におけるDNA損傷の修復過程とオー
バーラップする機構が働き,遺伝子修復にも直接っ
ながる研究と思います。
相同柵合反応 +
また配偶子形成過程は,外部の温度変化,栄養条
件などによって,体細胞分裂時に比べより顕著に影
丁- ′=ズ=::
響を受けることが多くの生物種で知られています。
DNA修復合成 l
′一、
例えばイネの冷害や,成人男性がムンブスウイルス
=:7...",..._I
に感染し(おたふく風邪)高熱を出した場合など,
生殖細胞や減数分裂過程において障害をきたし,香
稔などの現象を引き起こします。
+
以上,述べましたように,配偶子形成過程を研究
遭伝子組換え
することは, 「生態系を構成する生物の多樺多様性」
図1 DNA相同的対合モデル
ならびに「地球環境の変動が種の維持におよぼす影
生物が多様な環境に適応し進化してきた過程は,
響」など,非常に興味深い研究課題につながるもの
それぞれ個々の生物種が独自の遺伝的多様性を獲得
と思います。
した結果であります。なかでも有性生殖を行う生物
は,配偶子の接合により遺伝情報の混合を行い子孫
おわりに
に遺伝的多様性を与えることができます。この有性
本稿においては,筆者個人の独断と偏見からなる
生殖サイクルにおいて,染色体数の半減を行う減数
部分がかなり占めており,大変読み苫しかったかも
分裂過程では,体細胞分裂に比べてきわめて高い頻
度で相同染色体間遺伝鋼尺換えが起こり,その結果,
子孫の遺伝的多様やIiがさらに高まります。相同遺伝
/
ー
子組換えの要の反応である相同的対合反応(DNA
の2本鎖の間にそれと相同的な1本鎖DNAを割り
込ませ最終的に鎖交換を行う反応)は,大腸菌にお
いてはrecA遺伝T・産物によって触媒されることが
知られています(図1)。近年この人腸菌recA遺伝
子の機能的にも構造的にも相同な遺伝子が,様々な
貢核生物,酵母,マウス,ヒト,高等植物(ユリ,
イネ,シロイヌナズナ)などから分離され,モデル
生物でもある土壌白活性線虫(C. elegans)のゲ
ノムプロジェクトからも兄い出せ,アミノ酸レベル
で高い配列の相同性が確認されています(図2) '11'。
頁核隼物においてこれらrecA様遺伝子は,一般に
DMCl/Lim15タイプとRad51タイプの2種類が
各々存在し,前者は減数分裂細胞で特異的に,後者
は体細胞と減数分裂細胞の両方において発現してい
図2 RecA様遺伝子のペプチド配列に基づく分子
-5-
系統樹注')
遺伝生態研究センター通信 No.39
l〆Ilメヽ…ヽズヽ
しれません。ここにおわび申し上げます。これに懲 したいと思っています。今後とも,皆様の多くのご
りず,もしもう一度本通信に執筆の機会がありまし 指導ご助言を賜わりますよう,宜しくお願い申しと
たら,次回は「遺伝的多様性を獲得するための配偶 げます。
子形成」という同じタイトルで,きちんとした実験
データを中心に論旨を展開できるよう,研究に精進 注1佐藤修正,東谷篤志,未発表データより
平成9年度公開ワークショップをおえて
本「遺伝生態研究センター」は平成10年3月に10
究の成果を,自然生態系での生物の営みに如何に結
年の存続期限を迎え, 4月からはまた新しく「遺伝
びつけていくかなど,活発な討論が繰り広げられま
生態研究」の成熟と完成を目指して再出発します。
した。また,同じ会場の異なるフロアでは,本セン
この重要な節目にあたり,平成9年度の本センター
ターで行われてきた独自の研究や,他の研究機関の
のワークショップでは, 11月7, 8日の両日,仙台
研究者との間で行われてきた其同研究に閲し,合計
市旭ヶ丘市民センターにおいて,これまで本センター
35題にも及ぶ「展示発表」がなされ,趣向を凝らし
で開拓し,発展させてきた「遺伝生態研究」の成果
た色とりどりの展示や学生諸君による熱JL、な説明に
について総括するとともに,今後この研究をどのよ
は,市民からも「もっと討論の時間を長くして欲し
うに飛躍・完成させていくのか,また今日我々を取
い」などの要望がでるなど,高い評価を得ることが
り巻く環境や生態系が大きく変化する中で, 「遺伝
できました。
二日目には, 「地球環境が変わると生物の生活は
生態研究」がどのような役割と使命を担っているか,
その重要性と将来の展望とを,仙台市旭ヶ丘市民セ
どうなるか」という主課題の下に,広島大学の堀越
ンターとの共催で,広く市民にも問いかけ,共に考
