除菌効果の高い「乳頭清拭装置」の開発

TX テクノロジー・ショーケース
in つくば 2009
農林水産
P-54
除菌効果の高い「乳頭清拭装置」の開発
■ はじめに
乳頭清拭は、搾乳時にティートカップを乳頭に装着
する前に、乳頭表面に付着したふんや乳房炎原因菌等
の汚れを除去するとともに、乳牛に催乳刺激を与え搾
乳をスムースに行うため実施する作業です。慣行の手
作業では、布での拭き取りや、乳頭を薬液に浸漬して
から拭き取るプレディップ法が行われますが、作業の
仕方や作業者の技量によって清拭効果が不十分な事例
も少なくありません。
そこで、生研センターでは、「どんな乳頭にも適応
でき、誰にでも高い清拭効果が安定して得られること」
をねらいとして、オリオン機械㈱と共同し、道立根釧
農業試験場の試験協力を得て、洗浄液と清拭ブラシを
用いた乳頭清拭装置を開発しています。
■ 研究内容
1. 乳頭清拭装置の概要
乳頭清拭装置は、清拭カップ、洗浄水供給部、汚水
回収ケース及び制御部で構成されています(図 1)
。
り、清拭カップから常時、吸引排出するようになって
います。洗浄液は、バケツの容器に溜めておき、チュー
ブポンプで吸い上げます。制御部は充電式バッテリを
電源とし各部駆動を制御しています。
2. 清拭効果
乳牛を供試した清拭試験において、4 乳頭に対し 1
巡目の予備洗浄 +2 巡目の本洗浄(約 30 秒/頭)をし
た場合、変法ミネソタ法(70 ∼ 90 秒/頭。薬液浸漬
後、汚れの溶解を図るために乳頭マッサージし、丹念
に脱水タオルで拭き取りを行う清拭方法。)の場合と
同等以上の除菌効果がありました。なお、洗浄液とし
ては 40℃程度の温湯に乳頭洗浄剤を 0.2% 添加した溶
液を用いました。
3. 酪農現場での利用試験
繋ぎ飼い農家と根釧農試のミルキングパーラーでモ
ニター試験を行いました。乳牛、作業者ともに本装置
での清拭にすぐ馴れ、円滑に作業ができました。酪農
家からは、汚れ除去効果が高く手作業より楽である、
乳頭刺激がタオル清拭より適切で搾乳がスムースであ
る等、実用性が高いとの評価を得ました。また 1 ケ月
経過時点で、乳頭損傷等は観察されず、衛生的乳質の
低下も認められませんでした。
図 1 清拭装置(右)と清拭カップ(左)
清拭カップの手元スイッチを押し、乳頭を挿入する
と、洗浄液が噴射され、乳頭の大きさや形状に応じて
変形・密着できる清拭ブラシ(根元、側面、先端ブラ
シ)が縦軸回りに正逆回転し、乳頭表面を擦りながら
汚れや細菌を洗い流します。さらに、再汚染防止のた
め、洗浄後の汚水は汚水回収ケースの吸引ファンによ
代表発表者
所 属
問合せ先
図 2 繋ぎ飼い農家での清拭作業の様子
■ おわりに
今後は、本装置の改良を進め、飼養管理や衛生管理
の異なる牧場において長期連用する過程で実用上の課
題を解決し、市販化を図る予定です。
後藤 裕(ごとう ひろし)
■キーワード : (1)酪農
(独)農業・食品産業技術総合研究機構
生物系特定産業技術研究支援センター
畜産工学研究部
〒 331-8537 さいたま市北区日進町 1-40-2
TEL: 048-654-7096, FAX: 048-654-7134
hgotoh@affrc.go.jp
– 56 –
(2)搾乳
(3)乳頭清拭
(4)ブラシ
(5)清拭効果