カレンダー・・・K-1 お知らせ ・・・ 支部だより・・・K-5 会 告

Japan Society for Bioscience,
Biotechnology, and Agrochemistry
会告
2014.7
カレンダー・・・K-1
お知らせ ・・・K-3
支部だより・・・K-5
会 告
期 日
2014 年(平成 26 年)
7/2∼4(水∼金)
7/3∼4(木∼金)
7/4(金)
7/5(土)
7/5(土)
7/7∼9(月∼水)
7/9(水)
7/12(土)
7/17(木)
7/17∼18(木∼金)
7/17∼18(木∼金)
7/19(土)
7/19(土)
7/25(金)
7/26(土)
7/28(月)
8/3∼5(日∼火)
8/5∼7(火∼木)
8/7∼8(木∼金)
8/7∼8(木∼金)
8/8∼9(金∼土)
8/10∼12(日∼火)
8/21∼23(木∼土)
8/27(水)
8/27∼28(水∼木)
8/30(土)
9/2∼6(火∼土)
9/3∼5(水∼金)
9/4∼5(木∼金)
9/4∼6(木∼土)
9/5∼6(金∼土)
9/5∼7(金∼日)
9/10∼12(水∼金)
9/11∼12(木∼金)
9/11∼12(木∼金)
9/12(金)
9/17(水)
9/18∼19(木∼金)
化学と生物 Vol. 52, No. 7, 2014
講演・会合等名称(会場),《共催等》,太字=本会関連
第 49 回天然物化学談話会(倉敷)
《協賛》
日本包装学会第 23 回年次大会(東大)《協賛》
東日本大震災に係る食料問題フォーラム 2014 川内村ワークショップ(福島)《後援》
第 26 回万有札幌シンポジウム(北大)《協賛》
日本農芸化学会中部支部第 170 回例会『環境調和・食と農芸化学』(静岡県大)
第 51 回アイソトープ・放射線研究発表会(東大)《協賛》
日本農芸化学会創立 90 周年・第 40 回化学と生物シンポジウム―「私たちの健康と食品」―
(東大)
日本農芸化学会関西支部例会 第 485 回講演会・ミニシンポジウム(阪府大)
第 42 回日本食品微生物学会学術セミナー(横浜)
日本プロテオーム学会 2014 年会( JHUPO 第 12 回大会)(つくば)《後援》
セルロース学会第 21 回年次大会(鹿児島大)《協賛》
日本農芸化学会東北支部シンポジウム「植物ホルモン研究の New Era ―分子レベルでの
新展開―」(山形大)
第 4 回天然物パワーシンポジウム「海外学術調査と天然物化学」(東大)《協賛》
生物工学フォーラム「先端技術による新たなバイオテクノロジー」(理研)《協賛》
日本学術会議公開シンポジウム「昆虫における刺激の受容と反応」(東京)
千里ライフサイエンスセミナー「上皮極性シグナル制御とその異常による病態」(大阪)
第 4 回高校生バイオサミット in 鶴岡(鶴岡)《後援》
国際カルノシン・アンセリン学会(星薬大)《後援》
日本ゾル ‒ ゲル学会第 12 回討論会(つくば)《協賛》
第 28 回キチン・キトサンシンポジウム(順天堂大)《協賛》
第 19 回日本病態プロテアーゼ学会学術集会(大阪)
第 33 回日本糖質学会年会(名大)《共催》
第 8 回レドックス・ライフイノベーション第 170 委員会(宮崎)
文部科学省創薬等支援技術基盤プラットフォーム公開シンポジウム(東京)《後援》
第 27 回におい・かおり環境学会(文京学院大)《協賛》
食品酵素化学研究会第 14 回学術講演会(阪府大)
第 27 回国際ポリフェノール会議 2014(名大)《共催》
第 65 回コロイドおよび界面化学討論会(東京理科大)《協賛》
第 67 回日本酸化ストレス学会学術集会(同志社大)
第 23 回日本バイオイメージング学会学術集会「公開講座」並びに「学術講演会」(阪大)
《協賛》
第 12 回高付加価値食品開発のためのフォーラム(裾野)《協賛》
栄養学若手研究者の集い第 48 回サマーセミナー(福井)