孝雄教授から「地球環境の変動と菌根共生系」,岡
える機会にすることを試みました。その結果,学内
山大学の武田和義教授から「ストレス環境に対する
外および市民も含め約100名の参加を得て活発な討
植物の適応と遺伝資源」,そして京都大学の河野昭
一教授からは「植物はどのように環境変動に適応し
議がなされ,極めて有意義なワークショップとなり
ているか-その調節機能と分化のしくみを探る-」
ました。
一日目は, 「遺伝生態研究の台頭,発展,そして
と題して講演をいただきました。講演の後,本セン
未来への展望」と題して,本セy,ターの亀谷寿昭教
ターの客員教授であります東京大学の杉山純多教授
授から「遺伝子のレベルからみた遺伝生態研究」,
の司会で,パネルディスカッションがもたれました。
そして熊谷忠教授から「光環境生物学からみた遺伝
市民からも多くの質問がだされ, 「遺伝生態研究」
生態研究」についてそれぞれの研究分野の立場から,
に対する力強い支援となりました。午後は,東戻大
これまで行ってきた「遺伝生態研究」について講演
学の石弘之教授から「21世紀の地球環境と日本」と
がありました。次いで大瀧センター長から次年度以
題するグローバルな立場からの特別講演がありまし
降の新しい「遺伝生態研究センター」の研究目標,
た。
これらの講演は,いずれも自然科学の面だけでな
内容そして抱負について紹介があった後,本センター
の南洋究教授の司会で総合討論が進められました。
く,人文科学の側面からも論じられたものであり,
この討論では,これまで本センターで行ってきた
我々「遺伝生態研究」に携わる者,特にこれからの
「環境要因の変化」, 「遺伝子発現の変化」そして
「遺伝生態研究」を担っていく若手研究者や学生に
「生物種の応答反応の変化」をキーワードとする研
は,極めて意義深いものとなりました。これら二日
-6-
遺伝生態研究センター通信 No.39
¢¢8909餌⑳9⑳㊤
口削こわたって開催されたワークショップは,非常に 究者にとって何よりの励みとなりました。
盛りだくさんのものとなり,討論等に十分な時間が
(平成9年度
取れなかったことなど-肺亡、残りの点もありました
が,それだけに会場からこのようなワークショップ
ワークショップ・ワーキンググループ)
の再開催を希望する意見も出されたことは,我々研
COE国際シンポジウムをおえて
//へ
平成9年12月4-6【ほでの3U聞,東北入学医
れるか, 4)刺激を受けた菌類はどの様に反応する
学部艮陵会館において,東北人学遺伝生態研究セン
か,屈曲や回転運動,そして形態形成はどの様に変
ターT.僻のCOE同際シンポジウム「Fungal
化するか, 5)病原菌の感染や菌根繭など菌類と植
Responses t。 EnviI、Onmental Signals -Genetic
物との関係は環境要因の変化によってどの様に変化
Ecol()glCal Approach in Mvcol()glCal Research-
するか,などが取り_ロブられ,多方血から検討され
(菌類における環境シグナル応答 一蘭学における
ました。対象となった材料は,酵母,ケカビ,ヒゲ
遺伝隼態研究-)」が円本菌学会との共催で開催さ
カビ,ミズクマカビ,アカバンカビ,ジベレラ,フ
れました。菌類は自然非においては老廃物の分解者
ザリウム,ヒトヨタケ,イネごま葉枯病菌,菌根菌
として,また他の生物に対する共生者や寄隼者とし
など多数にわたり,また環境要因としては,可視光,
て,生態系では極めて重要な役割を演じています。
紫外線,重力,混度などが取り卜げられました。こ
また,これら菌類の生長,形態形成,感染性などは,
れらの討論を適して,ある種の菌類では形質転換が
いずれも環境要因の変化によって大きく影響を受け
凶難であるが,分子レベルでの解析のためには有効
ることが知られています。近年問題となっている,
な形質転換系の開発が望まれることが浮き彫りにさ
人気 二酸化炭素濃度の増人,温暖化,酸性雨,紫外
れました。外国からの招待講演者18名,国内招待講
線巨11:の増加など,地球レベルでの環境の変化が菌甑
漬者9名,参加者は口本を入れて12カ国,総勢90名
しいては隼態系にいかに影響をあたえるかを考える
の参加者がありました。国内からは,大学の他に他
うえからも,本課題に関わる国際シンポジウムは極
省庁や企業の研究所からも多くの参加があり,それ
めて有意義なものでありました。
ぞれ異なる立場から学ぶことができました。今回の
