Document

Cumulus Linux LAG 手順書
Ver. 1.01
2 0 1 5
年
0 5
月
2 6
日
株 式 会 社 ネ ッ ト ワ ー ル ド
イ ン フ ラ ソ リ ュ ー シ ョ ン 技 術 部
ネ ッ ト ワ ー ク ソ リ ュ ー シ ョ ン 課
Cumulus Linux LAG 手順書
目次
1
改訂履歴 .................................................................................................................................................................... 3
2
はじめに ..................................................................................................................................................................... 4
3
Bonding リンクアグリゲーション設定 .............................................................................................................. 5
4
3.1
/etc/network/interfaces の編集 ............................................................................................................ 5
3.2
設定の反映 ..................................................................................................................................................... 6
リンクアグリゲーションの状態確認 .................................................................................................................. 7
4.1
ステータス表示 .............................................................................................................................................. 7
Copyrightⓒ2015 Networld Corporation. All rights reserved.
2
Cumulus Linux LAG 手順書
1
改訂履歴
変更履歴
番号 変更年月日
Version
Page
1
2015/05/26
1.00
2
2015/06/03
1.01
3
4
5
6
7
8
status: a(dd), d(elete), r(eplace), o(ther),n(ew)
status
n
r
変更内容
新規作成
誤字修正
作成
NWG
NWG
承認
NWG
NWG
■ マニュアルの取り扱いについて
・本書の記載内容の一部または全部を無断で転載することを禁じます。
・本書の記載内容は将来予告無く変更されることがあります。
・本書を使用した結果発生した情報の消失等の損失については、責任を負いかねます。
・本書の設定内容についてのお問い合わせは、受け付けておりませんのでご了承くださ
い。
・本書の記載内容は、動作を保証するものではございません。従いましてお客様への導
入時には、必ず事前に検証を実施してください
■Networld テクニカルサポート
・Cumulus FAQ
Cumulus 製品に関するよくある問い合わせ
http://www.networld.co.jp/cumulus/faq.htm
Copyrightⓒ2015 Networld Corporation. All rights reserved.
3
Cumulus Linux LAG 手順書
2
はじめに
本手順書は、Cumulus Linux でリンクアグリゲーション(LAG)の設定及び状態監視を行う
手順について説明した資料になります。設定は ONIE から Cuulus Linux をインストールが
終了した直後の初期状態からの開始を想定しています。
本手順書は前提として以下の Linux のスキルを有していることを前提として記載していま
す。
・基本的なテキスト編集
・Unix file のパーミッション
・プロセスモニター
・プロンプトの表記
$
一般ユーザ
#
quagga#
quagga(config)#
quagga(config-if)#
スーパーユーザ
Quaaga vtysh
Quaaga vtysh コンフィグレーションモード
Quagga vtysh インターフェースコンフィグレーションモード
・コマンドの表記
<>
{ | }
・対象製品
Cumulus Linux
英数字によるパラメータの入力
設定値の選択
Cumulus Linux 2.5
■構成例
本資料は下記の構成を例とした設定例を記載します。
■機器情報・ファームウェア
PC : Windows 7 Professional (ターミナルアプリケーションをインストール済み)
イーサーネットスイッチ: Quanta T1048-LY9 BMS + Cumulus Linux 2.5.2
Copyrightⓒ2015 Networld Corporation. All rights reserved.