第 44 回複素環化学討論会(札幌)《共催》
第 31 回シクロデキストリンシンポジウム(島根)《共催》
第 59 回リグニン討論会(福井工大)《共催》
第 24 回イソプレノイド研究会例会(岡山大)《協賛》
プロテイン・アイランド・松山国際シンポジウム 2014(愛媛大)《後援》
平成 26 年度日本農芸化学会西日本支部大会(佐賀)
(k-1)
期 日
9/19∼20(金∼土)
9/20∼22(土∼月)
9/22∼24(月∼水)
9/24∼28(水∼日)
会 告
9/26∼9/27(金∼土)
10/15∼17(水∼金)
10/15∼17(水∼金)
10/15∼17(水∼金)
10/22∼24(水∼金)
10/27(月)
10/28∼29(火∼水)
10/31(金)
11/4∼6(火∼木)
11/6∼7(木∼金)
11/8(土)
11/8∼9(土∼日)
11/13∼14(木∼金)
11/14∼15(金∼土)
11/22∼24(土∼月)
11/24∼26(月∼水)
11/27∼29(木∼土)
12/17∼19(水∼金)
2015 年(平成 27 年)
3/26∼29(木∼日)
講演・会合等名称(会場),《共催等》,太字=本会関連
2014 年度日本農芸化学会関西支部大会(第 486 回講演会)日本農芸化学会創立 90 周年・関
西支部創立 80 周年記念大会(奈良,奈良先端大)
第 58 回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会(和歌山大)《共催》
平成 26 年度日本農芸化学会北海道・東北合同支部大会(北大,札幌)
12th International Symposium on Cytochrome P450 Biodiversity and Biotechnology
(京都)《後援》
学会創立 90 周年記念日本農芸化学会 2014 年度中四国支部大会(第 40 回講演会)(徳島大)
第 62 回レオロジー討論会(福井)《協賛》
2014 地球環境保護 土壌・地下水浄化技術展(東京)《協賛》
第 56 回天然有機化合物討論会(高知)《共催》
第 51 回ペプチド討論会(徳島大)《協賛》
第 20 回名古屋メダルセミナー(名大)《協賛》
The 3rd International Symposium on Chemical Biology of Natural Products:Target ID
and Regulation of Bioactivity(大阪)
《協賛》
大豆のはたらき in 仙台―食を通して健やかな人生を―(仙台)《後援》
第 53 回 NMR 討論会(阪大)《共催》
第 13 回食品レオロジー講習会―初心者のための実習と基礎―(仮題)(東大)《協賛》
日本ラクトフェリン学会第 6 回学術集会(つくば)
第 19 回日本フードファクター学会(JSoFF 2014)(鹿児島大)
第 42 回構造活性相関シンポジウム(熊本)《後援》
第 47 回酸化反応討論会(崇城大)《共催》
第 55 回高圧討論会(徳島大)《協賛》
アジア環境化学国際会議(International Conference of Asian Environmental Chemistry
2014)(タイ)《後援》
第 41 回有機典型元素化学討論会(宇部)《共催》
Active Enzyme Molecule 2014(富山)《後援》
日本農芸化学会 2015 年度(岡山)大会(岡山,岡山大)
メールアドレス登録のお願い
本会では,メーリングシステムと WEB による会員名簿の整備
を進めております.このシステムのいっそうの充実を図るため,
会員の皆様方にはメールアドレスのご登録をお願いしたいと存じ
ます.
本会庶務係(shomu@jsbba.or.jp)まで,氏名,登録用メールア
ドレスをお送り下さいますよう,何卒よろしくお願い申し上げま
す.