シンポジウムには,この分野の研究が比較的進んで
このシンポジウムでは,本センターの掲げる「遺
伝生態研究」を菌類の場で追求しようとするもので,
いるスペインからの8名を筆頭に,ドイツ,アメリ
菌類が光,重力,混度等の環境要因(シグナル)の
カからも多数参加があり,議論が繰り広げられまし
変化に対して,どの様な遺伝r発現や伝達系を適し
て応答するのか,また,環境の変動に伴う菌類の行
た。一方,日本以外のアジアの研究者の発表が皆無
であったのは残念でしたが,この様な「遺伝生態研
動や形質発現の変化は隼態系にどの様な影響を与え
究」に関する菌類の国際シンポジウムを継続して開
るのかが討諭されました。すなわち, †:_な課題とし
催することを参加者一同約束して,本シンポジウム
て, 1)菌類はどの様な受容体で,どの様な仕組み
は成功のうちに終了しました。
で光や重力刺激を感受するか, 2)環境要因の変化
はどの様な遺伝rの発現を伴うか, 3)感受された
(COE国際シンポジウムIjH催委員会)
刺激はどの様な化学的メカニズムによって伝達さ
7
遺伝生態研究センター通信 No.39
lメILNtPIJnlJP
平成10年度共同研究の公募について
平成10年度から新たに設置される『東北大学遺伝生態研究センター』 (以下「新センター」という。)にお
いては,次の二つの体制で「共同研究」を実施します。
(1)重点共同研究
① 新センターの研究目的である『複合環境下における生物種の遺伝生態学的研究』の基盤構築,さらに
『遺伝生態研究』の進展及び学際的な新学問としての確立を目指すためのプロジェクト型研究とする。
② 研究期間は2-3年間とし,共同研究者が新センターに比較的長期間滞在の上,研究テーマに沿って
施設・設備を利用して行う共同研究とする。
③ 研究テーマは2件程度設定し,研究組織は,新センターの専任教授ほか数名の教官及び新センター外
の学内外研究者で組織するとともに,研究計画等により共同研究者を公募する。
(2)一般共同研究
① 新センターの研究部門の各分野が目指す経常的研究課題に沿った内容に関し,原則として新センター
に来所のし,実験的研究を主体に行う共同研究とする。
② ①のほか,学術交流や情報交換的な形態も,この共同研究の対象とする。
◎ 公募事項
新センターにおける平成10年度の共同研究は,次の形態で公暮します。
(1)重点共同研究
平成10年度は,次の2研究テーマを設定し,各研究テーマごとに以下の分野について共同研究者を公
暮します。
◆ 研究テーマⅠ 『遺伝的多様性を獲得するための配偶子形成における生物分子機構』
募集研究分野:生理生態学分野 1名程度
組織細胞学分野 1名程度
◆ 研究テーマII 『持続的農業および環境保全を目指した植物と微生物の遺伝生態的解析』
募集研究分野:植物微生物共生系分野 2名程度
紫外線損傷の修復分野 1名程度
(2)一般共同研究
◎ 申請資格者
国・公・私立大学及び国公立試験研究機関の教官及び研究者です。
なお,研究組織に大学院学生及び民間企業の研究者を含めることができます。
◎ 申請書提出期限
平成10年2月6日(金) 期限厳守
◎ 申請書提出先
芦lq
東北大学遺伝生態研究センター 共同利用掛
〔TEL 022 (217) 5706〕
〒980-8577 仙台市青葉区片平二丁目1 - 1
東北大学遺伝生態研究センター通信Na39
編集後記
平成10年(1998年) 1月
編集・発行 東北大学遺伝生態研究センター
新年あけまして,おめでとうございます。当センター
はこの3月でまる10年になります。年に4回発刊してお
りますセンター通信は,皆様の御支援を得て休刊するこ
となく3月には40号を発刊できる予定です。遺伝生態研
究に関わる御意見,研究紹介,書評等を手紙,ファクス
(022-263-9845), E-mail ([email protected])
でお寄せください。また,センター通信への御意見もお
寄せいただければ幸いです。 40号は3月末に刊行を予定
〒980-77仙台市青葉区片平二丁目1 - 1
TEL 022-217-5706 (共同利用掛)
FAX 022-263-9845
0研究センター通信の題字は、 元東北大学長
石田名香雄先生の自筆です。
は、東北大学遺伝生態研究センターの
シンボルマヤクです。
IGE Jnstitute of GenetlC Ecologyの略称です。
しております。
一8-