4
Cumulus Linux LAG 手順書
3
Bonding リンクアグリゲーション設定
Cumulus Linux は Linux の Bonding 機能を利用してリンクアグリゲーションを設定します。
3.1
/etc/network/interfaces の編集
設定ファイル(/etc/network/interfaces)を下記のように編集します。
auto swp1
iface swp1
auto swp2
iface swp2
auto swp3
iface swp3
auto swp4
iface swp4
auto bond1
iface bond1
bond-slaves swp1 swp2 swp3 swp4
bond-mode 802.3ad
bond-miimon 100
bond-use-carrier 1
bond-lacp-rate 1
bond-min-links 1
bond-xmit-hash-policy layer3+4
設定項目の解説
bond-slaves:
bond-mode:
bond-miimon:
リンクアグリゲーションに所属するポート名を列挙します。
リンクアグリゲーションモードを設定します。必ず"802.3ad"と設定します。
リンクの確認インターバル(ミリ秒)を設定します。本値は 100 ミリ秒に設定す
ることを推奨します。
bond-use-carrier:
リンクアップダウンの検地方法を設定します。
bond-xmit-hash-policy: ハッシュ計算を行うパケットヘッダを指定します。設定値は[layer2][layer2+3]
[layer3+4] を選べます。本値は[layer3+4]に設定することを推奨します。
bond-lacp-rate:
LACP の送信レートをを設定します。0 の場合 fast モード(1 秒間隔)、1 の場
合 slow モード(30 秒間隔)
bond-min-links:
アグリゲーションポートがアップする為に必要な物理リンク数を設定します。
この値のポート数リンクアップしていない場合、アグリゲーションポートはダ
ウン状態となりパケット転送を行いません。
bond-ad-sys-mac-addr: LACP の System MAC アドレス値を設定します。必要が無い限り、本パラメ
ータは未指定(スイッチの MAC アドレスを使用する)を指定してください。
bon-ad-sys-priority:
LACP のプライオリティ設定します。省略値 65535
Copyrightⓒ2015 Networld Corporation. All rights reserved.
5
Cumulus Linux LAG 手順書
3.2
設定の反映
ifup コマンドを利用して、リンクアグリゲーションポートを有効にします。
$ sudo ifup bond1
$
ifquery コマンドにより、設定値が反映されたことを確認します。
$ ifquery --check bond1
auto bond1
iface bond1
bond-mode 802.3ad
bond-miimon 100
bond-use-carrier 1
bond-lacp-rate 1
bond-min-links 1
bond-xmit-hash-policy layer3+4
bond-slaves swp2 swp3 swp1 swp4
[pass]
[pass]
[pass]
[pass]
[pass]
[pass]
[pass]
[pass]
$
Copyrightⓒ2015 Networld Corporation. All rights reserved.
6
Cumulus Linux LAG 手順書
4
リンクアグリゲーションの状態確認
リンクアグリゲーションステータスの確認を行います。
4.1
ステータス表示
/proc/net/bonding/(bond interface 名) ファイルの内容を表示することで、現在のステータスを確認し
ます。
[email protected]$ cat /proc/net/bonding/bond1
Ethernet Channel Bonding Driver: v3.7.1 (April 27, 2011)
Bonding Mode: IEEE 802.3ad Dynamic link aggregation
Transmit Hash Policy: layer3+4 (1)
MII Status: up
MII Polling Interval (ms): 100
Up Delay (ms): 0
Down Delay (ms): 0
802.3ad info
LACP rate: fast
Min links: 1
Aggregator selection policy (ad_select): stable
System Identification: 65535 00:11:22:33:44:55
Active Aggregator Info:
Aggregator ID: 3
Number of ports: 1
Actor Key: 33
Partner Key: 33
Partner Mac Address: 00:18:23:30:06:64
LACP Bypass Info:
Allowed: 0
Timeout: 0
Slave Interface: swp1
MII Status: up
Speed: 10000 Mbps
Duplex: full
Link Failure Count: 0
Permanent HW addr: 00:18:23:30:06:5a
Aggregator ID: 1
LACP bypass priority: 0
Slave queue ID: 0
Slave Interface: swp1
MII Status: up
Speed: 10000 Mbps
Duplex: full
Copyrightⓒ2015 Networld Corporation. All rights reserved.
7
Cumulus Linux LAG 手順書
Link Failure Count: 0
Permanent HW addr: 00:18:23:30:06:5b
Aggregator ID: 2
LACP bypass priority: 0
Slave queue ID: 0
Slave Interface: swp3
MII Status: up
Speed: 10000 Mbps
Duplex: full
Link Failure Count: 0
Permanent HW addr: 00:18:23:30:06:5c
Aggregator ID: 3
LACP bypass priority: 0
Slave queue ID: 0
Slave Interface: swp4
MII Status: up
Speed: 10000 Mbps
Duplex: full
Link Failure Count: 0
Permanent HW addr: 00:18:23:30:06:5d
Aggregator ID: 4
LACP bypass priority: 0
Slave queue ID: 0
$
Copyrightⓒ2015 Networld Corporation. All rights reserved.
8