会員情報システムを通じて登録,閲覧される情報は SSL 暗号化
通信によって外部からの盗聴を防いでおります.
(k-2)
化学と生物 Vol. 52, No. 7, 2014
本会告ページは,「化学と生物」2015 年 1 月から掲載を停止いたします.1 月以降の会告につきましては,本会ホームペー
ジに掲載いたしますので,そちらをご覧くださいますようお願い申し上げます.
2015 年度(平成 27 年度)大会のお知らせ
ナー・ジュニア農芸化学会等】
定で開催いたします.
岡山で初めての大会開催です.全国各地から大勢参加く
2015 年 3 月 27 日(金)∼29 日(日)
岡山大学津島キャンパス(〒700‒8530 岡山市北区津島中 ださい.
http://www.okayama-u.ac.jp/tp/access/access_4.html)
会 期:2015 年(平成 27 年)3 月 26 日(木)∼29 日(日)
会 場:
『岡山大学では敷地内禁煙が実施されています.学会参
加者の皆様のご理解とご協力よろしくお願いいたします.』
【授賞式/受賞講演/農芸化学「化学と生物」シンポジウ
ム/懇親会】
大会実行委員会:[委員長]稲垣賢二(岡山大学大学院環境
2015 年 3 月 26 日(木)
生命科学研究科)
[副委員長]上村一雄(岡山大学大学院
ホテルグランヴィア岡山
環境生命科学研究科)
[総務代表]神崎 浩(岡山大学大
(〒700‒8515 岡山市北区駅元町 1 番 5
学院環境生命科学研究科)
問合せ先:2015 年度大会実行委員会
http://granvia-oka.co.jp/access/)
総務代表 神崎 浩 hkanzaki@okayama-u.ac.jp
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
農芸化学 を基軸とした異分野融合研究と新技術創成
日本農芸化学会 2015 年度大会シンポジウム課題の募集
日本農芸化学会 2015 年度大会は 2015 年(平成 27 年)3 月
などを中心として,農芸化学の広範な分野からの課題応募
26 日(木)∼29 日(日)の 4 日間,岡山大学津島キャンパス
を期待いたしております.特に,若手会員からの積極的な
(岡山市北区津島中)を主会場として開催されます.大会最
応募を期待します.
終日 3 月 29 日(日)に,1 課題約 3 時間の枠でシンポジウム
なお,本大会シンポジウムでは,同一シンポジストが複数
を開催予定です.つきましては,シンポジウム課題を広く
のシンポジウムで講演することはできません.また,世話人
会員の皆様から公募しますので,積極的なご応募をお待ち
代表者が異なる課題のシンポジウムで講演することもでき
しております.今回のシンポジウムでは,ご提案いただい
ませんのでご留意ください.シンポジウム課題の採択可否
た課題から 20 課題程度を採択させていただく予定です.
につきましては,シンポジウム委員会で選考し,8 月末頃ま
本大会では,農芸化学領域のパラダイムシフトを目指し
でに課題応募者宛てにてその結果をご連絡いたします.
た異分野融合的な内容や地域活性化をバイオ関連産業から
牽引するような内容のシンポジウムを募集いたします.
その他の不明な点は,シンポジウム担当までお問合せく
ださい.
【シンポジウム課題応募要領】
たとえば,
応募期限:2014 年 7 月 31 日(木)
◎次世代の農芸化学領域を開拓する異分野融合領域研究
応募申請に必要な記載事項:1)課題(仮題でも可),2)世
・農芸化学研究を基軸とした新たな異分野融合研究
・オープンイノベーションを目指したグローバル視点か
らの農芸化学研究
(400 字程度),4)講演者案(氏名・所属・会員と非会員
◎地域活性化に資するグローカルな農芸化学研究
区分),5)海外講演者の有無,6)予想される聴衆人数,
7)希望会場規模[(1)100 人未満収容の会場]または
・地域バイオ産業振興に資する新技術創成への貢献
[(2)100 人収容以上の会場]
,8)その他の参考となる事
・地域特色を活かしたバイオ産業創成への貢献
化学と生物 Vol. 52, No. 7, 2014
話人の氏名・所属・年齢(2∼3 名)
,3)企画趣旨と概要
(k-3)
会 告
【一般講演・展示会・シンポジウム・ランチョンセミ
日本農芸化学会 2015 年度(平成 27 年度)大会を下記の予
項,9)世話人代表者(国内正会員)の氏名と連絡先(郵
・代表:木村吉伸(岡山大学環境生命科学研究科(農学
系))
便番号,所在地,所属,電話番号,ファックス番号,Email アドレス)
E-mail:yosh8mar@okayama-u.ac.jp
応募先 E-mail:nouka-sympo@okayama-u.ac.jp
・副代表
※メールの件名を,「農芸化学会シンポジウム応募」 とし
内海俊彦(山口大学大学院医学系研究科(農))
て送信ください.折り返し受領通知をお送りします.
木村幸敬(岡山大学大学院環境生命科学研究科(環))
受領通知がない場合は再度送付ください.
田辺創一(広島大学大学院生物圏科学研究科)
問合せ先:[シンポジウム担当]
会 告
田村 隆(岡山大学大学院環境生命科学研究科(農))
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
創立 90 周年記念・農芸化学「化学と生物」シンポジウムについて
創立 90 周年記念・農芸化学「化学と生物」シンポジウム
講 演:清水 誠(東京大学名誉教授,日本農芸化学会会長)
を下記要領で開催します.
「機能性食品研究の過去・現在・未来」
詳細決定次第,学会ホームページ(http://www.jsbba.
伏木 亨(京都大学大学院農学研究科教授)
or.jp/event/event_sympo_kasei.html)および本誌会告に
「おいしさは究極の食品機能」
掲載します.
佐藤隆一郎(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)
タイトル:私たちの健康と食品
「食の機能による健康寿命延伸」
日 程:2014 年(平成 26 年)7 月 9 日(水)
展 示:農芸化学技術賞受賞企業による企業活動展示
場 所:東京大学伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホー
問合せ先:公益社団法人日本農芸化学会事務局
Tel. 03‒3811‒8789
ル,多目的スペース
(東京都文京区本郷 7‒3‒1,本郷キャンパス赤門付近)
E-mail:90th-kasei40@jsbba.or.jp
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
日本農芸化学会フェロー候補者ご推薦のお願い
この度,本会は日本農芸化学会フェロー制度を新設いた
更なる発展に貢献していただくことを目的としておりま
す.
しました.
フェロー制度規程および推薦書は日本農芸化学会ホーム
本制度は,本会における継続的な活動を通じ,農芸化学
分野において優れた業績をあげ,社会および本会の発展に
ページに掲載しております.フェロー候補者のご推薦は,
顕著な貢献をなした正会員に対し,日本農芸化学会フェ
所定の用紙を用い,本人のご同意を得たうえで 7 月 31 日ま
でにお願いたします.
ローの称号を授与し,その功績を称えるとともに,本会の
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
本会推薦による賞・助成金情報
現在,本会では下記の賞・助成金の本会
推薦候補者を募集しています.適任者がお
られましたら奮ってご応募ください.本会
授賞選考委員会で選考し,推薦いたしま
す.
賞・助成の詳細につきましては,当募集
団体ホームページをご覧ください.
また,本会ホームページの賞・助成金情
報(http://www.jsbba.or.jp/info/grant/)
もご覧ください.
【賞】
○平成 26 年度(第 13 回)日本農学進歩賞
(7/10 締切)
○第 6 回とうきゅう環境財団社会貢献学術
賞(7/31 締切)
○第 41 回岩谷直治記念賞(7/31 締切)
○第 31 回井上学術賞(8/20 締切)
○平成 26 年度島津賞(8/29 締切)
○第 4 回三島海雲学術賞(8/29 締切)
○第 23 回木原記念財団学術賞(8/29 締切)
○第 46 回内藤記念学術振興賞(9/1 締切)
【助成】
○第 42 回内藤記念講演助成金(7/18 締切)
○第 46 回内藤海外学者招聘助成金(9/1 締
切)
《問合せ・応募先》〒113‒0032 東京都文京
区弥生 2‒4‒16 学会センタービル内
日本農芸化学会事務局授賞係
Tel. 03‒3811‒8789 Fax. 03‒3815‒1920
E-mail:shomu@jsbba.or.jp
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
(k-4)
化学と生物 Vol. 52, No. 7, 2014
第 64 回国際会議出席費補助金交付候補者募集要項
対 象:海外で開かれる農芸化学諸分野の
国際会議出席希望者.ただし,2014 年 10 月
1 日から 2015 年 3 月 31 日までに開かれる国
際会議で発表を予定している方.
補助金の金額:1 件 20 万円以内,4 件程度
(総額 80 万円)
応募方法:所定の申請書に必要事項を記入
のうえ,当財団宛てに郵便にてご送付くだ
さい.
※申請には必ず会議での発表予定論文の要
旨および招請状を添付してください(要
旨は英文,和文いずれも可.コピー可).
用紙は A4 判を用いること.
応募の締切:2014 年 7 月 31 日(木)当日消
印有効
補助金の交付:2014 年 9 月
応募先・申請書請求先:〒113‒0032 東京
都文京区弥生 2‒4‒16 学会センタービル
公益財団法人農芸化学研究奨励会事務局
Tel. 03‒3811‒8789, Fax. 03‒3815‒1920
E-mail:acrf_info@jsbba.or.jp
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
このたび,本会広報委員会では,小学
校・中学校・高等学校への出前授業を開始
いたします.学校関係者の皆さま,たくさ
んのご応募をお待ち申し上げます.
趣 旨:日本農芸化学会の会員(科学者や
知識人など)が,講師として小・中・高
等学校へ出向き,農 芸 化 学(動 物・植
物・微生物の生命現象,生物が生産する
物質,食品と健康などを化学的な考え方
に基づき研究する学問)にかかわる授業
を,最先端の研究内容の紹介などを含め
ながら,講義・実験・演習を通して有意
義に学びます.
授業対象:小学生・中学生・高校生,教員
の団体ほか
付帯事項:講師派遣料は本会負担(ただし
必要な備品などはご準備いただきます)
授業時間:1∼2 コマ授業(1 コマ 45 分)
授業形態:クラス単位(複数クラス可)
対象地区:日本全国(北海道,東北,関東,
中部,近畿,中国四国,九州地区)
申込方法:申請書を郵送またはメール添付
(PDF)にてお申込みください.申請書受
付後,本会で調整し,派遣講師と授業内
容をお知らせします.
申請書請求・問合せ先:日本農芸化学会事
務局広報係 東京都文京区弥生 2‒4‒16 学会センタービル 2 階
Tel. 03‒3811‒8789
E-mail:soumu@jsbba.or.jp
その他:申込多数の場合は個別に相談のう
え,適宜実施させていただきます.
収書がご入用の方は,上記ページにログイ
ンし,ご自身の会費領収書をダウンロード
してくださいますようお願いいたします.
問合せ先:日本農芸化学会事務局会員係
東 京 都 文 京 区 弥 生 2‒4‒16 学 会 セ ン
タービル 2F
Tel. 03‒5803‒9561
E-mail:kaiin@jsbba.or.jp
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
会費の領収書について
会費の領収書は本会ホームページの会員
Mypage(https://jsbba.bioweb.ne.jp/
mypage/)からダウンロードできます.領
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新入会・登録情報変更などの
URL について
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新規入会,登録情報確認・変更の URL
は下記のとおりです.
登録情報を確認,変更される場合,会員
ID(会員番号)とパスワードが必要です.
ご登録いただきました会員データに基づ
き学会誌の発送,会費・購読料の請求を
行っておりますが,登録データは外部に漏
れることがないよう十分注意を払っており
ます.
会員登録の変更につきましては,Web
上では変更できない個所も定めております
ので,E-mail または Fax でも受け付けてお
ります.
こ の 際,登 録 内 容 を ご 確 認 い た だ き,
E-mail などご登録いただいていないようで
したら是非ご登録下さいますようご協力く
ださい.
[日本農芸化学会ホームページ URL]
http://www.jsbba.or.jp/
なお,パスワードを紛失された場合は
「パスワード再発行」を行ってください.
取得されたパスワードを独自のパスワード
に変更する場合は「パスワードの変更」で
手続きすることができます.
《事 務 局 会 員 係》Tel. 03‒5803‒9561, Fax.
03‒5803‒9562, E-mail:kaiin@jsbba.or.jp
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
第 51 回化学関連支部合同
日本農芸化学会中部支部
第 170 回例会『環境調和・
食と農芸化学』
日時:2014 年 7 月 5 日(土)13 : 00∼
会場:静岡県立大学 看護学部棟 13411 講
義室
プログラム:⃝農芸化学奨励賞受賞講演:
石井剛志(静岡県大・食品栄養科学部)
「食
品および酸化ストレス関連因子による生体
タンパク質の翻訳後修飾に関する研究」,
柴田貴広(名大院・生命農学研究科)
「脂質
化学と生物 Vol. 52, No. 7, 2014
メディエーターに関する化学生物学的研
究」,吉 村 和 也(中 部 大・応 用 生 物 学 部)
「植物 Nudix hydrolase ファミリーの生理
機能に関する研究」 ⃝シンポジウム『環
境調和・食と農芸化学』
:稲垣栄洋(静大
農・フ ィ ー ル ド 科 学 教 育 研 究 セ ン タ ー)
「地域の生態系機能を活用した農業生産」,
横山真弓(兵庫県大・自然・環境科学研究
所)「ニホンジカ管理と持続的食資源とし
てのシカ肉活用をつなぐ最前線」,若林敬
二(静岡県大・食品環境研究センター)
「が
んの発生と抑制に影響を及ぼす食事性因
子」 ⃝懇親会 詳細は支部ホームページ
(http://www.agr.nagoya-u.ac.jp/
jsbba/)にて
問合せ:河原崎泰昌(静岡県大・食品栄養
科学部)
(k-5)
Tel. 054‒264‒5540
E-mail:kawarsky@u-shizuoka-ken.ac.jp
日本農芸化学会関西支部例会
第 485 回講演会・ミニシンポジウム
日時:2014 年 7 月 12 日(土)13 : 00∼
会場:大阪府立大学学術交流会館(大阪府
堺市中区学園町 1‒1)
プログラム:【ミニシンポジウム】「細胞・
生物情報ネットワークを紐とく」接合菌の
内生細菌におけるクオラムセンシング(甲
斐建次,大阪府大院・生命環境),疫病菌交
配ホルモンの生物有機化学(矢島 新,東
京農大・応生科),ROS による植物の根の
生長を制御する細胞機能転換転写ネット
ワーク(塚越啓央,名大・高等研究院 兼 生命農学)
【日本農学賞受賞講演】環境保全
会 告
小学校・中学校・高等学校への出前授業募集
型の高選択的生物制御物質に関する先駆的
研究(林 英雄,大阪府大名誉教授)
【一般講演】
参加費:無料
懇親会:一般講演終了後
問合せ先:大阪府立大学大学院生命環境科
学研究科
山地亮一(Tel. 072‒254‒9453)
E-mail:yamaji@biochem.osakafu-u.ac.jp
詳細は http://www.kansai-jsbba.jp をご覧
ください.
会 告
日本農芸化学会東北支部
シンポジウム
「植物ホルモン研究の New Era
―分子レベルでの新展開―」
日時:2014 年 7 月 19 日(土)
場所:山形大学農学部 301 講義室
世話人:三橋 渉(山形大学農学部)
連絡先:〒997‒8555 山形県鶴岡市若葉町
1‒23
Tel. 0235‒28‒2868
E-mail:wmitsu@tds1.tr.yamagata-u.ac.jp
詳細は,決定次第支部ホームページ上でご
案内いたします.
平成 26 年度日本農芸化学会
西日本支部大会
期日:2014 年 9 月 18 日(木)∼19 日(金)
会場:HOTEL グランデはがくれ(シンポ
ジウム・特別講演・懇親会)
佐賀大学農学部(一般講演)
実行委員長:神田康三(佐賀大学農学部)
シンポジウム:「ファージ研究の新展開」
松崎茂展(高知大学医学部)「バクテリオ
ファージ療法の現状と可能性」,大塚裕一
(獨協医科大学)「ファージ療法・もう一つ
のチャレンジ」,土居克実(九州大学大学院
農学研究院)「極限環境ファージの特性―
ゲノム構造から展開する生命進化と産業応
用―」
特別講演:村田 晃(佐賀大学農学部名誉
教授)「有用嫌気性細菌におけるファージ
研究のあゆみ」
一般講演:演題申込締切:2014 年 7 月 11 日
(金),講演要旨締切:2014 年 8 月 8 日(金)
詳 細 は 支 部 ホ ー ム ペ ー ジ(http://www.
kyushu-u.ac.jp/jsbba-west/)をご覧ください.
問合せ先:九州大学大学院農学研究院(角
田佳充)Tel. & Fax. 092‒642‒2854
2014 年度日本農芸化学会関西支部
大会(第 486 回講演会)
日本農芸化学会創立 90 周年・関
西支部創立 80 周年記念大会
日時:2014 年 9 月 19 日(金)13 : 00∼18 : 30,
9 月 20 日(土)9 : 30∼17 : 30
場所:第 1 日目 東大寺総合文化センター
盤とした食品機能性研究の先導的展開」,
金鐘ホール(奈良市水門町 100),第 2 日目 横田 篤教授(北大院農)
「有用物質生産菌
奈良先端科学技術大学院大学(生駒市高山
の中枢代謝強化に関する基盤研究」
町 8916‒5)
特別シンポジウム:「先端技術で探る生命
プログラム:第 1 日目・シンポジウム「食
現象」代表世話人 高橋公咲(北大院農)
と生命を科学して 80 周年∼そして未来へ」
9 月 22 日(月)15 : 00∼17 : 00
(13 : 00∼18 : 30)「祝 賀 挨 拶」(清 水 誠,
講演者:菅 敏幸教授(静岡県立大薬),川
日本農芸化学会会長),「健康を守るトラン
上 勝准教授(山形大工),小松節子上席研
スポーター ABC 蛋白質」(植田和光,京都
究員(農研機構 作物研究所),篠原康郎特
大学・iCeMS・農学研究科),「肥満・エネ
任教授(北大院先端生命)
ルギー代謝と食品機能」
(河田照雄,京都大
9 月 23 日(火・祝)一般講演 9 : 30∼12 : 00,
学・農学研究科),「ビッグデータバイオロ
13 : 30∼15 : 00 頃
ジーとしての生態学と医食同源の体系化」
ポストシンポジウム:「若手の会」
9 月 23 日(火)16 : 00 頃∼9 月 24 日(水)行
(金谷重彦,奈良先端科学技術大学院大学・
情報科学研究科),「ポリフェノールサイエ
き先;定山渓温泉ビューホテル
ンスへの挑戦と創造」(辻村英雄,サント
参加費は一般 10,000 円,学生 5,000 円の予定
です.一般講演演題募集,若手の会の詳細は
リーホールディングス),「「酒は百薬の長」
ホームページ上(http://www.agr.hokudai.
を実証する 清酒およびその副産物の機能
ac.jp/jsbba/)でお知らせいたします.
性」(秦 洋二,月桂冠),特別講演「食品
連絡先:農芸化学会北海道支部 支部庶務
機能研究 30 年の回顧と展望―その光と闇」
幹事 和田 大
(吉川正明,京都大学名誉教授・生産開発
〒060‒8589 札幌市北区北 9 条西 9 丁目
科学研究所),2014 年度日本農芸化学会賞
Tel. 011‒706‒4185, Fax. 011‒706‒4961
受賞特別講演「酸化還元酵素・電極共役系
E-mail: JSBBA_Hokkaido@agr.hokudai.
を基盤とした生物電気化学研究の展開」
ac.jp
(加納健司,京都大学・農学研究科),
「支部
長挨拶」(内海龍太郎,関西支部長)・懇親
学会創立 90 周年記念
会(奈良国立博物館地下レストラン 19 : 00
日本農芸化学会
2014 年度中四国
∼20 : 30)
支部大会(第
40 回講演会)
第 2 日目・一般講演,2014 年度日本農芸化
学会功績賞受賞特別講演「食品製造におけ
開 催 日:2014 年 9 月 26 日(金)∼9 月 27 日
る速度過程が関与する現象の工学的解析」 (土)
(安達修二,京都大学・農学研究科),
「植物
会場:徳島大学常三島キャンパス(〒770‒
機能高度活用のための分子基盤開発」(横
8506 徳島県徳島市南常三島町 2‒1, JR 徳島
田明穂,奈良先端科学技術大学院大学・バ
駅から徒歩 15 分)
イオサイエンス研究科)
プログラム:シンポジウム『食と健康』
(日
参加・講演申込方法:詳細は http://www.
本動物細胞工学会と共催),一般講演
kansai-jsbba.jp/ をご覧ください.
シンポジスト:磯田博子(筑波大・北アフ
参加費:無料
リカ研究センター),片倉喜範(九州大・
懇親会費:事前参加申込 一般 3,000 円,
農),寺尾純二(徳島大・HBS 研究部),特
学生無料,当日申込 一般 5,000 円,学生
別講演:清水 誠(東京農大・応用生物科
1,000 円
学部)
講演申込締切:2014 年 8 月 11 日(月)
参加費:無料
講演要旨締切:2014 年 8 月 18 日(月)
懇親会:阿波観光ホテル,会費 8,000 円(予
事前参加申込締切:2014 年 8 月 31 日(日)
定)
連絡先:奈良先端科学技術大学院大学バイ
講演申込締切:2014 年 7 月 25 日(金)
オサイエンス研究科 高木博史(Tel. 0743‒
講演要旨締切:2014 年 8 月 1 日(金)
72‒5420, E-mail:jsbba-kansai@bs.naist.jp)
講演申込,講演要旨提出先専用アドレス:
jsbba2@net-s.ne.jp
平成 26 年度
懇親会申込:nouka2014@bio.tokushima-u.
日本農芸化学会北海道・東北
ac.jp
合同支部大会
世話人・問合せ先:徳島大学大学院ソシオ
日 時:2014 年 9 月 22 日(月)13 : 30∼9 月
テクノサイエンス研究部 大政健史
23 日(火・祝)15 : 00 頃まで
Tel. 088‒656‒7408 Fax. 088‒656‒9148
場所:北海道大学農学部大講堂ほか
E-mail:nouka-tokushima@tokushima-u.ac.jp
特別講演:9 月 22 日(月)13 : 30∼15 : 00
なお詳細は支部ホームページ(http://jsbba-cs.
宮澤陽夫教授(東北大院農)
「分析化学を基
jp/)をご覧ください.
(k-6)
化学と生物 Vol. 52, No. 7, 2014